TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

どうじょよろしくⅡ

2016年 09月27日 19:26 (火)

我が家にやって来てから、しばらく経ったドジョウ。
結局シェルターは入れず。入れても錦鯉が突っついてゴロゴロ転がって、ただの騒音発生装置になり下がりそうなのでヤメたのだ。
普段は石油コンビナートの如く並んだ水作エイトの裏側に隠れている。
axe3339089709 (6)

しかし、隠れっぱなしということもなく、朝でも昼でも夜でも、時々前面に出ては泳ぎ回る。
axe3339089709 (2)

物凄い近距離でカメラを向けるとさすがにビビッて逃げてしまいますが、基本的には物怖じしない性格で、近づいてもこのとおり。
コイツに比べれば錦鯉の方がよっぽど臆病ですw
axe3339089709 (3)

そんな錦鯉のキビキビした力強い泳ぎにも負けず、小赤をはじめとした金魚連中にも負けず、堂々としてます。
axe3339089709 (4)

なかなか骨のあるヤツである。
こうなったらもう2~3匹お仲間をって、それはいくらなんでも入れすぎか;
axe3339089709 (5)
いかんいかん、ついつい入れたくなってしまう・・・。

テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット

どうじょよろしく

2016年 09月08日 17:22 (木)

タイトルからおわかりのとおり、ドジョウだよ。
avw599777089898 (1)

何のって、青文魚と一緒にやって来たマドジョウですよ~。やだなぁ、もう。
avw599777089898 (2)

ビビって暴れまくるかと思いきや、物怖じしない個体でした。
avw599777089898 (3)

人が絶えず覗く環境にいたためか、販売水槽でもあんまり潜ってなかったな、そういえば。
このとおり、指でガラスをコツコツ叩いても動じません。コイツは頼もしいぜ。
avw599777089898 (5)

照明を点けてもこのとおり。
ビビらないにもほどがある。
avw599777089898 (6)

で、導入から一週間経過しましたが、金魚に混じって積極的に餌を食ってます。
栄養豊富な金魚の餌がほぼ毎日投下されるので、太ってしまわないかと逆に心配である。

こちらは今日の様子。
非常に元気である。ビュンビュン泳ぎまくってます。力強い錦鯉の動きもなんのその。
avw599777089898 (7)

唯一の心配は水換え。さすがに金魚と同じ感覚ではマズイんじゃないかと危惧。
前回から水温を合わせて注水したためか、本人は別にどこ吹く風といった感じ。どうやら平気らしい。
avw599777089898 (8)

この時点で錦鯉より全長あります。かなりデカイです。12~13cmくらい余裕であります。
シェルターは入れてないが、隠れる時は水作エイトの隅っこにいたりするので、特に入れる必要はなさそうだ。
avw599777089898 (9)

今後の活躍(?)に期待したいところですw

テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット

脱落と生存

2015年 11月03日 17:47 (火)

12時間勤務・・・。
朝6時30分前に家を出て、会社に到着して朝7時30分。そこから夜7時30分まで仕事。帰宅したら夜9時過ぎ。
他の会社では(経験済み)2時間程度で他の人と交替する仕事をぶっ続け。疲れるとかいうレベルではない。
夕食を摂ったらもう10時近く。立っているのも座るのも嫌で、台所の床にゴロンと倒れたら2時間もそのまま寝てしまった。

で。
何とか今日は休みでした。
地獄に仏とはまさにこのこと。ようやくプレコ水槽の水換えができたでございます。
残念なこともそりゃありましたともさ。

日曜に導入したブラントノーズガー2匹のうちの片割れが死亡。
死因は不明。ケガでもなけりゃ病気でもない。水質の変化が原因かも知れないが、気になったのは掬ってもらった時のこと。
ネットを噛んでしまったんでハサミで切断してもらったのだが、そのネットの切れ端が自然に取れるどころか、口にくっついたまま取れず、逆に口をぐるぐる巻きになって開閉できない状態になっていた。そのストレスが死因なのかどうかわからんが、もう死んでしまったし、どうにもならん。他の個体といってもあのサイズは滅多にいないはず。

