TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2011年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

40cm管理法

2011年 10月31日 02:17 (月)

ブラントノーズ育成水槽の水変えしましたー。

①うちの水槽で一番上部がすっきりしてるんですけど?!
②水変えはいたって簡単。とりあえずモノを全部出す!
③バケツにでも入れとて放置。フィルターは汚れたら軽く洗う感じでいこうかと。
④汚れをママオートで吸い出して、出したモノを元に戻して・・・。
DSCF6267.jpg

大きなポイントは2つ。
まず、飛び出しを防ぐため、鉢底ネット写真①参照を使ってますけど、盲点なのはコードを通すコーナー部分。
ここにも・・・見た目は悪いですが、ウールを詰めてます。ブラントノーズって飛び出し多い魚なんで。
DSCF6271.jpg

そしてもう1つ。
水量は60cmより当然少ないので、水質・水温の急変を避けるため、プラケから注水する時はエアチューブ1本のみ使用。これで問題ないハズです。
DSCF6272.jpg

ふぅ・・・あとはこのブラントノーズの野郎が、カーニバルとか食ってくれりゃあいいんですが・・・;
DSCF6277.jpg

うーん、まだしばらくメダカを餌に使う必要があるので、このプラケではさすがに狭くなるなー。
15cm~20cmくらいの小さい水槽、安いヤツがあればチャームで買うかね?
DSCF6281.jpg

変わらぬ輝き

2011年 10月30日 04:39 (日)

超久々(?)に登場するジュルパリさん。

相変わらずギラギラで綺麗です。
もう少し数がいればなー、とか思いますけど、維持・管理が面倒くさいことになるのでヤメておきます。

マイペースで、後ろのパロットに攻撃にされても「コイツは威張ってるけど大したことない」と断じてるのか、殆ど動じないヤツです!
このところ大きくなってないので、60cm水槽ではこれ以上の成長は難しいかな?
DSCF6219.jpg

続いて、素早くてちっとも写真が撮れないコンビクトシクリッド。
落ちついて、色も揚がってきました。

MAXで10cm程度と、シクリッドの中では小型の部類。
バンドがクッキリ現れていて、メリハリがあって、締まった感じですかね。

この魚についても、調べても情報はイマイチ・・・。
DSCF6223.jpg

メジャーなのか、マイナーなのかよくわからないシクリッドである・・・;

ルカ先生!

2011年 10月26日 03:05 (水)

figmaを引っ張りだして、頭を交換して遊んだよ。
DSCF6159.jpg

まずはセイバーさんの頭とルカさんボディーの組み合わせ。
セイバーさんは小顔なので、ちょっとバランス悪いかな?と思うんですが、組み合わせ自体はヨイですネ・・・。
セイバーさんが一気に色っぽいお姉さんになってしまいましたw
DSCF6157.jpg

続いて、ルカさんの頭と、朝比奈みくる 大人Verのボディーの組み合わせ。
ファイル的なモノを持たせてみると・・・いけない!ルカ先生の出来あがりww
DSCF6188.jpg

なんか、物凄くいいんじゃない?コレ!
DSCF6191.jpg

髪型の関係で、可動は制限されますけど、いやー・・・イイ!
後ろ姿なんて、けしからんですねw
DSCF6192.jpg

続報40cm

2011年 10月26日 02:57 (水)

連続で更新ですよー。

ブラントノーズ続報です!
DSCF6145.jpg

いやいや、今回は大成功です!
最初は餌として認識していたものの、上の写真のとおり、自分とほとんど大きさ変わらないので、食えないことを理解したんでしょう!
DSCF6148.jpg

うむむ・・・あらためて見ると、彼らけっこう綺麗なんですねw
これならもう1ペアくらい入れてもいいかなーと思ってしまいます。
DSCF6149.jpg

が、ここでトラブル発生。
この水槽ではなく、階下のクラウンローチ水槽で、ダブルトランクエレファントがちょっと衰弱してきてしまいました。私の油断で、おそらく餌が足りんかったのでしょう・・・。
ここへ引っ越すことになると思います。混泳に関しては、ブラントノーズとは問題ないと思うので、避難させようかと計画してますが、そうなるとこの水槽、45cmにアップしないのいけなくなるかも?
90cm水槽導入がまた遠くなりそうです;
DSCF6151.jpg

2011年 10月26日 02:49 (水)

こんばんはー。
またまたこんな時間に・・・。
忙しいとかではなく、今日はヘンな時間に寝てしまって、起きたら日付が変わっていた次第です。あやうく更新できないところでした。

今回は日曜分の記事になります。
餌メダカの管理もしなくてはならないので、ちまちまと動いてました。

①ソードテールと一緒に新たに14匹買ってきた餌メダカと、管理用のプラケ。
②病気になったら元も子もないので、一応水合わせ。
③前回購入分の残党も合流させることにしました。
④小さいヤツが揃ってます。今のブラントノーズにはいいサイズです。
DSCF6132.jpg

小さな容器での管理、フィルターはどうするの?ってハナシ。
そこで登場するのが、この水作ベビーエアフィルター。チョロQと同じくらいのサイズしかない小さな稚魚育成時に使えるフィルター。ろ過するとかではなく、水を回す役目を果たす目的ですが。
DSCF6136.jpg

