FC2ブログ

TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2018年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

彼らのらしさ

2018年 05月02日 02:40 (水)

久し振りにネタにするような気がする51cm水槽。
じわじわと水温も上がり、ドジョウたちも元気を取り戻して餌を食う食う。
それに倣ってなのかどうなのか。チョウセンブナたちもそれなりに成長してきました。
ちょうどいい具合に大・中・小のサイズい分かれてしまいましたが、誰かが誰かを攻撃するなんてこともなく、平穏です。

カメラを向けると逃げるという臆病ぶりは変わりませんが、それでも人が水槽前に立つと少しずつ寄って来る程度には慣れてくれたようですわ。
aie49867 (1)

まず、小。
小さいのは餌の摂取量の問題なのかな?餌食いが悪いわけではなく、なぜかワンテンポ反応が鈍いところがある。
どこかが悪いということもなく元気なんだが、その部分だけちょっと心配かな?
aie49867 (5)

中。
性格的には一番アクティヴ。餌の時は一番に現れるようになった。なのに何で二番なんだって話なんだが・・・w
aie49867 (4)

大。
他の2匹はまだまだだが、こいつはヒレが伸長し始めてずいぶんとパラダイスフィッシュらしくなってきた。
尾鰭も赤みが差して、ラメが入ってきたね。
aie49867 (7)

販売していた水槽はけっこう前に空っぽになり、現在は違う魚が入れられていた。
やはりこの魚、そこそこ需要があるみたいなんですよね。でも、飼ってる人見たことない。
aie49867 (6)

いるのか?どこかにいるのか?
どこだ?どこだ?チョウセンブナ飼ってるヤツはどこにいる?

280

2018年 03月14日 03:44 (水)

先週、まとめて更新するはずだったのがサボリにサボって周回遅れになってしまいまして。
読んで下さってる皆様には大変申し訳ないことをしたと反省しております。

さて、鼻をホジりながら反省の弁を述べたところで本題へ。

アクアリウムに手を出したことのある人間でこれを知らないなんて人はいないであろう超有名な水草。
その名もアナカリス。どこでも見かける、ある意味水草界の王様と言っても過言ではありません。
当然、近所のホムセンにも売っております。(しかも、アナカリスしか入ってないというダイナミックなんだかいい加減なんだか潔いんだかよくわからない水槽!)。そこから取り出したであろうアナカリスをパッキングした物がちょうどひと袋売れ残っていたわけです。
たくさんあるといつでも買えるからいいやって感じになるんですけど、不思議なことに残り1個になるとなぜか・・・わかりますよね、この感覚!
思い返せば一番最初に買った水草もアナカリスだったような?成長してないというか進歩してないというか、相変わらず水草関係は素人以下のレベル。

まぁ、大袈裟に考える必要はないですよね。1ポット280円だし(前はもっと安かった気がする)。
ahk898096 (1)

最初、家族からはワカメか何かだと勘違いされましたが・・・・見ようによっては見えなくもないか。私は海ブドウに似てると思いましたw
ahk898096 (2)

いい環境で育成すれば非常に鮮やかなグリーンになるらしいですね。でも、うちではそんなの無理。
だって、育成目的じゃないから。 いやね、
ahk898096 (3)

販売水槽ではその他の生体は入ってなかったので病気の心配はないだろうけど100%信頼できるというわけではないので、念のため水道水に浸した上で綺麗に洗ってから使用。
ahk898096 (4)

性格的なものもあるだろうけど、緑を入れることで少しでもチョウセンブナたちが落ち着いてくれればという飼い主の優しさ・・・もとい自己満足。
ahk898096 (5)

最初はポットのまま入れようか、鉢に入れて飢えてしまおうかと思案しましたが、前者は通水性悪くて腐りそうなのと、後者はメンテがメンドクサイので、バラしてテキトーに浮かべておくことに。
agh77678.jpg

だいぶ動くようになってきたとはいえ、まだまだ前面には出て来てくれない。
よく観察すると浮かべる水温計の下陣取ってることも多いので、上がある程度覆われていた方が彼rらにとっては生活しやすいのかも知れないしね。
ahk898096 (6)

さて。
次第に暖かくなってきたし、そろそろ本格的に成長してくれよな!
ahk898096 (7)
と思ったけどまだちょっと水温低かったわ;

平坦な地

2018年 02月16日 00:57 (金)

まだまだ寒い日が続きますなぁ・・・。

室温管理している水槽では、大将含めドジョウ連中の活性が低くなって食欲も落ちてきております。
そう。確かに食欲は落ちてるんですが、まったく食べない訳ではないのがタチ悪い;
さすがに毎日餌やりはせず、数日に一度、ごく少量を与えるといった感じです。それでもまぁ残飯は出るので水は汚れますね・・・。
agc666666 (1)

