TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

⑥&②

2017年 07月14日 17:28 (金)

今日の午前中(記事の順番が入れ替わってます。これ、昨日の大雨のことね!)、本当によく降りましたね・・・。
就活で悩み、夜もロクに眠れず、朝4時くらいにようやくウトウトし始めたばかりだというのに、5時にいきなりケータイが鳴る。
相手は友人の娘の母親。つまり私の友人の妻である。
「雨凄い。あの子今日自転車だめ。学校いい?」
お前は中国人か?と突っ込みたくなるが、要するに「雨が物凄くて自転車ではとても出掛けられないので、娘を学校まで送って行ってほしい」という。
何かあったら頼むと仰せつかってはいるがね、親父よ、早いとこ赴任先から帰って来い!!いい歳してパシリなんてゴメンだぜ。

しかし、マジで降ったな。一台前の車が見えないほどの大雨だった。
午前中で学校が終わりらしく、昼過ぎに友人の娘から再度電話があり、帰りも来て欲しいという。まったく、赤の他人なんだぜ俺は?
保護者代理とはいえ何の血縁関係もない私が校門付近でウロつくには色々と都合が悪いのだよ。
到着した時間も早すぎたので書店へ。

出てましたよ~
adu66666665 (15)

「小林さんちのメイドラゴン」⑥巻
「小林さんちのメイドラゴン カンナの日常」②巻
adu66666665 (10)

作者曰く、よくやく土台が完成したそう。これから各キャラをどんどん動かしていきたいとのこと。
今後新キャラも登場するのでしょうか?ますます楽しみです。
「カンナの~」は①巻がけっこう売れたようだね。最近読んだばかりのような気もするけど、もう②巻か。
エルマが主人公のスピンオフま始まるそうで、そっちも楽しみだね。

「ハエッ?!何ひとりで本屋行ってんの?!」(友人の娘 以下:娘)
「時間余ったから、ちょっとね」
「いやいや余った余らないとかじゃなくて普通私来てからでしょ」(娘)
と、半ギレである。
「ああ、わかったわかった。じゃあもう一回行けばいいじゃん」
「エ?何で流すの?何かさ、小父さん最近ヘンだよね?」(娘)
この子は両親の前とごくごく限られた人間の前でしかこういう顔は見せないらしい。心を開いてくれているってわけか。
トゲのある態度も遠慮のない口調も、どこか嬉しく感じてしまう自分がちょっと嫌である;

同じ店にまた入るのも何なので、応募を予定している会社の位置確認も兼ねて別の書店へ。

「ねぇ、「八十亀ちゃんかんさつにっき」って面白いんだって」
(はい。面白いです。私既に読んでます;)
adq22209944 (1)

結局、この2冊とラノベ2冊とアイスクリーム買わされることになりましたけどね・・・。
俺だってカネはないんだけどな・・・。まだまだ甘いね、俺も。
adq22209944 (2)

アイツ、俺に買ってもらったって(母親に)言ってないだろうな。

製造と合成

2017年 06月25日 20:41 (日)

2015年12月:螺旋のエンペロイダー Spin3.
2016年01月: 無傷姫事件
2016年02月:彼方に竜がいるならば
2016年03月:ブギーポップ・アンチテーゼ オルタナティヴ・エゴの乱逆
2016年11月:パンゲアの零兆遊戯
2017年01月:螺旋のエンペロイダー Spin4.

