TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

12月 « 2010年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

一旦休憩

2010年 01月31日 02:07 (日)

第3弾まで続いた例の誤字脱字記事。
あと、もう1回ほどやりますので、覚悟しておいて下さいな。
ですが、今回はお休みです。・・・って、休みだからといって特別な記事じゃありません;

今日はプレコ水槽の水換え。
プレコ達は元気ですが、上層魚達がだんだん減ってきてます。
先週はアフリカンランプアイ最後の1匹もとうとう寿命。今日はグリーンファイアーテトラもヤバそうな感じ。
体色も薄くなってるし、背中も曲がって勢いがない。もう3年ぐらいなので、そろそろかな?と。
同じ時期にやってきたラミーノーズ達も明らかに目が白くなってきてるし・・・。
プラケで注水しながら、今度は何を追加しようかと考えておりました。
blog221 016

今回は、久し振りに泳いでいるオムポックを撮ってみました。
blog221 014

この魚、下側からみて見るとこんな感じ。
この写真を上下逆さまにして見てると、別の魚に変身するのです!試してみてね?
blog221 011

こっちもかなり久し振りですが、長門さん。
figma ex:ride 001 ヴィンテージバイク(メタリックグリーン)。前回のメタリックブルーはたった一日で壊してしまいました。テーブルの上から落としてしまい、ハンドルがポッキリ;
同じ色が欲しかったけど、もうなかったんで、仕方なくこの色にしたというワケです。
さすがにfigma用に製作されただけあって、扱いやすいです。長門さんが乗っても違和感ありません。
blog221 002

違和感はないのだが、マシンデンバードの方がもっと違和感ないのはなんでなんだろう?
blog221 007

誤字脱字!3

2010年 01月30日 01:54 (土)

いよいよパート3になっちゃったよこのシリーズ。
さぁて、今日はどんな突っ込みどころが?

サイアミーズ・・・。フライングフォックス抜けてんぞ~?!
blog220 008

このオスカー、体長は50cmあるらしい。
blog220 011

同じ水槽の別のオスカー、こっちは40cmあるらしい。
blog220 010

そのオスカーを飼育している90cm水槽。
おかしいねぇ?2匹くっつけたら90cm水槽いっぱいになるんじゃないの?これ、明らかに50cm、40cmないね・・・。
目測だったとしてもあまりにいい加減なんじゃな~い?
blog220 015

オトキンクルスw
blog220 023

もうちょっと他に書き方はなかったんだろうか・・・。この魚が不憫だw
blog220 002

ブルーフィンプレコの写真なんだが、チョイス悪すぎ。色が全然わからない。しかもパナクエ系をはじめお気に入りですって、これじゃまるでブルーフィンプレコがパナクエの仲間みたいに思う人もいるでしょうが!
blog220 005

上のパナクエ系をはじめ~の文章はここにないとおかしいんじゃない?
それに、独特の模様のロイヤルプレコって・・・これ、ノーマルのロイヤルプレコじゃないんじゃ・・・・。
blog220 003

マクリカウダだそうです。何のマクリカウダなんだw
blog220 009

誤字脱字!2

2010年 01月28日 11:54 (木)

前回、キツイ突っ込みを入れたアクア本の誤字脱字記事の第二部である。
あまりにも間違いが多く、表現がおかしかったり、意味不明な写真もあるので、それらも加えてみた。
では、やっていきましょう。

まずはこちら。「彩りあるドワーフネオン」 確かに彩りはある。だが、ネオンドワーフレインボーって書いたらどうだろう?
ナニコレ?業界用語?ギロッポン(六本木)でシースー(寿司)とかいうのとおなんじですか?
blog219 001

水草レイアウトを魚眼レンズで撮影してある写真というのがけっこうあるのがこの本の特徴。
「外にも多くの水槽を設置している」それは人それぞれなんでしょうが、この風景を魚眼レンズで撮影する意味があるのかい?あるとしたらどんな意味なんだw
blog219 002

ラミノーズじゃなくて、ラミーノーズね?
blog219 012

アイスポットシクリッド、アイスポットシクリッド、アイスポットシクリッド・・・。アイスポットシクリッド図鑑でも作る気なんだろうか? アイスポットシクリッドの○○個体とか、そんな感じで1種にまとめれば他のヤツ載せられるでしょ!考えてよ~;
blog219 009

サルビニー・・・。漠然とサルビニーなんて書かれても。サルビニーシクリッドって書いたらどう?
フラミンゴシクリッドをフラミンゴって書いたらヘン。魚の図鑑なんだから、見ればシクリッドだってことぐらいわかるだろ?というのは作り手の甘え。金払って買うんだからちゃんと表記するのが当たり前。
blog219 011

モタグエンセ。これも上と同じ。パラクロミス・モタグエンセと表記されてない。
それに、サルビニーシクリッドとこの魚、同じ25cmなのに、中型と大型って、その境界線はどこなんだ・・・・?
※全長とかは他の図鑑でも違うことがあるので、あからさまに違わなければ突っ込まないことにする。キリないし。
blog219 005

イェンツュイでまとめればいいんじゃ・・・。
①イエンツ
blog219 003
②エンツィ
blog219 006
③エンツイ
blog219 008

今回、最も許せなかったのがこちら。まず、ニュースタークラウンプレコ。表記などは間違っていないが、写真のチョイスが悪すぎる。これじゃパッと見、ニュースタークラウンなのか、ブラックドラゴンスタークラウンなのかわからない人もいるだろう。綺麗に撮影できている写真を載せるということは当たり前以前の問題。マニアならわかるだろうけどさ。
blog219 015

最後に、こちらも見ていただきたい。上の文章をコピーしてあるだけ。あろうことか、名前までおんなじ。
プレコだから厳しい突っ込みしてるんじゃなくて、魚自体が違う。このプレコはゴールドエッジマグナム。属から何から全然違うプレコ。
しょうゆラーメンを塩ラーメンという商品名では売らないでしょ?
blog219 013

これだけ載せたにもかかわらず、まだ突っ込みどころはあるのだった・・・・。
116.jpg

誤字脱字!

2010年 01月26日 01:49 (火)

えー、熱帯魚再開前の下準備として、色々と本を買っていたりしたわけですが!
その中の1冊について、ずっと言いたいと思っていたことを、今日は言わせてもらおう!

青コリ、白コリ、その言い方は正しい。だが、この写真のどこに青コリがいるんだ?!
赤コリ、白コリだろ、どう見ても!
blog218 014

まだあるぞ?
その飼育者の水槽データだが・・・・。

ジュリーって何だ?!沢田研二か?しっかりコリドラス・ジュリーって載せろよ!
たぶんコームスケールレインボーだァ?何だよ"たぶん"って?
しかも青コリ、白コリの表記、直してねーし・・・。
blog218 013

色々な流通名を使われてるのはわかるが、グリーンイエローフィンはないだろう・・・。書いたヤツの中で流通してるのか?しかも最大サイズ7cmって・・・いい加減にもほどがある!
blog218 010

この本、1,800円くらいしたんですよ。こんな間違いだらけでいいのか?少しくらいなら気にもならんが、ナンボなんでも多すぎないか?まだまだ突っ込むところがいっぱいあるが、次回ということにしておこう。

最近、大きくなったら負けかな・・・って
blog217 015

最近、目立ったら負けかな・・・って
最近、動いたら負けかな・・・って、
最近、飼い主に見つかったら負けかな・・・って
blog217 018

ニートたちよ・・・・・・。

いつからいる?2

2010年 01月24日 02:58 (日)

またしてもこんな時間。
なんだか、大したことしてないのになぁ・・・。なんでだろうなぁ・・・。
でも、今日はキッチリ水換えいたしました!
忙しくなるとできなくなっちゃうからね。できる時に、やれるだけのことはしておかないとね!
blog217 007

さてさてさてさて、今夜もとりとめのないプレコ記事でもいきましょうか。

すっかり大きくなったマスタードファントム。
そういえば、水樹奈々のシングルもPHANTOM MINDという曲ですね。
声優さんで紅白出場にオリコン1位にと連続して快挙を成し遂げてますね~。私は別にファンというわけではないけど、曲は何曲か聴いたことがあり、なかなか良いな~と思っていました。
ちょっと関係なさすぎましたね?

うちに来ておよそ1年2ヶ月。
水玉が増えない種類なので、こんな感じになってます。調子がいい時は水玉もかなり鮮やかです。
水玉がまばらなくせに妙に目立つプレコですね。
blog216 005

こちらは本日の水換え中に撮影したものから・・・。
デカくなったロイヤル。もうこの中ではこれ以上の成長はムリかも知れないな。
えーと、かれこれ1年10ヶ月?11ヶ月?多分そのくらいは経っていると思う。
blog217 011

タイガーフィンサタン。飼育8ヶ月目。
まだまだチビサイズだけど、それなりに成長してるかな?という感じ。少しずつガッシリした体型になってきてます。
blog217 010

ブルーフィンプレコ。
写真ではわかりづらいけど、尾びれにも水玉が入ってきてます。
blog217 009

初代は半年もしないうちに殺されてしまったけど、2代目は現在1年6ヶ月。
水玉は引き続き増殖中~♪
blog217 004

なかなか写真撮れないですが、撮影、がんばりマス!

多重安全装置

2010年 01月23日 02:13 (土)

我々は皆、生きているから生きているんじゃなくて、"死"というものをエネルギーとして活動しているのです。
逆なんですよ。生きているというのは、死んでゆく途中なんです。
死こそが前提条件であって、生などはその影響に過ぎないんです。
そして、その"死"を他から継ぎ足している限り、どんな事態が僕を襲っても、僕は死ぬが・・・
それは予備の"死"であって、僕そのものは決して死なない。
死んでゆく途中がいつまでも続くということですよ。

他の生命から取り出した死をストックすることにより、命を落とす事態に陥っても、その都度ストックされた生命が消費され、自身は決して死なないという、自らをフェイルセイフと名づけた恐るべき能力を持つ敵。
用心深く、どこに潜んでいるのかもわからない。
正体不明の存在を前に、霧間凪(炎の魔女)と、九連内朱巳(レイン・オン・フライデー)はどうやって戦うのか?

「夜明けのブギーポップ」同様、過去に遡ったお話。
霧間凪と九連内朱巳の出会いを描いた、こちらは"ゼロ2"といったところ。
「ブギーポップ・イン・ザ・ミラー」の主要キャラである辻希美(オートマティック)や、「ペパーミントの魔術師」などの蝉ケ沢卓(スクイーズ)も登場。
blog216 004

ニート気質

2010年 01月23日 01:50 (土)

ふぅ。
気がつけばこんな時間だ。さっさと更新しておかないといけないですね。

キャンディーの詰め合わせの中から適当に出してみました。
こういうのもけっこう好きなんですよ、私。
オレンジ、レモン、チョコレート、コーヒー、バター、そしてコーラキャンディーです。
コロコロと口の中で転がすと落ち着きます。
blog216 001

この魚、死んでるんじゃないの?という声を私は母親からよく聞きます。
まぁ、動かない魚が多いですからしょうがないというものですが・・・でもね、いくらなんでもこれはないんじゃないの?
blog214 007

何だかよくわからないが、こいつはここが定位置になっているようです。まぁ、隠れるよりは見えていた方がいいんですが・・・。何もこんな所でゴロ寝しなくてもよいのでわ?ナマズ界のニートNo.2。もちろんNo.1はバンジョーキャット。

泳ぎ回る時は水槽の端から端までビュンビュンやってるのですが、それを目撃するのは、観察している時間が一番長い私だけという、実に寂しい話になってしまっています。

これが泳いでいる姿。なかなかのモンでしょう?照明の当たり具合で、よくキラリと銀色に光ります。
blog210 033

そして、ついつい忘れそうになるのが、このサカサナマズ。
記憶を辿ってみると、何とうちに来てからもう2年4ヶ月。そんなに前からいたのか・・・。月日が経つのは早いですね;
blog214 015

いつからいる?

2010年 01月21日 01:04 (木)

餌のストックはあとひかりディスカスが1パックあるのみ・・・。そろそろ買い足しておかないといけないな。
うちではやはり、ひかりキャットとディスカスフードが一番使う餌。
blog215 002

そんなことを考えながら、今日はローチ水槽の水換えをしました。
これやった後はいつも若干水が白く濁ります。この時って、あんまり餌を与えない方が良いのではないかと思いますが、やらなくてはならないので仕方ない。
クリルを1つ、粉々にちぎったものと、冷凍赤虫を2ブロックだけ与えました。
blog215 005

今日は、うちにいるプレコ達、どのくらい経過したのか、思い出してみたよ。

一番の古株は、プレコ飼育開始当初のタイガープレコ、ブッシープレコ、ファンシースポットペコルティアと、このメガクラウンペコルティア。
もう2年5ヶ月くらいになる。
タイガーとファンシースポットは大きさがほとんど変わってない。タイガーはまぁわかるとして、ファンシースポットがこうも大きくならないとは思わなかった。環境とか色々あるのだろうけど、どうなんだろ?

このメガクラウンは、確か買いに行った日はいきなり雨が降り出して、店の外に出た瞬間、すぐ近くに落雷したのでした・・・。雨女ならぬ、雷プレコ??だから模様も稲妻みたいなのか?
blog215 004

こちらはオレンジフィンカイザー(水玉小)。
うーん、もう2年と、あとちょっとで2ヶ月か。もう1匹の水玉大の方は1ヶ月だけ先輩です。
すぐに死なせてしまうだろうなぁ的な考えで買ってきたのに、私にしては意外と維持できていると思います。
blog214 016

ブルーフィンパナクエ。
比較的飼育期間は短く、まだ9ヶ月ほど。
ケガか病気か、昨年の12月頭くらいから、吻部が真っ白になってしまい、流木に吸い付けない状態に陥っていた。
症状が悪化しかかったけど、それ以降の進展がなかったので、病気ではないと判断した。
以前はすぐに薬浴させていたかも知れなかったけど、今回は踏みとどまった。
水換えとマメな底床掃除を行った結果、見事回復~。ホッと胸を撫で下ろしました。プレコの病気はちっとも治せる気がしないのでホントにあせった・・・。
blog214 009

色々書き足りませんが、今夜は時間がないのでこのへんで。続きは近々・・・?

ファイアーマウス経過報告

2010年 01月19日 17:11 (火)

さて、新入りさんが来ると、落ち着くまでは注意深く観察する必要がありますね。
ファイアーマウスの続報です。

私が飼育経験のあるシクリッドは今まで3種。
ジュルパリ、オスカー(タイガー、アルビノ、レッド)、そして再開後のパロットファイアー。
このファイアーマウスで4種目でございます。
blog212 016

この数日間でわかったことは・・・。
①餌はディスカスフード、テトラミン、冷凍赤虫など何でも食べる。
②昼間(照明なし)と夜(照明あり)では体色がやや違う。
③性格は、同種同士で若干の小競り合い。他種には今のところ無関心。
④MAXで12~15cmほど。
blog213 006

ただし、もっと環境に慣れれば意地悪になるのか、攻撃的になるのかはまだわかりません。
まぁ、シクリッドなんで少なからずトラブルは起こすだろうと思っていた方がいいでしょうね~。
お店ではけっこう大きく見えたんだけどな~。こうして見ると小さっ!
blog214 037

ファイアーマウス、ローチと比べるとこんなに違います。
blog214 038

それとも、お前がデカイのか????まったく~、食いすぎなんじゃないのぉ~~?
blog214 040

PS。
妥協に妥協を重ね、ついにうちにも塩ビパイプが入ることに・・・。あーあ、何だかなぁ~。
blog214 036

餌とりセンサー

2010年 01月18日 03:07 (月)

ガレージ水槽は水の減りが早い。
なので、足し水はホント、頻繁にやらなくてはならないので面倒です。
blog214 033

ちなみに、いつも登場するガレージの環境はこんな感じ。
水槽群の隣にあるのは母親の植木鉢。(玄関にもあり)でもそれだけじゃなく、洗濯物を干すやつとか、その他作業に使う道具やらでごちゃっとしています。
本当にメンテしづらいのですよ、コレが~。でも、水槽置けるだけマシというものなんでしょうね。
blog214 034

この日は夜、煙草を買いに行ったんですが、半端な距離です。車で往復10分程度。でも、私の吸ってる煙草はこの辺では絶対に売ってないので、行くしかありません。
一人ぼっちで何だかすごく寂しいので、車の中でヴァン・ヘイレンを聴く。
blog214 035

今回は、私の部屋に置いてある水槽2本のうちの1本、アフリカツメガエルの登場(久々)。
blog214 022

けっこう皆さん、ふっくらした個体に仕上げていらっしゃるみたいですが、私はスレンダーな体を維持させてます。
ベルツノガエルやバジェットフロッグみたいに、元々の体型が丸々としているわけじゃないので、ぶくぶくに太ってると、よくない気がするんですよね・・・。
blog214 032

水槽前に行くと、こんなふうに寄ってきます。指先がセンサーになっていて、触れたものを反射的に口の中に押し込みます。
今年は特に寒い日が続いたというのに、このカエルはヒーターもなしに元気です。食欲も全然落ちない。
blog214 023

今まで飼育してきたアクアリウム生物の中で一番丈夫なんじゃないだろうか・・・。
実はもう1匹アルビノを探しているんですが、これがなかなか見付らない。
blog214 027

この水槽、ホームセンターで買った幅40cmの踏み台を水槽台に使用しています。なかなかいいサイズです。
隣のメタルラックの上にはアカハライモリの36cm水槽がありますよん、もちろん元気に生きています!
blog214 025

で、メタルラックの下段には。
この部屋専用の水換え道具。バケツの中には水を掬うカップ、スポンジ、歯ブラシ。長さを短くしたプロホースが収納してあります。
手前の黄色いプラスチックの鉢はイモリの給餌用。グラスはスポイトで吸い取ったフンやゴミを取るためのもの。
生体導入時の必須アイテムである水合わせ用のプラケも普段はここに置いているのでした。
blog214 029

アルビノツメガエル、通販に頼ろうかなぁ・・・?でも、1匹のために送料・手数料払うのもなぁ・・・。
う~~~ん、どうしよう?
blog214 024

色の変化

2010年 01月17日 03:02 (日)

さて、もうこんな時間、遅いというよりむしろ早い。
前回のファイアーマウス導入後の様子など。
blog213 004

こちら、午前中に撮影したもの。
間接光が当たるなかで撮ってみました。昨夜とはうって変わって、非常に綺麗に発色しております。
blog213 001

このとおり、縞模様もはっきり出ています。調子を取り戻したのかな?
blog213 003

こちらはレオパードクテノポマ。何だか少しずつ豹柄から、チョコレート色に変わってきていますが・・・。
今のところ、特にファイアーマウスには関心がない様子だが、油断は禁物です。
blog213 002

しかし、夜になって照明を点けると、このとおり。あれれ??白っぽくなってる?
blog213 005

どうやら、明るすぎるとこんな色になるようです。照明というより、底砂の色に合わせて体色が変化してるんでしょう。
まぁ、この砂利は正直、微妙に使いづらいので、近々リアルブラウンに変更する予定ですが・・・。
それで美しく発色するのかどうかは、うーん、わからない;
でも、この色はこの色で、淡くていい感じなんですけどね。

食欲もあり、ディスカスフードも冷凍赤虫もよく食べます。餌の心配はいらないようです。
blog213 010

一方、こちらはナマズ関係の水槽。
伸びすぎたマツモをバッサリやりました。半分くらいは処分したんじゃなかろうか?
そして、ヒゲゴケだらけのアヌビアス・ナナを1個だけ撤去。そしてレインボースレイト(石)も撤去。
変わりに、以前プレコ水槽に入れていた紅木化石の小さいやつを1個入れました。
blog213 008

でも、よく考えたらこれって、ニジイロボウズハゼの隠れ家だったと、後になって思い出した;
これは、遺憾の表情なんだろうか?
ボーっとした顔からは、何も窺い知ることはできないのであったw
blog213 007

ジンクス・ショップ

2010年 01月16日 02:55 (土)

ダブル更新ですが。

仮面ライダーならぬ、ハルヒライダー。
「ライダーと言えば、ブラックに決まってるでしょ~?」
blog211 002



こちらは、ブギーポップのご紹介。
「ブギーポップ・スタッカート ジンクス・ショップへようこそ」

君にはツキがあるかい、それとも万事うまくいかない感じかな?
変なジンクスがつきまとい、何をしていいか分からないって経験はないかな?
だが逆に、ジンクスを自由に身につけることができるとしたら、その人間は運命を我がものにできるということになるのかも知れない。君は運命を手に入れたら何をするだろうか…

街の奇妙な店が売るものは、人に楽しみと不安を等価値に与え、何処とも知れぬ場所に導くだろう。だが、その先に待っているのは口笛を吹く死神で―
運命を操ろうとする者たちと、それを眺める者と、それを断ち切る者たちが奏でる断音符だらけの耳障りな交響曲が悪夢と未来を同時に歌う―。

存在感が希薄で、どこか謎めいた男、柊(オキシジェン)と出会った楢崎不二子は、彼とともに"自分だけのジンクスが買えるという"ジンクス・ショップの運営を始めるのだが、それは同時に惨劇の始まりでもあった・・・。

"ギミー・シェルター"
"ホワイト・ライアット"
"シェイム・フェイス"
"スイッチスタンス"

この四つの異なる可能性が、ジンクス・ショップという触媒の下で複雑な反応を起こし、不条理で、とりとめがなく、皮肉としか言い様のない理不尽な結果をもたらすことになる。

気になる人は読んでみるといいよ?うん。
blog212 020

紛争のトリガー

2010年 01月16日 02:37 (土)

突然ですが、新入りです。

実は前から気になっていて、ずっと狙っていたお魚さんでした。
ファイアーマウス。わりと昔からいるシクリッドで、シクラソマの仲間なのですが、ようやく我が家にやって来ました。
大きさはMAXで10cm~17cmくらいなので、60cmでも何とか飼育できそうな感じ。
blog212 006

最初は1匹だけにしようかと思ったけど、2匹しかいなくて、1匹だけ残るのも何だかな?ということで、結局2匹とも連れて帰りました。けっこう値段が安くて、2匹でも1,000円しませんでした。
シクリッドだけに気の荒さはあるでしょうが・・・。うちの熱帯魚専用水槽は3本、その中でもこの水槽は一番華がない。
いつ見ても土管しかない、そんな寂しさを何とか解消したいなと。
blog212 008

何だ何だと右往左往する住人達。
手前のコリドラスの化け物みたいなのは、アーマードキャット。コリとは近い種類のナマズ。後ろにはローチ達とレオパードクテノポマ、手前の隅っこにいる水玉のプレコは、ファンシースポットペコルティア。
blog212 010

生体導入時には、あまりやらない方がいいんだけど、ちょっと底床が汚れてる気がしたので、少しだけ水換えもしました。
レイアウトを荒らされて迷惑そうな住人1、ブッシープレコ。
blog212 011

迷惑そうな住人2、クラウンローチ。ちなみに一番デカイやつ。ご機嫌斜め;
blog212 015

コリドラスは整列するが、ローチも整列するのですね。大名行列ですか?
blog212 017

迷惑そうな住人3、スポッテッドトーキングキャット。
blog212 009

導入直後のファイアーマウス。この色はしばらく戻らないでしょう。概ね環境に慣れるまでは、色が戻らないもんです。
blog212 013

ごろごろと邪魔だけどないと困る土管を、試しにまとめてみました。
ただでさえダサイ土管がさらに見栄えが悪くなってしまった。ダセエ!
blog212 001

もっと工夫していかないといけませんね~。上のタコツボは絶対落ちると予想。
blog212 003

さぁ、ファイアーマウスさん達、これからどうなることでしょう?
シクリッドは、砂を口に含む。ようするに砂利を掘り返す習性があるので、美しい水草レイアウトをきっちりやっている
中へ入れると、そこはたちまち爆心地に変わるので、検討しているヒトは注意ですよ!
blog212 012

後ろからレオパードクテノポマが睨んでますが;オイオイ、仲良くやってくれYo?
お前が一番心配なんだよ・・・。

しかし、ファイアーマウスとは・・・。私も出さなきゃいいのに、どうしても出てしまうひねくれ根性。
blog212 022

タイガー特集+修正

2010年 01月15日 02:35 (金)

さて、前回の免許更新から帰宅した後、アクアライフを買ってきました。

が、唯一ビビっときたのはオトシンクスルの小特集のみ。
なんて寂しい内容なんだ;
アロワナ特集といえばそうなんですが、まぁ広い意味でのアロワナ(オステオグロッサム)特集といった方がいいのかな?
ピラルクー、ジムナーカス、ヘテロティス(ナイルアロワナ)、バタフライフィッシュ、ナイフフィッシュ、エレファントノーズなど。
でも、やはり半端な内容。やるならアロワナでもナイフでも、もう少し徹底して欲しかった。
それにアロワナといえばまるでセットみたいについてくる淡水エイ。そして次号はエビ関係。
もうちょっと離して特集組んだらどうなのよ? 最近、当たり外れが多くなってきてるよ。
blog210.jpg

今日も寒かった。ほとんど家に篭って・・・というわけにもいかず、まずfigma用ビンテージバイクを再度買いにいきました。メタリックブルーがなかったので今回はグリーン。カナブンみたいな色です。今度は壊さないようにしないとネ。
blog211 005

そして、冷凍赤虫とコントラコロラインを買い、さっさと戻り、今度こそ篭ってました;
だって寒いんだもの。幸い、仕事は休みだし。(昔は雨の日は休んだりしてましたっけ)。

こちら、構図が以前と同じですが、ここ一ヶ月ほど具合が悪かったブルーフィンパナクエ。
口が真っ白くなり、血が滲んでいる状態がずっと続いていて、ちっとも治る気配がなかったのですが、今年に入ってからようやく少しずつ回復してきました。いや~、あせった。プレコは病気にすると治せる気が全然しないが、こいつはその中でも、最も治しにくいプレコのような気がする。
blog211 004

ここからはタイガー特集。
まずはブラックタイガー。ホントはニューブラックという販売名だったけど、ニューは外した。何でもニューだのスーパーだのつけりゃいいってもんじゃないでしょう?
スターダストペコルティア×クイーンアラベスクタイガーといった感じでしょうかね。どっちの模様も混ざってるし。
blog211 008

インペリアルタイガー。
blog211 006

また少し模様が変わったかな?という感じ。まだまだ変化すると思われる。水玉に変化してくれると面白いんだけどね。
虎年だから、今年はアクアライフでもタイガープレコ特集、やってほしいね~。ってゆーか、やって!
blog211 007

~オマケ~
creg.jpg

メンドウな日

2010年 01月14日 02:18 (木)

今日は寒かった。明日も寒い。
TRFのサムは、貧乏だった頃、着る服がなくて冬でも半袖のTシャツを着ていて、周りから「寒そう」と言われたから名前がサムになったらしいが、本当だろうか?

