TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

06月 « 2011年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

マジック・カード

2011年 07月31日 02:59 (日)

本屋さんに持っていくと本が買える魔法のカード。

実は母親が貰ったんですが、彼らは本を読まないので、使っていいとのことでした。有難くいただいたのをすっかり忘れてましたw
だったら使おうじゃないか!ということで。
DSCF4567.jpg

前作「ブギーポップ・アンノウン 壊れかけのムーンライト」からおよそ半年振りの新作で、ソウルドロップシリーズとしては「クリプトマスクの擬死工作」以来1年5ヶ月振り。

「ソウルドロップ幻戯録 アウトギャップの無限試算」

あなたはあまりに見事なマジックを見て、つい『もしや超能力では』と思ってしまったことはないだろうか。
誰にも見破れない奇術がもしもあったら、それは奇蹟と変わらないのではないのか。その区別がつかなくなったらどうなるか。辛辣な現実を前に、手品はどこまでミラクルになれるものなのか
──これは、そのことに挑んだ奇術師の物語である。しょせんは小手先のトリックとハッタリだけで彼らが立ち向かう相手はしかし、奇怪そのものの謎の怪盗だった。
"生命と同じだけの価値のあるもの"を巡る異様な事態を前にして、彼らが最後に頼るのは計算でも技術でも運でもなく、不思議さがないのが不思議な変わった“少年”の先生で・・・・・・。
DSCF4580.jpg

日曜にじっくり読ませてもらいまーす。
このシリーズはまだ紹介してなかったかしら?まぁ、おいおい1作目から記事にしていきたいと思います。

意外な顔ぶれ

2011年 07月31日 02:39 (日)

こちらは今夜の水換えの時に撮影しました!
疲れていたので今日はプレコ水槽の方はやりません・・・つーかフルでコキ使われて時間がない。

今日はあんまり見られない組み合わせの写真ですよー。

バンジョーは定番ですけど、隣にいる細いのは・・・アキシスキャット。2匹ともちゃんと生きてますとも!
しかも、少し大きくなってます。
DSCF4569.jpg

上:ハラ・ジェルドニー。
下:アキシス
似たようなナマズだと思いきや、体型はやっぱり完全無欠に違いますね!オトシンとの組み合わせもあまりない?
DSCF4571.jpg

うーん・・・なんかマンゴイスキャットみたいな形?レッドテールキャットのベビーみたい?"しゃもじ"っぽいです。
DSCF4573.jpg

他のナマズもちょっとだけ。ミクロシドンティス・バテシー。これでMAXサイズなのか?大きさはアキシスよりも気持ちデカイかな?って程度しかありません。
DSCF4575.jpg

こうして手に載せるのも久し振りです。成長確認のためにやってるんですけど、ここんとこ全然大きくなってないので、多分これでMAXなのかも?
上の小さな連中がいても、ちっとも食おうとしないので助かりますw
DSCF4576.jpg

蘇る処分品

2011年 07月31日 02:26 (日)

コーヒーの木。
なかなか綺麗な緑色です。
植え替えしてからそんなに経ってないんですが・・・。
DSCF4549.jpg

よーく見ると新しい芽が出てきました。
順調にいってるようです。明るい場所を好みますが、ある程度は日陰にも耐えるそうなので、この場所でも問題なく育成できそうです。
DSCF4551.jpg

あちこち家の周りを見ると、裏手の方に使ってないプランターとかが積まれていて、その中からこんなの見つけた!
これは垂れたペンキを削って、うまいこと下側と底の部分を切断できればシェルターとして使えそう。
DSCF4556.jpg

もうひとつはこれ。なかなかいい感じです。見た目はどこぞの遺跡から発掘されたような感じですけどw
どちらも酷く汚れていて、このままでは捨てるだけだったので、一度綺麗に洗ったら見事に蘇った!
DSCF4555.jpg

鉢底の石。母親の鉢の植え替えの時に出たもの。こんなモノでも金出して買わなきゃならんので、捨てるのもったいないじゃん?
DSCF4559.jpg

ファットボーイ・スリム

2011年 07月28日 01:41 (木)

最近、めっきり登場しなくなったローチ水槽のゴールデン(IRT)。
このタコツボがよほど気に入ったのか、この水槽に来て以来、ずっと入ってます。
DSCF4520.jpg

ショップの水槽ではシェルターなしの複数管理で、元気よく泳いでいたものだが・・・。やはりナマズなんだなーと思わずにはいられません。
最近では赤虫をタコツボに吹き付けると、顔だけ出して赤虫を食く→そして引っ込むという堕落っぷり・・・。
DSCF4521.jpg

色々と突っ込みたくいところもあるけど、今日はまぁ、コイツではなくて。
この方なんですね。ドワーフバンブルビーキャット。
2年ほど前に1匹だけ購入したヤツなんですけど、この名前で調べてみると何だか体型が違うヤツばかりヒットするので、どういうことだ?と思い続け・・・。
DSCF4537.jpg

検証目的ではないけれど、今年入荷したコロンビア表記の個体を2匹購入。うち1匹は上のヤツと同じ、ずんぐりむっくりな体型になったので、ドワーフバンブルビーなんだなと思いきや・・・。
もう1匹は明らかに体型が違うんですねぇ。 おっとっと、これじゃ見えないですよね?
DSCF4512.jpg

じゃーん、どうです?全然違うでしょ?お店ではオスメスなんじゃな~い?と気楽な口調で言われましたがホントにそうなんだろうか。こっちは流れのあるところに住んでる体型をしてる気がするのですが。
こんなにわかりやすい雌雄差があるとは思えないんだけどなー。
ついでに言うと、ドワーフ~で調べて出てくるのはコイツなんですよね・・・。コイツがドワーフなら、じゃあ上のは何なんだということになりますw
どちらも同じ名前で流通するという厄介さなので、きっと何の区別もされんのだろうな、やっぱり。
DSCF4522.jpg

