TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

02月 « 2009年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

惑星クリムゾン

2009年 03月29日 03:18 (日)

ガーネットクロウ、(←字の色わかりづらいけどリンクあるよ!)じゃなかったガーネットサンドに変更して一週間が経過。
今日はそれ以来の水換え日です。
blog90 001

優秀ですね。この砂。
フィルターもプロホースもまったく吸い上げない。
おまけにフン掃除もすごくやりやすい!愛好家が多いにも頷けますねぇ。
いつもは砂利のザクザクで1時間はかかっていた気がするんですが、今日は20分程度で水槽内の掃除は完了・・・。大幅に時間をカットできました。

欠点は、砂の色が暗いためか、水槽内も暗く見えてしまうこと。
ポイントとして、レインボースレイトを追加(マーブル模様の石ね)。流木の土台にも隠れ家にもなる優れもの。
blog90 004

リセットの前週までの餌食いの悪さがウソのように、今週はフンだらけ。プレコはこうでなくてはなりません。
いつもはメンドウなフン掃除ですが、やっぱりこれを見ないと安心できないですよね;
争いに敗れて全身ボロボロ&炎症だらけで呼吸も荒く虫の息だったロイヤルスポットグローボに至っては、リセットから2日後で何と全快!

・・・やってみるものですね。



今回はですね。
彼を改めてご紹介。マスタードファントムプレコ。
別名:ギャラクシーペコルティア。
MAXはおよそ10cmくらい。小型種では数少ないパナクエの仲間、ということらしい。
性格は比較的温和。・・・というか他の連中からは少し離れて生活してるからケンカにならんのか?
(↑あくまでもウチでのハナシです。他のお家はどうなんだろ?)

価格はおよそ4,000~6,000円台といったところだろうか?コイツは4,500円だった。
争いには積極的に参加せず。
blog89 011

過去にも何度か言いましたが、買ってからしばらくの間は絶望的な拒食状態が続き、私の胃はキリキリ、精神はギリギリ、とまたしても韻を踏みました。
とにかく何とか立ち直り、今では絶好調なようである。

フィラメントも順調に伸長してます・・・と、また韻を踏みましたよ?
blog90 006

控えめなオレンジの水玉が、かえってチカチカして目立つから不思議です。
ファントムさん、これからも元気でいてね。
blog89 021

※水槽・プレコの写真ともに、今回のために撮影したものではなく、過去画像です。あしからず。

~オマケ~こっちは今日の写真よ


ミニカーといえばトミカ。
物凄く久しぶりにミニカーを買いました。
(水槽いじりしながらだったので、手がガサガサ&赤切れでイタイ;)

どこかで見たこの姿。 そう。
blog90 017

ピカチュウカー!

かわいいでしょ?ひと目で気に入って買ってしまいました。
blog90 009

もうひとつは、こっちも久々、チョロQ。ロードローラー。

何で買ったのかって?

初音ミクにはネギ、鏡音リン&レンにはロードローラー(なぜそんな設定かは知らん)ということで買ったのよ?ダメ?
blog90 016

追記:水槽データⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅴ 一部変更。

呑気な赤まんじゅう2

2009年 03月28日 02:04 (土)

最近、あまり登場しなかったパロットファイアー。
久し振りに撮ってみた。

普通に撮っても面白くないので、パロットファイアーはよく人に慣れるってゆーけど、実際どんなもんなの?
という方もいることと思うので、実際にやってみました。

手を入れるとごらんのとおり。寄ってきてはつついてきます。
餌だとか思ってるんでしょうがね、実際は。
blog86 003

他の魚をつっつくことも当然ありますが、攻撃力はゼロなのでまったく相手にはダメージを与えません。
ローチも意に介していないよう。
blog86 006

さすがに捕まえようとすれば逃げますが、手を引っ込めるとまた寄ってくる。
土管や流木を動かしているのが、どうにも気になるようだ・・・。
blog86 014

こうやって、時々遊んだりしてるが、これがストレスにならないか若干心配である。
blog86 021

しばらく飼育してみてわかったこと。

①世間一般で言われているほど、気は荒くない。(他の魚にダメージはない)
②小魚は食べない(これはウチだけかもしれないが)
③好奇心が比較的強い
④自分が相手をつつくのは好きだが、つつかれるとストレスが溜まって餌を食わなくなる
⑤本気を出せば、かなり俊敏に泳ぐ

こんなところだろうか・・・。
blog86 008

ブラック・キューブ

2009年 03月25日 21:27 (水)

いつも何日か写真を寝かせてしまう私ですが、今回は珍しくタイムリーな記事を。

メンテ前にコンビニに行ってきました。
ま、いつもの如くお菓子を買ってきただけなのですがw

でも、今回はちと違う。
見かけるたびに気になっていたエヴァの食玩フィギュアを買ってみたのよ。
正直、全然原作と似てないので、レイもアスカもいらんな・・・って思ってたらですね~。
blog89 001

ちょwww
いきなり碇ゲンドウ!!!

やべぇ、かなりうれしいんスけどwww
blog89 017

そんなプチラッキー?なこともあり、夜になって今回はパワーボックスのメンテを。
メインとなるのはパイプ類、ウールマットの洗浄、古い活性炭濾材の破棄+新規濾材追加といったところです。

で、何を追加するのかってーと。
ブラック・キューブ・・・じゃなくてウレタンスポンジですね、コレ。
Charmでお買い物をすると、○○円以上~とかいうサービスありますよね。その中から選んだやつなんです。
blog89 013

濾材バスケットに詰めてみる・・・。
なんか、頼りないカンジですが、大丈夫なのかな?目詰まりも早そうな気がするが・・・。
ま、とりあえずは使ってみることにしましょう。メンテはどうせ定期的にやるのだから。
blog89 016

これだけでは寂しいので、私らしくプレコの写真でも載せるとします。

オレンジフィンカイザー。
こっちはいつもの大きな方ではなく、ちょっと小さめの2匹目の方です。
blog89 004

水玉の大きな方と違い、こっちの変化はあまり顕著ではありませんが、確実に水玉の発生と分裂を繰り返しています。ジリジリと成長しているのでしょうか。

オレンジフィンカイザーを色んなところで見たことがいる方も多いでしょうが。
スターダスト・オレンジフィンカイザー、クイーン・オレンジフィンカイザーなどという名前を見たことがあると思います。
これ、実はどっちも同じオレンジフィンカイザーです。ただ違うのは、クイーン表記の方は水玉が大きいから。スターダスト表記の方は水玉が小さいから。ただそれを分けるためだけの呼び名なんです。
決して、水玉が大きいからグレードが高く、小さいから低い、オレンジエッジが狭いから綺麗じゃないとか、そういうことではありません。どの個体にも違った美しさがあるのがカイザーの魅力だと思います。
もっともカイザーというと、どうしてもコイツを思い浮かべるんですよね・・・。実際にはけっこう種類はいます。オレンジフィン・ブラックカイザー、ブラックウィズホワイトカイザー、フラッシュスターカイザーetc。

最近ではグローボに近いと思われたブルーフィンパナクエは、カイザーの仲間ではないかと言われているようですねぇ。

オレンジフィンカイザー、自然下では30cm程度にまで成長するようですが、水槽内ではおそらく20cmにすることも困難ではないかと思われます。何しろ普通のプレコと違って、圧倒的に成長速度は遅いです。大きくなるから飼えないと思われている方は、そのへんは心配いりません。

ショップに入荷してから長期間ストックされていればかなり安全です。導入の失敗も少ないでしょう。

らんちゅう水槽の欠点

2009年 03月25日 01:48 (水)

こんばんは。

少し遅くなりましたが、日曜にらんちゅう水槽のお手入れをしました。

まず、午前中は本屋さんに行き、お茶にごす。7巻と、絶対可憐チルドレン16巻。
それと久々にフィッシュマガジンを。

以前にパラパラ立ち読み程度に見たのですが、せっかくプレコ特集なのだから買おうと・・・。
でも、やはり中身は大したことありませんでした。
今まで何度も何度も色んな雑誌や図鑑に載っていた一般的な飼育方法や個体の選びかたなどしか載っていなくて・・・。

こんな情報より、色んな愛好家の水槽や飼育環境を紹介してくれた方がよっぽど勉強になる。
それにフィッシュマガジンは、個人的に何となくつまらない・・・。少しは改善されているかと思ったけれど、全然変わってナイ。
せっかくのプレコ特集なのに、相変わらず魚の写真のチョイスは悪い・・・。色飛び起こしている状態で掲載されても全然綺麗に見えないッス。ページ数も少ないし。やっぱり、もう買うのよそう。
blog88 039

一方、らんちゅう水槽の方はというと。水換えをしました。
ホントは金曜水換えなのに、何をそんなに急いでやる必要があるのか、連休は仕事で出来ず。

水換えに使う道具はバケツ×3、パイプをカットしたプロホース、歯ブラシ、スポンジ、取っ手つきの軽量カップ。あとはプラケ+エアチューブです。
blog88 002

ライトを外すと真っ暗なので、クリップ式のライトを点灯して作業します。
blog88 004

ちょっとクセのあるらんちゅう水槽。一番の欠点はやはり背が低いコト。フッ・・・私と同じだね。
GEXのデュアルクリーンでは、一番短くしても、吸水パイプが下に着いてしまって設置できません。
お店ではパイプを切れば使えると言われましたが(当たり前だろ!)、アンタ、買ったばかりのフィルターのパーツを切れと?

なので、テトラの外掛け式フィルターAT-30の給水パイプとストレーナースポンジを流用。これがぴったりなんだな。
blog88 006

排水する前に、アクセサリーを全部出して別のバケツへ。
水槽の壁をスポンジで擦って、コケを落とした後、砂の汚れと一緒にプロホースで吸い出します。
排水の量がはおよそ1/2~1/2強。サーモのセンサーとヒーターもバケツに移して歯ブラシで汚れを落とします。
blog88 008

ぼんやりしたこんな明かりで鑑賞するコリの姿もたまにはいいものです。
いつも3匹一緒のパンダさん。
blog88 014

後はプラケとエアチューブで注水します。私は飼育水には必ずごくわずかに塩を加えます。
おまじないみたいなもので、これをやると病気が出ない気がするんですよね~。
blog88 005

コケコケで見るも無残な姿になっていたアヌビアス・ナナは、葉っぱが破れないようにそっと揉んで、コケを落としました。右のはまだ少しコケが残ってますが、それでもだいぶ蘇ったかな?

ハマーさん水槽のシェルター(ちっとも入らないので)はこちらに移動。良いアクセントになったと思います。100円ショップで買った陶器製のアロマスタンドなんですけどね~、ホントはw
blog88 028

”R” 1/2

2009年 03月22日 02:00 (日)

このところ、プレコ水槽の残飯が目立つ。

水換えしても、フィルターメンテしても、今ひとつだ・・・。

病気でもないし、調子が悪いわけでもない。
考えられるのは、砂利の中の汚れ。
これで解決しなかったらシャレにならんぞ・・・。と思いながらもやってしまったのよ。

砂利の交換+水槽丸洗い。1/2リセットといったところか。

らんちゅう水槽にも使っているガーネットサンドの残り。
これを水洗いした後、水槽から抜いた水に浸して馴染ませておく。意味はないが、まぁ、なんとなくさ。
blog87 004

PM17:00から始めて、PM22:00ごろ終了。
よくこの程度の時間で終わったものだ・・・。私にしては早い方。

色々ありましたが、まぁ、ちょっと割愛いたします。だって、長いんだものw
blog87 005

プレコ達に異常はないか、確認ついでに、撮っておきましたよ!

バタフライプレコ。
数秒単位で体色をめまぐるしく変化させるカメレオンみたいなプレコ。
デケイセリアというグループに属する扁平プレコ。かなり平べったいでしょ?
この後、真っ黒になり、バンド模様になり、再び白っぽくなり、どこかへドロンしました。忍者だ・・・。
blog87 010

一方こちらはブラックタイガーではなくガットタイガーでもない、メガクラウン・ペコルティア。
胸鰭の先端に異常があるのは病気でも何でもありません。購入日にここの肉が抉れていたのです。
だからメチレンブルーを直接塗って水槽内へ投入したのでした。
柄の割には値段は2,800円とリーズナブルプライスでした。こいつを買ってから金銭感覚は狂ってきたんだな~;もう家に来て1年7ヶ月経つのか・・・。
blog87 012

私が一番心配だったのはオレンジフィンカイザー。
彼らはストレスに弱い、水温の変化に弱い、水質の悪化に弱い。比較的デリケートなプレコだから。
でも、それは嘘なんじゃないかって思えるほど丈夫です。ホッとしてます。
blog87 016

では、改めて。

BEFORE
blog86 012

AFTER
blog87 013

さぁ、餌食いは良くなるかしらん?

鎧鯰

2009年 03月19日 20:01 (木)

久々のアーマードキャットです。

いや~、こいつらの写真撮影ってホントに大変!
何せ近づくと餌をくれると思うのか、急にせわしなくなるのです。
blog86 025

カメラのズーム音にも反応して、このとおり。寄ってきてしまいます;
まぁ、コリ達みたいに、ピューっといなくなるよりはずっとマシですがね。
blog86 037

どうです、この姿。なかなか存在感あるでしょう?
blog86 023

2匹いるんですが、どちらもそこそこ成長してきています。小さい方も、パッと見ではどちらも大差ないように見えますが、やっぱり先にやって来た後ろの1号の方がデカイですね;ハイ・・・。
blog86 032

今回はもう少しくわしく書きましょうか。

名前:バンデッド・ホプロ、アーマードキャット、またはヨロイナマズ(呼び名としてはこっちの方がメジャー)

本名:ホプロステルヌム・トラカトゥム

コリドラスでおなじみの、カリクティス科のナマズ。

サイズはおよそ15~20cm程度とされる。ただし、環境にもよる。
コリドラスとは近縁で、風貌は古代魚に通じる部分があるが、どことなくコリドラスの面影もある奇妙なナマズ。
これの仲間とさらに近い種類には、ブラック・ホプロ(ホプロステルヌム・リットラーレ)、フラッグテール・ポートホールキャット、さらにその上に、カリクティス・カリクティスなどがいる。

飼育に関してはコリドラスと同様。ただし、コリに比べれば圧倒的に丈夫ですし、物怖じはあまりしません。
購入・導入時の白点にさえ気をつければ、特に難しいことはないでしょうな。

入荷時期が決まっているのかいないのかは不明ですが、いつでも見られるわけでもなく、入荷が極端に少ないわけでもない。ただ、ナマズ好きな人には割と狙ってる人がいるのかどうか?一度入荷するときれいにいなくなってしまうので、入手するなら頻繁にショップへ通うか、お店の人に入荷してもらうのが確実。
値段も高くありません。4cmくらいならせいぜい600円。高くても1,000円はしないでしょうが、ブラック・ホプロは若干高く、1,000円ちょいぐらいです。

混泳に関しては、極端に小さな魚、他魚の幼魚や稚エビ、ミクロラスボラなどでなければ食べられることはないと思います。よく泳ぐわりには魚を襲う習性もなく、性質もいたって温和。
ただし、20cmクラスになれば、ネオンテトラなどは食べてしまう可能性はありますので、100%とは言えませんが、個人的には大丈夫なんじゃなかろうかと。

注意点を挙げるとすれば、ウチのようなコリドラスとの同居です。
彼らは非常に大食漢なので、他のコリ達に餌が回るように多めに与える必要があることと、それに関係して、コケが生えやすくなるw

水槽内繁殖の例もあり、水面に泡巣を作って産卵するらしい。アンタ、グーラミィですか!?
blog86 038

佇む姿はやっぱりコリドラスだw

ちなみに、隣のコリパンダは、最初こそ怖がってましたが、イジメないとわかったからか、今では仲良しさん・・・。
blog86 031

まぁ、こんなナマズさんもいるということでw

オールド・ニュー

2009年 03月18日 01:54 (水)

古いのに新しい?
一体何のコト?

それは、彼のことです。

こげ茶と、黒みがかったオレンジとのコントラストが美しいニュータイガープレコ。
blog84 006

タイガープレコよりもバンドがしっかりしていて精悍な印象。
ノーマルが7cm前後なのに対して、こちらは10cmと、若干大きくなりますが、飼育に関してはノーマルタイガーと同じでOKなようです。なかなか丈夫なプレコで、一度も病気になったことはありません。
blog84 013

プレコには”Lナンバー”というものがあります。Lとは、別に甘いモノばっかり食べている方のLではなく、ロリカリアの頭文字のLだそうで、発見された順(?)に番号が振られているらしいのです。

このニュータイガーのLナンバーは”L-002”。
001はオレンジスポットセルフィン、003はイミテーターガイザー。かなり古くから知られているということになりますよね。
しかし、ノーマルのタイガープレコのLナンバーは104。
・・・・名前、逆じゃね?
なんでノーマルなのにニュータイガーよりずっと後ろなのよ?
考えてもわかるものじゃないんですが、気になったことをとりあえず記事にしてみたのでした。

ちなみにニュータイガーと呼ばれるプレコにも何種類か存在するようです。奥が深いぜプレコ!

もうちょっと出て来ておくれよ~;
blog84 014

物欲のチェーン

2009年 03月15日 01:46 (日)

これ以上、むやみに飼うんじゃない。
ああ、オレは何てバカなのだろう?
そう思いながらも抜けられない物欲のチェーン。(いや、魚は物じゃないケド)
また連れ帰っちまったよ、新入りさん・・・。
blog85 001

ブルーアイ・ゴールデンブッシー。

狭い袋の中を、せわしなく動き回っていて、非常に元気がよろしい。
blog85 015

ナニモノかと言いますと、スポッテッド・ブッシー。いわゆるミニブッシーの改良品種で、通常のアルビノブッシーと違い、目がアルビノアイではないというプレコです。
興味があったんですが、お値段がちょっとわからず、どうしようかと思ったんですが意外と安く、1,800円でした。
ちなみに、各ヒレが伸長するロングフィンタイプもほぼ同じ値段で売っていました。
でも、そっちは何だかバランスが取れていなくて、不自然なシルエットだったし、ヒレが長いと抗争時に簡単に裂けてしまうので、避けました・・・と韻も踏みますよ?
blog85 016

いつものごとく、プラケ+エアチューブ+分岐コックという水合わせ3点セットで慎重に水温&水合わせを・・・・。
blog85 009

水槽に投入。

当然、まだ落ち着かないので、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。
水槽内でもけっこう大きめを選んでもらったのに、入れてみるとやっぱり全然小さい・・・。
多分4cmくらいしかないと思う。この小ささを活かして狭い場所に入り込んだりすりぬけたりしながら、何とか生き残っておくれ!
blog85 011

オマケ。

チョッパー古泉PART-2

チョッパー3台あるので、もう1台は後日アップです。

やっぱりこの角度、カッコイイ~。
blog83 004

こんだけバイクあるのに、マトモに乗れるのは彼だけでした;
もっと考えて選ばないとダメなのね・・・。
blog83 011

タイガー×タイガー

2009年 03月13日 01:38 (金)

久し振りにご登場のキンペコ様。
せっかく写真撮ろうとしたのに・・・・。どうやら不機嫌なご様子です。
何度も撮影してるんですが、こいつは全体像を撮らせてくれることはほとんどありません;
さびしいねェ・・・。写真撮られると魂抜かれるとか思ってんじゃないだろうな・・・。

この柄を見ていると、鉛筆でなぞる迷路を思い出すのは私だけではないハズ。
blog84 010

続きましては、ケンカとは無縁なインペタイガー。
タイガーでケンカしないヤツはうちではこいつだけ・・・。優等生!
離れた場所から撮ってもかなり目立ちます。
でも、お客さんが来るとサッと隠れるので、誰も確認できないでうが;
blog84 003

ん?!
模様に若干変化がっ?!

何か、水玉、増えてますね!
たしか水玉は等間隔に4個あったのが、いつの間にか2個増えてる~~。

もしかして、水玉になってしまうとか??・・・・なワケないね・・・;
blog84 004

今日はライダーハルヒとは対照的な1枚を。

ベスパです。50ccではなく200なので2人乗りもOKなのです!

長門よりもみくるの方が似合ってるので。
ホントは赤か青のベスパが良かったんですけど、売り切れだったので;
blog83 020
※バイクに乗る時はヘルメットを被りましょう。

初グローボ、翌日

2009年 03月12日 02:36 (木)

大規模な戦争が起こった導入日から数日が経過し、今はストレーナーと壁の隙間に入り込むという、まぁ、よくある光景に、とりあえずは落ち着いた様子。
とは言ってもまだまだ油断禁物で、ちょっとしたことで争いに発展するので、あまり酷いようなら、ちょっと考える必要があるかもデス・・・。
blog83 002

体にもヒレにも、ほぼ同じ大きさの水玉がビッシリ。
これは成長と共に変化するのかしないのか?これから観察していこうと思います。

小型種ながら、背ビレがかなり立派なようです♪
blog83 003

~オマケとは言えないオマケ~

似合いすぎるほど似合う団長+バトルホッパー。

これで今回、新たな遊び方を研究してみたよ。
blog83 012

バトルホッパーがオフロード仕様(でいいのかな?)なので、こんなのもハマるんじゃないか?と。
blog83 018



どうです?動きがついてなかなか良いでしょ??(オレだけか;)
blog83 016

用意するもの

Figma 1体(男女どちらでも良い)
台座(付属品)
バイク1台(ライダーバイクでなくても良い)
レインボーストーン(別にレインボーでなくても良い)

石とハルヒの間にバイクを挟んであるだけで、固定しているわけではないので、バランスが少しでも崩れるとたちまち転倒して大事故に・・・・。
blog83 017

バランスさえとれれば、かなり急な角度でもOK!

こんなふうに。
blog83 015


これ、外に持っていって撮影したら、かなり感じが出ると思う。
ただし、人がいない所でやらないと完全にヘンなヒトですが;

でも実際、屋外に持ち出して撮影している人達もいるようです。私はまだちょっと、そこまでのレベルアップできてないですが;
blog83 024

ふ・・・。下界が一望できるわ。
blog83 001


Figmaネタをメイン記事にすれば良かったんじゃw
新入りプレコがオマケになっとるがな・・・。

この石はきちんと水槽レイアウトに使いますので、そっちもお楽しみに!でわ!

戦争のスイッチ

2009年 03月09日 21:59 (月)

さぁ、新入りプレコなんですが。
トリム系から架空のプレコまで、皆さん色々と意見&コメント、ありがとうございました!

正解はこちらです!

オリーブグリーンとでも言えばいいんでしょうか。なんとも微妙な色合い。
blog82 003

そんな微妙な色合いの体にボンヤリした水玉がまんべんなく入っています。
blog82 007

このプレコ、ペコルティアではなく、グローボの仲間になります。
blog82 017

色が飛んでる時の方がキレイに見えるというウワサもあり;
blog82 012

名前:ロイヤルスポット・グローボプレコ
別名:ポルカドットグローボ、またはアーミーロイヤルグローボ

アーミーという別名通り、非常にケンカっ早く、導入から3秒でメガクラウンとデッドヒート;
もしかしたら、袋の中で既に目を付けていたのか?!
blog82 020

落ち着いた色は・・・・アーミーグリーンw
blog82 025

ギロッ!
うわ;すっげー睨んでる・・・。
blog82 029

グローボは大体20cm程度まで成長すると言われていますが、このロイヤルスポットグローボは、10cm前後だそうで、グローボの仲間の中では小型になりますね。
ちなみにブルーフィンパナクエは、名前こそパナクエとつきますが、実際にはグローボに近い種類と考えられているようです。
この仲間の代表種はスターライトグローボ、ブルースポットグローボ。他にもブラックグローボ、イエローニベアなど、けっこうな数がいるようです。
blog82 041

メガクラウン、ブラックタイガー、ロイヤル、カイザー、キンペコ。
このBIG5と互角にヤリ合い、まだケリはついていませんが、どうなることやら・・・。
早く落ち着いてくれ~。もうケンカはイヤじゃ・・・。

真夜中のタルカス

2009年 03月08日 02:58 (日)

えー、訳のわからないタイトルですが、思いつきませんでしたので・・・。

記事を書いている時にたまたま聴いていたのが、エマーソン・レイク&パーマーなるプログレバンドの「タルカス」というアルバムだからで、他に意味はありません;

このところ、ちょっと放ったらかしだったので、ここ数日の買い物なんかを。

チョコレートの詰め合わせ、たけのこの里、板チョコ×3枚、アポロetc・・・。
写真には写ってませんが、もちろんアルフォートとヴェルタース・オリジナルも買いました♪
エンゼルパイが食べたくなったので買いに行っただけなのに、なぜなのでしょう?
お店のヒトが;なんかヘンな目で見ているような気がする今日この頃・・・・w
blog82 045

こちらはアクア関係。

エーハイ2217のシャフトが折れたので、買わなくてはなりませんでした;実は竹串で回ってたんですよ。この数日間・・・。交換用と予備。これだけで約2,000円です(泣)。今回の買い物は、これが一番高いんじゃ?
blog82 008

これから必要になると思われるモノ その1。逆流防止弁。
エアポンプが来月1個増えるかも知れないので、前準備を。
blog82 006

その2。タンクセパレーター。
これも、そのうち必要になるはず。
blog82 004


レインボースレイト。石です。近くに売っているお店がないので頼みました。けっこう重い;
それに、立たせられそうにない・・・。当然、レイアウトに使いますが、何に使うのかはお楽しみに♪
blog82 013

オマケに貰いました。アヒルも欲しかったですが、せっかくなら役に立ちそうなモノの方がいいかな~と。
でも、さっそくフィルターにセットするのを忘れたバカな自分・・・・。物忘れはコワイね。
blog82 015

最後に、本命のお買い物!

こっちは通販ではなく、ちゃんとお店に行って買ってきましたよ!

新入りプレコ!

なんだかわかりますか??
ヒント1 ペコルティアではありません。
ヒント2 タイガー関係でもありません。
ヒント3 非常に地味です。

当ててみてね~♪

この画像でわかったら天才ですな。
blog82 016

マヌケなブルー

2009年 03月04日 01:41 (水)

先週のコト。
ハマー水槽を、申し訳ないほど久し振りに水換え+リセットを敢行させていただきました;
ゴメンヨ・・・。
blog80 013

実に3週間以上、水換えなしの状態・・・。
でも、この時期、水温が低いこともあってか、あまり活発に動かないし、餌の量も減っていたので、水の汚れ具合は非常に緩やかだったようです。
blog80 021

元々、日本のザリガニとは違い、低温でも生きられるタイプではないので、保温はどちらかと言えばした方が良いでしょう。
10℃以下になると死んでしまうらしいですが、私の住む地域ではそこまで室内の温度が下がるということもないので、まぁ、なくてもいっか!的な考えであります。

石を乗り越えようとして、失敗してひっくり返ってます。
つーか、もうちょっとしっかりしろよww
触覚が1本折れたのは、もしかしてこれが原因なのか??
blog80 016

無理無理。登れっこないしw
blog80 017


wwwwwwww
思わず写真撮りながら笑ってしまいましたwww
そのまま下までゴロゴロ。
blog80 020

「ナニナニ?何が起こったの???」ってカンジなんでしょうか。ご本人はw
blog80 022




青い色だからというわけではないのですが、オマケです。

初の野郎figma、古泉君参上!

お~~!カッコイイじゃないか・・・・。
blog81 001


つーかこのバイク、似合いすぎですw
blog81 005

ハルヒでは正直、足が届かくてかなりヘンな態勢になってたんですが、コイツはピッタリ!
もう一台の黄色のチョッパーはキョン用にしてやろう。大きさも古泉と大差ないからきっと乗れるハズ。
blog81 009

魔界化する水槽

2009年 03月02日 01:00 (月)

少しずつ少しずつ魚達が他の水槽へ移り、このメイン60はほぼプレコだけの水槽になってしまいました。
そのうち小型カラシン達も他へ移り、ここは本当に魔界と化してしまうのか?

そんな”準”魔界になっているこちらの近況です。

まず、こっそりこちらを伺うのはメガクラウン。
今は7cmほどになった様子。迎え入れた時、胸鰭が抉れて肉が剥き出しになった状態でした。
メチレンブルーを傷口に直接塗り塗りしてからドボンしたのですが、やっておいて良かったです。
しばらく傷のある胸鰭をパタパタ振って、痛そうにしてたっけ;
2007年の夏にやってきて以来、病気知らず。ホントに丈夫です。これからもヨロシク。
blog75 007

こちらもずいぶん大きくなりました。
リネロリカリア・ランケオラータ”レッド”。通称:赤ランケ。
最初は大丈夫かっ?っていうくらい細くて、カージナルテトラよりも小さかったのに。
測ってないので何とも言えないですが、コイツも7cmくらいになったのかな?
アカプレコみたいな色合いになっていってます。
blog79 007

こちらのお方も外せません。水玉は相変わらず変化し続けていますカイザーさん。
今は何やらごキゲン斜めのご様子?
blog79 018

下にいるインペタイガーが邪魔なようです。おいおい、イジメるんじゃないゾ。

所々、ボヤーっと水玉が見えますでしょうか?浮き上がってくる→はっきりしてくる→分裂。という感じなのかな?何にせよ成長してくれているのだと思います。
blog79 028

オレンジエッジの方は、あまり減っている印象はないですが、やっぱりなくなっちゃうのかね・・・。
写真では黄色っぽいんですが、実際は本当にオレンジ色です。
体つきもがっしりしてきました。あまり大きく・・・ってわけにもいかないでしょうが、これからも観察を続けたいと思います。

何だかマジメな文章になってしまいましたが;
blog79 010

軟弱!パンダさん ACT-Ⅱ

2009年 03月01日 02:31 (日)

前回、白点らしき病気で治療したパンダさん。
幸いなことに大事に至らず、無事完治して、その後も順調に生活していた・・・・。
blog79 016

が!!

なんと、またしても病気に罹ってしまったのでした;

なんてデリケートなんだ・・・・パンダ。
間違った管理はしていないハズなんだけどなァ。
blog79 019

しかも今回は水カビ病らしい。胸ビレに不吉な綿がフワフワまとわりついてやがった!クソッ!!
なぜなんだ・・・・;

同じくちょっと繊細なんじゃないかと思っていたアドルフォイは元気そのものなのに。
あれれ、正面から見るとパンダにそっくり;
blog79 014

デビッドサンズィとコンコロールもまったく問題なく元気そのもの。
blog79 020

かなりの荒療治でしたが、パンダの水カビの部分に、メチレンブルーの原液を直接、綿棒で塗りました。
エラに入ると非常に危険なので、ホントはやらない方が魚のためなんですケドねェ。

今まで何度かこの方法を採ったことがあるのですが、これをやって治らなかった魚はいませんでした。

ん?結果はどうなったかって??

フ・・・・。治りましたよ。

パンダさん、ご苦労様。(治らなかったら訃報になるところでした。アブないアブない;)

つーか、ほんとソックリだなお前ww
blog79 021

意味はないけどオマケです。
ちなみにこの不格好なケロロ軍曹は、元祖ケロロ軍曹なるものです。今と全然違う・・・。
blog78 009