とまぁ、こんな具合で今回も更新です。

更新なのですが、私めも今日、免許の更新に行って参りました。
しかしおかしな話ですねぇ。優良運転者と高齢者(こっちはしょうがないけど)は警察署で手続きできるのに対して、初回・違反・一般運転者は運転免許センターまで行かなければならんとは・・・;
じゃあ初回と一般って、違反者と同列の扱いなのかよ?(違反はプラス1時間講習だけどさ)。

私は人混みがキライ。
なんでなのかと言うと、その中に長時間いると、気分が悪くなる。
動悸・息切れ・眩暈・胃の不快感・冷や汗などの症状が一気に襲ってくることがある。
十代後半くらいからだったろうか。一時期は外に出られないくらい酷かったけど。

でも行かないといけないのだからしょーがない。混雑を避けるためにAM5:30に起きてAM6:30ちょい過ぎの電車に乗る。
しかし、考えが甘かった。その時間にも関わらず、電車内には座る場所すらない・・・。
AM7:00前、太陽も昇ってない時間に既に電車通学の小学生がホームにいる。私の考えがズレでるのか、世間ではそれが常識なのか?
で、その電車にゴトゴト揺られながら各駅ごとにどんどん人が押し寄せてくるのだが・・・困った。
私は座席とドアのスペースに立っていたのだが、私の前に女子高生(ポニテだし)が、隣にも女子高生(ちっちゃくて、かわいいし)が並び、挟まれる形になってしまった。なんかいい匂いするし;
まじまじと見るわけにもいかないし、目を逸らしているともっと困ったことに。人が多すぎて身動きが取れなくなってしまい、私の手に何やら柔らかい感触が・・・。マズイ;前にいる女子高生のお尻を思いっきり触ってる!!
これじゃ痴漢じゃん?!と、しばらくどうしようもない状態だったのだが、電車が激しく揺れた隙に無理やり腕をひき抜いて何とか事なきを得る(得たのか?)。その子が何も言わなかったのでホッとした。

隣の子がカゼをひいてるのか、「へくしゅんっ、へくしゅっんっ」とくしゃみをしたりもした。
なんてかわいいくしゃみするんだこの子は~。と、半分萌えかかったりもしました。クラスの男子はコレにヤラレるんだろうなぁ、とか思う。ふ、君から移されるんなら、オレは喜んでカゼをひこう!とか思っているうちにようやく目的地に着く。
そこから運転免許センターまでバスが出ているのだが、その前に忙しく動き回る人々がいる駅の出口にあるベンチに座ってちと休憩・・・。こんなとこでのんびりコーヒー飲みながらフルーツ味のカロリーメイト(朝メシね)齧ってるのは私くらいなもの。人々を見てるとまるで道路を走ってる車と変わらん。心か、体か、どこかしら部品が壊れてもそれに気付かず、パンクするまで走るのか・・・。朝から少し切ない気持ちになる。
切なくなったところで私にいいことなんて何もない。これ以上通勤・通学ラッシュに巻き込まれるのも、観察するのもゴメンだ。ということで割高な料金払ってタクシーで行きましたとさ。

手続き中、「交通安全協会」の会費を請求される。
実は前回の更新まで払っていたのだが、今回からヤメた。強制ではないし、パートで低所得の私からこれ以上金を毟ろうってのか?と怒りも沸いたので。
どんなことに使われるのか・・・。もっともらしいコト言ってるけど、無駄遣いされてるという話も聞く。何で貧乏人がそんなものに金払わなきゃならんのだ。つーことで、断った。

講習も受けて免許貰って、風花の嵐の中、バスで帰りました。
って、更新ネタにするつもりがメインが女子高生になってるぞ?でも書き直さない。メンドウだから!

アルパカさん

2010年 01月11日 02:48 (月)

さて、ダブル更新が続きます。

こちらはアクアとは無関係なのですが。
アルパカのフィギュアを買いました。もちろんfigmaと絡ませる用です。
blog210 023

これ、ちょっと突っ込みたい。

どう考えたって2体セットにtも付属品があるようにも見えないんじゃ・・・?
blog210 022

取り出すとこんな感じです。
どうということのないアルパカです。普通のPVC製塗装済みフィギュアです。
別に何かに変身もしなけりゃ可動もしない、ただの動物フィギュアです。

でも、非常に良い出来です。第二弾はハシビロコウ(鳥)らしい。もしかしたら買うかも知れない;
blog210 018

顔もご覧のとおり。けっこうリアルにできてます。
私は別にこれがかわいいとは思わないですが;
blog210 025

では、やりますよ~。

「・・・・飼育係だ」
blog210 024

「こいつが最近人気のアルパカさんかぁ~、かわいいじゃないか」
blog210 029

あの~!キョン君!
blog210 027

わ、私の方がゼッタイ可愛いと思うんですけど~~!
blog210 030

水に流して2

2010年 01月11日 02:36 (月)

前回はプレコ水槽の水換えの様子を記事にしましたが、今回はガレージにある第3ナマズ水槽の水換えの様子をお伝えいたします。
昨年末以来やってないので、汚れているハズ。
blog210 003

他の水槽と違って、水草があるので少し手間が掛かります。プレコ・ローチ水槽の倍くらいか?うちでは一番水換えに時間のかかる水槽で、ちょっとメンドウ。
まず、石とか水草とか水中フィルターとかを全部取り出しておきます。
blog210 001

プロホースで掃除しやすいように底砂を前面に寄せる。これやらないと余計に手間を食うので。
blog210 004

掃除開始。まず1杯目のバケツ。マツモの葉がどうしようもなく溜まる。折れやすいので仕方ありませんが、ストレーナーにいつまでもくっついているのは見ていてイライラするものですね。
blog210 007

水を抜く量は概ねこんな感じです。フィルターはウールマットを洗ったのみ。
blog210 002

バンジョーキャット。動かないにもほどがある。プロホースで吸い込まれても反応が薄い・・・・。これがデフォのようだ。
blog210 008

黒ヒゲゴケがだんだんウザくなってきたので、アヌビアス・ナナの葉っぱを少し処分しました。
器具に生えたらもっとウザイですね、コレ。
blog210 006

すべて洗浄して、レイアウトをもとに戻します。メンドウです・・・;
blog210 010

今回、物凄く時間がかかりました。その原因はこれ。水平ではなくなってきてるのに気付いたので調節。
ガレージといっても築30年以上経ってますからね、あちこちボコボコなんですよ、ココ。
blog210 012

