TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

03月 « 2009年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

大掃除

2009年 04月28日 01:53 (火)

14年前の60スタンダードに移動したウパ。

しかし、ココ最近あまりにいそがしく、水換え以外のことまで手が回らなかったのでした。

そこで今回、罪滅ぼしということで、大掃除することとなりました!

・・・コケコケの水槽。クリスタルシェルターも見事にコケコケ・・・。

よし、大掃除スタート!
blog99 006

とは言っても、生えているのは茶ゴケだけ。
タワシでひと通り擦ったらカンタンに綺麗に・・・。
こんなことならもっと早くやっておけば良かった~~。

だから写真はありませんのであしからず;

洗浄後、上部式フィルターを撤去。
なぜかというと、ウパが水流で流れてしまうからなのです。
いくらパイプの角度を調節してもダメダメなので・・・。
仕方なく、ニューフラワーDXを追加。

そして、使う前から上ブタのツメが折れる!!
blog99 008

そこで一旦キレましたが、なんとかすべての作業は終了~~。

BEFORE
blog99 004

AFTER
blog99 019

若干、ニューフラワーが場所取ってますが、仕方ありません。
これくらいの大きさでないと濾過能力が心配なんで・・・。
あっ、でも週イチで95%くらい換えてるからこれでもいいのか??

とりあえず、撮影のためにライトアップ。

少し暗めのウパ専用の照明、欲しいなぁ。
blog99 010

水流がほとんどなくなったので、彼も動きやすそうです。
blog99 005

快適になったのはわかるが・・・。

ウパよ・・・。

もう少し意思というもを感じる動きをしてくれないだろうか?

それじゃまるで水死体だぞ。
blog99 013

招かれざる客

2009年 04月24日 02:11 (金)

窓を開けておいた時、部屋の中に虫が入ってきた、あるいは鳥が入って来た。
そういう人はわりと多いのではないかと思うんです・・・。

で、ウチでも窓を開けておいたら、何かが飛んで入ってきたのです。

だから私は網。しかも熱帯魚用の小さなネットで捕獲したのでした。

・・・・。
・・・・。
・・・・。
blog96 012

このヘンな生き物。
皆さん、なんだかわかりますか?

そう、実は・・・コウモリなんです。
blog96 008

私はド田舎に住んでるわけじゃありませんが、夜になると、人家近くにコウモリがよく現れます。
飛んでいる姿はたびたび見ているので、別に珍しくもない感じなんです。

それに、ウチの雨戸の一部内側には、実はコウモリのねぐらになっている箇所があり、そこでパタパタ音もしています。
私には、けっこう身近な生き物なのです。

しかし。

まさか、こうして自分の掌にコウモリを乗せる日が来るとは思ってもみませんでした。
もちろん、ちゃんと生きてますよw
blog96 032

不便そうに見えるんですが、動き出すと器用に私の腕を登ります。
若干嫌がる動作は見せましたが、噛み付いたり、爪で引っ掻いたりはしませんでした。大人しいようです。
blog96 038

かなり小さい。
私の親指くらいの大きさしかありません。
羽根を広げると10cm以上にはなるのかも知れませんが、こうしているとホントに小さい。
これでもしっかり血が通ってます。温かい。
毛並みもハムスターみたいで、とても心地よいです。

プラケースに保管しておいて、飼育方法を調べて飼ってしまおうかな?なんて思いましたが、きっとストレスで死んでしまうだろうと思い、ちょっと残念でしたが、お帰りいただきましたw

外に出て、空に手をかざすと、コウモリは私の手の上から夜の闇の中へ消えていきました。
blog96 034

普通に生活していて、コウモリに触れるなんてことはないし、コウモリの方も、人間の掌から飛び立つなんて経験したことないに違いありません。

お互い、貴重な経験ができたということでよしとしよう。うんうん。

ペンシル・ロケッツ

2009年 04月22日 01:50 (水)

