TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

02月 « 2010年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

退化

2010年 03月30日 01:54 (火)

さて、今日はこの方を。

うちにやってきて以来、すっかり馴染みの顔となったオムポック。
少し体がガッチリしてきたな~って感じます。あまり大きくならないとは思うんで、この中でもまだイケるね。
しかし、いつも水槽前面でこうして過ごしてるんですな。時折思いたったように水槽内をぐるぐる泳ぎ回り、満足すると(?)再び同じ場所に戻ってきてはこうしている・・・・。おかしな魚である。
blog256 024

で、背中をよーく見るとチョコッと何かついてるのわかります?
これが背ビレなのです!正確には背ビレが退化したものらしい。トランスルーセントにもグラスライスキャットにも同じようについている。やっぱりオムポックも似たような種類なのね。

もう1匹、買っちゃおうかな~?なんて;
blog222 006

セイバーさんにも似たようなのがついてるが、こっちはアホ毛というやつである。
blog207 029

欠陥、記憶喪失

2010年 03月28日 01:56 (日)

前にちょこっとだけレイアウトを変更したプレコ水槽。
がっちり各種流木を固定したつもりだったのに~。2日に1度の割合で崩落しては直すという、うんざりする作業・・・。
blog260 004

ここんとこ、プレコ記事はホント少ないですが、どうしても動きがないんですよ;
新入り迎えるワケにもいかないし・・・。

ヒーター下のメンツ、左からオレンジフィンカイザー(水玉小)、メガクラウン、インペタイガー。それぞれ体型が違っていて、見比べると面白いです。
blog260 005

こちらは、タイガーフィンサタン、オレンジフィンカイザー(水玉大)。
タイガーフィンサタンがいつの間にかずいぶん大きくなっています。もうブルーフィンパナクエと並ぶか、ちょこっとだけ大きくなってるかってところですね~。幅が出て、まだ小さいながらもガッシリしてきました!
blog260 008

うねうねロイヤル。相変わらずラインはウネったまま。これはこれでよいのですけど;
迷いが表れているのか???うちの連中のなかでは一番デカイこのロイヤル。もうパワーが半端ないです。はっきり言って、コワイ!
blog260 007

水換えが終了すると、レイアウトがどんなだったかすっかり忘れてしまうのであった。
歳はとりたくないのぉ~・・・(泣

図々しい奴ら

2010年 03月27日 01:51 (土)

気がつけば、今月は更新回数が過去最高記録。
よくやったもんだと振り返ると、けっこうブギーポップやfigmaが多いね;
でも、これからもやっていきますよ?

そして、私は仕事でも過去2番目の記録。サッシに窓に網戸に雨戸に玄関扉。ぜんぶ外して洗うんですが、今回は68枚(3回目)。よくやるなと思うね・・・。ちなみに1番は97枚wやるの3日かかってるぞ・・・w

くだらん話はそのくらいにして、今回は餌の諸問題など。

このダブルトランクエレファントノーズ。とりあえずはご存命なのですが・・・。餌とりが超絶ヘタで困ってます。
冷凍赤虫のブロックをそのまま浮かべてると、ほんのちょっとのおこぼれにしかありつけない。
どうしようもないので、コップに飼育水を入れて解凍させてからスポイトで吹きつけ続けておよそ1ヶ月。

※写真は使い回しじゃなく、ちゃんと撮影しましたからね!
blog259 001

普通に与えてるだけではおそらく5ブロックでも10ブロックでもほとんど食えないんじゃなかろうか?
コリにも餌とり負けるとの話もある。
スポイトで口の前に落とすという作業をほぼ1日も休まず続けている。これが苦痛というわけではないけど、ローチ達の図々しさがかなり目立つようになったw
普段は全然出て来ないくせに、まぁ餌の時は必死こいてスポイトをつついてくるわけですわ。
やりたくないけど、若干追い払って、彼のお腹が膨らむまで食べさせている日々を送るSPEED★KINGであった。
blog259 003

でも半分以上はローチ達が食べていると思う・・・。

セーラー・マシンガン

2010年 03月26日 02:07 (金)

前回の遠坂凛(Fate)に続き、今度は屍姫から星村眞姫那(って、アニメも漫画も知ってるけど、見たことも読んだこともない;)。比較的よくうちでは出てくるfigma。
blog258 002

今回はマシンガン。
blog258 003

エフェクトパーツつき!
blog258 005

blog258 001

blog258 007

乱射してる姿より、構えてる方がカッコイイ感じです。
blog258 006

blog258 009

よく考えたら、このポーズばっかりだった・・・・;
blog258 010

一番撮影難しかった、バイクとの組み合わせ。
blog258 015

もっとうまく撮影できるように練習しないとダメね・・・。
blog258 014

カテゴリー無視

2010年 03月26日 01:57 (金)

何を無視って、写真がオトシンなので、単にナマズのカテゴリーに入ってるというだけで、内容はまったくカンケイありません。ただ、文章だけじゃつまらないでしょう?
blog251 010

本題は、この隣のローチ達の雑居水槽のサイズアップについて。
もう、すでに90cmスリムに変更することが、80パーセント決まってます。買う水槽も台もほぼ決まってます。

ただ、問題1.はヒーターかな?
90cmスリムは300Wではなくてもイケるのかなァと。300Wだと少しキツイ。フィルターも電気食うわけだから少しでも抑えたい。
blog251 009

それと問題2.はそのフィルター。90用の上部式は見た目も圧迫感ありまくりだし、何より重いし、あれだけ長いとメンテも大変な気がするので、外部にほぼ決定。パワーボックス90と、あともう1基(場所柄、あまり使いたくないけど)はエーハイムにしようか・・・。ろ材もできるだけたくさん入るやつを選ばないといけないな・・・。メンドくさいなぁ。
外部式フィルターをセットすることを考えただけで、やや・・・げんなりしますね;
blog251 016

ちなみにオトシン。下のやつが、例のお腹ポッコリです。
あれから特に変化ないんで、まぁ病気ではないでしょう・・・。

絶対領域、凛

2010年 03月25日 00:36 (木)

雨の降りしきる今日(昨日)、ちまちまfigmaをイジってましたよ。前回は全然ダメダメだったんで。
ざわつく心をなだめるために音楽はかけっぱなしでした;
BGMは以下のとおり。

マリリン・マンソン「ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク」
ガンマ・レイ「スケルトンズ・イン・ザ・クローゼット」
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「アスケイディアム・アーケイディアム」
エリカ「コールド・ウィンター・ナイト」
ジャーニー「フロンティアーズ」
スリップノット「サブリミナル・ヴァーシズ」
ドアーズ「ハートに火をつけて」
ヨーロッパ「スタート・フロム・ザ・ダーク」

最近聴いてるのはこんなとこです、洋楽は。やっぱり一番新しくても数年前かぁ。最近は邦楽も洋楽もいいのがない。

blog257 004

銃は朝比奈みくる 戦うウエイトレスVer付属。
blog257 010

blog257 012

blog257 008

アクアリウムで調べてここに辿り着いた人、間違えたと思うだろうな;
blog257 007

blog257 006

このへんが限界なんだよな、もっと研究しないと・・・。
blog257 011

手動への挑戦

2010年 03月25日 00:35 (木)

雨が降ってる。風も吹いてる。そして、寒い。
すっきりしない、はっきりしない日が続きます。
しかし、どうせ晴れていようが雨が降ろうが、曇っていようが雪だろうが、私の精神には何も良い影響は及ぼさないので、どうでみいいのだが・・・。風がごうごう吹くのだけはね眠れないので勘弁願いたいが。

仕事中の雨はやや困るか。理不尽にも、私一人だけ雨に濡れる作業をしなきゃならんので。ヘッ。

SHOKUNIN記事の続きということになりますね。

別にやらなくてもいいっちゃいいんだけど、でも、せっかくうまく撮れたので、記事にしたいじゃないですか?
アジアクリスタルを今回も手動で撮影。いただき!
blog256 027

いつもは銀色っぽいオムポック。今回はレフランプを使用。ボーっと火が灯ってるみたいでなかなかよいね!
blog257 003

最後はトランスルーセント4匹衆。いい感じにプリズミック!1匹だけ光が当たらなかったので色がイマイチ。
この魚もなかなか撮影しづらいんですよね。
blog257 002

これからも挑戦は続く。

心の歪み

2010年 03月24日 02:05 (水)

“ぼくは歪曲王。君の心の中にある歪みに君臨するもの。君が歪みを黄金に変えることができるまで、ぼくはずっと君の側にいるだろう―”
二月十四日の聖バレンタイン・デイ。都市のど真ん中に屹立する異形の高層建築「ムーンテンプル」の観覧イベントに集まった人々を巻き込んで世界が歪んでいく。人々に甘く囁きかける歪曲王は、すべてがねじ曲がったその世界こそ天国にいたる階段だという。そして、そこにはもうひとつの奇妙な影がまぎれていた。
“やはり来たな、ブギーポップ…!”人の心に棲む者同士が相まみえる時、終わりなき一日が、幕を開ける。
blog249 004

突如として謎の死を遂げたカリスマ的実業家にして、世界を裏から支配する巨大なるシステム、統和機構が造り出した合成人間でもある寺月恭一郎。
彼が生前に残したもののひとつである、一大情報管理システムタワー、ムーンテンプル。"階"もなく、"窓"もないその異形の高層建築の観覧イベントが開かれ、そこには多くの人々が訪れていた。

耳元でレッド・ツェッペリンの「カスタード・パイ」が鳴り響き、歪曲王の計画は始まる。
そこで人々は皆、自分の心の中に存在する、それぞれの隠された歪みと対面することになるのだった。

難しくて説明できない;
でも、気になる人は読んでみるといいよ?うん。

名前負けのブラウン

2010年 03月23日 23:42 (火)

予告通り、連続更新ですぞ。
実はね、今日はお休みだったのです。明日もお休みなのです。私の仕事からすると、この時期ヒマなんてあり得ないんですが、それぞれの業者との連携がうまくいかないので、仕事に入れないんですね。
まぁ、それは考えてもしょうがないんで置いときます。

前々回のリアルブラウンに交換しようかどうしようかっての、結局やりましたw
このクリスタルオレンジ、もはやクリスタルなんて大層なもんでも、オレンジなんて柑橘系的雰囲気もない、タダの苔った薄汚い砂利に成り下がってます。
blog256 010

リアルブラウンをしつこいくらいに水で洗ってバケツへ。
blog256 009

魚も一旦出さなくてはならないので、テトラの51cm水槽と、水を移すプラケース、砂利スコップを用意。
完全リセットじゃないんで、水換えの時に抜く量以外はとっときます。でもプラケはいらんかった。
blog256 008

まず、水をこの水槽に移してから、魚達も当然この中へ。
クラウンローチはすばしっこいから捕まえるの苦労したろうって?はっはっはっ、私はそんなに下手じゃないのさ、残念ながら。
blog256 005

魚達を追い出したら、本水槽の水と砂利は全部抜きます。この時、底に残った水は雑巾で吸い取り→絞り→吸い取りを何度かやって完全に空にします。それからリアルブラウンを敷き詰めて、少しだけ水を戻す~っと。
blog256 003

ある程度水が温まったら、魚達も元へ戻す。最後に残ったのはコイツだった。ってゆーか、隠れる場所がなくなるとネットの中にも隠れるんで、見えなかった;
blog256 011

いつも手掴みで移動だったからすっかり忘れてしまう。ホントにおかしな魚である。
blog256 014

とりあえず、AM10:00から始めて、PM1:00前後で作業は終了。まぁまぁ早かったかな?
ついでに水作エイトのろ材交換、長さがギリギリだったエアチューブもだいぶ変色していたので交換。
blog256 016

そして、夜。 なんか、思った以上に明るいな・・・。ファイアーマウスの色飛びは解消されないかも知れないゾ。
blog256 017

砂利を新しくしたところで、水換えサイクルもコケの発生も変わらんのだけど、まぁ少しはマシになったんじゃなかろうか?しかし、リアルブラウンってのはどうだろうか・・・。名前負けなんじゃないかな・・・;
blog256 013

ホワイト・ボックス

2010年 03月23日 23:22 (火)

こんばんはです。
ホントは昨日のうちにアップしたかったんですが、時間の関係で結局できずじまい。なので、昨日の分と今日の分を連続で記事にしたいと思います。
記事タイトルは、何となくブラックボックスの逆をいってみようかなと。

まず、22日。プレコ水槽のレイアウトを前日にちょこっとイジったりしたもんだから、ブルーフィンパナクエが弾き出されてしまいました;
何とか飼育環境を見直そうと、プレコ本をパラパラめくってみる。でも、あまり参考にならなかった・・・。うちの環境ではうちの環境でしかできないことしかできないんだなと、空しい気分に・・・。
blog256 002

実はこの日は何もせずボーっと過ごしたとコメントしましたが、実際にはパワーボックスのメンテは行いました。
これらはサボるわけにはいかんのです。
まず、ろ材各種。左:カキガラ、中:バイオファーム各種、右:残ったろ材を適当に。こっちは2ヶ月に1回くらいを目安にやってます。さすがに私も両方を頻繁にメンテするわけにもいきませんからね・・・。
blog256 001

手順は・・・もう何度も記事にしてる気がするので、あまり写真を撮ってません。
インペラー。パワーボックスはインペラーシャフトがセラミックではなく金属なので、折れる心配はありません。
でも、このシャフトに一緒についてたラバー製のベアリングみたいなやつを、排水口に落としてしまったんで、今度は買い直さないといけなくなった・・・。まぁ、エーハイムに比べれば安いんで、別にいいんですけどね!
blog256 004

細かな部品も全部綺麗に洗ってと・・・。
水換えしたばかりなのにレイアウトを荒されて非常にメイワクそうなプレコ達・・・。
ハイハイハイ、すぐに戻しますよ~。ったく、俺は飼い主だぞ?
blog256 006

ふぅ、やれやれだぜ。
って、最近なぜか食い物の写真を入れてるな・・・。
やることやってしまうとヒマだし、でも人ごみはイヤだし、PC触るのも億劫・・・。それ以外にやることと言ったら食うことくらしかないんで・・・。
blog256 007

このレイアウト、今度水換えした時が心配だな・・・。だって、一度崩すと、元に戻す時にはどんなだったか忘れてるからw
blog256 021

無気力フェイト

2010年 03月22日 01:27 (月)

・・・・・・・。
blog254 010

「ど、どーしたの?」
「ポーズが決まらない・・・」
blog254 009

いや、マジでずっとあれこれ考えたのに、ちっともうまくできなかったのさ・・・。

SHOKUNIN

2010年 03月22日 01:24 (月)

今日は風が強い。春の嵐だかなんだか知らないが、カンベンして下さいよ。
それが理由じゃないけど、今日はほとんど外に出なかった。
コンビニに明日の(今日)朝食のパンを買いに行こうと決めてから家を出るまで4時間もかかったw

それに、底床が明るすぎるのか何なのか、ファイアーマウスの色が飛んでしまうので、以前、少しだけ使っていたリアルブラウンに変更しちゃおうかな?と考えていたんですが・・・。結局半日以上もグズグズ考えてやりませんでした。
ここまで何もしない日も珍しいんじゃないかというくらい、今日は何もしない一日でしたw
blog254 002

でも、撮影はしっかり行ったのだ!
グラスライスキャット。青みがかった目が綺麗な透明ナマズ。デカイけど!相変わらず情報が何もない・・・・。
blog254 005

こっちがトランスルーセント。まだまだちっこいサイズですが、4匹みんな元気だす。
blog2540 007

オトシン。何を食ってるのかわからないが、なぜか肥満体型に。そんなにたくさん餌あげてるわけじゃないし、コケもほとんどないのに?これじゃフライングフォックスですよ?!
blog254 008

ここからが本番。久し振りに職人技が炸裂したヨ。
アジアクリスタルキャット。まずはマクロモードで撮影。
blog254 001

こっちが手動ズーム&手動ピント合わせ。ズームもピントも、ほんの少しでもズレたらアウト。
これを魚に気取られずに撮影する!ふっ・・・。機械にゃできない芸当だぜ?
blog254 004

やれやれ、というわけで夜食にドーナツをいただきましたとさ。
blog254 011

ダメショップ

2010年 03月21日 02:17 (日)

やや久々にウパさんの記事になりますよ。
タイトルのダメショップってゆーのは、このウパを購入したお店ことです。いわゆるB店というやつですね、うちで言うところの。
blog253 002

うちにやってきてもう2年が経つというのに、何がダメショップと関係あるん?って話なんですが、実は最近、食べた餌を吐き出してしまうということが何度かあったのです。
blog253 003

調子が悪いわけでもないのにヘンだな?と思ったんですが、よーく見ると、吐いたものの中に粒の大きな砂利が混じってました。
うちは飼育開始時からベアタンクなので、砂利を誤飲することは100パーセントあり得ません。では、なんで砂利が?
それはおそらく、お店にいた時からずっと体の中にあったのではないか?と思うのです。
いまだに不自然に体がデコボコしているところがあるので、まだ残っているのではないかと・・・。
blog253 006

外鰓は、エアレーションを施してここまでフサフサになりましたが、最初は全然発達してませんでした。アルビノウパ同士を複数同じ水槽で販売していたので、齧り合い→再生→齧り合い→再生と繰り返した結果、こんなふうになったのかな?
ちなみに水換えの時、このくらいまで水を抜きます。もちろん、ゴミを吸い出しながら。
blog253 005

水作ニューフラワーDX。こいつはケースを外さないと砂利を取り出せないので、やはりうちで誤飲したんじゃない。
今回は中身をバラして全部キレイに洗いました。シェルターと一緒に。
blog253 004

設置場所の関係で、少し換気すると、こんなふうに細かい砂利が飛んできて積もってしまいます。ここも忘れずキレイに。
やだな、ガレージは・・・。
blog253 001

状態の良い個体を、状態の良い個体を・・・と、本や図鑑には踊るようにこの言葉が並びますが、今回、それは本当に大切なことなのだなと、あらためて思ったのでした。
blog253 009

ダメな店で買った個体は、たとえ飼育がうまくいっても、ダメなままであることもあるんだな~。
後々、自分も生体も大変な目に遭っちゃうのね。
今さらだけど、何で砂利を敷いた水槽なんかで販売してたんだろう?ウパはベアタンクが基本ってのは、アクアショップならわかるだろうに・・・。
blog253 010

そんなウパさんだが、なんとか少しずつ大きくなっているようです。なんとか無事に最後まで飼育してやりたいな。
blog253 013

ひかりキャットに飽き気味だったので、最近は冷凍赤虫もあげるようにしました。あまりグルメになられても困るんだが・・・。
blog253 014

そんなこんなで、ウパについて思うことを記事にしてみました。写真だけだと水換え記事だけどw
blog253 011

お~っと、もちろんプレコ水槽も水換えしましたよ。ウソはつかないのだ!時々・・・。

続・警戒中

2010年 03月20日 03:16 (土)

水換えばかりしてる気がする最近。

週イチ土曜はプレコ水槽。水曜はナマズ水槽。
1~2週間に一度、イモリ、ウパ水槽。2~3週間に一度、カエル水槽。
そして5日に一度、ローチ水槽という感じ。まとめてやると疲れるからね、適当に割り振ってます。

そんな水換えスケジュールはともかく、前回の植木鉢シェルター。
一度は入ったストライプトーキングさん、ではその後どうなったかというと・・・。

いね~~~~~!
blog252 007

何だ、気に入らねーってのかい?
言っておくけど、これ以外にシェルターは用意しない。これは決定事項なのだ。

改めて見てみると、ドラスの中ではホント一番ハデな魚です。
blog252 003

これと比べるとえらい違いですな;
blog252 001

さて、この中にハラ・ジェルドニーさん達が3匹いらっしゃる。見つけられるかなぁ~?
blog251 011

アイス・ナイン

2010年 03月18日 01:10 (木)

「ブギーポップ・ミッシング ペパーミントの魔術師」

君は何かを取り逃がしてしまったことはあるかな?
とてもとても大切なことだったのに、つまらない意地を張ったり、目の前のことばかりに気を取られて見逃してしまったことはないかい?
・・・これはそういうことを繰り返さざるを得なかったある魔術師の話だ。彼は天才で、成功者で、そして失敗者だ。この魔術師が辿る一途で愚かで、そして寂しく陽気なこれはアイスクリームの物語。
冷たく鮮烈な甘さは、一瞬の、そう、このぼくブギーポップですら見逃してしまうほど速く、あっという間に溶けて消えてなくなっていくひとときの慰み
―道化師と死神とそして夢破れた人々が織りなす、無邪気で残酷な哀しいお伽噺。
blog219 007

軋川典助の屋敷の地下室で、世間の目から逃れて生活していた薄緑色の肌を持つ青年、軋川十助(ノトーリアスI.C.E.)は、統和機構が造り出した合成人間の失敗作であった。
しかし、彼はアイスクリームを作ることにかけては天才的ともいえる才能を持っていた。

だが、ある事件で典助が死亡した直後、十助のもとに一代であらゆる分野において成功を収めたカリスマ的実業家にして、統和機構の合成人間でもある寺月恭一郎が現れる。
寺月は彼の才能に目をつけ、十助を外の世界に連れ出し、自身の経営するムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼス(通称MCE)にファーストフード部門を設置、十助を社長に就任させる。

十助の希望で、同じく天才的な菓子職人である楠木玲を招き入れ、彼のアイスクリームは世に出ていくことになる。
他を圧倒する美味しさで、十助のアイスクリームは、瞬く間に世間に浸透してゆくが・・・。
そのアイスクリームを食べた人々にはある異変が現れ始めるのだった・・・。

気になる人は読んでみるといいよ?うん。

一刀両断

2010年 03月18日 01:09 (木)

今日(昨日)はちょっと寒かったですね。抗うつ剤が欲しいSPEED★KINGですよ。
と、今日は水換え。なんかさ、そんな記事が最近多いんでない?って思う人もいるかもわからないけど、まぁ、ガマンして下さいね。
blog251 017

アクアやってると、色々とお蔵入りになってくるアイテムって、ありますよね?そんなのをいくつか・・・。
まず紅木化石。あまりごちゃごちゃ入れすぎると魚の生活スペースがなくなるので撤去して、今は惰眠を貪っております。
blog251 004

その2。イエローストーン。結晶っぽい感じのファンタジーな石。これもかなり気に入ってる。でも上記と同じ理由でお蔵入り。しかもこの細かい隙間にコケが生えると、オトシンでも食えないと思う・・・。
blog251 005

その3。パープルジャスパー。紫加減がいい感じの魔導な石。これもかなりキレイ。でも、動き回る魚が体を傷つける心配ありということで、お蔵入り。
blog251 006

それ意外にもけっこう溜まってるんですな・・・。中でもタコツボはどうしようもないアイテムNo.1である。
blog251 002

そんな中から今回、スドーのドーム型シェルターにかわり、ストライプトーキングキャットの住処にしようと、素焼きの鉢を取り出す。ストライプ、けっこう大きくなってきたので、そろそろあのシェルターじゃ窮屈なのね。
blog251 012

うまい具合に真っ二つ・・・っていってもけっこう難しい。だったらノコギリ(糸ノコ)で切りゃいいじゃん。ということで、力を入れすぎないようにギコギコやってみた。
blog251 013

一方、水槽では、ギュウギュウになってしまったアヌビアス・ナナをカップから取り出して、小さなイエローストーンにビニタイで巻きつけてみた。針金、錆びねーだろうな・・・。それより、こんなんで活着すんの?コレ???
blog251 001

・・・さて、入り口も広くなったし、生活しやすくなったと思うんだが。
blog251 003

まだ警戒しているよう。隠れなくても平気ならそれでもいいけど、この魚の性質上、それは無理だろうなァ・・・。
blog251 007

そして、ちと話はズレて隣の水槽へ。
ファイアーマウスがちょい暗めの環境でいい感じに発色しています。でも、明かりを点けると色が飛んでしまう。
砂利を暗い色にすればいいのか、照明を暗めにすればいいのか、両方なのか?餌で変わるのか?
誰か教えてください~!
blog251 014

やりやがれ!

2010年 03月17日 01:57 (水)

昨日は雨・風・雷が凄まじく、まったく眠れませんでした。
そして今日(もう昨日だけど)、風が強い・・・。家がギシギシ、トタンはボコボコ不吉な音を立てていて、とっても怖いです。
何も起こりませんよりにと祈るばかりであります。
blog250 006

汚れる前にやりやがれってなモンです。フィルターメンテ。いつもよりちょっと早めにメンテしましたよ。仕事も午前中で終わったし。
でも、汚れているなぁ・・・。エーハイムの中身はこんな感じです。素焼きのリングとスティック状のはコトブキのバイオファームゴールド&シルバー。白いリングはテトラのバイオグラスリングとかいう物です。EX75についてたヤツね。
そろそろヘバってきたので、新しいのに変えたいなと。サブストラットしにようかな?
blog250 001

こっちはエーハイムメック。チャームで買わず、ホームセンターで買ってバカを見た記憶が蘇る。つーか、エーハイムって濾材も器具もパーツも高すぎでしょw モーターヘッド用のOリング800円・・・。ワセリンが500円・・・。インペラーシャフトが1,000円・・・。カンベンしてくれ;
blog250 004

濾材やらマットやらは、いつも通りザザ~っと洗って問題なし。
で、今日気付いたんだけど、コレ。
タップの部分。この中にワーヤーブラシを通してホースを洗うんですが、そのブラシを引っこ抜くとき、どうしても擦ってしまって、いつの間にかこのとおり。ヤスリで削ってるようなもんだね、コレ。気をつけないといけないな~;
blog250 002

色んなことをつらつらと考えながら、こっちはキスゴムとフレキシブル排水口のゴムの部分。熱湯に漬けておいてます。
もちろん、そのあと歯ブラシでしっかり洗いましたよ。
blog250 003

ふぅ。元通り!
仕事が忙しくなると、どうしてもできなくなってしまうからね、できる時にやっておかないとね。
blog250 005

これだけじゃ何だから、二度の生命の危機を乗り越え、不死鳥の如く蘇ったブルーフィンパナクエ。
blog250 007

青さはなくしちゃいないぜ~?
blog250 012

パンドラの箱

2010年 03月16日 01:44 (火)

君は運命を信じているかい?
自分たちの意志とは関係なく回っていく世界の流れを実感したことはあるかい?
これは六人の少年少女たちの物語だ。彼らは未来を視ることができる不思議な力を持っていて、彼らの間でだけその能力をささやかに使っていた。彼らに罪はない。そして責任もない。しかし―
「これ―ブギーポップ?」六人の予知にこのぼくの幻影が現れた時、運命の車輪は回りだした…。
blog249 008

海影香純(イントゥ・アイズ) 七音恭子(アロマ) 数宮三都雄(ベイビィトーク)
神元功志(ウィスパリング) 天色優(スティグマ) 辻希美(オートマティック)

見る・感じる・描くなど、それぞれが違った形で未来を予知する能力を持ち、それぞれの生い立ちなど詳しいことは何も知らない・・・。
しかし彼らは互いに信頼し合う仲間であり、友達だった。
彼らはいつものようにカラオケボックスに集まり、それぞれの能力を使い、ごく近い未来を予知し、それを楽しんでいたのだが、ある日、海影の能力に、ある一人の少女の姿が映し出される。
その少女は、反統和機構組織が作り出した、体内に殺人ウイルスを宿した恐るべき生体兵器であった・・・。

気になる人は読んでみるといいよ?うん。

水玉増殖

2010年 03月16日 01:42 (火)

うちにきて、それなりの年月が経過したブルーフィンプレコ。
以前、水玉が入っていなかった箇所にも、確実に増えつつあります。
ヒレのエッジもだいぶ消失してきているので、あまり大きくなっていないように見えても成長しているのでしょう。
尾びれにも水玉がひとつ。まだまだ増えそうな気配。
blog249 005

時間の関係で今回はこれだけ!また次回(あるのか?!)。

殺伐

2010年 03月15日 00:37 (月)

フライドポテト(冷凍)を揚げる。
本当ならじゃがいも自分で切りたかったんだけど、じゃがいも自体がない!
一体、どーなってんだこのウチは?
blog248 001

そして、できれば日曜のメンテはしなくないのだが、水換えを5日に一度に切り替えたので、やらなきゃならんのだ。
ダブルトランクが白いモヤを出してきたら水質悪化のサインっぽい・・・。
blog248 003

今年じゅう、いや、できれば夏前には90cmにサイズアップしたいんだが、どう考えても奥行き45cmはキツイ。
だからといって60ワイドでは水量はともかくスペース的には狭い気がする。まぁ、今の60レギュラーよりはマシだろうけどさ。
そう考えると90スリムが妥当だけど、しかし水量60L→90Lになったところで、週1の水換えにすることができる程度かな?とイライラしながら考え中。メンテをするのはキライじゃないけどねw
blog248 006

結束バンドがコケコケでかなり見苦しかったので、土管もパイプも取り出してある程度キレイに・・・。でも、この細かい部分までコケを取るのはしんどい。
blog248 002

せっかくなので、結束バンドを交換した。ギチギチに締め上げても水に浸かっているといずれ緩んでくるので、最初からお湯に漬けておいてギリギリ締め上げる。効果があるのかどうなのかわからんけど。
blog248 005

この水槽、掃除のときに一番邪魔なのはこのスポッテッドトーキングさん。いつもヒョイっと掴んでポイっと移動する。
で、時々こうやって手に乗せて遊んだりする。この水ようかんみたいなブヨブヨな腹は気持ちいいのだ。
以前こうしているときにお客さんが来て、「それは・・・虫ですか?」と聞かれたことがあるw
確かに昆虫みたいに見える・・・。
blog248 004

死魚のラッシュ

2010年 03月14日 03:05 (日)

タイトル見ると一体ナニゴト??って感じですが、実際には大きなトラブルってわけじゃあございません。
もう小型魚が、ポツリポツリいなくなってきてるんですよ~。

グリーンファイアーテトラ。もうヤバイです。色つやも悪いし動きにキレもないし、背中も若干曲がってきてます。
先に死ぬならこっちだな~と思っていると、なんとラミーノーズテトラが死。
まぁね、こっちもね、目が白く濁ってきてたしね~、死んでしまっても不思議じゃないんだけど。でも、2匹死んでたんですよ。
これは一体どういうことだろ?遺体を確認すると、1匹は腐敗が進んでました。シャワーパイプの陰に隠れてて気付かなかったんだな・・・多分。病気ではないだろうし、寿命。そう考えることにしておこう。
blog247 008

ラミーノーズが2匹、カージナルが4匹、グリーンファイアーが1匹。寂しくなったな~。今度は寿命が長くて少数でも存在感のある魚にしようかと思う。

スキストラ・ポクリはもう入れない。なぜなら同種間では激しく争うから。
blog247 002

平沢シューター

2010年 03月13日 02:01 (土)

けいおん 平沢唯。
このシリーズも続々発売予定・・・。ベースは既に発売中。キーボード、ドラムも続く。これは買わないといけない!
blog246 001

ライドシューターでちょっと遊んでみたぉ。
blog246 002

キャノピーオープン!
blog246 003

シートアップ!
blog246 005

・・・・・。長門のようにはいかないのだった。
blog246 006

なんか、マクロス7でよく見たな、こういうの!
blog246 009

平沢なのは。似合う~~♪
blog246 008

フェイト平沢!
blog246 011

何気に支えなしでこういうの、難しいんだぜ?
blog246 010

朽ち果てた

2010年 03月13日 01:53 (土)

今月号のアクアライフ。
初心者のために何とやら・・・。これはけっこう参考になるのではないかな?
と思いつつも全体的には60点くらいだろうか。最近、面白くない記事&特集が続いている。
ただ、リーフフィッシュの飼育方法はちょっと良かったかな。
blog245.jpg

朽ち果てた流木の切れっぱしに見えますね;でも実は、バンジョーキャットの頭。
たったこれだけしか出てないのに・・・いや、ここまで姿が見えるのは、バンジョーにしては珍しいw

そして、手前にぼんやり見える同じような物体は?
blog244 017

ハラ・ジェルドニーさんでした!
blog244 019

小さい・・・けど、うちに来た頃よりデカくなってる!でも小さい!

ふ・・・。ここまでこの魚をアップで写してるのは、私くらいな気がするよ・・・
blog244 003

即死コンビネーション

2010年 03月10日 01:46 (水)

「硝子のハンマー」

エレベータには暗証番号。
廊下に監視カメラ、隣室に役員。
厳戒なセキュリティ網を突破し、介護会社社長は殺害された。
凶器も、殺害方法も、動機も何もかもが不明なまま、無実のはずの専務・久永が逮捕されてしまう。
弁護士の青砥純子は、久永の無実を証明するために、防犯コンサルタントの榎本径の元を訪れるのだが・・・。

「黒い家」「天使の囀り」「クリムゾンの迷宮」でおなじみの貴志祐介が描く、本格派ミステリー。

防犯探偵って、こいつ、本職ドロボーなんじゃんw
でも、この作品はかなり面白いです。ってゆーか、この人の本はどれも面白いので、退屈しのぎにおすすめですよ。
blog243.jpg

気になる人は読んでみるといいよ、うん。

闇に蠢く魚

2010年 03月10日 01:31 (水)

餌を撒いても、照明を落とさないとほとんど食べに来ないプレコ連中。
最近、あまり登場させていなかったので、とりあえずご登場願う。

一ヶ月ほど前だったか、ケンカでフィラメントが片方切れてしまったマスタードファントム。
今は元通りに回復しています。水流を強くすればフィラメントは伸びるようだすね。アクアライフに載ってた気がする。
blog238 009

インペタイガーさん。
模様はあれからほとんど変化しておりませんね~。ラインがみんな途切れて水玉状になってくれれば面白いにになァ・・・。
お店で見たインペタイガーはバンドが等間隔で並ぶ幼魚サイズでキレイだったけど、まだまだ高い;複数買いしてる人はいったいどのくらいいんるのだろうか?
blog238 010

時間の関係で今回も言葉少なめですけど、最後のウネウネロイヤル。
体のラインは相変わらずウネってます!でも、なぜか頭部のラインは真っ直ぐなのです。なんでぇ~?どうしてぇ~?
同じようにウネウネになった人、いませんかぁー?!情報が欲しいところであります。
blog239 008

冷たい雨

2010年 03月08日 02:05 (月)

まったくよく降りやがる雨だね。
土砂降りでも台風でも雷でもなく静かに降ってるから別にいいけど。

久し振りにキャラメルを買った。いや~、美味しいです。
最近、ハイソフトやヴェルタースオリジナルが多かったから、たまには・・・ね?
後ろのMOON LIGHTというクッキーもシンプルなバター風味でウマイです。
blog242 003

な、なによ~?
blog242 002

何って、デートに誘おうと思いまして
ハァ?!
blog242 007

ロリコン古泉~、防犯ブザー鳴らすわよ~っ?!
blog242 008

※真似してはいけません

図鑑 その25

2010年 03月08日 01:57 (月)

No.38

名前:ファイアーマウスシクリッド
別名:メーキー
学名:Thorichthys meeki
分布:グァテマラ
全長:15cm前後

だいぶ進んだ気がするこの図鑑シリーズ。
でも、よく考えたらまだあの魚もこの魚も出てないなと・・・。最近少しペースアップして図鑑を作ってるけど、ここまできたらやりきってみせよう!

シクラソマというと、アイスポットシクリッドなどの大型種が真っ先に頭に浮かぶが、このファイアーマウスも実はそのシクラソマの一員でもある。古くから知られる魚であるが、最近は(私)はあまり見掛けないように思うのだが?
ギラついた色彩の多いシクリッドの中でも、このファイアーマウスはやや渋みのある色合いをしている。渋いといっても他の魚よりも充分派手であるが・・・。特に名前の由来でもある、鰓蓋から腹部にかけて広がる赤は、闘争時に一層濃く現れるので一見の価値あり。
同種間ではケンカをするものの、他の魚に対しては、よほど気が荒い種でなければ混泳はできると個人的には思う。
ただ、もう少し成長すればもっと気の荒さが出て来るのかも知れないが、今はまだわからない。
水質の適応範囲も広く、餌は何でもよく食べ丈夫で飼育しやすい。ブリード個体が流通しているので、安価で購入できるのも大きな魅力だろう。

飼い易さ:★★★★

blog233 014

キックボード

2010年 03月07日 03:01 (日)

figma ex:ride 003 STREET STYLE SET。
blog241 003

スケボー、キックボード、ローラーブレードのセットなんですが、今回はスケボーを。
このように、ボードに貼るステッカーがついています。
一番下のfigma~の黒文字部分もステッカーです。白いので見分けがつかないでしょうけど;
blog241 009

私は何となく拳銃がインパクトがある気がしたので、貼ってみた。意外と目立たない!
まぁ、気に入らなくなったら剥がして他のヤツをまた貼ればいいか・・・。
blog241 010

一緒に買ってきたフェイト・テスタロッサ MOVIE 1stバージョン。以前のなのはさん MOVIE~関連です。
blog241 002

なのは関係のfigmaはどれも箱がデカイし、付属品も多いし、収納に困るものばかり・・・。
blog241 012

でも、買ってしまうのだった;
これからまだ、けいおんの唯以外のメンバー、フェイトの制服Verにスバル・ナカジマ、そしてエヴァからレイとアスカ、ブラックロックシューターetc、まだまだ買い続けなくてはいけないやうです。
blog241 014

マントはごらんのとおり、取り外せるです!
そして、ぐぬぬ顔がたまりません~~~。
blog241 015

図鑑 その24

2010年 03月07日 02:47 (日)

No.36

名前:グラスライスキャット(正式名称かどうかは不明)
学名:Kryptopterus sp?
分布:東南アジア
全長:15cm~?

いくら調べても手ごたえなし。うちにいる連中はワケがわからないのばかりで困る。まぁ、それを言うなら、そんな魚ばかりを飼育している私が一番ワケがわからない生き物かも知れないがw

トランスルーセントグラスキャットには、10cm程度にしかならない種と、それ以上のサイズに成長する2種類が存在すると言われているので、この魚は大型になる方だと思うことにしておく。実際、お店でも、トランスルーセントの水槽とは別の水槽で2匹のみ(両方お迎え♪)販売されていたし、「トランスルーセントとは少し違って、こっちの方が大きくなるよ」とショップの方もおっしゃっていた。
この体の透明感は、生息地の水の透明度が高いため、鳥などの外敵から身を護るための保護色であるらしい。
大きいからといって、別にトランスルーセントと何か違うというわけではなく、飼育は基本的に同じでよいので、導入時さえ気を付けるという、一般的なナマズの飼育初期を乗り越えればとりあえずは大丈夫だろう。
他のナマズ達に比べると、かなり弱々しい印象があるので、混泳させる魚はいつの間にか、この魚に害を加えないであろうと思われる種類を自然と選んでいることに、最近気付いた。

水質が悪化すると体が白濁してくるが、環境を改善すれば元に戻る。ただ、あまり水質悪化した状態が続くと、元に戻らなくなることもあると聞く。
性質は温和・臆病で、物陰を好む。身を寄せることができる水草などを入れておけばそこに寄り添ってゆらゆらしている姿を観察できる。昼行性という話も聞くが、実際最も活発に動き回るのは夜の方だと思うが・・・・。

飼い易さ:★★★

blog235 011

No.37

名前:オトシンクルス
学名:Otocinclus vittatus
分布:アマゾン川
全長:4cm

水槽内のコケ取りといえば、真っ先に頭に浮かぶ魚であろう。
単にオトシンの名で流通するのは、このヴィッタートゥスがほとんどだが、よく似た種類にアフィニス、ヴェスティトゥスなどがいる。
ピットブルプレコという名前で販売されている種は、プレコではなくオトシンである。また、プレコにも、オトシンを巨大化させたような姿をした、オトシンプレコという名のプレコもいる。なかなかに興味深い。

飼育方法は、ある程度のコケと人工飼料で問題ないと思われる。以前はコケしか食べず、人工飼料だけでは長生きできないとか、コケしか食べないという話を聞いていたが、実際にはそうでもないらしい。
とりあえず飼育してみることにしたのだが、噂通り、コケ取り兵器としてはたいへん優秀で、60cm水槽に2匹入れただけで、コケはほぼなくなった。ただし、青海苔のようなコケや、黒ヒゲゴケは食べないようである。


飼い易さ:★★★

blog232 001

石の魚

2010年 03月06日 02:06 (土)

時間がないので早足で更新です。

動かない方々・・・。うちにはこんなのばっかりです。
まず、動かなさは伝説のバンジョーキャット。掃除のとき、あまりに邪魔なので、こうやって移動させております。
こうでもしないと動かんですね・・・。そんなに動きたくないのか;
blog233 007

少し動いては止まり・・・。同じく動かないアナドラスとのツーショット。ある意味珍しい写真だw
blog233 026

もっと書きたいけど、続きはあす。

ストライプトーキング、アナドラス、オトシン。
ストライプに比べたらアナドラスはこのくらいしかないのだ!
blog233 005