そして、ここに導入したあのちっこいヤツら。あれからどうなったん??とお思いの皆様、安心して下さい。
とりあえず脱落者もなく、みんな無事ですとも!
agc666666 (2)

少しは動くようになったけど、まだまだ臆病。あまり近づくと逃げますw
なので画像をトリミング。ある意味究極の手抜きですが。カンベンして下さいw
こうして見ると、小さくてもしっかりチョウセンブナのシルエットしてるんだな~と。
ベタやグーラミィとも違う独特の体型が面白いですね!
agc666666 (3)

環境に馴染むまでまだかかりそうな気がする。
というか、平坦な地であるというだけでなく、シェルターとフィルター以外に何もないから落ち着かないのかなぁ?
う~ん、幼魚期でまだ警戒心が強い状態なのかも知れないが、アナカリスでも何本か放り込んでみればもうちょっと出てくるようになるかな??
agc666666 (4)

レジェンド・アナバス

2018年 02月09日 16:51 (金)

ドジョウ水槽に新入りさんDEATH。
などど書きつつ実に一週間遅れの記事;
agw333333 (1)

迷いました。
金魚ではデカくなりすぎるし、ヒレの長いタイプだったりした場合、ドジョウがヒレを食べてしまうこともあるし、逆に金魚が彼らを突っつくかも知れない。
一緒に飼育していてそんなことはうちでは起こらなかったが、他の水槽では見かける光景だったりする。
そんな中で見付けたのがこの魚。ズバリ、チョウセンブナ。
agw333333 (2)

飼育してる人がどのくらいいるのかわからないけど、決して多くない気しかしない;
売ってるのだって滅多に見ない。いるかなと思えばいないし、いないんじゃなかと思うといたりする。
見付けたのは僥倖だったかも知れない。

とりあえず、室温に慣らすためひと晩この状態で放置。
agw333333 (3)

そして、翌日。
非常に寒いですが、彼らはなんてことなく元気です。
似たような種類にタイワンキンギョがいるが、あっちはカテゴリとしては熱帯魚になるので冬場は保温しなくてならない。けど、こっちのチョウセンブナは10℃以下でも平気なんだそうだ。まさにドジョウ水槽に似合いの魚じゃないかな。
agw333333 (4)

物凄い場所で水合わせしてるけど、これも立派なテクニックなんだぜ?
agw333333 (6)

現在の大きさは店で売ってるトーマシーと同じくらい。3.5cm~4cm程度。
agw333333 (7)

ここで彼らのプロフィール。

学名:Macropodus ocellatus
分類:スズキ目 キノボリウオ亜目 オスフロネムス科 ゴクラクギョ亜科 ゴクラクギョ属
このくだりはいつだったかオスフロ科に統合されたらしいので、今はどういうのかな。

和名:チョウセンブナ(朝鮮鮒)
英名:ラウンドテール・パラダイスフィッシュ(Roundtail paradisefish)

分布:朝鮮半島、日本、中国、韓国など。
国内では山形県、新潟県、栃木県、岡山県あたりだそうだが、外来種であるにもかかわらず絶滅が危惧されているというおかしな立場にある。
agw333333 (9)

MAXサイズはおよそ7cmほど。
同種同士でケンカはするが、他種には無関心なことが多い。そのへんは他のグーラミィと似たようなものなんだろうか。
agw333333 (10)

適正水温は16℃(または18℃)~26℃(または28℃)前後らしいが、実際調べてみると、1℃未満でも死なず、30℃以上でも平気らしい・・・。ということはドジョウが生きられる環境ならイケるんじゃね?という浅はかな気持ちで迎えたのだった(笑)
agw333333 (11)

いつものように手掴み以下省略w
agw333333 (12)

静かに水槽の底面付近へ・・・。
いきなり環境変わったためか、戸惑ってる様子。
agw333333 (13)

自分たちよりずっと大きなドジョウ連中に多少ビビリ気味ではありますが・・・
agw333333 (14)

どこかキングスレイ導入時と同じ余裕みたいなものを感じるのは私だけ?
agw333333 (16)

うむ、ドジョウと一緒でも全然違和感ない。この組み合わせはアリなんじゃないでしょうか。
agw333333 (15)

成長するにしたがって綺麗になっていくそうだが、果たして我が家でそれが出来るのかどうか・・・。
丈夫な魚だそうだけど、そういう魚って一度病気になってしまうと治しづらいしなぁ。
ぶっちゃけ自信がまったくない・・・。

テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット