TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

10月 « 2011年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

方向性

2011年 11月29日 02:30 (火)

運転中、部屋にいる時などに聴いた、ここんとこ一ヶ月くらいの間の私のBGM。

ガンズ・アンド・ローゼス「アペタイト・フォー・ディストラクション」
ニッケルバック「シルバー・サイド・アップ」
レイジ「サウンドチェイサー」
オインゴ・ボインゴ「デッドマンズ・パーティー」
ガーディアンズ・オブ・タイム「マシーンズ・オブ・メンタル・デザイン」
ドアーズ「ハートに火をつけて」
アルカトラス「ノー・パロール・フロム・ロックンロール」
レディオヘッド「OKコンピューター」
オール・アメリカン・リジェクツ「オール・アメリカン・リジェクツ」
リリックス「インサイド・ザ・ホロウ」

洋楽はこんなところ。古いものから比較的最近のバンドまで。
ベッドに入り、眠りにつくまでは、B'zの「Ballads」か「C'mon」。ファイアーボンバーのベストアルバムは外せませんw

それはともかく、最近のうちの植物たち。
サボテン。成長はしてないように見えますが、少しずつ形が変わってきてます。
DSCF6706.jpg

トネリコ、ペペロミア、テーブルヤシとコーヒーの木。
もう寒くなってきてるというのに、どの鉢もまだ新芽が出ては伸びてゆきます。
テーブルヤシがちょっと色が薄くなってきてるので、そろそろ室内入りかな?
DSCF6877.jpg

こちらは多肉。クラッスラ・アルボレッセンス。
少しずつですが、成長してます。一番上の開ききってない葉は少し前まで豆粒くらいしかありませんでした。そう考えると、他の多肉やサボテンに比べると成長は早いのかな?
DSCF6880.jpg

ヒメモンステラ。
寒くなってきて、葉が一枚黄色くなっていたを母親が切ったそうです。これも室内入りにした方がいいでしょうねー。でも、まだ新しい葉っぱを出ては、伸びてる・・・・・。
形を整えたりする人もいますけど、私は無造作に伸びている方が好きなので、よほどのことがない限り、少し支えを入れる程度にしようかと思ってます。
DSCF6882.jpg

一方、こちらはまた母親が買ってきた植物たち。
園芸店やホムセンではなく、場末の小さなスーパーで買ったそうです。ああいう店には、意外といいのが並ぶことがあるし、安いそうなので、参考にしてみては?
DSCF6844.jpg

こちらも同じ。上の写真の翌々日くらいに、同じスーパーではなく、ドラッグストアで買ったそうです。
オキザリスという名前がついていましたが、私は知らないのでしたw
DSCF6893.jpg

こちらは今日(もう昨日か)、買ってきたもの。
なかなか大きくて綺麗な花。見たことはあるけど、やっぱり専門外なので知らない。
全部寄せ植えにするけど、あれだけでは寂しいので、これも植えたいということなんだろう。前のフェアリーなんとかいうのも既に寄せ植えにしてありましたw
DSCF6901.jpg

ブラント&エキデンス

2011年 11月29日 01:37 (火)

そして、2つ目は4設置から一ヶ月が経つ40cm水槽の様子。

最近のブラントノーズガー。
カーニバルはもう細かくしたものでなく、1個まるごとパクリ→ゴクンとイケるようになりました。食べる量は毎日1個半~2個ぐらい。ひかりキャットも、リッチペレットも食べるようになりました。
・・・いつも私のカメラや指が写り込んで非常に見苦しい;
DSCF6837.jpg

このまま順調に行けば、早々に・・・と思ったが、よく考えてみると、クラウン60cmの面々だって成長してるんだから差は縮まないんじゃなーい?w
DSCF6840.jpg

そして、今のところ生活圏も重ならず、ケンカも何もないベストパートナー的なエキデンス・メタエ氏。
互いに興味がないというより、互いが少し相手にビビってると言った方が正しいのかも?
DSCF6836.jpg

部屋を明るくした直後のエキデンス。
全然色が違うでしょ?実はこっちはデフォに近いですw
DSCF6845.jpg

この状態はまだ寝ぼけてますね。チョコグラみたいに深みのある色です。
DSCF6848.jpg

色飛びしている時に現れるスポットも、この状態に時には消えてしまってます。いつもながら不思議に思う。
DSCF6860.jpg

来月、この水槽を換えます。底面が黒い水槽にすれば色飛びもなくなるハズなんで。
サイズはそのまま40cmにするか、45cmにアップするかは、まだ迷ってますけど。パワーキャニスターミニは45cmまでは対応できるみたいなので、換えてしまっても問題はないと思うんだけどなー・・・。追加する魚といってもあと1~2匹しかいないしw
DSCF6862.jpg

知名度ゼロ

2011年 11月29日 01:20 (火)

金曜に更新しようと思ったら時間的に無理で、日曜は仕事にされてしまったので、土曜も不機嫌で無理。
しかも緊急メンテとかもあったりで、今日になってしまいました。

まとめてどーん!です。お付き合いして下さる方、こんばんは!
興味のない方はスルーの方向で。

水換えサイクルも狂いに狂って、こちらの水槽もようやくできました・・・ホッ。

まずあり得ないツーショット。
Sy.オルナティピンニス&ゴールデン!

