TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

03月 « 2011年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

オキシジェン

2011年 04月27日 03:02 (水)

今回も当然、上遠野浩平作品です。

「酸素は鏡に映らない」
DSCF1459.jpg

これ、初のハードカバーなんですね。引っ張りだすとこんな感じ。
DSCF1460.jpg

この少年と、その姉と、落ちぶれた若手俳優が一応、この物語のメインキャラ達で、彼らが、寺月恭一郎の遺産を巡る冒険を・・・といった感じなんですが、これはもう思いっきりブギーポップです。ブギーポップが出て来ないブギーポップですw
タイトルの「酸素は・・・」といえばブギーポップシリーズに登場する柊(オキシジェン)しかないしね!
ちなみにブギーポップ関連でも最も進んだ位置にある話とも取れる。何せ"博士"の綽名を持つ女子高生が統和機構と関わってしまってる部分もしっかり書かれてる。
物語に登場する者達も、みんなどこかでそれらと関わってる人達ばかりで、ファンサービスとしか言えない内容。
でも、いきなりこの本から読んだ人は、なんのこっちゃ?と戸惑うかも知れない。


「それはどこにでもある、ありふれた酸素のようなものだ。もしも、それを踏みにじることを恐れなければ、君もまた世界の支配者になれる―」
ひとけのない公園で、奇妙な男オキシジェンが少年に語るとき、その裏に隠されているのはなんだろうか?
宝物の金貨のありか?未来への鍵?それともなにもかもを台無しにしてしまう禁断の、邪悪な扉だろうか?
ちょっと寂しい姉弟と、ヒーローくずれの男が巡り会い“ゴーシュ”の秘宝を探し求めて不思議な冒険をする、これは鏡に映った姿のように、あるけれどもなくて、ないけれどもある、どうでもいいけど大切な何かについての物語―

ダブル・タイガー

2011年 04月27日 02:41 (水)

何の種類なのかよくわからない魚というものが、ここではたびたび登場するんですが、今夜もそれ繋がりです。

はい、まずこのプレコ。
(ニューってつくけど、面倒なので呼ばない)ブラックタイガー。
プレコ王国なるサイトで読んだんですが、スターダストペコルティアとクイーンアラベスクタイガーは、実は同じプレコではないかという説があり、その中間とでも言ったらいいのか、ラインと水玉の両方が混じったプレコが存在するのですが、うちのブラックもそれにとても近いんじゃないかという気がしています。
皆さんは、どう思います?

※写真は水槽交換より前に撮影。
DSCF2181.jpg

もう1匹。上のブラックタイガーと違って、ますますワケのわからないプレコです。
もち、タイガー系というのは見た目で簡単にわかるんですが、一体それらのどこに属するのか全然、まったく、これっぽっちも、見当も予想もつかないですw
スポッテッドタイガー(こっちもニューが頭につくんですが;)という名前で売られていて、もう今年で4年目になる、かなりの古参プレコです。
DSCF2962.jpg

プレコとか見分けるのって、玄人でも難しいんだから、普通の私達にゃ当然できないのかしらね。

バランス

2011年 04月26日 02:58 (火)

お店に行くと、どうしてもこんなふうに無駄に食べ物を買ってきてしまう・・・。
本を読みながら何かを食べるっていうのが当たり前になっているので、ないと気が済まないんですよね;
DSCF2950.jpg

そんな中、ちょっと気になるものを買ってみました。
コレ、カロリーバランスなる商品。カロリーメイトと同じコーナーに置いてありました。何か、韓国から輸入されたものらしいです。
DSCF2954.jpg

しかしよくもまぁ・・・。メイトとバランスと変えただけという・・・。
内容はこんな感じで、2本×2袋という、量もカロリーメイトとおんなじです。
味の方は、カロリーメイトのフルーツ味、メープル味と比べると、カロリーメイトの方がうまいです。
でも、カロリーメイトのチョコレート味と比べると、こっちのカロリーバランスの方が全然うまいという感じです。
食感は、カロリーメイトよりクッキーっぽいです。アーモンド風味がやや強いかな。
値段はカロリーメイトの半分くらいです。かなり安め・・・。うーん、これならまた買ってもいいかも知れません。
ちなみにチーズ味もありましたが、今度買ってみようかどうしようか?
DSCF2955.jpg

菅野結以?ああ、十代の女の子向け雑誌のモデルの子ですね。
俺にこのメッセージポッキーとやらをくれるんなら、ファンになっても構わないぜ?
DSCF2953.jpg

孤高のフラットⅢ

2011年 04月26日 02:42 (火)

