TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

03月 « 2010年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

ハルヒシグナム

2010年 04月29日 01:13 (木)

ちょっと考えてみたよ。
blog281 003

若干なのはキャラより頭が大きいけどw なかなか似合うじゃないの~?
胸の大きさからみくるの頭・・・なんて安易なすげ換えはヤメて、ポニテハルヒにしてみたのさ。
blog281 004

blog281 001

キリリッ!
blog281 002

過去写真館

2010年 04月29日 01:09 (木)

過去写真といっても、昔の写真ではありません。
単に撮り溜めておいた写真を公開する場を作りました。

そして、ブルーフィンパナクエの経過報告も。

白くなっていた尾びれの部分がさらに短くなってました。
ただ、溶けたんじゃなくて、切れている感じ。でも、他の欠損部分は回復しているように思います。
弱ってはいるものの、餌は食べるので、まだ保ちこたえるかなぁ?とりあえず様子見が続きます。
blog276 006

オレンジフィンカイザーも充分デリケートなはずなんだけど、絶好調。
もしかして、思った以上に丈夫なプレコなのか?
blog276 013

バンド模様がどんどん水玉化してくるインペタイガー。なんか、胸びれとか明らかにバンドじゃないし;
なぜか最近前面に出て来る。出て来るけど調子は良いみたい。まぁ、前面に水流あるからね、うちは。
blog276 016

ぬっ、っとロイヤル。相変わらずウネウネ模様は変わらず。
でかい頭だな、オイ!
blog276 017

おかしな魚

2010年 04月28日 00:51 (水)

何だか、また雨風が強くて台風みたいなんですけど~。
怖いんだよ;
風雨の音は私の気持ちをかき乱すのには充分なようです・・・。

撮影した写真というのは溜まってゆくもので・・・。さっさとアップしないと、そのままお蔵入りになっちゃいますからね~。
では、いきましょうか。

動きが少ない連中で、何だかいくら撮影しても同じような写真にしかならんのですが、成長記録だと思って。
アナドラス・アッパーテフェ。
このアナドラスの仲間は砂に潜る習性があるんですが、うちでは量が少ないので、完全には潜れません。
でも、特に落ちつかずにウロウロするようなことはないので大丈夫なんだろうと思う・・・多分。
blog275 010

最近、ガッシリしてきたオムポック。
どうやらけっこうコリタブも食うようです。キャット食かと思ってたのに~。あれはオトシン用の餌なんだからお前が食うなよ・・・。
blog275 008

ミクロシノドンティス・バテシィ。ぶっちゃけ名前が長いッス。
こいつも隠れるんだなぁ・・・。でも、サカサナマズみたいに完全に人の気配がなくならないと出て来ないというわけじゃなく、餌を撒くとシャカシャカと這い出して来る。ゴキブリみたいなんスケド;
blog275 009

ストライプトーキングキャット。じわりじわりと大きくなってきてます。
この水槽の中では一番デカイくせに、一番隠れたがりという困った魚です。これでとりあえずは隠れているつもりなんだろうけど、力がけっこう強いので、もしかしたら水中フィルターを外してしまうかもしれん。
ちなみにアナドラスとは近縁な種。けど砂に潜らず、物陰を好む。似ているけど習性は若干違いますよ。
blog280 003

最後に、唯一動き回るアーマードキャット。
装甲車みたいな外見だけど、性格はとっても大人しいので、ケンカはしない。
こいつ、こんなんでもコリドラスの親戚なんだぜ?
blog274 022

ミステリー・フィッシュ

2010年 04月26日 00:59 (月)

さて、今日も更新ですよ。

まず、最近姿を全然見掛けないニジイロボウズハゼ。
2匹とも元気なようであります。ほっとひと安心。餌を食べているところをほとんど見ない魚なので、いつ食ってんだろ?と思ってしまう。「死んでいないのだから、食べているはず」これはお店の人の話。なるほど!確かにそりゃそうだ!
blog278 003

で、謎が多いこのお方。
デフォではこの土管か塩ビパイプの中にいることが多いのだが・・・。
blog278 006

ここ数日、表に出ていることがったいや、この魚は本当に謎が多いので、ちょっとしたことが非常に気になるのですが、メシは食うので大丈夫だろうと判断しています。・・・・判断せざるを得ないw

なんで外に?というのも、少しずつわかってきたように思う。
まず、この色。金色が混ざっているのはダブルトランクの特徴なので、別に問題ない。
その表面に白いのがポツポツとできているのがわかると思います。これは別に病気じゃなくて、おそらく鱗が剥がれているんでしょう。範囲から推測すると、多分泳いでいる時にシェルターに擦ってできたもので、ケンカではない感じ。
このキズができている時は表にいることが多い。
blog278 009

わかってきたことその他。
①まず、頭が良い。しっかり餌の時間を覚えているので、時間が近くなるとローチ達に混じっている。
②この個体は人工飼料も食べる。ディスカスフード、テトラミン、潰したクリルのカケラはOKなよう。
③水質の変化には強いが、水質の悪化には弱い。
④餌を横取りされ続けるとシェルターに戻るが、そこで私が集中して餌を投下することも見越している様子。
⑤成長は非常に遅い。水槽内ではせいぜい15cmから、育っても20cm程度か?
blog278 013

混泳に関しては、プレコやシクリッドとは相性が悪いとされるが、うちでは問題は起きていない。
ファイアーマウウスに少し威嚇されることもあるが、逆につっついていることもある。
トーキングキャット、プレコには危害を加えたことはないし、加えられたこともない。同じ土管に入っていることもある。

飛び出し事故が起きるのはストレスが原因とされるけど、うちではまだ起こってないので、大丈夫なんだろうとは思う。
販売水槽では大きいサイズのアピスト、シルバープロキロダス、スカンクボティアと同居だった。
気の荒いスカンクボティアを逆に追い回していた。
こういう環境にいたから混泳にはある程度慣れていたのだろうか???

これからもっと色んなことがわかってくるんだろうなぁ・・・。
blog278 010

シンプル

2010年 04月25日 03:22 (日)

何だかね~。
大雨、強風、雷が一気にきた次は暖かくなり、かと思ったら急激に寒くなり、
四月に雪が降る・・・ブギーポップじゃあるまいし。
初夏のような陽気になり、今度は冷たい雨が降り、今日は(昨日)は晴れて雨が降って雷が鳴り、風が冷たくなって、おまけに雹まで降ってきた。
異常気象だの地球温暖化だの色々言われるが、それだけでもないような気もする。数十年に一度とか何百年かに一度とか、そのぐらいの確率でこういうこともあるんだろう。

雨の日の水換えというのは、あまりやりたくない。魚が調子を崩しやすくなるような気がするから。
プレコ、ローチ水槽と連続で水換え。金曜はあまりに疲れて水槽も覗かず、PCすら触らなかったので、今日(昨日)一気にやった。今回はウパさんですよ。
blog278 001

アクアライフ5月号では小特集が組まれてましたが・・・。
何だか調べたことと正反対のこと書かれてる気がするな~。
blog278 003

上部式とか外掛け式とか、フィルターは色々試したけど、どちらも適してないように思う。
ちょっとした水流であっけなく流されてしまうので、結局投げ込み式に落ち着いた。砂利も敷かない方がいいと思うけどな~。

あ、カチカチに硬くなってダメになる寸前だったエアチューブを新しいのに交換しときました。
やり出すとキリなんですよね、こいういうの。
blog278 005

一週間換えずにいると、やっぱりそれなりに汚れてますね;
blog278 008

いつのもようにプロホースで汚れを吸い出し屋外へ排水。今回はニューフラワーも分解して洗いました。
よくやると思う、自分でも。
blog278 007

ウパがどのくらい水流に弱いかというとですね。
blog278 011

ほれ、この通り。一生懸命逆らってますが、全然進みません;
ベアタンクだから滑るとかいう以前に、ウパの手足は筋力がないので、踏ん張りがききません。
ちなみに水から上げると自分の体を支えることすらできません。ひたすら"のたくり回る"だけなのです。
blog278 014

シェルターにも全然入らなくなったので、撤去した。シンプル・イズ・ベストなんだけど、寂しい光景だね、こりゃ!
blog278 016

やる気なし

2010年 04月23日 01:40 (金)

問題のfigmaフェイト。手首を差し込む穴がデカイので、ポロポロ抜け落ちる。
接着剤を少し塗って、完全に乾燥させると、けっこう解消できるらしい。やってできないことはないけど、やろうと思うとメンドウなのだ・・・。
blog277 001

手首パーツも、保持力が弱いやつには接着剤が有効らしい。でも、やろうと思うと眠くなって、結局床にゴロ寝するのであったw
blog277 002

だから今日は、こっちの本を紹介しようかと。

上遠野浩平「ソウルドロップの幽体研究」

あなたの“生命と同じくらい大切なもの”はなんだろうか?
自分で重要だと思うものは実は大したことなくて、普段は無視しているものが真に貴重だったり、生命は地球より重いというけれど、簡単に失われてしまったりもして。人の意志は紙切れ一枚の重さもないときもあるし、人の心の価値というものは、実際どのくらいのものなのだろうか……
これはそのことを疑問に思う何者かについての物語である。その研究者と、求めるものを未だ知らぬ男と、心をなくした人形と、未来を想えぬ者と、夢を失った者たちと・・・・
生命と同等の価値ある物を巡る、これは喪われた歌についての物語。そして誰にも奪えぬはずの宝を盗む“怪盗”の……。
blog277 005

ブギーポップの作品のどれかに、
四つのうち、一つは回収できたものの、例のマンティコア・ショックの際に失われ、もう一つは"目撃したのに、誰も認識できなかった"ということで取り逃がし・・・
という一文が出てくるけど、どう考えてもその中の一人がペイパーカットじゃないのかい?

要人警護の任務に就いていた頃、ペーパーカットを直に目撃したため、視力を殆ど奪われてしまった元警察官の伊佐俊一。
同じ現場で警護される側であったが、頭部に銃弾を受け、人間らしい感情や記憶を失い、代わりに演算チップを埋め込まれてロボット探偵として生まれ変わった千条雅人。

普通の人間の微妙な心理を理解できず、他人の言動や行動に対して"あれはどういうことか?"と真剣に伊佐に尋ねる千条と、それに淡々と答える伊佐のやり取りがちょっと微笑ましかったりする。

捉えどころなし

2010年 04月23日 01:20 (金)

ダブルトランクエレファント。
誰がつけたんだか知らないが、名前からしてよくわからん・・・。何がダブルで、何がトランク??
ロングノーズ、ドルフィン、トランペット、バードビーク、ドンキーフェイス。おかしな名前が多い。
姿形もよくわからん。

こいつは、何でこんなヘンな姿をしているんだろう?
目は見えるのに、なんでレーダーで探るんだろう?
モルミルス同士だと、何で相性悪いんだろう?
そもそも、何でそんな口をしてるんだ?
何で餌摂りがヘタクソなんだ?

モルミルスの仲間は10cmに満たないものから1mを超えるものまで、200種類以上存在するといわれてる。
雑誌や図鑑に載っていないヤツらは、どんな姿をしてるんだろうか?

どうしても魚に見えない・・・。捉えどころのないやつだな・・・。
blog276 004

メーキー

2010年 04月22日 01:29 (木)

今夜は真ん中の魚が主役です。
ちなみに後ろにいる黒っぽいのは中型アナバス、レオパードクテノポマです。地味な登場ですが、デッカくなったでしょう?普段はのっそり大人しいけど、ケンカはファイアーマウスより強いのだ!
blog274 017

メーキーというのは、このファイアーマウスの別の呼び方なんですね。
もう1匹はケンカに負けるとこうして引き下がって隠れています。ほとぼりが冷めると、また表に出てゆくのです。
blog274 019

ファイアーマウスはMAXで15cm前後と、シクリッドの中では小型な方。性質も極端に荒くはありません。今のところ。
でも、やはりシクリッドなので、ファイアーマウス同士、他のシクリッドでもケンカ、小競り合いは基本姿勢なのです。
照明を点けると色飛びしてしまうので、照明の必要がない朝~昼の方が綺麗に発色しています。
ギラギラだぜ!
blog274 018

こっちは隠れていてわかりませんが、喉元は真っ赤です。この赤さはケンカしたり興奮している時は、もっと・・・ビックリするくらい赤くなって、横縞も現れます。これがカッコイイです。
blog274 020

この魚、気が荒くてギラギラしててデッカイ種類が多いあのシクラソマの一員。
昔はよく見かけた種類らしいけど、最近はあまりいないみたい。人気ないのかな~?
安い!綺麗!丈夫!と3拍子揃ってるよ~~?
blog274 024

照明を点けると、やはり少しずつ白っぽくなってゆくのでした;底床が原因だと思ってたら、照明だったのね。
blog274 030

境界線

2010年 04月21日 01:16 (水)

前々回、ニジイロボウズハゼとミクロシノドンをお迎えに行った日。
まだパッキングされたままの入荷したての魚達を見せてもらいました。

プレコはマツブッシー、ファンシースポットペコルティア、タイガーフィンサタン、インペリアルタイガーなど。
その他、グラスナイフフィッシュ、オトシンクルス・ネグロ、アークレッドペンシルなどなど。

水槽をぐるりと見て回ると、ブルーフィンパナクエ、レオパードクテノポマ、タイガーシノドンティス、ボルケーノオトシン、
Co.フォウレリー、ロングフィンパンダ、バルバトゥス、ショートノーズクラウンテトラなど。
色々とお連れしたくなってしまいますね。

それはさておき、今回はその入荷したてのプレコ達を眺めていた時、お店の方とお話したんですが、タイガーフィンサタンとドラゴンフィンサタンの違いについて。
個人的にはエッジの入り方ひとつで名前と値段を変えてしまうのは何だかなぁという気分だったんですが。
blog275 019

一体、何がどうならタイガーフィンで、ドラゴンフィンなのか。
エッジの入り方が大変重要だそうです。飼育しているうちに出現する可能性はあるけど、最初から入っているかいないかで大きく異なるんだそうな。
尾びれの上側のみにエッジの入るものはタイガーフィンサタン、上下に入るのはドラゴンフィンサタンとして区別するということでした。
もし上下に入っていれば、ドラゴンフィンサタンと呼んで差し支えないと断言されていたので、うちのはドラゴンということになる。何だか徳した気分ではあるけど、やはり"それはちょっと感"があるような気がする。心のどこかに。
だって、エッジも変化するんでしょう?
blog275 020

ヒョットコ野郎

2010年 04月20日 01:15 (火)

くそっ!またしても時間がない!
書きたいことは山ほどあるし、figmaも予約忘れてるし!

あ~・・・。結局、少ししか書けません;

昨日のニジイロボウズの水合わせ。非常に元気がよろしい。さすが信頼できるお店で買う魚は違いますね。
blog274 021

無事に水槽へ投入。おっかなびっくり周囲をウロウロしていらっしゃいます。
blog274 027

こうやって間近で見ると、口がフライングフォックスに似てます。そういえば、少しはコケも食べるとか言ってたっけ。
ま、コケ取りにはオトシンがいるので別に食べないんならそれでいいですけど・・・。
でもでも、フライングフォックスみたいにデカくならないのは大きなポイントですね!
blog274 034

ボ~~~~ッ・・・・。
呑気なものです。慣れるとあまり出て来なくなりますが、1匹目よりデカイかな?色も少し青みが強いように感じます。

ヒョットコ野郎というのはこの魚のことだというのは、賢明な皆様にはすぐにおわかりになったことでしょうw
blog274 033

バッド&グッド

2010年 04月19日 02:10 (月)

結局、余計なことばかりしていて更新するのはこんな時間に・・・。
さぁ、さっさとやってしまわないといけません。
blog274 001

エーハイムから取り出した混成ろ材から、形が崩れているものと、使えるものを選別しました。

左上:テトラのバイオグラスリング。さすがに丈夫です。まだまだ使える。
右上:形崩れの比較。上がバイオファームシルバー、下の崩れたヤツがバイオファームゴールド。
左下:大部分がダメだったので、結局ほとんど処分。残ったスティックタイプも、これっぽっちじゃどうにもならないので、結局処分。
右下:一度、熱湯で消毒しました。
blog274 002

ここから悪いニュース(泣

上:デュアルクリーン600SPの流量が落ちまくってました。これはオカシイ。
下:ろ過槽。こちらでもリングは消耗しきっていたので、ついでに消毒しておいたバイオファームシルバーと交換。
blog274 004

なんで流量が落ちてるのか納得できず、(左の)デュアルクリーン フリー用のポンプと交換する前に、ちょっと調べてみた。

流量・・・落ちるハズだね。
ミクロシノドンティス・バテシィが2匹とも、ストレーナーの中で死んでいましたから。それがインペラーを塞いでいたので流量落ちてたんだね・・・。

おそらく、前回の水換えの時、水槽の中へ沈んだストレーナーの中に彼らが隠れたんでしょう。
私がそれに気付かず、ストレーナーを戻してしまったので、閉じこめられてしまったということか・・・。うう、ゴメンよ~。
しかし、ムダにはすまい!またひとつ注意すべき点を見つけることができたのだから。
blog274 012

ここからは良いニュース。
2匹目のニジイロボウズハゼがやってきました。大きさもちょうどいいし、2匹で飼育すると、どういう感じなのかも知りたかったので(ケンカの度合いなど)。
blog274 016

それと、3匹目のミクロシノドンティス・バテシィ。全部で4匹になるハズだったんだけどね・・・。
お店にいた最後の1匹でしたが、欲しければ問屋さんに在庫があるから入荷してくれるそうだ。
死んでしまったものは、もうどうしようもない。だから彼はしっかり飼育しようと思う。
blog274 014

サブストラット

2010年 04月18日 01:28 (日)

エーハイムメック1L。サブストラットプロ レギュラー2L。
本日(昨日)2217に追加しました~。
blog273 005

現在、2217にはエーハイムメックが1L入っているので、これで2Lに。
blog273 001

サスブストラットは初。ごちゃ混ぜのバイオリングやバイオファーム、バイオボールを取り出して詰めました。
でも、詰めてからモーターヘッドが入りませんでした。量が多かったようです。なので1.8Lほどに変更。残りはパワーボックスにでも入れようと思う。
blog273 002

度重なるメンテで中央が敗れてしまったゲルマットも交換。
これって、ちょっと高いけど、ウールマットより断然長持ちするので、個人的にはオススメのアイテムですよ。
blog273 003

ついでにフィルターメンテ+水換え。同時にやるのは今回で最後にしたいもんです。バクテリアうんぬんより汚れを気にした方がよいという考えだけど、さすがに何度もやると心配である。

タイガーフィンサタン。より大きくなりましたよ。トリム特有のガッシリ感が小さいながらも着実に出てきてます。
blog273 004

ブルーフィンパナクエの隠れ家確保のため、無理やり流木を追加しました。これで何とかなるといいのだが・・・?
ろ材追加とゲルマット交換でいつもより気泡が激しい感じ。透明度も上がりましたとさ~。
blog273 014

レフランプ修正版

2010年 04月17日 02:09 (土)

少し間が空きましたが、ようやく更新できます。
今週はちと忙しかったので、今回が今週初の水換えになりました。いつものナマズ達の様子でも?
なおこの記事は、余裕のない時に書いたので、2部構成にしようと思ったものをひとつにまとめた記事です。
blog272 001

細かい手順は何度も登場しているので省きますが、今回は、あらかた掃除が終わった注水前後の彼ら。
まずは影の主役になりつつあるハラ・ジェルドニー。その中でも一番小さなこいつは小指の爪くらいの大きさしかないのです!
blog272 002

その下にはオトシンのヤロウが。こんな小さなスペースに2匹収納可!
blog272 018

相変わらずデッカイグラスライスキャット。お前は一体何なんだ?
blog272 004

ずんぐりむっくりのドワーフバンブルビーキャット。ほとんどモグラと化してます・・・。
blog272 008

そのドワーフバンブルビーが痩せ細った姿が・・・じゃなくて、ちっこいシノドン、ミクロシノドンティス・バテシィ。
blog272 007

たまにはナマズの上見というのもいいんじゃないかしら?アナドラス"アッパーテフェ"。
blog272 010

無気力さが私と非常によく似ているバンジョーキャット。こちらも上見で。
blog272 011

この水槽のボス、ストライプトーキングキャット。だいぶ大きくなりました~。
こんなのとハラ・ジェルドニー一緒にして大丈夫なん?って声が聞こえてきそうですが、不思議なことに全然大丈夫なんですね。うまく隠れてるのか、関心がないのか???
blog272 013

テトラIN30のろ材を交換。いちいちメンドウだが、規格の合わない他社のろ材をずっと使っていたのでそろそろ換えとかないとマズイ。
blog272 014

他社の外掛け式フィルター(コトブキ プロフェットフィルターS)用のろ材と鬼のように増え続けるマツモを一部処分する。
blog272 016

薄暗い中、青白く輝くオムポック。いいものです、こういうナマズ。
blog272 019

レフランプというのも、けっこう雰囲気があって良いアイテムです。時々使ってみるのもいいかも知れないね~。
blog272 005

サバイバル

2010年 04月15日 01:56 (木)

さ~て。ブルーフィンパナクエの様子。
変化なし。悪くならないし、良くもならない。一体なんでだろう?心配ではあるけど、ずっと水槽に張りついてるわけにもいかないので、様子を見ながら~でいるしかありません。
メシは食ってるのでまぁ、今は生きていますね、とりあえず;
blog271 005

そんなデリケートさとは無縁のプレコ達もいる。
ローチ水槽のファンシースポットペコルティア。けっこう古株である。
blog271 004

いつも書いている気がするけど、全然大きくならないよ。10cmとか図鑑には載ってるけど、実際7cmはないかも知れない。タイガープレコと大差ない大きさなので、小型水槽でもイケるね、これは。
blog271 006

こんなふうにローチにどかされても
blog271 006

blog271 008

blog271 009

まったく意に介さないようです。
ってゆーかローチどんだけデカいんだよ?
blog271 012

ブルーフィンパナクエもこの中で生きられるくらいのタフさがあればいいんだけどね。
blog271 015

プレコの中では一番最初にやってきたタイガー。ノーマルです。砂利の影響か、最近バンドがはっきりしていてイイ感じですよ?
blog271 017

おさなフェイト

2010年 04月14日 02:00 (水)

とうとうこのセリフがタイトルになってしまったようです。
先日のフェイト。
色んなところで調べてみると、ツイテールは取れやすいみたい。
一応、思いとどまって(というか半ばメンドウになって)発送はヤメといて良かったかな?
はっきりいってこのテのオモチャに不具合ゼロというのはおそらく難しいのでしょうな。そのためか、このメーカーのサポートはとても良心的なので、代品と交換・・・なんてことになったら、不良品じゃなくても交換してもらったということになってしまうので、ちょっと申し訳ない;
blog270 008

でも、激しく動かさなければ、こんなふうに遊べるからいいか・・・。
もう1体買って、なのはさんの頭ととっかえれば制服なのはの出来あがり。買おうかな?ツインテール部分の比較もしたいし。でも・・・他のも欲しいし。

メーカーに送るのは、とりあえず保留にしとこう。

カワイイw
blog270 001

クラウンズ

2010年 04月14日 00:42 (水)

ここ数日、いつも以上に文章が平面的でした;
寝る時間ギリギリでやることが多いんで、どうしてもこんなふうになってしまうので、そのへんはご勘弁願います;

さぁさぁ、今日はクラウン達の様子を・・・。
blog267 017

相変わらず、メシの時間が近くなると水槽前面をタムロする連中・・・。
blog267 019

うーん、どうにも1匹成長不良だなぁ・・・。買った時からほとんど大きさが変わらないやつがいる。
いくら餌を食っても成長しなんだろうな、きっと。まぁ、元気ならそれでもいいけどね。
blog267 022

クラウン同士、体がボコボコ当たってますが、本人たちは何ともないのだろうか?
blog267 027

まったく・・・普段は近づけば逃げるくせに、こんな時ばかり出てきやがって・・・。
ファイアーマウスも呆れ顔???
blog267 029

ローラーブレード

2010年 04月12日 01:49 (月)

figma フェイト・テスタロッサ 制服Verとex:ride003 STREET STYLE SET NAVY BLUE。
買ったわけですが・・・。
blog269 004

困ったことにフェイトが不良品。
blog269 002

ツインテールが外れやすいという噂だったのだが、これは酷い。多少外れやすいなら許容範囲内だけど、これは指でちょっと触れただけで抜け落ちる。しかも両方。左右のポールの長さが違うし、ツインテールもキズがついてる。これでは遊ぶに遊べないな・・・。
blog269 010

それとなぜこのセットを再び買ったのかと言うと、前回のは不良品だった。ローラーブレードが左右揃ってなかったw
blog269 006

こんなふうに!
blog269 008

フェイト MOVIE 1st Verも手首の保持力が弱くて、付属品を持たせると手首が抜け落ちるし、頭にすりキズがある。
マスキングテープなんかを軸に巻けば緩みは解消できるだろうし、手首がプラプラしているのも、一応改善する方法は知っている。でもさ、やっぱり不具合は不具合だからね。自分で直すかどうかわからんけど、一応問題ありだと思うfigma関係をまとめておいた。メーカーに送る可能性もあり。つーか、制服フェイトもMovieフェイトは交換してもらわないと困るw ある程度の問題は仕方ないんだけど、最近、不良品が続いてる。
blog269 009

STOP!ザ・不良品!
blog269 001

意気消沈してもしょーがないので、かがみんで遊んだぉ。まずはローラーブレード+日下部みさおの頭とすげ替え。
このみさおヘッド、なかなかにかわいらしい。
blog269 013

キックボード、かがみん。
blog269 015

すぃ~~。
blog269 018

キックボードは、折りたためるんだぜ?
blog269 017

隠れゼブラ

2010年 04月12日 01:28 (月)

今月はディスカスですか。
まぁ、キレイな魚だとは思いますが、飼育者の生活レベルがハンパないように思うのは自分だけなんだろうか?
なんなんのだ?この生活環境?どーしてみんな、こんなイイ家に住んでんのw

その他の特集については大型ナマズだとか、スネークヘッド、ウーパールーパー。
アクアな猫の躾け方が1ページになってしまってつまらない。あのマンガ、好きなのに~。登場人物のフィギュアとか出たら、全部集めると思うよ、俺w
blog269 003

さて、もうウチではアクシデントとも呼べないほどありふれた流木の崩壊。
そんで、写真に撮られまいと、その下に隠れてるんだろメガクラウン?
blog269 020

そうはいかないよ?
blog269 022

でも今日は違う方も出ていただきましょう。スキストラ・ポクリ。
ほとんど登場しない・・・というか隠れて写真に撮れないし、出て来ても動きがクラウン以上に機敏なのでブレまくって話にならんのです。
blog269 024

シマシマ模様にオレンジのヒレのオシャレな細身系ドジョウ。
これ関係の魚の中ではかなり性格はキツイ部類に入る。販売水槽ではケンカしまくりで、ヒレが無事だったヤツは皆無だった。
コリやプレコには無関心なので安心ですけどね。
でも、多分、パキスタンローチやクーリー、クラウンなんかとは相性は悪いだろうと思われる。
blog269 026

生命の灯火

2010年 04月11日 03:04 (日)

ブルーフィンパナクエは膠着状態。
よくならないまま、症状も進まず。
blog268 003

水換え作業終了後。
けっこう衰弱してる感じがする。病気でないのなら、やはりストレスかな・・・?
blog268 005

他のプレコ達は何ともない。いや、むしろ絶好調。
ブルーフィンパナクエだけが調子ワルイな・・・。
blog268 004


白くなっている部分から感染症を起こさないように、メチレンブルーを直接塗る。
背びれだけは何ともないんだよな。前の時も、その前の時もそうだった。
何とか治るとヨイのだが・・・。どうなることか?
blog268 008

だからといって、他の水槽では赤虫が必要だったので、買いにゆくのだった。
blog268 006

ウェット&ドライ

2010年 04月09日 01:59 (金)

前回イヤな思いをしつつ買ってきたGEXのウェット&ドライろ過槽。
水換えついでに追加してしまいましょうよ?ということで、やったんですが、その前にだいぶ馴染んだジェルドニーさん達。
blog267 003width="640" height="480" />

現在6匹になりましたが、先輩達と追加組とで別れて生活しているように見えます。
やはりよく見かけるのは先輩達で、新参者はまだ隠れがちであるようです。
blog267 006

んで、いつもの水換え+上部式ポンプの掃除と水中フィルターの掃除も同時にやりました。
blog267 004

水換えはいつもの手順でいつも通り、邪魔なモノに躓いてはイラッと来たり、仕切りのカーテンに器具が引っかかってムカッときたり、狭いシンクに腕が当たって舌打ちが出たりと、環境の悪さを呪いつつも何とか終了。
いちいち写真撮ってないのですっとばしますよ?
blog267 010

マツモは今回トリミングなし。こいつはホントによく増えるね・・・。増えすぎて下の方に光が当たらなくなって茶色っぽく変色している箇所も出てきました。
blog267 005

BEFORE
blog267 001

AFTER
blog267 008

でも、エーハイム500くらいは追加した方がいいのかな?って思ってます。とりあえず上部式がメインなんで、プレコ水槽みたいに2217とか大掛かりでなくても良さそう。
飼育者がつらつら考えても、彼らはマイペースなのでした。
blog267 011

出て来ない魚のくせに、こいつらが登場する回数が多いような気がするけど・・・。
blog267 015

このジェルドニーさん達、比べてみると体色が微妙に違っていたりと、意外と発見も多い。
似たような模様、形で数種類が区別されずに流通するらしいので、もしかしたら混じっていたりするのかな?
blog267 007

こいつは後輩。いや、先輩よりも大きな後輩w
大きくても、やはり小さい魚であることに変わりはない・・・・。あれ?自分でもだんだんどっちがどっちだかわからなくなってきてる。
blog267 013

RX-78-2

2010年 04月07日 00:40 (水)

いつもガンプラを2~3割引きで売っているお店がある。
そこへもついでに行ったわけだが、入り口に黒人がいる。斜めに帽子を被り、スタジャンを着て、ダボダボのズボンを履いて肩で歩きながらガムをクチャクチャ。我が物顔で歩いてやがる。ここはニューヨークでもスラム街でもないし、お前らの縄張りでもないし、麻薬の取引場所でもバスケをやる場所でもない。祖国へ帰ってくれないかなぁ?
外国人全員が悪いとは思わないけどさ、どうしてもアンタら印象悪いんだよね。

そんなこんなで、何で私がガンプラなのかと言いますと。
実はガンダム自体はいらないw
blog266 005

あ、あの~。
blog266 008

カタパルト怖いんですけど~
blog266 009

ヴィーダ。なぜそんな似合うんだw
blog266 007

※みくるは持たせてもOKですが、ヴィーダは固定できないので、持ち手の穴に入れてあるだけです。ご了承下さいw

デスマシン・サーキット

2010年 04月07日 00:29 (水)

今日、車でお買い物へ。でも、行かなきゃ良かったと後悔しまくりの一日。
まず、春休みと新学期と入学式が重なった小・中・高校生達がそこらへんにウヨウヨいてウザイことこの上ない。少子化じゃないのか?何、この数?

舌打ちが止まず、とりあえず古着屋さんに。
ベルトが欲しかったが場所がわからず、金髪でmisonoっぽいけどそこのまバカそうに見えないこともない女店員に聞いてもしっかり教えてくれない。
久々に行った店だったが、相変わらず態度があまりよろしくない。おまけにロクなモノがなかったので、やはりネットで買うのが一番だなとしみじみ思う。

もうひとつ嫌なのは、これを買ったホームセンター。いつも「いらっしゃいませ」を言わない店員・・・。最近見なかったので、もうヤメたんだと思って少しホッとしてたのに。俺、何か(彼女に)嫌われるようなことしたぁ?それともここへしょっちゅう来る客はみんなそんな思いを胸に秘めて買い物するのか?
何だか気に入らないんだよな。だったら行くなって話なんだが、ここにしか売ってないので仕方ない。でも、生体はもうここでは買わない。長生きしないし、管理最悪だし、その上値段も高い。今度、この観賞魚コーナー、ここで晒してやろうと思うんだが?

世界のGEX(半分イヤミ)、ウェット&ドライろ過槽と、徳用ウールマット。
このウールマット、GEXにしてはけっこう使えるアイテム。なかなか耐久性があるのでおすすめ。
GEX製品でおすすめって、珍しいな・・・。
blog266 002

どの水槽に使うのかというと、ナマズ水槽に使う。何もいないように見えても、実に40匹以上魚が入っているので、何かしら強化しないとイケナイなという気持ちが沸いたので。
でも、ろ過槽より、予備のポンプを買っておいた方が良かったかな?上部式、特にGEXはすぐ壊れる。解せないのは値段。
フィルターが2,980円なのに、ポンプのみでも2,980円。何で同じなんだ?と突っ込みたい。
blog266 003

一方、調子の悪いブルーフィンパナクエ。これは一昨日の様子。胸びれと尾びれが白くなって少しボロけてる。
blog266 001

カキガラの濁りが取れて、プレコ達の食欲は戻ったのでひと安心。ブルーフィンパナクエも餌は食べれるようだ。
しかし、こうなってしまったら、とにかく出来る限りゴミやフンを取り除き、5Lでも10Lでも水換え。
blog266 006

マメに手入れをするようにして、水質を清浄に保つしかない。
blog266 010

それが功を奏して・・・とは言い切れないが、水槽前面の上の方、水面すれすれの位置に貼り付いていたブルーフィンパナクエは、とりあえず奥の方へ引っ込んだ。
blog266 012

デスマシン・サーキットを制覇できるのは強いプレコだけだぞ~?
blog266 011

やれやれ、俺にはムカツクことが何かと多くてね。生き辛いのだ。やれやれだぜ。
blog266 004

ロボット探偵

2010年 04月05日 01:17 (月)

ブギーポップは笑わないシリーズの上遠野浩平の別作品。
全然違う所から発売されているのに、ブギーポップとリンクしてる・・・というか同じ世界での話。
つーかブギーのスピンオフ「ヴァルプルギスの後悔」に登場している釘斗博士はこの作品の方が先だったのか。

まだ1冊しか読んでないけど、これに登場する怪盗ペイパーカットは、どう考えてもブギーの方でいう"天から降りてきた者たち"と関係あるんじゃないか?

でも、それ抜きにしてもけっこう楽しめる内容だと思う。しかしロボット探偵とはけっこう斬新だなw
blog265 010

虚しい買い物

2010年 04月05日 00:57 (月)

前回の記事アップした後、AM3:30に就寝。AM8:20起床。
近所の川ざらいにかり出されそうになりましたが;まったく、俺は休日のお父さんか?!
まぁ、別に行きゃしませんでしたけど。

そんなわけで消耗品の類を購入したら、サイズアップの準備がまた遠くなってしまいました。
できれば90スリム用のヒーター、水温計くらいは揃えたかったんだけど;

まずはキョーリンの餌各種。買える時に買ってストックしておかないと、お金がなくなってからでは困るので。
blog265 004

パワーボックス用のウールパッド。純正のものはバカみたいに高いので、ボロボロのやつをずっと使ってたんですが、さすがにもう限界なんで・・・。6枚セットだからしばらくは大丈夫かな。
blog265 002

これら全部で結局6,000円近くかかってしまいました。一番高かったのはやっぱりろ材。
うーん、高いといっても他店よりもずっと値段は安いはずなのに、やはり高いと思ってしまう。
サブストラットプロ2Lとエーハイムメック1Lのセット。意外と量が多くて驚いている。2217に使うつもり。
その時に取り出したバイオファームは上部式の方に入れるか、パワーボックスの方に入れるかすることにしよう。多少形が崩れてきたけど、まだまだ使えるから。
blog265 001

オマケにいつも何を貰おうか考えるけど、アヒルはさすがにもういらないので、ここんとこ、うまい棒を貰っているw
blog265 006

必要な物から、とりあえずあった方がいんじゃないかという物まで、けっこうたまってきてる。
エルバージュエース、メチレンブルー、グリーンFクリアー、水心SSPP-2S、予備のヒーターにエアストーン。
後ろにはロカボーイとか水作エイトのろ材など。
blog265 008

うーん、これじゃいつまで経ってもサイズアップできない気がしてきたぞ・・・。
やれやれ・・・。
blog265 007

スーパー・ハード

2010年 04月04日 01:40 (日)

まったくいつかのハードだった日よりもさらにハードだったゼ。

まずプレコ水槽。カキガラを入れたら濁りが全然とれないし、餌食いも悪いままだし・・・。
やったばかりのような気がしたけど、エーハイムの方を開けてみると、やっぱり汚れていたので、結局また水換えとフィルターメンテを同時にやってしまいました;
ブルーフィンパナクエよ、早く良くなってくれ。
blog264 003

とりあえず、やれやれだぜ。
blog264 005

なに?柏餅が1個残ってるって?よし、俺が特別に、食ってやる。
blog264 006

実は先週の半ばあたりからずっと仕事。休みなかったので、やることが溜まりまくってて・・・。
プレコ水槽、ローチ水槽、ウパ水槽、イモリにカエル・・・。ぜんぶ水換え。
ガソリン入れて、貰えるかどうかもわからんもののために払わなけりゃならん年金保険料を払いに行って、ホームセンターに行って、タバコを買いに行って、本屋さんに行って、figma見に行って・・・・。とにかくやることは多過ぎ~。
俺に死ねって言うのか、お前達!
blog264 002

左、オムポックと右、新入りハラ・ジェルドニー。ジェルドニーがデカイのわかると思います。
いや、小さい。小さいけど、大きいのだ!
blog263 012

結局イモリ、カエル水槽の水換えは出来ず。保険料も払いに行けず。
しかも、ホームセンター行っても冷凍赤虫は売り切れだし、GEXなんかのストレーナースポンジ、400円もするんで買う気失せたし、figmaもなかったし・・・。
時間のムダじゃね?

写真もろくに撮ってないので、過去の撮り溜めでカンベンしてね?

予想を裏切り、砂利を交換してもやはり色が飛んでしまうファイアーマウス。だから昼間に撮影。
blog263 019

図々しさばかりが目立つようになってローチ達。メシをよこせとでも言っているのだろう。
なにがメシじゃw
blog260 006

以上。・・・やれやれだぜ。
blog264 001

リトル・ステルスⅡ

2010年 04月03日 01:22 (土)

ふぅ、やれやれだぜ。
blog263 008

浜田探検部なる番組で、ボビー・オロゴンが魚を釣り上げていたシーンをたまたま見たんですが、すぐにピーンと来ました。やはりオムポックの仲間だったんだな・・・。
ガー、アロワナ、ピラルクー、ピラニア、カンディル、エレファントノーズetc、今まで色んな魚がテレビには登場したけど、オムポックの仲間がテレビで紹介されるのは最初で最後なんじゃなかろうか?
新種ということになったら、あの魚は本当にオムポック・ハマチャンという名になるんだろうかw
blog263 005

それは置いといて、今日またしても新入りさんがやって来ました。ただの水の入った袋にしか見えないのだが・・・。
blog263 010

まず、ハラ・ジェルドニーさん。前回より大きめサイズを選んでもらいました。1匹250円なり。
blog263 004

たっぷり時間をかけて水温合わせ。これって大きさで雄雌を見分けるのかな?どうなんだろ?
blog263 009

水合わせ最終兵器プラケ。これがある意味一番大事なアイテムだったりするのだ。
blog263 006

水合わせ中。大変元気がよろしい。
blog263 007

先輩ジェルドニーさん達よりデカイんじゃないだろうか?隣の同じく新入り、ミクロシノドンティス・バテシィ(2匹目)と比べると、ミクロシノドンの方が小さいんじゃないか?という気もする。
blog263 011

プラケ2本同時ですよ。大技ですよ。バランスが大切ですよ。マネしちゃいけませんよ。
blog263 013

水槽導入後のミクロシノドン、先輩の方が大きい。たぶんうちに来て成長したんだろうさ。でもMAXで5~6cmなんだから小さいことには変わりない。
相変わらずヒーターの下が好きなヤツらだ・・・。やはり、あまり見かけなくなるのだろうか?
blog263 001


悪い

2010年 04月02日 16:57 (金)

悪い。
ブルーフィンパナクエの調子が極めて悪い・・・。
プレコ達全体(かごく一部か?)の餌食いも極めてよろしくない。
その中でも、調子が悪くなると真っ先にはわかるのがブルーフィンパナクエ。このプレコは調子を崩しやすい気がする。
お店の人に聞いたところ、やはり他のプレコよりも調子を崩す・・とおっしゃっていました。

そこで、以前餌食いが落ちて戻らなかった時、急激なpH低下を疑った私は、パワーボックスの方にカキガラを入れてみた。
そしたら翌日にはすっかりみんな良くなったのね。
blog262 006

パワーボックスを開けてみると、カキガラがだいぶ減っていたので交換することに。
これで良くなってくれればいいんだが・・・。
でも、これ入れると水槽がかなり濁るんだな;
blog262 001

メガクラウン。彼は本当に丈夫なプレコ。大きくならないし、ケンカも強い。こういうのが飼いやすいプレコってゆーんだろうなぁ・・・。
blog262 002

インペタイガー。何だかんだでこっちも丈夫+ゴージャスなプレコ。
blog262 003

ふぅ、やれやれだぜ。
blog262 004

シェルターはヒーター

2010年 04月01日 00:58 (木)

ふぅ、やれやれだぜ。
blog261 002

ああ、何だか時間がない・・・。なので私にしては珍しく、今日は水換えは休みました。
普段からせこせこやっているので、一日くらい(この水槽は)やらなくてもまぁ、どうということはない・・・かな?

たぶん、うちにやって来て以来、ほとんど登場してないであろうこのお方。
ミクロシノドンティス・バテシィ。
blog261 005

長ったらしい名前の魚ですが、簡単に言ってしまうと、小さなサカサナマズみたいなものである。
性格は、温和な部類で、いつもヒーターガードの下をねぐらにしているご様子です。いつもいつもこの暗がりにいるため、とにかく写真が撮れない魚であります。
値段も手頃だし、大人しくて大きくならないし・・・。実はもう2~3匹欲しいなぁと思ってます。今度、ハラ・ジェルドニーさんをもう2匹くらいお迎えする予定なので、その時もしいたら・・・。って思ってるといないもんですけどねw
blog261 008

時間の関係で今回はここまで。 もう一度、やれやれだぜ。
blog261 003