さあさあ、先日の続きでございます。

新入りコリと一緒にお迎えした魚・・・。

古くからおなじみで、飼うのは始めての小型カラシン。

その名も、ナノストムス・ベックフォルディ。

お店ではベックフォルディ・ペンシルで売られてました。
blog95 011

かなり機敏に動きます。撮影がタイヘン;
blog95 015

仲間同士では小競り合いも見られますが、1匹が泳ぐと、みんな一斉についてゆきます。
見ていて飽きません。
blog95 016

①コリドラスに対して危害をくわえないこと。
②コリドラスの餌を横取りしないこと。
③安価・綺麗・丈夫の三拍子。

これを踏まえた結果、ベックフォルディとなったわけですが・・・。
私、この水槽始めてから、コリと小型魚との混泳に成功した試しがありません。

フライングフォックス・・・イジメ。 サーペ・・・ヒレを齧る。
一番ひどいのがゴールデンバルブ。こんな魚二度と飼うか!と思わせるほど、執拗にコリをイジメました。
今回は、今のところ大丈夫そうだが・・・心配だす。

土曜に入れて二日が経過。本来の体色を取り戻した様子。
けっこう綺麗でしょう?
blog97 007

もっと地味な感じだと思ってたんですが、一番上の画像と比べると、違う魚になってますね~。

でもね、ちょっと気になること。
この静止ポーズ。こんな感じで、コリをジーーーーっと見ていることがあるんです;
少しずつ少しずつ、近づいて・・・。コリが動けば驚いて逃げるんですが、もしかして、つつこうと計画中?

カンベンしてよね・・・。いい加減、混泳成功させてくださいよ~。
blog97 012

~オマケ~

ヤッチマッタヨ。

Figmaハルヒ、新作。チアバージョン。買ってしまったが最後。みくるも買わないと;

で、ついに手を出してしまった"ねんどろいど"ハルヒ。
blog96 002

ねんどろいどのかわいさは反則です;
blog96 021

Figmaに比べると、ちと高い。
稼動範囲も狭いしメンドウなんですが、めちゃくちゃ和むんですよね;

小物で遊んでみると。

「ちょっと~!何で誰も来ないのよ~~っ!!」
blog96 028

Figmaもねんどろいどもスゴイけど、このミニチュアもけっこう細かい。
写真には写ってないですが、グラスに注ぐオレンジジュースの入ったピッチャー、パーティー用のギフトボックス、帽子、招待状までついてやがる・・・。

アイバンド・サード

2009年 04月19日 01:49 (日)

プレコの水玉記事を書こうと思っていたんですが、予定を変更させていただきます。

実は新しいコリを1匹+その他の魚を追加したんですが・・・。

慎重に水合わせ中・・・。
blog95 007

で、なんのコリかというと。

コリドラス・デュプリカレウス。

聞きなれない名前ですが、別名をハイバンド・アドルフォイというんだそうな。

お店の水槽で繁殖したブリードもので、日本のお水にはだいぶ馴染んでいる様子。

コンコロールとパンダを購入した日には既にいたので、それ以前からストックされていたということですか・・・。病気も寄生虫もない。

ということで1匹購入しました。この1匹でオレンジ頭も他のコリと同じ3匹に。
これでうまくバランスとれましたw
blog95 005

しかし、かかし。一体全体、アドルフォイと何が違うのん?
それは、背中のバンドの太さらしい。
いくら見比べても・・・違い、さっぱりワカンネ。
でも、同じ柄・サイズのコリが来たからか、アドルフォイとさっそく仲良くなったようです。
blog95 010

こっちはちょっと大きめのデビッドサンズィ。
さすがにもう違いはわかる。バンドが若干違います。
blog95 002

別にマニアックな楽しみ方をしたいワケじゃないです。単にアドルフォイがいなかったというだけのことでして。値段も一緒だったし、ちょうどいいかなって。
念のためw

それと、その他の魚というのは、ポピュラー種ですが、飼うのは初のお魚です。
時間がないので、そっちは次回か次々回ぐらいということでw

青さの比較

2009年 04月13日 00:54 (月)

土曜に無理してメンテたおかげで日曜はなんにもせずに済みました。
いや、別に土曜に全部の水槽の世話をしなくてもいいので、やらなきゃいいじゃんって感じなのですが;

まぁ、そんなわけで買ってきましたアクアライフ。
ほほう、メダカ特集とな?
以前から楊貴妃は飼育してみたいな~とは思ってたのですが、これ以上水槽増やして私はきっちり管理できるのかどうなのか?
いや、別に屋外飼育も可能なんですが、ね。
blog94 007

それと、このブログの影の主役は実はお菓子なのでは?
最近そう思うようになってしまいましたが、買うのヤメられないのです。

チョコ&コーヒービスケットとキャラメルコーンは、かなり久々。どちらもかなり昔からありますよね~。
blog94 019

たけのこの里も買って、ヴェルタース・オリジナルも買って・・・。

あ~~っ、アルフォート買うの忘れた~~~っ!