このところ、再び姿を見掛けなくなったフラットヘッド。
一体、どこにいるのやら?と思って観察していると・・・いました。
DSCF2904.jpg

この流木は、ミクロソリウム・ナローリーフを活着させてある流木なんですが、中が空洞で向こう側に貫通しています。
でも、ナマズ関係ならミクロシノドンティスとかドワーフバンブルビーキャットとかあとはハラ・ジェルドニーみたいな連中しか隠れられないほど、中は物凄く狭いはずで、普通の体型のプレコでは入り口付近にしか入れないんですけど、フラットという名は伊達ではないようです。
DSCF2911.jpg

各ヒレが赤みを帯びてシブくて綺麗になってきてはいるんですが、いかんせん何のフラットなのか全然わからないまま月日が流れていきます・・・。もう少し成長しないとわからないのかな?

もう1匹欲しいんですが、まだ売ってるかなぁ。
DSCF2913.jpg


デルヘジィ

2011年 04月24日 03:06 (日)

今月はあまり更新できなかったので、今のうちにバンバンやっておきましょう。

こちらは自室の新生雑居水槽(旧ゴールデン水槽)。

水流がやや強いので、ポリプは時々こうして休んでいるようです。
泳ぐ時はしっかり水流にも逆らうので、特にストレスではないように見えますが?
DSCF2931.jpg

今ではだいぶ人馴れして、私が水槽前へ行くと、すぃーっと寄ってきたりします。が、水換えの時はやや暴れるかなといった印象。
しっかしポリプに限らず、この水槽の住人達の環境適応能力はすごいですなー。まるで10年くらい過ごしてるみたいにフツーに生活してます。
DSCF2932.jpg

ラピッド・ファイアー

2011年 04月24日 02:58 (日)

移動からおよそ一週間が経過した魚達。さて、どうなったかというと・・・。

まず、一週間前のイエローピンクテールカラシン。
なんか、下のクラウンの方が大きい感じですけど;
DSCF2924.jpg

こっちが土曜、水換え後に撮影。
ヒレがボロけてるのは、まぁこのテの魚にはよくある話です。動くし、慣れないうちはあちこちぶつかったりするし。
でも、それ以外は特に問題なし。・・・・なんか、変化に乏しい魚だなぁ。
DSCF2948.jpg

急加速。凄まじい機動性なんですけど・・・。
DSCF2949.jpg

一方、ダブルトランクとの相性は、カラシンは特に今のところは問題なさげな感じです。
DSCF2940.jpg

ゴールデンさんは、隠れる場所ができてしまったので、やっぱり旧水槽とは比べ物にならないほど夜行性になってしまいました。まぁ、こっちの方が本来の姿ですから仕方ないです。もっと数がいれば動くかも知れないですが、今の状態で増やすというのは無理な話ですね。
DSCF2946.jpg

普段は動かないので、やはりトラブルは今のところ皆無です。クラウンと行動パターンが似ているからかな?

一緒にするなよ?

2011年 04月23日 01:48 (土)

懐かしの味、ゼリービーンズ。
物凄く久し振りに食べました。やっぱりうまいですコレ。
緑はメロン、紫はぶどうなど、それぞれ風味が違います。そうです、"風味"が違うだけで実際には全部同じ"味"です。
それらに似た香料を使ってるだけなんでしょう。でも、別にいいんです。私は好きですから。
DSCF2893.jpg

コアラのマーチ。これも昔からありますねー。このコアラの絵柄、209種類あるらしい。そんなに必要なんだろうか?w
DSCF2934.jpg

いつも行くお店でオヤジさんがくれたナチュラルアメリカンスピリットのサンプル。
これはお菓子じゃなくて煙草です。
DSCF2935.jpg

葉がしっかり詰まっているので長持ちですが、正直ライトは軽過ぎてお話にならない。なのでウルトラライトなんてもっとお話にならないだろう。が、メンソールライトはけっこうイケますね。他のはまだ吸ってないけど、どんな味なのだろう?前は試しにベリックを吸ったことあるけど、あれはイマイチだったな。
吸わない人にはわからないらろうけど、煙草というものはそれぞれの銘柄で味が全然違います。
今はブラックデビルとガラムの2銘柄に落ち着いているけど、久し振りにゴロワーズ・ブロンドも吸いたいなー。

ん?ヤメないのかって?
"好きではないけど習慣で吸っている"
"何となく吸っている"
"ヤメたいけどヤメられないから吸っている"

私をこれらと一緒にしないでくれ。
"好きで吸っているし、ヤメるつもりも今のところない"これが私です。ハイ。
DSCF2936.jpg

RG→GA

2011年 04月23日 01:31 (土)

色々と変更したので、データの方も修正しました。

水槽サイズ:61×31×40cm(テトラRG60)

水槽サイズ:60×30×40cm(テトラGA60)
水温:28℃
フィルター1:エーハイム2217(エーハイムメック+サブストラットプロ)
フィルター2:パワーボックスSV-5500(各種リング、ボール系混成ろ材+カキガラ)
底床:ガーネットサンド
水草:なし
水換え:週に一度1/2強

<収容魚>
パロットファイアー
ジュルパリ→(2匹から1匹へ。死因は頭部穴開き症)
レッドゲオファーグス
プンティウス・フィラメントーサス
コリドラス・アドルフォイ×2
コリドラス・メタエ
オレンジフィンカイザープレコ×2
ロイヤルプレコ
ニュータイガープレコ
ブラックタイガープレコ
インペリアルタイガープレコ
メガクラウンペコルティア
マスタードファントムプレコ
ブルーフィンプレコ
タイガーフィンサタンプレコ
ブラックアーマードプレコ(自室60cmらんちゅう水槽から移動)

その他、テトラのリフトアップライトLL-60をテトラLEDライト(45~60)に変更。ヒーター、タップ交換。
DSCF2815.jpg

カモフラージュ

2011年 04月23日 01:14 (土)

前回からずいぶんと日が経ってしまいましたが、再編成の続きになります。
何でこんなに更新しないのよ?って話なのですが、何せPCに向かうのがAM12:00過ぎなのでどうしようもないです。
PM18:30~PM11:00とか、ヘンな時間に寝てしまうのでこうなってしまうんですよね。

で、バンブルビーキャットというかグリプトソラックスというか、彼らをナマズ水槽へ移動しました。
この容器、実はハンドシュレッダーの裁断した紙が入る容器です。シュレッダー部分が壊れて捨ててしまい、残った部分、使えないかなと考えた末、これを思い付きました。ハイ。
大きさがちょうどいいので、小さな魚の移動に充分使えます!
DSCF2875.jpg

いつものように水合わせ。非常に元気であります。
DSCF2887.jpg

中に放すと・・・。
シャカシャカと右往左往しながら落ち着ける場所を探してました。
DSCF2888.jpg

一匹はゴールデン水槽と同じく水作エイトの周辺に。
DSCF2894.jpg

もう一匹は、ここに決めたようです。
DSCF2898.jpg

ああ・・・こいつとか。
DSCF2899.jpg

こいつとか。何でこうヘンなヤツばかり・・・。
DSCF2895.jpg

再編成

2011年 04月19日 03:03 (火)

皆様のブログにコメントできず、申し訳ありません。
せめて更新だけでもしておかなくてはなりませんね!

そんなワケで、日曜にゴールデン水槽解体&51cm水槽撤去作業を行いました。
DSCF2866.jpg

エーハイム2213を一度洗浄。とりあえずそろそろ一回やらなきゃと思っていたので。
DSCF2876.jpg

飼育水と一緒に大きめのプラケにポリプとトーキングを移動し、保温。
DSCF2870.jpg

迷惑な様子です。
DSCF2882.jpg

60cmらんちゅうのメンバーも全員、一度隔離。水槽台を51cmの踏み台×2と交換するため。
DSCF2872.jpg

NISSOの台と51cm水槽を片付けて、踏み台をセット。水を半分ちょっと捨てて旧メンバーを戻します。
で、いつもの水換えと同じく新しい水をいっぱいまで入れます。
その後、ポリプとトーキングのプラケごと点滴方式で水合わせも行いました。
DSCF2877.jpg

ローチ水槽に使おうかと思ったんですが、水量の少ないこの水槽を優先することにしました。
DSCF2885.jpg

ただ、上部式との併用なので、シャワーパイプがどうしても邪魔なので外して使用することに・・・。
DSCF2884.jpg

まだしばらくはこの状態で飼育続行なので、デュアルクリーンをグランデに替えられれば最強ですが・・・。
しかし、とりあえず作業は終了。
けっこうな重労働に見えますが、全然疲れてませんね。やっぱり好きなことって一生懸命になれるものです。
DSCF2892.jpg

神のみぞ知る?

2011年 04月17日 03:27 (日)

一緒の記事にすると長くなるので2つに分けてお送りいたします。
自室の51cm水槽からローチ水槽へ移動。
DSCF2848.jpg

こちらも自室のゴールデン水槽から、本人であるゴールデンもクラウンローチ達と一緒くたに;
どっちもサイズ的には同じくらいか?
DSCF2847.jpg

全体像。彼ら、力があるので、滞りなく捕獲成功したのに、やっぱり水しぶきでビシャビシャに。
DSCF2850.jpg

点滴方式で水合わせ中のゴールデンさん。余裕?の表情です。
DSCF2857.jpg

で、両方とも水合わせを丁寧にやって、ローチ水槽へドボン!
少しだけですが、イエローピンクテールカラシンは、動きやすくなったかな?という印象。
ゴールデンは、ゴールデンというより使い古した円玉みたいな体色に・・・・。馴れればもとの金色ボディに戻ってくれるでしょう!

中に放すと・・・。
DSCF2859.jpg

中に放すと、イエローピンクテールを仲間だと思うのか、クラウン達がやたらと動くようになり。迷惑そうである;
DSCF2864.jpg

とりあえずは様子見でいくしかなさそうです。ダブルトランクエレファントとの相性が心配ですが、先住だったファイアーマウスとレオパードクテノポマに比べると、どちらも機動性には優れているし、体格も全然違うのでイケるハズ!
ダメだったらまた考えるとしますかね?

モンスターズ・ガレージⅡ

2011年 04月17日 03:07 (日)

こんばんはー。というはおはようというか。

今回も地震対策・節電の一環です。
いよいよゴールデン水槽はおしまいです。やっぱりちょっと勿体無いなという気持ち。

ブラックアーマードプレコをプレコ水槽に移動。
DSCF2835.jpg

けっこう大きいような印象だったんですが、いざ他のプレコと一緒にしてみると・・・。
小さいですね!コレ。オレンジフィンカイザーの方がよっぽどデカイ・・・。
DSCF2842.jpg

とりあえず試験的にここで暮らしてもらいます。こいつはもしかしたらパロットに吸いついたりして鱗とかボロボロになりそうな気がしてますw
DSCF2841.jpg

無機質ブロック

2011年 04月16日 02:50 (土)

続けて更新しておきますか。
まぁ、大したネタではありませのであしからず。

何かというと、カロリーメイト。
この類の食品は、普通の食品コーナーにはないので、買わない人、食べない人はとことん無縁の代物です。

実は、私はカロリーメイト、比較的食べます。というか好きな食べ物のひとつだったりします。
昔から黒い文字のチーズ味と緑の文字のフルーツ味だけだと思ってたんですが、(飲むヤツもあり。こっちはマズかった)いつの間にかこの茶色い文字のチョコレート味と、ピンクっぽい文字のメープル味なんてのが出てました。私が知らなかっただけで、発売されてからけっこう経つんでしょうけどね。

味は・・・チョコレート味は最悪です。なんか、こう、豆腐にチョコレートを混ぜて乾燥させた感じしかしませんw
これは不人気だろう。
隣のメープルはそこそこイケます。もうちょっと甘くてもいいかなw
DSCF2779.jpg

写真にはありませんが、チーズ味もまぁまぁいいと思います。で、一番ウマイのはフルーツ味。
食べたことない人のために軽く説明すると、カロリーメイトって、ほんのちょこっとだけ湿気てボソボソした粉っぽいクッキーって感じ。でも、しっとり感は限りなくゼロに近い。中にはアーモンドや柑橘系のドライフルーツを細かくしたやつが入ってますね。
内容は1袋2本×2の合計4本入ってます。栄養食品というだけあって、見た目は笑っちゃうほど素っ気ないです。カンパンを細長くしてぶ厚くしたようなデザインですね。

気になる人は食べてみる?
DSCF2827.jpg

トリプル・カイザー

2011年 04月16日 02:30 (土)

こんばんは。

今夜も忘れず更新です!

たまたまカイザー3匹まとめて、うまく撮影できた画像公開でっす。

もう定番なんですけど、スターダストタイプ。
こっちはエッジの色がレモンイエロー。近年主流?になってるタイプですね。
成長はしたんですが、3年以上飼育してまだまだチビサイズです。なのにエッジの幅は狭くなってきてたり・・・。
DSCF2816.jpg

すっかり忘れてたけど、こっちの方が先輩だったっけ!
これはクイーンタイプと呼ばれる水玉がでかいタイプです。なぜか上のやつよりこっちの方が大きいです。
エッジは山吹色で、幅も広いです。なんでかこっちはエッジの幅が狭まらないんです。不思議だねー・・・。
DSCF2817.jpg

ラストはオレンジフィンブラックカイザー。
れっきとしたカイザープレコの仲間ですよん。
只今飼育開始からおよそ4ヶ月。大きさは変わってません。つーか、私が見る限りは、ですけど。
オレンジフィンブラックは、大きくなってもエッジが消えることはないらしい。なんでなん???
まぁ、これでエッジまで消えたらただのプレコだしねー・・・。
DSCF2831.jpg

奇蹟と災厄

2011年 04月14日 18:13 (木)

上遠野浩平「ブギーポップ・カウントダウン エンブリオ浸食」

「VSイマジネーター」以来の上下巻の上。

blog249 009

人の心の中にはひとつの卵があるという。その卵は心の中で表向きは無いことになっている何者かを貯えながら育っていき、殻の中で生まれ出るその日をずっと待ち続けているのだという。それが殻を破ったとき、その可能性はこのぼく、ブギーポップをも凌いで、世界を押し潰すかも知れない。…そして卵の指し示す運命はここにひとつの対決を生み出す。一人は既に最強で、もう一人はこれから殻を破る。だが宿命の秒読みは二人が出会うそのときまで刻まれ続ける。最強と稲妻、この二人は己の生きるたったひとつの道を見出すため、多くの者を巻き込み避けえぬ激突を迎えることになるだろう―謎のエンブリオを巡る、見えぬ糸に操られた人々の死闘の第一幕がいま上がる。

中学生の穂波弘は、姉である顕子との待ち合わせの時間まで、ゲームセンターでヒマを潰すことにした。
しかし、お気に入りの筐体が塞がっていたため仕方なく、持ち歩いている携帯ゲームで遊んでいた。
「おや、君もそのゲームやるのかい?」
声を掛けてきたのは、灰色の服を着た男だった。彼は弘にゲームの対戦を持ち掛けてきたので、弘は受けて立つことにする。結果、ゲームは弘の圧勝で、男のデータの中から貰えるアイテムを物色中・・・THE EMBRYOという聞き慣れない名前のアイテムを発見する。レアアイテムだと思い、それを自分のゲームへと保存した弘は、そのまま姉の元へと向かう。
姉の顕子、そして彼女のバイト先の同僚で、顕子が密かに好意を持つ青年、高代亨と合流した弘。
そんな彼らの前に、物騒な雰囲気の三人組が現れ、弘に「例のモノを渡せ、さもなくば」と恫喝を加える。何のことだかわからず混乱する弘だったが、亨が三人組を撃退し、その場は収まる。

しかし、最初に弘に接触した男は、サイドワインダーという名の統和機構を裏切った合成人間だった。弘のゲームの中に保存されたTHE EMBRYO(ジ・エンブリオ)は、意志を持つエネルギー波であり、その声を聞くことができた者は、本人の意志とは無関係に、眠れる才能を引きずり出され、災厄に巻き込まれることになるという・・・。
そして、そのエンブリオ回収の任務を担当することになり、派遣されてきたのは、統和機構でも最強と呼ばれる男、リィ舞阪(フォルテッシモ)だった。

で、敵の急所を線として見切ることができる能力に目覚めた高代亨とフォルテッシモが戦うという、手に汗握るバトル小説といった感じで、上遠野作品の中でも個人的にはかなりの傑作です。

ハルヒはオマケ

2011年 04月14日 17:29 (木)

連続更新です。

こっちはいつものヤツ。でも今回はちょっと違う。ねんどろいどでもfigmaでもありません。

「SOS-01 ハルヒロボ」
DSCF2799.jpg

こういうのについてる可動フィギュアは顔が全然似ていないことが多いんですが・・・。
このバニーハルヒ、出来栄えが大変素晴らしいです。
DSCF2805.jpg

顔がfigmaハルヒによく似ていて好感持ちました。
DSCF2806.jpg

欠点は、まぁ・・・可動域を広げるためなのか、胸と下半身がすぐにポロっと外れてしまうんで、ハルヒロボと一緒に動かすと外れまくりでやや遊びづらいですね。
でも、それは買う前にわかっていた納得済みのことなので別にいいです。
本当はこれをメインに色々ポーズを・・・と思ったんですけど、ハルヒの出来があまりに良いので、ハルヒロボの方がオマケになってしまいました。でも、これは別のfigmaでも充分使えるらしいので、そっちで楽しむことにします。
DSCF2809.jpg

ポーズを取らせたりFfigmaと絡ませたりと遊びたかったんですが、この時寝てしまったんで、写真はありません。
近々再度登場させることにします。
DSCF2810.jpg

オモチャのくせに物凄くスタイルが良くて、何だか許せない気がするのは自分だけなんだろうか?w
DSCF2813.jpg

リニューアル

2011年 04月14日 17:17 (木)

皆様、こんばんはです。
ここ数日、更新してなかったのは別に体調不良だったからというわけではなく、単にあれこれ探し物やら調べものやらしていたら更新する時間がなくなってしまったという他愛もない理由です。
なので、さっさとやってしまわないと、数日遅れどころかまた一週間分遅れてしまいますね~;

とりあえず、先週分からいきましょう!

テトラの60cm水槽とLEDライト。両方買いました!
でも、別に水槽を増やすわけではなく、これも地震・節電に伴うものです。
DSCF2785.jpg

やろうかどうしようか迷っているうちに時間が過ぎてしまい、結局作業は夜になってからやりました;
水槽の中身を全部出して、水槽をどけて、周りを雑巾で綺麗に拭いて、コンセント周りも掃除して水槽設置。
最初に隔離していた連中は水槽設置してからさっさと戻しました。スピードがものを言う作業です。
DSCF2789.jpg

こっちは後続組。大きめのプラケに飼育水もたっぷり確保してます。
DSCF2787.jpg

水槽交換と水換え作業自体はびっくりするほど早く終わったんですが、流木を組むのち手間取りました;
それでも何とか終了。
45cm~60cm用のライトなので、まぁそんなに明るくはないですが、それでも魚を観賞するには困りませんね。
流木が前面にあるので物凄く暗く見えます。でも、この暗がりはプレコにとっては好都合なようです。
DSCF2791.jpg

スイッチを切り替えると青いランプだけを点灯することもできます。が、個人的にはあまり意味がないな;
DSCF2794.jpg

そしてテトラのヒーターを2シーズン使用して、しかもだいぶ汚れてきていたので、コトブキのヒーターと交換。
タップも何だかスイッチにのところがチカチカして嫌な感じだったので、こいつも処分しました。
ヒーター・・・まだ使おうと思えば使える。勿体無い・・・でも、魚達の安全の方が大事ですよね!
DSCF2795.jpg

ブラウン・クラウン

2011年 04月09日 03:17 (土)

連続更新です。先週のクラウン水槽の様子。

掃除が大変なうえ、もはやちっとも綺麗じゃない砂利であるリアルブラウンを吸い出して洗い、ゴールデン水槽に使っていたシャインシルバーサンドに変更しました。
DSCF2727.jpg

ベアタンクに切り替えた方が今後の移動の時にもラクなんですが、さすがにこの魚には砂がないとストレスかな?と思って、薄めに敷くことに。
DSCF2728.jpg

薄めの方が、吸い出す手間も少しで済むしね!
DSCF2729.jpg

クラウンがうちの看板だったハズなんですが、カテゴリの記事の少なさよ。
そりゃそうですね、撮影しづらいうえに出て来ないんじゃお話にならんですよ。
DSCF2734.jpg

環境が変わると、大抵は少しの間は出て来るもんなんだけど・・・。
DSCF2735.jpg

もう2011年だよ・・・。
DSCF2736.jpg

もう2011年だってのに、まだこれかね、クラウンは?
DSCF2737.jpg

解散の足音

2011年 04月09日 03:05 (土)

こんばんはです。
できなかった分の更新を今更ですがやっておきます。
といっても、過去写真の中からですが。

ゴールデン水槽。
こいつの正体はいまひとつわからんままですが、グリプトソラックスの一種でいいのか?
まぁ何にせよ小さいながらも少しは成長し、2匹とも元気で今日に至ります。
ランサー系の特徴もあり、フォルムはピカイチですね。
DSCF2687.jpg

そして、少し変化も見られました。
順位が変わりました。
何せシノドンのヤツがドンドンでかくなり、ついにはゴールデンと並んでしまいました。
ゴールデンがやられるほどではないですが、ちょっとウザそうです。
DSCF2692.jpg

でかくなっても柄もシャープさも相変わらずだし、カッコイイの一言ですね。
もうこのシェルターでは少し小さいので、何とかしてやろうと思います。
DSCF2694.jpg

奇妙な魚達・意外な組み合わせ・シンプルなレイアウトというスタイルで、好き勝手にやってきたこの水槽・・・。
みんなそれぞれバラバラになっていくわけですが、もうすぐ解散かと思うと、なんだかちょっと寂しいなと思ってしまいます。

これだけははっきり言えますが、この組み合わせは、もう二度と、たとえ他所のブログであろうと見ることはできないでしょう。

生き地獄

2011年 04月08日 17:34 (金)

お久し振りです。
このところちっとも更新できなかった理由は・・・。
私、ノロウィルスに感染しまして、ダウンしてました。以下、その記録なり。(時間はおおよその時刻)

<04/04>
AM9:00~
いつも通り仕事。
PM13:30~
胸焼けが起こる。タバコの吸いすぎかコーヒーの飲みすぎみたいな症状。
PM14:00~
二件目の現場へ。気分はよくならず。仕方ないので雇い主に訴え、休憩。
PM15:00~
気分はますます悪くなり、寒気も起こる。
PM15:30~
吐き気を催す。
PM16:00~
ガマンできずにトイレへ。便器に座った途端、水のような便が出る。さらに嘔吐。
PM17:00~
雇い主に明日は休むと言い、帰宅。気分が悪くて歩くこともできず。胃袋を直接蹴り飛ばされたみたいな激しい嘔吐。発熱。37.3度。寝込む。
PM18:00~
嘔吐を繰り返す。下痢もしてるが、気持ち悪くて動けず。ほとんど前後不覚。熱は38.8度。

<04/05>
嘔吐はおさまったものの、精神的・肉体的疲労・関節痛が酷く、動くこともできず。喉が渇いても吐き気が怖くて飲まず食わず。夜になって少しだけオレンジジュースを飲む。兄が2週間ほど前に同じ症状で寝込んだので、その時病院で貰った薬を飲む。熱は38度を下回らず。

<04/06>
熱は37度代まで下がる。飲み物は少しずつ飲めるようになったが、食欲は沸かず、ほとんど食べず。熱は夜には微熱程度まで下がる。
<04/07>
少しずつ回復。食欲は戻らないが、それでも何とか食べられるようになる。熱は平熱まで下がる。起きている時間を増やす。
<04/08>
で、本日は普通に起きて元に戻ってます。

休んで2日目に雇い主に連絡を入れたら、あんまり長く休まれるとなんとやら。あんまりって、電話した時点で2日目だぞ?こいつ、ホントに自分の都合以外どーでもいいんだな。あんまりグズグズ文句抜かすようならヤメるつもりでいる。同僚も心情的には同じはずだ。なんなら同時にヤメてやろうかね。言っとくが、雇い主一人でやれる仕事ではない。

雇い主の思いやりのなさを改めて再認識してうんざりしつつ、感染原因も特定できました。
実はその前の土曜日、老人福祉施設へ仕事に行って、そこでは私はいつも"い・つ・も"トイレ担当・・・。そこ以外にあり得ない。
はっきり言おう。これは大問題である。施設名を公表してやってもいいくらいだ。
そもそも、この手の施設では毎年O-157だのインフルエンザだの色々出る。だからある程度はやむをえないとか思ってるんだろうか?とばっちりを受けるのは雇い主じゃなく、その下で薄給でコキ使われるこっちなんだよね。

介護業界もかなり厳しいという話は聞くが、人手不足だからといって絶対に手を抜いてはいけないのは衛生面だろ。

これは金だな。
もう金しかないな?
金持って来い!

と思う。

しかし、今後もこんな目に遭うことを考えると、とてもじゃないが、もうやってはいられないな・・・。
あんな思いは二度とごめんだ・・・。初日の夜は殺してくれと思ったくらいだった。

最後に、少し痛々しい画像なので、見たくない方はスルーして下さい。

私の細い体なんて見ても気持ち悪いだけでしょうが、それでも見て下さい。この傷、傷、傷・・・。
DSCF2758.jpg

実は火曜になるまで気付かなかったのですが、どうやら吐き気でのたうち回ってるうちに自分で爪を立てて傷つけたっぽいです。

これだじゃなく、首にも背中にも、もっと肉までバリバリ食い込んでる部分もあったりして・・・。
私の手はまるで人でも殺した後みたいでした;
DSCF2756.jpg

私は嘔吐に対して強いトラウマがあり、これだけの吐き気に見舞われても、胃の内容物を吐き出すことができませんでした。出すべきなのに出せないというのは、非常に苦しいです。出そうになると、私の意志とは無関係に体の方が勝手に反応してしまい、逆流を止めて胃に戻してしまうんです。そしてまたすぐに吐き気という最悪のサイクルに・・・。
これははっきり言って地獄の責め苦です。

嘔吐恐怖というやつなんだろうと思う。これも病気といえば病気かも知れないですね。

失敗の序曲

2011年 04月03日 04:21 (日)

ポリプに生きた魚を餌に与えたのは、何だか失敗のような気がしている。

今後、90cmに行けば、当然他の魚達も一緒。魚を食うことを覚えてしまうと、他の魚に対してもちょっとヤバイのではないかということに気付き・・・。

急遽、混泳訓練2匹目を実行することに。
DSCF2697.jpg

そんなわけで、そこそこの大きさで、食われる心配のない魚ということで、イエローピンクテールカラシンを1匹お連れしました。
DSCF2696.jpg

MAXサイズは20cmくらいだと思う。素早いので攻撃もするりとかわしてくれるはず。
DSCF2703.jpg

昔ながらの中型カラシンなんですが、あんまり飼ってる人は知りません。
性格は荒いという意見もあれば臆病という意見もあり、そのへんはちょっとわからんのです。
DSCF2708.jpg

お店の人によれば
①環境に馴染んでくればよく動くので、しばらくの間はケガをすることもある。
②飛び出しに注意。

だそうだ。
DSCF2711.jpg

入れてみると、思ったとおりポリプはストライプの時とは全然反応が違ってました。
DSCF2715.jpg

このサイズなので、餌だとは・・・さすがに思ってないだろうけど、ちょっと噛み付こうとしたりする行動が目立つ。
今回ばかりは仕方ない。多少のケガはやむを得ない。そもそもこいつと上手くいかなければ90cmにすら入れられないからなー。打たれ強そうな外見をしているので選んだんだが・・・。
DSCF2718.jpg

しばらくは様子を見るしかない。

でも、一晩経ったら噛み付き行動は少なくなってはきています。もっと馴れればやらなくなると思うんだけど?
DSCF2719.jpg

※ちなみにピンクテールカラシンには数種類いるらしい。

ホースバンド

2011年 04月03日 04:02 (日)

こんばんはというはおはようございますというか。
とりあえず混合記事です。

まず、私の指に注目!
えー、別にシルバーリングをつけてるわけではなくてですねぇ。
DSCF2724.jpg

ホースバンドです。これも地震対策の一環です。
エーハイムのフィルターには、ホースとパイプを繋げる部分になんでかナットがないので、怖いんですよ。
専用のホースバンドも売ってますが、名前がエーハイムというだけで1個500円ってのはムチャだろ?
ちなみにこっちは1個128円で安いです。しかも2年間保証つき!
DSCF2725.jpg

他にはネット、ホースつなぎ、ポリプに食わせるカーニバル、写真にはないけどプロホースと赤虫なんかを買ってきました。
DSCF2726.jpg

そして、餌金を買いました。
DSCF2699.jpg

ポリプは当然おいしくいただいたんですが・・・。
DSCF2701.jpg

こっちの水槽にも試しに入れると、ゴールデンはさすがに食うね。
ゴールデンなのに金魚とは、なかなか気の利いたジャークじゃないか?
DSCF2707.jpg

混泳訓練

2011年 04月02日 02:35 (土)

さて、今後90cmに移動することになるデルヘジィ。
今回は、他の魚との同居に慣れてもらうためにちょっとやってみました。
DSCF2622.jpg

まず、第一号は、ストライプトーキング。
つーか、本人がまず馴れなければいけないことを思い出す・・・・。
動くときはこれだけ動くのだから、普段からもっと泳げば人気は出るんだろうな・・・。
DSCF2628.jpg

結果はまずまずじゃないかと思う。
硬い体にデルヘジィのヒレが当たって血が滲んだりもしたが、今は治ってます。
DSCF2668.jpg

広い環境に移れば、お互いにもっと距離をとれるので、ケガの危険度も下がるだろうと思われます。

これこれ、枕ではないぞ。
DSCF2671.jpg

そんなこんなで、第二号は土曜更新です。

皆さんのブログに行けなくてごめんなさい(謝)