シェルターの取り合いと言ったらいいのか、くぐり合いと言ったらいいのか?
DSCF6888.jpg

土管があっちへゴロリ、こっちへゴロリ・・・。俺はもう、絶対に直さないからそのつもりでいなさい!w
DSCF6892.jpg

セーラー・セイバー

2011年 11月24日 03:30 (木)

黒衣マトボディー+セイバーの頭を交換して遊んだよ。
DSCF6814.jpg

なかなか似合うんじゃない?
DSCF6812.jpg

「セーラー服とやらを着てやったが、これでいいのか?」
おお、かわいいー!
DSCF6818.jpg

おお、かっこいいー!
DSCF6821.jpg

セーラー服というと、やっぱりこれをやりたくなるのね;
DSCF6823.jpg

似合いすぎて怖いくらいだw
DSCF6825.jpg

DSCF6826.jpg

両方向!
DSCF6828.jpg

でも、こっちの方がやっぱりしっくりきますね♪
DSCF6830.jpg

新・多肉植物

2011年 11月24日 03:21 (木)

今日も仕事・・・いや、クソ仕事だったわけですが、帰宅すると、こんなものが。

「白雪姫」というらしい。何の植物なのかは知らないです;
DSCF6807.jpg

こちらは「フェアリーピンク」というものだそうだ。これも何の植物かは知らない。
DSCF6808.jpg

これは「ハートカズラ」。こんなところしか映してないのは、これがベタにハート型のワイヤーに這わせてあったからバカなんじゃね?と思って;
実はこれら、私のものじゃなく、母親が買ってきたものです。母と息子揃って植物を管理してるってわけです。
ホントのところ、母親の鉢の方が私のよりずっと多いですw
DSCF6809.jpg

リベットの瞳

2011年 11月24日 03:13 (木)

うちにやってくるお客さんが、この玄関の水槽を見てまず一番最初に、例外なく、ロイヤルを見て「これは魚ですか?」と聞く。そして、ほぼ例外なく、パロットファイアーを見て「これは金魚ですか?」と聞く。
DSCF6656.jpg

最初のうちは丁寧に説明していたが、そのうちめんどくさくなって、適当に言うことも増えてきた。

<ロイヤル編>
(客)「これは魚ですか?」
(私)「いいえ、違います」
(客)「え?じゃあ何なんですか?」
(私)「両生類ですね」
(客)「そうなんですか~」
(私)「嘘です」
(客)「・・・・」

とまぁこんなやりとりもたまにある。
何の話なのかというと、ロイヤルを眺めていたらそんなことを思い出したのでね。
DSCF6658.jpg


一方、ナマズ水槽。相変わらず扁平なフラットヘッドプレコ。
少し前にショップへ行ったら、ディープレッドフラットヘッドプレコが入っていた。次回、在庫が残っていたら違いを見比べるために連れてこようかしら?
DSCF6637.jpg

ずいぶんと大きくなったわけですが、どうやらタイガーっぽくなってるヒレは変化しないようです。
DSCF6638.jpg

アクティヴなプレコで、いつもあっちこっちと頻繁に移動しては何かを食べています。
何を食べているのかは、本人しかわからないw
DSCF6640.jpg

忘却の彼方

2011年 11月22日 02:55 (火)

けいおん!figmaが全部揃っていることをすっかり忘れていました;
DSCF6797.jpg

律っちゃんのドラムセットも引っ張りだすのは久々です。
DSCF6754.jpg

唯のマイクは鏡音リンから流用。
ベースというとあまり動きがない印象。澪。
同じくムギちゃんのキーボードも鏡音レンから流用。
DSCF6731.jpg

梓。ツインテールが軟質パーツでないので、取り扱い注意。ツインテールじゃない梓なんて、梓じゃない!
DSCF6738.jpg

梓&ムギ。うーん、動きを出すのって難しいです;
DSCF6779.jpg

律っちゃんのドラムセットも、叩かせるのってけっこう難しいです。
DSCF6782.jpg

巡音ルカさんのマイクスタンドは、彼女らとは高さが合わないので、使えませんでした;
DSCF6795.jpg

律っちゃんはお調子者でしたねーw けいおん!キャラでは一番好きかも。
DSCF6781.jpg

ぜんいん!
DSCF6751.jpg

次はサウンドフォースでもやってもらおうかしらw
DSCF6801.jpg

不愉快な仲間達

2011年 11月21日 03:37 (月)

NISSOのパワーキャニスターミニ。使い始めて少し経ちましたが、問題点もひとつ発覚。
それは、このホース。汚れを落とす時に、今うちで使っている物とは違う、もっと細めのホースクリーナーを買わないといけない。アクアリウムメーカーから発売されてるやつって、なんでかわからんのですけど、ダメになるのが早い気がします;
DSCF6710.jpg

登場するのはかなーり久し振りのアーマードキャット。風貌からわかるとおり、コリドラスの親戚にあたる。
丈夫なうえに異常としか言い様のない食欲の持ち主である。
病気じゃないけど死んでしまう魚って、どの人のどんな水槽にもいると思うけれど、コイツが唐突に死んだりした場合、死因は多分食い過ぎじゃなかろうか?w
DSCF6665.jpg

最初は横に等間隔に並んでいた土管、ゴロンゴロンと転がしまくり大きな騒音を立てるインドレッドテール(ゴールデン)。土管の位置は今はこの状態に。明日になればまた変わっているのでしょう。
・・・・いい加減んしてくれないだろうか?w
DSCF6709.jpg

