FC2ブログ

TREASURE★CHEST

SINCE 2008 08~ ストイックなアクアブログからどんどん余計なカテゴリが増えて肥大化してゆくブログ

03月 « 2019年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

死地へ赴け

2019年 01月02日 03:36 (水)

昨年あたりから飼育欲が沸き起こっていた魚がいまして・・・。
おそらく熱帯魚を飼育している人で知らない人はいないんじゃないかと思います。もう説明の必要ないですよね?
これ見れば一発でわかりますもんね??
amd56 (1)

そうです!白コリさんです!
いやぁ~、久々だ。お迎えするの何十年振りだろうか?最後に飼育したのは10代の頃だったかしら?(遠い昔だな・・・)
ある方のブログで、こういった定番種もいいねみたいなコメントしてから入れようかと思っていたんですよ。
amd56 (3)

いつの頃からか、コリは鬼門になってしまったんで、上手くいかないかも知れないけれど、もしかしたら丈夫な彼らだったら生き残ってくれるかも知れない。
そして、このサイズです; それをこの水槽に入れるということは、ほとんど彼らに死ねと言ってるようなもんです。鬼と呼んでもらって大いに結構!!
amd56 (4)

とはいえ、この水槽の大半の種類はサイズ以外の問題はないんです。
一番心配なのは一匹だけ。そう、キングスレイさんですよ。彼がどんな反応を見せるかわからないのがね・・・。
amd56 (5)

そんなキングスレイさんの反応を確かめるという極めて重要な任務も彼らは遂行するわけです。
それが先ほど言った死に直結するコースかも知れないと。恐ろしい・・・。
amd56 (6)

刻一刻と死に近づく水合わせが過ぎ、いざ死地へ赴け!
(※これは、危険だったらすぐに隔離する準備を事前に済ませてから行っているということをお忘れなく)
amd56 (8)

やっぱりキングスレイさんに何度か噛まれました;
が、どうも彼は本気で捕食しようなどと思っているわけではなさそうで、とりあえず何かちっこいの入ってきたからとりあえず口ん中に入れてみようみたいな軽い感じだったのが意外でした。クリルだって相当デカイの食えるんですけどね・・・。
amd56 (10)

そもそもコリ自体硬いので、一度口に入れた瞬間に既に餌としての興味をなくしたのかも知れない。
その後二度、三度交互にパクリとやっただけで、その後はほぼ無関心。しかもコリたちにかすり傷すら負わせていなかった。
(実はこの写真の撮影直後、このコリはパクリとやられました。二度目なのでキングスレイに対して緊張状態なのがわかりますね;)
amd56 (11)

導入後、一時間もしないうちにキングスレイさんはコリに興味を失くした模様。
ame3333 (7)

しかし、まだわからんぞ。
これからひと晩の間に何か起こるかも知れない・・・。
ame3333 (8)

そんな心配のタネを胸に抱えて就寝した私。
翌日、水槽を覗くと・・・。
見事二匹とも生存しておりました。とりあえず第一段階のハードルはクリアしたか~。
amd56 (12)

しかし、前述のとおりコリは私にとって鬼門。
これからどうなるかはまだわからないのだった・・・。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

残党の未来

2013年 12月08日 15:11 (日)

ナマズ水槽はまともに水換え。これはやらなきゃいかんのす。
パールグーラミィとコンコルドキャットを痩せさせないために、餌を多めに与えている状態なのよ。

つーか、普通の魚が1匹もいないでらんすー。
ac (1)

物凄く久し振りにアドルフォイを撮ってみました。
ac (3)

コリ水槽を作ろうと、現在ウパさんが入ってる水槽をレイアウトして、アドル2匹、デビッドサンズィ、デュプリカレウスという組み合わせでお迎えしたのでした。
ac (4)

当時は他にもコンコロール、ステルバイ、パンダ、ゴッセイと、なかなかゴージャスだったのですが、嫌な予感はしたものの、まぁいいかと導入したパンダたちが病気に罹り始め・・・後は何日かかけてバタバタとコリたちは死んでいきました。コリ・ショック事件と名付けた悪夢だったわけですが、彼ら2匹とコンコロール1匹はその生き残りというわけです。
それよりさらに前に購入したメタエはお迎えしてからおよそ5年後に寿命で亡くなりましたけど、彼らはどのくらい生きてくれるのでしょうか。
ac (5)

それと、コリメインの水槽管理してる人のブログを覗いたりすることって、けっこうあるんですけど、フラッグテールポートホールキャットを一緒に飼ってる人っていないですね~。コリとは近縁で性質も似ているのに、なぜなんでしょ?
ac (2)

飴色デッケリー

2012年 03月17日 01:50 (土)

気がついたら、アヌビアス・バルテリーに花が!
我が家では初めてのことです。
DSCF9057.jpg

我が家にやって来て以来、順調のデッケリーさん達。すっかり底床の影響で飴色になってます。
しかし、飴色具合は後ろのメタエの方がずっと上を行ってることに気付きました;
DSCF9056.jpg

奥からデッケリー、オプソドラス、アドルフォイ、フラッグテールポートホール、メタエ、コンコロと、コイリドラス+ドラス集合です。
やはりドラス類だけあって、みんな同じようなもんらしいw
DSCF9064.jpg

しかし、観葉植物やら多肉やらは興味・関心ありなのに、なぜ水草となると無関心なのか、自分でも不思議である。
DSCF9060.jpg
ただ、グリーンナイフとバルテリーの花の組み合わせは珍しいと思うw

朝陽のデッケリー

2012年 02月21日 03:49 (火)

こちらは、コリ関連でいきましょうー。

初水換えも無事乗り切ったデッケリーさん達。臆病っぷりは相変らずですが、少しは馴れてきたように思います。
DSCF8427.jpg

アドルフォイ達と一緒に。
コリは数を入れると、行列を作ったりするので面白いですね!
DSCF8432.jpg

自然光を浴びてる魚は、照明の下で見るのとはまた違った綺麗さがあると思います。
DSCF8556.jpg

コンコロさん。心なしか、背びれが伸びたような??ハイフィン化してくれたらカッコイイんだけどなー!
DSCF8429.jpg

アンモナイトスネール。
この黄色っぽい殻に走るラインは(照明の下では赤茶色っぽいんです!)、なかなかに綺麗なんですが・・・。
来た人には思った通り、カタツムリと言われてました。まぁ、そう言われても仕方ないけどw
DSCF8436.jpg

デッケリー

2012年 02月10日 02:39 (金)

ちょっと更新が滞ってましたね;
実は、撮影した写真がボケボケなのばかりで、とてもここに載せられるものではなかったので・・・。

全部ボツにしてしまってネタがありません。
なので、デッケリーさんの経過報告をちょっとだけ。

といっても、今のところは異常なしです。
一般的な水槽に入れたばかりのコリ達と同じですね;
こんな感じで水槽の後ろ側にいることが多く、まだ餌の時以外は前に出て来ない感じです。
DSCF8157.jpg

もう1枚。
なんでか、オプソドラスが動くとコリも一緒になって移動するんですよね~。
多少なりとも姿形が似てるからだろうか?いや、わからかん魚です;
デッケリーもそれに則ってますw
DSCF8162.jpg

・・・しかし、一般的ではない光景だw