TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

栄光は去った

2017年 06月19日 16:10 (月)

すっかり栄光過ぎ去ったナマズ水槽。
いや、もうナマズは半数以下なのでいい加減ナマズ水槽の看板はおろすべきだろうか。
今回は先週と過去のボツ写真の中からレモラさんの登場です。
adh6660909 (3)

魚の数が減るのと同時に餌の量も調節しているので、以前よりも若干スリムはなりましたが、相変わらず元気で過ごしております。
最近はモグルンダがさらに成長を遂げてレモラに追いつきつつあるのが心配ですが、まぁ大人しいヤツなので問題は起こさんでしょう。
adh6660909 (4)

コイツの習性・・・というかこの個体の習性かもわからんケド、ひとつのシェルターに固執しないんですよね。
でも、ここだと決めて入ったシェルターからは意地でも出て来ませんw
たとえば他の魚がいる場合でも・・・
adx5593059664 (2)

無理やり入り込んでこのとおり・・・;
この後スパイニーの方が諦めて出て行ったようですw いくら何でも狭いもんね・・・それじゃあ;
adx5593059664 (1)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

小さな惨事

2017年 06月16日 16:22 (金)

ここ数日の間に起こった出来事。
なんかね、水槽から派手な音が聞こえたんですよ。
ストライプトーキングがシェルターを動かしてしまうのは仕方ない。こればっかりはどうしようもない。
だから、それはいいのだ。
adg666970890 (2)

いいんだけど、これは一体どういうことだ??
adg666970890 (1)

はてさて、何をどうすればこんな事が・・・。
みんなそこそこデカいからね。動かしてしまうことはあるんだが、ひっくり返したのは初めてだな;
多分、オルナティあたりだとは思うんだが、ヤベエ・・・元に戻すのめんどくせえw
adg666970890 (3)

ちょうどいいところにアーマード兄弟たちが。
あー、諸君。このシェルター、元の位置に戻しておいてくれたまえ。
adg666970890 (7)
って、やってくれればラクなのだが・・・w

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

シノドン・サーキット

2017年 06月10日 20:13 (土)

水槽移動させてから一週間経過したので、本日水換えでございます。
PM14:00から水換えを始め、時間に注意しながら(もちろん魚たちの状態もチェック、メンテも雑にならないように)して、やってみたんですが、まずドジョウ、ウーパールーパー、先生の水換えはほとんど時間が要りませんでした。ここにどれかの水槽の内部清掃をしたとしても、先生の水槽の排水・注水まで30分はかかりません。よって、ナマズ水槽の水換えまで入れて1本分としてカウントしてもいいかも。
今回、ナマズ水槽と90cm水槽は内部清掃も行ったので、多少時間は使いましたが、PM17:00には終わったので、それぞれ1時間程度で終わったことになる。
ちなみに、玄関のプレコ水槽は除いた時間。それを加えればプラス1時間ってところでしょうか。だからアレだね、PM13:00から始めれば夕方にはほぼ終わることになるね。
これはなかなかいいペースなんじゃなかろうか。周辺環境もあれこれいじってやり易さを追求すれば、さらに早く終わらせることができるかも知れない。やってみる価値ありですね、これは。
adc3333339 (5)

そんなわけで、今日は印象に残った出来事をひとネタだけ。
オルナティさんのいつもの行動。ストライプトーキングの腹の下に隠れようとする行動。

14時53分撮影。
この後すぐにナマズたちがわらわら重なって右往左往。
adc3333339 (1)

次のシャッターチャンスを待つかと、ますますデカくなったマウスフィンキャットに驚いて1枚。
adc3333339 (2)

14時55分撮影。
おい、ピットインか?この水槽はサーキットか何かか??
adc3333339 (3)

この写真、実は毎回撮れるんだよな・・・。最初は珍しかったけどさ、もういい加減飽きてきたんだが・・・。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

15~25

2017年 05月28日 11:48 (日)

またしても、ネットカフェからでございます。

さて、私はアクアリウム再開から、購入した物や魚など、全部記録しているわけですが、二代目ストライプトーキングに関してちょっと記憶違いがあったようです。
どうもコイツ、2009年にはもううちにいたっぽいんですよ。ということはもう8年近くいることになります。そんなに経ってたっけ??と、あらためて月日の流れに驚いてます。

特に何の気なしにこのナマズについてもう一度調べてみたぞな。

①販売されているサイズはちっこいベビーサイズから数㎝程度の小型個体がほとんど。
②ワイルド個体もいるけどブリードに比べて入荷は少ない。
③生息範囲が広く、地域変異が多い。
④ラインやヒレのエッジが真っ白なすごく綺麗な個体も時折見かける。
⑤胸鰭や尾鰭が伸長したタイプもいる。
⑥15cm~クラスで販売される個体はかなり大きい方らしい。

①に関してはホントそうだよなぁ・・・。引き取り個体か、入荷して売れ残ったのが成長したでもない限りデカイのなんてあまり見ないもんね。
この②の辺りは曖昧だよね。よほど産地にこだわってるのなら別表記で販売もするだろうけど、他のストライプと一緒くたにされることの方が多いのかね?
当然③の中で見つかった個体が④⑤なんだろうけど、エイゲンマニィでなくても顔つきがシュッとシャープな個体もいるらしい。
⑥成長はそれほど遅くないので、ある程度の大きさまでは簡単に大きくなるけど、やっぱり20cm近くまで育てるにはそこそこの期間がかかるのは事実。それでも広い環境で育てていればそのサイズを超えることもあるみたい。うちのヤツは24cmだけど、30cmの個体も見つかったことがあるらしい。

それを考えると、このナマズを小型ナマズのカテゴリーに入れるのは間違ってる・・・w
aeu7777775.jpg

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

オーバーテイク

2017年 05月21日 11:24 (日)

マウスフィンキャットが、どうやら先代を超えたようです。
aeq2222222 (2)

こちらが故・初代の個体
ael92013051210513237a (1)

どう考えても追い越してますね。
aeq2222222 (11)

ちょっとわかりづらい??
体格も全長も明らかに上回ってます。
aeq2222222 (9)

初代
ael92013051210513237a (3)

この比較の方がわかりやすいです。現在20cmになったかな?というサイズです。
彼らのMAXサイズが20cm~25cmということなので、この勢いなら最大サイズまで到達する可能性は充分あります。
aeq2222222 (6)

少し前まで、頭がちょこっと出てる程度だったのが、比較的短期間で成長してくれたようです。
aem88888888 (2)

対してこちらは・・・。
aem88888888 (4)

うん、順調にデカくなってますね。
aem88888888 (3)

ただ今15cmほど?
マウスフィンキャットと同じ程度にはなるものと思われるので、彼にもぜひMAXまで育ってもらいたいですね!
aem88888888 (5)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット