TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

花が咲くまでⅡ

2017年 07月11日 01:00 (火)

はい、どもども!

少し前に、ホヤ・カーリーの花が咲くかも?!的なネタを書きましたけれども、あれからどうなったんだって話ですよね?
経過はばっちり撮影してますので、順を追ってお送りいたします!
・・・しかし、ホヤ・カーリーの花が咲くまでの過程なんて、やってんの私くらいじゃないのか・・・・;
adq22209944 (3)

7月に入り、綿棒みたいだったやつも(笑)全体的に少し伸びました。
蕾の中も少し赤みが出てきているのがおわかりいただけるでしょうか。
adq4444446 (1)

5日後、全体はさらに伸びて、丸かった蕾の形に変化が見られました。
もうこの時点で同じ蕾とは思えないほどの変貌ぶり・・・。
adq22209944 (7)

もうすぐ開きそうですが、不運なことに天候不順が続き、日光が少ないのですよ。若干心配ではあります・・・
しかし、見事な五角形の蕾。折り紙で作ってあるかのようです。
adq22209944 (8)

そして4日後・・・帰宅すると花が咲いてました!
正確には、帰宅後に確認した時点では4~5個ほど蕾が開きかかった状態だったんですが、1時間ほどの間にポポポ~ンと立て続けに咲いたようなのです。できればその間の写真も欲しかったんですけど、実はうつらうつらしていて撮るのを怠っていました;
adu8888889 (3)

下向きに咲く花なので、普通の状態だとこの角度からしか撮れませんw
adu8888889 (1)

蔓を折らないように気をつけながらグルリと反転させて撮影(今までも全部そうやって撮っていたり・・・)。
どうです?ヘンな形してるでしょう?初めて見た時はこの作り物めいた外見に衝撃を受けたものです。
白い花弁に見えるヤツは蕾が開いたものであって、実際の花は中央の赤いヤツなんでしょうけどね。
一度咲いた蔓からまた咲くという言葉は嘘ではなく、他の場所から咲いたことは一度もありません。なんてガンコな花なんでしょう!
adu8888889 (2)

ここから枯れるまでの過程が、またちょっと変わってるんですよ。
というわけで、次回は咲いた状態から枯れるまでの過程を追ってみたいと思います。乞うご期待?!

ハートの新芽

2017年 06月23日 02:48 (金)

すっげー長い間植物関連の記事書いてなかったですね、そういえば・・・;

日差しが強くなってきたので、屋内の明るい場所に移したホヤカーリー。
最近全然成長してない。そろそろ植え替えが必要かな?などと思っていたら、新芽発見!
よかった!ぶっちゃけ植え替え面倒だったので(笑)
adk777956 (2)

こんなちっこくてペラペラな葉が、しばらくするとこんなふうに立派なハート型の硬い葉っぱに成長するのです。
adk777956 (1)

あらためて全体撮影してる時、もうひとつ変化に気付きました。
adk777956 (3)

コレ、何だと思いますか?
これも新芽だろって?いえいえ、違います!
実はですね、これ。なんと蕾なんですよ~!もう少し経つと、かなり個性的な花が咲くのです。
adk777956 (4)

そうだ、開花までの様子を撮影しておいて、あらためて記事にしよっと!

スタンド・アップ

2016年 08月30日 15:29 (火)

ビバリウムとかやってる方ならご存知かと思われる植物、ネオレゲリア。
いつの間にかホムセンでも取り扱ってる店舗が増えたようですね。

今回はそんなネオレゲリアの話題。
なーんか、不自然に斜めってますネ・・・。
avo80955576 (4)

それに、飾り石的に入れておいた軽石も大部分がなくなっております。
avo80955576 (2)

ちょっと角度を変えて上から。
陽当たりの関係で斜め方向に成長したものならば諦めはつきますが(うちは植物育成的には陽当たりがイマイチ)、これは家族が蹴飛ばしたり、何かを当てて倒してしまったりという思いやりのなさが招いた倒壊なのです。
avo80955576 (3)

面白くないので、植え替えることにしました。
avo80955576 (5)

植え替えるなんて言っても、これはほかの観葉・多肉植物とは少々勝手が異なる。
ピートモスとバーイキュライトをいちいち混ぜなきゃならんのでめんどくさい。
最初は慎重にやっていたが、最近は目分量。ぶっちゃけいい加減ですが、問題ないようです。
avo80955576 (6)

通水性と保水性を確保するために、この二つを混ぜ合わせたものがベストだとか。
水を加えながらこねくり回すこと数分で用土の完成。
カラカラのピートモスが水を含むまで時間がかかるので若干イラっとさせられましたw
avo80955576 (7)

鉢底ネットに軽石を入れて、用土を適量盛ったらネオレゲリアをどっかと置いて、位置や傾きを調整します。
今回は根っこはカットせず。
avo80955576 (10)

ここでいいんでねーの?という位置で、さらに上から用土を盛りまして、完成。
avo80955576 (12)

後は、鉢底から透明な水が流れ出てくるまで水を与えて終了です。
だいぶ傾きは解消されたと思うが、どうでしょうか?
もっとも、水やりを繰り返してれば多少は斜めになってきてしまうんだけど・・・ね。
avo80955576 (13)

今季はもうちょっと成長するだろうか?
avo80955576 (14)

んで、一緒に倒された植物たちw

左:バーバンクサボテン
右:ウチワサボテン 赤烏帽子

危うくポッキリいくかと思ったがギリでセーフ。
avo80955576 (15)

しかし・・・数年に渡って大事に育てたクラッスラ・アルボレセンスは・・・
avo80955576 (16)

こんな目立つ所の葉がポッキリ・・・。
avo80955576 (17)

ああ、そのぐらいなら折れても大丈夫。

信じられないことに、倒した人間の言葉である。
それを言うのは俺だよ、バカヤロー。

バーバンク

2015年 12月05日 21:40 (土)

当ブログではあまり評判のよろしくない(私がそう思うだけ?)多肉植物ネタでございます。

ここんとこ急激に寒くなったせいか、自室の窓外に置いといたウチワサボテン(赤烏帽子)がシワシワになってしまいました;
雨が降っても鉢には水が入らなかったはずだから根腐れってことはないハズだし、やはり気温の変化が原因か?
どちらにせよ、このまま出しっ放しってのはマズイと思い、本日室内に取り込みました。
apu76554444449848.jpg

そして。
本日(流木買ったのと同時に)、新たな多肉植物がやってきました。
その名も、バーバンクウチワサボテン。別名:トゲナシサボテン。
apu76554444449848 (1)

トゲなしという名前のとおり、表面は実につるんとしてます。
・・・というか、トゲあるように見えるけどw
食用に使われるウチワサボテンだそうだが、緑が濃くてなかなかに美しい。
apu76554444449848 (2)

ちょうどいいので、赤烏帽子と比べてみた。
一枚一枚がかなり大振りで存在感バツグン。ポットの幅ギリギリですね;
apu76554444449848 (3)

子株もあるようだし、これからの成長が楽しみです!
もっとも、この時期は休眠期間だから、成長はあまり望めないので、暖かくなってきてからの話だけどね。
apu76554444449848 (4)

とりあえず、室内管理に切り替えってことで、その他の多肉植物と一緒にガレージに置くことに。
apu76554444449848 (5)

ちなみに、バーバンクってのは、ルーサー=バーバンクという人の名前だ。
伝説的な園芸家で、トゲナシサボテンを作った人らしい。

いやぁ、コレずっとホムセンの多肉コーナーに1ポットだけ残っていて、以前から目をつけていたのですよ。
他にもミルクブッシュ、神刀なんかもあったけど、水槽管理さえ時間がないのに、今の段階で鉢植えを色々と増やすと結局世話しきれずに枯らしてしまいそうだから仕方なく諦めた。・・・今回はね。

山野草

2015年 10月02日 18:49 (金)

見なれない物が置いてあるなぁと思ったら、アンタ。
これ山野草でねーの!
aor3339090 (3)

大文字草。だいもんじそうと読むのかな?
どうやら母親が買ってきたらしい。
線香花火みたいな花。なかなか綺麗だね、これ。
aor3339090 (4)

もう一種類。これはリンドウ。
これもかなり綺麗な花。
aor3339090 (2)

山野草って、育成するの簡単なのだろうか?
普通の土より、鹿沼土とかの方がいいんじゃないか?
aor3339090 (5)

と思ったら、うちにあったわw
aor3339090 (6)

夕方には、玄関の空いたままになっていたプランターに既に植えてありました。
ここ、西日しか当たらないけど、大丈夫なのかよ?
もっと日当たり良くて風通しのいい場所の方がいいんじゃないの?
aor3339090 (7)

※本来はボツ記事にするつもりでしたので、内容はつまりませんw
読んで下さった方、ゴメンナサイコ。