1匹になると萎縮コースに進んでしまう可能性がある。現に昨夜はカーニバルをひと粒食べただけだった。
こりゃあ、考えを切り替えざるを得ないな。

このまま何とかガッチリした体格に育ってもらうしかない。というわけで、生き餌を使うことになりましたとさ。
収入も得られるようになったし、これからはこういった餌の購入にも困らないだろう。
とりあえず、ホムセンでメダカを20匹購入した。20匹で450円って高い気がするが、モノは立派で病気もなさそうだから、納得するしかない。一番いいのは自分で殖やすことだが、世話なんてとてもできない。
apd332129462.jpg

そういえば、アカハライモリも死んでしまったんだった。これは部屋にいた時に使用していたプラケ。
メダカを入れておくにはちょうどいい。
apd332129462 (1)

水は小赤水槽から拝借。こういう時に常温飼育している魚がいると助かる。
apd332129462 (2)

水温も小赤水槽で合わせた。
ここに入れてしまえばラクだが、小赤に食われてしまうから無理だよな。
apd332129462 (4)

プレコ水槽の水換え中に水合わせしてしまうことに。
いつものように点滴方式。毎日数匹程度与えることになるから、飼育することになってしまう。水質の変化で大量死なんてマジ勘弁してほしいのであります。
apd332129462 (5)

このサイズなら、さぞ食べごたえがあるに違いない。
問題は定期的に買いに行く時間を取れるかどうかだが、無理だろうなァ・・・この仕事では。
ということは一度に40匹くらい買って来なくちゃいかんのか。40匹ということは900円?!高けー・・・。
apd332129462 (6)

1匹与えてみたら、隅っこにいたのがいきなり動き出してパクッと加えてUターンしていった。
迫力ある捕食シーンが拝めるかと思ったが、他のフィッシュイーターのように派手に獲物を追うこともせず、動きはわりと緩慢だった。というか、無駄な動きがまったくないのでゆっくりに見えるのだろうか?
apd332129462 (7)

とにかく、ブラントノーズ育成計画が始まったのであった。
apd332129462 (8)

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

どうじょこちらへ

2014年 04月20日 18:20 (日)

今日は兄の世話があったので、またまた水換えの大半ができませんでした。
世話といっても一緒にいるだけなので、金曜ロードショウの「名探偵コナン 絶海の探偵」を見ました。
コナンVSルパン三世の劇場版と早く放送してほしいですね!
acf (7)

さて、本題。
長いことプラケースで育成いしていたヒドジョウさんですが、ひかりキャットとコリタブと赤虫で何とかここまで成長しまして、ことたび、生き残ったアカヒレ達とともに、ナマズ水槽へ移動となりました。
acf (8)

体高も出てきたので、何かの拍子に飲み込まれてしまう確率はかなり減ったのではないかな?と。
acf (9)

最初はかなり暴れたものですが、ケース生活に慣れていたためか、今回はけっこう落ち着いているようです。
acf (10)

心配のタネはスポッテッドトーキングとカラプロですが、まぁ、ムザムザ食べられてしまうような愚は犯さないと思いますw
acf (11)

水温はどの水槽も同じなので、水合わせだけで済むのは時間の短縮になります。
acf (12)

水合わせはいつものとおり分岐コックで行い、一度はゆっくり、二度目はやや早めて。
病気の心配はないですが、元の水槽の水はほぼ捨てて、ヒドジョウ達だけを水槽にドボン。
acf (13)

さて、果たして熱帯魚と日淡の共存は実現しうるのか? 様子はマメに記事にしよう。うんうん。
acf (14)

胃袋に消える

2014年 03月30日 14:10 (日)

どぜう・・・1匹いない。

そう。マドジョウがいないのです!
なぜなら、餌の投入口から飛び出して、デルヘジィの胃袋へと消えたからです!
まさか、そんなところから飛び出すとは・・・;
abz0 (24)

失敗してしまったものは仕方ないです。
今度、同じ場所に行った時、まだ売ってればリベンジしたいと思います。

気を取り直して・・・。
買ってきたばかりの頃のヒドジョウと今のヒドジョウ、どこか変わったのか?
abz0 (25)

お迎えした日。
abz0 (26)

現在。
abz0 (27)

比べてみると、ずいぶん変わってるものですね。
過去の写真も捨てずにとっておくと、こうした比較ができていいな~。