FC2ブログ

TREASURE★CHEST

SINCE 2008 08~ ストイックなアクアブログからどんどん余計なカテゴリが増えて肥大化してゆくブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

魚影を探して

2019年 07月19日 15:44 (金)

梅雨の隙間(晴れ間とは敢えて言わない)を利用して私SPEED★KINGは2年振りにこの場所を訪れたのです。
aou890 (2)

この2~3日の間にけっこうな雨が降ったので水位や濁りが心配でしたが、川は見ての通り穏やかな様相を呈しております。
aou890 (1)

前回と同じように上から覗いてみると・・・おお、何じゃこりゃ??
増水時に上の方から落ちてきたのだろうか。木が丸々一本鎮座しとりましたw
水の勢いに根元から折れてとか掘り返されてとかいうものではなく、伐採して保管しておいた木が流れてきたか、上の雑木林から転げ落ちてきたって感じでしょうか。
aou890 (4)

今回は、滝下ではなく上流の方へ行ってみることに。
aou890 (5)

準備はパーフェクトってわけではありませんが、一応ガッツリ水に浸かれても問題ないようサンダルっす。
aou890 (10)

4枚目の写真からわずかに歩いただけでカーブになった地点に到達。流れが一気に穏やかに。
一番深い部分でも腰~胸辺りだろうか。水遊びにはちょうどいい深さである。が、そこでは特に魚は見付からず。
aou890 (6)

その地点を超えると水深は踝~脛辺りまでと浅くなるので再び川を渡ると、引っ込んで見えなかった部分にこんな場所が・・・。
記憶にないな~。こんなトコあったっけ?
チョロチョロと水が流れ落ちてきてますが、特に生き物は見当たらず。残念。
aou890 (7)

しかし、こういう場所にあるシダやコケは美しいですね。
ボーっと眺めていたい気分ですが、時間もあまりないので本命に移動です。
aou890 (8)

少し歩いてさらに上流へ。
里山再生なんたらという看板が出ていたので定期的に手入れはされてる様子ではありますが、葦とかススキみたいな植物に行く手を阻まれて先へ進めない。もとい、今日のような軽装では先へ進めないの間違いです。
最低でも長袖、長ズボン、トレッキングシューズ、小型の鎌かナイフ、手袋でもないとあちこち傷だらけになりそう。
刈った後の枯草が山となり底が見えないのもちょっと危ない。山から流れてくる水が通る溝が隠れていたりして、気付かなければ足がイッてしまう可能性も・・・。
aou890 (12)

昔は葦もそんなになく、普通にジャバジャバ川を歩いた記憶があるのだけど・・・。
それでも限界まで近づいて撮影。
人の気配に敏感なので、それまでたくさん泳いでいた姿が嘘のように静まり返ってしまいましたが、待機すること数分。
中央から少し上の方に数匹写ってるのがおわかりいただけるでしょうか?
何てことのないカワムツでしょうけど、肉眼では綺麗に発色しているのが確認出来ました。
何枚も写真を撮ったわりに使えそうなのはこの一枚きりという寂しい結果・・・・。でも、まぁいいんです。気分転換にちょっと行ってみようかと思っただけですから。
aou890 (11)

何だかんだでまともな写真が一枚ってのもあれなので、周辺の生物の写真など。

白い斑点がないですが・・・ミヤマカワトンボかな?前回撮ったのと同じ種類かと。今年も撮れて大満足ですよ!
aou890 (14)

こちらはハグロカワトンボ?歩道にて撮影。
aou890 (15)

欲を言えばもっと明るい場所で見たかったですが仕方ありませんねぇ・・・。
もうちょっと暑くあったらもう一度来てみようかしら?

クマバチ

2019年 07月18日 16:22 (木)

ブーンブーンとでっかい羽音が聞こえてきたので、周囲を観察しているとですね、いたのよコイツが。
クマバチです。
久し振りに見かけたのでヘタクソなりに撮ってみたんですよ。
aos456 (1)

スズメバチと違って攻撃的じゃないので安心して観察できますが、警戒心が強いのかちょっとカメラを向けたら逃げてしまいました。
もうちょっとでいい写真撮れるとこだったのにな~!
aos456 (2)

でも、クマバチって何か憎めないと思いません??
丸っこくて可愛げがあるというか、愛嬌があるというか??

Gの移動

2019年 07月16日 02:19 (火)

果たして、一体こいつらをどのカテゴリに入れればいいのか?
先生の餌なのだからアクア関係でもいいように思うし、しかしコイツら虫だから単独ならアクア関係なくね?とも思うのである。
うーん、うーん・・・色々考えるのがメンドクサイ!!つーわけで、便利なその他のカテゴリに放り込んでおくことに。
ちなみにこの生き物はおそらく多くの方々にとって嫌悪感を抱く対象になると思うんですが、うちは閲覧前にモザイク入れたり注意書きしたりするような良心的なブログではないので覚悟キメといて下さいw
aor444 (1)

給餌の時に私の不手際で今までに約10匹ほど脱出しましたが、現在までに3匹ほど回収。
元々ゴキブリが出現するエリアではあるのでホイホイは常に設置してますが、2~3個ほど増やし、さらにブラックキャップもあちこちに仕掛けておきました。
私は平気だけど、餌のゴキブリが逃げたなんて知れたら家族から抗議されるのは必至ですからね・・・。

