FC2ブログ

TREASURE★CHEST

SINCE 2008 08~ ストイックなアクアブログからどんどん余計なカテゴリが増えて肥大化してゆくブログ

04月 « 2019年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

茶色い敵

2019年 04月26日 01:57 (金)

またしても一週間放置してしまいましたが、残念ながら死ぬことなく生きているSPEED★KINGでっす。
えー、就活は相変わらず。候補見付けて会社の場所確認→面接→内定→不明瞭な点説明ないor求人票と言ってること違いすぎる→辞退というパターンが続いております。まぁ・・・内定貰えるだけマシなんでしょうが、やはり後悔はね、したくないの。

で、アクアリウム的には変化なしでし。
何か買うぞ!と意気込んでショップ行く→お目当てのお魚さんいない・・・→テンションがた落ちというサイクルが続いております。
そこで終わっちゃうと記事にも生地にもならないので、とりあえずこの一週間やったことまとめです。
ぶっちゃけいつもどおりタダのメンテ記録なんですけどね。

水の入れ換えだけを続けた結果、茶ゴケが蔓延った残念無念なウパ水槽。
ウパさん自体は全然元気なんでそのままでもいいかな?という甘え根性が顔を出したのでブン殴って掃除ですわ。
anl777 (1)

この前の割り箸ケースにえいやっとウパさんを押し込んで一旦お外で待機っす。
水から出した状態にしておくと魚みたいにのたうち回ってケガしちゃうの。ウパさん、手足の筋力がゼロなので自分の体を支えることが出来ないんですよ。ちょっとかわいそう・・・。
anl777 (2)

衣装ケースだろうが水槽だろうがやる事は1mmも変わらない。
飼育水は5%もとっとけばウパさんには充分なんで、残りは全部排水です。
anl777 (3)

誰が洗ってる様子撮るっつったんだよ?
何だぁ?掃除済んだら堅気ヅラかぁ?調子乗ってっとまたムショブチ込むぞオラァ!
というアウトレイジ的やり取りを経て、フィルター含めピッカピカに。
anl777 (5)

この衣装ケースの欠点は、直射日光下で使用し続けると劣化してバキッと逝くことと、コロ(タイヤとかキャスターのことね)がついていた部分が盛り上がっているため、歯ブラシを使わないとしっかりコケが落ちないこと。それ以外はパーフェクト。
anl777 (4)

綺麗になった住処にウパさんをドカッと放り込み・・・
anl777 (6)

新しい水を灯油用ポンプでズイズイ入れていきます。
anl777 (7)

ウパさんにはある程度アバウトな方法が通用するので本当にラクチンですよ・・・。
anl777 (9)

特に気にしないで注水したけど、水位はドンピシャ理想的な位置。
おお・・・これが職人技ってヤツか?!(違う?w)
anl777 (10)

・・・最近、ウパさんがいつうちにやって来たのか正確に思い出して愕然;
お連れしたのはアクアリウム再開直後の2007年だったから、12年いるということになる。
12年・・・。
12年かぁ・・・。

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

ノー・リアクション

2017年 09月24日 03:50 (日)

あまりに動きがなさすぎて、ブログへ登場させることもすっかりなくなったウパさん。
死んでしまったわけでもなく、大将の水槽の隣のケースにて普通に生活しております。
add555090 (1)

動きがなさすぎてどうしようもないので、手に載せてみる。
add555090 (3)

大人しくしてるように見えますが、実は嫌がってますw
こういう時には普通に動くんですよね、コイツ。
add555090 (4)

ブログ開設前からの付き合いになるので、10年近くの付き合いになるだろうか?
元々ハズレの成長不良個体なのだが、まだまだ元気・・・というか、基本的にあまり動かないので元気なんだか元気じゃないんだか、見た目から判断するのは難しいw
add555090 (5)

数週間も水換えだけで済ませていたので、ケース全体がコケてますw
こりゃーやるしかねーべよ。
add555090 (2)

というわけで脅威の90%換水!!ウパだから可能なこのスタイル。
add555090 (6)

金魚やドジョウは水が新しくなると動きも活発になるのだが、コイツに関してはまったくそういうこともないw
add555090 (7)

いかに記事にしづらいかおわかりいただけたでしょうか?