ここ一年半の間に6冊も本出してる・・・。相変わら読み手を退屈させない作家である上遠野浩平。
さらに6月22日に集英社より書き下ろしエピソードを追加した「恥知らずのパープルヘイズ」。そして同時発売となったのはこちら。

「製造人間は頭が固い」
2015年からSFマガジンにて連載されていた、いわゆる「人間シリーズ」。
表題作をはじめ「無能人間は涙を見せない」「双極人間は停滞を嫌う」「最強人間は機嫌が悪い」「交換人間は平静を欠く」「製造人間は主張しない」に、書き下ろしとなる「奇蹟人間は気が滅入る」を収録してひとつの作品としてまとめあげたもの。
今回は、統和機構の合成人間の根幹に関わる極めて重要な作品。
最初に製造人間と聞いて違和感を抱いたが、なるほど・・・合成人間を作る能力を持っているから製造人間なのか。
これ、そのまんまブギーポップシリーズの登場人物が出てくるのに、電撃文庫じゃなくまさかのハヤカワ文庫w
出版社なんて関係なく、あらゆる作品がどこかで何らかの形で繋がっているこの作家さんらしい、いつもの方法ではある。
読み始めたばかりの頃は「なんでわざわざあっちこっちで?」と思っていたけど、いつの間にかこういった手法が楽しみで仕方なくなっていた。やっぱりワクワク感あるよね、こういうのは!
ちなみに、ブギーポップシリーズの最新作は来月発売だそうで、2ヶ月連続で新刊発売。
adj9900000 (1)

人間を生物兵器・合成人間に造り変える力を持つ「製造人間」ウトセラ・ムビョウ。彼を説得してその能力を発動させようとした人々を、ウトセラは独自のロジックでとらえていく――「無能人間」の少年コノハ・ヒノオに始まる双極人間/最強人間/交換人間との邂逅、そして奇妙な論理で導かれる結末とは……
〈ブギーポップ〉シリーズの裏側を明かす、異能力者たちによる新対話集。


「なにかを製造するとき、別のなにかはその犠牲となる。世界はこの無慈悲な選別の繰り返しによって成立している。それは神の御業でもなければ悪魔の所業でもなく、ただの流れ作業であり、そこに人間性など一切関与しない」
――霧間誠一<頑迷な自由と無責任な束縛>

Ar40マンガ祭り

2017年 06月07日 17:39 (水)

相変わらずマンガが増えていく一方のSPEED★KING部屋ですが、面白そうだからといって購入した作品でも、これはハズレだなって作品に出会うことってたまにあるんですよね~。
それらの感想を書くと辛辣な批判になってしまうので、そういった作品は今回は除外の方向でw
でわ、Ar40マンガ祭りの始まり~!
aer444494944 (3)


「外れたみんなの頭のネジ」①巻&②巻。

怖い、気持ち悪いと色々話題になっていたので、とりあえず読んでみた。
主人公で女子中学生ミサキと、彼女にしか見えない悪魔べへりんを中心に、周囲の人間たちの狂った様子が描かれるサイコホラー作品。
さほど上手な絵ではないんですが、かなり気持ち悪いw
話自体はどんよりと陰鬱な感じですが、どこかコメディータッチで軽妙に展開することで、おどろおどろしさを上手く中和できていて、程よい緊張感とともに一気に読めました。
ミサキ(表紙の子ね)以外の登場人物が基本的にみんなどこかズレていたりサイコだったりキチガイだったりするので、ミサキはおかしいのは周りなのか、自分なのかだんだんわからなくなって混乱してゆく様子が描かれています。
aer444494944 (7)


「魔王城でおやすみ」①~③巻

こちらも話題になっていた作品。
勇者、魔王、モンスターが登場する異世界モノ。
攫われた姫を助けるため~とかいうストーリーではなく、魔王城に囚われた姫は寝ること以外にすることがないため、自らの快眠・安眠のために好き勝手に魔王城の中を歩き回り、アイテムを勝手に使う、というか盗む。
次々と騒動を巻き起こしていく姫に振り回される魔王城のモンスターたちの様子がとてもおかしい。クスッと笑える作品。 そして、意外にも魔王がけっこうピュアw
aer444494944 (4)

今回は長くなるので続きから!