そして、その他の水槽と同じようにプラケで注水!
最初はエアチューブ1本だったんですが、あまりにチョロいので、2本にしました。おかげでだいぶ早いです。
blog210 009

こちらでも、ガラスフタはしっかり綺麗にしておきます。汚れたり曇ったりしてると気分、悪いじゃないですか。
blog210 011

ガレージという場所である以上、外部からの砂・埃の侵入は防げないので、マメに器具類を拭き掃除します。
やっぱり、少しは見た目とか気にしたいし・・・。

ちなみにライトを逆向きで設置している理由は、こうしないとタップまでコードが届かんのです。
誰か・・・お金払うからまともに飼育できる環境売って下さい!!!
blog210 005

とりあえず詳細な水換えレポートでした~。

横取りセイバー

2010年 01月09日 21:26 (土)

キョン、骨折中(という設定)。

※実際には手首パーツを交換する時、ボキっとイッてしまったのです;
他のパーツに交換しようにも、折れた先っぽが手首の穴に残ってるのでそれもできん。

だったら、こうしようじゃないかということで、厚紙をキョンの腕の長さに切り、上下を合わせた状態で包帯で巻きました。
ちょっと荒っぽいけど、まぁ、ケガに見えるしね。
blog207 014

ちょっとキョン様!ケガしてるじゃない!
blog207 018

しょーがないわねぇ、持ってあげるから貸しなさいよ。

そうか・・・悪いな
blog207 017

これは私が預かります。

えっ?!
blog207 015

キョン様から離れなさい!このメ○○タ!!!

メ・・・
blog207 019

角度によってセイバーさんの顔がひどく意地悪そうに見えるw

さっと流して

2010年 01月09日 21:05 (土)

今まで何度か水換えの様子が登場しましたが、詳細を紹介するのは今回が初めてかしら?

この水槽が置いてあるのは玄関の靴箱。ここに水槽を置くのは危険ってハナシなんですが、うちは違う。
なんせ頑強です。水槽が載った状態で私が縁に乗ってジャンプしても壊れないでしょう。それほどまでに、この家ではここだけが丈夫なのだ!
blog209 001

そんなことは置いておいて、水換えです。
まず、ライトを点けてガラスフタ&フタ受けを外し、流木・シェルター・水温計をバケツに移します。これらは後でタワシで洗うので。
フィルターの排水・吸水バルブを締めて水流も弱めておきます。でないと次々にゴミやらフンやら吸い込んでしまうので。
下に新聞紙を敷いておくのも忘れずに。(新聞紙は枚数も多めに用意。水こぼした時に素早く換えられるように)
blog209 005

プロホースでゴミを吸い出しやすいように、底床をできるだけ片方に寄せておきます。
ちなみに手前のコリはメタエ。後ろのコリはベネズエラオレンジ。後ろの両サイドはオレンジフィンカイザー。
blog209 003

今週はまるまる手入れをしていないので、けっこう汚れが溜まっているようでした。水が茶色・・・。
一部ではこれは流木のアクという説もある?
blog209 002

大体いつも抜く水の量はこの程度。半分より若干多いくらい。隅々までプロホースでザクザクやるんで、どうしてもこうなってしまうのでした。ガラスの汚れも綺麗に拭き取ります。
そして・・・・・・相変わらずロイヤルが目立ちまくってます;
blog209 004

風呂で洗浄した流木・シェルターなどを元の位置に戻します。
この時、抜けたタワシの毛がくっついていないかどうか確認するのも大切。
そうしないと、レイアウトを戻した後で水槽内にタワシの毛が漂っていて不快になります。魚も私も・・・。
blog209 006

ここで忘れがちなポイント!
ガラスフタもきちんと洗いましょう。もちろん、蛍光灯の拭き掃除も。
blog209 007

それが終わったらバケツにお湯&水で適当に水温合わせて、カルキを抜いておきます。これはみんなやってるよね?
blog209 008

水槽の上にプラケを置いて、水をカップで掬って入れる。
エアチューブを水槽の中に垂らして注水。いっぱいになるまで繰り返す。
blog209 009

水換えで手がガサガサですよ~;みんなもそうですかー!?
blog209 011

そしておしまい!
写真を撮ったのはずいぶんあとになってからだけど、実際2時間はかからないかな?ずっとやってると、どんどん早くやれるようになるもんなんですね~。
でも、おざなりにならないように注意はしています。魚達の様子もしっかり観察。
調子の悪かったブルーフィンパナクエも少しずつ良くなってきてます。タイガーフィンサタンも大きくなってきてます。
blog209 012

水槽周りの器具の隙間に溜まった埃もしっかり拭き取りましょう~。

ツーカ、水換えウゼェ。とか思ってるんだろうな、きっと。
blog209 010

特徴の比較

2010年 01月08日 17:16 (金)

先日、タバコを買いに行ったとき、お店のオヤジさんからライターを貰いました。
ここにはよく行くので、オヤジさんとは比較的顔馴染みです。だからライターくれるのは珍しくもないんですが、今回はまた変わったモノを。
私はブラック・デビルを吸ってますが、今回は新発売になるタバコのサンプルも一緒に貰いました。
しかしこれは吸えない・・・。1mgは軽い。軽すぎる!
blog207 002

そして、もらったライターをいじっていると、これは下側が灰皿になっていることが判明。
なーるほどね~。でも、ライター部分小さくね?
blog207 003

以上、関係ない話題でした。本題はここからよ。
先日お迎えしたオムポックさん。だいぶ水槽に馴染んだ感があるけど、その後どーなのよ?

光の当たり具合でこんなふうに輝きます。そして背中に何か小さなモノが刺さってるようにみえると思いますが、これ、ひれなんですよ!全然気付かなかった;
blog207 009

グラスライスキャットと一緒にいるところ。でも、体型・色だけでなく習性も違います。
グラス達は絶えずゆらゆら泳いでいるのに対して、オムポックはドスンと着底していることが多いのです。
決して具合が悪いわけじゃなく、こいつはこれがデフォなんだろうと思われる。
blog208 014


漂うのをやめると・・・ドスン・・・。明るい場所に出てくることが比較的多いところも大きな違い。
blog207 025

調べて続けているけど、相変わらずわからん・・・;
とりあえず、
オムポック・エウゲネイアトゥス(ボルネオ・グラスキャット)O.eugeneiatus
オムポック・パブダ(パブダ・キャット)O.pabda
オムポック・ビマクラートゥス(ツースポット・グラスキャット)O.bimaculatus
オムポック・レイアカントゥスO.leiacanthus
オムポック・ミオストマ(ワラゴ・ミオストマ)O.miostoma(メータークラスの怪物)

ビマクラートゥス、レイアカントゥスの2種が比較的多く流通してるようだが、こいつがそうなのかどうか;
ヒゲが2本しかないので違うと思うなぁ。誰かわかる人、挙手!
blog207 013

うねうねロイヤル

2010年 01月08日 01:58 (金)

時間がない・・・。

PM20:00~22:00まで爆睡し、23:00までウトウト&あくびを繰り返していて、だいぶ時間を浪費してしまいました。
なのであまり内容はないです。ゴメンナサイ。
blog208 023

フローリングの自室では、暖房があっても床が冷えるので、コイツの出番となる。
なかなかあったかいですね。でも、なんだってこんなデザインのを・・・まったく~;
blog208 024

久々にプレコ水槽の様子など。
様子っていっても記事に出すほどのネタがないので仕方ありません。
新入りは欲しいけど金ないし、同じ姿ばかりで撮れてしまうので、面白みもないでしょ?
blog208 015

今回は時間の関係で、この中で一番のデカブツ、ロイヤルだけ登場です。

相変わらずウネウネしてます。この模様。以前の写真を見ると、ストレートなラインだったのに・・・?
これは成長過程ではよくあることなのか?それとも他に意味があるのか?
それとも単なるイメチェンなのか?!
blog208 010

時間がナイヨ・・・。仕事メンドクサイヨ。

伝説のナマズⅡ

2010年 01月05日 03:36 (火)

肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い、足首が痛い。
仕事始めは6日からだってのに、何をそんなにあちこち痛がるか・・・。
いや、体がなまってるところを遠方まで買い物に行って車運転したのが原因です。
ま、明日には治るでしょうけど。

さて、正月は3日間ほとんど出歩かなかったので、長時間の外出は久々でした。
まず、ヒーターカバー。
blog206 001

ヒーターカバーって、意外と高いんですよね。こんなのが880円!ボッタクリなんじゃ・・・?
今の自分的に信頼度が地に落ちたエヴァリスの150Wには、一番短くした状態でOKかな。
blog206 004

今回は、流木付きミクロソリウムとアヌビアス・ナナ(なんか葉っぱデカイけど;)がセットで1,280円と比較的お買い得だったので、買いました♪
水草レイアウトが不向きなウチの環境には非常に有難いアイテムなのです!
blog206 006

新入りさん、もちろん買ってきましたよ♪このお魚さんはですね、オムポックというナマズさんです。
blog206 003

オムポック○○とか、似たような色・大きさ・姿の魚がけっこういるので、これがこれって、決めるのがけっこう難しいらしく、明らかに模様が違う魚をマーブル・オムポックとか、アルビノ・オムポックとかいう名前で売ってます、たまに。
何が伝説なのかというと、入荷が少ない、飼っている人も少ない。よって、情報量も極端に少ない。それがオムポック伝説であるw
実際、お店の人もこの魚を知らない人も多いと言っておられました。
図鑑を見てもどれも似たような姿・・・。基本的には小型ナマズに分類されるので、おそらく大きくなっても10~15cmくらいじゃなかろうか。私が買ったのは、10cmくらいになる種類だと思う。
blog206 008

水槽内は突然レイアウトを荒らされてメイワクそうな雰囲気・・・。
blog206 017

メイワクな・・・。
blog206 015

メイワクな・・・。
blog206 007

ごめんよ~。でもレイアウト完成。ただドラセナを撤去してこれらを突っ込んだだけですが・・・;
失敗な感じだ。ミクロソリムの方は流木が面積とりすぎだし、後景が隠れすぎて魚見えないし。
ドラセナは高さがあったので、マツモがうまい具合に引っかかってたんだな。今回それがなくなったので、うまくないぞ、これは・・・。
blog206 014

導入直後なので元気がないけど、今はけっこう泳いでます。
グラスキャットにやや近い種類だけど、体はあまり透明じゃないです。グラスキャットを一瞬さっと熱湯にくぐらせたようなくぐもった銀色(どんな色だ?!)
まぁ、アルミニウムっぽいというか、やや金属質な色合いといっておきましょうか。
でも、けっこう新鮮です。こういうオリエンタルテイストあふれるナマズ。
今回はここまでにしましょう。
blog206 010

オマケ。

ハンドル、折れちゃった~。 もう1台買おう。ごめんよ、かがみん~(泣
blog206 018

自分に正直に

2010年 01月03日 17:31 (日)

旧コリドラス水槽だったこの第三60cm。実に変わりました。
しかも、かなりおかしな方向に・・・・。

自分に正直に、飼いたい!と思った魚達ばかりなのですが、ナマズばっかりだ・・・。
私は基本的にプレコ・コリ・ローチなどの底モノ人間なので、どうしても偏ってしまうのです。
そんなナマズ水槽の水換えをしました。新入りが来て4日と少し早いですが、まぁ、異常はなさそうなのでやりましょうということで。

水槽内のアクセサリー、水草、水中フィルターなどをすべて取り出して、軽くでもいいからコケ落とし。
しかしこのドラセナ・・・水草じゃないクセにしっかり根が伸びてるのに驚き。
blog205 002

前回のローチ水槽同様に、昨年末にできなかったウールマットの交換もしておきました。
GEXで唯一(?)まともな製品であるこのウールマット。耐久性があって長持ちします。

BEFORE
blog205 013

AFTER
blog205 014

ついでに中の様子など。先日いらっしゃったバンジョーキャット。まったく動きません。プロホースで吸い込んでも、指でつついても、手で掴んでもほとんど動きません。よく動かない。感動した。
blog205 008

こっちは砂利掃除を終えて、レイアウトを戻した後。サカサナマズはどうしてもこのシェルターに入りたいのだが、無理やり入り込むたびに住人であるストライプトーキングキャットに叩き潰され、ヘロヘロになって出て来るのであった。
blog205 020

一方反対側にいるのはハラ・ジェルドニー。相変わらず小さい。よく他の魚に食べられないものである。不思議です。
blog205 015

小さいながらも若干成長しているような気がする。でも、小さいので、どのくらい成長したのかイマイチわからない。だから、気がするだけと言っておく。
blog205 018

マツモのカケラより小さいんだもんな~。自然下では一体どうやって生き延びているんだろうか。
それに、よくこの魚を発見できたもんだと思う。見付けたヒトはスゴイ!としか言い様がないですね。
blog205 024

彼らのねぐらはアヌビアス・ナナ。最近は少しずつ出てくるようになったけど、餌がなくなったり、驚かすとシャカシャカ隠れます。
blog205 004

お隣の水槽では、デカくなったアーマードキャットがボーっとしていました。とりあえずは平和そう。
というわけで、とりとめのないナマズ尽くしの記事でしたw
blog205 021

ヒマだからさ

2010年 01月02日 16:46 (土)

前回登場したex:ride。
ちょっと遊んでみましたよ。
blog204 010

シートの部分がゴムっぽい素材(?)で出来ているので、乗せてもずり落ちません。
なかなか考えてますね。

うぉっ!ノーマルかがみんの頭じゃ全然似合わね~~;
blog204 003

やっぱりコスプレはボディだけじゃダメなんだね・・・。
そうだよね、セーラームーンのコスプレの人が黒髪ストレートじゃダメなのと同じダヨネ。
blog204 011

せっかくバイク乗せてるのにあの顔使わなくてもいいでしょ?!
blog204 013

それとコタツでミカン食べてるそこのアクアリスト!
blog204 007

さっさと水換えしなさ~いっ!!
blog204 009

カラシン部隊

2010年 01月02日 03:22 (土)

あーあ、正月ってゆーのは実にヒマです。
なんでこんな時間に更新してるのかというとですね、PM19:30~AM0:00まで爆睡していたので目が冴えてしまって眠れんのです。

元旦にお店なんて開いてるワケもなく、あちこち探し回ってなんとか営業しているお店発見。
マンガを買ってきました。お茶にごす。10巻&11巻。ようやく読めますが、完結です。
よい作品だっただけに残念です。もっと長く続いてほしかったな~。
blog204 005

こちらは絶対可憐チルドレン、18巻&19巻。出ているとは知りませんでした;
アニメもやってましたが、もうとっくに中学生編です。チルドレンはキツイ気がするけど、面白いのでよいです。
blog204 008

で、話とんでいつものように水換えです。今日はローチ水槽。
昨年やるハズだったのに気力がなくてできなかったことなどをやりましたとさ~。
blog204 002

ウールマットを新品に交換!
ってこれだけかよ?!
blog204 004

そう、これだけなのよ。早くやれって話ですよねぇ~?

お隣の水槽での様子もちょこっと。10匹に増えて賑やかになったレッドテトラ達。
まだ前面には出てきませんが、元気なようです。
blog203 009

ナマズが好きな私ですが、小型カラシンの群泳というのも、こりゃなかなかいいじゃないですか!!
blog203 015

ex:ride

2010年 01月01日 02:33 (金)

新年早々ダブル更新です。

24体目のfigma。柊かがみ 夏服Ver。かがみんは2体目。覚えてるでしょ?あのコスプレかがみん。
ホントは冬服も欲しかったけど売ってませんでした。
でも、今回はかがみんが主役ではないのです。

figma用に開発された小物&乗り物ex:rideシリーズ。初回はヴィンテージバイク。色はメタリックブルー。
他にも何色かバリエーションあり。
blog203 021

ふむふむ。こんな感じかね。
わりとコンパクトなデザインです。ダイキャストモデルでもないのでだいぶ軽くて遊びやすそう。もちろんタイヤもしっかり回ります。
blog203 011

NewRayベスパと比較。大きさは若干違いますけど、どちらもfigmaにはちょうどよい感じ。
blog203 012

ただ、造りの方はリアルさ重視の人にはちょっと敬遠されそう。でも、私はまぁそこそこ良い出来なんじゃなかろうかと思いますけどね。塗装だけでなく少し粗さもありますけど、それは許容範囲内に収まります。
blog203 022

横からの図。けっこう省略してあります。特にタイヤ周りは。おもちゃって感じですね。それを言ったらNewRayだってそうですけどね。これはこだわり出すとキリがありません。
blog203 028

NewRayベスパ。
重量感が欲しい人にはこっちの方が向くと思う。ダイキャストなので質感も違います。値段もそんなに変わらないし。
blog203 029

あくまでベスパではなくヴィンテージバイクというところがポイントですね。
少々難はあるけど、いいアイテムなんじゃなかろうか。色合いもポップなのが多いので、かわいい系のキャラならきっと似合うでしょう。GANTZのレイカさんには無理があるけど;あっちにはアオシマのSUZUKI 隼の方が似合いますね。
blog203 024

さーて、次回はさっそくかがみんを乗せて遊ぶぞ~。
blog203 018

伝説のナマズ

2010年 01月01日 02:12 (金)

いや~、年が明けてしまいましたね。
というわけで、新年明けましておめでとうございますです。
なんてありきたりな挨拶を・・・オレはしないぜぇ?(してるじゃん;)

ちらちらと白いものが舞い散る中、あれこれ回りました。
髪を切り、国民年金の保険料を支払い(今日じゅうに払わなくてはならなかったので)、これだけでエライかかりました;

そしてホムセンで冷凍赤虫とドア付きキューブボックスを購入。
blog203 016

何なのかというと、アクアリウム関係の小物を段ボールに入れておくとスペースをとるので、どうせならこいつにまとめてしまおうって考えです。製作の過程なんて紹介してもしゃーないでしょう?とばしますけど・・・いいですね?
blog203 017

小学生でも楽勝で作れますよ。でもネジ穴が合わないとか、ホムセンの安物らしい作りでした。もちろん、イヤミですよ?
blog203 026

んで、前回の予告通り、お魚さんを見てまいりました。当然連れて帰りましたよ。
まずはアジアクリスタルキャット。3度目です。今度は4匹。これで合計10匹のファミリーに。
blog203 001

そしてこちらは2度目となるレッドテトラ。レッドファントムじゃなくてレッドテトラというところが何だか私らしいです。こちらは前回と同じ5匹。これで10匹の大部隊に。
blog203 003

そして、動かない・出てこない・存在感ないことにかけてはもはや伝説ともいえるナマズ。
バンジョーキャット!楽器のバジョーに似ているからこの名前があるんだそうだ。しかしバンジョー自体知らないので、きっとこんな形をした楽器なんだと思っておこう。500円なり。
blog203 005

ダブルで水合わせ。何度目かの大技が炸裂したのであった。
blog203 004

このシルエット。珍魚・怪魚だよな~。しかし、現時点でまったく動かない。生きてんの、コレ?
あっ、ちなみに最大サイズは10cmにもならないそうなので、小型水槽の飼育も可能です。そして、ウィップテールバンジョーキャットなる30cmになるヤツもいるそうで、そっちは名前の通りシッポが物凄く長いです。
blog203 006

水槽に放すときも身動きなんてほとんどせず、泳ぐというより底にヒラヒラと落下していきました。
blog203 007

照明を戻して少し経った後。これだけしか動いてない;お前、ホントに動かないヤツなんだな~~;
blog203 020

伝説は本当だった!!