無理やり日記

2017年 02月27日 16:43 (月)

タイトルの通りw
記事にすらならないような内容を無理やり記事にしてみるという強引極まりない企画!
この前の水換えボツ写真を利用した時にやった例のアレ、第二弾ですw

単独で登場するのは本当に久し振りなウパさん。彼もかなりの古株で、ブログ開設以前からの付き合いです。
最近は、尻尾のあたりに何かできものが出来てるけど、本人は元気なのであまり気にしてませんw
abv666908098 (1)

見よ、この手入れし甲斐のない飼育設備を!こいつぁ強敵だぜ・・・。
abv666908098 (3)

じゃあさっそく記事にしてやろうじゃないか!
まずは水作エイトを取っ払う。けっこうぬめりがあって、2~3度取り落としたw
abv666908098 (4)

実は水作エイトが右側にあるのは、ちゃんとした理由がある。
それはエアーの飛沫。エアーの量事態は少ないんだが、飛ぶものは飛ぶ。左にはタップがあるので、そこにかからないようにとの配慮です。万が一ってことがあるからねぇ、この趣味は。
abv666908098 (2)

水槽ではなくプラケなので、飛沫が固まるとこんなふうに白っぽくなってしまう。
取る方法はあるが、やったらやったで今度は傷だらけになってしまうからな~。
abv666908098 (5)

ぐっ・・・まだまだ水は冷たい!しかし、我慢だ。我慢するんだ!
水流を起こしてしまうと、踏ん張りがきかないウパさんは流れに乗ってぐるぐる回ってしまうので、出来るだけ静かにやらなくてはいけませんw
abv666908098 (7)

しばし放置して、細かいゴミが沈殿するのを待ってから水を吸い出します。もちろん灯油用ポンプで!
換水量は10Lほど。
abv666908098 (8)

やるだけ無駄とはわかっているが、ホコリが溜まるので拭かないわけにはいかない。
手を抜いたらウパさんだけ手抜きしてるみたいでイヤじゃないですか!
abv666908098 (9)

とはいえ、金魚よりもウパの方が気を遣うポイントが少ないのでラクなんです。
金魚水槽と同じ水温13℃ですが、新水はそれより3℃ほど低いです。これをいきなり入れるわけですが、それでもいいんです!
abv666908098 (10)

簡単すぎて忘れそうになることも何度かあるので自分用にここに載せますが、塩素はキッチリ中和しときましょうw
abv666908098 (11)

後は前述のとおり、そのままドバッと入れてしまいます。
いえね、飼育初期は気にしてたんですけど、この7年ぐらいはこのままやってます。大丈夫そうなのでw
abv666908098 (12)

本人は相変わらずボケッとしてます。いいな~、私もこんな人生送りたいッス。
abv666908098 (13)

で、つつがなく終了w
ポイントは水作エイトのカバーを綺麗にして新品みたいに生まれ変わったこと。
abv666908098 (14)

ね?
記事にするのもなんだかな~って感じでしょ??
abv666908098 (15)

でもね、やってみればあら不思議!記事がひとつ出来ちゃうんですね、コレがw

ぶっちゃけ、文章すら思い浮かばない・・・w

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

歩くホコリ玉

2015年 08月02日 13:27 (日)

あれ?水槽からプラケに戻ってる!
ang5677985 (1)


いや、実はですねぇ・・・。朝、水槽をチェックすると!
アカハライモリがいませんでした。
脱走対策は万全だったはずなのに、どうして??

首を傾げていると、ガレージの床の上では・・・。
西部劇で、砂漠をゴロゴロ転がってくる枯れ草の塊のごとく、埃にまみれたアカハラがぺったらぺったら。
掴みあげて、一旦水槽に戻して、つっくいた埃や髪を落としました。
ang5677985.jpg

メッシュの撓んだ時にできたわずかな隙間から這い出してしまったようですわ。
ang5677985 (4)

こうなってしまった以上、仕方ないか。
ang5677985 (2)

せっかくの新居はわずか二週間で使用禁止に。
別に、フタを改良するだけでいいのだから、戻さなくても良かったかも知れないが、加工がめんどくさいw
ang5677985 (3)

バックスクリーンがなくなり、再び周囲360℃視界が利くようになりました。
水槽に入れてからは何となく、あらゆることに反応が鈍くなっていた気もする。
それに、周囲で動いているものがいれば、アカハラも退屈しまい。
ang5677985 (5)

これからのことは、これから考えようw
今日はもういいや!

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

判断と後悔

2015年 07月19日 18:42 (日)

昨晩は新しい方のPCを拝借してネットしてました。
動作快適で、Youtubeもニコ動もぬるぬる動いていいですね。
それにしても、ミクさんかわいいわ~~!
amx4567768.jpg


ボカロネタだと思ったら大間違いよ。ここからが本題なのです。

「水換えも 終わってしまえば 後はヒマ」そんなアクア川柳を思い付いた午後。
じゃあ、この間のアカハライモリの件でも片付けようか?ということになり、例の30cm水槽の出番でございます。

水槽のバックシートは、100円ショップで買ってきた大理石風のシート。・・・なんだかちっとも大理石風に見えないので、実はあんまり気に入ってなかったりするが、やってしまったものはしょうがない。
付属のメチレンブルーみたいな色のシート使うよりゃ100倍マシですぜ。
この間の仔ガメのスロープもしっかり取り付けましたぞ。
amx4567768 (2)

吸盤を先にくっつけておいて、その上からスロープを差し込むようでした。これで当初の「くっつかねーじゃん?」という疑問は完全に解消されました!
amx4567768 (1)

上から。
仔ガメなら、ここからシャカシャカ登ってくるのでしょうが、アカハラにはあんまり関係なさそうですw
amx4567768 (3)

旧プラケから移動。
持ち方が何だか虐待っぽいですが、有尾類ってのはこうやって持つのが正しいらしい。
直に掌の熱が伝わると、このテの生き物は火傷してしまうからね。手に乗せてもいいけど、短時間にするように!
amx4567768 (4)

新しい棲家へ。
amx4567768 (5)

スロープの上に乗っけたつもりが目測誤って、そのままドボン・・・。
amx4567768 (6)

水換えはいつも100%新水なので、これでも問題はないはずだが、何もかも新しいからな・・・。
プラケの水も少しは入れた方が良かったか?
amx4567768 (7)

ウロウロするが、なんにもないのだ!
amx4567768 (8)

実は、まだ残党が残っていた頃、新しい棲家に移動させた翌日に死んだヤツがいたが、こいつは大丈夫なんだろうな?
amx4567768 (9)

水量はおよそ8Lほど。うーん、ちょっと多すぎたか?
水深があるのは大丈夫として、水面からの距離が短すぎる。これでは脱走の危険があるな・・・。
amx4567768 (10)

つーわけで、隙間が大きい付属のフタをヤメにして、なんかそのへんにあったメッシュ的なシート的な物。
とりあえず通気性も確保できるし、ちょうどいいんじゃね?と、コイツをフタと同じサイズに切る。
amx4567768 (11)

水槽のフタの内寸に合わせて切ったので、綺麗に入りました。
問題は軽いことだった。おそらくアカハライモリでも、簡単に押し上げることができるだろうから、この柔らかいメッシュが沈まない程度の重量で、尚且つイモリが自力で動かせない重石が必要。
スライス溶岩石乗せたらちょうどいいんでない?と閃いたのでやってみたら、本当にちょうどいいじゃないの!
amx4567768 (12)

結果、水槽がひとつ増えたことになった・・・という点では後悔かな。
それと、部屋に持っていくのはやめて、今年からこのガレージで飼育することにしたんだが、ウーパールーパー水槽が半分しか見えなくなってしまった・・・。隣りの小赤といい、物置みたいだぞこりゃあ・・・。
amx4567768 (13)

自室の方は、プラケがなくなったぶん、水槽台下側がガラーンとしてしまった。
何かで埋めないと、ちょっとマヌケだなぁ。
amx4567768 (14)