今回は、二度目の購入となったレッドローチをですね、プラケに移動させる作業です。
前回の場合は残りが少なくなって捕獲がより難しくなったための移動でしたが、今回は追加購入したばかり。わんさかおりますw
さすがに屋内でミスが起こった場合シャレにならないことになるので、渋々外に出て行います。
aor444 (2)

まず、カップの中の紙のタマゴパックを取り出してプラケにポイ。
aor444 (3)

デカイのからちっこいのまで、わんさかいますねぇ。
苦手な人からすれば悪夢以外の何物でもない光景。
aor444 (4)

ごっそり取り出したかと思いきや、カップの底にはまだこんなにいらっしゃる。
白いのは脱皮したばりの個体。
aor444 (5)

カップに入ったポップコーンを友達に分ける時のような気軽な動作でプラケ内に残ったゴキブリたちをザラザラと流し込む。
aor444 (6)

移動後。
一匹たりとも外にいねぇ・・・。
aor444 (7)

が、しかし。
段ボールを裏返すと、そこにはゴキちゃんたちがビッシリだぜ!
aor444 (8)

残ったカップは、水槽の水換えの時に出た新聞紙にくるんでゴミ袋に押し込んで終了。
いいかい、この時、くれぐれもカップが空っぽになっていることを確認しなくちゃダメだぜ?
でないとガサガサと袋の中から音が聴こえてくるからね!

懐かしい奴

2019年 04月27日 02:47 (土)

メンテをしていたある日のこと。
何か玄関の床で黒っぽいものが動いているので気付いてカメラを向けると・・・ハサミムシ!
anq333 (5)

懐かしい・・・。見るのはずいぶん久し振りだ。
子供の頃は植木鉢をどけたり石をひっくり返したりするとよくいたものである。
大人になってからはそんなこと積極的にやらなくなったので、見る機会も減ったんだろう。そう考えると何か寂しくなるな;

ハマベハサミムシで合ってるのかな?
何で浜辺なんて名前なのかと思ったら、海岸に落ちてるわかめの下にいることが多いからなんだそうな。
基本的に湿った場所を好む昆虫なので、水換えでよく濡らすこの場所にも出現したんだろう。
anq333 (2)

見た目はのんびりしてそうだが、意外とすばしっこくて形状的に捕獲するのに苦労する昆虫である。
現に手に載せて写真撮るまでなかなかに骨が折れたよ。
殺す必要なないが、このまま家にいてもコイツにはいいことひとつもないので撮影後、速やかにお帰りいただいた。
anq333 (4)

長い

2019年 04月05日 02:07 (金)

少し前、またしても面接に行って参りました。
通勤距離が車で片道45分~50分とかなり遠い。それだけならギリギリ許容範囲内。
しかし、会社に到着してさらに現場に移動する(会社から近い場所ならいいが、そうでないことも多い)ことを考えると一日の移動時間はどれくらいになるのかちょっと想像がつかない。
私の前にも数名面接に訪れたらしいが全員辞退しているので、そのあたりの事を諸々考えてのことなんだろうなと思っていたらそうではなく、どうやら社長の代わりに会社を運営していってくれる人がほしいとのこと。
おいおい・・・そういう事は、会社に入って数年間は修行して大抵のことが出来るようになってから話すことだろ・・・。
いきなりそんな話されても決心はつかないし、おいそれと引き受けるわけにもいかんだろ・・・。コケるわけにもいかんし。
正直言って、今の私には荷が重い・・・。
いや、独立するのなら経営ノウハウは必要になるので、勉強するいい機会にはなる。なるのだが、今の時点ではそんな事考えてないのでかなり面食らった。

しかし、会社の運営うんぬんの話に至るまでが長い。とにかく長い。回りくどいのではなく、すぐに話が脇に逸れる。
面接が始まったのが13時から。終了したのが16時40分過ぎ。ひとりで延々4時間近くも喋り続けるのには参った。
要約すれば長くても1時間あれば済む話である。
逸れた話はどんどん関係ない方向に進んでちっとも戻らない。ババアの世間話か?
3時間が経過してもまだ関係ない話を続けているのでさすがに「大変申し訳ありませんが、実はこの後も一件面接の予定が入っていまして・・・」とやんわり遮ったのだが、「ああ、そう。長い時間申し訳ないねぇ。○○さんにやる気があるならうちとしてはぜひ来て欲しいんだけど、最初はまず~」と、そこからさらに40分喋る。
大体そこから自分の親が認知症になった話とか、剣道の有段者の知り合いの息子が結婚して生まれた子供が今どこで何をやっている話とか、一体それが私が今ここにいることと何の関係がある?
世間話なら居酒屋でやってくれ。

先の面接ですっぽかしを食らったのも初めての経験だったが、ここまで話の長い経営者も初めてである。面接する側の話を遮ったのももちろん初めてだ。
結局、採用決定したのに辞退。会社引き継ぎうんぬんの話は、やはり今の私には無理だ。
就活は振り出しに戻ってしまったわけだが、ここまですべて初めて尽くし。これから先どんな初めてが待っているのやら。