仕方ない。今回はガマンするか・・・。
blog94 012

目新しく感じたのは、この「こいのぼりチロル」。
何か新しい味が入っているのか?
blog94 023

・・・・。
これ、包みは違いますけど、中身はコーヒーとホワイトクッキー、ミルク。
なんだ、新製品じゃないのか。
blog94 003

まぁいい。俺が特別に、食ってやる。
blog94 009

ついでにアクア関係。

水作エイトM。Mサイズを買うのは実は初めて。別にすぐ使うわけではないけど、まぁいいじゃん。
常備薬のようなものです。
投げ込み式フィルターといえば、他にもGEXのロカボーイがあります。
比べてみると耐久性は格段にこちらの方が上。
ロカボーイはケースが薄いので、濾材の洗浄・交換時にケースのツメが折れやすい。
濾材に至っては、2~3回洗うだけでヘバって、中の活性炭が出てしまう。ロカボーイが悪いフィルターだとは思わないけど、私は水作エイト派です。
blog94 010

さて、肝心の新入りさんですが、今のところまだ問題は生じていません。
強いて言うなら、ブルーフィンパナクエが来た翌日から、大人しかったマスタードファントムが若干、凶暴化したような気がするくらい。それでも争いには発展していないのでよしとしましょう。
blog94 005

同じ青系統のブルーフィンプレコと、青さの比較。

・・・全然違う。
ブルーフィンプレコは”青”。
ブルーフィンパナクエは”藍”。

ヒントにあった、特徴がないようで特徴的と言ったのは、もうおわかりですね。
アタマがちょこっと見えているだけですが、普通のプレコと外見がずいぶん違います。
全体的に、なんだかメカっぽい印象(?)なんですけどw
blog94 016

青い影

2009年 04月10日 01:21 (金)

ヒントの残りは・・・。

③ロイヤル、グローボ、どちらにも共通点があるようで、実はない。ヒントじゃねーw
④模様は一切入らない
⑤分類が曖昧で、最近になってカイザーに近いのでは?と言われるようになった
⑥若干デリケートで、白点病にかかりやすいと言われている

⑦長門のカーディガンと制服(青い部分)のコントラストは大きなヒント
blog93 003

正解を発表
blog93 006

ブルーフィンパナクエ
blog91 012

グローボでもない、名前にパナクエがついてもパナクエではない。

袋にディスカスフードのカケラ。このお店は人工飼料にきっちり餌付かせてくれているからとても助かる。
(実は今までのプレコ・・・。全部、2軒のお店でしか買ってないんですけどね)
blog91 013

長門がヒントといったのは、体色とヒレのコントラストのことでした。
わかりづらくてスイマセン;

ちっとばかしヒレがボロけてますが、元気だす。
2匹入荷していて、大きめの方を選んでもらいました。
名前はあっても現物なしのプレコでもあるので、見つけた時にはもう決まりでしたね~。
blog91 021

インペタイガーより若干小さいかな?というくらいですか。
非常におとなしいです。いや・・・おとなしすぎて逆に生きていけるか心配ではあります。
なんせ導入時のバトル起こらんかったし・・・・。

うちに来て5日が経過。白点も出ないし、痩せもない。健康面ではとりあえず問題なしか?
blog91 016

というわけで、正解はブルーフィンパナクエ。

「・・・正解者はなし」
blog93 015

「また、近いうちに」
blog93 009

ヒント

2009年 04月08日 01:31 (水)

ごめんなさい。
ホントは正解発表したいのですが、時間がありません;

せっかく買ったチョコも、食ってる時間がありません;
別に仕事やメンテでいそがしいワケじゃないんですがね~。
ダラダラするのにいそがしい、といったカンジです、ハイ;
blog93 005

せめてヒントです。
これはもしかしたらわかったしうヒトいるかも???

ヒント① ロイヤルスポットグローボ
blog91 003

ヒント② ロイヤルプレコ
blog91 004

長門「・・・これ以上は出せない」
blog93 004

難易度AAA

2009年 04月07日 01:51 (火)

さて、いきなりですが問題です。

このプレコ、先週お連れした新入りさんなんですが。

一体、何プレコでしょう?

ヒント 特徴がないようで特徴的。

これしかありませんね。わかってしまう人にはすぐにわかってしまうかもです。

難易度は前回ほど高くない???
blog91 006

お買い物

2009年 04月05日 02:12 (日)

なぜだろう?
なんだかものすごい喪失感があるのは・・・。

必要なモノを揃えたはずで、しかも大した買い物でもないのに・・・。

エライかかってしまった;
えーと、石と交換球と、エーハイムのワセリンとOリングの予備。
それにフタ受けとゲルマット、LEDライト・・・。
高いのはやはりエーハイ関係か・・・。このOリングだけで800円以上する、ワセリンも500円以上する。
なにこの値段?!インペラーに至ってはCD1枚買える値段・・・。どんだけカネ取りゃ気が済むんだ?
ある意味、すごいww
blog91 005

ま、いずれ使うのだから、あとになって慌てるよりも買っておいた方が困らなくて済むか。

気になっていたアイテムはこちらのLED36灯ライト。2,000円もしなかった。どこのメーカーかもわからないし、少し不安ではある。
そもそもアクアリウム用としてではなく、玄関の照明などにも使える物だそうだ。
完全防水だからアクアリウムにも使えるということか。

光が直線的なので、全体を照らすのはムリがあるけど、そこそこ明るい。
小型水槽ならメインでイケるのかしらん?
明日、ハマー水槽を少しイジる予定なので、試験的に使用してみようか・・・。
blog91 011

LEDはまだまだ改善の余地があるとか。
細かいことはわからないし、聞いてもアタマには入らないのでこれ以上話は広げません。
blog91 008

オマケにこんなものも貰っておいた。
エーハイムのカタログと熱帯魚関係のフリーペーパー。そんなものがあるとは知らなかった。
ついでにあずあずも熱帯魚好きだとは知らなかった・・・。

堂本剛、アントキの猪木、アンガールズ山根、生瀬勝久etc。芸能人にもアクアリストってけっこういるのかな?
blog91 002

惑星クリムゾン 2nd

2009年 04月02日 00:15 (木)

メイン60と同じく、ガーネットを使用している自室のらんちゅう60cm。

砂はもちろん使い易いですが、この水槽もまた、メンテ時には使い勝手が非常に良いです。

<メリット>
①幅はしっかり60cm
②比較的軽い
③手入れがしやすい

<デメリット>
①デザインが野暮ったい
②通常の上部式フィルターではパイプが下に着いて設置不可
③水量がやや少ない

こんな感じか・・・。
長所も短所も同じくらいある。でも、自室に設置するにはこれしかないのだ!

で、そのコリドラス水槽の近況。

コケに覆われ、見るも無残な姿に変わり果てたアヌビアス。
手作業でコケを揉み落としてここまで蘇った!ふ、輝きを取り戻したゼ。
なんだかずいぶん立派に成長したようです。アヌビアス・ナナも花が咲くそうだが、どんなものなのだろうか。
blog90 011

アイバンド組。
違いは・・・よく見るとわかりますが、知らないヒトが見たらわからんのでしょうね。
左がアドルフォイ。右がデビッドサンズィ。どちらも元気が良いです。phの影響も特になし。
アドルフォイはぜひもう1匹欲しいですな~。
blog90 015

軟弱パンダさん。
最初は白点に罹り、間を空けずに今度は水カビ病に罹り・・・。
短期間で2度も病気治療を経験させてくれたこのは彼らだけです。苦労させやがって;
"パンダはすぐ死ぬ" "パンダは弱い"と言われる理由がよくわかりました;

最近、ようやく少し大きくなったかな~?
食はコリにしては細いほうなので、まだまだ成長には時間がかかりそう。
blog90 002

最古参のステルバイ。
もう2年か・・・。1度だけ産卵しましたが、やはり卵は食べられてしまいました。
思えばこいつも色々やっかい事に巻き込まれたんだっけ。ベタのケンカetc・・・。
でも、こうして生きてくれているのは、やっぱりうれしいですね。
blog90 007

コンコロール。
小さいながらもけっこう発色しています。いいカンジ・・・・。
大きくなってきてはいるけど、まだまだチビです。成熟した個体はさぞ見ごたえあるでしょう。
しっかり飼い込まなくてはなりませんね。
blog90 012

ハマー水槽から移動してきたお城型シェルター(正体はアロマスタンド)。
中には時々パンダ達が入っています。気に入ったようである。できれば2階にも入ってほしいかな?
blog90 005