TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2014年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

失意の帰宅

2014年 08月31日 10:52 (日)

ようやく夏休みというものが終わるご様子。
これで平日から調子に乗った連中がウロチョロしなくなるかと思うとホッとするSPEED★KINGです。

昨夜、買い物に行ってきました。満足に買い物できるほど金はないけど・・・。
ポリプ連中のために、小赤とメダカでも買って来ようとホムセンまで。
しかし、アクアコーナーには無駄に人がいっぱい。
しつけのなっていない子供が騒ぎ、頭の悪そうなカップルがいたり(コイツら何しに来たん?)で気分は最悪。
肝心の小赤の水槽は、何だか水が白く濁っていて、中の金魚達の何匹かは体を砂利に擦りつけたりしていて、あまり状態がよろしくない。おまけにサイズが大きく、うちのポリプ達では食べられないサイズでした。
メダカもいたのですが、気持ちが萎えて無気力状態に。我慢出来ずに冷凍赤虫だけ買って退散。
そこのホムセンは開店してから1年くらいしか経っていない新しい店舗だったので、まだまだ人の出入りが多く、息苦しくて死にそうでした。
aej.jpg

メダカだったら余裕で食えるけど、メティニスやシノドンがメダカを食べないというわけでもない。動きは彼らの方が断然素早いので、ヘタしたらポリプが食べられない可能性もあるんですよね。
aej (1)

すっきりしない気持ちを抱えつつ、水換え終わってすっきりしたナマズ水槽を覗く。
パールグーラミィがまぁお綺麗!
aej (2)

一体何をついばんでるのかわからんが、逆さになってますねw
aej (3)

どうせなら、その葉っぱのコケを食べてくれないだろうか?
aej (4)

4匹いるパール達。
そうそう、今月のALでは小型グーラミィの小特集なんてやってましたね!
私はスリーストライプクローキンググーラミィが綺麗だな~と思いました。
そのうち中型種の特集も組んでくれないかな~。
aej (5)

一番綺麗に仕上ってる個体。
パールスポットはギラギラだし、全体的にオレンジががっているし、ひれもクシ状に伸びてきてます。
が、一番上手く撮れなかった・・・;
aej (6)

みんな調子を崩すことなく元気なんですが、思ったとおり、成長が今ひとつな個体が1匹出てきた。
ブリードにブリードを重ねてる魚だし、成長不良とか体型崩れてるとか、ある程度はしょうがないか。
aej (7)

こいつが一番小さい。
観察している限りでは均等に餌を食べているんですがね~。
大きくならないなら、ならないで仕方がない。元気でいてくれればいいかな。
aej (8)

最後に、今日の収穫①

ベアタンク水槽の水換えに使っている灯油用ポンプが壊れたので、新しいのを入手。
aej (9)

しかし、LEDライト付きってのは・・・?
一体、何の意味があるのだろう。謎である。
ちなみに、LED付きでない方が値段が高かったですw
aej (10)

収穫その②
以前、いつの間にか販売されなくなってしまったと記事に書いたことがあった灯油用スポイト。
再び販売されてました!!
aej (11)

どこを探しても売ってなくて、仕方なくダメになったやつにテープを巻いて補修して使ってたけど、ようやくこれともおさらばできそうです!
aej (12)
しかし、1本122円・・・。高くなったね。

前進叶わず

2014年 08月30日 21:43 (土)

色んなことに意味もなくカリカリと腹を立てる日々が続き、参ってるSPEED★KINGですが。
さらに追い討ちをかけるように、疲れる出来事が・・・。

年金事務所からの特別催告状。
今年の2月にも来たんだが、その時は過去3年間分の中に未納があるってことで、金額は約8万円ほど。
早急に払えとのことだったが、どう考えても無理なので事務所に出向き、毎月1ヶ月分なら何とかなりそうだと告げ、了承をもらった。
しかし、そうそう上手くいくはずもない。なぜなら市県民税も払わなくてはならないからだ。結局2ヶ月に1回づつ納付してきて、今月末か来月頭にもう1ヶ月分を納付すれば、その未納分は終わる。
と思ったら、もう次の催告状だよ。
内容は、未納になっていた今年の分、約10万円以上を今月中に払えとのこと。
月の収入が10万円にも満たず、そのうちに半分は家に入れなくてはならない。手元に残るのは多くて4万円ほど。今月は税金の支払いもあるので、3万7千円しか残らない。

払えるかバカw
というわけで、また年金事務所に行くことになったのであった。
いちいち相談に行くのなんて、めんどくさいですぞ。

前置きが長くなったが、今回も言わずと知れたナマズ連中について。
シノドンティス・グレショフィを90cm水槽へ移動させよう・・・と思っていたのに途中で悩み始め・・・。結局、踏ん切りが付かず、またしても先延ばしになってしまった・・・。

あれだからね、背びれの一部が欠けてるのがグレショフィだからね。
手前にいるのはショウテデニーだからね。
aei1.jpg

ジワジワと成長し続け、サイズはショウテデニーを抜き、90cm水槽のサカサナマズほどに。
似てるけども。似てるけどもさ!サカサナマズでもないからね?
aei1 (1)

今度は、グレショフィの下にちっこいのが隠れてるけど、あれはモコキエラ・パイネイだからね。
aei1 (2)

尾びれの上下が前より伸長してます。カッコ良くなってきました。
aei1 (3)

ややこしいが、手前にるのはショウテデニーだからね。いや、似てるけどもさ!
写真では今ひとつ伝わらないが、実際に目で見ると違いはけっこうあるんだけど・・・;
何なら、うちに見に来る??w
aei1 (5)

ショウテデニー。
ずんぐりむっくり加減がさらに増してる。
aei1 (6)

15cmくらいにはなると思うが、何だか大きくなるというよりも、まんまるになっていってる感じが・・・w
aei1 (7)

現在のところ、シェルターに邪魔者が入ってきた時に威嚇して追い出すという、シノドンとしてはごくごく当たり前な出来事が起こっているだけで、トラブルには発展してないですね。
aei1 (8)

あらためてグレショフィの情報を整理。

①コンゴ川流域出身。
②MAXサイズは20cmほど。
③個体差が激しく、決まったカラーパターンは持たない。
④シノドンティスの仲間としてはわりと大人しい。
⑤入荷は少なめ。

なんだ、大したことわかってないじゃないか。
しかし、これでいっぱいいっぱいです、ハイ。これ以上は何もわからないんじゃ・・・?
海外サイトを調べれば、まだ何か発見できるかも知れないですね。

バックナンバー

2014年 08月27日 17:17 (水)

どもども。
仕事を辞めたいのだが、次が決まらず(というか、求人がなさすぎる)で、どうしようもない状態のSPEED★KINGだす。

さて、2007年春にアクアリウムを再開した私。
それと同時にアクアライフの方もほぼ毎月買っているんですな。一時期は、アクアライフとフィッシュマガジンを同時に買っていたりもしましたが、内容的にもアクアライフの方が充実してる気がしてからは、アクアライフ(以下、AL)に絞ってます。

当然、過去のALを読み返すなんてこともしばしば。
特にアクアリストのお宅訪問コーナーなんか、大変参考になったりします。
(実は以前、取材のお話を編集部の方から頂いたのに、お断りしてしまいましたが・・・・その節は申し訳ありませんでした!)
近年のALで読み返すことが多いのはこちら。

昨年の6月号。底モノ特集。
aeh1.jpg

低層魚がメインの特集で、ナマズに限らず、各ジャンル(?)の低層魚が色々登場しました。
クラウンローチ。
見るたびにもう一度部隊を結成させたいな~。幼魚の頃は白点に罹りやすいので、手を焼くこともありますが、ある程度のサイズに育ったクラウンは本当に見応えあるんですよね。
aeh1 (1)

ニョロニョロ系代表、クーリーローチ。
実は、欲しいのです、ハイ。シェルターの隙間に入った餌も綺麗に平らげてくれそうじゃないですか。
でも、売っているのは小さなサイズばかりなので、そのまま入れたらパルマスのご馳走になってしまうよな・・・。
aeh1 (2)

MAXサイズも手ごろで、しかも綺麗なボティア・ストリアータ。
入荷していればすぐにでもお迎えしたいですね。パキスタンローチとは違って、大人しい部類だし。
aeh1 (3)

底モノと言えば、やっぱりナマズ。
スポッテッドタティアも、以前見掛けた時に買っていれば良かったと、少々後悔しております;
aeh1 (4)

タティアつながりで、ホルスタインタティア。
値段の方が、高価な部類のプレコ並みですが、ブリードが進めば価格も安定してくれるかしら?
レオパードタティアも綺麗ですが、こっちの方がいいな~と思います。
aeh1 (5)

バンジョーキャット。
この写真のバンジョーは17年生きているらしい。
うちのような混泳水槽では、そこまでの長生きは難しいかも知れない。
このナマズの特筆すべき点は、他を圧倒するほどの存在感のなさ! これは実際に飼育してみないとわかりませんw
低層魚のみならず、魚全体の中でも一番かも知れないw
aeh1 (6)

シノドンティス。
こんなふうに混泳できるものだとは知りませんでした。
プレコマンションならぬシノドンマンションとは・・・。これが成功すれば、色んなシノドンを一緒に飼えますね。
いや、やらないけどw
aeh1 (7)

読み返すと、結局欲しい欲しい病に罹ってしまうのでした・・・w

悲しい日常

2014年 08月24日 11:50 (日)

どうも。
こんなモノばかり食べているので、私のことを太っている人間だと思っている人もいるかもですが、実はそうではなく、体重は50kg~51kgの間を行ったり来たりしております。
昔からね、そうなんですよ。いくら筋トレをやっても肉は付かないし、どんなに食べても体重に変化がない。どうしようもないのでもうあきらめております。

いつも買い物に行くドラッグストアで、たけのこの里が増税後に149円になって高いなぁ~と思っていたのですが、昨夜値段を見てビックリ。今度は増税じゃなく値上がりで170円になってる・・・。これじゃもう買えませんね。
aeg1.jpg

それと、「さばげぶっ!」の7巻も買ってきたお。
コミックスも昔に比べるとずいぶん高くなったものですね・・・。
aeg1 (1)

前置きはここまでにして、水槽ネタをば。
平常通りの、あまり余裕のないメンテをしなくてはならない悲しい日常が戻ってきました;

まず、ナマズ水槽はきっち水換え。
軽すぎて動きまくってしまう竹炭シェルターを撤去して、お盆休み中に購入しておいたシェルターに交換。
3匹いるホワイトラインコンコルドキャットの中の1匹がガラス面にぶつかったらしく、口をケガしてしまいました。
aeg1 (2)

90cm水槽も手抜きメンテ。
ウールマットを洗い、40Lほど水だけを交換。
aeg1 (3)

何日間も頭や背中にゴミを乗っけたままのセネガルス;
aeg1 (4)

玄関のプレコ水槽は、崩壊しまくった流木を元に戻し、エーハイム2217のメンテと少量換水を行う。
aeg1 (5)

エーハイムメックとサブストラットプロの間に挟む分厚いスポンジがボロボロになっていて、もう買い替えないとダメっぽいです;あれ、ただのスポンジのクセにけっこう高いんだよね~。
aeg1 (6)

メンテ後の水槽。
ちょっとくらいの掃除なんてものともせず、シクリッド達は元気です。
aeg1 (7)

レッドゲオは、LEDの下では色が飛んでしまいます。
LEDではなく、ごく普通に水槽用ライトか、こんなふうに、ちょっと暗めの場所の方が色鮮やかだと思う。
aeg1 (8)

フィラメント含めて、サイズは20cmを超えたところで止まっているようです。
図鑑などでも20cm~25cmと書かれているんで、ここまでで撃ち止めなのでしょうか。
いいシクリッドですよ、コイツは。
aeg1 (9)

2匹いるゴールデンセベラムも、顔の隈取り模様やヒレのオレンジがはっきりしてきました。
サイズ差は埋まらないけど・・・。
aeg1 (10)

そうそう、ついでに撮影しておいたカラプロさん。将来の90cm水槽候補。
aeg1 (11)

シリコンにくっつたコケを舐め取ろうと必死こいてますが・・・w クロヒゲゴケはやはり食べてくれないようだ。
aeg1 (12)

昨年の12月31日に購入してから既に8ヶ月。早いもんですね。
カラシンなのに、あまりカラシンっぽくない魚。どちらかと言うとバルブっぽい・・・。
aeg1 (13)

購入当時に比べれば大きくなった。
今の状態で90cmに移動させても大丈夫だとは思うが、イマイチ踏ん切りが付かない。
お店の人が言うには、「今の状態で安定してるなら、そのままでもいいんじゃない?」とのこと。確かに!
私も・・・なんか最近は半分そう思っているw
aeg1 (14)

・・・・・・。
aeg1 (15)

残さずコケを食わんとするその姿勢は大変立派ではあるのだが。
しかしカラプロよ。それでは何だか、私が餌をあげてないみたいじゃないか!
aeg1 (16)

新参者経過報告

2014年 08月22日 02:31 (金)

休み明けのこの4日間で、気力を使い果たしてしまいました。
週末の水換えがキツそう・・・。

水槽覗くとミスタス・テンガラが明るい場所に。
調子でも悪くなったのかとヒヤっとしましたが・・・。
aef1.jpg

隠れていた場所から追い出されたようです。
そうだった。ここはシノドンティス・グレショフィさんの家だったっけ。
写真じゃよく見えませんが、逆さになっているヤツがそうです。サカサナマズ大になったので、そろそろ90cm水槽に移動させようかと思ってます。
あんな場所に移して大丈夫なのか?と言われそうですが、あっちにはフツーにサカサナマズが生活してるので、おそらくイケルんじゃないかと。
シノドンティス・オルナティピンニスは20cm以上あるので、相手にも何にもならないはずなので、ケンカに発展する可能性はゼロだろうし。ただ、いまひつつ踏ん切りがつかないw
aef1 (1)

そして。
デ、デ、デコルスが・・・。デコルスが~~~~;
aef1 (2)



元気ですw
パルマスに食われてしまうんじゃないかと心配したのがバカみたいだと感じるくらい、見事に適応してます。
でかくなると見ごたえあるシノドンなので、90cmに入れられるサイズになるのが本当に楽しみ。
モコキエラ・パイネイとは隠れ家を巡ってやや小競り合いしてますが、ケンカというほどではないので安心。
モコキエラはふだん探しても姿が見えないですが、餌の時にはどこからともなく登場するので、ステルス機能でも備えてるんでしょう、きっとw
aef1 (3)

フラッグテールポートホールキャット&Po.パルマス。
あまりない組み合わせではあるが、今回はコレジャナイ・・・・。
aef1 (4)

ノーマルのポートホールとのツーショット。
ちょっとブレてボケてますけど、これが精一杯でした・・・。
見事に色が違います。ポートホールの方は灰色っぽいですね。性格もフラッグテールよりもアクティヴだったのは意外。
コリドラスよりもアーマードキャットに近い性格のような気がする。
もっとも、今よりも環境に馴染めば、同じような行動パターンになるのだろうけど。
aef1 (5)

ボバリングするように泳いでます。
aef1 (6)

この独特な動きはポートホールキャットの特徴のひとつですね。
aef1 (7)

なかなかに魅力的なナマズなのだ。
常人には理解できない感覚なんだろうけどw
aef1 (8)

1/12

2014年 08月17日 10:57 (日)

「さばげぶっ!」
最新の7巻まで発売されてますが、結局6巻まで買ってしまいました;
aed0.jpg

キャラもそれぞれ魅力的だし、ホントに面白いです、コレw
aed0 (1)

それは今回は置いといて!
前回、購入したと書いた ハセガワ 1/12スケール カプセルトイマシン。作ってみた!

部品はかなり少ない。ガシャポン2台分でたったこれだけです。
aed0 (2)

切り出してみると、ガシャポン1台のパーツはさらにこれだけになりますw
aed0 (3)

専用の道具なんてニッパーとデザインナイフくらいしか持ってないので、バリの部分はそのへんにあったヤスリで適当に削って処理。かなりいい加減です。毎回こうなんですけどね。

説明も少なく、作り方は箱の裏側に書かれているだけでした。
真ん中の丸いとこは、お金を入れてツマミを回すとガチャガチャ回転する部分中のヤツ。何て言うのか知りませんw
aed0 (4)

カプセル。約100個付属。BB弾みたい。
aed0 (6)

最初は何ぞやと思いましたけど、これはガチャの中のカプセル!
なるほどといったところ。
aed0 (5)

これはガシャポンのラインナップ。
気に入ったものをハサミで切って、本体に差し込んで使います。
aed0 (7)

1セットにつき2台なので、ラベルは2枚必要。
小さいのでちょっと面倒ですが、ハサミでチョキチョキ。
aed0 (8)

ラベルはシールじゃなくて普通の紙。このように本体に差し込んで使います。
aed0 (9)

カプセルを入れ、屋根をくっつけてほぼ完成。
aed0 (10)

重ねるとこんな感じ。
タバコの箱と比較してこのサイズ。いかに小さいかおわかりになるかと。
aed0 (11)

しかし、たまごガールズってなんだ?w
aed0 (12)

縦だけでなく、横に連結させることも出来ます。
aed0 (13)

連結パーツ。本体の凸に差し込めばOK。
aed0 (14)

これでグラついたり倒れたりしないですね。細かい配慮です。
aed0 (15)

上の方の写真にもちょっと写ってますが、中に入れるカプセルとは別に、分割できるカプセルパーツもついてます。
かなり小さいので、紛失に注意。ただ、無くしても予備がしっかりついてるのは有難い。
aed0 (16)

取り出し口からカプセルがコロン・・・。 こんなシーンも再現できるw ツマミも一応回る。
aed0 (17)

ダイオウグソクムシのガシャポン・・・w
aed0 (18)

実は、ガシャポンと平行して、オフィスの机と椅子のセットも買ったのだった。
aed0 (19)

塗装とか一切しませんでしたが、これはこれでいいかなーと。
何しろオモチャが遊ぶためのオモチャですからねw

90/60R

2014年 08月16日 16:50 (土)

その日のうちに更新!!なんて思っていながら、出来ずじまいということが多いワケですが、今は休みなので余裕もって更新することができます。あーあ、でも来週からまた仕事かぁー。ヤダなぁ。
でも、休みもなくずっと仕事の日とだっているんだから、文句も言えない・・・ですよね;

さて、水換えの方も余裕をもって丁寧にすることができました。
ホントはいつもそうしたいんですけどね・・・。

まずは90cm水槽から。
ガラス面をスポンジでゴシゴシ。汚れていたウールマットを綺麗に洗い、砂をプロホースでザクザク。
aee.jpg

残った餌を取り除くということもできていなかったんで、底面はかなり汚れていました。
こういうの、放置しておくと病気になっちゃうからね~。
aee (1)

換水量はおよそ75Lほど。60cm水槽1本分より多いんだね・・・;あらためて考えるとけっこうな量。
aee (3)

注水はプラケ3個で行うので、実はさほど時間がかからない。
新しい水が落ちてくる場所にセネガルスが・・・。以前はデルがよくやっていたんだが、最近はすっかり体格が良くなり、体が重くなったためか、あまりやらなくなった。
セネガルスは、上から覗き込むと水面から顔を出して泳ぐので、それが飛び出しに繋がらないか心配である。
aee (5)

デル。
恐竜化がすすんでますw
ラプラディにも、もうちょっと太ってもらいたいです・・・。生き餌を買ってこようか?
1匹20円のアカヒレ、まだ売ってるかなぁ~?
aee (6)

翌日。場所は変わって自室の60cmらんちゅう水槽その①。
エレファントノーズのお家。珍しくこんなところに隠れてます。
実はアナドラスがビビって派手に暴れたので、それが伝染ったっぽいですw
aee (7)

この水槽も、今回は中の物を取り出し、全面をスポンジでゴシゴシ。
水面に浮かんだ白い粉というかカビっぽい浮遊物もネットを使って出来る限り除去。完全には取り除けないけど、だいぶマシになったんじゃなかろうか。
aee (8)

アナドラスさん。
他のドラスと違って、意外とパニックになるヤツである。
aee (9)

そして土曜。同じく自室の60cmらんちゅう水槽その②。
インドレッドテールキャット。正式名称はホラバグルス・ブラキソマ。
我が家では販売名からゴールデンと呼ぶ。
時間がない中での強引な移動で、1匹がヒーターでヤケドを負って死亡。
その後すぐにもう1匹が、エアチューブを外してしまい、酸欠で死亡。
あっという間に1匹だけになってしまいました(泣
aee (10)

驚くべき簡素な飼育ですが、一応これで維持できてますw
本当はしっかり外部式フィルター設置したいんですが、予算とスペース上の理由から無理・・・。
aee (11)

この水槽はNISSOのらんちゅう水槽なんですが、実は以前購入しておいたガラスフタでは合いませんでした!!
仕方ないので、急遽すべてのガラスフタを引っ張りだして組み合わせましたが、結局どの組み合わせでもしっかり合いません・・・。面倒くさくなったので、そのまま使用してますw
aee (12)

そんなゴールデンさん水槽の水換えが終わった後、今度は下段のコウタイさんの水槽。
こっちは60cmレギュラーを水位を下げて使用中。理由は飛び出し対策+重量軽減。
aee (13)

土管の中でおくつろぎの真っ最中に手を入れるのは気が引けたけど、しょうがない。
他の水槽と同じく中の物をすべて取り出して丁寧に掃除。
aee (14)

思えば、しっかり掃除したのは久し振り・・・。
最近は水の入れ換えばかりだったもんな~。
aee (15)

餌の量が少なめになったので、ちょっとスリムですw
大きさは20cmを超えたあたりで止まったまま。この中ではこれ以上はデカくならないのだろう。
aee (16)

擦りつけ行為は相変わらず。顎や腹部にオレンジの腫瘍みたいなものができたりしたが、飼育水に若干塩を加えるようにしたら、それは起こらなくなった。
寄生虫がいるんではないか?とお店の人に言われたんだが、いると言われれば、最初からいたんだろうと今では思う。
だって、数cmの個体を買ってきた時には既に擦りつけが起こっていたし。
薬を入れるのは少々躊躇われる・・・。フンとして排出してくれればいいんだけどな~。
aee (17)
それでも、本人は至って元気なのだが・・・w

若干の悩みの種を残しつつ、すべての水槽の水換え終了!
毎週これだけ時間があればいいんだけどね~・・・。来週からは再び余裕のないメンテに追われるのか・・・;

連載誌、間違う

2014年 08月14日 13:56 (木)

お盆休みということで、家にいる間、水換えとネット以外にやることがないのでは、こちらも切ないということで、本屋さんで以下の物を買ってまいりました。

まず、絶賛ハマリ中の「さばげぶっ!」。
掲載誌が「なかよし」とか、どう考えても間違ってるw
aec1 (1)

クリア栞?各巻に付いているようでした。
これは嬉しいオマケですね!!
aec1 (2)

続いて、「深海世界」。
深海生物の写真が載った本というか、図鑑的なモノ。こういうの、一度読んでみたかったんですよ~!
aec1.jpg

もちろん、アクアライフも忘れずに!
先月は資金難だったので買えなかったんで、今月はしっかりゲットしました。
・・・既に今月も資金難なのだが。

これらの本を抱えて店内を歩いていると、女子中学生に二度見されてしまいましたw
aec1 (3)

あ、そうそう!
Amazonでポチったプラモが届いたんでした。

ハセガワ 1/12スケール カプセルトイマシン。
aec1 (4)

figmaで遊べる小物にちょうど良さそうだったし、買ってみました。
連結させるといい感じということだったんで、2個!
簡単に作れそうだし、塗装も必要なさそう。これなら私でも作れる・・・ハズだw
aec1 (5)

ホムセン探索Ⅱ

2014年 08月14日 13:25 (木)

さて、昨夜のこと。
出掛けてもいい気分にはなれないけど、何もしない・できないではあまりにも切ないので、日没後にドライヴを兼ねて遠方のホムセンまで出掛けてきました。近所にあるホムセンと同じ系列なんですが、遠くの方がとにかくアクアリウム関連が充実してるんですよ~。

で、こんなもの発見。
納豆菌ですか~。最近はこのテの物が増えましたね。
心惹かれるものがなくはなかったけど、値段も値段なので、見送りましたw
しかし、何でも納豆菌納豆菌と、踊るように納豆菌の文字。一番右に写っている石にまで納豆菌w
aed1 (6)

少し離れた場所にはこんなものが。
納豆菌の次は、踊るようにゼオライトだ。確かに水を綺麗にする効果があるとは言うが・・・。
ここまでくると食傷気味になってしまう。少々ウンザリしながらこのコーナーを離れる。
aed1 (7)

反対側の棚には、ろ材やウールマット、エアレーション関係、フィルターパーツなどが充実してました。
定番アイテム、水作エイト。交換用のろ材が欲しかったんだが、3個入りは高い!1個入りは価格は安いがしょせん1個だけである。これなら3個入りを買うよりも本体を買ってしまった方がろ材だって入っているし、かえって得なんじゃないか?
増税のこともあるので、買い物が慎重になってしまいます;
aed1 (8)

そうそう、注水用のプラケに使ったから、エアチーブがほとんどなくなってしまったんだった。
ということで、この5mのヤツを購入。
aed1 (9)

そして、シノドンティス・デコルス用のシェルターにと、スドーの流木型シェルターも購入。
aed1 (10)

この表示にはいまだに騙される・・・。
598円+消費税で626円! 結局、エアチューブとこの2点で1,000円を超えてしまった;
aed1 (11)
これで消費税が10%になってしまったら、世の中どうなるのだろうか?

チビデコルス

2014年 08月13日 10:34 (水)

ホントは昨日更新するはずでしたのに、見事に翌日になってしまいました。

さて、お盆休みの人も多いんじゃないかと思います。私もそれに漏れず今日から休みでございます。
もっとも、先週の土曜あたりから休みという人もいるので、それに比べたらずいぶんと短いですが。
世間が休みだというのに働いてる人を見ると、頭が下がる思いです。

外出しては憂鬱になり、他人を見れば不愉快になり、楽しそうな連中を見れば羨ましくなり、家にいては体が腐りそうになりと、まったくもってロクなことがない。精神状態が安定していればそんなことは起こらないのだが・・・。

いきなりマイナス思考ですが、これもいつものこと。
で、いつものことついでに、水換え風景と新入りさん導入後のプチレポート的ななんとか。
今回はチビデコルス編でお送りいたします。
だって、他に写真撮れなかったんだもの~。

まずは水換え前。
シノドンティス・ショウテデニーが彷徨ってます;
成長してきたので、今までのシェルターに入れなくなってしまって・・・みたいなことを前に書きましたが、あれから改善されてません。それより新入りさんを優先してしまいました。ショウテデさん、ごめんなさい!
aeb5.jpg

今まではこの中にスムーズに入れていたんだから、大きくなったなーとw
aeb5 (1)

逆さになって泳ぐナマズといえばサカサナマズですがね。
シノドンティスってのはサカサナマズに限らず、ある程度は逆さ泳ぎができるもんなんだぜ?
aeb5 (2)

水換え突入~。
新入りさんがやってきたのは月曜。その前に水換えしたのは先週の土曜なんで、ちょっと遅れてます。
相変わらず、スポッテッドトーキングキャットの存在感が凄いw
※水槽真ん中あたりのヤツね!
aeb5 (3)

チビチビデコルス。
パルマスに餌ではないと認識されたのか、何とか生存しております。
餌食いもよく、お腹も膨らんでいました。とりあえず第一段階はクリアしたと考えていいっぽい?
aeb5 (4)

少々怯え気味ですが、このぶんならやっていけるかな。
そうそう、写真がないですが、モコキエラもポートホールも元気でやってるようです。
aeb5 (5)

ウールマットを新品に交換。今週は餌の量も多かったので、汚れてました。
洗うより交換した方がいいだろうということで。
aeb5 (6)

新入りさん達のために急遽追加した臨時のシェルター。
完全無欠に入らないので、撤去。ジャマなモノを入れておく余裕はないのだ!
aeb5 (7)

しかし、ショウテデニーさんの現状は打破したいので、使ってないモノの中から竹炭シェルターを引っ張り出してきて、水槽へ放り込む。ちゃんとしたシェルターは休み中に必ず買いに行くので、とりえあず我慢してもらおう。
aeb5 (10)

シェルター繋がりでもうひとつ。
スポッテッドトーキングが入っていた土管が割れてしまいました。
いつぞや、私が落としたのが原因でヒビが入ったまま、騙し騙し使っていたのがついに限界に・・・。
aeb5 (8)

しかし、案ずるなかれ。新しい土管をゲットしてきたのだ!
増税の影響でこちら300円超え。だんだん簡単に買えなくなってくるな・・・。
aeb5 (9)

新魚を導入してからの最初の試練は同居する魚との位置関係。二度目の試練は水換えによる水質・水温の変化。
いきなりガクッと変わってしまうと、そこで白点病に罹ったりするんで、注意ですね。
aeb5 (11)