トネリコの未来

2011年 07月28日 01:26 (木)

こんばんは。昨日は更新できませんでした。

今夜はまず植物記事からいきたいと思いますが、いかがでしょ?
両親が買い物に行った際、鉢があったらお願いしますと頼んでおいた鉢をそのままにしておくわけにもいかないので、時間ができたときに植え替え作業なんぞ。
DSCF4489.jpg

手順は以前のとおりです。
とりあえず買った時の陶器製の鉢から引っ張り出すと、やはりビニール鉢に入ってました。
DSCF4490.jpg

これは鉢の表面に使われていた砂利。水槽にはちょっと使えないし、土嚢袋か花壇行きですネ。
DSCF4491.jpg

うーん・・・けっこう根が張ってます。これではもうキツイので、植え替えは正解だったかしら。本当は適した季節があるんですけど、仕方ありません。
DSCF4493.jpg

観葉植物の土をある程度入れたら隅を細い棒とかでつついて中に沈めて、また土を盛る。私はけっこう多めに盛ってしまうんですけど、ホントは七分目くらいが一番いいんだそうな。
DSCF4494.jpg

鉢底から透明な水が出るまで水を注いでおしまいです。
トネリコって、物凄く覚えづらい名前。最初はトリネコとかトリコネなんて覚えてしまってましたw
でも、トルネコと覚えるよりはマシかな。それでは救いようがないじゃないか?!
DSCF4500.jpg

お~っと、使わない鉢はちゃんと洗って保管しておくのが基本だぜ?
DSCF4496.jpg

スペース・インセクト

2011年 07月25日 17:25 (月)

ずっと昔から地球に生息しているのに、どう見ても宇宙からやってきたようにしか見えない魚がいますよね?

たとえば彼ら。我が家では定番の連中ですけど;

アナドラス・アッパーテフェ。
もちろん正確な名前じゃないけど、色々調べて比べた結果、それに近いんじゃないかと思う。
アナドラスの仲間は砂に潜ります。コイツは全然潜らないんですけど、それは単にガーネットサンドをそれほど厚く敷いてないからです。
ストレスになるかも?と思いましたけど、全然そんな感じもないので放っといてますが、元気です!
しかし、なんて潜るのに適さない体型なんだろ。バンジョーキャットみたいにもっと扁平でも良さそうなもんだけど。
DSCF4406.jpg

上の写真にもちょこっと映ってますけど、こっちの方は体型がちょっと違います。チラっと見えてるスポッテッドトーキングはアンコウみたいだというのに。

オプソドラス・ステュベリ。
本当はステュベリではないです。単にオプソドラスの一種ではカッコつかないもんでw
ステュベリは体にこういうスポットは入らないらしいです。
隠れたがりが本分のこのテの仲間にしては極めて異端なヤツで、底面すれすれを滑るように泳ぎ、スピードは物凄く速いです。ヒゲが枝分かれしていて、それがセンサーになっているものと思われ・・・。
基本的にシェルターとか流木の下にはあまり隠れません。いつも底面にこうして(基本的に臆病なので、人が近づくと当然逃げますけど)ドンとしてることが多いです。
数匹で飼育して水流をつければ泳ぎ回る姿が拝めるみたいですが、いかんせん入荷がない。なさすぎるぐらいにない。この1匹だけでも入手できたのは奇跡かも知れません。お店の人ですら名前も見た目もほとんど把握してなかったし・・・。
これ以上に細長い体型をしたアンテナドラスというのもいますが、そっちも幻のドラスですねー。
○○コンコルドキャット、○○ビッグアイキャットという名前のナマズも、大抵はこのドラスの仲間になるのかな。
不思議なもので、この仲間にはロングノーズが存在します。コリドラスじゃないんだから;
DSCF4478.jpg

律のインプレッサ

2011年 07月25日 17:05 (月)

結局買ってしまいました、けいおん!チョロQ。
さすがにダブりかな?と思いましたが、今回は律っちゃんでした。
DSCF4463.jpg

ではでは、さっそく前から。これは何の絵なんだろ?笑ってる口かな?
DSCF4482.jpg

後ろ。ドラムセットの絵。ドラムって、けっこう難しいんだぜ?
DSCF4483.jpg

上から。この丸いのはたんこぶ!
DSCF4486.jpg

左。
DSCF4484.jpg

右。
DSCF4485.jpg

あとは、唯のパッソと澪のNSXで、とりあえず5台揃うけど、シークレットも2種類あるそうな。
別にムキになって全部揃えようとは思ってませんwそういう性格ではないので。
DSCF4487.jpg

失敗・失態

2011年 07月24日 04:13 (日)

大仰なタイトルですが、別に大失敗ってわけではないんですけど・・・。

いや、ナマズ水槽の水換えのときについうっかりねー。

ろ過槽のチェックをしていて、ろ材を入れている水切りネットがいつの間にかボロボロになって破れてしまってたんで・・・・。
DSCF4437.jpg

これじゃいかん!と、新しいのに交換したんですね。
DSCF4434.jpg

いつもはここで、排水口にビニール袋を被せて、そのなかに濁った水を一旦排水してしまうんですけど、今日はナニを思ったか、そのままフィルターの電源を戻してしまい、汚泥が水槽内に大逆流してしまったというワケです。
幸い、水換え前だったので、何とか大丈夫でしたが、水換え後では、精神的にキツイでしょ?
今までの水換えは何だったの?みたいなw
DSCF4438.jpg

でも、調子を崩すこともなく、みんな元気そうなので、まぁ良しとしますか。

ぬぼーんとブラックランサー。彼、実は前に尾びれが避けた時、条が1本無くなってしまい、それ以来ずっと再生しないままで、尾びれが上下に分かれてます。

ところで、この魚、飼ってる人ってあんまりいないのかしら?
DSCF4442.jpg

最後にハラ・ジェルドニー。
環境に慣れるとこんなふうに、明るい場所でも見ることができるようになります。
出て来ないなんて嘆いてる人。根気よく飼育しましょうね!
DSCF4444.jpg

最後にちょっとネタありですよ;;

続きを読む

緑は増える

2011年 07月24日 03:50 (日)

前回すぐにアップするとか大ウソぶっこいてましたね。
今回こそ忘れずにやります。

コーヒーの木。
葉っぱの色が渋くて気に入りました。まだ小さいやつなので値段も198円と安かったです!
DSCF4399.jpg

ヒメモンステラ。ずーっと探してや植物です。なんか水槽とかとも相性いいんじゃないかなーと。
DSCF4400.jpg

植え替え作業は以下のとおりですよ。

①鉢底にネットを敷く。使っているのは水切りネットですが、これでもいいです。
②鉢底の石。軽石みたいなものですが、これを適量追加。
③後は観葉植物の土をせっせと盛っていきます。
④鉢の隅を全体的に細い棒などでつついて、土を中に沈める。その後、再び土を追加して終了。
DSCF4414.jpg

植え替えた後。これはついでにやったテーブルヤシ。素焼きの四角っぽい鉢に入れました。
DSCF4415.jpg

コーヒーの木。
グレーと茶色のツートンカラーの鉢がなかなかオシャレ。個人的に一番気に入りました。
DSCF4418.jpg

ヒメモンステラ。
この鉢はとりあえず100円ショップで買った鉢に。水受け皿もセットでお買い得。
DSCF4419.jpg

やべぇ・・・。ちょっと増え過ぎかな。ライムグリーンのポトスとデザートローズも入れれば6種類・・・;
DSCF4420.jpg

ショットガン

2011年 07月22日 17:48 (金)

こちらは魚関係なので、別記事にさせていただきますよ?

実は、けっこう前に、2匹目のブラントノーズガーも既にお亡くなりに。
至近距離から銃身を切り詰めたショットガンで撃たれたら、人間もきっとこんなふうになってしまうに違いないという印象を受けるような破壊されまくった残骸でした。
尻鰭から下は、枝を折ってねじ切ったように変形していて、頭にいたっては両目も下顎も吹っ飛んでましたw

殺ったのは100%、イエローピンクテールカラシンしかいない。隣に写ってる殺し屋ではないです。
原因は、おそらく体型的・色彩的にも近いものがあったので攻撃したんじゃいかと思われます。
たま~にローチがちょっかいをかけると追い払う程度だったり、逆にダブルトランクエレファントがただ近づいただけでビビって逃げたりするんです。おかしな魚ですね。
DSCF4316.jpg

あまり言ったことありませんが実は私、オスカー、アロワナ、アミアカルバなどの大型魚出身なんですよね~。この光景はかわいそうなと感じつつ、けっこう懐かしいかな?とも同時に思ってしまいました。

イエローピンクテールの場合、それでもダブルトランクエレファントに比べればはるかにマシかなと。
"相手を攻撃した時に、結果として死なせてしまう可能性がある"と、"気に入らない相手を殺す意図しかない"とは根本的に違いますしねー。タチの悪さではダブルトランクが今のところ一番かな。
ジュルパリも本来ここに入れる予定だったので、そのままでいたら確実にダブルトランクに一撃必殺でやられていたことでしょう。

何が言いたいかというと、我が家の混泳、何気に成功していると思っている人もいるかも知れませんが、これでも思考錯誤の連続でここに辿り着いたというわけで。
あまり一般的ではないので、真似しようとしている人、ヤメといた方が無難ですw

小さな発掘

2011年 07月22日 17:27 (金)

今、仕事がヒマな時期(といっても突然忙しくなることもあるけど)に入っているので、今日は休みでした。
なので、家でグズグズしていても仕方ない。あまり暑くもないので、車で小一時間ほどの距離のホムセンまで出掛けてきました。
買ったものは別に大したものではないんですけど;

ウールマットの最後のストックを開封したので、在庫確保。
DSCF4395.jpg

特に使用目的があるわけではないんですが、追加するならしてもいいかな?という理由でリングろ材を1箱。
このろ材、安価で使いやすいので、私はけっこう気に入ってます。
同じメーカーのポーラスリングというのもあり、そっちの方が欲しかったんですが、予算がちょっと・・・。
DSCF4396.jpg

後は観葉植物を2鉢ほど購入しました。まだ植え替えをしていないので、別記事として夜にでもアップするつもりです。別に見たくないって?まぁ、そう言わないでくれ。

帰宅してから鉢を探していたら、倉庫の中からこんなものを発掘しました。
これも鉢なんですが、中で繋がっていて・・・もしかして、今後水槽拡張したらローチのシェルターに使えるんじゃね?と思い、キープすることにしました。
DSCF4404.jpg

いや、見た目があんまりよろしくないので使わない可能性も大なんですが、とりあえず綺麗に洗って保管しておきましょう!

紬のi(アイ)

2011年 07月21日 17:06 (木)

大体、おわかりでしょうけど、けいおん!チョロQを開封しました。
ダブリを危惧しましたが、ダブりませんでした。奇跡だ。
DSCF4348.jpg

まず、正面。痛車らしからぬシンプルさ! 正直、ちょっと意外。
DSCF4360.jpg

後ろ。紬はキーボード担当なので、ちゃんとキーボードの絵が入ってます。
DSCF4359.jpg

上から。紬って、なんかちょっとベルダンディー入ってるような・・・?
DSCF4356.jpg

左。
DSCF4354.jpg

右。左右で絵は違います。
DSCF4352.jpg

デザイン的には悪くないですネ!
DSCF4358.jpg

最後に。
コレって、何に使うんだ?w
DSCF4362.jpg

大恐慌

2011年 07月21日 16:54 (木)

さて、さっさと記事にしないとタイミングがズレて結局ボツに、なんてことになりますもんね!

①みすぼらしいローチ水槽。
②今回は砂をプロホースのホース部分だけを使って全部吸い出しました。
③ゴールデン(インドレッド)。こいつもローチ並みに臆病;
④ろ過槽。まだまだろ材が入るなとか思ったものの・・・・。
DSCF4365.jpg

砂を吸い出した時の様子。パニック起こしまくって20枚撮ってまともに映ってるのはこれだけという情けない結果。
DSCF4367.jpg

で、砂を戻した時は戻した時で物凄い勢いで暴れ回る・・・。情けない話である。
言っとくけど、そうならないようにと静かにやってこれですからね。
DSCF4374.jpg

①吸い出した砂は飼育水で洗いました。これだけの大きさの魚達なのでまぁ汚れること!
②さっきのろ過槽には結局ハードマットを追加。ないよりゃいいだろ?的な安易な考えである。
③塩ビパイプシェルター。最も何とかしたいアイテム。みすぼらしい水景がさらに情けないものに・・・。
④崩壊後、比較的短期間で戻ったのは、ストレスザイムプラスのおかげか?
DSCF4376.jpg

情けない・・・。なんて情けない水槽だろうか。
DSCF4377.jpg

水換え直後はまだまだ白く濁るので、見ている気にもなれず、時間を置いて撮影。
DSCF4381.jpg

みんな元気だから、まぁいいっちゃいいんだが・・・。
やはり、なんか情けないんだよな、この水槽。もっとなんとかしなくては!
DSCF4382.jpg

図鑑の訂正

2011年 07月19日 02:39 (火)

少ない情報をもとに、色々と調べた結果、やはりこの魚はオムポックではないらしいことが判明したので、図鑑を訂正したいと思います。

No.35
<訂正前>
名前:オムポック
学名:Ompok eugaeniatus?
分布:東南アジア
全長:10cm~20cm前後?

<訂正後>
名前:クリプトプテルス・クリプトプテルス
別名:アジアン・マパラキャット、アジアンブルーキャットなど
学名:Kryptopterus cryptopterus
分布:東南アジア
全長:15cm~20cm(自然下、または広い環境では40cm?)

現地では濁った水に住み、小魚や虫、エビなどを食べるらしい。飼育下でも習性は同じだろうが、口の中に入らない魚を襲うことはない。性質も温和だ。
学名もオムポックではなく、クリプトプテルスということになる。
グラスキャットの最大種で、自然下で1mを超えるコモンシート(クリプトプテルス・アポゴン)、中国の牙ナマズ、パービャウもこの仲間に含まれる。比べてみると、確かに似ている部分もあるという印象を受けた。

飼い易さ:★★★★
購入価格:800円
DSCF4313.jpg

ということで、ネオンテトラを食べたのはブラックランサーではなくこの魚ということになる。
でも、硬い魚や口に入らない魚に関しては、ほぼ無関心なようです。こんなふうに。
DSCF4318.jpg

ちなみにクリプトプテルスとは、"隠れた、あるいは隠された鰭"というような意味。
言われてみれば、この仲間のナマズの背鰭って、ほとんど"ない"に等しい。
現地では燻製にして食べるそうです。

謎がひとつ解けました。これからも、こんなふうに何者かわかり次第、図鑑の方も修正していきたいと思います。
DSCF4319.jpg

プリティー・フライ

2011年 07月19日 01:55 (火)

こんばは。
なんか今日は蒸し暑かったです。冷たいものを摂るのをヤメられないSPEED★KINGです。
DSCF4303.jpg

さあさあ、アクアリストたる者、水換えサボっちゃいけませんよー。

①自室の雑居水槽。いつものメンテ。中の物を取り出して洗う。
②ベアタンクでも手抜きせずに底面も含めて全部スポンジで擦ります。これ、重要よ?
③この間の注ぎ口つきのバケツ。なかなか使い勝手がいいです。ちょっと重いけど、注ぐ時に水も飛ばないし。
④ベアタンクの管理って、ホントにラクチンです。プロホースでザクザクが苦行になりつつあるw
DSCF4295.jpg

アカハライモリのプラケースもしっかり水換え。全然登場しなくなったけど、しっかりちゃっかりやってますよ。
DSCF4302.jpg


続いて夜の分。ガレージのウパ水槽。ラジカセを持って音楽を聴きながら。たまにはいいでしょう。
記事タイトルの"PRETTY FLY"はTHE OFFSPRINGの曲のこと。

①茶ゴケ再びw
②全部擦り落としたらやっぱり茶色に・・・。
③右のバケツがコケの水。もっと何か対策を講じないとダメかもわからんね?
④排水・注水ともに活躍するママオート。自室の雑居水槽の水換えもこいつを使ってます。ラクチン♪
DSCF4310.jpg

ふ・・・元通りだぜ!
DSCF4312.jpg

それと、忘れてはいけないのは、色んなものをストックしておく容器。
右は流木を、右はミクロソリウムをそれぞれストックしてます。これの水もしっかり換えないと、やっぱりぬめりが出たりコケたりするんですよね。

水!水!水!まさに今日は後半から水ばかりでしたw月曜だけどw

視界はクリア

2011年 07月18日 16:38 (月)

続いては、プレコ水槽の(シクリッドたちの)様子。
まず、日曜は4月ぐらいからずっとやるやると言ったきり、先延ばしになっていた仕事を片付けるために虚しい休日出勤。帰宅後にエーハイム2217の若干早めのメンテ+水換え。
DSCF4274.jpg

ジェット水量復活!・・・エーハイムパーツの中に、ジェットパイプってあったなー。今度買ってみようかしら?と思った。思っただけで、別に本気で使う気はないんだけどさ。
DSCF4276.jpg

のんびり屋さんのジュルパリ。隔離前のポジションにいつの間にか戻ってました。
DSCF4278.jpg

パロットさんは相変わらず。ここの大ボスです。
ちょっと写ってるレッドゲオも、喪失したヒレは完全に元通り。
DSCF4279.jpg

餌を投入するのは大体、この辺りなので、上層魚連中は大体揃ってここに来る。
DSCF4280.jpg

大きさだけなら、パロットさんとそう変わらないな。最近の○○は大きくならないね・・・という話をお店でよくするんですが、ジュルパリも最近のブリード個体はあまり大きくならないですね。だから飼育しやすいという部分もあるんですけどね。
DSCF4281.jpg

パロットも、最近は成長が止まってるかな?この中ではここらが限界かしら。
DSCF4283.jpg

ローチ水槽、ナマズ水槽への餌やりと、観葉植物への水やり。すべてが終わり、いつもより遅い深夜12:30過ぎにコンビニへ。
DSCF4284.jpg
売り切れていれば良かったチョロQ。また買ってしまいました;
バカだねぇ・・・。実にバカだねぇ。

ジェルドニー部隊

2011年 07月18日 16:26 (月)

いやあ、ちょっとお久し振りになりますね!

とにかく余計なことに時間を取られて更新できませんでした。
いつも見ていて下さる皆さん、ゴメンナサイ。

とにかく暑くて冷たいものばかり飲んでるわけですが、最近はPEPSI NEXを飲むのが習慣になってます。
これを飲むとB'zの曲が頭の中で流れたり、このマークをモノクロにしたら、エヴァに出て来た球状の使徒に似てるなとか思ったりしますw
DSCF4259.jpg

こっちは梅。梅とってもただの梅じゃないですよ。梅酒の梅です。
酒は飲まないくせに梅酒の梅は大好きです。バッカスチョコとかラミーの大好きです。
これ、食ったら車の運転はできないらしい。そりゃそうだよなー・・・。
DSCF4260.jpg

そんなことはどうでもよろしい。問題は水槽の方じゃないのかね?ということで、前回の更新から昨日までの水槽の動きをあれこれ。まず、先週の土曜、ナマズ水槽の水換え。
DSCF4262.jpg

行方不明になることを危惧したサザエ石巻を一旦隔離してから水換えです。
こいつらって、水から出てもけっこう平気なんだなー。
DSCF4263.jpg

ガソリンを入れにいつものスタンドに行ったらもう閉店していて脱力。両替目的だったのに・・・。
残り少ないガソリンのメーターを気にしつつ、魚でも見に行こうということで・・・。
結果、こうなりました。
ハラ・ジェルドニー 1匹250円×4匹。合計1,000円なり。
DSCF4265.jpg

いらない物買っても無駄でしょ。だったら少しでも自分の欲しい物買った方がいいじゃないですか?
それに、何だかんだ事故で3匹に減ったので、4匹追加で7匹に。目標はあと3匹追加して10匹の部隊にする予定。
DSCF4269.jpg

いつも通り、慎重に水合わせして水槽へ入れると、すぐにどこかへ消えました。
あ、そうそう!アキシスキャットはどちらも予想通りご存命でしたよ。
DSCF4270.jpg

と、これが土曜の記事。これにて一旦終了~。

ムカつくヒロイン

2011年 07月12日 17:19 (火)

figma "俺の妹がこんなに可愛いわけがない"より、高坂桐乃。
前々記事の割引券はここに繋がるってわけさw
DSCF4215.jpg

こればかりはもう、前から買おうと思ってたのでしょーがないです。
で、付属品一覧。顔パーツ、手首パーツ、台座・アーム・収納袋はもうデフォなので除外。
①腕組みパーツ、バッグ、靴下パーツ(!)、右下の白いのは何とfigmaサイズのDVD!
②DVDパッケージ用シール。芸が細かい・・・細かすぎだよ。
③シールを貼るとこんなふうにパッケージが出来あがり。④裏側までしっかり。
DSCF4216.jpg

このバッグ、DVDをちゃんと収納することができます。
DSCF4229.jpg

腕組みパーツは、一度腕を外してから取り付けるというのがちと面倒だが、使用すればこのムスっとしたポーズが見事に再現できるわけですね。
DSCF4224.jpg

台座を使わなかったので足の動きがアレですが、バッグを持たせてみる。
DSCF4227.jpg

F.I.L.Oさん曰くヒロインがムカつくらしいですが、作品名は知っててもラノベも漫画もアニメも観たことないので全然わかりません;
DSCF4231.jpg

ただ、何となく表情がハルヒと似てるかな?とか。
怒り顔。この顔もいいですね!
DSCF4236.jpg

出来栄えは非常に素晴らしいです。今後は黒猫も発売されるようなので、もちろん買います!
彼女はねんどろいども欲しいかも~~。
DSCF4240.jpg

感心したのは靴下パーツ。セイバーの私服バージョンには、正座している下半身パーツがついてたけど、こういうのは初めてなんじゃなかろうか?これがあれば、靴を履くところも再現できますね~。
DSCF4241.jpg

まだ、続きにひとネタあるよ?↓

続きを読む

ジュルパリ、帰る

2011年 07月12日 16:48 (火)

色々と気にして下さった方々のためにもこの記事はきちんとアップしないとですよね?
完治したジュルパリさん、いよいよ帰宅です。
DSCF4172.jpg

①ジュルパリ入りのプラケ。まずは水を半分以下に。
②ザバッと豪快に水ごとバケツにジュルパリを移動。ゆっくりだと暴れるので、迷わず一気にやるのが秘訣。
③環境が最悪なので置く場所がなく、脚立を立ててそこで慎重に水合わせ。いくらシクリッドでもここは丁寧に。
④治療が終わった器具は洗って陰干し&乾燥。基本だぜ?
DSCF4170.jpg

ここでプラケを落として割って、見事に使い物にならなくさせてしまうというオチが・・・。
だが、予備はあと2個ある。問題ない。と、予備があるとこんな笑えないオチさえ回避できますね!
DSCF4193.jpg

当のジュルパリさん。さっそくパロットやゲオの突っつきが始まりましたが、なんだか、ぼけっとしてるというか、ぬぼーんとしてるというか、シクリッドらしからぬユルさでした・・・。
DSCF4194.jpg

4700

2011年 07月12日 16:35 (火)

アップ出来ずじまいだったので、日月分を同時に。
DSCF4196.jpg

まずは日曜。
チャームで買った荷物、届く。
①コリタブ&カーニバル。コリタブは特に回転が早い餌。カーニバルも食うヤツがいるから必要に。
②ターボファン+サーモのセット。エヴァリスは廃盤にでもなったのか?見当たらなかったケド。
③エーハイム2213に使うスポンジ。買おう買おうと思っていて、ようやく買うことに。
④送料無料にするために1つ。前から少し気になっていたアイテム。土管より軽いけど、デザインはマシか。
DSCF4160.jpg

そして生体通販第一号。サザエ石巻貝。なんか、トゲが折れてるヤツを2匹サービスらしい。
トゲがあることで他の魚に食われるのを防止しようと試みました。今のところ成功してます。
DSCF4181.jpg

月曜、何に使われるのかわからん税金を支払いに役所へ。
4,700円も取られて憮然。しかも来月にはまた3,000円払わなくてはならん。なぜこんなに高い?そして、何に使う?一気にお出掛けする気が失せて100円ショップへ寄って渋々帰宅。
園芸用鉢底ネットと注ぎ口がついたバケツを2個購入。
DSCF4206.jpg

用途は、まぁバケツは水換えの時に使います。今までは10Lバケツに入れた水をカップで掬って注水用のプラケに入れていたんですが、なんかチョコチョコとメンドクサイので、このバケツに水を移して、プラケに注ぐかと。重くなるけど、動作は少なくて済むので、いくらかマシになるはずです。

鉢底ネットの方は、単純に自室水槽のポリプ飛び出し防止に使用。えらく簡単に載せてるだけですが、これでOK。
DSCF4211.jpg

なぜならその上にライトを置くので重石代わりになるからです。簡単・お手軽な飛び出し対策でしょう?
DSCF4212.jpg

おもちゃ屋さんの割引券、300円分ハケーン
DSCF4203.jpg

ドラゴンベアード

2011年 07月10日 04:03 (日)

最近、SPEED★KINGが更新できなかった理由のひとつ・・・。

まず、これです。
DSCF4145.jpg

実は、スニーカーが欲しくてですね・・・。これを買いました。
いや、本当は財布が欲しかったんですが、なかなかね。だって、入れる金がないのに財布買っても意味ないじゃん?!

このレザースニーカー。ドラゴンベアードというブランドらしい。知ってる??私は知らなかった。
なんか、最初はちょっと革靴(まぁ、革なので革靴でも間違いじゃないけど)っぽいかな~?と思ったのですが・・・。
DSCF4146.jpg

なかなかいいんじゃない?中国製というのが気に入らんケド。
コンバースのオールスターも、最近は中国製が増えてるし、仕方ないといえばそうなんですけどね。
いや、別に中国製が全部ダメだと言ってるわけじゃありません。中にはしっかり出来ているものもありますから!
DSCF4147.jpg

カチっとした服装の方が似合うのかと思ったら、普通にジーンズとも相性いいようです。ホッとしました;
DSCF4154.jpg

で、他にはシャツを。ドル表示。どこから仕入れたんだろ。ちなみに私、身長が164cmしかないので、服選びは大変・・・。特にシャツは丈が長くなるので本当に苦手。
このシャツはキッズサイズです。丈も短くてだらしなくならずに済みます。
DSCF4148.jpg

私、肌を露出するファッションが苦手なので、夏でも五分~七分袖のTシャツしか着ません。半袖を着る場合は必ず重ね着します。なかなかそういう五分~七分袖って、気に入ったヤツが少ないのよ。
って、Tシャツ1枚にナニこの値段?!とビックリ。
まぁ、1,980円で買えたんですけど;
DSCF4157.jpg

で、着てみたけど・・・。
これでいいのか?30代はどんな服を着ればいいのかわからない。誰もがぶつかる壁か?それとも自分だけか?
DSCF4151.jpg

いつかのゴールデン

2011年 07月10日 04:02 (日)

いつかといっても、最近です。短にいつ撮影しかのか思い出せない;

ローチ水槽の先輩ゴールデン。いや、インドレッドテール。
相変わらず水換えの時はローチ達とあっちこっちで暴れて水換えできやしない!
DSCF4043.jpg

ローチに匹敵する機動性の持ち主なので、動きが速くて、とにかく撮影が大変なナマズ・・・。
DSCF4044.jpg

この水槽の絶不調で、こいつは2度の飼育環境の完全崩壊を経験してますが、ビクともしない・・・・。
こいつ、もしかして死なないんじゃ;
DSCF4047.jpg

アクティヴ・プレコ

2011年 07月10日 03:38 (日)

時間がなくて、またまた更新できずじまいで申し訳ありません;

今回は、撮り溜めたブラックアーマードプレコの写真などを。
DSCF3564.jpg

上の写真ではパロットと一緒ですが、実はあまり相性がよろしくありません。
体面積が広いためか、けっこう吸い付かれてます;
ストレスで真っ黒になるかもと思いましたが、今のところ大丈夫そう?
DSCF3565.jpg

とにかく、明るい場所でも暗い場所でも、他のプレコとは比較にならないほど動きますねー。
DSCF3692.jpg

他の綺麗なプレコがこんなに動いてくれれば、さぞかし人気が出るでしょうね。
まぁ、綺麗か気持ち悪いかのどっちかしかないのがこの魚ですけど;
DSCF3725.jpg

逆さま・・・・。
DSCF3788.jpg

壁にもよく貼りつきます;
DSCF3813.jpg

腹を上に向けて背泳ぎすることもけっこうあるので、できればそのうち撮影できればと思う。
アクアライフに投稿すれば載ったりして!
DSCF3853.jpg

追憶と爆炎

2011年 07月05日 18:22 (火)

SIDE-1を紹介してからずいぶん経ちましたが、「ヴァルプルギスの後悔」へと続くブギーポップ・スピンオフシリーズの第2弾。
上遠野浩平「ビートのディシプリン SIDE-2」

あなたは“とりかえしのつかないこと”というのがどういうものだか知っているかしら。私はザ・ミンサー。私と、懐かしい友だちのピート・ビートは“それ”と出逢ってしまった。その絶体絶命の危機に、ビートは、そして私はどんな選択をすれば良かったのかしら――天涯孤独になり、統和機構からも狙われる身となった合成人間ビートは強敵バーゲン・ワーゲンとの激闘の中、過去の断片を思い出す。かつて彼が経験した別離、そしてそこで彼が出逢った黒帽子が見せたものは、はたして――現在と過去、ふたつの事象が交錯する過酷な試練の第二章は、霧の中に血の匂いが幽かに漂い、消えゆく追憶と爆炎の死闘がすれ違う――。
blog249 002

SIDE-1
死闘の末、奈良崎克巳(ラウントバウト)を撃退した世良稔(ピート・ビート)は、カーメンに近づく者がいるとして、統和機構はビートを危険分子と判断して、抹殺指令が下されたことを知る。
直後に超絶的な破壊能力<モービィ・ディック>を有する殺し屋、雨宮世津子(リセット)がビートの前に現れるが、攻撃を受けながらも何とか逃げ出す。その先に、最初の最初にビートにカーメンの調査を以来したリィ舞阪が再び登場し、ビートが危険だと統和機構に密告したのは自分だと告げられる。

SIDE-2
フォルテッシモとリセットの二人に襲われたビートは、反統和機構組織<ダイアモンズ>に潜伏している裏切り者の合成人間パールに助けられ、匿われた先のワンルームマンションで、朝倉朝子(モーニング・グローリー)は行方不明だと知らされる。
戦いの傷が癒えないままのビートを、今度は対戦車砲<ラッチェ・バム>の名を持つ、衝撃波を操る複数の合成人間で構成された無慈悲な暗殺チーム、バーゲン・ワーゲンが迫る。
危機に直面したビートの前に、ダイヤモンズのメンバーで人間戦闘兵器を自称する小男、ジィドが現れ、彼を手助けしてくれるのだが・・・。ビートはその戦いの中で、自分が初めて戦闘任務に就いた頃のことを思い出すのだった。
そこには、彼の戦技指導官だった殺し屋、佐々木政則(モ・マーダー)と、幼い少女の姿をした合成人間ザ・ミンサーの二人がいた。
任務上とはいえ、彼らと共に過ごした日々は、ビートにとって決して忘れることのできないかけがえのない思い出だったのだが・・・・。
一方、朝倉朝子は高代亨(イナズマ)と合流し、彼女の能力に以前から目をつけていたという男、飛鳥井仁のもとへと案内されていた。


カーメンよ、お前はどうやら地獄に行く覚悟はあるらしい――しかし、その先に何が待っているのか、お前は知っているのか?
その先は――無だ。何もない闇だけ――
カーメンよ、お前はそれに耐えられるか・・・・・空白ばかりの未来を?
何もない 何もない 何もない――
(本文中より)

デルズ・ベッド

2011年 07月05日 17:49 (火)

何枚か撮影したんですが、なかなかいいのが残らなくて、結局この1枚になってしまいましたが・・・。

何度かこのミクロソリウムを撤去しようかな?と考えてたんですが、いつの間にかデルのヤツがベッド代わりに使ってるんだなー・・・。
落ち着いているというより、グテーっとだらしないのですがね・・・w
DSCF4121_convert_20110705174807.jpg

梓のフィット

2011年 07月05日 17:43 (火)

先週の土曜日、夜コンビニに出掛けた時、レジ前にあったので、ちょっと買ってみた。
けいおん!チョロQ
DSCF4122.jpg

開けてみると・・・。これっていわゆる食玩じゃなくて純粋にチョロQなのね。
・・・この梓のキャラクタープレートは正直、なくてもいいかな。
DSCF4123.jpg

正面。猫耳ですねー。
DSCF4128.jpg

DSCF4125.jpg

DSCF4124.jpg

DSCF4127.jpg

DSCF4129.jpg

DSCF4130.jpg

もっと物凄くいい加減な造りで、けいおん!なら出せば売れるんじゃね?的なものだと思ってたんですが、なかなかどうして、普通にチョロQしてましたw

ちょいと変更

2011年 07月05日 17:33 (火)

一応、記事ということですが、私が自分で忘れないように書いている記録的なものですね。


水槽サイズ:60×30×36cm
水温:28℃
水換え:週に一度、1/2
フィルター:グランデ600R+ウェット&ドライろ過槽+水作エイトS
ろ材:リング系混成ろ材、サブストラットプロ、ハードマット、ブラックマット、ウールマット)
底床:ガーネットサンド
水草:流木付きアヌビアス・ナナ、アヌビアス・バルテリー、ミクロソリウム・セミナロー、土管など

水草:さらにアヌビアス・ナナ、バルテリーを活着させた流木追加。

<収容魚>
プリステラ×4匹→3匹(寿命)
ニジイロボウズハゼ
ゴールデンハニーグーラミィ×5匹(4匹購入一ヶ月以内に1匹が馴染まず死亡、2匹を新規追加)
サカサナマズ
オトシンクルス・ヴィッタートゥス×2匹
オトシンクルス・アフィニス×2匹(新規追加)
アジアクリスタルキャット×4匹
ハラ・ジェルドニーキャット×3匹
トランスルーセントグラスキャット×4匹
コリドラス・コンコロール
バンブルビーキャット(グリプトソラックスの一種)×2匹(旧ゴールデン水槽から移動)
ドワーフバンブルビーキャット×2匹(1匹は新規追加)
バンブルビーキャット・コロンビア(正確な種類不明)
ミクロシノドンティス・バテシー
バンジョーキャット
アキシスキャット×2匹(新規追加)
スポッテッドトーキングキャット
アナドラス"アッパーテフェ"
オプソドラス
オムポック
ブラックランサー
フラットヘッドプレコ
オレンジフィンブラックカイザー

コリドラス・デルファクス→事故死。(流木の空洞に引っ掛かり、死亡)これにて全滅。

DSCF4085.jpg

メタル・コーリング

2011年 07月04日 02:19 (月)

ロンドン・コーリングをモジったわけではありません。こっちはレザーウルフ。クラッシュじゃないよ?

ジュルパリさんの経過報告なんぞ。

尾びれの先が欠けてますが、病気自体はもう完治していると言っても問題ないかな。
DSCF4022.jpg

早ければ今週の中頃にはプレコ水槽に戻れるかも知れない。
DSCF4023.jpg

とはいっても、はやり水換えはしっかりやらないといけませんね。
DSCF4028.jpg

食欲も旺盛なことで。
あまり食って水を汚すなよ~?
DSCF4055.jpg

オマケ。

絶対可憐チルドレン26巻。
相変わらず面白いが、今回はパンドラの澪・カズラ・パティの3人が全然出て来なくて寂しい・・・;
私は主役のチルドレンたちじゃなく、パンドラ3人娘の方が好きなのだ。
DSCF4099.jpg

あん?神様ドォルス?
興味ないな。
DSCF4101.jpg

白銀と漆黒

2011年 07月04日 02:05 (月)

間を置かずに更新です。
DSCF4117.jpg

昨日のアキシスキャットは、完全に消息不明。
流木の下か、砂の中か?まったく見えませんでした。無事であるならおそらく、バルテリーを活着させた流木の空洞内部にいるんだと思います。生きていれば、だよ?
そんなこんなで、今回もナマズ記事です。

水換え中に撮影したストライプトーキング。上見というのもなかなか良いですw
DSCF4087.jpg

元々このタイプのドラスキャットは頑固なヤツが多いんですが、こいつは最近その頑固さに磨きがかかってきてます。ずっとシェルターに入ったきり!ヤドカリかお前は?
DSCF4089.jpg

一方、ナマズ水槽では。
珍しくブラックランサーが明るい場所で何やら蠢いてます。もはや違和感しかないw
DSCF4106.jpg

隠れている場所を巡ってどうやらオムポックとチョイとケンカになったようです。
DSCF4107.jpg

ケンカといっても一方的に追い払って、やれやれという感じでねぐらに戻りましたが・・・。
DSCF4109.jpg

追い払われたオムポック。少しは意地を見せたらどうかね?
DSCF4108.jpg

ちなみに、実はこのナマズ。オムポックではないらしい?
同じ魚がアマパキャットとかいう名前で、学名はクリプトプテルス・クリプトプテルスだそうだ。本当かどうかわからんが、オムポックで調べて似た魚が出てきてもしっくり来なかったので、こっちが本当なのかな?とか・・・。

ミクロ・ダイバー

2011年 07月03日 04:00 (日)

いつものように水換えを終えてからお店に行って、新入りさんを・・・。

1匹目。
DSCF4061.jpg

2匹目。
DSCF4065.jpg

ハラ・ジェルドニーキャットに似ていると思うかもですが、ちと違います。
これはアキシスキャットというナマズで、アジアンバンジョーとかいう名前でも流通します。
DSCF4068.jpg

慎重に水合わせ。
DSCF4069.jpg

上からの図。本当にまんまバンジョーキャットの縮小版といった感じですね!
DSCF4073.jpg

さらに小さな2匹目。
DSCF4075.jpg

体型はフラットです。小さくても柄はしっかり入ってますね!
DSCF4079.jpg
ああ、こんな魚ばかり増えてゆく・・・。
DSCF4078.jpg

ちなみにこっちがノーマルのバンジョー。
DSCF3998.jpg

色合いはアキシスの方がはっきりしてるかな?
DSCF4080.jpg

水槽に入れた途端、行方不明になったことは言うまでもないですね;