TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

05月 « 2009年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

図鑑その4

2009年 06月28日 02:15 (日)

No.6
名前:クーリーローチ
学名:Pangio kuhlii
分布:タイ、インドネシア
全長:9cm

飼い易さ:★★★★★

クーリーローチの仲間は、実に10種類以上存在するらしい。しかし、ほとんど区別されることなく販売されるご様子。中には10cmを超えるジャイアントクーリーローチという種類もいるらしい。
実に生まれて初めて見た熱帯魚がこのクーリーローチ。私の底モノ好きの原点かも知れない。
砂に潜る習性があるので(といっても隠れる物があればそこに隠れるので、環境によっては潜らないことも)、普段は見えない。しかし、餌の時にはしっかり顔を出し、メシを食うだけ食ったらさっさと退散する魚である。
飼育自体は難しくないのだが、水草を植えた水槽では、しっかり根付いた水草でないと抜かれる心配がったり、ヒーターカバーに潜り込んでヤケドする事故があったりと、やや問題点も多いが、動きも面白いので、よいアクセントになると思う。飼育は前述のとおり、ヒーターによるヤケドに注意。
blog119 010

No.7
名前:マスタードファントムプレコ
別名:ギャラクシー・ペコルティア
学名:Panaqolus cf. albomaculatus (L-?)
分布:ナポ水系
全長:12cm

飼い易さ:★★★★

マスタード色のスポットを持つからマスタードファントムらしいことらしい。でも、ちとムリがないだろうかw
状態の悪い魚の立て直しがなぜ困難なのかを、嫌と言うほど思い知らされたプレコだった。
それがなければ基本的には丈夫な魚で、飼育は一般的な熱帯魚・プレコに準じる。飼育していると、フィラメントが伸びてきて、よりシルエットがカッコよくなる。ちなみに、小型のパナクエの仲間だそうだ。

このプレコの最大の特徴は、水玉が密にならず、大きくなっても増えることがない。なので、大きくなると水玉は目立たなくなってしまうが、漆黒になったらそれはそれでカッコイイのではないだろうか?
blog122 006

図鑑 その3

2009年 06月26日 01:54 (金)

さてさて、いつまで続く?この図鑑・・・。

No.5
名前:アカハライモリ
別名:ニホンイモリ
学名:Cynops pyrrhogaster
分布:本州・四国・九州およびその周辺
全長:10cm前後

飼い易さ:★★★★★

日本固有種であるこのアカハライモリ、英語ではJapanese Fire Belly Newtという名前で呼ばれ、海外の愛好家には大変な人気らしい。
よく人に慣れ、飼育も簡単である。プラケース、水、陸(何でもよい)フタがあれば飼育可能。
小魚、虫、冷凍赤虫の他に、ひかりキャットなどの人工飼料にも餌付く(個体によっては食べないこともある)。
夏場の極端な高温にさえ注意すれば、特に問題は起きないが、購入時に痩せている個体を選んでしまうと、餌摂りに負ける、あるいは食が細く、なかなか太らず、結局は衰弱してしまうこともあるので、個体選びは慎重に。そうなっている個体は元に戻すのが難しい。
blog124 001

図鑑 その2

2009年 06月24日 15:50 (水)

しばらくはこのネタが続くと思って下さい(単に記事書くのがメンドウなだけじゃ?)

No.4
名前:レッドテールブラックシャーク
学名:Epalzeorhynchos bicolor
分布:メークローン川(タイ) ただし、野生では既に絶滅したと思われる。
全長:10cm~15cm

飼い易さ:★★★★★

一般的には性質が荒いと言われることが多いが、うちではそういう表現はちょっと使いにくい。
他の魚が目の前を横切ると(特に小型魚)追い回すこともあるが、執拗ではない。逆に自分より大きな魚に追われることもある。
性格がやや掴みづらい。強いて言うなら気分屋・わがまま・マイペース。
熱帯魚全体の中でも、色彩・体型ともに非常にカッコよい魚だと思う。成長してくると、角度や照明の当たり方によって、体がメタリックグリーンに輝いて綺麗。
飼育方法は、ごく普通の熱帯魚と同じで問題ないので、特に書くべきことはない。
水質が悪化してくると餌食いが悪くなったり、体色に艶がなくなったりするので、水質のバロメーターとなる。
なお、同種間では非常に激しいケンカをするので、同種同士の混泳は不可。

小綺麗&小洒落た客が来る店などでは(←もちろん悪い意味です)水草レイアウトにそくわないからか、あまり販売されることはなくなってきているよう。ヘッ。昔ながらのお店やホムセンにはよくいる。価格は250円で、最初は4cm程度だった。
blog123 025

新カテゴリー

2009年 06月23日 00:46 (火)

えー、今回から新カテゴリーをひとつ設けることにしました。
今回は魚の写真より、Figmaの写真の方が多いことを先にお詫び申し上げますw

うちの図鑑。その名の通り、うちで飼っている生き物のカンタンな図鑑でも作ろうかというありがちな試みであります。

では。

No.1
名前:ファンシースポット・ペコルティア
別名:イエロースポット・スターペコルティアなど
学名:Hypancistrus inspector Armbbruster (L-201)
分布:オリノコ川水系
全長:MAXで12cmほど?

飼い易さ:★★★★★

タイガー、ブッシーの後にやってきた、うちでは3番目の古株。
黄色い水玉がオシャレな小型プレコ。体質は丈夫なので、飼育に関しては一般的な熱帯魚・プレコの飼育方法に準じる。
とにかく、このプレコは成長が遅いくせに太りやすいので、パンパンになりすぎると心配である。
水玉には個体差があり、黄色っぽいもの、水玉が大きいもの、小さいもの、黄色っぽくなるものなど、さまざま。
blog123 018

No.2
名前:ブルーフィンプレコ
別名:ブルーフィン・ペコルティア(これはいかがなものか;)
学名:Hemiancistrus sp.(L-128)
分布:オリノコ川 上流
全長:15cm~20cm(水槽内では15cmくらいか?)

飼育し易さ:★★★★

青い体に乗った水玉とヒレのエッジが目を引く中型種。水玉は成長とともにどんどん増えるものもいる。(増えないものも?)似た種類であるゴールデンブルーフィンプレコは水玉は増えないのに、なぜこのプレコは増えるのだろう?不思議である。
飼育方法は一般的な熱帯魚・プレコに準じる。デリケートそうな見た目のわりには体質は丈夫。
近年では価格も求め安くなったとはいえ、購入するには少々勇気がいる値段;
blog123 024

No.3
名前:ブルーフィンパナクエ
別名:ブルーパナクエ(こっちの方がしっくりくるか?)
学名:Baryancistrus beggini(L-239)
分布:オリノコ川
全長:MAXで13cmくらいか?

飼い易さ:★★★

ブルーフィンプレコよりも深みのある青い体を持つ渋い色合いのプレコ。
他のプレコよりも若干白点病に罹りやすいというが、うちでは一度もなったことはない。
落ち着いた個体を購入すれば導入は難しくないものと思われる。
飼育に関しては、植物質の餌を好むというが、ひかりキャットなどの肉食魚用の餌もしっかり食べる。水質にはやや敏感な面もあるらしいので(私はそれを感じたことはないけど)、水質悪化には注意。
最近になってグローボに近い種類からカイザーの仲間になったらしい。
他のプレコと比較すると、ずいぶんと違いが見られるので、一風変わったプレコを飼いたいと思う人にはおすすめである。
blog122 020

~オマケ~

Figmaネタですよん♪

Figmaは台座なしでどこまで自立可能なのか試してみた!!!

出演:星村眞姫那(マキナ)。マシンガンのヒトです♪

続きを読む

生還

2009年 06月21日 02:42 (日)

尾ぐされで入院していたコンコロール。

とりあえず退院したようです。鼻は擦り剥いてるけどw
blog122 001

プラスチックの小さな容器でのメチレンブルー生活でも、食欲は落ちず、簡単に乗りきったようです。
タフなヤツだw
blog122 004

数日間も青い水の中にいたため、体がすっかり青くなってるけど、尾びれも損傷も止まりました。
blog122 012

こちらは水換えの時に撮影。
みんな元気ではあるけれど、私と水槽の距離が近いので、みんな出て来ない;
仕方ないけどさ~w

アドルフォイがずいぶんデカくなった気がするな~。それともデュプリが小さいのかしら?
blog122 014

まぁ、それでもメシの時にはこうして出て来るので、その時にじっくり観察してます。
コリはプレコ同様、病気になると厄介なので。
blog122 009

~オマケ~

欲しかったねんどろいど、ようやく入手!

左はお馴染みの長門有希。
で、右は初音ミク・・・じゃありません。メンドクサイんですけど、らき★すたのキャラで、柊かがみという名前らしいんですが、彼女が初音ミクのコスプレをしているバージョンらしいです;ただ可愛いので買っただけで、ロクに詳細知らんのす。
blog122 015

小物の方は、シルバニアファミリーのキッチン家電セット。
ワゴンに鍋にホットプレート、コーヒーメーカーやらのセット。シルバニアって、実はかなり高品質な気がするな・・・。
すげー細かいです。ミキサーなんて、土台とフタが分離しやがる・・・。
blog122 017

で、それを使ってみると、こうなるってわけ!
トースターにしっかり食パン入るし、ジャムのビンに貼るラベルもついてる・・・。恐ろしい;
blog122 027

やべーですw カワイイですw 和みます癒されますw
blog122 022

どうしよう・・・。

カイザー&ロイヤル

2009年 06月17日 20:25 (水)

久し振りな気がするメインタンクのプレコ記事。

記事タイトルは、このお二方のことを指します。

水玉の大きなカイザー1号の影に隠れてますが、うちにはカイザーは2匹いるんですぅ~!

2匹目も、もう1年6ヶ月かぁ・・・。
大きく・・・なりましたね。
ここのところ、餌食いが悪くなったので、濾材にカキガラを入れて、今ではみんな食欲も体調も元に戻ったわけですが。(原因は水質が酸性になったことだと思う)

その間に彼だけ急激に大きくなった気がするんだが?こいつは餌食いが落ちなかったのだろうか?
まぁ、結果オーライでイキましょう。
元気でいてくれればそれで、とりあえずはヨイヨイです。

って、この画像、使うの初めて?だよね・・・。記憶が曖昧だす。
blog106 002

でも、こっちは初めてですね!だって撮影したばかりなんですもの。
ロイヤルプレコ。
こっちも1年と3ヶ月くらい経つのだろうか・・・。
昔はロイヤルプレコは飼育がやや難しい、なんて聞いたものですが、何ということなく飼えてます。
これも、熱帯魚飼育の経験があったから成功しているのかな?
値段も随分と下がったように思います。
ひと昔前は1匹5,000円以上はしたと思うんですが・・・。プレコの市場というのも、変動を繰り返しているみたいですね。

あまり大きくなってないと、以前は思ってたんですが、尾ビレにある透明部分はなくなり、ラインもだいぶ変化してきています。やっぱり大きくなってるのね?
あまり明るい場所には出て来ないので、パーフェクトな撮影は難しいんですが、今回はチャンスを逃しませんでした。

背ビレと尾ビレの先端にある黄色いチップと、ジーンズのリベットみたいな色の目がオシャレですw
体色は、ホントにスイカみたいなヤローだ・・・。
blog121 001

移動!!とオマケ

2009年 06月16日 23:43 (火)

間を置かずに更新。

しかしカテゴリーってのは時として面倒だぜ。
Figmaとナマズとカラシンの組み合わせはどこに属するんだ??

仕方ないのでナマズにします。

前回の記事は昨日の写真。
こちらは今夜撮影したもんです。それぞれの落ち着き具合など。

ベックフォルディ。

元の色に戻ってます。ずいぶんと大きくなって、小型ながら、なかなか迫力出てきたカンジ?
ガレージ60へ移動した時、実は水をこぼす時に外に出て、側溝にこぼしたんですが、なんと1匹側溝へ落ちてしまい・・・。

雨の中、懐中電灯と網を持って捜索したですよ・・・。
20分後に奇跡的に救出したものの、虫の息で水槽に入れてもクルクル回転してましたが、翌朝には元に戻ってたという文字通り「こぼれ話」がありました;
blog121 002

サカサナマズ。
・・・・ガレージでもそうだったんだが、なぜかストレーナー部分が好きなんだな・・・。コイツは。

こっちも、まぁ・・・元通り?かな?
blog121 006

関係ないですが、アクアライフに掲載されている「アクアな猫の躾け方」っていうマンガがあるんですが、あれってけっこう好きですw

~オマケ~
すごいよ!長門さん。

バイクがガス欠になっても大丈夫。
blog121 010

軽々~~。
blog121 012

対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースに不可能はない。
blog121 011

が、疲労の色は隠せなかった・・・。

「ハァハァ・・・ゼェゼェ・・・」
blog121 013

移動!

2009年 06月16日 23:14 (火)

レオクテの対処は早めにした方がよろしいかと思い、昨日移動を行いました。

レオクテをガレージ60へ送り、代わりにこのお方をガレージより召喚。

サカサナマズ。
blog120 002

気が荒いやつではなく、こいつは大人しい方なので、とりあえず問題はないでしょう。
もう1匹は手が付けられない乱暴者なんで、レオクテの当て馬になっていただきます。

マツモがかなり生い茂っていて、彼のシェルターにはちょうどイイ感じじゃないの。
blog120 004

レオクテは大きくなると小魚を食べてしまうので、とりあえずベックフォルディ達もこちらに移動。
つつきグセがないわけじゃないかもですが、まぁ、以前よりはマシになるでしょう~。
blog120 001

とにかく背ビレといい胸ビレといい尾ビレといい、見事なまでにボロボロです;
早く再生しておくれ~~。
blog120 013

~オマケ~

仮面ライダー電王&マシンデンバードをゲット。

余計なライダーフィギュアもついてて、ちょっとウザイけど、ネタとして使えるか?

「撮影中にNGを出して監督に説教されるライダーの中の人」w
blog120 003

でも、やっぱりこのヒトですよね、似合うのは。

急いで撮影したので、腕の伸ばし方とか背筋がピンとしてないのがイマイチです。
・・・。なんか、250ccくらいのバイクに乗ってるように見えなくもないw
blog120 010

レオパード・クテノポマⅢ

2009年 06月15日 01:27 (月)

管理画面にアクセスできるんだか、できないんだか・・・。
あれこれやっていたら何とか画面に辿り着いたので更新です。

うーん、不調が止まらん;
尾腐れで隔離したコンコロールは軽度なので、戻してもいいかも知れないか・・・。他の魚には移っていないし。
でも、なんかコワイので、あと1日様子を見ようか?

こちらは不調、というワケじゃないんですが、レオクテの経過報告です。
なんか、最近、ちょっとずつ気が荒くなってきてるような気がする、というか、明らかに荒い・・・。
blog118 003

アーマードキャットの背ビレ・胸ビレ・尾ビレやら、欠けたり短くなったりしてる;
時々追い回してるのもよく見かける。でも、四六時中やってるわけでもないんだな・・・。
レッドテールブラックシャークの気まぐれな性格とよく似てる感じだ。
でも、攻撃力はこっちの方が上なので、やはりダメージ受けてるのか・・・。
blog118 001

体の方は、さすがに毎日欠かさず赤虫とクリルを食べてるだけあって、少しは成長したようだ(?)。
このまま攻撃性が和らいでくれればそのまま飼育続行だが、戻らなければガレージ60に移動してもらうしかない・・・。そっちでも心配だけど;

圧倒的な水槽不足、水槽設置スペース不足。大掛かりな配置転換が必要かも知れん・・・。
blog119 004

~オマケ~

何となく撮影したので、特に意味はないですが、長門の影がいい感じです。
blog119 006

まぶしい・・・。
blog119 015

イエローストーン

2009年 06月13日 02:50 (土)

お久し振りです。
FC2ブログの管理画面がなぜか表示されず、更新できない状態が続いてましたが、ようやく復活です。

しかし、不調は止まらず。

まず、コリ水槽のコンコロールが病気に。尾ぐされと思われる。

そして、フロリダハマーが死亡。おそらく脱皮に失敗したんだとは思いますが、ハマーが死んでしまうなんて想像してきなかったので、これは少しショックでした。

なんとか気持ちを上向かせるために、コリ水槽、少しイジりました。

まず、入る者はいなくなったシェルターを撤去。代わりにコレ、なんだかわかりますか?

イエローストーンという石です。3個セットでした。
見た目はゴツゴツしてますが、表面はキラキラしてます。写真の石は一番大きなものだったので、オブジェとして役に立っていただきます。
blog118 014

タイガーフィンサタンの竹炭を撤去。代わりにこちらにもイエローストーンを。
上に流木を渡して一応シェルターとしても機能するようにしました。
blog118 009

あっ、いたいた!さっそく隠れてるようですw
やっぱこの鰭じゃ目立つからね~。
blog118 017

上級魔族

2009年 06月08日 00:18 (月)

GEXの上部式ポンプがイカれたので、買ってきた。
お値段2,980円。この価格って、デュアルクリーン600SP買えます。フィルターが安いのか?ポンプが高いのか?どっちにしても懐は大ダメージじゃ!

水温計は抜け落ちる。ロカボーイのケースは破損しやすい、ロカボーイ用濾材は2~3度軽くゆすいだだけて、活性炭がはみ出すほどボロけてくる。エアポンプはただの騒音発生装置でしかなく、メガパワーは非力(とらりんさん談)、ガラスフタは奥行きがありすぎて餌を投入するスペースが狭くなる。外掛け式フィルターはゴミだし、ヒーターも評判悪い。etc
数え上げればキリがない。これでいいのかね?このメーカー・・・。使えるものだってあるんだから、もう少し何とかして欲しい。
blog115 008

それはひとまず置いといて。上級魔族サタンのその後。
blog113 003

やはり、思った通りの結果だ;竹炭を拠点にしてそこでテリトリーを主張してる。
コリが入ってくると盛んに追い出す。
blog113 020

こちらは水換え中に撮影。
プレコ水槽の住人達のように右往左往せず、けっこう落ち着いている印象。
まぁ、まだ環境に完全に馴染んでいるわけではないのかも知れないが・・・。
blog113 022

うーん。タイガーエッジが暗闇の中でも目立ちます。カッコイイね~。

大きくなれとは言えないが、せめて病気にさせずに飼育するのが当面の目標か・・・。
blog113 015

~オマケ~

ライドシューター
blog113 026

キャノピー、オープン!
blog113 013

シートアップ!!
blog113 010

長門有希、発進!!!
blog113 027

ふ・・・。
また新しい遊び方を考えてしまったゼ
blog113 001

このライドシューター、Figma持ってるヒトは見付けたら買っといた方がいいかも。
これってもうとっくに販売終了してるみたい。

無駄な買い物

2009年 06月07日 02:41 (日)

またこんな時間かよ;

とっとと更新しないとイケない・・・。

この数日の買い物とサタンの経過報告。

まずお買い物からです。

そろそろなくなってきたので、エアチューブの予備。
コトブキのバイオファーム 左の箱入りはゴールドリング。コリ水槽のデュアルクリーン標準濾材がヘバってきたので処分してこっちに交換です。
左のホワイトリングはガレージ60用。やはり濾材がヘバってきたので交換2。
blog113 002

こちらは、プレコ水槽が不調(というかプレコ達の食欲が落ちてきて、黄色信号)なのでpHを久々に測定したら、6.0。プレコメインでこのpHは、ちょっと低いかな?
で、翌日測ったら今度は5.9以下に。これはちとマズイ。というわけで、どっちがいいのかわからんかったので、とりあえず化石サンゴとカキガラを買いました。
・・・サンゴのヤロー、やけに高いと思ったら、500g×2入りでした。他のお店に行ったらしっかり500g×1のやつ置いてあるし。無駄なカネ使っちまった;

手前のブラックマットとかいうのは、どうやら活性炭+生物濾過用のスポンジ濾材のよう。
少しでも何か使えるものはないかということで、やはり、とりあえず買ってみた。もちろん、コリ水槽用。
最初から濡れていて、手が炭で真っ黒に。パッケージには濡れているなんて書かれていなかったゾ。
なんて不親切なんだ!
blog113 004

なんて舌打ちしつつ、濾過槽にセットしてみた。

思ったより厚みがあって、カバーがしまらなくなったので、リングはネットから出して入れることにした。
これで濾材洗浄がメンドウになってしまったよ;
blog113 021

ガレージ60に至っては、フィルター洗浄+濾材交換の作業終了時になって、上部式用ポンプが動かなくなってしまったので、交換用ポンプを買うハメになりそう。3,000円出せば買えるだろうが、出費は出費である。
なんだってこんな金のないときに壊れるかね?何かオレに恨みでもあるのか?オッ?!GEXさんよぅ。

メンテ終了後のプレコ水槽のpHは6.3に。
ガレージ60のコケはひどいのひと言。掃除しても2週間経つと濾材にコケが生えることもある。
水槽の場所を変えたくてもこれ以上置く場所はねーし。

イーヴル・ヒート

2009年 06月03日 01:57 (水)

ヤッチマッタヨ・・・。ヤッチマッタヨ・・・。

どうしてもお店に行きたくなってしまいまして;

以前から、ダメだダメだと自分に言い聞かせつつ、日々を過ごして参りましたが・・・。

買っちまったヨ・・・。
blog112 003

小さいうえに色が飛んでるので、何がなんやらわからない感じですが。


タイガーフィン・サタンプレコ
blog112 006

このプレコはほんの少し大きいだけで値段は9,000円以上することもあり、困っていたのですが、これは小さいぶんお値段は控えめ・・・。
でも5,000円以上はするわけで。泣きたくなります(涙)。

いわゆるトゲトゲプレコと呼ばれるトリム系は、アカリエスピーニョ・マラジョーやアグアプレコなど、1mを超えるモンスタープレコを筆頭に、メガロハイフィンレオパードトリムや、ウルトラスカーレットトリムなど、大型種が多いのですが、このタイガーフィンサタンが属するレポラカンティクス属は最大サイズは小さい方で、25~30cmくらいだと思います。
比較的丈夫らしく、大丈夫だろうとお店の人も言っていたので意を決して連れかえりました。
でも、このサイズではまずプレコ水槽ではぶっ殺されるでしょうから、コリ水槽にとりあえず入ってもらいました。
blog112 005

背ビレ全体にこの模様が乗るやつはドラゴンフィンサタンなんて呼ばれて高価らしいですが、個人的な印象ではそれはちょっと・・・。
全体に模様があっても、成長すればなくなることもあるだろうし・・・。なんか、一般的なタイプと区別するってのもいかがなものかと?

私的にはこの一般的なカラーパターンが一番カッコイイと感じるので別に問題ないんですけど~w
死なないでおくれよ?
blog112 009

闇の扉

2009年 06月02日 01:43 (火)

私は愚か者です。
とんでもない新入りをお迎えしてしまいました;

どうしよう?
blog112 001