TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2010年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

みんなのいえ

2010年 10月29日 23:47 (金)

51cm水槽。
やるよ。
やってやりますとも。
サイズアップ。
DSCF0634.jpg

11月になったらこちら、60cmにサイズアップの予定です。
しかし、これ以上の重量物は怖くて置けないので、水槽台は軽いスチールにします。
水槽の方も水量自体はこの51cmと変わらない水深の浅い、らんちゅう水槽にしようと思います。
NISSOの高さ23cmのらんちゅ60cm水槽ではなく、GEXの高さ26cmのやつね。これがちょうど水量的に51cmと同じくらい。

ピクタスーーーーッ!!

人の(私の)影に怯えつつも、何とかメシ食ってひと回りほどデカくなりました。
銀閣になるまで、まだまだ時間がかかりそうです。
DSCF0832.jpg

で、一方のゴールデンさん。
今回は明るく水槽内を照らした状態で撮影しました。相変わらずのへの字口で不機嫌そう(?)。
いつも機嫌の悪い私と気が合いそうじゃないかね。
DSCF0836.jpg

何か文句でもあるん?
DSCF0833.jpg

相変わらず金ピカなゴールデンさんでした。
しかし、これだけ派手なのに、何で知ってる人が少ないのでしょう??
DSCF0837.jpg

オキシロプシス

2010年 10月26日 02:08 (火)

でっかいオトシンことニュージャイアントオトシン。
実に、アヌビアスの葉っぱにいるところを捉えたのは初めてですよ!
DSCF0795.jpg

いつもヒーターコードにくっついてて、ちっとも目立たなかったのでした;
並オトシンの方がよっぽど前に出ていたように思う。いや、思うんじゃなくてその通りか・・・。
DSCF0796.jpg

よーく見ると、背鰭と尾鰭の先端が、ごくわずかに赤みがかっているように見えなくもない。
DSCF0801.jpg

一方、小さい方の並オトシン。
並オトはジャイアントとは一緒に行動しません。
やはり、自分達とは違うなとでも思ってるのでしょうか?
DSCF0802.jpg

一体ここに餌になるコケがあるのかどうか疑問ですが、何やらずっと居座って何かを食べているようです?
DSCF0806.jpg

体高がないので信じられないかもですけど、Coコンコロやデルファクスよりも全長が長いです。
でも、動きは他のオトシンと一緒で、葉っぱの上でクルクルと巧みに体を回転させてますね~。
フットワークは軽いみたいです。
DSCF0809.jpg

並オトとのサイズ比較。でかいな~、小さいな~とかお互い思ってんのかしら?

以上、眠いのでまともな文章が思い浮かびませんでしたw
DSCF0816.jpg

33mg

2010年 10月24日 03:17 (日)

33mgって何のことかというと、このガラム・スーリヤのタール値。
ちなみにニコチンは1.7mgとかなりキツめのタバコです。
でも、意外と吸いやすいのよこれ。まぁ、人によっては喉が焼けるとかあるみたいだけど、キツイのを吸い馴れてる私は普通に吸えました。
DSCF0779.jpg

丁子(ちょうじ)という果実系のフレーバーが入っていて、香りは甘いはフィルターもベタベタに蜜が塗ってあって激甘です。甘党にはいいですね♪ガラムはちょっと独特なタバコで、吸うとバチバチと火花が散ります。
パッケージも平べったいんですけど、これは16本入りだから。かなりクセがあるので好みははっきりわかれますね。
唯一気に入らないのは巻紙が黒くないことぐらいかな。
DSCF0782.jpg

値段も上がったし、これからはシケモクも貴重になるのね?
DSCF0784.jpg

ロイヤルさん!
DSCF0756.jpg


さて、今回はプレコ水槽のレイアウトを変更しました。
隅っこに積み上げる予定だったのがうまくいかず、結局L字型レイアウトになりました。
DSCF0761.jpg

まぁまぁいいんじゃないの、これ。
そこそこ遊泳スペースもあるみたいだし。しばらくはこれでいこうかなァ。
DSCF0763.jpg

正面から。
DSCF0765.jpg

ロイヤルは相変わらず絶好調。
DSCF0762.jpg

しかし、デカくなったね。
20cmは超えてるのかしら?間違いなく、うちで一番デカイ魚です!
DSCF0771.jpg

今後の成長が楽しみやら、困るやら、怖いやら?
複雑な心境ですなァ。
DSCF0772.jpg

気紛れゴールデン

2010年 10月22日 02:08 (金)

少し間が空きましたが、別に忙しいというワケじゃなく、色々と調べものだの動画だのの日々を送っていたので更新する余裕がありませんでした。

が。

本日は自室51cm水槽、ゴールデンさんですよー。
口をヘの字にして不満そうに見えなくもないですがw
DSCF0733.jpg

来月は砂を敷く予定ですが、ベアタンクってお掃除ラクチンでいいんですよね~。
フンも簡単に吸い出せるし。
DSCF0738.jpg

金色が薄れたりというようなことは一切ありません。
体調も崩さず、餌も何でもよく食べてくれるいいやつなのです!
DSCF0739.jpg

時間がないので今日はここまで!

最後にピクタスさんの様子。
ちょっとビクビクしているナマズではありますが、この中でもちゃんと餌にはありついているようで何より。
もう・・・少し大きくなってるのかな?

うまいこと写真撮れないので、こんなんでカンベンしてやって下さいね?
DSCF0751.jpg

生命欠落

2010年 10月19日 01:51 (火)

色んな愛好家さんたちのお宅訪問特集ということで、かなり久々にフィッシュマガジンを買いました。

広~い空間に3m水槽・・・。
なんか、見ていてあまりピンと来ないし、親近感が沸きませんでした;

それに、やたらと同じ言葉の使い回しが気になる文章の書き方・・・。
こればかりが目につき、正直読む気半減でした。来月からフィッシュマガジンは隔月化するらしいです。
DSCF0731.jpg

さて、時間がないので今回もちょっとだけ。

だんだん根付いてきたアヌビアス。このままの調子でいけば、ビニタイが取れる日も遠くなさそう。
DSCF0724.jpg

ニュージャイアントオトシン。
相変わらずでかいオトシン。こいつがアヌビアスの新しい葉っぱをスケスケにしちゃったのね。
でも、美味しくなかったのか、それ以来やってません。
まだまだ新芽が出てくるので、葉が展開する時を待ってるのかも。
DSCF0717.jpg

フラットヘッドプレコと比較。
このプレコもうちにやってきてからというもの、ほとんど大きさが変わってない!
あまり大きくなりすぎても困るけど、このサイズのままってのもここではキツイ気がするな・・・。
でも、並オトが元気なんだから大丈夫だよね?!
DSCF0730.jpg

いつも覇気がない、生命力がない魚といえば右に出る者なしのバンジョーキャット。
プロホースで吸い込まれそうになっても、捕まってもほとんど反応なし。
DSCF0727.jpg

しかし、こんなんでも自然界で生き延びてるからすごいのか・・・。
DSCF0728.jpg

クロス

2010年 10月17日 03:06 (日)

仕事が予想よりも遥かに時間かかってしまい、ナマズ水槽の水換え不可!
よって日曜に持ち越し。
日曜だからって、何かやることあるわけじゃないし、どこかへ行くわけじゃないし、デートする相手がいるわけじゃないしなので、別にいいですけどね。ヘ。

良い写真が撮れたので更新しておきますよ。
デルファクスさんです。なかなかいい写真ではないかな~と思うのですが、どうでしょう?
DSCF0694.jpg

この1枚を撮影した直後、狂ったようにあちこち体をぶつけながら奥へ逃げてゆくのでした。臆病もそこまでくると常軌を逸してます;

ビビリすぎなんじゃね?
DSCF0695.jpg

キリング・マシン

2010年 10月16日 01:51 (土)

私、中にあんこが入ってないこの団子が大好きなのです。
これが甘くて美味しいのよね。
DSCF0688.jpg

今日はローチ、ゴールデン、ウパ水槽を水換え。
明日はプレコとナマズ水槽の水換え。
すべて予定通りでございます。こうしとけばラクなんですよね。
DSCF0692.jpg

それで・・・。
実はですね、少し前に大事件が発生しまして。

レオパードクテノポマ、死す!
ファイアーマウス2匹とも死す!!

ある日レオクテが・・・。
そして二週間ほどあとになってファイアーマウスが1匹。

病気でもないのになんでだろう?と思っていたらですね。

二日後にファイアーマウスがもう1匹。ここでようやくわかりました。

朝方、水槽を覗くと・・・。
ダブルトランクエレファントノーズがファイアーマウスのエラに口を突き刺してぐるんぐるんとブン回してるじゃないの?!

そうなのです。殺されていたのです!

お店の人に話すと、「普通はエレファントが殺される側になるのを心配するけど、これは驚いた」とのこと。
こんな細っこい体でぶ厚くてガタイの良いあの3匹を殺してのけるとは・・・。
DSCF0658.jpg

クラウンは普段は寝てるし、餌の時は一緒になって行動するので問題ないです。何よりダブルトランクに攻撃したりすることもないので、ダブルトランクの方も何もしません。
トーキングキャットもプレコも硬いので攻撃しません。歯が立たないのがわかっているようです。
カエルは全然気にもされません。

どうやら威張っていたあの3匹が目障りだったらしい。
自分が餌を食べるのをジャマされることもあったので、恨んでいたようです。
食い物の恨みはおそろしい?!

石に泳ぐ魚

2010年 10月15日 01:55 (金)

コンバンハ。

正体がわかったオプソドラスさんですよ。

ナマズだけあって人目は避けますが、あんまり物陰に隠れたり砂に潜ったりはしないようです。
DSCF0675.jpg

どちらかといえば、遊泳力が他のドラス連中と比べると若干はあるようで、泳ぐ時は割と俊敏に泳ぐんですねぇ。かなり奇怪です;
DSCF0665.jpg

ホントはもっと写真アップしたいけど、時間がないのでもう1枚だけで今日はおしまい!

ゴールデン&ピクタス。
ピクタスのあまりの小ささに食べられるんじゃ・・・って思ったのですが、意外なことに関心はほぼないようです。
ホッとひと安心しましたが、何かの拍子にパクッといくかも?
いや、ピクタスの方が素早いし、まぁ大丈夫だろうと思います。

餌はディスカスフード、ひかりキャット、冷凍赤虫をあげてますが、まぁこんなデカイ連中に負けずに持ち前の素早さで餌にはちゃんとありついてます。
大きくなれば隣のゴールデンさん(現在12cm)くらいになると思うので、早く金・銀が均等にならないかな?
そうすれば見ていて面白い光景になるかもですね!
DSCF0678.jpg

カビパラ

2010年 10月12日 03:11 (火)

以前のアルパカさんと同じ動物フィギュアシリーズ。
今度はカビパラさんです。
DSCF0603.jpg

今回はこの立ちバージョンと座り?バージョンの2種類があるらしいですが、私はこっちの方が気に入りました。
DSCF0607.jpg

まぁ、しっかり出来てますね!ガシャポンとかチョコエッグとはやはり違います。
DSCF0608.jpg

ハイ、おしまい。
だって、動かないし、変身しないし、ただのカビパラですよ?
DSCF0609.jpg

硬質生命体

2010年 10月12日 03:07 (火)

今日は(昨日)エーハイムのメンテしました。
さほど期間が経ってない気もしましたが、水流は既に弱くなっているのでやらないといけません。
ずいぶん早くできるようになって、自分でも驚きです。多分、フィルターの掃除自体は30分かからなかったと思います。
DSCF0628.jpg

天気も良かったので、雨が降る前に道具類を天日干ししました。
これで殺菌・消毒・乾燥。たまにはやらないとマズイですしね!
DSCF0630.jpg

一方、シェルター追加後のストライプさん。
DSCF0613.jpg

一応、入ってみる。
DSCF0617.jpg

・・・・・・。
DSCF0619.jpg

何だ、まさか文句であるの?
DSCF0623.jpg

しばらく考えているご様子。
DSCF0624.jpg

えー?!せっかく用意したのにっ!
なんてわがままな・・・・。
DSCF0626.jpg

恋情の血

2010年 10月11日 03:23 (月)

読書の秋ですが、私は上遠野浩平作品を読破するのが目標です。

今回は、「しずるさんと偏屈な死者」などのしずるさんシリーズの続編。というよりゼロ的な作品。
ラノベコーナーを探しても売ってないのでおかしいと思ったら、本のサイズが文庫本サイズではありませんでした。

しずるさんシリーズなのに、よーちゃんは存在感を示すのは最後あたり。しずるさんもそこへちょっと出てくるだけで、主役自体は別にいるという;
この人の作品ってゆーのはそういうのがけっこうあるので別に何とも思わないんですけど。
内容は、人間の血流をコントロールできるという特殊な能力を持った男と、そういった常識ではありえない(MPLS関連)事件の原因を探る機関に所属する構成員とのバトル的な内容。まだ全部読んでないのですが、そんなところなのかな?
でも、やっぱり"統和機構"がらみなのね。

この人の本は、作品・出版社・レーベルを全部超えて、どれもがどこかで繋がっているので、この作品もその"上遠野サーガ"のになってるのでしょう。ただ、作品としてはどれも独立しているので、それを知らなくとも読める内容になっています。

「騎士は恋情の血を流す」
DSCF0611.jpg

あなたは恋がどういうものか知っているだろうか。
胸が高鳴り、血が巡る―それを自在に操れたら、人は恋をしていると言えるだろうか。
ただの実験に過ぎぬのではないか―これはそういう物語である。
自分だけで何でもできる男を騎士に、彼に利用される強気な女を姫君に喩えた現代の奇妙なお伽噺にして、自負に縛られて己の感情を恋と呼べない、哀れな魂どもの観察記録である。

気になる人は読んでみるといいよ? うん。

はみ出し者

2010年 10月11日 03:04 (月)

今月号はスネークヘッド特集でしたね。
レインボースネークはいつか飼いたい魚でもあるんです、実は・・・。
まだ環境が用意できないのでムリなですが、いつかきっと迎え入れましょうとも。
色んなスネークヘッドのカタログ&愛好家訪問はけっこう面白かったです。
DSCF0601.jpg

で、メインの記事。
隠れて見えないヤツらばかりなので、こういう時じゃないとまとめて登場させられないのが困りモノです。
久々にサカサナマズを撮りました。ナマズ関係の魚では一番の古株かも知れません。
DSCF0583.jpg

こちらは、とうとうシェルターを横取りされたブラックランサー。仕方ないので植木鉢を追加することにしました;
なんでまた無理やり入るかね。
DSCF0582.jpg

ニュージャイアントオトシン。
並オトシンより大きなニジイロボウズハゼと比べてもこんなに違う・・・。ここまでくるとスゴイ。
DSCF0591.jpg

最近やってきたこのビッグアイドラス。こいつはヒゲが枝分かれしていて口先が少し長くて体がほっそりしてます。
で、ようやく正体がつかめました!
この魚はですね、オプソドラス・ステュベリというオプソドラスの一種だそうです。
オプソドラスという名前で数種類が入ってくるらしいので、これがステュベリがどうかはわかりませんが、そのへんのドラスであるということはとりあえず判明しました。大きさは10cm程度と、その他の小型ドラスとほぼ一緒で、飼育難易度も同じなようです。
ただ、このオプソドラス、隠れている時は当然動かないんですが、一旦動き出すとけっこう素早く泳ぐので意外です。
DSCF0584.jpg

ストライプトーキングと比べると、スケールがずいぶん違いますね;
DSCF0588.jpg

異次元の魚

2010年 10月10日 03:19 (日)

一見、何の変哲もないグラスキャット・・・・に見えるんでしょうね、きっと。
でも、大きいんですよね。コレ。
グラスライスキャットという名前で別の水槽で販売していました。
DSCF0569.jpg

グラスキャットの中に混じって入ってくるんだろうか?
性格もやや違います。こいつは2匹いるんですが(というか店で2匹しかいなかったので両方買ったんだけど)、すさまじく臆病です。トランスルーセントの比じゃありません。デッカイ図体してるくせに。
もうパニックで壁にアタマぶつけるは他の魚に衝突するはで、困ったもんです。
調べても全然わからない。たまたまデカくなったトランスルーセントなのか、それとも似てる別のグラスキャットなのか。

先生、教えて下さい!
DSCF0572.jpg

・・・・・。
オマエも正確には何ていうんだい?オムポックはわかるけど、何のオムポックなんだw
DSCF0576.jpg

JIGOKU

2010年 10月09日 03:13 (土)

掃除中のひとコマ。

俺、こんなに持ってたのか・・・。

figma&ねんどろいど。

可動フィギュア以外にはケロロ軍曹のモア&小雪。
キョンの妹、ネコ娘。

これからも増え続けるのか。

地獄だね、こりゃ・・・。
DSCF0539.jpg

全部終わって、何だか腹が減ったので、そのへんを漁ってみた。

こんなものしかないのか、この家は・・・。
DSCF0579.jpg

ゴールド&シルバー

2010年 10月09日 03:08 (土)

さて、昨日は部屋の掃除をした後、ゴールデン水槽とローチ水槽の水換えをしました。
テトラのICオートヒーターは4シーズン目だし、さすがにもう交換しないとマズイだろ?ということで、前回の記事で言いました、90cmサイズアップ断念に伴い、使用しなくなったヒーターとヒーターカバーを取り付け、NISSOのシーパレックス300と接続!
DSCF0542.jpg

そして、最近は落ちついてきたのですが、ゴールデンさんは一度飛び出していて不安なので、この水槽は基本的に上にすだれを敷いてガードしてましたが、強情張らずにスライドカバーを買ってきました;
工作できない自分の不器用さを呪います。
DSCF0540.jpg

スポンジフィルターがあった位置にヒーターを設置したので、スポンジフィルターは今度は左側に移動しました。
写真は変更前。
DSCF0541.jpg

ゴールデンさんはちょっとお気に召さない感じかしら?
DSCF0548.jpg

で、水換えも終わって意気揚々とショップへ行きましたとも。
ゴールドっていったら、次はシルバーだろ?
金閣銀閣とも言うじゃないですか。

ピクタスキャット。(ピメロドゥス・ピクタス)
DSCF0553.jpg

小型ナマズの中でもポピュラーですね!知っている人も多いんじゃないかと思います!
水槽の中で一番大きなやつを選んでもらったんですけど・・・小さいですね;

でも、とっても元気です。動きが早すぎてまともに撮れない;
DSCF0554.jpg

・・・・・・・・・・・。
DSCF0556.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
DSCF0561.jpg

それ、絶対食べる気だよね?!
これは危険なので、ツメガエルはクラウンローチ達の水槽へお引っ越ししていただきました。
ピクタスがデカくなったら戻って来なさい!

でも、これ、マジで小さすぎなんじゃね?
DSCF0563.jpg

今後、登場しなかったら、「あー・・・ダメだったんだな」とでも思って下さいね!
DSCF0564.jpg

泣ける話

2010年 10月08日 03:41 (金)

時間がなく、なかなか更新できませんでした。
お返事も遅くなってしまって、大変申し訳ありませんでした;

飽きずに来て下さいね?

というわけで、今回は・・・。

90cm水槽設置が再び暗礁に乗り上げてしまったこと!
電気のアンペアを上げる予定だったのですが、うちは古いので、ブレーカーそのものを新しいものに取り替えなければならないそうです。

私が世帯主なわけではないので、勝手に頼むわけにもいきません。
サイズアップできなくなった以上、とにかく彼らに対して出来ることを出来る限りやってあげないな~と。
来月、ろ過強化しようかしら。
DSCF0538.jpg

それともうひとつは、自室の51cm水槽について。
あれをいつか再び60cmらんちゅう水槽にサイズアップしようと思ってます。とは言っても幅が60cmになるだけで、水量自体は増えません。

そうすると結局、水槽台が必要になるわけですか・・・。うーん、どうしよう?

何の写真もないのではつまらないので、ますます闇と一体化することになったブラックランサーさんです。
もう、明るい時間帯でないと、彼の姿は見えないのね。
植木鉢とは違って体が擦れないので安心です!
DSCF0498.jpg

図鑑 その33

2010年 10月08日 03:31 (金)

No.47

名前:ニュージャイアントオトシン
学名:Oxyropsis carinatus
分布:アマゾン川中流域~上流域
全長:水槽内では7cm前後 自然下では15cm

ジャイアントオトシンはヒポプトマ属。何がどう違うのか、ニュージャイアントはオトシンと近縁なオキシロプシスに分類されるようだ。
オトシンを飼育する感覚で問題ないようだが、大きいだけあって、存在感は小型プレコ並み。性格はオトシンと同じく温厚で、行動もほぼ同じ。
意外と人気がある魚のようで、店主曰く「最初に入荷したらすぐに売れてしまった」そうだ。やはり小型ナマズ愛好家って多いのだなと感じた。
ただ、コケどころか餌を食っているところはいまだかつて一度も見たことない。いつもヒーターコードか水中フィルターに張りついてばかり。コケを食べましょうよ?
DSCF0497.jpg

飼い易さ:?
購入価格:1,000円

N_B★RS

2010年 10月04日 02:15 (月)

figmaときたら、今度は当然・・・。
DSCF0504.jpg

これしかないでしょ。ねんどろいど ブラック★ロックシューター!!
DSCF0508.jpg

専用台座とアームつきで安定感バツグンですよ!
DSCF0510.jpg

ロックカノンもかなり持たせやすくて◎です!
DSCF0511.jpg

かっこいい!そしてかわいい!
DSCF0516.jpg

ツインテールが抜けやすいのが難点だけど、figmaフェイトほどじゃないので、普通に遊ぶ分には問題ない&許容範囲内ですね。
DSCF0519.jpg

コレはホントにカワイイ~♪
DSCF0520.jpg

専用パーツを使うとロックカノンに座らせることもできます。お馴染みのポーズですね、コレ。
DSCF0521.jpg

※炎は取り外しできます。

ブラック★ロックシューター、ドーナツを食べる。座った状態の下半身パーツもついてるので、こんなこともできますよ~。かわいい・・・。
DSCF0523.jpg

ゆるキャラ顔もついてるので色々遊べそうです。また登場しますよー!
DSCF0526.jpg

RCドラス

2010年 10月04日 02:04 (月)

時間がなくなっちゃったので、土・日の分を繋げて更新です。

あー・・・何か食べたくなったので、土曜の夜中にコンビニに行って色々買ってきました。
DSCF0500.jpg

最近はお菓子の量は少なめにしています。
多いという方もいましたが、これでも自分的には少ないんですっ!
ホントはブラックサンダーとスニッカーズもう1本とポッキーとコアラのマーチも買おうと思ったんですから~。
DSCF0503.jpg

で、何をしたかと言いますと、水槽からウザいファンを取り外しました。
いつもはきちんとそれぞれ箱に戻すんですが、なんか、チマチマやってるのも虚しくなり、そのままビニールに入れておきました;
DSCF0499.jpg

さて、土曜の夜に撮影した写真もアップしておきます。
金曜にやってきたパンタナルビッグアイドラス。コンコロと一緒に。
DSCF0473.jpg

そういえば、コリドラスも、ドラスってつくんだねー。コリドラスは「ヘルメットを被ったような魚」という意味らしいので、違和感はさほどないのですね・・・。なんか、アーマードキャット以上にコリの兄貴分みたいに見えます。
DSCF0477.jpg

色々調べましたが、まったく手がかりなし!
ググってもほんの数件しかヒットしないし、どれも違いました;何者なんでしょ?この方は・・・。
DSCF0478.jpg

なんか、このタイプの魚って、ラジコンみたい・・・。

真実の目

2010年 10月02日 02:14 (土)

まず、ブラックランサーさんが植木鉢の中でくるくる方向転換するおかげであちこち白く擦り傷ができてしまうため、シェルターを植木鉢からレジン製のロックシェルターに変更。
中が黒いので、より一層ランサーさんは闇と一体化する予感;
DSCF0444.jpg

時間もないことなので、さっさと本題に入りますね。

まず、ゴールデンさんをお迎えしようとお店に行ったんですが・・・。
彼ら、けっこう同種同士でケンカしてるところを見てしまいました。ガーン!
ベタみたいに体をくっつけて左右に振ったり、噛み付いてヒレを左右に揺さぶったりと・・・。
殺し合いはしないとのことなので、問題ないのかも知れませんけど、精神衛生上よろしくないので、大変残念ながら、お迎えは断念することにしました。

で、ゴールデンさんとほぼ同時期に、もう1匹気になるナマズを見付けていた私。
連れてきちゃいましたとも!ええ!

パンタナル・ビッグアイドラス。
DSCF0442.jpg

うちにいるアナドラス・アッパーテフェと似てるー!と思って比較ー!
全然違うー!
DSCF0447.jpg

見事に、完全無欠に別種です;
黒い小さなスポットが万遍なく入っているという以外、特徴らしい特徴がない。
DSCF0453.jpg

特徴がなくてもフォルムのカッコよさにどうしようもなく惹かれてしまいますね~。
ビッグアイというだけあって、確かに目が大きく見える・・・・・・ということにしておこう!うんうん。
DSCF0459.jpg

例によって、ほとんど動かないですね~。さすがドラスです!
DSCF0462.jpg

上からの図。けっこう細いです。単に痩せているからか、それともデフォなのかは不明。
刺激しないようにそっとプラケに手を入れると、途端にギーギーギーギー物凄い音を発し始めて・・・・。
まだ触ってもいないのに、自らヒレで私の指をガッチリ挟んでくるとんでもないヤツでした;血ィーーー!
DSCF0461.jpg

で、水槽へ。
こいつも動かない+見えない魚と化すんだろーな・・・・。
DSCF0464.jpg

動こーぜ?
動けるナマズはカッコイイナマズなんだぜ?
DSCF0471.jpg