TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

02月 « 2012年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

届く気がして

2012年 03月29日 18:03 (木)

こちらはちょっと画像がありませんが・・・;

実は、"できれば"なんですが、5月の連休中に90cm水槽を稼動させたいな、なんて思ってます。
水槽はある。フィルターもある。ライトもある。

必要なもの1.
①レベル。水平を測るヤツ。
②水槽台。
③コンパネ。
④150Wヒーターとサーモスタット×2系統。

必要なもの2.
②砂利(ガーネットサンドを薄く敷く予定)。
③シェルター。
④バックスクリーン。
⑤追加用のろ材。

大まかにこんなところですが、水槽台は悩みました。
木製の台がいいに決まってますけど、予算もない。とりあえず、市販されているものの中から個人的に最も信用できそうなのを選ぶとするなら、クラウンローチ水槽に使用しているNISSOの60cm用のグレーのスチールラック。組み立てて、上に乗ったりしてもビクともしなかったのでOKかな?と。それの90cm用を購入しようかと考えてます。
他のものも検討したんですが、元々貰える給料が少な過ぎるので、無駄遣いは避けて資金確保してもやれ税金だの何だので持ってかれるので、貯まりません;先延ばしにしても、資金は減るばかりだし。

水平でない場所に設置するので、水平を保つためにあれこれやらなくてはなりません。それを想像するだけでげんなりします;
隣の水槽も移動させるので、そっちの水を抜き→魚を隔離→水槽移動→水平も再び保たせないといけないし!
90cm設置の間にクラウンローチ達を隔離するための水槽も引っ張りださないといけない!
これを当日になっていたのでは完全にアウトなので、前日までに仕込みを済ませなくてはなりません・・・。

正直、めんどくさいw

無駄なこだわり

2012年 03月29日 17:43 (木)

こんばんは。
あまり間を置くと死んだんじゃね?とか思われそうなので更新しておきます。
ちょうど1年前のこの時期、私はノロウィルスにやられたんですが、あの時のことを振り返ると、色んなことが重なって疲れていたんだと思います。

①兄がノロウィルスで寝込み、看病(この時は感染しなかった)。
②隣人の嫌がらせ(現在も続いてます)によるストレス。
③震災のショックと頻発する地震の恐怖による消耗。
④父方の祖父の危篤→死去→葬式→四十九日(葬式翌日も休まず。本当は疲労の極みだったが、休むとうるさいので)。
⑤当時の同僚が子供の体調不良や本人がインフルエンザで休む。
⑥私一人で3人分(雇い主は用があるとかでいない)の労働。
⑦寒暖の差が激しい。
⑧追い討ちをかけるかの如く、老人福祉施設で仕事。

1~2ヶ月間、こんな具合でした。ノロでなくとも、これだけ重なればそりゃ体調も崩すわ・・・。
今シーズンはまだ大丈夫だけど、四月までは感染するので、まだ一ヶ月くらいは気をつけないといけません。

話が脱線しましたが、今回は大和美尼と神刀について。
大和美尼がそろそろ植え替えしないと鉢が狭いので、下準備を。
DSCF9160.jpg

神刀。予想だが、これけっこう大きくなると思うので、あまり大きな鉢に植えてしまうとあっという間に成長しそうなので、ちょっと考えないといけないかな?
DSCF9161.jpg

鉢の候補を並べてみる。
そして、一番右の山野草鉢に大和美尼を植えることにしました。
左は未定。真ん中はポーチュラカリア(雅楽の舞)にしようか?
DSCF9218.jpg

テラコッタの鉢もあることはあるが、あんまり使いたくないけど、小学生の朝顔を植える鉢よりはマシか・・・。
神刀はこれに植えることになるかも;
鉢ってのもこだわり出すとキリがないですね。
DSCF9219.jpg

とりあえず大和美尼をプラ鉢から取り出して、根っこを傷つけないように土を落としました。
DSCF9220.jpg

神刀は思ったとおり、既にプラ鉢の中は根っこがびっしり・・・。
ある程度ほぐして土を落とし、伸びた根は2/3ほど切ってしまいました。切りすぎかな?

日曜に植え替えを決めて、その日が来るまでこうして陰干ししておきます。湿っていると根の細かい傷から細菌が入って腐ったりすることもあるらしいので必要な処置らしい。
DSCF9221.jpg

どうなることやらね。

モルミルス法

2012年 03月28日 17:28 (水)

またしても空いてしまいました、お元気ですか?

先週の水換え記事を今週の半ばにアップするなんてのも何なので、ここでひとつエレファント飼育について調べ直して、前からわかっていたことと、今回わかったこともひっくるめて記事にしたいと思います。
DSCF9206.jpg

①<餌は冷凍赤虫!>
自然下では色んなモノを食ってるようですが、飼育に関しては冷凍赤虫メインが無難だそうです。ブラインシュリンプも食べるらしいですが(個体によっては人工飼料に餌付くヤツもいる)、彼には試してません。
イトメなどを与えるとそりゃあよく食べるでしょう。でも、入手&管理が難しいのと、汚染されたものを食わせると突然死したりするので避けた方がよいそうです。

②<シェルターは必須。だが、ほどほどに>
入り組んだレイアウトにしてしまうと、その中に入って滅多に出て来なくなるので、簡単なシェルターは入れた方がいいそうです。遊泳力が非常に強いドルフィンモルミルスはほとんど隠れないそうですが・・・。
塩ビパイプ、土管などがよいでしょうが、うちのように半分に切断した植木鉢でもOKです。ただし、置く位置を考えて、少しは観察しやすくしておきましょう。
DSCF9214.jpg

③<混泳はかけ離れた魚を>
小型魚は比較的問題にならないそうです。が、一般的に相性がよいとされるサカサナマズに関しては、争いが起こる場合もあるので注意された方がよろしいんじゃないでしょうか?とのことでした。
トーキングキャットなどの体の硬いドラスの仲間は、比較的大きな種類となら問題を起こさないかも知れません。
プレコは種類によってはOKですが、コリドラスはサッカーボールになってしまうのでNG。その他のナマズも種類によってはうまくいきますが、遊泳力が強いタイプでは失敗することもあるかもです。アーマードキャットはOKでしたが、グラスキャットはNGでした。
うちではブラントノーズガーとは今のところ大きなトラブルは起こっていません。強いて言うなら、エレファントがたまに追いかけるくらいです。これらの行動はもう彼らの習性みたいなものらしい?
ちなみにエレファントノーズ同士少数はダメ。でも、過密飼育すると、一番強い個体に追従するように泳ぐそうです。
DSCF9210.jpg

④<比較的広い環境で>
この水槽は51cm。私も狭い環境で飼育してるので偉そうなことは言えませんが、水槽が狭い→ストレス溜まる→飛び出しを起こしやすくなる→死ぬ確率高まる・・・という図式に。
今のところ、この水槽では飛び出しは起こってないので大丈夫だろうとは思いますが、45cm~60cmが無難かと思われます。・・・だって、住宅事情考えれば、そんなにデカイ水槽ポンポン置けないでしょ。
DSCF9217.jpg

と、今回はここまで。もっと調べて再び記事にしたいと思います!

完全なる失敗

2012年 03月25日 03:26 (日)

どうも、数日ぶりです。
週末恒例メンテ日記・・・と言いたいところですが、大失敗!!
DSCF9164.jpg

プレコ水槽はさっさと終わったんですが・・・他の水槽ができませんでしたw
バケツ持ってウロウロしたり、風呂場も使うし水もお湯も使う。家族が用を済ませてからやろうと思っていると・・・そのまま寝てしまい、起きたら夜の11:00でした。こりゃムリだわ・・;
来週の頭から始めて、再びサイクルを取り戻すか。

そんなわけで、今回はシクリッド連中の様子をちょこっとね。
レッドゲオさん。何気にチビ連中の中では一番強いっぽい。ヒレとかも全然避けてないし、攻撃してくるコンビクトを逆に追い払ったりと、うまいこと立ち回ってます。
DSCF9166.jpg

今のところ全然かき回し役として機能しないゴールデンセベラムさん。
DSCF9168.jpg

顔のあたりにうっすらと模様が入ってきました。
原種のセベラムはギラギラしてますが、私はこっちの方が好きですねー。
DSCF9170.jpg

コンビクトさん。
おでこが盛り上がってきました。これがこのシクリッドの特徴です。
でも、おでこが出てきたってことはもう成魚サイズなのかしら?もともと小型ですが、10cmくらいにはなると思っていたので意外です。
DSCF9174.jpg

異形のマシン

2012年 03月21日 17:28 (水)

ガトリングガンを作ったきり放置したままだったので、figmaと絡めてみました!
DSCF9132.jpg

メティスに持たせて・・・
DSCF9129.jpg

と思ったら大間違い!頭はデッドマスターなのだ。
DSCF9127.jpg

ブラック★ロックシューターは、アイギスのボディーとのシンクロ率高かったですけど、デッドマスターもなかなかいい感じじゃないですか!
DSCF9133.jpg

しかし・・・。
DSCF9135.jpg

ちょっとくつろぎすぎなんじゃ・・・;
DSCF9139.jpg

色々撮影したはいいものの、結局パッとしないものばかりになってしまったので;
こんなところで許して下さいね!
DSCF9138.jpg

主役は誰だ?

2012年 03月21日 17:19 (水)

カテゴリを見て、いつの間にかプレコ記事がナマズ記事に抜かれてました。
プレコもナマズじゃないか?という突っ込みは無視しますが、うちではプレコとコリドラスは別物として取り扱ってますんで、そのへんよろしくです。

昨日、プレコ水槽のエーハイム2217を掃除しました。その夜、クリアになった水槽を覗くと・・・。
せっせと砂をあちこちにバラ撒くジュルパリさんはもういないというのに、こんな光景が。パロットの野郎ですねw
DSCF9104.jpg

久しぶりにインペタイガーさんをパシャリ。
外見と違って丈夫+綺麗+大きくならない+飼いやすいという4拍子揃った良いプレコです。本当はあと2匹くらい欲しいんですが・・・。価格がだいぶ下がったとはいえ、まだまだおいそれとは買えないプレコです;
DSCF9105.jpg

所変わってナマズ水槽にすっかり馴染んだアルビノブッシー。まだオスなのかメスなのかわかりません。
1匹500円だったのを、他の魚も一緒にお買い上げで100円値引きしてくれて、400円でした。
はっきり言って、全然出てきません。ですが、コケ取はかなり優秀。
DSCF9109.jpg

フラットヘッドプレコが撮れなかったので、代わりにロリカリアさん。
他のプレコに比べれば、彼の方がずっと前面にて観賞しやすいです。しかし、この長~いフィラメントもすべて写真に収めるのはなかなかに難しいです。
赤いのはガーネットサンドを使っているからで、実際には灰色っぽい地味な色合いなんで、騙されないように。
私は単にこのロリカリアが欲しかっただけなので、赤いヤツが欲しい人は、リネロリカリア・レッドを買いましょうね!
DSCF9107.jpg

花キリン

2012年 03月19日 17:28 (月)


No.2

名前:ユーフォルビア・ミリー
別名:キス・ミー・クイック
和名:花麒麟
学名:Euphorbia milii
科名:トウダイグサ科
属名:ユーフォルビア属
原産:マダガスカル

写真の部分だけを見ると、ごく普通の観葉植物に見えるが、茎には鋭い棘が生えているれっきとしたユーフォルビアの(多肉植物)の仲間。
基本的には強健種で、夏の直射日光でも大丈夫なことが多いが、成長自体は明るい日陰の方が順調にいく。
日当たりの良い場所であれば赤い色の花が咲き、弱ければピンク色の花を咲かせる。
気温が10℃以上あれば成長して開花するため、長い間花を楽しむことができる"花を鑑賞する多肉植物"である。
他にも斑入り花キリン、痩花キリン、金棒花キリンなどもあり、それぞれ違った姿をしている。
ちなみにアメリカではキリストの植物などと呼ばれる。

※正確には、花に見える部分は、花の基部の葉が変化した苞(ほう)で、実際の花はその中心にある。
DSCF9053.jpg

支配者の資質

2012年 03月19日 16:55 (月)

時間ができたので更新します!

水換え中のひとコマ。
このコトブキの水温計、しばらく使いましたが、キスゴムが硬くなりません。
うちはスリムタイプの水温計をたくさん使っていて、他のヤツをあまり使わないからそう思うのだろうか?
DSCF9092.jpg

いつも通り、51cm水槽もしっかり水換え!
エレファントもだいぶ環境に馴染んだようで、表に出てくる時間も増えました。
DSCF9100.jpg

ブラントノーズは鼻先であしらわれ、もはやザコキャラに成り下がってしまいましたw
最初の心配はどこへやら。今では逆にやられるんじゃないか?とさえ思ってしまう・・・;
DSCF9098.jpg

まだまだ臆病な一面はあるものの、水槽を時々コツコツと軽く叩いているおかげか、だいぶ寄ってくるようになりました!
DSCF9094.jpg

テラコッタハウスも気に入ってるようで何より。
DSCF9101.jpg

最後にひとつ気に入らない点。
この水槽、かなりすっきりさせることには成功してるものの、メンテや餌やりが少し不便。
何とか加工したいんですよね~・・・。
DSCF9102.jpg

ストイック

2012年 03月18日 03:59 (日)

こちらはストイックにナマズ水槽の水換え中に撮影した写真を淡々と。

ミクロシノドンさん。
バルテリーを活着させた流木の空洞内に潜んでいて、この中ではかなり姿を見かけないヤツ。
DSCF9078.jpg

マーブルレイオカシス。
相変わらず所属不明の不思議なヤツ。成長は止まっているっぽいので、これ以上は大きくならないと思う。
ちなみに左下のはアキシスさんですw
DSCF9080.jpg

フラッグテールポートホ-ル。
成長してません。この水槽では基本的にすり潰した餌が基本なので、他の水槽みたいにひかりキャット1個独占!とかいうことが起こらないので成長も緩やかなのかも知れません。
DSCF9081.jpg

バルテリーの花はオトシンのオヤツになったようです;
DSCF9087.jpg

脱出不可能

2012年 03月18日 03:51 (日)

ボロ・・・・;
スポッテッドメティニスがあちこちボロボロになってますw
DSCF9073.jpg

実は、どうやって入ったんだかわかりませんが、こんな体型のくせに土管の中に入ってしまったんですね。
とうとう死んでしまったか・・・。遺体処理作業かぁ;と残念な気持ちでいたら生きてるじゃないの?!

しかし、どうしても出すことが出来ず、結局シェルターをハンマーで叩き割って救出しましたw
こんな事故も起こるのね・・・;
DSCF9089.jpg

ミルク・クラウン

2012年 03月17日 02:02 (土)

もういっちょ植物関係記事など。(ちょっと前の寄せ集め写真です、あしからず)

晴れた日に撮った1枚。うちの花壇にはこんなものまであります。
他にもナルコランやチューリップ、南天、バラなども。ゴチャゴチャしてるので恥ずかしくて全体を写すのは無理ですが、まぁ、虫やら何やらも採れます。セミ、カマキリ、バッタ、コオロギ、キリギリス、カナブン、コガネムシなど。
DSCF9045.jpg

いつの間にか増えた植物その2。
DSCF8923.jpg

しばらく経ったらもう植えてありましたw
オステオスペルマム・セレニティ ホワイトブリスというらしい。
DSCF8966.jpg

何の仲間なんだろ?
でも花の見た目でいうならミルククラウンという方が似合う気がするなー。

飴色デッケリー

2012年 03月17日 01:50 (土)

気がついたら、アヌビアス・バルテリーに花が!
我が家では初めてのことです。
DSCF9057.jpg

我が家にやって来て以来、順調のデッケリーさん達。すっかり底床の影響で飴色になってます。
しかし、飴色具合は後ろのメタエの方がずっと上を行ってることに気付きました;
DSCF9056.jpg

奥からデッケリー、オプソドラス、アドルフォイ、フラッグテールポートホール、メタエ、コンコロと、コイリドラス+ドラス集合です。
やはりドラス類だけあって、みんな同じようなもんらしいw
DSCF9064.jpg

しかし、観葉植物やら多肉やらは興味・関心ありなのに、なぜ水草となると無関心なのか、自分でも不思議である。
DSCF9060.jpg
ただ、グリーンナイフとバルテリーの花の組み合わせは珍しいと思うw

ファイアークラッカー

2012年 03月15日 17:42 (木)

知らない間に植物が増えてる・・・。

リシマキア・キリアタ(またはキリアータとも言う)。
これは"ファイアークラッカー"という品種。
なかなかカッコイイ名前つけるじゃない?

夏あたりに小さな花を咲かせるらしい。
ただし、成長するとこの葉の色は薄くなって緑色も出てくるようです。
DSCF8715.jpg

以上、植物ネタでした!

デルヘジィ+60

2012年 03月15日 17:37 (木)

こんばんは。

水槽写真、このところ撮ってないので過去写真からひとネタ。
DSCF7931.jpg

デルヘジィ、我が家に来てそろそろ1年です。最初は外鰓がある状態で今よりずっと小さかったけど、今ではすっかりごらんのとおり!
DSCF7932.jpg

大きさは20cmあるかないかくらいだろうか?
一般的なポリプ愛好家からすればチビサイズもいいとこなんでしょうが、私は別にビッグサイズに育てようとは思わないので満足です。

オスカーほどではないにせよ、人にも馴れるいい魚だと思います(水槽に手を入れたりすれば逃げるし驚くが)。
DSCF7933.jpg

コンコンと叩けば寄ってきます。
DSCF7934.jpg

ここまで飼ってみて思うこと。
ブリード個体なら大きくならないので、デルヘジィでも60cmレギュラーで当分の間はイケますね。パルマスやセネガルス、アミメウナギなら60レギュラーでずっと飼えるんじゃないかと?
DSCF7935.jpg

90cmに移動すれば移動したで、もう少し大きくなると思います。
混泳に関しても、うちではこのメンバーでまったく問題ないです、ってゆーか一番弱い立場な気が;
口に入りそうな魚はNG。うちにヤツは魚らしい魚はとりあえず食べれるかどうか試すようですけど、食べれないとわかればそのうち近づくのをヤメますw
DSCF8079.jpg

今後はどうなるかね?

図鑑 その44

2012年 03月14日 01:26 (水)

No.58

名前:アキシスキャット
別名:アジアンミニバンジョーキャットなど
学名:Akysis maculipinnis?
分布:タイ、ミャンマーなど
全長:3cm~5cm程度?

タイ、ミャンマーなどに生息する小型ナマズで、枯葉のような模様を持つ。
流通名はアジアンミニバンジョーなんて名前が付いてるが、アマゾンのバンジョーキャットとは無関係。体型はバンジョーとは全然似ていない。なのに、なぜこんな名前を付けられたのか?どちらかといえばアカザに似ている。
性質は温和で、ナマズらしく物陰に隠れる習性が強い。
我が家ではそのバンジョーキャットやハラ・ジェルドニー、ミクロシノドンティス、ドラスの仲間などの小型ナマズ類と混泳させているが、特に問題はない。
ただ、給餌方法は、ハラ・ジェルドニーと同じく、食いっぱぐれないように細かく潰した人工飼料を冷凍赤虫と一緒に与えている。
アキシスの仲間は、何種類か存在するそうだが判別な難しく、いずれも区別されることなく同じ名前で販売されるようだ。
調べても飼育に関する情報は少ない。
そりゃあそうだ。誰が好きこのんでこんな魚を飼う?w

いや・・・俺が飼う!

飼い易さ:★★★★
価格:600円
DSCF8087.jpg

お疲れ様

2012年 03月14日 01:05 (水)

今回は写真がありません。というか、PCに取り込むのが面倒だったのでw

まず、パロットさんの代役を引き受けたジュルパリさんがお亡くなりに。
パワーバランスが崩れて、パロットを隔離してから少しずつボロけてきてしまって。
どうやらコンビクトにちまちま小突かれていたのが大きなストレスになっていたようです。今日、大部分の鱗がなくなっていたので、ヤバイなと思っていたら、案の定;大人しすぎでしたしね~。

ただし、パロットさんは無事復帰!
入れた途端に元通りでしたw
しかし、ジュルパリがいなくなり、微妙にバランスが崩れたままというのが少し心配かな~。

ジュルパリさん、お疲れ様でした。合掌。

シクリッドこの混泳というのは、こういうことが起こるものです。
これから混泳させようと思ってる人、こういうことが当たり前になるので、ご注意をw

影の世界

2012年 03月12日 02:55 (月)

こちらは植物記事・・・というか多肉植物記事ですね;

クラッスラ・アルボレッセンス。今日は久しぶりに水やりしました。もうすぐ生育期に入ります。
DSCF9012.jpg

てっぺんに新芽。これがしゃもじのような葉っぱに成長していくんですねー。
DSCF9011.jpg

こちらは脇から伸びた葉。だいぶ成長して、その先からまた新芽!楽しみです。
DSCF9010.jpg

さて、素焼き鉢には厄介な点がひとつあります。それは・・・・
DSCF9013.jpg

置き場所にもよりますが、鉢自体が水分を一時的に含むので、水やりしてから数日経つと、こんなふうにカビが・・・w
DSCF9014.jpg

とりあえずこういう時は新聞紙で鉢の表面を擦ります。
DSCF9017.jpg

結局水やりすれば生えますけど、ホラ。やらないよりはマシでしょ?
DSCF9019.jpg

光線不足で葉が少し葉が落ちてしまった黒法師は、午前中は日光に当てて、午後~夕方は西日も利用しました。
写真が暗いのは、この窓枠の下の壁紙がボロボロでみっともないからですw
DSCF9031.jpg

以上、報告終わりw

エネミー・ゼロ

2012年 03月12日 02:45 (月)

毎月恒例のAL。

今回はエビですが、ミナミの改良品種のところしか見ませんでしたw
小特集はベタ&巻貝シクリッド。こちらはなかなか楽しめる内容でした。興味出てきてヤバイです;
DSCF9030.jpg

うちにやって来てから1週間。エレファント初の水換え。
DSCF9022.jpg

動きやすいように流木と流木の隙間を広げて、通り抜けやすくしました。
そして、一応植木鉢シェルターを再度使ってみることに。
DSCF9033.jpg

大抵は警戒してすぐには入らないんですが、この魚には関係ないようでした。
DSCF9034.jpg

すでにブラントノーズ眼中になし。逆にブラントノーズの方が怯んでる始末です。
DSCF9036.jpg

敵は倒したのも同然になったわけで、これで混泳問題はクリア・・・?
DSCF9038.jpg

隠れっぱなしじゃないところがこの魚のいいところですね!
DSCF9039.jpg

早足のキリン

2012年 03月11日 03:19 (日)

録画したBR★Sを観る。

しかし、相変わらずの鬱展開;
自分に依存していたカガリと向き合い、何とか元の生活に戻せたはいいけど、今度はヨミの方がダメになってしまう。
これはあれか、相手が自分に依存してるのがウザイ→解放される→実は自分も依存していた・・・という図式なのか??
最後はヨミが壊れてしまったぞ・・・;
DSCF9007.jpg

スーパーとかドラッグストアとかをはしご。できるだけ安いお店で買い物する最近。主婦か、俺は・・・;

BOSSのレインボーマウンテンは一番安いお店で448円だったのが、最近見付けたお店では399円だったので、これからはそっちで買うことに。
バヤリースのオレンジが78円。UCCのコーヒーが198円と。こうやって安いお店を見付けるのが習慣になりつつある。
DSCF9004.jpg

2つほど横道に逸れましたが、うちでは両親・兄の誕生日、父の日・母の日には必ずプレゼントをするのが通例。これは少し早いが、ホワイトデーに送ることに。
DSCF8993.jpg

何の気なしに、花の色が綺麗だったのでこれを選んだんですが、帰宅後にじっくり眺めて眉をひそめました;
DSCF9005.jpg

普通の草花のコーナーにあったんですが、これ、見覚えのあるトゲが生えてる・・・。
もしかして多肉植物なんじゃ?と、後から見て思ったのでした。

本で調べるとやっぱり!
これは、ユーフォルビアの仲間で、花キリンという名前だそうです。
DSCF9006.jpg

普通はサボテン・多肉植物は別コーナーにあるんですが、パッと見は多肉植物に見えない種類や一般に認知されていない種類は、こうして草花などの園芸種のコーナーにも紛れるんですね!
これを意識して探すと、けっこう掘り出し物が見付かることもあるので、楽しみが広がります。

怒涛のラッシュ

2012年 03月11日 03:02 (日)

週末恒例のメンテ記事w

午前中はプレコ水槽の水換え。
そろそろエーハイムのメンテもしなくてはなりませんが、セベラムがまだ新参者であることと、パロット復帰が控えているので、もう少しだけ先延ばしにすることに。
DSCF8970.jpg

エーハイムのプレフィルター。なかなか優秀です。
面積を若干取るのと、取り外して洗うのがちょっとだけ手間ですが、しっかりゴミを取るので重宝してます。エーハイムのホースが汚れるスピードが緩やかになりました。
DSCF8973.jpg

プレコ水槽が滞りなく終了し、続いてローチ水槽へ。
今週は天気が良くなかったので、コケは目立ちませんでしたが、ウェット&ドライろ過槽も外して残っていたコケも落としました。
DSCF8976.jpg

パニック起こしまくってるヤツが1匹・・・。こればっかりはどうしようもないw
DSCF8977.jpg

昼飯食った後、ナマズ水槽へ。先週は時間がなくてできなかったので、かなり汚れてました。レイアウトをもっと考えて、汚れが溜まらない工夫をしないといけないな~と、少し反省。
やはり水換え後は白濁してしまいました。毎週きちんとやらないとダメね;
DSCF8988.jpg

グリーンナイフに支配権(アヌビアスの後ろ側)を奪われ、外に出ざるを得なくなったグラスキャット部隊;
DSCF8991.jpg

そして、最近、かなり水換えをサボッていたウパさん水槽を、今日は徹底的に掃除しました。
ろ過槽にも飼育水を流し込んで汚れを排水。下の水槽に流れた水を、ママオートで抜きました。
DSCF8981.jpg

下段水槽に上部式フィルターははっきり言ってかなりメンテしづらいですね;
しかし、なんとか終了ー!

再び投げ込みに戻すか、どうしようか、こちらも少し考え中・・・。

カンパリとガトリングガン

2012年 03月09日 17:36 (金)

こちらは無関係な個人的趣味な記事;

仕事の休憩時間に、近くにあった酒屋に行きました。
私は基本的に酒は飲まないんですが・・・。

た・だ・し!輸入リキュールだけは別です。これらは甘いものが多いので、甘いモノ好きな私には必要です。
しかし、今回はちょっと違います。これは、カンパリといいます。
ビター・オレンジ、キャラウェイ、りんどうの根などを原料にしたイタリアのリキュールで、味はほのかに甘く、後味はほろ苦いという、私にしてはちょっと珍しいんですが、たまにはいいかな?と。
DSCF8917.jpg

炭酸水で割るカンパリソーダや、オレンジジュースで割るカンパリオレンジなんかは有名ですが、私はストレート。
色はこんな感じ。私が一度に飲む量なんてごくごくわずかで、このくらい。アルコール分は25%ほど。
DSCF8920.jpg

ああ、一応忠告しておきますが、逆手に持ちやすいからといって、こんなふうに持って相手の頭をブン殴ってパカンッ!と割るのはやめましょう!
DSCF8919.jpg

本題はこちらです。

机と椅子。1/12スケールの可動フィギュア用のアクセサリー。組み立て簡単なプラモです。
いつの間にこんなの出たんだろう?と、ちょっと前から気になっていたので、とりあえず買ってみました。
ちなみに脚の先は黒く塗装されてないらしい・・・。ガンダムマーカーとかで塗るかね?
DSCF8962.jpg

もうひとつはこちら。

M.S.G モデリングサポートグッズ ガトリングガン。
ガンプラに持たせるモノらしいですが、もしかしたらfigmaに流用できるんじゃね?と思ったんで、お試しに買ってみました!
スミ入れが必要っぽいけど、面倒なので、たぶんやりませんw
DSCF8964.jpg

日曜あたりに組み立てようかしら?

ゴーストシップ

2012年 03月09日 17:20 (金)

こんばんは。
時間ができたので、今のうちに更新することにします。

先週やってきたゴールデンセベラム・・・・が、思ったより全然大人しくて拍子抜けですw
もうエキデンス・メタエがこんなにデカくなって、その陰に隠れてしまってます;
DSCF8935.jpg

お店では大きくても、いざうちの水槽に入れればこんなものかとw
しかし、今後の成長具合で、立場が逆転する可能性も充分ありますね!
DSCF8936.jpg

続いて、ナマズ水槽に移動したグリーンナイフ。
DSCF8941.jpg

基本的に消灯後に活発に動き回っていたんですが、最近ではこのとおり!
DSCF8944.jpg

ずいぶん前に出てくるようになりました・・・が!
DSCF8951.jpg

あまりにビュンビュン動くんで、コリやポートホールキャットとぶつかることが多くなり、元々出てこない彼らが、さらに前に出て来なくなりましたw
DSCF8952.jpg

危害らしい危害も加えず、多少行動の妨げになると追い払う程度なので、まぁこれなら許容範囲というか、想定の範囲内です。
DSCF8953.jpg

もうちょっと大人しいもんだとばかり思ってましたよ・・・まったく~;
DSCF8955.jpg

パロット&エレファント

2012年 03月07日 01:14 (水)

こちらはパロットさんとエレファントの続報。

薬浴生活がそろそろ終わりそうなパロットさん。
DSCF8880.jpg

尾びれの欠損も治り、今週末~来週にはプレコ水槽に帰還できそうな感じ。
無造作にプラケに入れ、適当にメチレンブルーを入れ、数日に一度水換えして、という感じで、かなりいい加減な治療w
しかし、こんな狭い場所にいても、しっかりメシは食うんだよな・・・;
DSCF8881.jpg

今回で薬浴は最後にして、次回の水換えでメチレンブルーを抜くことにしますか・・・。
DSCF8883.jpg

ついでにエレファントノーズの経過報告も。
ブラントノーズとの混泳は、今のところ特に問題はないようです。魚らしい体型をしていないのも、手伝ってるんだろうと思う。
とりあえず、導入翌日から冷凍赤虫を投下してます。初回は翌朝に赤虫が残ってましたが、仕事から帰宅するとなくなってました。・・・けっこう時間過ぎてて黒ずんでたはずなのに、食べたんだろうか?
二日目は翌朝にはきれいさっぱりなくなってました。ブラントノーズは底に落ちた餌は8~9割がた食べないし、パワーキャニスターミニもロカボーイも、それを吸い込むほど強力じゃないので、エレファントが食べたんだろうと思う。痩せてもいないようだし。
赤虫に対する食いつきも悪くなく、入れると即座に反応します。意図的にシェルターは入れてないんですが、ロカボーイを隠すために置いてある流木の後ろ側に隠れていることが多いですが、時々外に出てきて泳ぎ回るので、観察は比較的しやすいかも。

何にせよ、まだまだ注意深く観察する必要がありそうです。
DSCF8909.jpg

絶好のポイント

2012年 03月07日 00:57 (水)

毎度のことながら、水換え中の1枚。

ゴールデンさん。今はベアタンク飼育なので、こんなにあちこち金ピカなんですが、この色を維持できる底床はないだろうか?
川砂とか、プロホースで吸い出してしまうような軽いのじゃ話にならないし、粒が大きすぎてもゴミが隙間に溜まるし。
今までガーネットサンドとシャインシルバーとリアルブラウンしか使ってないけど、どれも色は若干暗くなってしまいます。
白っぽい砂で、ガーネットサンドみたいに吸い上げない砂ってないだろうか?w

※写真は注水中。この作業の時は、毎回ここにいる。どうやら絶好のポイントのようです。
DSCF8873.jpg

お店に入荷した当初は10匹以上いたんですが、1年以上の時を経て残りは1匹になってました。
少しずつ、緩やかに売れていたようです。今度行った時にまだ残っていたら、お買い上げしてしまうかもですw
つーか、一体どんな人が買っていったのかマジで気になる・・・。

エレクトリック・サーカス2

2012年 03月04日 03:27 (日)

続いて、ブラントノーズガー水槽の同居人も。
DSCF8822.jpg

そういえば、ムツギアリさんも飼育始めたんだっけ・・・と。
私ももう1回挑戦したいし、クセのある魚にはクセのある魚を合わせてみるのもいいかも知れない・・・と。
エレファントノーズ!
DSCF8825.jpg

今回はお値段がちょっと高く、2,500円もしましたが;
ちなみに以前は1,500円でした。別のお店のドルフィンモルミルスは2,000円、故人のダブルトランクエレファントは3,500円でした。けっこう値段に幅があるようです。
DSCF8832.jpg

こいつは一番サイズが小さい個体でした。他にも2匹いましたが、サイズは10cm超えと15cmくらいでした。
DSCF8835.jpg

袋を浮かべている状態で、ブラントノーズはいつも通り攻撃仕掛けてましたけど、これはいつものことだと不安を振り払う;
DSCF8840.jpg

けっこうなサイズ差・・・。もっと大きなヤツにすれば良かったかな?
DSCF8845.jpg

自分が隠れることができて、スムーズに通り抜けられる場所を探しているようでした。
DSCF8848.jpg

モルミルスは頭がいいとよく言いますが、本当みたいですね!
DSCF8846.jpg

ブラントノーズは、とりあえず反応して近づくものの、今のところ攻撃はしてないようです。魚っぽくない動きをするので、警戒しているという感じなのかな?
・・・攻撃仕掛けるって言い方はどうかと思うんですが、食べられるかどうか、ちょっとだけ試すという感じなので、クセのようなものです。
何もなければ、あとは環境に馴染んで、ちゃんとエサを食うかどうかの観察もしなくては。やれやれ;

フラッシュ・バック

2012年 03月04日 03:17 (日)

続けて中間記事です。

Amazonでポチったものが届きました。

まずはイヤホン。オーディオテクニカ製。
値段は1,500円くらい。半額以下の値段でした。このメーカーのものは初めて買いました。音にはこだわりがあるけど、お金もないし・・・。まぁ、この値段でそこそこの音なら、今はそれでよしとするか。
DSCF8858.jpg

もうひとつはこれです。
「VOCAROCK Collection feat.初音ミク」
ミクのCDは2枚目です。まだ前半数曲しか聴いてませんが、2曲目の「フラッシュバックサウンド」の出来が素晴らしかったです。はっきりいって最近のバンドより全然いいですね。
ブラック★ロックシューターのOP曲、ロックアレンジになってるバージョンって、supercellのアルバムに入ってるっぽいので、来月、B'z新曲と合わせての買おうかなー?
DSCF8859.jpg

うっかり寝てしまい、夜11時過ぎにスーパーとドラッグストアをはしご。
スーパーって、このくらいの時間になるとバカなヤツとか来るのでウザイですねw
店員もなぜか男がレジ打ってて、手が空くと他の店員としゃべってて気分が悪いですが。それを思いっきり顔に出して、鬼の形相になってる私に、喋っていた女店員が蒼白になってましたけどw実は、私はけっこう顔が怖いのだw
DSCF8868.jpg

太陽をつかんでしまった

2012年 03月04日 03:03 (日)

今日は午前中にプレコ水槽の水換え。
実はこの水槽の水換えを午前中でやることは稀です。
天気が良くないので、かなり薄暗かったですが、滞りなく終了。
DSCF8818.jpg

予告通り、お店に行ってきました。今回はいつものお店ではなく、ブラントノーズガーを買ったお店へ。
色々魚をチェックしたので、気になった種類をいくつか。

まず、ジュルパリとテキサスシクリッドの幼魚が大量に入ってました。
チャンナ・アンフィビウス、スチュワートスネーク、アーモンドスネーク、アフリカンシェブロンなどのスネークヘッド関係も。
さすがにもういないだろうと思っていたゴールデンは1匹だけ残り、メコンバンガシウス、ミルクパロットと同居してましたw1匹だけいるのもかわいそうだなー・・・なんて思ってしばらく水槽前で悩みましたが、心を鬼にしてこらえました;
その他、ファイアースパイニーイール(実物は初)、ラビリンスタイガープレコ、クラウンローチの15cm超え個体、ブルーアームロブスターなど(これはカッコ良かった!)。

実は、治療中のパロットさんの代役を、現在ジュルパリさんが引き受けているのですが、ボロけてますw
ロイヤルにやられたのか、大きくなってきたエキデンスにやられたのか、それはわかりませんが、のんびり屋さんのジュルパリではダメダメです;ここで1匹、引っかき回す役割を果たしてくれる魚がいたらな~と考えていると。
・・・・いるじゃないの?!

ゴールデンセベラム!
DSCF8819.jpg

水槽内では5~6匹いて、それぞれ牽制し合ってましたが、一番大きなのを選んでもらいました。
DSCF8826.jpg

水合わせ中も、バシャバシャと水を跳ね上げ、元気な様子でしたよ。
DSCF8827.jpg

・・・。いつから彼らは底モノのカテゴリーに入ったのだろうか?
DSCF8829.jpg

だいぶ大きくなったエキデンス・メタエ。こいつがジュルパリをボロボロに?それともコンビクトシクリッドがちまちまつついた?ロイヤルの体当たりか?誰がやってるのか今ひとつわかりませんが;
DSCF8864.jpg

セベラムが我を張ってくれればバランスは戻るかも知れません。パロットもそんなに長いこと治療が必要ではないですが、戻ってきてもこのサイズなら問題はないんじゃないかと思います。
DSCF8860.jpg

つーか、馴染む前に・・・逆に殺されてしまわなければの話、だがね。
これがシクリッド社会というものであるw

これから

2012年 03月03日 02:12 (土)

アクア的な話題。
土曜は休みになったので、水換えもするし、買い出しに行くとは思いますが、資金がかなり不足しているのであまり色々買えません;
餌の類はチャームで買うとして、他はどうしようか?
ショップにも行く予定ですが、はてさて、どうなることやら??w
DSCF7925.jpg