導入して以来、このアヌビアス流木の下を根城にしていたチビデコルス。
モコキエラに乗っ取られたようですw オイオイ、そんなんで大丈夫なのかよ。
aeb5 (12)

オマケ。
あちこち舐め舐めしているカラプロさん。
aeb5 (13)

ようやく撮影できたポートーホールとのツーショット。
ここで気付く。この水槽にはフラッグテールキャラが2匹いるということにw
aeb5 (14)

名作の誕生

2014年 08月10日 19:00 (日)

どもども。

2発目はこちらではもはや恒例のマンガ関係のネタ。

はぁ~、チルドレン達、高校生かぁー。
初登場時は小学4年生くらいだったと思う。マンガのキャラだが・・・成長したもんだな~とw
それに、39巻。この人の作品では、GS美神に並ぶ大作になりましたね~。
aeb1.jpg

前にも書いた気がするが、増税の影響などもあってか、最近は初回限定版だけが売れ残り、通常版だけが売ってないという逆の現象に遭遇する。今回もそうだったw
これ、税抜き価格でも700円超えてるもんな~。
aeb1 (1)

今回のオマケは、各巻の空白ページにある4コママンガの総集編的なもの+αな内容。前回のイラストブックみたいなヤツよりずっとまともなので、これならまぁいいか。
aeb1 (2)


チルドレン達が中学卒業ということで、少年サンデーの他の作家さん達のお祝いイラストなんかも載っていた。
おおー、青山剛昌だw 他にもマギを描いてる人や、高橋留美子のイラストも・・・。。
aeb1 (3)

そして・・・とうとう。
さばげぶっ!の原作コミックスも買ってしまいましたw
aeb1 (4)

アニメが面白すぎるので、手を出してみたw
アニメ版とは微妙に違う部分もありましたが、こっちもそれなりに楽しめます。

少女マンガなんて、きんぎょ注意報!と魔法騎士レイアース以来だw

ライフ・ゼロ

2014年 08月10日 18:46 (日)

ども~。

雇い主との意思疎通が以前にも増してできず、非常に疲れた一週間でした。
帰宅してから、台風の影響を受けることを見越して、表に置いてあった植木鉢をガレージに移動。
狭い家なんで、たちまちスペースがなくなってしまい、水換えもできない状態になってしまいました。

水の入れ換えぐらいはしてやりたかったんだが、休み前にやることにしよう・・・。
他のすべての水槽も同様に、水換えはパスさせてもらった。特にナマズ水槽に新入りを迎えたのは今週の頭なのだから、たった4日しか落ち着いた環境にいなかったことになってしまうし。
aea1 (1)

この90cm水槽、餌やりの回数がそう多くない。週に3回くらいだったりする。
だから、まぁ・・・ちょっとくらい水換えサボっても平気といえば平気なんだが、アクアリスト的にはスッキリしない。
魚はみんな元気そうなのだけど・・・。
aea1 (2)

臆病者のスポッテッドメティニス。
水槽前を横切ったら暴れて、鼻先を擦り剥いてしまった;ビビリにもほどがあるってもんだ・・・。
aea1 (3)

デル。すっかり体格が良くなって!
一時の衰弱っぷりが嘘のよう。一体あれは何が原因だったんだろうか。
aea1 (4)

セネガルスとデルはまぁいいとして。このラプラディだけは、未だに餌を食った瞬間を見たことがないw
aea1 (5)

そして、目立った成長もないw
生きているということは、食っているはずなので、大丈夫だろうが、ここまで食事シーンを拝めないとは思ってもみなかったw
まぁ、私は特にでっかく育てることを目標としているわけではないんで、元気でいてさえくれれば別にいいのだが・・・。
aea1 (6)

魚の皆さん、サーセンw 今週中には必ず水換えします!

船窓のシャドウ

2014年 08月08日 19:13 (金)

宅配でR-1が届くのに、なぜかスーパーでもR-1を買ってくるという我が家w
adz0_201408081854344e1.jpg

相変わらず、しょーもない小ネタを入れつつ、新入りさん連続導入記事 第三弾。
トリを飾るのはこのお方。
adz0 (1)

コリっぽいけど、コリじゃない!
adz0 (2)

ポートホールキャット。
フラッグテールポートホールキャットの尾びれの模様がないバージョン?
adz0 (3)

カリクティス亜科 ディアネマ属の一種で、コリドラスとは親戚みたいなものである。
長旅をものともせず、大変元気に泳いでおります。
adz0 (4)

ポートホール以外にも、スクレロミスタックス・バルバートゥス、ブロキス・スプレンデンス、アスピドラスの仲間や、いわゆるアーマードキャットなどもコリドラスとは近い仲間である。
adz0 (5)

コリドラスそのものじゃなく、こういう脇にそれた種類を選ぶのが、最も自分らしい気がするw
adz0 (6)

フラッグテールとの違いをじっくり検証したいですね~。
adz0 (7)

この水槽に入れるサイズとしては、今回の三種類の中ではベスト。食われる心配はゼロ。
adz0 (8)

孤高感出しすぎなんじゃ・・・;
adz0 (9)

照明点灯後。
とりあえず、今の状態で比較。

ポートホールキャット。
adz0 (10)

フラッグテールポートホールキャット。
adz0 (11)

なんか、おそろしくマイナーですね・・・;

インディペンデンス

2014年 08月07日 02:03 (木)

久し振りにフライドポテトを自分で揚げたSPEED★KINGです。
揚げたといっても冷凍のヤツを揚げただけなんですけどね;
本当は、じゃがいもの皮とか自分で剥いたり切ったりと、自分で色々やりたいのだが、余裕がない・・・。
ady3.jpg

さてさて、前回のシノドンティス・デコルスに続き、新入りさん導入第二弾ですよ~。

今回はこのナマズ!・・・って、これじゃブレててわからんですよねw
ady3 (1)

バンブルビーキャットみたいなカラーリングですが、バンブルビーキャットじゃありませんぜ。
ady3 (2)

西アフリカはシェラレオネ出身で、シノドンティスの近縁種。一属一種の珍ナマズ。
モコキエラ・パイネイです。
シノドンに近いだけあって、ヒゲもシノドンの特徴がそのままですね。
ady3 (3)

色んな角度から撮影したつもりだったのが、ことごとくブレてて使いモノにならないので、結局同じような捨身ばかりになってしまいましたが・・・。

前回のデコルスとは対照的に、MAXサイズはおよそ7cmほどの小型ナマズ。
性質も行動もその他の小型ナマズと概ね同じ。要するにナマズ水槽の混泳相手としては最適ってワケ!
ady3 (4)

シノドンとは顔付きがだいぶ違うのがわかります。
なんというか、こっちの方が穏やかそうですねw
ady3 (5)

水合わせの後、手掴みでドボン。
何度も言うが、袋の水は一滴も水槽に入れないのだ。
ady3 (6)

小さくても元気いっぱいで、手の中で暴れて大変でした。
こうして見ると、この迷彩模様はやっぱりバンブルビーキャットやマーブルレイオカシスとは全然違って、かなりはっきりしています。まるでアンジェリカスボティアみたいである。
ady3 (7)

再びパルマスが登場。鼻先でつついてきました。だから、餌じゃないというのに!
ady3 (8)

どうやら最初に潜り込んだこのシェルターに、そのまま居座ろうという魂胆らしい。
ここはSy.グレショフィかミスタス・テンガラの住処なので、きっと退去命令が下るに違いないw
ady3 (9)

今、アフリカの方はエボラ出血熱でかなりヤバイ状態。
その関係で、アフリカンな魚達の入荷は減るんじゃなかろうか・・・?

D-SSS

2014年 08月05日 02:45 (火)

月曜は仕事を休みました。
だから、もう1台の新しいPCで「ワタモテ」。
痛々しくも可愛らしいもこっちを観賞してましたw
adx78.jpg

で!

ちっともショップにプレコを含めたナマズ関係の入荷がなく、我が家では深刻なナマズ不足に陥ってる状態である的なことを(そこまで深刻なのか?!)書いた・言った気がしますが、それを解消するために、3種類ほどナマズ関係の生体をポチりました。本音を言うなら、実際にショップで現物を見て吟味して~お店の方と雑談しつつ・・・みたいなことをするわけですから、クリックひとつというのは何とも味気ないですね。
adx78 (1)

そんなこんなで、これから3回に渡って紹介していきたいと思ってる新入りさんシリーズ。
第1回目は、迷った挙句に結局購入してしまったお方。

シノドンティス・デコルス
adx78 (2)

MAXサイズは25cm近くと、やや大型になるシノドンティスの仲間。
ボディが黒い水玉模様というポップなカラーリングが特徴なわけですが・・・。
adx78 (3)

小さい。
正直、ここまで小さいのが届くとは思わなかった。
予想を上回る小ささだったため、水槽に放すのはあきらめて、しばらく産卵ケースに入れておこうかと悩んだくらい。
adx78 (4)

心配のタネが登場w
パルマスも小さいんだが、その小さなパルマスでも食べようと思えば食べられる大きさなのだ。
adx78 (5)

上から。
このサイズでも既にデコルスの特徴がよく現れてますねー。
adx78 (6)

全長的にはこのアジアクリスタルキャットくらいだろうか。
かなり心配なのだが、クリスタルが食われることなく生きているんだから、デコルスも大丈夫なんじゃなかろうか?
adx78 (7)

というわけで、入念な水合わせの後で水槽へドボン!!
adx78 (8)

これは正しい選択だったのか・・・・。
adx78 (9)

思ったとおりパルマスさんが、「これは餌?」的な確認作業にやってきましたw
素早く回避してましたが、餌ではないと認識するまではしばらく注意が必要だろう。
adx78 (10)

臨時で小さなタコツボを1個配置。
adx78 (11)

ついでに小さな土管も配置。
入るか入らないかは別として、何もしないよりはいいだろう・・・。
adx78 (12)

他にも自分より大きな魚がたくさんいるため、さすがに萎縮してる様子。
新しいナマズってのは導入したてはこんなものではあるのだが・・・。
adx78 (13)

あらためて・・・。本当に小さい。これはSサイズじゃない。SSSサイズだお!
adx78 (14)

後ろにいるのがバンブルビーキャットなので、そのスケールがおわかりになるかとw
ヘタをしたらバンブルビーにくわえられてしまうかも知れん。
さすがにそんなことはしないだろうが、あり得ない話ではない。
adx78 (15)

とりあえず、生存確認作業は忘れないようにしよう!

というわけで第一弾はシノドンティス・デコルスさんでした!
再度、登場できるだろうかw
adx78 (16)

キスゴム再考

2014年 08月03日 19:52 (日)

土曜分の水換えが日曜に回ってしまい、仕方なく午前中あたりからやっとりました。
ボーっとしてると、時間はズンドコ過ぎてしまいますからね~。

今回はウールマットだけじゃなく、ウェット&ドライろ過槽まで洗ったとか
adw1.jpg

新入りさんお迎えのために急遽臨時でシェルター追加したとかじゃなく
adw1 (1)

前々からずーっと気になっていたコイツだ!
ヒーターに付いている黒いキスゴム。いくらくっつけても、数時間後には必ず外れて私をイライラさせるのである。
アッタマきたぞっつーわけで、ナイフでぶった切って処分しちまった!
adw1 (2)

代わりに取り出したのはコレ!水作のチューブぴたっと。
このキスゴムは耐久性バツグン。色々使ってみて辿り着いたアイテムです。
adw1 (3)

キスゴムなしでは、ヒーターコードがだらりと垂れ下がってしまりがないので、固定したった。
adw1 (4)

やっぱりこのキスゴムは優秀ですなぁ~。
難点を挙げるとすれば、掃除をする時がちと面倒であるが・・・。
adw1 (5)

少し時間が経てばこんなふうに白くなってしまうけど。
透明感を維持したまま使用できるキスゴムって、誰か開発してくれないだろうかw
adw1 (6)

今回処分したキスゴムと同じ物。ヒーターを交換する際にどうしても出てしまうので、念のためにいくつかとってある。
メーカーによって違うが、世界のGEXのヒーターに付いてるキスゴムはすぐダメになるどころか、最初からくっつきさえしなかった。じゃあつけんなよって話であるw

耐久性の順序は、コトブキ→テトラ→ニッソー→世界のGEXって感じだろうか。
adw1 (7)

チューブぴたっと。
一番よく使うタイプと、でかいヤツの2種類を揃えてます。
でっかいやつは、ガードなしでガラス面にヒーターを固定したい時に使える優れモノ。
少々値段が高い気がしますが、コストパフォーマンスを考えれば仕方ありませんね。
adw1 (8)

もうひとつ優秀なキスゴムはこちら。
Charmで5,000円以上買うと4個貰える無印のキスゴム。色はクリアブルーとグリーン。
もちろんCharmでフツーに売ってるけど、オマケで貰った物だけでこの数なので、買わなくても困りませんw
エアチューブを通す以外に融通が利かないのが難点。チューブぴたっとほど耐久性があるわけではないですが、簡単にダメになるってこともなく、それなりの期間使えるのでおすすめです。
adw1 (9)

たまにはこんなネタだっていいじゃない?で終わってしまうのも寂しいので、ちょっとだけ魚の姿でも。
ホワイトラインコンコルドキャット3兄弟。
adw1 (10)

見事に整列してますw
adw1 (11)

写真は加工してないよ!
adw1 (12)

孤独のアカハラ

2014年 08月03日 10:40 (日)

実は金曜日にメガネが壊れてしまい、急遽作ってもらわなくてはならなくなりました;
メガネ屋さんは、けっこう苦手な場所である。
待ってる時間は長いし、他の客も来るし、苦痛そのもの。帰宅した時にはグッタリ・・・。
adv3.jpg

安いフレーム+レンズ別で、1万円以内に収めることができたが、まさか、こんな事態に陥るとは思ってなかったので、この出費はかなり痛い。色んなところに響くことは確実である。

どんなの選んだかって?
茶色っぽいフレームのヤツですよ。本当はもっとビビッドならヤツにしたかったけどね。
今回は妥協しました。
adv3 (1)

新しいメガネを作ると、お店で必ず貰える物といえばメガネケース!
買ったばかりなのでと、やんわり断ろうとしましたが、店員さんが引っ込めないので仕方ない。
変にオシャレぶったデザインよりも、一番普通に見えるものを選びました。
adv3 (2)

貰ったケース使ったら、何のためにコレ買ったんだってことになるじゃない?
adv3 (3)

それに、使わなかったら羽川さんに失礼ってもんです!
adv3 (4)

だから、こっちにしますとも、ええ! なんか文句ある~?!
adv3 (5)

さて、前置き長くなったよ。なったけれどもさ、ここから本題でございます。
先週は見事に水換えをサボってしまったアカハライモリさんのプラケ。
本人はそんなのどこ吹く風といった感じで居眠りを決め込んでます・・・;
adv3 (7)

仕事にも学校にも行かなくていい生活。
私は彼が羨ましくて仕方がないのだ、実は。
adv3 (8)

この狭いケースに入れてから、もうけっこうな月日が流れているのだが、本人は到って元気である。
adv3 (9)

フィルターなしでの維持なので、少しのフンでも水が汚れます。
アクアリウム生物としてはかなり屈強な部類ですが、世話をサボりっぱなしではやはりマズイ。
adv3 (12)

ほったらかしとくと、ぺったらぺったらと歩いて行って、挙句ホコリ玉になってしまうので、タオルに包んでおくw
adv3 (13)

やらなきゃやらなきゃと、いつも思うのだが、いつも忘れてしまう・・・。
adv3 (14)

実はこのシェルター、もう欠けてしまってるんですよ~。
しかも、落としたりしていないのに、ある日いきなりボロっと・・・。
adv3 (15)

どうもこのシェルター。最近は売ってる様子がないのだが、まだ製造してるのだろうか?
カメグッズもそうなんだが、登場してから大して時間が経ってないのに消えてしまう商品が多いように思う。
adv3 (16)

お盆休みに入ったら何とかしてやるから、それまで我慢してくれよ・・・。
adv3 (17)

本人はあまり気にならんようではあるが・・・w
adv3 (18)

消えゆくもの達

2014年 08月03日 10:17 (日)

少々放置気味になってしまいました;

実は、悪いニュースが2、3あったのですよ。

まず、90cm水槽のアミメウナギが死亡。
飛び出したわけでもなく、怪我でも病気でもなさそう。遺体を調べましたが、死因はまったくもって不明。
混泳トラブルだったのかなぁ?でも、特に悪さをする魚はいないはずなんだが・・・?

そして、昨日。
プレコ水槽ではタイガーフィンサタンプレコが死亡。
最近、急激に水温が上がり、そこから少々体調を崩していたようで、ボーっとしたような感じでした。
餌は食べていたんですが、ついに持ち直すことはできなかったようです。

これは今朝がた気付いたのだが、オレンジフィンカイザーもヤバイ。
う~ん、餌を食べる量も減り、痩せてきていたのだが・・・。このパターンはクイーンタイプの方と同じ症状。病気というわけではなさそうだが・・・。
うちにやってきて実に6年と7ヶ月余り。カイザーはプレコの中ではデリケートな部類なので、それをこれだけの期間飼育できて、私はもう充分満足しています。もしダメになってしまったら、とにかく「今までご苦労様でした!」と言いたいですね。

新入りさんを迎える準備をしていた矢先のことでした;