続きを読む

ガチムチ家政婦

2017年 04月30日 02:51 (日)

どうしても行ってしまう本屋さん。
時間が余りがちになっちゃうからね、就活ってヤツは。どうしようもないです、ホント・・・。

今回購入した作品はこちら。

「Dr.キリコ~白い死神~」1巻&2巻。
ヤングブラックジャックのスピンオフ作品として連載が始まったのは風の噂で耳にしてました。
単行本出たら読んでみようかと思ってたんですけどね、フツーに出てたわ。
ブラックジャック本人もカッコイイですが、私はどちらかというとドクター・キリコの方がダークヒーローという感じで好きです。
物語シリーズでいうなら貝木泥舟って感じでしょうか?
aec555977676 (3)

ようし、時間も潰せたし。そろそろ帰ろうか・・・と↑の2冊を手にレジに向おうとした目にふと飛び込んできた作品。
なんか、我らがトールさんもヤバイですねと認めてる??
aec555977676 (4)

「うちのメイドがウザすぎる!」1巻。

お母さんが亡くなり、父親と二人で暮らすロシア系小学生の少女、ミーシャ。
そんな彼女のもとに、鴨居つばめという元自衛官という肩書きを持つ家政婦がやってくるのだが・・・コイツがとんでもない女。
ガチムチ、腹筋バキバキの体力おばけ、女のくせに小学生の女の子が大好きというロリコンの変態家政婦だったw
aec555977676 (5)

これだけで充分面白そうです。元自衛官で家政婦という設定も新しい!
しかし、すごい体w! まるでアスリートw
これでロリコンで変態とか、色々ヤバイw
aec555977676 (6)

これは期待大!!

屈辱の選択

2017年 04月25日 19:48 (火)

アラマミさん、全巻揃えてしまいましたw
でも、これマジで売ってないですね・・・。色んな店回りましたけど、普通の書店は新刊以外まったくありませんでした。
1,2巻をたまたま買えた私はツイてたんでしょうね。

ただ、3巻だけはどうしようもなかった。
どこを探しても見付からないので、仕方なく馴染みの古本屋さんへ。そこは立ち読みできない仕様になっているので安心だったんですが、まったく売ってませんでした。在庫あるかないか聞いたら、「あ~、アレ今人気なんですよね」とのこと。
aeb555559687 (2)

渋々BOOK OFFに行ったら地元店にあったわ。
状態のいい中古CDとDVD以外買わないようにしていたんだけど、今回は妥協するしかなったです。
基本的にコミックスは新品で購入することを信条としている私にとって、他人が立ち読みしたコミックスを買うなんて、屈辱以外の何物でもありませんですわ。
でも、何とか日焼けのない比較的綺麗な状態だったので(帯がないけど!!)、それで今回は溜飲を下げることに。
aeb555559687 (1)

近年のコミックスによくあるパターンですが、カバー下にもしっかりマンガ。
恋愛映画観て羨ましくて泣いたり、湿布貼りあるあるだったり、残念かわいいマミさんをここでも見れますw
aeb555559687 (3)

今回も相変わらず不憫で残念で不遇な日々を過ごすマミさん。
スイーツ食べてお腹いっぱいになったところで・・・
aeb555559687 (6)

財布がないという地獄が待っている。
aeb555559687 (8)

キュウべえもこの作品ではタダのパシリw
腐った牛乳飲ませられたり、ぶん殴られたりと、けっこう散々な目に遭わされてますw
aeb555559687 (7)

まだ休みだと思って怠惰な毎日を過ごしたあげく
aeb555559687 (9)

翌日からの仕事が嫌で鬱になったり・・・まぁ、これは我々もそうなんですがw
aeb555559687 (10)

これ、別にまどかマギカでなくてもいいんじゃない?という声もちらほらあるけど、それじゃあ普通のアラサーマンガになっちゃうわけで、いや、内容は普通のアラサーあるあるマンガなんだけど、マミさんだからいいと思うんだけどね。
aeb555559687 (5)

表紙もそうだけど、家では未だに中学時代のジャージで過ごすマミさん、イイですね!
つーか、ジャージがパツンパツンw