ベビーエアフィルターを先ほどのプラケにセット。
後は様子を見ながら餌を与えて、ちょこちょこ水換えすりゃいいんじゃなイカ?
DSCF6139.jpg

衣替えの整理整頓してたら出てきたそうなので、もらった。
この銀色のレジャーシートみたいなものは、一応バッグです。これなら魚の移動・保温に使えそうです。
その下にあるどらえもんのバッグ・・・に見えるものは、実はバッグではないくビニール製のレジャーシート。取っ手が紛らわしゅうございます。
DSCF6140.jpg

エネミー・ライン

2011年 10月23日 02:54 (日)

さーて、カーニバルに目もくれない(一度口に入れたものの結局食わず)ブラントノーズガー。
観賞兼餌として同居が始まったアカヒレ3匹ですが、翌朝2匹が惨殺死体で発見され、その翌日、残った1匹も殺害されました。食えないサイズとわかっていても、食おうとしたらしく、ヒレが切断されたりしてました。ヒー。
DSCF6116.jpg

だからといって、このまま単独というのもうまくないです。だって、成長させたら再びイエローピンクテール達と暮らしてもらうんですからー。
DSCF6117.jpg

あからさまに相手の方が大きかったりするならともかく、そうでなければ、どこからどこまでを餌として認識するのか?その境界線がまったくわからない・・・。わからないんだから、とにかく挑戦してみてそれを掴むしかない。
ブラントノーズって、昔からいる魚の割に、意外と情報は少ないです。
で、新参者を連れてきたんですが、すでに袋に体当たりしてます(これは習性なのでしょーがないです)。実は飼育するのは初めてのソードテール。しかもペアです。
DSCF6118.jpg

アカヒレと違って体も盛り上がってるので、これならイケるんじゃないかと、お店の水槽を覗いて、ひとりウンウンと頷いてましたw
DSCF6119.jpg

いつものように水合わせ後、水槽に投入。レポートは次回まで待ちな!
DSCF6125.jpg

悪しき伝統

2011年 10月23日 02:39 (日)

さて、100円ショップへ行くたびに、私、SPEED★KING、ずっと気になってるものがありました。
それは、100円玉を投入して、ガチャガチャすると、紙コップにザラザラと出てくるストーンチョコ!(他にマーブルチョコとかコンペイトウあり)
ずーっとやりたかったんですけど、30過ぎのオッサンがそんなことやってるのがちょっと恥ずかしいので、できずにいました。
しかし、最近、このストーンチョコ・・・ではなく、よく似た小石チョコレートを取り扱い始めたので、ちょっとうれしいですw
DSCF6113.jpg

ホントに小石みたいですねー。
簡単に言うと、マーブルチョコが歪になっただけなんですが、味の方はm&m'sのミルクチョコレートよりもっとミルク感が強くてとってもマイルドです。
DSCF6115.jpg

と、まぁそんなことどうでもいいですよねぇ~?
ここからが本題です。またまたシンプルな状態に戻ってしまった自室のらんちゅう水槽・・・。
賢者の石はゴールデンさんがバチバチ跳ね飛ばすのでウルサイ!・・・だから撤去しましたw
DSCF6094.jpg

そして、もはや悪しき伝統としか言い様のないこのダサ~イ土管・・・。ゴールデンさんがこの隠れ家を巡ってチェイスするので、仕方がない。

もう1個追加しました・・・。ああ、一番作りたくなかった土管水槽;
DSCF6111.jpg
これが効を奏してピタリとねぐら争奪戦が止みました!
嬉しいような、情けないような、トホホな感じです・・・;

死の手

2011年 10月20日 17:05 (木)

今回は本の紹介だよ?

貴志祐介「ダークゾーン」

「覚えてないの?ここ、端島じゃない。こんな場所、ほかにないもの」 その名前に触発されて、いくつかの情景が意識に現れようとした。しかし、その映像はぐにゃりと歪み、闇の中に溶け去ってしまう。まるで、この島に関する記憶は、絶対に思い出してはいけない禁忌であるかのように。「そうか・・・そうだった。俺も、たしかに、ここへ来たことがある」

長崎市の沖合にある、遺棄された海底炭坑の島──端島。コンクリートの護岸に囲まれて、建物が密集した独特の外観から、軍艦島という通称で知られている。だが、何のために、こんな島へ来たのかは、思い出せない。まして、なぜ、ここで戦わされているのかは、見当もつかなかった。(本文より)
DSCF5843.jpg

「人生はゲームだ」という表現をする者たちが時々がいる。
受験、学校生活、就職、恋愛に結婚。
厳しい生存競争を勝ち抜いた者だけが人生の勝者になれる。これが人間社会の基本的な構造である、と。

では、実際に自分達が碁盤の上に並べられる駒となり、目の前に迫りくる敵を倒すゲームに勝利しなければならなくなったとしたら、あなたはどうするだろうか?

これは、そんな過酷な状況に置かれた十八人の人間達・・・いや、十八体の駒達の物語である。
ふと気付くと、そこはダークゾーンと呼ばれる異空間で、赤軍と青軍に分かれ、第七局まで行われる敵軍との対局に、三連勝できなければ、元の世界にも戻れず、消滅させられてしまうのだという・・・・。
道理も容赦もない、理不尽としか言い様のない熾烈な状況の中、奇怪な生物へと変貌した自らの姿に戸惑いながらも、植え付けられた異形の能力と頭脳を駆使して敵と戦う彼らを待っているのは完全なる勝利か?現実への生還か?それとも、永遠に続く暗黒か?

<赤軍>
赤の王将(キング)
一つ眼(キュクロプス)
火蜥蜴(サラマンドラ)
鬼土偶(ゴーレム)
皮翼猿(レムール)
死の手(リーサル・タッチ)
歩兵(ポーン)×6体
DF(ディフェンダー)×6体

<青軍>
青の王将(キング)
聖幼女(ラルヴァ)
毒蜥蜴(バシリスク)
青銅人(ターロス)
始祖鳥(アーキー)
蛇女(ラミア)
歩兵(ポーン)×6体
DF(ディフェンダー)×6体

セクションケース"105"

2011年 10月20日 03:24 (木)

小物の空き箱やら袋やらがいっぱい・・・。
これらはストックが増えるとけっこう嵩張るもんです。
DSCF6078.jpg

というわけで、少し前に100円ショップで買った(正確には105円だけど)セクションケースを使うことに。

飛び跳ねガードつきのフタ受け、エーハイムのワセリン、L字ジョイント、ホースつなぎ、二又分岐コック、プラストーン、キスゴム大・小、逆流防止弁。
他には商品開封時にコードを束ねてあったビニタイなんかも使える時があるのでこの中に保管しておきます。
スペースも確保できるし、使いたい時にすぐに出せるし、これなら便利ですね!
DSCF6084.jpg

ブラント・ブラッド

2011年 10月20日 03:17 (木)

時間も時間なので、サクサク更新しておきますね。
ブラントノーズガーの続報です!

①こんなこともあろうかと、常に水槽器具一式揃ってます!
②ブラントノーズガー、隔離。
③ローチ水槽の飼育水を10L+足し水。
④餌兼観賞用のアカヒレ購入。観賞面を考慮して大きめ。
DSCF6054.jpg

①こちらは餌用のメダカ。ちょうど小さめがいたので14匹購入しました。
②一応、軽く水温&水合わせ。
③④以前100円ショップで買ったプラケ。ちょうどいいかも?
DSCF6069.jpg

ブラントノーズの頭よりはるかに大きいので、安心?
DSCF6068.jpg

しかし・・・さっそく狙い始めました;何せ4日も食ってないからねー・・・。
DSCF6074.jpg

すばしっこく逃げるアカヒレ。しかし、翌日2匹が惨殺死体で発見される。
何とか食おうとしたんでしょうが、やはりムリだったようです。
DSCF6087.jpg

しかし、1匹だけになると、意外と生き残ったりして?
DSCF6089.jpg

生き餌のストックは、状態よく行うのがけっこう大変なので、できるだけ早く与えようと思い、本日メダカ2匹を与える。
1匹は既に死にかけてまして、水槽に投入すると、一気に底に落ちて動かずでしたが、アカヒレの動きで死体が動くと、素早く食べました。食べる時にドリル状に体を回転させることもあるんですね!
お腹がようやく膨れて満足げな(?)ブラントノーズ。
DSCF6091.jpg

専用の家を与えられて、餌も優先的に食べられる。
いたれり尽くせりのいいご身分だぜ、まったく・・・

神原駿河

2011年 10月18日 02:06 (火)

figma 化物語より、神原駿河(かんばる するが)。
ようやく開封できましたが、あんまり遊べませんでした;
DSCF6010.jpg

腕をスポッと外して、レイニーデビルの腕と付け換えることができます。
DSCF6012.jpg

ちなみにレイニーデビルも交換用手首が付属してます。
レイニーデビルジャケット(つーか黄色い合羽じゃん?)と、レイニーデビル用の表情パーツもしっかり付いてますよ!
ジャケットを着せるのに、両腕と首を外さなくてはならないので、やりません。面倒だし。
DSCF6011.jpg

パーンチ!
履いているバスケットシューズの塗り分けも素晴らしゅうございます。
DSCF6016.jpg

脚もスラリと長い!ボーイッシュな雰囲気もたまらんですw 意外とこういう子って好きなんだな、オレw
DSCF6018.jpg

びっくり顔(?)。これも非常に良い出来です。
DSCF6020.jpg

目閉じ顔。今回も購入特典としてヘッドフォンが貰えたのでつけてみる。歌ってる雰囲気出ますねー。
DSCF6025.jpg

付属品、バスケットボール。もちろん交換用手首にはボールを固定できる手首が付属してるので、このとおり。
DSCF6028.jpg

この・・・ミニスカの中にスパッツってのも、けっこうイイですねー。
DSCF6030.jpg

ん?
DSCF6031.jpg

バスケといえば、バスケ部の黒衣マト(ブラック★ロックシューターより)登場!
DSCF6032.jpg

ガシッ!
DSCF6036.jpg

ウソ~?
DSCF6043.jpg

ぐぬぬ・・・!
フフ~ン♪
DSCF6047.jpg

もういっちょ、フフ~ン♪
DSCF6050.jpg

何、このカンジの悪さと可愛さ!w(※実際はこんなキャラではなく、とってもいい子です!)

駿河さん、すっかり忘れてますけどw

失敗、再び

2011年 10月18日 01:47 (火)

さて、さっそくですが土曜にお迎えしたブランドノーズガー・・・失敗の色が濃厚です。

まず、冷凍赤虫、カーニバルどちらにも見向きもしないです・・・。
イエローピンクテールカラシンとメティニスがデカイから萎縮してるというのもあるんでしょうが、餌に反応を示さないのがちとマズイなぁ・・・。
土・日・月と様子を見ましたが、やっぱり隅っこに隠れてあまり出て来ないので、明日、もし無事だったら個別飼育に切り替えて、しばらく育成しようと思います。
上部式フィルターの水流さえも、ちと今のコイツではキツイ様子なので、水作エイトオンリーでいきますかね・・・。
用意できる水槽は40cmがギリギリ。この大きさなら大丈夫だと思いますが、ここで人工飼料にもきっちり餌付かせないとこれまだマズイです。
コイツ、もしかしてメダカしか与えられてないかも。だとするとショップ(B店:いつものお店じゃないよ?)はずいぶんと手抜き(ちなみに、A店のブラントノーズはきっちり人工飼料に餌付かせている)だねぇ・・・。
まぁ、食べないヤツはどうしてもいるんだけど;
DSCF5978.jpg

被験者Xことスポッテッドメティニスはもう大丈夫っぽいです。ビュンビュン泳いで餌も食べてます!
DSCF5980.jpg

性格は・・・カメラを向けると臆病風に吹かれてすぐに逃げます。イエローピンクテールの方がまだマシですw
DSCF5981.jpg

しかし、このところ餌の量がやや多いせいか、水質悪化が早いです・・・。マズイなぁ・・・;
DSCF5983.jpg

ミステイク3.5

2011年 10月18日 01:29 (火)

プランターをひっくり返しただけの即席の台に鉢を乗っけておいたところ、なんと、私が仕事に出掛けている間に倒れて割れてしまいました;

①植え替え。テーブルヤシとコーヒーの木。適した時期もあるけどやらないといけません。無計画・・・。
②割れたテーブルヤシの鉢。この鉢、お気に入りだったのに~。
③コーヒーの木。鉢底から根が出てます。もう少しで根詰まり完成らしい;
④間違えて買って来た3.5号鉢と、買い直した4号鉢。どっちも安いけど、出費は出費です;ハァ
DSCF5949.jpg

ちゃんとした台も必要ということで、折り畳み式のフラワースタンド。
でも、置き場所が水平でないことに気付き、意味のなさを思い知らされる。まぁ、これは部屋でも使えるからいい?
DSCF5960.jpg

テーブルヤシ。根の方は、まぁ、普通かな?詰まってはいないようです。
DSCF5953.jpg

さーて、植え替えだ!とやる気を出したら大事件。
なんと、土がない!聞くと母親が薔薇を植える時にぜーんぶ使ってしまったそうな。
でもって、一時中断。
DSCF5965.jpg

母親が買い物に行ったら土を買ってきてくれたので、代金を払い、植え替え再開。
コーヒーの木。根っこが詰まりまくってます。成長するのが早いですねー。
DSCF5967.jpg

いちいち植え替え風景なんてあったってしょうがないでしょ?面倒なので省略です。
終わりー。やっぱり4号鉢でちょうどよかったです。後は鉢底から透明な水が出るまで水やり→明るい場所に置く。
DSCF5968.jpg

鉢ってのは安いからどんどん増えてしまうので、魚と同じく、大変危険ですね。

挑戦、再び

2011年 10月16日 03:33 (日)

土曜、ショップへ。
ゴールデンの在庫は健在で、あと4匹いました!
しかし・・・目的はゴールデンさんではなく、ブラントノーズガーでした。ちょっと大きめサイズ・・・。
実は、いつも行くお店に入るブラントノーズは小さいのが多いので、もう少しサイズが大きければ、もしかしたらうまくやれるかも知れない・・・と思ったのでした。
DSCF5941.jpg

・・・・・あれ?
いつものように水合わせしながら思う。
DSCF5945.jpg

前の匹より大きめサイズであることは確実なんですけど・・・それでもこの中に入れると小さい;

失敗の予感!!
DSCF5947.jpg

I.R.T.C.

2011年 10月16日 03:19 (日)

飼育を始めてから1年が経過したゴールデン(インドレッドテールキャット 以下:IRTC)。
色々わかってきたので、今まで記事にしたことも、そうでないことも、まとめてもう一度調べ直して記事にしようかと思います。

まず、ツースポットミスタスがIRTCの別名という説がありますが、これは違いますね。
そもそも姿形が全然違います。一目瞭然といってもいいくらい。
DSCF5841.jpg

そして、ミスタスの表記がつくというのもちょっと違和感ありますね。ミスタスとは顔つきが全然違います。
DSCF5847.jpg

そしてMAXサイズが10cmというのもあり得ません。多分20cm~25cmくらいにはなると思います。それは水槽内だからそのくらいまでしか大きくならないんでしょうね。自然下ではもっとデカくなるはずです。
DSCF5885.jpg

この仲間は数種類存在していて、日本に入る機会が一番多いのがこの種類らしいです。
DSCF5886.jpg

では、何者かというと、一時は違うと思っていたものの、あまりにも似ている・・・というか、他に似ているナマズがいないのと、こちらのMAXで40cmというサイズ+水槽内では極端に大型化することはないという説を加えると、私はホラバグルス・ブラキソマ"Horabagrus brachysoma"なんじゃないかな?と。
もう1種類、ホラバグルス・ニグリコラリス"Horabagrus nigricollaris"というのがいますが、特徴は異なりますし、そっちは滅多に日本へは来ないらしいです。が、生息地は同じか、近いと思われます。おそらくタイなんでしょう。
カイヤンとかパールムとか、大型ナマズも同地域で生息してるそう。
DSCF5897.jpg

まとめ。

名前:インドレッドテールキャット
学名:Horabagrus brahysoma
分布:東南アジア(タイ)
全長:40cm(水槽内では15cm~25cm程度?)
価格:500円~2,000円以内

その他、わかったことなど。

①性質は臆病。基本的は夜行性(慣れれば明るくても餌を食べる)。
②シェルターはあった方がいい。が、ベアタンクに土管では簡単にひっくり返してしまう。
③体色はベアタンクの方が金色維持しやすい(?)。暗い底床ではやはり体色もやや暗くなる。
④やや水流を好む傾向にある。
⑤餌は何でもよく食べる。
⑥混泳は、口に入らない大きさの他種となら大抵は問題なし。同種間では小競り合い。ただし、ダメージは少ない。

こんなところだろうか?

②の記述はなぜかというと・・・このとおりw
DSCF5887.jpg

最初は優勢だったシノドンも、ゴールデンの勢いに押され気味っぽいです;

意気消沈

2011年 10月16日 02:21 (日)

およそ5日も空いてしまいましたが、皆さん、お元気ですか?

実はこの2~3日、なぜか管理者ページにログインすることができず、更新できませんでした。

今日は土曜なのにクソ仕事で、老人福祉施設に行きました。
入居者やスタッフの方々には大変失礼ですが、はっきり言って、あまり長時間長居できる場所ではありません。
30代前半の私の中に残った、わずかな若さの欠片を搾り取られるよな感覚です;午前中だけでも、終わるとゲッソリです。
何度行っても、居心地悪いし、今年の初頭はそこでの仕事が原因でノロウィルスに感染してるので、これからの季節が憂鬱で仕方ないですねぇ。

そんなこんなで意気消沈してますが、まず、金曜にエーハイム2117の掃除をしました。
実は、あまりやりたくなかったんですね・・・。なぜかと言いますと、ゴールデンブルーフィンプレコが来てからまだ2週間しか経ってないので、そこで急激な変化を与えるのはどうか?と思うところもあったので。
でも、汚れでいるんだからやらなきゃいけないということで、渋々やりました。

キスゴムって、お湯に浸けて柔らかくすれば、また元のように使えるって言いますが、しばらく使ってりゃダメになります。カチカチに硬くなったものを一度お湯に浸けたって、時間が経てばカチカチの状態に戻りますって。
だから、余ったパワーボックスのキスゴムをエーハイムに使用することにしました。
DSCF5889.jpg

硬くなったキスゴム使ってた時、この吸水パイプがズレまくってイライラさせられてましたw
DSCF5891.jpg

しかし、新品に交換しても・・・ズレる!というワケで、もう1個、水槽の外に使ってみました。
見栄えはあまりよろしくないですが、しっかり固定されてズレなくなりました。モノは使いようだね!
DSCF5894.jpg

関係ない話ですが・・・。BOSSの6本入りを買ったらこんなオマケがついてました。
今の若い子、特に10代の子は知らないだろうけど、昔のシングルCDって、みんなこの8cmシングルだったんです。
このCDが主流だった頃にも当然12cmシングルは出てました。
例えばMr.Childrenの「マシンガンをぶっ放せ」とか、宇多田ヒカルの「Automatic」。
中にはジャケットが12cmシングルのくせに、中には8cmシングルが入ってるのもあったりしましたね。
BLANKEY JET CITYの「SWEET DAYS」。ミッシェルガンエレファントの「GT400」とか。

なんで、8cmってなくなったのかしら?
今の時代はかえって8cmシングルの方が資源節約になると思うんだけどな。
DSCF5845.jpg

寄せ集め細工

2011年 10月10日 16:52 (月)

時間が余ったので、明日からの仕事がイヤだと思いつつ、更新しておきます。
とは言っても、内容は文字通り、寄せ集め的なつまらない内容ですね!

まず土曜日。フルでコキ使われたので時間が取れず、出掛けることもできなかったので、せめて少しはラクできるように、クローゼットの中のfigmaをちょっと整理しました。
遊ばないワケじゃないけど、出しておくとスペースをとり、収納もうまくいかないので、仕方なく使用頻度の低いfigmaは片付けることに。
DSCF5770.jpg

日曜はまず。
AM10:00から部屋の物を外へ出し、布団を干してシーツや枕カバーを洗濯機へ。
部屋の床を掃除機がけ+雑巾がけ。窓枠も少し綺麗にしました。その後、ダメになったカーテンを外してゴミ袋に入れ、新しいものと交換。

AM11:00から、外に出したカラーボックスなんかを、ブラシ状のノズルに付け替えて掃除機がけ。終わったら、部屋の中に戻して午前中はおしまい。
午後になってからやることがあと僅かというところでややダレてしまい、ペースダウンでしたが、無事、終わりました。今まで、コレどうするよ?って思ってたカラーボックスは、旧60cmらんちゅう水槽台の上に置くことに。もちろん、下には滑り止め用のシートを挟んでます!
まぁ、そのうちアクア関係のものは、アカハライモリ以外はこの部屋からなくなる予定なので、この台も一階に移動させることになるかも?
DSCF5779.jpg

下段。
隣のキューブボックスは上のカラーボックスと同じシリーズですが、この中には予備のエアポンプやら餌、水作エイト、ろ材やヒーターの予備がいくつか入ってます。ガラスの類は上ではマズイので下側に移動させました。
DSCF5782.jpg

合間についでとばかりにアカハライモリのケースも掃除&水換えしました。登場させなくなっても手抜きしてはいけません!
DSCF5783.jpg

figmaを乗っけるバイク。いつの間にかけっこう集まってました。隣室の押し入れにもアメリケンなチョッパーやらが数台しまってあるので、いい加減こちらもしまう場所を確保しないとです。
DSCF5785.jpg

夜、時間ができたので、鉢が小さくて詰まり気味だったヒメモンステラを植え替え。シンプルに植え替えただけなので、時間もあまりかかりませんでした。適した時期はあるんだろうけど、やらないといけないのだからやるしかないということで・・・。

ちなみにモンステラっていうのは、モンストラム(モンスター)。つまり怪物って意味だそうだ。
野生種の中には葉っぱだけでメータークラスなんてのもあるらしいので、モンスターという言葉はぴったりですね。
あれ?と思う人もいるといるかもですけど、モンステラって何となくアヌビアスに似てます。それもそのはずで、これってサトイモに近い種類なんですね。これなら水槽の横にあっても違和感ないですね!
DSCF5795.jpg

最後に、これはダイソーで買って来たケーブル固定用フック。
90cm水槽設置のための準備でもあります。コンセントを壁に這わせるのに、壁に貼り付ける必要があるので。
でも、普通に売られているものは、モルタルなんかには使えないのが多いので、何かコンクリート壁でも貼れるものはないかと探していたら、105円で売ってんですもの・・・皮肉な話ですねー。
DSCF5767.jpg

X-2

2011年 10月10日 04:28 (月)

さて、被験者Xこと、レッドスポッテッドメティニス・・・つーか、レッド表記は間違いなんじゃw
の経過報告です。

入れた当日は陰に隠れてじっとしていましたが・・・。
DSCF5750.jpg

時間が経つに連れ、少しずつ泳ぐようになりました。
DSCF5753.jpg

イエローピンクテールがいじめるかもと思ってましたが、実際はメティニスの体面積に逆にビビってますw
吻先が白くなってるのは、ビビって暴れて擦りむいた証拠ですね。
DSCF5754.jpg

ダブルトランクも、最初はちょこちょこつついていたりもしましたが、どうやらもうあまり興味はないようなので、コイツについてはとりあえず警戒解除。
DSCF5764.jpg

日数が経過する毎に黒いスポットも少しずつですが、浮かび上がってくるように・・・。
DSCF5765.jpg

ヒーターガードの下が定位置になりつつある?
DSCF5766.jpg

昨日の朝、撮影。やはりここにますね。
夜にはさらに泳ぎ回るようになり、イエローピンクテールもビビる回数が減ってきました。
DSCF5772.jpg

これなら、もうすぐ回復しそうですね!

枯葉組

2011年 10月09日 04:45 (日)

これぞ夢の競演!?

ロリカリア&バンブルビーキャット。
千載一遇のチャンスを逃すSPEED★KINGではなかった。
DSCF5654.jpg

で、もう二度と撮れないかもしれないw
DSCF5662.jpg

時間がないので今日はこれだけでおしまいです;
日曜は部屋の掃除なんてものをやらなきゃいかんのだ。

被験者"X"

2011年 10月06日 18:25 (木)

これは、とあるディスカウントショップの販売状態が極めて悪いアクアコーナーから魚を購入し、自宅の水槽へ投入した場合、被験者となった魚と、先住の魚達はどのような反応を見せるのか?という実験である。
DSCF5735.jpg

計画発足:2011年5月5日 実行日:2011年10月6日
計画者名:SPEED★KING
被験者名:レッドスポッテッドメティニス
販売水槽:90cm
混泳魚種:シルバーアロワナ、パールムS、フラワートーマン複数
店員判定:素人率75%
DSCF5736.jpg

店員の対応(口の利き方など)にはおかしな点はなし。
だが、手際が非常に悪く、魚を一度掬ったものの、プラケースに水を入れ忘れる。
DSCF5737.jpg

水槽内、及び被験者に病気などの疾患は見られず。
店員の手際の悪さはここでも目立ち、プラケース内の水を全部袋に入れてしまい、ケースに被験者だけが残り、激しく跳ね回る。
DSCF5738.jpg

パッキングはビニール袋のみであったため、新聞紙での保温を命じる。
店員は素直に応じ、私はそれを持ってレジまで移動する。
その時点で被験者の体力の消耗・ストレスはピークに達したものを思われ、水合わせでは前後不覚の状態に陥る。
DSCF5739.jpg

飼育水を点滴方式でプラケースへ。
前後不覚の状態は悪化し続け、ついに横たわってしまう。
DSCF5743.jpg

慎重な水合わせを経て水槽内へ。数分間は横倒しになっては起き上がる状態が続く。
DSCF5744.jpg

さらに数分経過。
一度、突然目覚めたかのように、水槽内を激しく泳ぎ回り、再び沈黙状態に。
DSCF5746.jpg

と、こんな具合で、「きちんと管理されたショップでの購入をおすすめする」という言葉が、どれほど重要なのかおわかりいただけましたね?

デリケートな魚の場合、稀に水温や水質の変化で、こんな状態に陥る魚もいることはいますが、このミレウスの仲間は丈夫な部類に属します。この魚をこんなふうににしてしまう販売コーナーの恐怖といったらそりゃあもう・・・;

実は、実験というのはネタ的なもので、多分、そのままお店にいたらパールムやフラワートーマンにイジメ抜かれて死んでしまうのは目に見えていたので・・・どうせ死なせるなら、うちの水槽で死になさい!

というわけで、救済計画でもあったりして;
それに、ミレウスって、最近あまり見ないしね~・・・。

後悔

2011年 10月06日 03:03 (木)

こんばんは。
グズグズしてると朝になってしまうので、更新です。
まず、昨日の買い物に行ってきたんですが、2つほど後悔することが・・・;
そんなの大きな写真で載せるのもなんかイヤなんで、まとめていきたい感じです。

①後悔その1.配水管クリーナー。
これは外部式フィルターのホースの掃除に使うんですが、値段が800円以上もする・・・。もっと安いものもあるはずなんですけど、買ってしまったものは仕方がないですねぇ・・・。
②後悔その2.アイリスオーヤマの木樽風の鉢。
ヒメモンステラがでかくなってきたので植え替えは?という意見が出まして購入。値段を見ずに買ったのがダメでした。7号鉢なんですけど、498円;これなら100円ショップで買えば良かった。
③絶対可憐チルドレン27巻+ケロロ軍曹22巻。
④figma 神原駿河
DSCF5674.jpg

こっちは後悔しない買い物。サボテン。名前はどこにも書かれていないので、ちょっとわかならない。
触るとトゲが刺さって痛いオーソドックスなサボテンです。でも、そういうのが1鉢くらいあってもがいいかな?と思ったものでね・・・。文句ある?
DSCF5708.jpg

他のサボテンの近況もついでに。

まず、金晃丸。
丸といっても、真ん丸にならないで、上に伸びるタイプ。じゃあ丸じゃないじゃん?
と思わず突っ込みたくなりますけど、見た目はほとんど変化なし。植え替えしないとマズイのかしら?
DSCF5717.jpg

次は、これも名前がわからない・・・。こっちも長く伸びるサボテンです。ほんの少し伸びたかな?
どこかの美容室で、冗談みたいにデカイの・・・多分2mくらいのやつを見たことあるけど、あれ折ったりしたら謝るだけでは絶対済まんぞ・・・。
DSCF5718.jpg

般若。
個人的にけっこう気に入ってる。見た目もなかなかカッコイイですし。
じりじりと大きくなってる感じはなくもない。やはりこれも鉢が小さいような・・・。
DSCF5720.jpg

これらと比べると、今回は、サボテンも鉢もひと回り大きいサイズです。
これでも値段は398円ですから安いです。魚以上に簡単に増えてしまうのも仕方ない気がします;
DSCF5723.jpg

疾走

2011年 10月02日 13:15 (日)

少し前、プレコ水槽にて大事件が発生。
クラウンローチ水槽でのプレコ全滅に次ぐ異常事態。

ある日の朝、何気なく水槽を覗くと、プンティウス・フィラメントーサスが前面に出たまま微動だにせず。
近づいてみると、逆さまになって流木に挟まって死んでました。
あれ?!と、さらに水槽を覗くと、ヒーターガードの上でプレコが1匹ひっくり返ってました。
さらにさらに、フィルターの吸水パイプの上の方、水面すれすれの場所にマスタードファントムが・・・。

お気に入りの魚が死んでも、滅多に動揺しないSPEED★KINGも、これには焦りました;
マスタードファントム、ブルーフィンプレコが死亡してました。
タイガーフィンサタンは、辛うじて生きてましたが、瞳孔が開ききって既に死相が浮かび、手遅れ。

原因は酸欠だということがわかりました。
私はいつも餌を与えてからしばらくの間、フィルターの水流を弱めています。魚がちゃんと餌を食べられるようにとという配慮で、酸欠にならないよう、水流で発生する気泡は消えないようにしていたんですが、夜中に、やけに静かだなと思った時、パイプが水中に没して、巻き込んだエアーがなくなっていたんです。それが超時間続いたので酸欠に陥ったと推理しています。
私が何かの拍子にパイプに触れたのか(覚えはないが)、シクリッドが水面の餌を食べる時に当たったのか、はたまた誰かが触ったのか、今のところは不明。

しかし、悲しんでばかりもいられない。
アクアリウムという好きなことを、とりあえずやれているんだから、やりたいことがいっぱいあったまま、何ひとつできずに死んでしまった人間に比べればずっとマシじゃないのか?
そこで弱気になったり、後悔したり、迷ったり悩んだり、諦めたりするのはただの贅沢だろう?
(それに、気が付かなければ全滅コースだったんだから、この程度の犠牲で済んだことはむしろ不幸中の幸いだっだと思う。)

この趣味を続ける以上、走り続けるしかあるまい?

という考えに至り、一日でも早く元の環境(残った居場所を巡るバトルが起こってケガ魚が続出する前に)に戻すため、プレコの追加を決めました。
DSCF5613.jpg

後続組第一弾は、ゴールデンブルーフィンプレコ。
本当はブルーフィンが良かったんですが、サイズ的にこちらが良さそうだったので、ゴールデンに決定。
DSCF5609.jpg

文句なしの美個体です。以前は6,000円くらいしたものですが、今回は4,200円と、このプレコにしては比較的お値段はリーズナブルでした。ちなみに先代のブルーフィンプレコは確か6,500円だったのに、お店では5,000円代になってました。
DSCF5614.jpg

水合わせ中もジャンプしたりと、非常に元気もよろしかったです。
DSCF5617.jpg

放流後。
さっそく隠れ場所を探していました。
DSCF5621.jpg

オレンジフィンカイザーがもうバケモノに見えますね~;
DSCF5622.jpg

さっそくニュータイガー、インペタイガー、メガクラウンあたりのタイガー組と激突したりもしましたが・・・;
DSCF5628.jpg

何とか仲良くやってくださいね~?
DSCF5642.jpg

囚人

2011年 10月02日 12:36 (日)

さて、おはようございます。
昨日の夜中、トイレの詰まりを直すのに1時間ほどかかり、疲労困憊で更新できずじまいでした。
思った以上に体力を消耗。AM2:00近くにコンビニへ行き、飲み物やお菓子を調達しましたが、ひどい空腹に襲われていたので、売れ残ったハンバーガーを温めてもらい、車の中で食べて帰りました;
DSCF5651.jpg

そんな事件が起こったことを報告しつつ、時間は遡り、土曜の夜。お店へ行きました。
この水合わせ用プラケを洗って干してあるのを見ればおわかりですよね?
DSCF5653.jpg

新入りさんです。
以前から気になっていた、コンビクトシクリッドです。
DSCF5612.jpg

しかも2匹、別々の水槽で販売されていたのですが両方とも買っちゃいました;1匹300円と安かったのと、見た目のカッコ良さに惹かれて・・・。お店の人によれば、どうやらペアっぽい。
残念ながら、いれば一緒にお迎えしようと思ったギノムゲオファーガス・バルサニーは売り切れ(泣
DSCF5619.jpg

こっちは2匹目の写真。
こいつって、確かファイアーマウスみたいにあまり大きくならないシクラソマの仲間だったっけ?
MAXでも10cmくらいだと思ったが、少々記憶が怪しい・・・。最近、あまり見ない魚でもあるし;
DSCF5620.jpg

彼らから見たロイヤルプレコは、きっとモンスターに見えるに違いないw
DSCF5624.jpg

放流後。
小さい・・・。入荷時には豆粒くらいの大きさだったので、見た目は成長したと思ってたんですが;
DSCF5632.jpg

ペアで仲良く・・・というワケではなく、シクリッドらしくケンカしてました;
DSCF5638.jpg

コンビクトはちょいと生態が珍しく、親魚が稚魚に餌を与えるんだそうな。
DSCF5639.jpg

かなりすばしっこいので、写真撮るのに大苦労。
黒いバンドにお腹の部分だけ赤くなり、ヒレはメタリックブルーという、ギラギラ系にはない渋くてカッコいいカラーリングですね!
DSCF5640.jpg

コンビクト(convict)=囚人の意

オトシンの恐怖

2011年 10月01日 02:53 (土)

9月1日~9月30日。連休も潰され土曜も休みなし。
で、今日、給料もらえませんでした。
雇い主よ、忙しい(個人的事情で)のはわからんでもないが、金はきっちり払ってくれないですかねぇ?
一ヶ月しっかり仕事して、その月の給料が翌月の頭ってゆーのはどういうことかね?
こっちはガソリンを1,000円分入れる金もないんですけど?

非常識な雇い主がいることをアピールしつつ、更新です。
実は以前、図鑑の訂正記事を書いて、こいつがオムポックではなく、クリプトプテルス・クリプトプテルスであるという事実が判明した翌日、カラムナリスが再発して、再びプラケ行きで薬浴生活を送ることになったんですが・・・。
ナンボなんでもひと月治療したんだから、治ったでしょう・・・?
DSCF5583.jpg

ということで、久々にナマズ水槽に帰還!
DSCF5585.jpg

しかし、翌日、再び尾びれがボロボロに・・・。
なんでー?と思って観察していると、オトシンが原因であることが判明しました。
DSCF5601.jpg

元の場所で、新入り(自分がいない間に来た)がいることで少々勝手が異なるご様子。
DSCF5602.jpg

オトシンがこうしてヒレに貼り付いるので、ヒレの先端が齧られて溶けたりする。そして、そこから病原菌でも入り込んだらさぁ大変ですよwしかし、これではっきりした原因がひとつわかりましたww
DSCF5531.jpg

グリプトソラックス。こいつも尾びれは長い方だが、オトシンの恐怖を味わったことはありません。
DSCF5532.jpg

オプソドラスさんも同様。この種は動きが早いから、ひれも食われないんだろうか?
DSCF5525.jpg

今回はここまで。