TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

異音発生装置

2013年 04月19日 09:42 (金)

どもー。

今日は休みです。
用事があり・・・いや、用事そのものは全然大したものではないのですけど、ちょこちょこ虫食い状に用事が入っているので、その合間を縫って仕事は無理なので休んだってわけです。

夕べ、ガレージからガツン!ゴツン!と大きな音が響いてくるので水槽覗くと、クラウンローチがケンカしてました。
C004.jpg

両者睨み合いつつ、頭突きし合ってました。
C004 (1)

このサイズのケンカでもかなり大きな音がするので、稀にいる20cmクラスの個体同士のケンカだったらもっと凄い音なんでしょうね。
C004 (2)

険悪な空気だからか、そそくさと逃げ出すネネガルスが何かかわいそうでした;
C004 (3)

道化の王様

2013年 04月04日 02:51 (木)

水槽を覗けば、ネタは転がっている・・・いや、泳いでいるものですw

最初は7匹いたクラウンローチも水質悪化や病気、突然死などで数は減り、残るは最古参の1匹、成長不良で痩せた個体が1匹、ボスクラウンの3匹になってしまいました。ガツガツ餌を食ってるのに、痩せたままの個体は残念ながら、ずっとこのままではないかと思います。元気いっぱいなのですが、どう考えても長生きはできないでしょうね;

さて、単独登場は久々のクラウンさん。彼はボスクラウンですが・・・。
イエローピンクテールカラシンもデルヘジィもつつかれては逃げるほど強いヤツですw
B001.jpg

お店の方曰く、縞々模様の魚は色んな意味でクセがある種類が多いとのことでした。なるほどw

ホームレス・クラウン

2012年 07月31日 18:03 (火)

久し振りにクラウンさんたちです。
DSCF0990.jpg

旧60cm時代には、彼ら全員が隠れられるシェルターがあったんですが・・・。
実は、今はもうありませんw
DSCF0991.jpg

隠れられないとストレスになるかなー・・・なんて考えていて、少し心配だったんですが、どうやら大丈夫そうです。
シェルターは、今ではシノドンさんやらゴールデンさんやらが入っているので、こっそり潜り込むなんて不可能です。
隠れられない環境に適応してしまったのか、いつでも出ずっぱり。でも元気そうです(?)
DSCF0993.jpg

成長の方は、ここに来ても変化ありませんねー。
それとも、水槽がデカくなったぶん、成長してると感じないだけなんだろうか?
DSCF0995.jpg

ぐるぐる前面に出て来てますが、これは餌の時間が近くなるとやるようです。
そういう癖だけは、しっかり身に付けるのだった。
DSCF0997.jpg

クラウンの運命

2012年 06月17日 09:45 (日)

一週間放置状態というのは最近では珍しいですが、もう何せ疲れてまして。
ほとんどデジカメすら触りませんでした。

そんなこんなで90の様子。

唯一心配だったのは、一番小さなクラウンとデル。
当然、食われるだろうと半ば覚悟してたんですけど。
DSCF0279.jpg

完全無欠に興味ないみたいですw
DSCF0280.jpg

反射的にパクっとやってしまうこともなく、なんだか拍子抜けw
DSCF0281.jpg

やはり頻繁に生きた餌をあげなかったからというのも理由のひとつなんだろうか?
DSCF0282.jpg

もう、これなら心配はいらないだろうと思います。
DSCF0284.jpg

なので、久々に他のクラウンなんぞ。
彼はボスクラウン。一時はイエローピンクテールと同じくらいの大きさだったのに、すっかり追い抜かれてしまったようです。
DSCF0285.jpg

実は、この水槽に移動する前日に1匹死んでしまい、残りはとうとう4匹に。
DSCF0294.jpg

というわけで、メシ食わせりゃいいんだろ?
DSCF0296.jpg

大恐慌

2011年 07月21日 16:54 (木)

さて、さっさと記事にしないとタイミングがズレて結局ボツに、なんてことになりますもんね!

①みすぼらしいローチ水槽。
②今回は砂をプロホースのホース部分だけを使って全部吸い出しました。
③ゴールデン(インドレッド)。こいつもローチ並みに臆病;
④ろ過槽。まだまだろ材が入るなとか思ったものの・・・・。
DSCF4365.jpg

砂を吸い出した時の様子。パニック起こしまくって20枚撮ってまともに映ってるのはこれだけという情けない結果。
DSCF4367.jpg

で、砂を戻した時は戻した時で物凄い勢いで暴れ回る・・・。情けない話である。
言っとくけど、そうならないようにと静かにやってこれですからね。
DSCF4374.jpg

①吸い出した砂は飼育水で洗いました。これだけの大きさの魚達なのでまぁ汚れること!
②さっきのろ過槽には結局ハードマットを追加。ないよりゃいいだろ?的な安易な考えである。
③塩ビパイプシェルター。最も何とかしたいアイテム。みすぼらしい水景がさらに情けないものに・・・。
④崩壊後、比較的短期間で戻ったのは、ストレスザイムプラスのおかげか?
DSCF4376.jpg

情けない・・・。なんて情けない水槽だろうか。
DSCF4377.jpg

水換え直後はまだまだ白く濁るので、見ている気にもなれず、時間を置いて撮影。
DSCF4381.jpg

みんな元気だから、まぁいいっちゃいいんだが・・・。
やはり、なんか情けないんだよな、この水槽。もっとなんとかしなくては!
DSCF4382.jpg