調べて調べて調べまくっても、未だに正体不明なヤツ。
どうやらグリプトソラックスではないらしいということまでは掴みましたが・・・。

①ボルネオバンブルビーキャット。
②ガレアタスウッドキャット。
③マーブルレイオカシス。

とりあえずこの3種類の名前で同じ魚を発見。しかし、どれが正解なんだろうか?
DSCF6718.jpg

プレイセットB

2011年 11月20日 04:57 (日)

今回は今までとはちょっと違うフィギュアネタです。

これ、何かとい言いますと。
ねんどろいどプレイセット 文化祭Bセット。
この積み上がっている物体は、それぞれ教室の床や壁。
DSCF6698.jpg

小物1.
太鼓やちょうちんなど。特に太鼓の出来が秀逸ですぎる。
DSCF6700.jpg

小物2.
譜面台、縦笛、タンバリン、ピアニカなどw
DSCF6702.jpg

小物3.
三味線。しっかりバチまでついてますw
その他、ねんどろいど専用の持ち手が1セット。
DSCF6701.jpg

並べてみるとこんな感じに。
Aセットの方はギターやピアノなどがあり、そのセットとこれをくっつけて、より教室を広くするなんてことも可能です。教室シリーズはこれを含めて4種類発売されているので、他のもぜひ欲しいところ。
次回は誰か引っ張り出そうかしら。
DSCF6703.jpg

C3

2011年 11月20日 04:37 (日)

いつも通り、プレコ水槽を水換え中。後は注水のみで、フタを戻す段階でのひとコマ。
プラブタが一部、しかし決定的な部分が破損折してしまいました;
これではもう使い物にならない・・・困った;
DSCF6692.jpg

なんてな。プラブタの予備もちゃんと持ってるのさ!
DSCF6693.jpg

突発的なトラブルをするりとかわした後、つい最近、コンビクトシクリッドに丸坊主にされてしまったコリメタエが、非常に泳ぎづらそうなので、どうせならと思い、アドルフォイも一緒にナマズ水槽へ引っ越しです。
DSCF6689.jpg

メタエはもう4年以上の古株。コリショック事件で大半のコリを失いましたが、アドルフォイ2匹とともに生き残り、現在に至ります。どうせならもっと長生きしてもらいたいじゃないですか?
ヒレが見事にボロボロ・・・。確かにこれじゃ泳げないね;
DSCF6690.jpg

水温を合わせている間、プレコ水槽の注水を済ませて、再び戻って水合わせ・・・・と思ったら1匹いない;
DSCF6695.jpg

どうやら飛び出して水合わせなしでナマズ水槽に入ってしまったようです。
・・・何ともなければ、私は別にかわまないけどw
DSCF6696.jpg

数時間経過。同じく残党のコンコロールとも合流。今後はこちらで生活してもらうのでヨロシク。
DSCF6697.jpg

図鑑 その41

2011年 11月18日 16:46 (金)

No.55

名前:コンビクトシクリッド
別名:ブラックバンデッドシクリッド
学名:matitlania nigrofasciata
分布:中央アメリカ(グアテマラ、エルサルバドルなど)
全長:8cm程度

灰色がかった体に黒いバンドが並び、ヒレはメタリックブルーに輝く渋い色合いのシクリッド。以前はシクラソマに分類されていた(私は今でもシクラソマだと思っていた;)。
腹にオレンジや黄色が入る亜種も存在する(写真のは腹に赤が入るのでそっちの方かも?)。
小型で安価、餌は何でもよく食べ、飼育は容易。ただし、テリトリー意識が強く、性格はかなりキツイので、本種を捕食しない程度の大きさで、強い魚との混泳向き。同種・同サイズ・または小さな魚との混泳には向かない。
繁殖させやすく、ペアは産卵~稚魚の保護だけでなく、稚魚に餌を与えるという、魚類の中でも珍しい習性を持つことでも有名。
沖縄県ではグッピーやナイルティアピア同様、元々飼育されていた個体が放流されて繁殖し、定着してしまっている。
convict(コンビクト)とは、囚人という意味だ。バンドが囚人服みたいだから??

飼い易さ:★★★★★
購入価格:350円
DSCF6662.jpg

関係ないけど、"PRISON BLUES"という、囚人達が作っている洋服のブランドがあるって知ってました?

新シリーズ開幕

2011年 11月18日 16:03 (金)

皆さん、お元気ですか?SPEED★KINGです。
だんだん寒さを感じるようになってきたので、レザーを引っ張り出してきました。
この手のものは洗濯できないのが困りものです。クリーニングでは綺麗にならないそうなので、レザー専用のお手入れ用品を何か買わないとですね。
私よりも長生きしているジャケットらしいので、ほつれたポケット部分も何とかしたいな・・・。洋服をリペアしてくれるお店に持っていったら補修してもらえるかしら。
ああ、湿気のない晴れた日に少しだけ外に干して、タオルで表面を拭くだけでもだいぶ違うそうですよ?
DSCF6685.jpg

さて、今日は100円ショップでこんなものを買ってきました・・・けど、すでにゴミ決定かも;
どちらも窓の柵の内側に置いてサボテン入れに使おうと思ったんですが、どうにも勝手が悪そう。
まぁ、使えなければ室内で使えばいいだけなんですけど、ちょっと後悔してますw
DSCF6688.jpg

うちの魚達の図鑑だけでなく、これから植物図鑑を作ろうとしてますけど、いきなりこのサボテンの種類がわからない;
サボテンはどうやら8,000種類以上あるらしいので、似たようなのがいっぱいあるってワケですね。このへんは魚と同じなんだなぁー。
ちなみにこのサボテンのように、鋭い棘を持つ種類は、しっかり日光に当てないとダメみたいです。
こんなの目に刺さったら失明確実ですねぇ・・・。
DSCF6651.jpg

夢と消えるまで

2011年 11月17日 02:48 (木)

こんばんは。

まず、ブラックカイザーが死亡。
うーん、シェルターがなくなったのが相当のストレスになっていたようです。
一昨日、ナマズ水槽の水換えをしたときに、すでに反応が鈍くなっていたので、これはもうダメだなぁ・・・。と、予想していたら、やはりダメでした;難しいもんだなぁ~

水質に関しては悪化に気をつければ問題ありませんでしたが、自分より大きな魚との同居は・・・平和を保つことができれば問題なかったんですが、争いが起こってしまうと、ちょっと難しかったみたいです。
うーん・・・カイザー系は自重することにします。というか、入荷がおそらくないと思うので、また環境を整えて機会に。
ブラックカイザーには申し訳なかったですが・・・・私はこんなことぐらいでプレコ飼育を諦めるような人間ではないです。
いつか成功させてやろうじゃないの!

試験的に他のプレコを何か1匹入れる予定でいたので、同じ失敗を繰り返さないように、ブラックランサーをローチ水槽へ移動。
DSCF6623.jpg

ずいぶん大きくなりました。最初から極小サイズではありませんでしたけど、あらためて見ると、当時より体つきもガッシリしていました。
DSCF6629.jpg

怪魚の影!いや、影じゃなくて本体かw
DSCF6630.jpg

ランサー系のキャットはシルエットのカッコ良さはピカイチです。
DSCF6634.jpg

水合わせ中、狭いプラケは退屈なのか、めんどくさそうにゴロリ・・・;
DSCF6636.jpg

まぁ、後は仲良くやってちょーだい!
DSCF6643.jpg

後で確認したら、問題なく隠れ家は確保したようです。

ps
水作エイトのろ材を1年ぶりに交換。最近の白濁は、これの丸洗いが原因だったようです。だって交換したら濁らなかったんですもの。
DSCF6628.jpg

オプソドラスが写ってますが、水作エイトだけの写真よりマシでしょう!w

キャンディー・ハウス

2011年 11月15日 02:18 (火)

ホムセンで買い物。

母親に頼まれて、園芸用の土を買い、日曜みたいな事態に陥らないよう、鉢底の石も一緒に。
DSCF6611.jpg

日曜の記事で、うちは日当たりが悪いと言いました。
比較的長時間、日光が射すのは東側と西側。ようするに日の出~午前中と夕方~日没までの間ということです。
だったら、そこを有効的に使うしかなんじゃない?

というワケで、こいつを手に入れました。
DSCF6614.jpg

これを窓の柵のところに引っ掛けて鉢を置いてしまえば、光に当てられるじゃなイカ。
DSCF6613.jpg

落ちないのかと、試しに引っ掛けてみたんですが、大丈夫でしょう。マンションの5階とかじゃないんだから、少しくらいの風なら問題ない。
柵の構造上、若干斜めになってしまうのは仕方ないですが、それで落ちてしまうこともありません。
DSCF6615.jpg

黒法師の方は、今月は予算を回せないので、柵の内側にプラスチックのバスケットに入れておくしかありませんが、火祭りの方は解決しました!
DSCF6616.jpg

シェルターを探せ

2011年 11月15日 01:56 (火)

本日、エーハイム2217を掃除しました。
なんか、最近やったばっかりだろ!って思ったのですが、確認してみると、もう1ヶ月経とうとしてました;
なんでわかるのかって、実は今年の4月あたりから、ノートに軽くさらっと殴り書き程度ですが、日付とメンテした水槽、魚達の様子、気になった部分、アクアと植物関係で何を買っていくら使ったかなどを全部記入しているからです。
DSCF6617.jpg

そんなこんなで、話は飛びまくってブラックカイザーさん。
まだまだ新しいねぐらは確保できないようで、あちこち彷徨ってます。さまようのは蒼い弾丸だけにしてくれ!
DSCF6544.jpg

隠れるところがないなら、潜りゃいいんじゃね?

それはお前みたいな特殊なやつしかできないんだ・・・悲しいことにな。
DSCF6545.jpg

プレコの中でも成長が著しく遅いのが特徴のカイザー一派。
でも、ブラックよ。お前も水玉はなくても立派なファミリーの一員なんだから、せめてこのくらいまでは成長してくれよぅ。
DSCF6297.jpg

防犯探偵

2011年 11月14日 01:35 (月)

さて、こっちでは別の本を。
ラノベとマンガを好む私が、こんなものまで読むとは意外でしょう?

貴志祐介「狐火の家」

この方はシリーズものを書かないんですけど、これは例外ですね。
ミステリー小説界に殴り込みをかけた大傑作「硝子のハンマー」からのキャラクターが登場する"防犯探偵"シリーズです。まだ読んでないんですが、続く新作「鍵のかかった部屋」も既に発売されてますね!
この作品も次回作も短編集なのですが、充分楽しめる内容です。表題作「狐火の家」の他、「黒い牙」「盤端の迷宮」、シュールな書き下ろし「犬のみぞ知る Dog Knows」も収録。

長野県のある村で、築百年という古い日本家屋で中学生の娘が殺されるという事件が起こる。
被疑者となったのは娘の父親。現場は完全な密室だった。依頼を受けた弁護士の青砥純子は、前回の密室殺人事件で見事に犯人のトリックを破り、事件を解決した"あの男"に再び事件解決の協力を要請する。
DSCF6445.jpg

冷静沈着、頭脳明晰、深い知識、鋭い洞察力と推理力、優れた身体能力を持つ防犯コンサルタントにして、裏の顔はプロの泥棒という顔を持つ男、"防犯探偵"榎本径と、天然な美人弁護士・青砥純子が事件の謎に挑む!

時期外れ上等

2011年 11月14日 01:09 (月)

日曜、黒法師と火祭りの植え替え。
本当はそれぞれ時期があるので、今が適しているかどうかは微妙。一応調べましたが、秋でもやっていいという人もいるけど、自己責任ですね。
本当はやめた方がいいかもですけど、ちっこい鉢にぎゅうぎゅうに根っこが詰まった状態じゃ、植え替え時期が来るまでにダメになるんじゃね?ということで強行しました。

使うは多肉植物専用の土。
DSCF6578.jpg

いつも通り植え替え作業開始して、中身をぶちまけた途端・・・。どこを探しても鉢底の石がない;
仕方がないので、黒法師の方は、砂利を少しだけ敷いて代用。多肉専用の土は通水性にも優れているので、まぁ大丈夫なんじゃね?
DSCF6579.jpg

一方の火祭りは・・・。
あらためてそこらへんを捜索してみると、以前よりさらに前に買ったまま開封してない多肉専用の土が出てきたので、よく見てみると、けっこう粒が大きくて軽石も混じっているので、これはちょうどいいと言わんばかりに鉢底の石代わりに使うことに。
DSCF6580.jpg

植え替え後、夕方撮影。

購入時のポットより若干大きめ程度の鉢を適当に選んだんですが、黒法師の雰囲気に合ってるんじゃない?
DSCF6594.jpg

火祭りは、鉢がかなり浅めですが、まぁ次回の植え替えまでは保つでしょう。
何の芸もないツートンカラーの素焼きがちょっと気に入らないけど、我慢するか。
DSCF6593.jpg

うちは日当たりがあまりよくない方で、特に秋・冬は東西南北のうち、南北は日が当たりません。
朝日~午前中の早い時間に当たる東と、夕方のみの西側のみ。
このふたつは強い光を好むそうなので、東側に置くことにしました。ただ、二階の私の部屋の窓の外・・・つまり柵の部分に置くんですが、火祭りは鉢が広いので落ちることなく置けますが、黒法師の方はプラスチックのバスケットに差し込んで置くことにしました。ふん、完璧だぜ。

"Read More"にオマケがあるよ!

続きを読む

小さなポイント

2011年 11月14日 00:42 (月)

こんばんは。

今日は、あまり目を付けることのない部分をちょっとだけクローズアップしたいと思います。
皆さんも当然使っていますよね、水温計!

実はポリプ水槽の水温計、これなら信頼できるだろうと購入したこれ。どこのメーカーのものか忘れましたが、少々高めのお値段だったのに、ダメダメでした;
DSCF6597.jpg

まず魚達が当たるたびにカチカチと派手な音を立ててうるさいこと・・・このうえない!
で、ここんとこ何か角度がおかしいな?と確認すると・・・ゴムがもげかかってました。まだ使おうと思えば使えるけど・・・処分だ。
DSCF6598.jpg

その後、コトブキのAQUARIUM GEARの水温計に交換。これは横にくっつけても確認しやすいように斜めに温度表示されています。最近では、水銀は珍しいかな?
DSCF6589.jpg

これだけじゃな何なので、ちょっと失敗談。午後に水換えした40cm水槽。夜になって餌やりしたんですが・・・。
DSCF6606.jpg

量を間違えて残ってしまいました。
この水槽って、実は私のスタイルに反する水槽なんですね。基本的に"魚ありき"の水槽管理を続けてきたので、少数管理の方が難しいんですw
シクリッドは満腹にしすぎるとエロモナスにかかりやすくなるとかいう噂を思い出してちょっと心配に;
まぁ、一度や二度ではならないとは思いますが・・・。
DSCF6607.jpg

それと、ソードテール惨殺で残った餌を食う魚が不在。
エキデンスは全長的にはブラントノーズより少し小さいけど、体格的には上回っているので、ブラントもうまく共存できるようです。今後はこのクラスが基準なので、いろいろ検討しようかね。

残酷物語

2011年 11月13日 04:38 (日)

時間がないので、画像はわずかに3枚だけです;

まずは毎年恒例、アクアライフでのマイアクアリウムスタイル。
チラ見した程度ですけど、あんまり親しみは持てなそう・・。
庶民派アクアリストはどこへ行った?
DSCF6576.jpg

ソードテールは2匹ともブラントノーズに殺されてしまいました。
うーん・・・エキデンスぐらいの体格でないとダメかぁ。
でも、私はあきらめませんよー!

ちなみにブラントノーズ、リッチペレットも少しずつ食べるようになりました!進歩だ・・・。
DSCF6569.jpg

エキデンス・メタエ。
相変わらず明るい底面の影響で色飛びしまくってますけど、元気です。
餌も選り好みしないで何でも食べるいい魚です。おすすめですよ!
DSCF6561.jpg

まぁ、そんなこんなで、続きは日曜夜に更新ですかね。

ブラック&ファイアー

2011年 11月11日 02:33 (金)

近所の100円ショップで、水換え用のバケツをひとつと、余計なモノを・・・;
バケツにお菓子を詰め放題で100円!なんてのをやってくれないかな?

ああ、そんなアホなことより、ちょいと久し振りに植物記事です。
DSCF6525.jpg

まず、上とは違う店、ダイソーで以前から欲しいなぁと思っていたこのブリキ製のフラワーポットが値下げで105円になっていたので、ここぞとばかりに買いました。
DSCF6521.jpg

そして、こちらは久々に行ったホムセンで、多肉植物が大量に入荷されていたので、ついつい・・・;

デリケートで、多分私じゃすぐにダメにしてしまいそうな気がしますけど、安かったのでダメ元で買った黒法師。
これはアエオニウムの仲間。
DSCF6517.jpg

もうひとつはこれ、火祭りという。あのね、もっと名前なんとかしてよ;
こちらはクラッスラ属。アルボレッセンスとかブルーバードなんかに近い種類ですね。
DSCF6519.jpg

さっそく使ってみる。なかなかいい感じじゃなイカ。
取っ手もついてて運びやすいですね!
しかし・・・ずいぶん増えたね;

黒法師、日照不足になると葉が緑色になります。それはカッコ悪いなぁ・・・。
火祭りの方も、多分日照不足になると色あせるんだろうな・・・。
右の鉢に植えてあるアエオニウムは、最初は絶望的だったけど、何とか持ち直して、葉の縁も赤くなってきましたよ!
DSCF6548.jpg

"Read More"をクリックしようじゃなイカ?

続きを読む

宇宙生物クリプト

2011年 11月11日 02:11 (金)

書くこといっぱいなので、連続更新です!

まずは、クラウンローチ水槽へ移動となったクリプト。
なんなんだ、この馴染みようは・・・。まるで私は十年前からここにいますみたいな態度!
DSCF6528.jpg

他の魚達は一様に無関心。
ヘンテコなヤツだから近づかないのか?イエローピンクテールカラシンに至っては、餌の時に体が当たってビビる始末だ。情けない。
DSCF6529.jpg

クリプトと略して呼んでるけど、ホントの名前はクリプトプテルス・クリプトプテルスなので、念のため。
DSCF6530.jpg

学名はそのまま、Kryptopterus cryptopterusといいます。でも、こいつを見て、トランスルーセントグラスキャットの仲間だと思うヤツは誰もいまい。
DSCF6533.jpg

この名前、Krypt~はギリシャ語で、Crypt~はラテン語。どちらも同じような意味。
Kryptopterusは、隠された鰭という意味で、Cryptも、覆うとか秘密にする、潜在、停留とかいう意味かな。地下聖堂のこともクリプトというんだそうだ。ちなみにトランスルーセントグラスキャットのトランスルーセントは半透明という意味らしい。
DSCF6534.jpg
何が言いたいかというと、ヘンなナマズということですかねw

ナマズ探偵

2011年 11月11日 01:26 (金)

写真が使い回しなのは勘弁してほしいんですけど、いよいよ正体が判明しました!
・・・100%の確信はないですが、今までの中では一番信憑性があるかなと。
こいつはアルビニアータという名前で販売されてましたが、どうやら、シノドンティス・オルナティピンニスという名前らしいです。

↓こんなところかな?

名前:シノドンティス・オルナティピンニス
学名:Synodontis ornatipinnis?
分布:コンゴ
全長:15cm~25cm

謎の多いシノドンティスの一種で、入荷は少なく、価格も安価~高価なものがいたりと波があり、個体差も激しく、スポット+縞模様以外にも、全身がスポットまたは縞模様を持つ個体もいるようだ。柄の入り方によってはまったくの別種に見えてしまうことも多いので、もしかしたらオルナティピンニス以外のインボイス入ってくることもあるのではなかろうか。食性も性質も一般的なシノドンティスと同じで、丈夫で飼育しやすい。
DSCF6248.jpg

ちょうどよく似た姿のシノドンを本屋さんで立ち読み中に発見したので、名前を覚えて再度検索したところ、瓜二つの個体が見つかりましたよー。
でも、シノドンの種類の多さにあらためて驚いています。

8→6

2011年 11月07日 02:15 (月)

続けて更新しておきます!
甘いものばっかり・・・・。そういえば、「多重人格探偵サイコ」に、キャンディーマンとかいうあだ名の、いつもキャンディーを口の中で転がしてるヤツがいたっけ・・・と思い出す。
DSCF6477.jpg

土曜にお迎えしたアカヒレ8匹(本当は7匹買ったけど1匹オマケ)。今朝水槽を覗くと、6匹になってました。
まさか、そんなバカなー。だってあんなにデカイんだぜ?
と思うと、おや? クリプトプテルスの腹が餌もあげてないのにまん丸じゃなイカ?
DSCF6489.jpg

クリプト、お前はクビだ。
ということで、クリプトは隣のローチ水槽へ引っ越しました。
DSCF6487.jpg

直感ですが、この中でうまくいきそうな気がするんだな・・・コイツ。
大きさもこのくらいなら問題ないだろう。
DSCF6491.jpg

どこに行ってもそればっかりじゃなイカ?
DSCF6493.jpg

P.C.M.2

2011年 11月07日 02:05 (月)

さて、今日はパワーキャニスターミニをセットしましたので、そちらの記事から。

①モーターヘッドの内側。このあたりはその他のフィルターと変わりませんね。
②インペラーカバーを装着。カバーから右に伸びているチューブはエアーを逃がすためのもの。
③これもインペラーカバーに差し込みます。
④③のパイプはさらにこの特殊形状のろ材の中にも通す仕組み。
DSCF6452.jpg

⑤ホースのつけ方もその他の外部式と同じで、ナットを回して固定するという不安な方法。
⑥ストレーナー部分は開閉式でメンテしやすくなっています。
⑦誤算1。ストレーナーが四角いので、普通の外掛け式用のスポンジでは強引にやる必要あり。
⑧稼動させるには呼び水が必要。キャップを外して水を入れます。
DSCF6463.jpg

設置場所はいけないのか、稼動させるのにえらい時間かかりました・・・。で、パワーはさすがに弱いです。
強いと洗濯機になってしまうので、小型水槽ならこれでいいかな。どうせ水量の関係で水換えは頻繁にやるんだし。
投げ込み式しかないより、こんな物でもあった方がろ過の足しにはなるだろう。
DSCF6470.jpg

これが水流だなんて、せせら笑っちゃうぜ的なブンラントノーズ。
DSCF6472.jpg

使用感がまだイマイチわからんが、とりあえず水漏れもないし、水は循環してるし。ホース部分が心配なら(と言っても強く引っ張らない限り抜けないので大丈夫だとは思うが)、ホースバンドで固定するのがいいかな。
DSCF6476.jpg

こんなふうにコンパクトなので、置き場所にはさほど困らない。
ろ過の状況については、まぁ経過をみるしかあるまいよ。
DSCF6506.jpg

↓あの方の続報は"Read More"から

続きを読む

対をなす立場

2011年 11月06日 04:36 (日)

お店に行ってあれこれチェックしてきました。

バンデッド・レポリヌス、グリーンナイフ、ブラウンタイフ、ドルフィンモルミルス、インドネシアンストライプグラスキャット、ゴールデンレオパードタティア、ツチノコロリカリア、シノドンティス・ショーテデニー、ホワイトテールブラックキャット、ディープレッドフラットヘッドプレコ。
買う魚が決まっていたので、あまり長いこと眺めてはないなかったんですけど、気になる魚はこんな感じでした。

で、何を買ったかというと。
アカヒレです。今回は餌ではなくタンクメイトとして。このくらいでっかいアカヒレならまずクリプトプテルスのヤツも食えんだろう。

いつも通りに水合わせ。安い魚でも手を抜いちゃいけないぜ?
アカヒレ。大昔からアクアリウムの定番。ネオンテトラと対をなす存在と言えるかも。
生息地の中国ではもう絶滅したらしい。そういえばレッドテールブラックシャークも自然下では絶滅したと言われてます。
ブリードされた魚だけが生き残るとは、何だか皮肉な話ですねー。
DSCF6437.jpg

元気に泳いでます。これで気配が皆無だった上層も華やぐかしら?
DSCF6441.jpg

・・・・・・・・・・・・あまり、歓迎してないっぽいヤツらもいることはいる。
DSCF6442.jpg

"Read More"にもうひとネタあるよ?

続きを読む

P.C.M.

2011年 11月06日 04:07 (日)

いやいや、どうもどうも。

あー・・・私。基本的に酒は飲みません。今日はたまたま。気まぐれってやつです。
何となく色合いが気に入ったので買ってみました。
味はまぁ、悪くないです。・・・って、ジュースみたいなもんですけどw
小6の頃にはウィスキーで酔っ払って遊びに行ったりもしてましたが、もう高校に行くまでにはほど卒業してました。
その後は、友達との付き合い以外ではまったく飲まず、現在ではこんなふうに1年に1~2回ちょっと飲んでみようか?と思う程度です。
DSCF6446.jpg

さーて、ここからが本題です。前記事のエキデンス・メタエと同じく、チャームで買ったモノ。
まずはエーハイム4in1。キョーリンの餌4種。ちなみにカーニバルがリニューアルしてました。ディスカスフードはストックが1つあるので今回はパス。
DSCF6412.jpg

そして、メインはこのNISSO パワーキャニスターミニ。小型水槽用の外部式フィルターです。
大きさはこんな感じでかなりコンパクト。
DSCF6413.jpg

フィルターケースは半透明で中の汚れ具合も見やすそうですね。
DSCF6414.jpg

セパレーターで区切られていて、ろ材バスケットも2個あります。バスケットのフタはスライド式で取り外しは簡単で、取っ手付きで、そのまま飼育水に浸して濯ぐ仕様。
リングろ材の少なさに少々苦笑気味ですけど、活性炭を1~2ヶ月経たら多分捨てるので、そのあとリングろ材を追加しようかね。
ウールパッドは上部式用のマットをこの形に切れば何とかなりますが、左のギアみたいな形のマットは買わないといけないですね・・・。
DSCF6417.jpg

その他の付属品。
ホースは、普通の外部式とは違って、かなり柔らかいです。
シャワーパイプ、吸水パイプだけでなく、他の部分も小型らしく、スリムで無駄がないですね。
DSCF6419.jpg

右にあったモノは、このようにして・・・。
DSCF6420.jpg

フィルターケースの下側から入れます。水槽の背面に引っ掛けて、外掛け式フィルターのように使えるってわけです。なかなかよく考えられてますね。
DSCF6422.jpg

そして、個人的に最大のポイントはこれ。
エルボはゴム製で、ここにシャワーパイプをねじ込んで使うんですけど・・・
DSCF6423.jpg

これ、別パーツに差し替えることが可能です。
ほほう。これを使って水流の向きを調節できるってワケか。これなら今のブラントノーズの野郎にゃまさにうってつけじゃないか?
DSCF6424.jpg

とまぁ、けっこう色々と考えられたシロモノでした。まだセットしてないので他のことはわからんのだけど、日曜にやる予定なので記事にするかもよ?
ちょっとでもろ過を強化しようと思っただけで、別に外部式フィルターとしての機能なんて期待してません。
まぁ、テトラの外掛け式と活性炭とウールだけの頼りないろ材よりはいいかな?という程度ですかね。

いつものアヒルじゃなくて今回はキスゴムを選びました。
よし、俺が特別にもらってやる。
DSCF6427.jpg

マイナーランド

2011年 11月04日 18:19 (金)

さて、今夜は誰もいないので、夜更かしも気兼ねなくできます。
更新したい記事がいろいろありますけど、まずはブラントノーズガーの続報から。

メダカのみ。冷凍赤虫のみ。メダカ+カーニバル。メダカ+冷凍赤虫。冷凍赤虫+カーニバル。3種類の餌全部。
といったローテーションで、人工飼料を食わせようと試み続けた結果。

思いっきりメダカ食ってる写真ですが・・・;
DSCF6314.jpg

見事、カーニバルに餌付きました!
昨夜はカーニバルのみ与えたところ、全部残さず平らげてました。
ふ・・・まぁ、ざっとこんなもんよ。(調子に乗るな!)
DSCF6318.jpg

最近、金魚やメダカが全然来ないなぁー、と思うデルは置いといてw
DSCF6329.jpg

肝心なのはここからです。
初めて魚を通信販売で買ってみました。
DSCF6381.jpg

そこで問題!
この魚は一体何という魚でしょうか?
DSCF6384.jpg

ヒント①シクリッドです。
ヒント②小型種で、MAXで10cmちょい(らしい)。
ヒント③ラミレジィやアピスト、ペルマトみたいな花形ではない。
ヒント④マイナーですw

ルールがひとつ。
チャームで買った魚なので、チャームを調べれば簡単にわかります。
でも、それはやっちゃいけないよ?
ルールを破った者のもとには死神が向かうことになるので注意しましょう!
DSCF6385.jpg

続きを読む

暗闇フラッシュ

2011年 11月04日 01:37 (金)

相変わらず、隠れ場所がなくなると人間の手にまで隠れようとするSyアルビニアータ。
DSCF6233.jpg

この手触りが大変心地良いですw
ただ、ポリプは警戒して、あまり近づきません;
DSCF6239.jpg

観察していて、いつも考える。
DSCF6243.jpg

一体、あんたは何と何のハイブリッドなん?
DSCF6248.jpg

薄明かりの中でも、このゼブラ柄は本当によく目立ちます。
DSCF6254.jpg

このシノドン、1匹飼いでも充分見栄えがするし、ちょいと石組み+軽い流木レイアウトすれば、カッコイイ水槽ができそうです。
他のがいるからやりませんけどw
DSCF6259.jpg

調べに調べて、もしかしたらこいつらなんじゃね?と思われるシノドンを見つけました。

名前は不明。
体型は普通のシノドンですが、この細かい模様、頭の部分が似ています。
afc41fb93b.jpg

シノドンティス・ブリチャージ。
スレンダー系シノドン代表。比較的メジャーですが、体の模様は、これが変化したものだと思えなくもない?背鰭と尾鰭の感じはよく似ている。
bf19569a83.jpg

※注意! 画像は勝手に拝借したものです。転載してしまって申し訳ありませんでした。


アンタはどう思うね?w

ブラックカイザーの旅

2011年 11月03日 18:32 (木)

最近、ナマズ水槽でちょっとした動きありです。
ここのところ、どうもブラックランサーの野郎が自分の隠れ家が気に入らなくなったらしく、スポッテッドトーキングキャットの入っている土管に強引に入り込もうとしているようです。
弾き出されても、叩き潰されても入ろうとするランサーと、追い出すトーキングの攻防が続き、こりゃたまらん!と思ったのか、ブラックカイザーが表に出てきてあっちこっち彷徨っています。
DSCF6170.jpg

隠れれば隠れっぱなしなので、これはシャッターチャンスだろうとカメラを構えてパシャリ。 あっ?!
DSCF6171.jpg

おい!まだだ!戻れっ!

代わりに撮れたのはオプソドラスだけだった;
DSCF6172.jpg

一方のロリカリア。
保護色の関係で赤ランケみたいになってますけど、デフォじゃ灰色なんだぜ?
DSCF6208.jpg

記事にはしてませんけど、ニジイロボウズハゼ、ハラ・ジェルドニーキャット1、トランスルーセントグラスキャット1、ゴールデンハニーグーラミィー1と、それぞれ減りました。
上層になーんにもいなくなりそうなので、クリプトプテルスとブラックランサーに食われない程度の魚、何か入れようかしら?