TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

メタリズムⅧ

2017年 03月23日 02:18 (木)

このコーナー、果たしてこのまま続けていいものかどうか?
時々悩みますw ブログの各カテゴリも増えてどんどん肥大化していきます。
辞めようかと思ったこともありますが、やっぱり別ブログ立ち上げるのもメンドイわけで・・・。だから、やっぱり続けることにしますね!
聴いてくれる方もいらっしゃいますので今後ともシクヨロです!

さて、今回はまたしてもベテランバンド。

スレイヤー「レイン・イン・ブラッド」(1986年)

1981年、アメリカ ロサンゼルスにて結成されたスラッシュ・メタルバンド。
日本ではスラッシュ・メタル四天王、海外ではBIG4と呼ばれる4つのバンドのうちの一組。
スラッシュ・シーン創成期より活動を続けるベテラン・バンドの3rdアルバムにして、メタル界・ハードロック界に燦然と輝く大傑作アルバムである。日本盤タイトルは「血の王朝」。
このバンドが後世のバンドに与えた影響は計り知れない。
切り落とされた首が転がって血の海になっているという物騒なジャケットからもおわかりのとおり、歌詞の内容も血生臭く非常に残虐である。あまりにも過激な内容に、倫理的に問題があるとして当初はリリースが危ぶまれたほどだった。
この80年代特有の少し篭もった感じがやはり年代を感じさせるが、それを抜きにしてみると最近のスラッシュ・メタルバンドの作品だと言われても違和感がないほどのレベル。既にこの段階で完璧な完成度を誇っている。
歌唱力無視のぶっきらぼうなボーカル、アームを多用した空間を引き裂くようなギター、後のスラッシュ・メタル/デス・メタル/ブラック・メタルに継承されることになるブラスト・ビート満載のドラム。とにかくどの曲も疾走感に溢れ、スローな曲は一曲もない。そして、2曲を除いて、後は概ね2分~3分程度とコンパクトな曲が多い。トータル・タイムは30分を切る短さ。この辺りにはパンク的なスピリットも感じる。
セールス的な成功という点ではBIG4の中では他のバンドには及ばないが、後続に与えた影響という意味では一番凄いバンドかも知れない。
acf44444449999 (5)



「エンジェル・オブ・デス」


「レイニング・ブラッド」

鈍い輝き

2017年 03月22日 02:50 (水)

モンスター・エナジー、飲んでも戦えない説。

喉渇いたからって、ハンパな時期に飲むもんじゃないな。おかげでお腹を冷やして腹痛起こしてしまいました。
もっと気を付けないといけないな、決して若くないんだから・・・。
adf555555509 (22)

さて、そんな悲しい気持ちになったところで、何だかヤケに水が汚れてる金魚水槽だ。
餌やりは決して多くないハズけど、汚れてるんだからしょうがない、やらなきゃね。
(写真だと綺麗に見えるけど、肉眼だと白濁しまくってました)
adf555555509 (1)

今回、青文はプカプカしてない・・・・いえ、前日までやっぱり水底ダッシュしまくってましたw
若干浮き気味でした、ウソでしたスイマセン。でも、今日はいつもどおりでしたw
adf555555509 (2)

でも、今日はそっちの話題じゃないのだ。
この青文、1匹どうしてこうなった?!
真っ白に色が抜けた青文はパイフォンと呼ぶそう。実際、お店でも大きくなった個体が白くなってるのは見たことあります。あれはあれで凄く綺麗でした。
でも、コイツは頭と尾の辺りの一部が妙に金属光沢のあるオレンジがかった銅色なんです。
茶金とかレモンコメットなんかの色とは明らかに違う。
adf555555509 (3)

上見ではこんな感じ。綺麗に頭の部分だけ光沢ありますね。
adf555555509 (13)

黒い方は色彩に変化なし。ずっと黒いまま。
色が抜けたら嫌だな~とか思ったもんですが、いやいや、なかなかどうして綺麗なんですよね。すっかり考え変わりましたw
黒いのももちろん好きです。だから両者このままでいてくれるとバランス的にちょうどいい。
adf555555509 (5)

でも、よく見ると頭に同じような金属光沢がうっすら見える。
色が抜けたらやっぱり似たような感じになるのかな?
adf555555509 (4)

そんなことを思いつつ、今回もお掃除ですわ!
おおう、水作エイト水洗いだけやってたらとうとうコケ生えちまったヨ;
adf555555509 (8)

で、エイトを取り出したら汚れが出て、水がより一層汚れましたww
adf555555509 (9)

おい水作エイト、徹底的に綺麗にしてやるからよ、見とけコノヤロー!!
adf555555509 (10)

ヒャッハー!見ろよ、水作エイトピカピカになっちまったぜ?!
(マジでよくここまで綺麗にできるな自分。と自画自賛w)
adf555555509 (12)

で、エイト洗った水はこのとおり。思った以上に汚れてたわ~。
adf555555509 (11)

念のため、今回はいつもより5Lほど多めに排水。
adf555555509 (14)

そして、水温合わせて注水。今回は水温15℃。そしていつものように新水に群がる金魚たちw
adf555555509 (15)

毎度毎度、そろそろこの記事も書くの限界になってきてる感があるのだが、ワンパターンと言われようとも、これからも定期的に書き続けるのです。
adf555555509 (17)

最後に、赤の比較。
心なしか赤が増したように感じる琉金。
adf555555509 (19)

和金の赤と比較。
adf555555509 (20)

全然違う!
スゲーな琉金!!
adf555555509 (18)

テーマ : 金魚飼育
ジャンル : ペット

スキマジャンプ

2017年 03月21日 02:45 (火)

コウタイ先生の餌やりをしたある日のこと。
ach6666669034 (2)


しばし先生を眺めていたらね・・・飛び出し対策しないままうたた寝してしまってね・・・・
そしたら案の定飛び出してしまいました。
ach6666669034 (1)

続きを読む

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

メタリズムⅦ

2017年 03月20日 12:25 (月)

相変わらずヘヴィ・メタル探求の日々が続きます。
そして新規購入・再購入CDが増えていきます。
よって頻繁にこのコーナーが登場しますw
一人でも多くの人がヘヴィ・メタルに興味を持ってくれると嬉しいですね!

では、今回もいきましょうか。


サンダーストーン「ザ・バーニング」(2004年)

2000年、フィランドにて結成されたヘヴィ・メタルバンドの2ndアルバム。
ストラトヴァリウスやソナタ・アークティカのような、典型的なメロディック・メタルだが、1stに比べると瞬発力に任せるだけでなく、じっくりと作り込まれた作品。自分たちのバンドとしてのオリジナリティーを上手く出すことが出来ていると感じた。
歌メロが弱くて地味という意見もあるようだが、個人的にはそんなふうには思わなかった。
ハイレベルな演奏テクニックに加え、疾走ナンバーとミドル・テンポの楽曲の配置が絶妙でメリハリが効いている。
ボーカルは幅広い楽曲に対応できる歌声であり、バラードではアダルトに、疾走曲ではハイトーン・ボイスを披露。ギターは実にメロディアスなフレーズを連発するし、キーボードも各楽曲に彩をりを添えている。
どの曲もメタルらしさ全開だし、メロディーも良質。もう少し評価されてもいいのではないかと思うのだが。
ただ、ボーナス・トラック6曲は少しボリューム過多。
abz333383833 (3)

オーヴァーキル「ジ・エレクトリック・エイジ」(2012年)

1980年、アメリカはニュージャージー州オールド・ブリッジ・タウンシップにて結成され、ニューヨークを拠点に活動するスラッシュ・メタルバンド。
メタリカ、メガデス、スレイヤー、エクソダスらのように、同郷のアンスラックスと共にスラッシュ・メタルの先駆者としてシーンの創成期から活躍する超ベテランバンドである。
一度だけ路線変更するが、それ以降は再びスラッシュに戻り、メンバー・チェンジこそあっても解散することなく現在もその姿勢を貫き続ける貴重なバンド。今年に入ってからも18枚目のアルバム「グライディング・ホイール」を発表してファンを湧かせている。
シャウト混じりに吐き捨てるボーカル、クールなスラッシュ・リフにバキバキのベース、叩きつけるようなドラム。とても50代のバンドとは思えないアグレッシヴさ。
どの曲も音圧が凄まじく、迫力が半端ではない。本編が始まったと同時に轟音に呑まれてしまう。しかし、不思議と暑苦しさを感じないのは、硬派でヘヴィなサウンドの中にほんのりと漂うキャッチーなテイスト。これを少しでも前面に出してしまうと、あっと言う間にバランスが崩れてたちまにポップに変化して台無しになってしまう。非常に匙加減が難しいようにも思うのだが、このスタイルを数十年も維持しているのだから、やはりここでも凄いと言わざるを得ない。
abz333383833 (5)


エレクトリック・ラトルスネイク


グッド・ナイト

不機嫌な閣下Ⅱ

2017年 03月19日 03:49 (日)

今週は一度餌やりを忘れてしまったプレコ水槽。
昨日はお詫びのしるしに多めに与えたにもかかわらず、ひかりキャットの欠片すら残ってなかった。お前ら、食い過ぎじゃね??

それとな、レオパードよ。その暗がりから半分だけ顔出してこっちを睨むんじゃないよ。
言っとくけど、私はお前たちの飼い主なんだぜ??
ach4449098777 (1)

閣下はどんどん順位をあげて、自分よりデカブツのブロードバンドタイガーすら寄せ付けませんw
ach4449098777 (2)

閣下の暴れっぷりにマダラもいい迷惑そう??
顔の横にシャキンと伸びたトゲがダンディー。体色もなんか爬虫類じみてきたような?
ach4449098777 (3)
そんな閣下に対して、最近やたらめったら逆らう者が現れたようです。
ブルーフィンですw やめとけというのに・・・。
ach4449098777 (4)

時々こうしてジッと睨み合ってるんですよねぇ。
大抵、返り討ちに遭ってますけど、ヒレが裂ける程度ならいいけど、相手はコイツだからなぁ。酷いケガしなきゃいいけど。
ach4449098777 (6)

ほどほどに手加減してやってくれないかね?
ach4449098777 (5)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット