TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

屈辱の選択

2017年 04月25日 19:48 (火)

アラマミさん、全巻揃えてしまいましたw
でも、これマジで売ってないですね・・・。色んな店回りましたけど、普通の書店は新刊以外まったくありませんでした。
1,2巻をたまたま買えた私はツイてたんでしょうね。

ただ、3巻だけはどうしようもなかった。
どこを探しても見付からないので、仕方なく馴染みの古本屋さんへ。そこは立ち読みできない仕様になっているので安心だったんですが、まったく売ってませんでした。在庫あるかないか聞いたら、「あ~、アレ今人気なんですよね」とのこと。
aeb555559687 (2)

渋々BOOK OFFに行ったら地元店にあったわ。
状態のいい中古CDとDVD以外買わないようにしていたんだけど、今回は妥協するしかなったです。
基本的にコミックスは新品で購入することを信条としている私にとって、他人が立ち読みしたコミックスを買うなんて、屈辱以外の何物でもありませんですわ。
でも、何とか日焼けのない比較的綺麗な状態だったので(帯がないけど!!)、それで今回は溜飲を下げることに。
aeb555559687 (1)

近年のコミックスによくあるパターンですが、カバー下にもしっかりマンガ。
恋愛映画観て羨ましくて泣いたり、湿布貼りあるあるだったり、残念かわいいマミさんをここでも見れますw
aeb555559687 (3)

今回も相変わらず不憫で残念で不遇な日々を過ごすマミさん。
スイーツ食べてお腹いっぱいになったところで・・・
aeb555559687 (6)

財布がないという地獄が待っている。
aeb555559687 (8)

キュウべえもこの作品ではタダのパシリw
腐った牛乳飲ませられたり、ぶん殴られたりと、けっこう散々な目に遭わされてますw
aeb555559687 (7)

まだ休みだと思って怠惰な毎日を過ごしたあげく
aeb555559687 (9)

翌日からの仕事が嫌で鬱になったり・・・まぁ、これは我々もそうなんですがw
aeb555559687 (10)

これ、別にまどかマギカでなくてもいいんじゃない?という声もちらほらあるけど、それじゃあ普通のアラサーマンガになっちゃうわけで、いや、内容は普通のアラサーあるあるマンガなんだけど、マミさんだからいいと思うんだけどね。
aeb555559687 (5)

表紙もそうだけど、家では未だに中学時代のジャージで過ごすマミさん、イイですね!
つーか、ジャージがパツンパツンw

メタリズムXⅢ

2017年 04月24日 17:09 (月)

一方ではアクア、一方ではヘヴィ・メタル探訪の日々が続くSPEED★KINGです。
音楽聴かないなんて勿体ない。何のために耳がついてるんだYo!
そんなわけで、毎回だいぶ省いた説明で今回もやっていきたいと思います。


ノーサー「N」(2008年)

1996年、フィンランドにて結成され、2012年に解散したメロディック・デスメタルバンド。
メロディック・デスとは、デス・ボイスを使用しながらも、普遍的なヘヴィ・メタルサウンドに近い音楽のことである。
先輩バンドであるチルドレン・オブ・ボドムに似ているとして比較されることも多いが、個人的には似ているとは思わない。
重厚感と疾走感のバランスが素晴らしく、ギター・プレイも実にメロディアスで耳に残る。各所で鳴り響く冷ややかなキーボードが、アルバム全体に漂うダークな雰囲気を一層盛り上げている。
ノイジーで迫力あるデス・ボイスではブルータルに、耽美な響きを持つクリーン・ボイスではゴッシク・テイストにと、ボーカル・パートが変わった途端に曲の印象がガラッと変わるのが面白い。
出来れば再結成して欲しい。このまま記憶から消えてゆくには惜しいバンドだ。
acf44444449999 (6)


ブレスト・バイ・ア・ブロークン・ハート「ペダル・トゥ・ザ・メタル」(2008年)

カナダはモントリオールにて2003年に結成され、2014年に解散したヘヴィ・メタル/メタルコアバンド。
80年代のハード・ロックに普遍的なヘヴィ・メタル/エモ/スクリーモ/パンクなどの要素を混ぜ込み、さらに近代的なメタルを掛け合わせたサウンドが特徴。
クリーン・ボイス、デス・ボイス、シャウト、コーラスを巧みに使い分け、高いテンションと緊張感を保ったまま一気に駆け抜ける展開に圧倒される。ギター・プレイにもキレがあり、スラッシュ・リフとメロディアスな旋律を実に的確なタイミングで叩き込んでくるのがまた憎い。
アレンジも完璧で、様々な要素が複雑に入り混じっているわりには暑苦しさは皆無だ。2000年以降に出現したバンドの中でも完成度はかなり高い。こちらのバンドもぜひ再結成してもらいたいものある。
adz666979695 (2)


ドメニカ「ザ・ベター・イン・アス・オール」(2012年)

モデル級のスタイルと美貌を持つシンガー兼ギタリスト、ベッキーを中心にカナダにて2004年に結成された若手ヘヴィ・メタル/ハード・ロックバンドの2ndアルバム。
ザクザクとした重厚なギター・リフを駆使した重量感溢れるモダンなサウンドが特徴。ノリはヘヴィ・メタルというよりもハード・ロックに近いものがある。
ただ、ほぼミドル・テンポの楽曲で構成されているため、疾走感は皆無。別に速い曲だけがヘヴィ・メタル/ハード・ロックではないし、制作の過程で必要なかったから入れなかったのだろうが、同じテンポの曲が続く展開はメリハリに乏しい。
中音域で力強く歌い上げるボーカルも見事だし、楽曲そのものはどれも大変質が高いのは事実。若手ながらこれだけのものが作れるのだから、ぜひ疾走感バリバリのハード・ロックチューンも聴きたいところである。
adv666000004 (3)

フェア・ウォーニング「4」(2000年)

1989年、ドイツにて結成されたハード・ロックバンドの、文字通り4枚目のアルバム。
初期の彼らの作品はどれも名盤揃い。このアルバムは初期の集大成とも言える作品となっている。
トミー・ハートのエモーショナルなハイトーン・ボーカルと、ヘルゲ・エンゲルゲのハイテクニックなギター。爽快感と哀愁と切なさ。そしてぬくもり。ハード・ロックナンバーからバラードまで、どの楽曲においても、それらの要素が満ちている。これが他のバンドとの大きな違いであろうか。捨て曲も一切なく、緻密に作り上げられた隙のない良質なメロディー満載である。
単にうるさいだけのロックは聴きたくないと思う人には自信を持ってすすめられるバンドだ。
adr55508997 (9)


ノーサー「フローズン・エンジェル」


フェア・ウォーニング「アイ・ファイト」

ライバル不在

2017年 04月23日 02:45 (日)

酸欠事件の後、EH2217をメンテ。
今回はノーマルの水換え。次回はパワーボックスのメンテとなるプレコ水槽。
ady7777848433 (2)

例の事件以降、少し変わったことがあります。
ady7777848433 (1)

それは、閣下の動きが緩慢に!!
これ調子悪いのかな?と様子を見てましたが、どうやらそうではないらしい。
ady7777848433 (3)

以前から、故ゴールデンブルーフィンと競り合うことが多かった閣下。
水換えの時は毎度毎度彼らはケンカしていたわけです。
ady7777848433 (4)

要するに、ケンカ相手がいなくなっちゃったわけです・・・。
トムとジェリーみたいに、仲良くケンカという間柄だったのでしょうか?
ちょっと寂しいな~、これは・・・。
ady7777848433 (5)

しんみりしてしまいましたが、ホワイトトリムは相変わらずのマイペース。
ady7777848433 (7)

コイツはうちに来てから一切性格に変化ないな・・・。
いつの間にか定位置に戻ってますw
ady7777848433 (6)

再就職した暁には絶対新入りプレコお迎えしてやるぞ!と、新たに決意するのでしたw

追伸:皆様のブログ、コメントしてる時間なくて申し訳ありません。
近いうちに遊びに行きます!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

バンデッドの行方

2017年 04月22日 03:16 (土)

またナマズ水槽から人口流出ですw
元々うちにやって来た時のサイズが小さかったというのもあるけれど、2匹のアーマードにだいぶ成長面で遅れをとっていたバンデッドホプロ。
ポートホールのサイズも追い抜き、ようやく本来のホプロらしさが出てきたところで、この水槽ともお別れ。
adz77948483756 (1)

せっせとプラケに捕獲してっと・・・。
んん?
adz77948483756 (2)

ははあ!さては90cmに行くのが嫌で死んだフリしてやり過ごそうって考えだな?!
adz77948483756 (3)

別に戦争に行けって言ってるわけじゃないんだから・・・。
adz77948483756 (4)

しばらく経ったら元通りになってましたw
時々こういう行動取る魚っているよね??
adz77948483756 (5)

しっかし水温が全部同じってラクでいいや!水合わせだけで済むから時間省けるし!
adz77948483756 (8)

我が家の基本方針に則り、バンッドッドだけを手掴みで移動です。
adz77948483756 (9)

そういや知ってます?
アーマードキャットもトーキングみたいにキコキコ音出すんですよ~。
adz77948483756 (11)

あまり手に乗せたまま遊ぶわけにもいかず、さっさと水槽へ入れて・・・土日が経過。
いきなり飛んで月曜日!(単に写真撮ってねーだけじゃねーか!)
aea44444949 (1)

かくして、こちらの水槽で再びアーマード三兄弟が合流したのであった。
それぞれ成長してより個性が際立ってきました。これからますます眺めるのが楽しくなりそう!
aea44444949 (2)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

恐怖のバキューム

2017年 04月21日 03:22 (金)

モグルンダ&アポロシャーク、初水換えの巻!

とりあえず彼らを導入して一週間。

まずは、アポロシャークから。
コイツ、餌を食ってる姿を全然見ません・・・。
水面付近にいることが多いので、浮かぶタイプや漂う赤虫、カーニバルなんかは食べるはず。
でも、一度も食べてる姿を見ない。人前で食事しないとか田村正和か!と突っ込みたくなりますが、まぁ・・・死んでないんだから食べてるんだろうと思う・・・というかそうであってほしいw
adw880954334 (4)

モグルンダはもうすっかり適応してる感ありまくり。
赤虫のブロックを投入すれば巨大な連中に混じって齧りついてることも。
adw880954334 (1)

あれやこれやと気を回しすぎたせいか、今週は必要以上に餌を与えてしまったため、底床がドえらいことになってまして・・・。
結局、先週に続き二週連続で丸洗いする羽目になりました・・・。
が、砂の量が少なくなったので、それほど手間もかからないのが救い。これなら毎回やってもそう苦労はないかも知れない。
adw880954334 (2)

しかし、水換えの時注意しないといけないことがひとつ増えました。
モグルンダがですね、プロホースに吸い込まれそうになること3回w
だって、寄ってくるんだもんコイツ!どうやら好奇心強めのようです・・・。
adw880954334 (5)

でも、そのくらいの愛嬌があれば飼育していて楽しいのも事実なんですよね;
恐怖のバキュームも彼にとってはアトラクションのひとつなのだろうか?
adw880954334 (6)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット