TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

12月 « 2012年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

無気力な傍観者

2012年 01月29日 16:13 (日)

昨年11月にCharmでポチったエキデンス・メタエ。
少しずつですが、色が出てきました!

デリケートではなく丈夫で飼育しやすい種類ですが、うちではベアタンクでも、砂があっても色が飛んで、なかなか本来の色が現れなかったんですが、ここにきて少しずつ色が揚がってきたようです。
シクリッドらしからぬ渋~いカラーリングが気に入ってますが、もう少し経てばもっと綺麗になりそう。他のシクリッドに比べると顔つきも丸いです。
しかし、この種類はマイナーで、他の魚に混じって入ることの方が多く、しかも似たような種類がいるので、「これがこの魚」というように同定するのが難しいんだそうな・・・。
DSCF8046.jpg

レッドゲオ。お迎えした日より、少~し大きくったかな?という感じ。まだ1ヶ月経ってませんから、そんなものかな。
コンビクトシクリッドとの相性が気掛かりだったんですが、どうやら大丈夫っぽいです。追い回すとこまでいきませんが、若干ゲオの方が優勢みたい。ちなみに初代ゲオよりこっちの方が綺麗です。
バランスが取れているのは、パロットファイアーみたいにデカイのが混じってるからも知れません。
DSCF8051.jpg

そして、相変わらず傍観者のジュルパリさん。
なんて無気力なw
DSCF8045.jpg

ゴールデン&ランサー

2012年 01月28日 02:50 (土)

一方、こちらではエーハイム2217を掃除しました。
このプレフィルター。デカイだけで役立たずかも・・・と疑っていたんですけど、意外と優秀でした。しっかりゴミを取ってくれるし、分解も洗浄もやりやすいですね!
DSCF8001.jpg

それが終わって、今度はクラウン水槽の水換え。
もはや、メインキャラからは遠く離れた存在になったクラウンローチ達・・・。
DSCF8002.jpg

再びこの水槽に戻ったゴールデン。
成長が止まっているのか、このところ変化はありません。60cm水槽ではこのあたりが限度かな?
それに、もう1匹がいないと、慌てっぷりも半減するので安心ですw
DSCF8008.jpg

時間の関係で今回はここまでですが、最後に珍しい組み合わせを。
ブラックランサーとの相性が気になってましたが、全然問題ないですね、これ。
DSCF8022.jpg

トナカイの絵

2012年 01月28日 02:43 (土)

今日、100円ショップでこんなモノを買ってきました。
小物を入れるもので、園芸関係とは無縁なんでしょうが、使わせてもらいましょう。
DSCF8018.jpg

と、その前に。以前買った大和美尼。形が変わってきました!
全体的に持ち上がって、葉の裏側が赤くなってきました。ここ数日は天気も良かったので、そのおかげかな。
DSCF8021.jpg

雅楽。こっちは少し斜めになってきました。太陽の方向へ伸びてるんでしょう。
時々光に当てる方向を調節しないと一方向へ傾きすぎるかも。葉っぱの縁がうっすらとピンク色に。
DSCF8028.jpg

ロゼットの中心が緑になっていた黒法師その2。二日間、日光に当てたらすっかり元通りになりました。
DSCF8033.jpg

裏側から。小さな新芽も少しずつ成長しています。これでさらに殖やせるかも?
その1の方は、階段から落としてダメージを受けていた葉っぱが萎れて枯れ落ち始めました。ここから更なる成長に期待です。
DSCF8039.jpg

話は戻って、さっきの箱は鉢を入れるのに使います。このまま柵の内側に置いておけば、出し入れ簡単ですしね!
DSCF8044.jpg

真宵とフェイト

2012年 01月26日 17:48 (木)

ちょっと小ネタなんぞ。
DSCF7983.jpg

DSCF7988.jpg

これ、よく庭先とかで見掛けるガーデンワゴンなるものです。1/12スケールでfigmaにピッタリでした。
真宵は下半身パーツを通常のfigma用からしゃがみポーズのシフトボディーにそっくり交換できるので、こういう時に重宝します!
ジャンケンで負けてワゴンを引っ張らされるフェイトの図。w
DSCF7993.jpg

フェイトはフェイトでも、こっちはタイトルがFateの方だったw
ちなみにこの正座している下半身も同梱のシフトボディー。
DSCF7998.jpg

植物 その1

2012年 01月26日 17:35 (木)

No.1

名前:ユーフォルビア・スザンナエ
別名:ドラゴンボール・ユーフォルビア
和名:瑠璃晃
学名:Euphorbia susannae
科名:トウダイグサ科
属名:ユーフォルビア属
原産:南アフリカ

多肉植物の仲間は実に多種多様。同じ属でも、姿形がまったく異なり、別種だと勘違いしたり、多肉植物に見えないような姿のものは、観葉植物のコーナーで売られていることもしばしば。
ユーフォルビアの仲間もたくさんの種類がある。
これは、トゲの生えた丸っこい卵のような親株から子株が次々と生まれるユーフォルビアの一種。真っ直ぐ伸びるもの、うねったような姿になるもの、螺旋を描いたようになっているものなど、それぞれに個性があって、見ていて楽しい種類。
一般的な多肉植物同様、乾燥した環境と日光を好み、風通しの悪い環境と多湿を嫌う。サボテンに比べれば(サボテンに見えるかも知れないが、これはサボテンではない)水やりはやや多くても構わないが、やりすぎは根腐れの原因になるので注意。冬場は水やりは控え、5℃以上を保つようにする。
伸びた子株は、株分けや挿し木で殖やせる。その時、白い液が出てくるので、それを拭き取ったら乾燥させずにすぐに鉢に植え込むとよい。また、白い液に触れると、人によってはかぶれたりすることもあるので、これも注意。
基本的に強健種だが、植え替え(夏場の方がよい)の時に根を傷つけると、そこから腐敗してダメになることもある。
なお、冬場には花も咲くそうだ。
ユーフォルビアの仲間は、入荷は多い方だが、この種は、入荷がない時はとことんないので、状態の良いものを見付けた時に買っておかないと、次はいつになるか?(店にもよるが)

わかってるのはこんなところ。
DSCF7827.jpg

図鑑 その42

2012年 01月26日 16:55 (木)

No.56

名前:スポッテッドメティニス
学名:Myleus sp.
分布:アマゾン河
全長:15cm

外見からわかるとおり、ピラニアの近縁種。
脂鰭・背鰭が長ければメティニス属、背鰭だけ長ければミレウス属、すべて短いのがミロソマ属、鰭が他種に比べて大きく、背鰭だけが伸長するタイプが、ウアリクティス属とされる。
が、ミレウスという学名が付いていてもメティニスとして流通することがほとんど。
ただし、ピラニアのような肉食性ではない(さすがに口に入る稚エビや小魚は捕食することもある)ので鋭い牙は持たない。代わりに草食傾向の強い雑食性であるため、水草などを噛み潰すための臼歯を持つ。
性質は温和で、非常に臆病。少し水槽に手を入れるだけでもパニックを起こし、あちこち体をぶつける(苦笑)。
体質は強健で、飼育は難しくない。各種人工飼料もよく食べる。たまに茹でたほうれん草などを入れるのもいい。
よく泳ぐ魚なので、大型水槽で群泳させると迫力がある。
他の魚との混泳+本種1匹程度なら60cmレギュラーでも飼育は可能だが、できればスペースに余裕のある水槽で飼育するのが一番だと思う。
ノーマルのメティニスに比べると、入荷はやや少ないか。

飼い易さ:★★★★
購入価格:980円
DSCF7971.jpg

チャンスを逃すな

2012年 01月24日 17:21 (火)

今日はすっかりいい天気だったので、朝から部屋の多肉植物を窓際&柵の外に出して日に当てました。

これは、昨日の様子です。
このところの日照不足で、どうにもすっきりしなかったんですが、午後になって晴れ間が。
これを逃すわけにはいくまいと、ほんの3時間くらいですが、鉢を外に出しました。

アルボレッセンス。
いつもの多肉コーナーで昨年購入したヤツ。購入当初は、そんなに深く考えなかったので、普通の観葉植物の土に植えてありますが、何の問題もなさそう。次回、植え替えが必要になったら多肉専用の土に替えようと思います。
DSCF7910.jpg

この一番上の葉は、最初は豆粒くらいしかなかったのが、ここまで成長。
DSCF7911.jpg

横の方からも新芽が出ています。今後の成長が楽しみです。
DSCF7912.jpg

ここからは、私ではなく母親管理の寄せ植えから発見した多肉植物1。ド定番のアロエとサンセベリアも当然ありますが、そんなの写しても仕方ないので、それ意外にものを。
さっきのアルボレッセンスと同じクラッスラ属の仲間なんでしょうが、名前がわからない。葉も薄くてもっと小振りです。
DSCF7904.jpg

その2。
クラッスラっぽいヤツの隣りに植えてあった多肉。これも名前がさっぱりわかりません;
DSCF7905.jpg

さらにその3です。
これは別のプランターにあったヤツ。ちょいと虫食ってますが;
名前は聞いたんですが、忘れてしまいました・・・。
これが一番気に入ったかな?葉の形も面白いし、もっと日に当てれば赤くなるかな?殖やしてみたいですね~。
DSCF7906.jpg

テラコッタハウス

2012年 01月24日 17:06 (火)

観葉植物を始める前に、シェルター用として購入したテラコッタ鉢。
なんでこんなに真っ二つに切れるのかといいますと、糸ノコで切ってるからですw
普通のノコギリでもやればできますが、何せ脆い素材なので、かなり気をつけないと振動でパリパリ割れていってしまいます。
しかし、なかなかどうして、この手の魚を飼うシェルターとしては優秀です。
もっと茶色+こげ茶のツートンカラーの植木鉢の方が強度があるそうです。
DSCF7890.jpg

変わり映えしない水槽ですが、アヌビアス・ヘテロフィラに新芽が出てきました!
けっこう大きくなる種類なので、うちの水槽じゃあ不向きだったなと、ちょっと後悔;
DSCF7895.jpg

そのシェルターの住人、グリーンナイフ。
相変わらずですね。
最近は、餌の時間を分けています。照明が点灯している時にブラントノーズガーにカーニバルを食わせ、消灯後にナイフ用の冷凍赤虫を投下しておきます。朝にはなくなっているので、食べてるんでしょう。
消化管が収まる場所が小さいので、一度に大量には食べないらしい・・・というのはALの南米ナイフ小特集より。
DSCF7893.jpg

だから一気に食べると、こういうことになるのか?
ikamusume06_066.jpg

ダーク・ネブラ

2012年 01月22日 11:50 (日)

ナマズ水槽水換え中の様子。

アフリカンランプアイ減少が止まりません。とうとう残りは5匹に・・・。
う~ん、サカサナマズだけではなかったか。ランプアイは小さい個体が多いので、どうしてもこういうことが起こってしまう。フルサイズまで成長してしまえば、そんなこともなくなるんだろうけど、そこまでいく前にいなくなりますねw

スポッテッドトーキングは、目の前にふらふら寝ぼけたランプアイが漂ってくれば、食べることもあるだろう。ネオンテトラクラスなら問題ないが、さすがに極小サイズでは無理だろうなぁ・・・。
その下にいるバンブルビーキャットも同じかな。
DSCF7854.jpg

可能性ありその2。バンブルビーキャット・コロンビア。
DSCF7855.jpg

可能性ありその3。ドワーフバンブルビーキャット。
DSCF7867.jpg

ああ、この小さいのは、この間のALでもお馴染み(?)のアキシスさんです!
DSCF7870.jpg

ミクロシノドンの姿も撮っておこうなんて思ったら、スポッテッドトーキングの陰に隠れてしまったので無理・・・。
DSCF7872.jpg

すっかり登場させなくなりましたが、残ったアジアクリスタルキャット4匹は、1匹も欠けることなく元気です!
DSCF7877.jpg

最後に、ついでに1枚。
アンモナイトスネールとサザエ石巻。ひっくり返ると死んでしまう貝も多いですが、彼らは自力で起き上がれるのが長所ですね。他の貝も見習ってほしいもんですね。
DSCF7881.jpg

ネーミング・センス

2012年 01月22日 11:36 (日)

昨夜(夜中)に更新する予定だったのが、半端な時間にズレ込んでしまいました;
実は、真夜中に下痢の時のような腹痛に襲われ・・・。それだけなら別にトイレに行けばいいだけで、何の問題もないんですが、ノロウィルスに対して神経過敏になっていたせいか、パニック発作も併発して気分の悪さに少し苦しんでました。パニック障害ってのはメンドウなものだ。

さて、本題。
先週、買ってきた多肉植物 大和美尼。少し葉が上向きになってきたような気がします。
春が植え替え時期なはずなので、少し大きな鉢が必要になりそうです。

と、そんな経過報告で終わろうと思ったんですけど~;
DSCF7828.jpg

山野草鉢 中深。もう1鉢買いました;
DSCF7843.jpg

左の黒法師2号の鉢と比べると、色合いが違います。この前と同じパターンで、安いんだろうと思ったら値段は同じ・・・;
ちなみに黒法師、だいぶ緑の部分が増えてるでしょう?これは、ここんとこ曇りや雨が続いた結果、日照不足となり、成長した部分が元の緑色になってる。黒法師は日光に当てることで、この葉の紫を維持できるのだ。だから光に当てないと、葉の色は全部緑になってしまうってわけ。
DSCF7842.jpg

多肉コーナーに吸い寄せられるようにふらふらと行ってしまい・・・。
何やら新しい多肉が大量に入荷してました。
しかもブリキ缶に入っているため、いつもより値段が高い。
ブリキ缶の色によって、赤、黄色、白の系統と、それぞれ分けられていて、欲しいやつがいっぱいありましたが、今回は葉がロゼット状のものではなく、普通っぽいので、しかも葉に斑が入ったものがいいなと思ってしまったので;

雅楽の舞という名前。皇室御用達か?w
DSCF7846.jpg

どこが雅楽で、どこが舞なんだかさっぱりわからないです;

どうやら夏の暑さにも冬の寒さにも強くはないらしい。この斑入りってのは、そういうのが多い気がする。
要するに、一年を通して直射日光にはあまり当てず、外に出しっ放しにしておくのは良くないってことなんだろう。
もう少し、調べてみますか。
DSCF7845.jpg

でも、どうすんだ・・・これ;
DSCF7850.jpg

ミドルサイズ

2012年 01月21日 03:27 (土)

今日は雨で寒かったですが、アクアリストたるもの、水換えをサボるわけにはいきません。
そんなわけで取り敢えず、コケと戦い続けてるローチ水槽を水換えしました。

今やすっかりこの水槽の顔となったイエローピンクテールカラシン。
以前の写真と比べてみたんですが、格段にデカくなってます;お前、食い過ぎなんじゃね???
DSCF7783.jpg

上から。逆戻りになったゴールデンと比較。あんまり大きさが変らないです。この2匹の混泳はトラブルも起こらずイケるのでオススメかも知れませんね。
DSCF7786.jpg

コケを丁寧に落として、シェルターを戻す時に手が滑ってゴツンと水槽内に落下して大暴れ。
パニックがおさまると、こうして水槽の下の方にいることが多い。
DSCF7788.jpg

餌の時はスポイトで背中をペシペシやってもビビらないくせに。
もうちょっと何とかならんものかねー。
DSCF7789.jpg

この水槽、他にも大きな心配事。それはこのサーモ。正直、エヴァリスのヒーターがダメなので、サーモも信用できなくなってきている。。。
DSCF7791.jpg

そ・し・て!
この時期、もっとも辛いのが、下段のウパ水槽の水換え。何しろ加温してないので冷たいったらありゃしないぜ。
バケツに少しお湯を汲んで、ガマンできなくなったら手を温めながらやってますw
あ、ウパは凍らなければ平気だそうです。
DSCF7793.jpg

一方、ブラントノーズガー。
この水槽に隔離した頃と比べると、体がずいぶん厚くなりました。今ではカーニバルを3~4個は食うように。
DSCF7801.jpg

この魚は口先を曲げないように飼うのがけっこう難しいです。なので、こうなってるのはご愛嬌ってことで;
DSCF7808.jpg

試しにちょっとこの水槽に入れてみようかなんて思ったが、さすがにデルとはまだ危険だろうな・・・・;
DSCF7810.jpg

オマケ。

ブックオフにいらない本を売りに行ってきました。
マンガが18冊。小説が3冊。その他1冊。プラス、そろそろ聴き飽きた洋楽CDを2枚。
どれも状態があまり良くないので、1,000円いけば充分なんじゃね?と思ったら1,000円超えました。
しかし、最近はこんなの渡してくれるんですねー。昔はなかったものだけど。
DSCF7815.jpg

そして、ショットグラスに化けましたw
本当はこの半分くらいのやつがあればいいんだけど、まぁこれでもよしとします。
ちなみに100円ショップで買いました。見た目以上にずっしり重くて、しっかり出来てます。中国製なのに。
DSCF7817.jpg

後は何に化けるのかな?w

ALより

2012年 01月19日 17:30 (木)

ALの南米産ナイフの小特集より。

一度でいいから飼ってみたい魚リストに入ってるブラックゴースト。
やっぱり独特でいいですねぇ。ブラウンゴーストの方が大きくならないそうです。あ、そういえばブラウンゴースト、いつものお店に売ってたっけ。まだいるかしらーw
DSCF7741.jpg

今年からうちにやってきたグリーンナイフも当然登場。
やはりコイツら同士では争うか。トラインスルーセントと一緒にしたらケンカを売りそうだけど、どうなんだろ。
混泳に関する情報は、はっきり言ってないに等しい。
DSCF7742.jpg

アジア迷宮紀行。カンボジア南部の熱帯林を行く より。
こういう採集記って面白いから好きです。

一度でいいから飼ってみたい魚その2。バルブッカ・ディアボリカ。マレーデビルアイサッカーの名前でお馴染みな小型種。この系統はうちにいないので1匹欲しいところ。
DSCF7743.jpg
あ、AQUA FEATUREのコーナーでは、アムームサッカーが載ってました。飼いたい魚その3ですw

私はどんなに小さな写真でもナマズ系のチェックは欠かせません。

おっとっと、このストライプグラスキャットはいつものお店に売ってるじゃないですか・・・。
ふむ、飼いやすいとな?
DSCF7745.jpg

アキシスキャットの仲間。うちのに似てるけど、これ、同定するのってほぼ不可能なんじゃ・・・;
私はまだ棘に刺されたことはないですけど・・・。

他にモノクロページには、もう一度飼いたいチョコレートナンダスや、グリプトソラックスの仲間なんかも載ってました。まだまだ歯止めはきかないっぽいです・・・;
DSCF7744.jpg

ノート&ロート

2012年 01月19日 17:12 (木)

「侵略!イカ娘」も11巻かー。けっこう出てますね。
次第にイカ娘メインじゃなくて、シンディーの研究所の3バカトリオとか、南風のおっさんの娘の鮎美とか、主役以外がメインの話も多くなり、幅広くなってきてます。
これからも読み続けますとも!

ちなみに、イカ娘は腕のリストバンドで、体重を自由に変えられるらしい。
DSCF7619.jpg

メインのお話はこっちです。100円ショップで買い物しました。

①アルフォートとガーナミルク。最近は100円ショップでも、これらは78円とか88円とかで買えますね!
②ダニサ バタークッキー。インドネシア原産。初めて買いました。
③アンブリック バニラ味。マレーシア原産。他のスーパーでも100円以下で売ってるので、ここで買うと損です;
④スナイダーズ カラメルフレーバープレッツェル。アメリカ原産。これも初。アーモンドかと思ったら違ったw
DSCF7779.jpg

ホントに必要なのはこっちでした;
A4ノートと、ロート(小)2個組。
実は、昨年の春先あたりから、私、アクア関係の日記をつけてます。
内容は、まぁ、水換え日、フィルターメンテ日の記録と、その他水槽内の様子など気付いたこと、アクア・植物関係で何を買い、いくら使ったかなど、殴り書き程度の汚い字ですが、とりあえず記してます。そのために必要ってワケ!
DSCF7768.jpg

ロートの方は、ほんの思いつきなんですが、上部式フィルターの四角い穴。ここから餌を落とすわけですけど、これ、ウェット&ドライろ過槽をプラスしてから、このスペースに餌が入って腐敗することが多々あったので、何とかしたいと考え・・・。
DSCF7774.jpg

こんなことをしてみました。
DSCF7771.jpg

この四角い穴から水槽内までロートが届くわけではありませんが、餌の拡散はだいぶ防げるようになりました。
・・・勢いよく入れ過ぎれば真っ直ぐいかないかも知れないですけど、やらないよりゃマシでしょう?
DSCF7772.jpg

オルナティさん

2012年 01月17日 17:49 (火)

ゴールデンが1匹、クラウンローチ水槽へ行き、とりあえず土管ゴロゴロはなくなりましたが、(なくなったというか、1匹だけでも慌てっぷりはすごいので、時々デカイ音が鳴る時はなりますw)その後の様子など。
DSCF7746.jpg

時々、土管の外に出てくるようになりました。
以前はけっこう出て来ていたんですが、場所取り合戦でそれどころではかなったのかな?
DSCF7747.jpg

何にせよ、少しはのびのびできて、結果は上々かと思います。
DSCF7748.jpg

あんまりカメラを近づけると、さすがに逃げるので、ちょっとだけズーム撮影。こうやって動かないでいる時にしか使えんのだ・・・。
DSCF7755.jpg

再び中に入り・・・。
DSCF7757.jpg

再び出て来る・・・。この一連の動作をナマズってやつは時々やるが、いったい何の意味があるんだろう??
DSCF7762.jpg

普段は隠れがちで、じっくり成長した姿を観察することができて、とりあえず今回は満足かなー。
うちにきて1年過ぎましたけど、いや~、大きくなりました。
大味にならないのが、このオルナティのいいところですね!
DSCF7765.jpg

で、ストライプトーキングの方は・・・・全然変わらないのだったw
DSCF7767.jpg

リスタート

2012年 01月16日 15:40 (月)

こちらも連続更新。

日曜に黒法師の植え直し作業・・・・の前に、釜飯を食いました。長野県の駅弁らしい。
しかし、こういうのって、旨いんだかマズイんだかよくわからない。ただ、値段だけがやたらと高いって印象なんだが・・・?
DSCF7693.jpg

そんなことはどうでもいい。黒法師の植え直し記事だった;
落とした金曜の晩から、こうして陰干し状態で保管しておきました。
DSCF7694.jpg

本当は、一日半の陰干しでは不足なんですが、植え替えではなく、植え直しなので、あまりほっとくのもどうかと思うんで、やってしまいました。
まず一番見事な形だった黒法師第1号。さすがに葉は傷ついたり折れたりしてますが、まぁ概ね無事な感じです。
DSCF7695.jpg

こちらは第3号。今年の元旦に植えたものです。これは株が3つあったんですが、1本のみ、少し葉が折れている程度で、後は無事でした。10段以上もガラガラガッシャーンと落ちたのに、奇跡的;
DSCF7696.jpg

こちらは駄温深鉢の方に植え直しました。
株を縦に挿して、しかも深くは植えないので、どうしても倒れてしまいます。表面の土をほんのわずかに湿らせて、指で軽く株の周りの土を固定。そのために霧吹きで湿らせる必要がっあったってわけ!
そして葉の表面の汚れを落とす目的でやっただけで、植え替え後は数日間は水を与えてはいけませんよ?
DSCF7699.jpg

第1号も同様に処置しました。
補足ですが、このようなロゼット状のやつには、中央に水を溜めてはいけません。腐敗の原因になるので、吹き飛ばしましょう。
DSCF7700.jpg

終わってほっとしたのでチョコレートでも・・・って、これ食ったら車の運転できない;
DSCF7701.jpg

ん?このチョコレートって、最初から冬季限定だったっけ??

重装Ver

2012年 01月16日 03:34 (月)

ワンフェス限定 figma ペルソナ3フェスより アイギス重装Ver。
DSCF7705.jpg

ロジャー・スミスと一緒に購入したfigmaアイギス。
重装備というだけあって、ノーマルとは雰囲気が全然違います。
DSCF7706.jpg

今回の付属品は、まずこの右腕のキャノンです。
DSCF7722.jpg

右腕を外して、そこに差し込んで遊べる仕様。
DSCF7718.jpg

うーん。個人的にはノーマル版のロケットパンチの方が好きです。
もちろん、そのロケットパンチも重装版に取り付け可能です!
ちなみに、このバイザーは開閉できない代わりに、別の前髪パーツを交換して、閉じた状態を再現できます。

この腕にくっついているのは、ノーマル版にも付属してるマガジンです。ちょっとポロッと落ちやすいパーツ。
DSCF7724.jpg

ノーマル版との違いはここにも。なんと、両指の先にマシンガンのエフェクトパーツが付いてます!
これはくっつける時に少しドライヤーとかで温めた方が上手く入ると思いますが、硬い状態で強引にやると、指が折れることもあるかもなんで、お気をつけて。
DSCF7727.jpg

カッコイイ!
DSCF7729.jpg

これは何かと対決させてみたいですねー!
DSCF7740.jpg

と、簡単にサクッとアイギス重装Verでした。
DSCF7739.jpg

グリーン経過報告

2012年 01月16日 03:25 (月)

このグリーンナイフは、どうやら人工飼料は食べないようです。
カビたディスカスフードで水槽内が汚れてました。
DSCF7688.jpg

水換え中、なーんかヘンだな?と思ったら、しっぽがなくなってましたw
ブラントノーズに噛まれたか、事故かはわからないけど、本人はいたって元気なので、今回も様子見です。
原因がブラントノーズで、今後も続くようなら、彼もナマズ水槽へ移動します。
なんだってこんな移動ラッシュなんだ、うちは?w
DSCF7690.jpg

水温は白点対策で、今も29℃設定ですが、アヌビアス・ヘテロフィラはまだ何ともないみたいです。
DSCF7692.jpg

そして、偶然にも今月のアクアライフは南米ナイフの小特集が組まれてました。
けっこう色んな種類がいるのに驚いています。

そして、この芸人さん、再び登場です。
この人、アクアリストなんですよねー、実はw
DSCF7704.jpg

価値はどこだ?

2012年 01月15日 05:05 (日)

黒法師の鉢を2つ、不運にも階段から落としてしまったので、再度植え替えをし直さなくてはならなくなってしまいました。
鉢は当然エクスプロージョンなので、鉢を買いにホムセンへ。

左:駄温深鉢 3号
右:山野草鉢 尻丸紅吹 3.5号

大きさはちょっとしか違わないんですが、柄なんかは濃淡が若干違う程度で、後は同じなんですよねー。
左が78円。右が498円。一体、なんでここまで値段違うんだろ?鉢のサイズが0.5号大きくなっても普通はここまで変わらないんですけど?価値がわからない・・・;
私が買って在庫切れになったっぽいですが、でも、妥協はしなくないので、右のヤツがもうひとつ欲しいところです。もうひとつ黒吹という種類もあったけど、あれも渋くていい感じだなー。
DSCF7678.jpg

絶対に余計なものは買わない!と心に決めたのに私ときたら・・・。
渋い緑と先端の尖った独特な葉っぱの形と見事な光沢に惹かれてつい・・・;
DSCF7680.jpg

エケベリアの仲間は何気に初めてです。
大和美尼。大和はわかるが下はなんて読むんだろ?

本をめくっても同じのが載ってないが、よく似た大和錦ってのと管理は同じなのかしら。
DSCF7684.jpg

移動ラッシュ

2012年 01月15日 04:53 (日)

爆睡してしまい、プレコ水槽の水換えを始めたのがPM11:20くらいで、その他あれこれやっていたらもうこんな時間・・・。
ここんとこアップできなかったものなど。

まず、自室の60cmらんちゅうから、先輩ゴールデンをクラウンローチ水槽へ。
高さのないこの水槽では、ゴールデン同士の土管ゴロゴロがシノドンなどにストレスを与えてるはずなので、それを軽減するための処置。普通の水槽なら何てことないんですが、高さ26cmではちょっとキツくなってきたかもです。
DSCF7658.jpg

もちろん、それだけでは終わりません。
逆に今度はクラウン水槽からストライプトーキングキャットを自室水槽へ移動。
DSCF7661.jpg

束の間の平和が訪れたようですw
一応、対策として、土管の向きを反対にして視線をシャットアウトしてみました。
DSCF7664.jpg

さらに、大丈夫だろうと思って安心しきっていたんですけど、アフリカンランプアイが2匹減りました;
やはりあの小ささでは無理だったようで、サカサナマズに食べられたようです。
DSCF7666.jpg

どうしようかとちょっと考え、結局クラウン達の水槽へ行ってもらいましたw
まぁ、大丈夫でしょう。
DSCF7669.jpg

残ったスポッテッドトーキングキャット。

こいつは・・・あ、そうか。このままでいいんだったw
DSCF7674.jpg

モンスターズ・ガレージⅢ

2012年 01月13日 03:11 (金)

今日は母親の誕生日だったので、プレゼントを渡してさらに金がなくなったSPEED★KINGです。
時間の都合で(くだらないことばかりしていて時間がないとw)記事が書けませんです・・・。

なので、今回はプレコの様子をちょっとだけ。
うちにやってきて4年ほど過ぎたロイヤルさんです。
お迎えした日はどんなだったか思い出してみたんですが、いつも注水に使ってるプラケースの中に入れて水合わせをした記憶があるので、そん時に比べるとずいぶんデカくなってるなーと。
私はあまり変わってない印象だったんですが・・・;
DSCF7647.jpg

こちらもちょうど一年が過ぎたブラックアーマードプレコ。
最初は自室の60cmらんちゅう水槽に入り、先輩ゴールデン、アーマードキャット、シノドンと同居だったんですねぇ。
DSCF7648.jpg

ブラックアーマードもうちに来た頃に比べると、ちょっとは大きくなってると思うんですが、ロイヤルと比べると・・・赤子同然ですw
DSCF7650.jpg

しかしロイヤルも、ロイヤルプレコの大きさとしては、やはり幼魚です。
人間でいうなら、まだベビーカーに乗せることも出来ないサイズ。
DSCF7651.jpg

ロイヤルもブラックアーマードプレコの仲間も、60cm水槽でもかなり長く飼えるいいプレコですね!

※ろ過の強化は必須ですがw

ロジャー・スミス

2012年 01月09日 16:42 (月)

ワンフェス限定 figma ザ・ビッグオーより、ロジャー・スミス。
DSCF7593.jpg

黒衣マトに続き、我が家でのワンフェス限定figma第2弾。
昨年11月に届いたのに、時間の関係ですっかり開封するのが遅くなってしまいました;
DSCF7590.jpg

しかし、ここで不具合発覚。
この手首の下の棒状のパーツ。これをfigma本体の手首の穴に差して遊ぶんですが、その棒が、なんだか斜めになっていたので、よーく確認すると。
DSCF7605.jpg

・・・って、上の写真じゃわかりづらいので横から。小さな穴が開いてますよね。これ、棒状パーツの先端に穴が開いていて、その中に軸が一本通ってるんですが、これがしっかり反対側の穴まで入っておらず、途中で抜けて、手首パーツの間隔を広げてしまい、その間から軸が半分露出して、角度がおかしくなっていたってわけです。
以前、けいおん!の秋山澪の時に同じことがあったのを思い出して、同じように修復作業しました。
修復といっても、別に大変じゃありません。ただ、この穴に入るくらいの太さの銅線や針金を差し込んで、軸を抜いて手首をバラします。で、ドライヤーで軽く暖めた手首パーツを、親指と人差し指でやや力を込めて、広がってしまった間隔を戻し、再び広がらないうちに棒状パーツを間に入れて、この横穴から軸を通してハイ、おしまい。
DSCF7604.jpg

なので、昨日のうちに記事アップできなかったのね。

付属品は少なめで、基本パーツ以外はわずか2種類のみ。まず、腕パーツ+叫び顔で、ビッグオーを呼び出すポーズを再現できます。
ビッグオーも超合金で発売されてるので、それと、先に発売されたfigmaドロシーを揃えればもう完璧。
DSCF7598.jpg

男キャラはハルヒシリーズのキョン&古泉と、ゴルゴ13しか持ってません。
女性キャラと違って、魅力的なのが少ないから仕方ないんですが、これはなかなかにカッコイイですね。
ほぼ黒で統一されてるので、かなりクールな印象です。なので派手な動きをさせなくても非常に映えます!
昨年は、figmaロボコップとマイケル・ジャクソンも発売されましたが、ネタとしてはマイケルはかなり面白そうで、余裕があれば買いたいですね。ただ、楽しみにしていたロボコップはやや不評かな?
DSCF7606.jpg

付属品2。アタッシケース。
ゴルゴ13は、この中にライフルを分解して収納できる仕様でしたが・・・。
DSCF7594.jpg

こっちはカネが詰まってるw
これは麻薬取引の現場を再現するのに使えるじゃないか!?
DSCF7595.jpg

グラサンつきの表情パーツに交換すると、この通り。さらにカッコよくなります。
DSCF7599.jpg

もっとこういうキャラを積極的に出して欲しいですね♪

51+60-3

2012年 01月09日 04:38 (月)

こんばは。

今回は、うちにやってきて一週間が経過したグリーンナイフの水換え時の様子から、各60cm水槽の様子なんぞ。

グリーンさん。
環境にはだいぶ馴れてきたかな?という印象。餌の時間になると少しずつですが、外に出てくるように。これはけっこう大きな進歩。この調子で"観賞魚"へとステップアップしてほしい。
DSCF7557.jpg

水槽の中が空っぽになってしまったので、ストレーナーの下へ避難。
つーか、これってどの魚もやるんじゃいの?
DSCF7563.jpg

正面から見ると、なんの魚なのかさっぱりわからない。
DSCF7564.jpg

一方、大きくなってきてるブラントノーズ氏。あまり落ち着きがない。
鼻先を水槽に擦りまくって、血が滲んでしまってます。毎回こうなので、もっと何かいい方法ないだろか。
DSCF7567.jpg

全部終わってレイアウトも元通りに。
植木鉢の前にアヌビアス・ナナを配置。これで一応、こっちからの視線をある程度シャットアウトできるってわけ!
注水は、まだまだ馴染むまでは注意しなきゃと思い、エアチューブ1本のみです。
DSCF7571.jpg

水換え後、しばらく動きませんでした。こいつは隠れ家の中にいない時は、大抵ここにいる。どうやら往復してる感じですね。闇から闇へとw
DSCF7573.jpg

一方、こちらはプレコ水槽。日時がずれて、日曜の朝に水換え。
で、先日のエーハイムのプレフィルターを使用してみました。

感想はひと言。デカイw
DSCF7579.jpg

ナマズ連中もみんな元気だし、アフリカンランプアイは1匹も減ってないし。うまくいくといいですね。
DSCF7585.jpg

アフリカ流星群

2012年 01月08日 04:34 (日)

どもどもです。
仕事初めの初日で、いつもの3割増ほどキツイ作業に当たってしまい(私だけね)、肩と腕、背中と腰・膝をやってしまい、体はたった一日でガタガタになってしまいました。
特に今日は筋肉痛というより関節痛がひどく、カゼなんじゃないか?と疑いたくなるくらいのものでした。そう思ってしまうと、途端に体調がどんどん下り坂に・・・。食欲がないどころか、気持ち悪くなってきてしまい;
(ちなみに予想通り、月曜は仕事とか言うので、休むことにしました)

でも、ゲンキンなもんです。お店にでも行こうか。そう思って家を出ると、もう体調はすっかり元通り!
お正月にどうしようかと迷っていた魚。って、これじゃなんだかわかんないですよねー。
DSCF7544.jpg

昔は1匹1,000円くらい~というお話をRedinaさんのところでしたから・・・ってワケじゃないですが、何となくアカヒレは減ってしまったし、ハニーグーラミィも2匹しかいない。プリステラも3匹。なんか、上層が全然スカスカなので、選ばせていただきました。
アフリカンランプアイ。10匹お買い上げで1匹おまけしてくれました♪
DSCF7546.jpg

その他、アルビノブッシープレコのSサイズが1匹500円とお値打ち価格だったのに心動かされましたが、今月は自重です。あんまり買ってしまうと、来月のお迎えが困るじゃないですか。

アカヒレと比べると大きさが全然違いますw最初はなんだか追いかけられていたけど、そのうち飽きたようです。
元々が小さいので、10匹いてもかなり少なく見えますねーw
こいつを食うやつはこの中にはいないはずですが、サカサナマズがちょっとだけ心配かな?大丈夫だと思うけど。
DSCF7548.jpg

もう1匹、紹介するのを忘れた新入りさんがここに・・・。
アンモナイトスネールです。チャームで買いました。でもコイツ、サザエ石巻よりも行動が鈍い感じ。生き残れるのか?
DSCF7550.jpg

最後に。忘れてしまってるわけじゃないよ?
彼は、元気です!!
DSCF7555.jpg

バックスピード

2012年 01月06日 02:24 (金)

まずはナイフの経過報告。

馴れれば人工飼料も食うそうですが、今のところ赤虫しか食わないです。
こうして物陰からこちらの様子をじっと伺い・・・。顔を近づけると引っ込み、こっちが顔を引っ込めると同時に少し顔を出す。逆に観察されてるようでひどく落ち着きませんw
思った通り、性質はきわめて温厚。基本的に夜行性ですが、環境に馴染めば昼間でも餌を食うようになるらしいです。
直進→バックといった、あんまり普通の魚みたいに泳がない。特にバックするスピードは、直進時の倍のスピードで非常に速いです。
ステルス機能がついてるらしく、写真に撮ろうとすると、ピントが合わないことが多いです・・・。
DSCF7514.jpg

で、昨日の続き。開封したエーハイムプレフィルター。でかい・・・。
DSCF7526.jpg

なぜここまでデカくする必要があったんだろうか?
DSCF7527.jpg

と思ったら、何だ・・・分離するじゃないか。単独使用もOKだったのね。
DSCF7529.jpg

普通にスポンジフィルターを使用すると、プレコ達に齧られて、芯だけになったリンゴみたいになってしまうし、残った餌がみんなくっついて掃除が大変・・・。でも、これならプレコ達がくっついてもスポンジはダメージ受けそうもないので安全かも。
しかし、どうぜ残飯とフンがくっついて掃除の時に大変なのは変わらないんじゃないだろうか?
でも、少し使ってみようと思う。
DSCF7530.jpg

ちらりと水槽を見ると、うーん、シノドンに擦り傷が。ゴールデンが無理やり土管に入ってくるもんだからケガしたのか・・・。別水槽に移すか、どうすべきか?
DSCF7533.jpg

その水槽に、ウェット&ドライろ過槽を追加しました。ん?こんなセンターライン、あったっけ?
DSCF7534.jpg

どうしようかと思ったけど、ついでに10Lほど水換えもしました。それとウールマットの洗浄も。
DSCF7535.jpg

全然汚れないのなら、追加しなくてもいいんじゃ?という声も聞こえてきそうですが、ここにウールマットを載せると、それだけにろ過槽がいっぱいになって、一度水が漏れたことがあったので、万全を期すためです。
DSCF7539.jpg

メンドウなパイプの交換も終わり、洗ったウールマットを敷いておしまい!
DSCF7540.jpg

振動で時々カバーがカタカタいうことがあるので、アヒルに乗ってもらう。
DSCF7541.jpg

最後に、再び51cm。
ナイフを敵として認識すればいいのか、同居魚として認識すればいいのか、無関心でいいのか、ブラントノーズにはまだ判断できないようですがw
取り敢えず流木に固定したヘテロフィラはこっちの水槽にドボン。白点対策で水温29℃だけど大丈夫だろうか?
こちらの視線をシャットアウトするためでもあったけど、これ、なってないんじゃ・・・;
失敗の予感w
DSCF7543.jpg

初めてのミク

2012年 01月05日 03:38 (木)

こちらは昨日の記事と日記的内容。

年末に買った「絶対可憐チルドレン」28巻と、侵略!イカ娘」の9巻&10巻。
絶チルの方は、兵部京介&蕾管理官の過去編がスタート。戦時中、2人が日本軍の超能力部隊に入隊するのお話なのね。
GS美神の時もそうだったけど、アニメが終わってしまって原作を知らないと、もう登場人物が凄いことになってます。誰が誰なんだかわからないかも?

一方のイカ娘の方も、登場人物が増えてきました。イカちゃんも相変わらずかわいさいっぱいですw
DSCF7490.jpg

もう1冊はこちら。いきなり真面目な本になりましたが、外来種に関する本。ラノベやマンガしか読まないと思ったら大間違い。私は本来、社会病理や犯罪ノンフィクション、精神医学に関する本まで、読みたいと思ったらどんな本でも読みます。
私の前ではラノベも小説も、犯罪者の心理分析の本も、エロ本も同人誌も大して変わらないですw
でも、自分の住んでる県限定というのがちょっと;でも、身近なことから知るのも悪くないと思い直そう・・・。
DSCF7491.jpg

新年早々、ちょっと出掛けてきたわけですが、やっぱりそんなことするもんじゃないなーと。
まずスリムフィットストレートが欲しくてユニクロに行くと、車は入れない。ベルトが欲しかったので古着屋さんに寄ると、レザーベルトは緑とかピンクとか奇抜なのしかなく、GIベルトはなんでかトリコロールカラーしかない。なんだってそんなおめでたいデザインの物を身につけなきゃならんのだ;

ウェット&ドライろ過槽を買いに、遠くのホムセンに行けば、相変わらず店員は最悪・・・。いらっしゃいませも言わないし、客を見もしない。いい加減、そろそろ張り倒してやろうと思うんだが?
そいつは、他の店員が「お昼行ってきます」と声をかけても無反応だったので、コミュニケーションを取れんのだろう。だったらなぜ、ここにいる?
私は元"半引き篭もり"出身なのだが、外に出るようになって気付いたことがある。それは、部屋に篭もっていようと、外に出ようと、他人と触れあわなければどちらも同じってことだ。

他に目ぼしいモノもなく、帰りに本屋とCD&DVD&ゲーム$アニメグッズが一体となったお店に寄って、これを買った。
初音ミクのCD。
ブラック★ロックシューターを聴きたかったのでとりあえず。帰りに車の中でかけて走る。私はけっこうデカイ音で聴くので、気をつけないと奇異な視線を浴びそうだw
DSCF7498.jpg

しかし、CDコーナーにボーカロイドのジャンルができているとは知りませんでした。市民権、得たんだねぇ。

アクア的行動

2012年 01月05日 03:10 (木)

今日は水換え。
ローチ水槽、コケが酷いので、一日早く水換え。ダブルトランクの事故死以来、餌の量も減らしているので、水の汚れ方は緩やかになりましたが、コケ除去目的で換水量は10L程少なめ。

んで、メティニスはこの様です;
調子が悪いわけではなく、パニックになりすぎて前後不覚状態。餌の時間などには前面に出てくるようにはなりましたが、これ以上、この水槽に馴染むことはないでしょう。本来、メティニスってけっこう人馴れする魚なんですけど、水槽内=危険・怖い・居場所ない。という認識になってしまったのかな?あのディスカウントショップの乱雑・粗雑な管理&混泳では、まぁ無理もない。
DSCF7499.jpg

いつもより早く終わり、チャームで買ったものなど。
まずエーハイム4in1と、試しに買ったプレフィルター。スドーの土管(大)。エアチューブの中も掃除できるという触れ込みのストロークリーナー。パワーキャニスターミニのパイプは尋常じゃなく細いので、普通のパイプブラシじゃ入らない。
DSCF7505.jpg

アヌビアスも安かったので、お試しに購入。ハイスティフォリアとヘテロフィラ。
大型のアヌビアスだと知っていても、想像以上に高さがありました。
DSCF7510.jpg

ゴールデンさん達の土管ゴロゴロ緩和のために入れよう・・・と思ったけど、これデカすぎじゃね?
水槽の奥行き半分もある。これは大型水槽用ですね。90cmに鞍替えした時に使うしかないなぁ・・・。
写真じゃわからんかもですが、クラウンローチ全部とストライプトーキングキャットが余裕で入りそうですw
DSCF7512.jpg

こちらは昨日、行動に飢えていたので買ってきたウェット&ドライろ過槽。こちらも自室水槽用。
DSCF7515.jpg

夜になり、放置してたアヌビアスを処置。根っこが太くて大変でしたが、ヘテロフィラの方は比較的うまくいったかな?こちらは51cm水槽に入れようかな?
DSCF7516.jpg

ハイスティフォリアの方はナマズ水槽へドボン。
真っ直ぐに見えるのは、他の流木と組み合わせてるから。この流木単独で置くとハイスティフォリアは斜めになってしまいます。いくらやっても真っ直ぐに固定できないので面倒になったw
DSCF7521.jpg

正直、これはどちらも根付く気がしない。
普通のナナやバルテリーとは、育成方法は少し異なるんじゃないかな?ヘタしたら活着どころか枯れるかも知れない。状態があまり良くないと、葉っぱがスペード状にならないとか聞いたけど。
とりあえず枯れなきゃそれでいいや的精神で。
DSCF7522.jpg

しかし、大きなやつを一種類入れると、ずいぶん"水槽"っぽくなるもんですね!
DSCF7523.jpg

メティス

2012年 01月03日 04:07 (火)

大晦日、いつものおもちゃ屋さんに行き、figmaやねんどろなどを色々物色してきました。
本当はfigmaライダーさんか、ブラック★ロックシューターのブラックゴールドソーがが欲しかったけど、どっちもなかったです。色々と床にも積み上がっていて、けっこうな量があり、棚が埋まっている部分もあって、よいしょと箱をどけて、奥の方に何かないかと探すと・・・あったじゃないですか!

というわけで。
figma 「ペルソナ3フェス」より、メティス。これもずっと欲しかったんだ~。
DSCF7459.jpg

↑なんでバス停持ってるのかわからないし、どんなキャラかも全然知りませんが、アイギスと同じロボ子さんですね。
頭のバイザーはもちろん開閉可能です。
DSCF7456.jpg

ちょこっとクローズアップ。
①②バストライン&ヒップライン。なんか・・・全身タイツみたいでえらいセクシーですw
③④細かい部分もしっかり塗り分けてあります。相変わらずのfigmaクオリティー。
DSCF7481.jpg

お顔のアップ。この他、"キリリ顔"の表情パーツ付き。
DSCF7468.jpg

柴犬のコロマルもついてますが、これもよく出来てます。さすがに稼働はしませんが、首だけは少しだけ動かせます。
DSCF7487.jpg

デザイン上、他のfigmaのように腰を動かすことはできませんが、多少前後に曲げることは可能。これはアイギスと違う点ですね。メティスもかなり可動範囲が広いです。ここまでしっかり座らせることができるfigmaは他にあまりないと思う。
DSCF7465.jpg

太腿にもロールが入っていて、より可動範囲が広いです。
DSCF7485.jpg

脚長なので、手を振って歩かせると、モデル並み・・・。
DSCF7495.jpg

後ろ姿も素晴らしいです。これも傑作といっていい出来ですね!
DSCF7493.jpg

さて、正月休み中にあと2体紹介できるかしら?

真似はするなよ

2012年 01月02日 04:28 (月)

黒法師のちっこい鉢を、まとめてひとつの鉢へと植え替えました。
DSCF7432.jpg

さっそく階下のガレージへ移動。
1号ポットからすべての黒法師を取り出しました。
DSCF7433.jpg

鉢の中はほぼカラカラ状態。取り出した黒法師もかなり乾燥してました。
実は、このまま日陰で何日か乾かした方がいいということだったのだが、省略。
それに、あくまでうちではこれまで問題がなかったというだけなので、他の人は真似はしないように。
DSCF7435.jpg

小さな株って、植え替えがちょっと面倒でしたが、このとおり。
植木鉢との相性もバツグンですね!
DSCF7441.jpg

濡れてますが、表面の汚れを霧吹きで軽く吹いただけで、基本的にこのまま数日は水やりをしない方がいいそうです。
DSCF7442.jpg

黒法師はそれぞれ姿が微妙に異なるので、大変面白いです。
知らなければ多肉植物だとは思われないでしょうねー。

で、こちら。これはコーヒーリキュールです。
酒は飲まないのに、こういうのはけっこう好きです。ボトルのデザインも洗練されてますね。
DSCF7449.jpg

カクテルに使う酒なんですが、私はストレートで飲みます。こっちの方がうまいです。
ただし、かなり甘いです。甘酒より甘いかも?
DSCF7451.jpg
酒飲みは甘いものをとらないとよく言いますが、それは単に好き嫌いの問題ですよね。
あ、私は普段酒は飲みません。
ただ、このリキュールの甘ったるさを味わいたいだけです。

ファントム・スライダー

2012年 01月02日 04:04 (月)

前回のレッドゲオと同じ日にお迎えしたもう1種類の新入りさん。

エキデンス・メタエ左遷後のブラントノーズ水槽。一体何と一緒にすれば面白いだろうか?
腕組みしながらお店の中をウロウロ。

で、ちょっとピンと来たのでした。
DSCF7397.jpg

これじゃなんだかわからん!という人のために、横から。
DSCF7398.jpg

変わり者の魚の中では比較的メジャーな(有名なのか?)グリーンナイフ。
DSCF7400.jpg

大人しいだろうし、他の魚とも争わなそうだし、細いけど、全長だけならブラントノーズガーを上回ってるし。
生活圏も重ならない・・・と思う。珍しく予備知識がほとんどないw
DSCF7409.jpg

水合わせ中も水温は下がってしまうので、水槽内へ放流する前に再び水温合わせ。
DSCF7414.jpg

グリーンなんて名前だが、よほど緑の多い環境でない限り、そんなに緑っぽくはならんと思う。バリエーションもあって、黒っぽいのとか、枯葉っぽいのとかもいるようですねー。
DSCF7424.jpg

こいつ、多分隠れると思うので、とりあえず植木鉢を入れて簡易シェルターに。
DSCF7473.jpg

底面を滑るように移動する姿はなかなかに面白い。
やはりブラックゴーストやジムナーカスにも通じるものがあります。

ちなみに、こいつを2匹で飼うと、若干小競り合いするかもです。

さて、生き残れるかな?

1×3

2012年 01月01日 03:42 (日)

こちらは昨年末からアップしようと思った記事を、昨日のネタとの混合記事。

100円ライターを使い続けるより、オイルライターにした方がいいんじゃね?と思い、使ってなかったジッポーのライターを出してくると・・・あらら、真っ黒けw 銀はほっとくとすぐに黒くなってしまいます。
DSCF7383.jpg

こんな時の小技を。
まず用意するのは、歯磨き粉とティッシュかキッチンペーパー。乾いた雑巾でもよい。
歯磨き粉をライターの表面に適量くっつけます。
DSCF7384.jpg

あとはティイシュやキッチンペーパーでそれを全体に塗りつつ、やや強めに擦ります。
すると、どうでしょう。擦った部分はこんなにピカピカに。
DSCF7385.jpg

文字や絵が彫ってある部分は、歯ブラシでシャカシャカやれば綺麗になります。 ね?
DSCF7387.jpg

これはファイナルファンタジーⅦ発売後にシリアルナンバー入りで発売されたジッポーです。こんなの出てるなんて知ってる人はあまりいないでしょうwこれはユフィ。
同じ要領でもう1個。昔持っていたヤツはヒンジが壊れてしまったので、同じデザインのものを探してたのですが見付からず、父親に貰いました・・・。
こういうものも、コレクションするのって楽しいですが、値段はピンキリで、ちょっと高いやつはおいそれと買えないです・・・;
私が覚えている相場は・・・ホントに安いのは1,000円くらいでコンビニに売ってる。2,000円~3,000円くらいものは、ホムセンや普通のデパート、ディスカウントショップなんかに売ってます。4,000円~くらいえ、ちょいとオシャレなデザインのものなら、雑貨屋さんに行けば買えます。
昔はガンメタ一色で、値段は5万円くらいのヤツも使ってたけど、落としてしまいましたw
FFジッポーは10,000円近くした記憶がある。
DSCF7388.jpg

マトリョーしかじゃなく、これは土入れ器です。お間違えのないよう・・・。
本当はステンレスのヤツが欲しかったけど、高いので却下。
DSCF7360.jpg

クマデ。これは以前のスコップなんかと同じシリーズですね。
使う機会はないと思うけど、一応ひと通り揃えた方がいいと思って。
DSCF7366.jpg

こちらは鉢。って見りゃわかるわw
尻丸紅吹とかいう名前だった。明るい茶色の上に赤を吹きつけてある、オリエンタルテイスト溢れる一品。やはりちょっと高くて、およそ500円くらい。
DSCF7367.jpg

で、それに何を植えるのかと言いますと、黒法師!(1号鉢)しかも今回は一気に3鉢。
これを寄せ植えにしようってハラです。
DSCF7368.jpg

アジアンテイストにも似合う、アンティーク調でもカントリー風でも似合う、黒法師って、オールマイティーですね。