TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

12月 « 2015年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

アカエボシ

2015年 01月31日 23:57 (土)

アクアにお金が使えないので、今回は植物関係に逃げる。

ホムセンの園芸コーナーにて、以前発見していたある物。
ajd1118.jpg

どうせSPEED★KINGのことだから、なんなのかは簡単に予測できると思いますが・・・w
ajd1118 (1)

ウチワサボテン。
一般的すぎますか?でも、このシルエットが好きなのですよ。
ajd1118 (2)

ウチワサボテンって、一体どれくらいの種類・品種が存在するのか見当も付きませんが、これはアカエボシ(赤烏帽子)という種類。普通のウチワサボテンよりもこっちの方がより好きです。

多肉・サボテンって、サイズが小さめなら値段も安いし、アクアリウムよりお金がかからないんですよね。
そこが落とし穴でもあり、気が付くと、数の鉢がとんでもないことになっていたりする。
水槽が増えれば収拾が付かなくなるのと同じことなんだな・・・。
ajd1118 (3)

多肉植物とサボテンは似て非なるもの。
育て方なんかは、実は違うからな・・・。上手く育成できるかな?
ajd1118 (5)

ちなみに、クラッスラ・ブルーバード、サンセベリア・バキュラリスは枯れてしまって処分。
子宝草は殖えに殖えて、落ちた子株が他の鉢に根付いてしまったりと、悪影響が出まくっていたのでヤメました。

酷い日常

2015年 01月30日 23:20 (金)

今年に入ってから、面倒くさい仕事がいくつかあって時間がなく、まだ仕事探しできてない。
さっさと離れないと、ホントにシャレにならんよ。

今月の生活費は4万円ちょっと。
その中から国民年金の保険料、市民税・県民税、ガソリン代、運転免許の更新手数料などを出さなくてはならない。趣味にはほとんど金は使えません。
結局、冷凍赤虫とひかりクレストキャットを買って2,000円近くが飛んだ。餌用メダカも買えない。いつものお店で新入りさんでも・・・なんてのは当然無理だ。

税金が戻ってきたと、銀行から通知がきたので、少しは助けになるかと思ったが、振り込まれた金額はたった1,000円程度。いい加減などんぶり勘定で人から金取っておきながら、戻ってくるのはこれだけか。

ロクなことがない、ロクなことがないと過ごしていたら、SDカードをなくしてしまった。
ボカロ曲が全部パーなので、CDをインポートする作業を一からやり直した。おかげで水換えしてる時間なんてなくなってしまった。
自室の古いPCで作業したためか、後で聴いたらmp3なのに音が飛んでいた。

水槽の方は、当然手つかずの状態。
ajc005.jpg

活着し直したアヌビアスは、今のところ特に問題ないようだ。
問題があるとすれば、やはりエレファントの突っつきくらいかね。だから、ヤメロと言うのに。
ajc005 (1)

プレコ水槽もノータッチだ。
例のアルビノピーコックの件があったので、90cm水槽に移動させても同じ結果になるんじゃないかと思うと、移動に踏み切ることができない。
ajc005 (3)

ここまで綺麗に育てたゲオ達を危険に晒すわけにはいかんしな。
ajc005 (4)

ナマズ水槽に関してもノータッチ。水槽の覗いて様子を確認するのがせいぜいだ。
ajc005 (5)

パールグーラミィ(雄)の背びれがさらに伸長した。
ajc005 (6)

この状態でも充分すぎるくらい綺麗なのだが、まだまだ綺麗に仕上がるはず。
成長不良だった個体が1匹死んでしまったので、新たに2匹ほど追加したいんだけどな・・・。
ajc005 (7)

カラプロ。
餌をいっぱい食べて元気です。餌をいっぱい食べるのに、成長の度合いはさほどでもない;
デカくするのに時間がかかる魚である。
カラプロには、大型化する種類と、そうでない種類がいるそうだ。もしかしたら、こいつはデカくならない方なのか?
ajc005 (8)

同じく、たらふく餌を食ってるはずなのに一向に大きくならないパルマス。
大きくならんのなら、お前はずっとそこで暮らすことになるぞ。
私も最近では、デカくならなきゃそれでもいいやという投げやりな気持ちに支配されつつあるのだけどね。
ajc005 (9)

アクアはともかく、なんとロクでもない日常、ロクでもない世界か。
生きる気力がなくなる。もともと気力自体が希薄な人間だがね。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

かつての栄光Ⅳ

2015年 01月28日 19:22 (水)

かつて飼育していた魚のことも忘れないよう、時々振り返ってみるこのコーナー。
今回は、我が家でも主役級に成長したイエローピンクテールカラシン。

臆病なうえにテリトリー意識が強く、気が荒いというイメージがありましたが、見切り発車で購入。
最初は本当に臆病で、ちょっとしたことでビビっては壁に頭をぶつけることが多かったです。
当時、自室に置いていた51cm水槽にて、育成中のデル+残飯処理として出向していたストライプトーキングとの同居。しばらく餌は食べないかな?なんて諦めモードで翌日カーニバルを放り込むと、なんてことなく食べたんだった。
パワーバランスが絶妙で、トラブルがまったく起きんかったな。

撮影日:2011年4月1日 購入日
210110401.jpg

それからおよそ9ヶ月後。まだクラウンローチ達も全員存命だった頃。
9ヶ月でかなり成長していました。臆病さはあったものの、さほどの気の荒さも見せず。
餌を持って水槽前に行くと近づいてきたりと、なかなかの順応性を見せていたのだった。

撮影日 2012年1月20日 ガレージ 旧60cm水槽
20120120.jpg

およそ1年半後。90cm水槽にて。
当時、サイズは20cmオーバー。他のポリプやナマズ達と一緒にしても、問題なかった。
唯一の失敗は、同じ上層付近を泳ぐ魚に対してはやや攻撃的な面を見せることだった。ブラントノーズガーは2匹ほど木っ端微塵にされてしまったっけ。ショットガンみたいだったな~。
この後、しばらく経ってから急死。

撮影日 2013年6月1日 90cm水槽
20130601.jpg

病気ではなかったはずだが、ある晩いきなり餌を食わなくなり、翌朝死亡していた。
今もって死因は不明のまま。
大きくなってきて見応えある個体に仕上っていたのに、惜しいことをしたと思う。
カラシンなのだが、ギラギラと輝く粗い鱗は、不思議と古代魚っぽさを感じさせて、ポリプとの組み合わせも違和感なかった。尾びれのピンクも大きなチャームポントだった。
安くて丈夫で綺麗で渋くて飼いやすいと、二拍子三拍子どころか五拍子揃ったいい魚だったな。

いつか、また泳がせたいな。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

音楽難民

2015年 01月27日 11:49 (火)

日本の音楽はB''z以外、ほとんど聴かない。
好きだったバンドはみんな解散してしまったか、あるいは亡くなってしまった。
けど、何か聴きたい。でも、アルバムをフルで聴きたいと思うほど気に入った歌手もバンドもいない。
どなたかのブログで登場した言葉を借りると、邦楽面においては"音楽難民"である。
そんな私が辿り着いたのが、アニソンやボカロだった。

そんなわけで、今回も1曲引っ張ってきました。
"ペロペロ"してなくて聴きやすい曲。
そして、名曲。

40mP feat.初音ミク 「三日月ライダー」

メジャーは遠く

2015年 01月26日 19:20 (月)

ひひひ。
魚が魚なんで、別記事として書きますが、実は前回の続きですよ。

90cm水槽にはストライプトーキング、ナマズ水槽にはスポッテッドトーキングと、ホワイトラインコンコルドキャットらがいるわけです。手掴み記事が思いのほか好評だったので(ホントか?)、こちらでもやってみたわけです。
ま、定期的にやるっちゃやるので、ずっとこのブログを見続けていらっしゃる物好きな方には珍しくも何ともないのだけど。

実は、ドラスの仲間って、手掴みするときにちょっとしたコツがいるのです。
それは、絶対に胸ビレの下側に指を入れないことです。

そこに指を入れると、こうなるw
見事に挟まれてしまいました。これがまた痛いんだな。
このままの状態で自然に離してくれるまで待とうなんて甘い甘い。ずっと挟み続けるので、こういう時は素直に水の中に戻しましょう。
これがストライプトーキングだったらクワガタクラスの痛さ。つーか、血が出ますw
ajd2.jpg
トーキングキャットの仲間は、危険を感じると、流木の間やシェルターの中で背ビレや胸ビレを突っ張らかせて自分の体をロックして動かなくさせるという習性がある。
ちなみにこの時は、ギコギコ、ギーギーと鳴き声がうるさいw
トーキングキャットのトーキングとは、この鳴き声に由来する。まぁ、実際には鳴き声ではなく、骨と骨を擦り合わせて音を出してるんだけどね。

まず、こいつはハンコッキートーキングキャット。学名はアナドラス・ハンコッキー。
トーキングキャットの中では代表的な存在。色味はベージュで地味だけど。ハンコッキーってのは調べ方が悪いのか、意味はわからんかった。出てくるのは人名ばかり。学名に人名が入るのは珍しくないので、人の名前かも?
ajd2 (2)

んで、こっちは同じ水槽にいるアナドラス・アッパーテフェ。
ハンコッキーに比べると、色はもっと茶色みがかってる。ハンコッキーは調べれば出てくるけど、このアッパーテフェってのは、本当に何もわからん。お店で買った時は子供の必殺技みたいな適当な名前で、値段は800円くらいだった。
ハンコッキーに比べて顔がちょこっと長いような気もするけど、撮影する角度でそう見えるだけかも知れん。
ググッてみたけど、このブログがヒットするくらいだw
自分で色々調べた結果、ちょうどアクアライフに写真が載っていたアッパーテフェに似ていたから、そうなんじゃん?と判断しただけ。アッパーテフェって呼び名は、テフェ川の上流で採集されたってことになるんだろうか?
「テフェ川の上流の方で採れたアナドラス」。って、これじゃ何もわかっとらんがな!数年間飼育していてこれかw
ajd2 (1)

アナドラスの仲間は他にもいて、同定が難しいんだそうだ。
メジャーでない魚とは、大変なものだ。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

リサイクル

2015年 01月25日 17:16 (日)

間を置かずに同じ水槽に関する記事ってのも何なので、少々予定を変更しまして、シルバーシャークの優劣に関する記事は削除。差し替え用の記事として、植物に関する記事を入れておきました。あしからず。

さて、自室の60cmらんちゅう水槽。今年に入ってサボリにサボリを重ねてきましたが、今回は、上部式フィルターのウェット&ドライろ過槽を取っ払って洗いました。
この白い塊、前々から目立ってしょうがなかったのよ~。
ajc001.jpg

↑を綺麗にした後でろ過槽本体の中を確認すると・・・想像はしてたけど、周囲はこのザマだ。
水槽を設置してある場所が閉鎖された自室である以上、仕方ないことだがこいつはちょっと度が過ぎる。今回はティッシュで拭き取っただけに留めたけど、次はろ材を取り出してから、ろ過槽自体を洗うか。
ajc001 (1)

サボっていたので、土管やら何やらを全部出して、内部を隅々までスポンジで擦りました。
底面も擦るだけで済むので、ベアタンクってホントにラクチン。レイアウトを元に戻して・・・
ajc001 (2)

注水。
エレファントノーズが、落ちる水めがけて滝登りをしてバシャバシャうるさい;
いつもなら、ここで終わりなのだが、実は続きがあるんだな。
ajc001 (3)

以前、ぶった切って活着し直そうと思っていたアヌビアス・バルテリー。
満を持して水槽へ入れようと、プラケから取り出すと・・・・いきなりボロボロに。腐ってやがる。
どうやら雑菌が入ったっぽい。最初は根っこも伸びて順調そうだったんだが。
ajc001 (4)

ダメになっちまったものはどうしようもない。
事のついでにやろうと思っていた作業がメインになってしまった。
もうひとつのアヌビアス・バルテリー。こっちは細葉タイプ。根付きが超絶的にイマイチだったので、もう一度仕切り直し。
ajc001 (5)

熱湯消毒したハサミで、無駄に伸びた根っこを切り落としていくと、株がふたつに。
そうだった。一緒くたに巻きつけておいたんだった。すっかり忘れていたよ。
ajc001 (6)

二株を同時に活着させる作業は、前回散々手こずらされたので、一株ずつやることにする。
適当な流木が見当たらなかったので、紅木化石に活着させることに。
ajc001 (7)

一株は、以前と同じ流木に。
両端だけでは真ん中が浮き、真ん中だけでは端が浮いてしまうので、ビニタイは三箇所巻いた。
きつく巻きすぎると茎が傷んで、そこから雑菌が侵入して腐ってしまう。逆に緩く巻きすぎると根付かない。しばらくやってなかったためか、加減するのは難儀であった。
ajc001 (8)

水槽に戻す。
ajc001 (9)

適度に巻き付けたつもりだが・・・。腐らないか心配だ。
ajc001 (10)

ガーネットサンドには似合う紅木化石。ベアタンクに入れると、存在感を通り越して違和感しかないw
ajc001 (11)

そして、新しい物を入れると、ひょっこりとエレファントが出てくるのだった。
ajc001 (12)

お~い;あんまりつついてくれるな。
腐ったらお前のせいだからな~。
ajc001 (13)
とりあえずはこのまま様子を見るしかあるまい。



ajc001 (14)
俺が菓子食っちゃ悪いってのか?ええ??

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

デコルスの全貌

2015年 01月24日 21:52 (土)

母親がお土産にたい焼きを買ってきてくれました。
型からはみ出したのは、餃子の羽根と同じなのか?
まぁ、甘党だし、たい焼きも好きだからどっちでもいいんだけどさ。
aja8.jpg

もはやデコルスの成長記録と化したナマズ水槽記事。
しかし、今日はちょっと違うんだな。
aja8 (1)

直接撮影しようと、手掴みで・・・と思ったら、やっぱり無理でした;
aja8 (2)

あんまりストレス与えるのも良くないとわかってはいるのだが・・・どうしても撮りたかったのよ。
aja8 (3)

体型がふっくらしてきました!90cm水槽では大量に残ってしまい、最近は減りが遅くなったらんちゅうベビーゴールドも、デコルスは真っ先に出てきて平らげるので、その影響かしら?
aja8 (4)

グレショフィは水槽に手を入れると寄ってくるというのに。
個体差・性格差があるとはいえ、ここまで違うとはネ・・・。
これ、自分から乗ってきてるんですから。隠れられる気がして逆に落ち着くのかも知れんけどw
aja8 (5)

手掴みついでにもういっちょ。
我が家ではもうお馴染み。ナマズの中でもサカサナマズと同期で、およそ7年モノのスポッテッドトーキングキャットさん。尾びれをちょっと振る以外、ほとんど反応しないので、手掴みネタにはちょうどいいので、撮ってみました。
この動じなさはタダモノではないですw
aja8 (6)

高く持ち上げても嫌がる素振りすら見せない。
このシマシマのヒゲは、虫の触覚みたい。この魚感のなさこそトーキングキャットの仲間なのだ!
aja8 (7)

水槽の外は冷たいしね~。ほどほどにしてお帰りいただきました。
aja8 (8)

さぁ、ぬっと再登場のデコルス。近づくと逃げてしまうので遠目からの撮影。
aja8 (10)

いつもこうして出てきてくれるといいのだが・・・って、何度言ってるだろう、私。
aja8 (11)

グレショフィと小競り合ってる姿も確認できました。既にグレショフィよりも大きいけど、グレショフィの方が追いかけていたので、立場は下のようだ。体も大きくなってきたから目に付くようになったのかな。
それでも、シノドン同士のケンカがこんな些細な小競り合い程度で済むのなら平和もいいところだ。種類によっては、ヘタすりゃ殺し合いだからね、このナマズは。
aja8 (12)

コソーリ・・・ってのもだんだん苦しくなってきてるサイズだなw
aja8 (13)

もう一度 ぬっとな。
aja8 (14)

さぁ、もっとドンドン大きくなってくれよ~。
どうです?SPEED★KINGも撮る時は撮るんです!!
aja8 (15)

デコルスにはデコルスの良さがあるけど、華やかさという点ではオルナティピンニスには到底及ばないか・・・。
※写真は貴重なプレコ水槽在籍時の1枚。
aja8 (16)
と、今回はシノドン色濃いめな内容でした。あなたもシノドンが飼いたくな~る?



ついでにS.H.Figuarts セーラーネプチューンも届いたのだった。
aja8 (17)
以上、なんか文句あります~?

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

陸上と水中

2015年 01月23日 23:16 (金)

ある日、仕事から帰ると、ガレージにこんなものが。
・・・って、この出だしも定番ですなぁ。母親がホムセンで買ってきたのでしょう。
ajb02.jpg

寄せ植え用だろう。ポットに入った花の苗。
ajb02 (1)

もうひとつの袋。
どちらも種類はわかりませんw 多肉植物以外はとんどダメなんですよ~、私。
ajb02 (2)

寄せ植えって、水草レイアウトなんかの参考になるんですよね。
以前、私も水草をわさわさ植えた水槽作りたくて、色々勉強したものです。
結果、私にはセンスのカケラもないことがわかり、その事実にショックを受けたものだった。
今は水草NGの魚ばかりなのでどうしようもないのだが、いつかもう一度挑戦したいな。

あっ、植物で思い出したけど、ホムセンにサボテン&多肉植物が入荷してたんだった!
今度、久々に買ってこようかな?

レーシングミク①

2015年 01月19日 19:22 (月)

ようやく開封したんで、ちょっとだけ書いてみましょうか?

figma レーシングミク2013 EV-MIRAI ver.

figmaのラインナップの中でも種類が多い初音ミク。レーシングミクは毎年発売されてるんですが、一般発売ではなく、グッドスマイルレーシングの個人スポンサーとして購入するというかなり特異な販売方法。その上、銀行振込のみで代引はなし。
2012年版はぜひ欲しかったんですが、あきらめました。

しかし、なぜか今回は一般発売ということで、案内開始から間を置かずに予約。
10月発売→11月発売→12月発売と、かなり遅れましたが、ようやく手元にとどいた次第。
aiy (01)

そんなわけで、ミクさん好きな人、長くなるので続きを読むからどうぞ!

続きを読む

光当たらず

2015年 01月18日 17:16 (日)

昨夜、仕事で使う消耗品を買いに出掛けました。
お金もないのに、そんなモノ買わなちゃならんなんてバカげた話だが、それを買わないと、もっとバカな目に遭うのね。
私って、ホントかわいそう。

関係ねー話①。
あまりにも寒かったんで、さすがにダウンジャケット出したわー。
詳しくないのでよく知らんのだが、COMME CA COMMUNEとかいう。元々は兄用に何か選んでくれと母親に頼まれて、いつもポチる古着屋さんでサイズを見て適当に選んだ古着なのだが、これがほとんど新品みたいな状態で3,000円以下だったと記憶している。あのお店、どうして閉店しちゃったかなー。
結局、ダブルジップ仕様は自閉症の兄には使い辛いということで、私が着ている。ダウンジャケットにしてはモコモコせず、ダブつかず、けっこうタイトに着れるので気に入ってます。
aix (2)

関係ねー話②。
そんな夜が過ぎ、今日の昼。
母親が珍しいバナナを買ってきたの巻。
aix (3)

普通のバナナより小振り。
香りは、リンゴとはちと違う気がするが、バナナの香りはしなかった。
食感はモチモチしていて、甘味は微かにリンゴっぽい。バナナ嫌い~って人にはオススメかな?
私は、ちっこいモンキーバナナが一番好きなのだが。
aix (4)

本題へ行きましょうかね。
でも、大したネタじゃないから期待はしないでほしいね。

いつもいつも同じナマズになってしまうので、今回はいつも光が当たらないやつらだ。

ポートホールキャット。
ふむ。大きくなったね。多分、倍くらいの大きさになったと思う。フラッグテールにはまだ追いつかないけど、さほど時間はかからんだろう。
aix (5)

ん?おや、こいつは珍しい場所にいらっしゃる。
aix (6)

ホワイトラインコンコルドキャット。
3匹いるうちの一番大きな個体。スレンダー体型からは想像もつかないが、一応トーキングキャットなどのドラスの仲間なんだぜ。
性格は神経質ではないのだが、(というか、神経質な魚はこの水槽では無理!)極めて臆病なので、撮影は慎重に行わないといかんわけです。
aix (7)

クソッ!逃げやがった!まだだ、戻れー!!
aix (8)

と、その付近に黒っぽいものがゆらゆらしてるが、これは?
aix (9)

ストライプグラスキャット。
トランスルーセントグラスキャットの仲間だが、特徴はこの黒さw
aix (10)

この水槽にもトランスルーセントはいたけど、彼らは次第に消えてしまった。
トランスルーセントよりも図太い神経をしてるようで、こんなにナマズがワラワラいるのに、我関せずといった感じだ。
aix (11)

シノドンと一緒でもこの佇まい。
aix (12)

最後に、昨年はついぞ一度も掃除しなかったろ過槽。
ハードマットは汚れているが・・・。
aix (13)

ハードマットの下にはブラックスポンジ。その下にメインのろ材がある。
汚れていないはずがないんだが・・・。あまり大掛かりにメンテすると調子を崩す可能性高いし。
どうしたものかね。
aix (14)

今年はもっと変化をつけたいな。この水槽・・・。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

CD+DVD

2015年 01月17日 19:46 (土)

amazonから何か届いたようです。
aiw.jpg

何が届いたってそりゃアンタ、決まってるでしょ~。
B'zのニューシングル「有頂天」ですよ!!

年末からテレビ出演していて、既に三度ほど聴いてますが、近年の曲に多い重戦車のようなハードロックナンバー。でも、ちょっぴり歌謡テイストが入ってるのが彼ららしい。
aiw (1)

ケースはかの「Pleasure」「Treasure」の如く、メタリックです。かなり力が入ってるようです。
aiw (2)

収録曲は、1st beat:有頂天 2nd beat:Endless Summer
このbeat表記、本当に昔から変わらんね。
ちなみに、2曲目のEndless Summuerは、ツアータイトルチューン。ポップな曲名とは裏腹に、けっこう重めのハードロックナンバー。
aiw (3)

今回の初回特典は、EX THEATRE 六本木のこけら落としのライヴからなんと9曲も収録されてます。
aiw (4)

<収録曲>
01.黒い青春
02.野性のENERGY
03.今夜月の見える丘に
04.ONE ON ONE
05.闇の雨
06.SKIN
07.イチブトゼンブ
08.ながい愛
09.BANZAI

黒い青春、闇の雨、SKIN・・・・。この3曲はなかなかw 特に闇の雨は90年代前半の隠れた名曲。

20年以上ファンやってますが、彼らがいつまでも変わらず活動し続けてくれてるのって、ホントありがたいと思う。
私も色んな音楽聴いてきましたが、色んな方が急逝し、色んなバンドが解散していった。
近年では、CDを買ってまで聴きたいと思うグループも激減した。・・・ゆえに私はアニソンやボカロに流れてきたんだけど、B'zは別。これからも聴き続けるだろうさ。

稲葉氏50歳。松本氏53歳。
それを考えると、30代後半でもうトシだとか、言ってられんのだよなー。

ガーネット&シルバー

2015年 01月16日 19:52 (金)

まずはガッカリニュース。

ラプラディ、死す。
餌と一緒にデルが頭をガブリとやってしまったからね・・・。
これはもうどうしようもないからなー。
人工飼料は食わない、メダカも食わない、おまけに小赤も食わない。口にしたのは冷凍赤虫だけだったから、衰弱してきていたってのもあるだろうけど。
ちょっと冷たいようだが、「食わないヤツは死ぬ」。これが基本。
今後は、購入する時にとびきり元気な個体を選ぶようにしよう。そう、ナマズ水槽のパルマスのような!

それはひとまず置いといてだ。
今回は、やや毛色の違う作業をしたのだよ。

まず、呆れるほどの残飯があったので、あらかじめ吸い出しておく。
aiv.jpg

これ、いつもと何が違うのかってーと、底床がなくなってるの、わかります?
aiv (1)

全部吸い出したった!!
シクリッドの件があったからというわけではないのだけれど、この水槽、設置してから一度も底床の丸洗いをやってないので、そろそろやっておいてもいいんでねーの?と思ったしりたわけだ。
すっげー汚れてました。風呂場に持って行って、何度か妖怪小豆洗いをやりましたお。
aiv (2)

ベアタンクってラクなんだけどねー。でも、スポッテッドメティニスがビビってパニクるのが不憫w
aiv (3)

仕方ないので、元に戻す。ああ、一応言っておくけど、こういうの、何度洗っても絶対に水が濁るのよ。
うちの場合、ガーネットサンドにシャイニングシルバーサンドを混ぜてるので、そっちの濁りも出るのだ。
ほどほどにしておいた方がいいです。でないと、時間と体力と水とガス、無駄の嵐だ。
aiv (4)

変更ってほど大袈裟でもないんだけど、実は底床の量を若干減らしました。
少しでもメンテがラクになるようにね!

って、やっぱり濁ってる。ま、ひと晩経てば元に戻ってるだろう。
若干水質が変化するかもだけど、そればかり気にしてたら何にもできないから、今は目を瞑る。
aiv (5)

その後、間髪入れずにプレコ水槽の水換え。こっちも2週間振りだわさ。
aiv (6)

プレコにスポットを当てたいんだけど、どうしてもシクリッドの方が目立つからな~w
レッドゲオファーガスのフィラメントがすっげーことに!
aiv (7)

ゴールデンセベラム兄弟。体格差が少しずつ埋まってきつつある。
aiv (8)

サタノペルカ・ダエモンいいな~。ギノムゲオファーガス・バルサニーもいいな~。
バスケットマウスもいいな~。シッタクスも渋くていいな~。元旦のシクリッド導入失敗で火が付いてしまったかな?
aiv (9)

水換えも終わって、ピカピカになった水槽。
aiv (10)

結局、撮れたのはブロードバンドタイガーのみw
aiv (11)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

プラケハウス

2015年 01月15日 20:05 (木)

仕事から帰ると、まず缶コーヒーでひと息入れるSPEED★KINGですが、今日は気まぐれでダイドーのチョコドリンクを買ってみました。温かいチョコレートって、なんだかほっとしますね~。
ポケモンの缶は全部で6種類らしいですが、いきなりピカチュウが出ました。ちょっと嬉しいですw
aiu.jpg

さてさて、今年初登場となるアカハライモリさん。
aiu (1)

シノドンが4年って記事を書きましたが、アカハラさんの方がずっと長く、もう7年が経ちました。
最初は6匹いたのが、色んな理由で次第に数が減り、最後の1匹。
飼育当初は、一番馴れていない個体だったのですが、一番ふてぶてしく(笑)、他のイモリを押しのけて、いつも一番に餌にありついてました。
aiu (2)

アカハラも個体差があるんですが、他のは真っ黒だったのに、こいつだけ体が茶色っぽいんですよ。
aiu (3)

あ、もちろん今はすっかり馴れて、カメラに気付いたり、プラケをコンコン叩くとこうして寄ってきます。
アカハライモリも寿命が長く、20年くらい生きるそうだ。
もし、寿命まで飼いきった時、私は60代ということになる・・・w
aiu (4)

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

4th

2015年 01月14日 19:46 (水)

どもどもども。
これはお土産にも貰ったブルーベリーの寒天ゼリー。
オブラートに包んである例のヤツですが、よくスーパーに売っているお菓子の袋詰めに入っているあのゼリーとは似ても似つかず、全然美味しいです。
子供が口にしてしまう某洗剤とは全然違うよ?言っとくけど。
ais1.jpg

さて、頭に小ネタを持ってきたところで本題へ・・・と言っても、本題自体がそもそも存在しないのだった。
あれだね。話題なき話題というヤツだね。

仕事から帰宅した直後、照明を点ける前の水槽を一枚。
薄暗いなか、シノドンティス・オルナティピンニスが表に。
ais1 (1)

ストライプトーキングもだいぶはみ出してますが、こいつは本当の暗闇が訪れない限り、滅多なことでは出て来ない。
ちなみに隣のちっこい土管にはサカサナマズが入ってます。
ais1 (2)

タイトルからわかるとおり。
今年の元旦で、このシノドンティス・オルナティピンニス、我が家に来て丸4年が経過しました。
あ、何気に隣のサカサナマズの方が大先輩かっ!もう7年以上いるんだった・・・。あまりに長いと忘れてしまうな~。
ais1 (3)

何が言いたいかと言うとだね、これから先も長生きしてくれっていう話でしたw
ais1 (4)
照明を点けると土管の中へ。このカラーは、できれば明るい場所で見たいなァ・・・。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

話題なき話題

2015年 01月12日 16:20 (月)

お土産を貰いました。

五平餅です。
実は、これけっこう好きなんですよね~。
ふーん、最近は黒米やよもぎなんてあるのか~。
でも、私は普通の白いヤツが好きですけどね!

そう、例えば団子なら、あんこが入ってるやつよりも、弁当の隅っこに入ってるような、ピンクと白の団子が一番だったりするわけですよ!
ais_20150112161115b9d.jpg

そんなことはどうでもいいですね、そうですね。
土管にお隠れのコウタイさん。
ais (1)

最近、どういうわけか、擦り付け行為がなくなってきた。
寄生虫と思われるんで、治ったなんてことはないだろうけど、落ち着いてきたらとりあえずいいとしますか。
ヒーターガードや土管にヒレが当たって損傷した箇所、これ回復するのかしら。
ais (2)

実は、今週の水換えはお休みでございます。
1年1ヶ月ほど飼育していくうちに、この水槽特有の水換えサイクルができた。

およそ二週間に一度、半分ほど水だけの入れ換え。
一ヶ月に一度、水槽内をスポンジでゴシゴシ→排水。
こんな感じで問題ないので、他の水槽に比べると手がかかりませんw
ais (3)

餌を絞り気味にしてるので、体型はややスリムです。
丸々させたい気持ちはあるんですが、いかんせんコイツはよく食うので、丸々を通り越して肥満になってしまうのではないかと心配しているのよ。
ais (4)

そんなわけで、今年初登場となるコウタイさんでした。
ais (5)

それだけかって?
だから話題はないってタイトルに書いたでねーの!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

赤い砂漠

2015年 01月11日 18:12 (日)

賃上げとか言ってるが、そんなもの所詮はでっかい会社だけだろ。
その賃上げもないのに、世間様では値上げのラッシュだと。相変わらず貧乏人イジメというわけですか。

そんななか、日清のカップヌードルもまた値上げらしい。
安くて旨いのが売りだったのも過去のことか・・・。
今のうちに安くて旨いカップヌードルを開拓しておかなくちゃならん。
つーわけで、そこかしこで安いカップヌードルを探してるわけですが、Style ONEのカップヌードルは食えたもんじゃない。
旨かったのは、マルちゃんのくらし良好 カップヌードルと、このTOPVALUEのカップヌードル。このふたつのシリーズが、店にもよるが、1個88円くらいだった。
日清のやつとはまた味が違うけど、引けを取らない味だと思うのでお試しあれ。
air.jpg

さて、本題へ。
何って、そりゃアンタ。水換えに決まってんでしょーが!
air (2)

登場するたびに成長しているSy.デコルス。もはやこの水槽記事は彼の成長記録となりつつあるようだ。
今ではスポッテッドトーキングキャットと並ぶくらいのサイズになった。
air (3)

グレショフィも追い抜かれる日も近いね、こりゃ。
air (4)

デコルスの特徴として、背びれと尾びれの先端がフィラメント状に伸びるんだが、彼もこのサイズにして、その特徴が現れつつある。
air (5)

少しずつではあるが、バンドっぽい模様が水玉模様に変化しつつあるのだろうか。
air (7)

今までは、他の魚の陰に隠れていたが、大きくなってきたため、そうそう簡単に隠れることも出来なくなってきてる様子。
air (6)

これこれ、水作エイトで遊ぶでない。
air (8)

ふむ。
もうシェルターの交換しなくちゃいかんかね?
air (9)

後は、ゴールデンさん水槽の水換えやって、今回は終了ー。
air (1)
他の水槽はパス・・・・;

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

Q&A

2015年 01月09日 18:31 (金)

さて、エレファントノーズの飼育を考えている方もいらっしゃるようなので、ここで今一度、この魚についてのあれこれ。正直、過去記事の方も、ずいぶんと月日が経ってるし、画像のファイル名のダブりなどで上書きされてしまったりもしてるんで、もう一度記事にしてしまおうってことさ。

①エレファントノーズって、どんな魚なん?
古代エジプト文明。壁画などにも描かれ、神話にも登場する。エレファントノーズをモチーフにしたと思われる装飾品も存在するらしい。すっげー昔から知られる魚。
アフリカはナイル川出身。その他の魚に括られることもあるが、アロワナ目モルミルス科モルミルス亜科グナソネムス属に属する、分類上はアロワナの仲間になる立派な古代魚。

※撮影日 2012年3月3日 購入した日。
120303.jpg

象の鼻のように長く突き出した部分は鼻ではなく、下顎が発達した器官で、餌を探す時などに使う。口はその器官の根本にある(ダブルトランクエレファントは長く突き出した器官の先に口がある。また、まったく突出していない種類もいる)。
非常に好奇心旺盛で、他の魚に比べても頭がいい。他の魚を追いかけるのも、攻撃の意図はなく、むしろ好奇心の現れなんじゃないかと、個人的には思うのだが・・・。

新しい物が水槽に入ったりすると、このとおり。
aiq.jpg

②習性とかどないやねん?
視力が弱い代わりに、尾柄部分に微弱ながらも発電器官を持つ発電魚である。自分の体の周りに電磁場を作ることによって、周囲の障害物や生き物、餌などを感知する、言ってしまえば生きたレーダーのようなものだ。
そのため、自分の作った電磁場を乱されるのを嫌う。そうなると非常に攻撃的になるので、同種・近縁種のみならず、発電能力のある魚は同居は不可能。
群泳させれば、一番強い個体に従うように泳ぐらしいが・・・。

③どうやって飼うのん?
普通に熱帯魚を飼育できる環境があれば、飼えます。
水槽サイズは、45cm~60cmくらいが妥当かしら。水質は弱酸性~中性前後で問題ない。水質・水温の適応範囲も比較的広くて、基本的には丈夫な魚だ。
強い水流は好まないそうですが、うちではエーハイム2213をフレキシブル排水口からダイレクトに出してても問題ないようです。逆に水流に向かって泳ぎ、ジャンプして一回転するなどして遊んでます。
前述のとおり、ジャンプするので、飛び出し対策は必須。異常にジャンプする回数が多い場合は、ストレスによるもの。水質が合わない、水槽が狭いなどが原因らしい。

④大きくなるん?
エレファントノーズ、ダブルトランクエレファント、ホエールエレファントなどは、概ね20cm~25cmくらいだと思います。ただ、水槽内では成長させることが難しい魚なので、全長はあまり気にしなくてもいいでしょう。
ちなみに、ドルフィンモルミルスは30cm~くらい、最小種のポーリーミルス・イシドリなんかはMAXでも5cmくらい。

⑤何、食べますの?
基本的に人工飼料は食わないので、冷凍赤虫またはブラインシュリンプになる。うちのは人工飼料をまったく食わないわけではないが、それは個体差なので、食べないと思った方がよい。
給餌の回数は、我が家では、水換え日は餌抜きで、他は忘れなければ毎日1回、消灯後に人工飼料+冷凍赤虫。
ただ、エビや魚も食べないわけではない。死骸を食べたりもするようだ。
うちのは赤虫に慣れきってるせいか、ブラインに反応しなかったw
餌を食べるのは早くない上にヘタクソなので、素早く餌を食べ尽くしてしまう魚とは一緒にしない方がいい。

⑥シェルター、いるんちゃいますの?
割った植木鉢、土管などがあった方が落ち着きます。自由に通り抜けられる物がベスト。
環境に慣れれば、照明が点いていても、時々出て来ては泳ぎます。

※撮影日 2012年8月18日
120818.jpg

⑦混泳、どないなねん?
かつて、色んな魚と混泳を試みた。

<失敗 その①:アフリカンラインプアイ>
夜間に追い回されるストレスによって、ポツリポツリと消えてしまった。

<失敗 その②:マーブルレイオカシス>
アジアに生息する小型ナマズ。多少追い回されてはいたものの、そこそこ上手くいっていたのだが、横っ腹を噛まれてしまい、それが致命傷になってしまった。

<失敗 その③:ミクロシノドンティス・バテシー>
シノドンティスに近縁な小型ナマズ。マーブルレイオカシスと同じ結果。

<失敗 その④:オレンジシームプレコ>
プレコは数種類一緒に飼育した。アルビノブッシー、ブラックアーマード、タイガーフィンサタン、マスタードファントム。いずれも失敗に終わった。

<失敗 その⑤:シノドンティス・ショウテデニー>
温和な部類のシノドンティス。わりと長いこと同居していたのだが、ケガを見付けたので中止した。ケガといっても大したことはなかったんだが、いつ入荷するかもわからんシノドンだったんで、大事をとってナマズ水槽に移動させた。

その他、ビルマサカサナマズ、グラスキャットとコリドラスはどちらもNGだった。

続いて、成功例。

<成功 その①:ブラントノーズガー>
ガーに似た体型の中型カラシン。なぜか一切興味を持たれず、成長とともに別水槽に移動させるまでの間は何の問題も起きなかった。最も、さらに長く一緒にさせていたら、どういう結果になったのかはわからない。

<成功 その②:アナドラス・アッパーテフェ&ハンコッキートーキングキャット>
小型のドラスキャット(トーキングキャットの仲間)。餌の時以外は、石のように動かないナマズなので、それが良かったのだと思われる。現在もトラブルなく同居中。

現在は、ご存知のとおり↑のドラス2匹、シルバーシャーク2匹とマーブルグーラミィが同居している。もちろん時々追いかけられてはいるが、大したダメージにはなっていないようだ。
シルバーシャークも餌取りはヘタな方だし、グーラミィもおちょぼ口なので、食いっぱぐれも起こらない。ドラスも小型であり、彼ら用に人工飼料の比率を高めにしてあるので問題ないのだろう。底面を這い回っていい感じに冷凍赤虫を巻き上げてくれるので、エレファントが食べやすいようにひと役買ってくれるくらいだ。

⑧どういうの、選べばいいのん?
多少、ヒレが裂けていたりしても、すぐに再生するので問題ないです。
現地から餌を切られた状態で入荷するからなのか、痩せ気味の個体が多いですが、元気な個体であれば立て直しは難しくないはずです。

補足。
給餌は一日二回と言われる方もいるようですが、それは一時に大量に食べる魚ではないため、消化サイクルを考えてのことなのかも知れません。グリーンナイフを飼育したことのある方ならイメージしやすいかと。
うちはあくまでも一日一回ですがw

ま、必要な情報が入れば付け足すし、間違っていればその部分は消していくので、これからも定期的に記事になるであろう。今回はこれで、いかがでしょう?

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ライフ・サイズ

2015年 01月07日 03:14 (水)

お正月、深夜のドライヴを兼ねて、駿河屋系列のお店に立ち寄り、CDを一枚買ってきました。
私のドライブコースには、深夜2:00までやっているお店が3軒ほどあるので大変助かります。
当然、昼間よりも人は少ないので、落ち着いてアレコレ物色できますw

ジャケットだけ見ると、普通のCDっぽいですが、もちろんボカロアルバムです!!
40mP 「LIFE SIZE NOTE」

相変わらず、メロディーが素晴らしい。
「小さな私と大きな世界」 「シンタイソクテイ」と比べても遜色ない内容。
曲調はロックよりポップスで、ピアノやアコースティックギターも多用してますが、低音も充分なので、聴きごたえがあります。
feat~はないですが、ボーカルはミクさん!
これはメジャー1stアルバルらしいですが、言葉の聞き取りやすさはこの頃から変わってないんだな。
甘酸っぱい曲やラブソングの類は苦手な私ですが、この方のアルバムでは、歪んだ考えを持たずに普通に聴くことができます♪ホッとしますね~。
aip.jpg

<収録曲>
01.Life size
02.Melody in the sky
03.向日葵
04.雲ひとつない空
05.三日月ライダー
06.巨大少女
07.わがまま
08. Sing my Love
09.嘘つきメーカー
10.Scrap & Build
11.キミボシ
12.ジェンガ
13. 私が髪を切った理由
14. Step to you
15. 君がいる世界

タフなマーブル

2015年 01月06日 20:10 (火)

大晦日に放送された憑物語をようやく見ました。
物語シリーズの中では一番つまらないとか、いらないとか言われていたようですが、私は普通に楽しんで見ました。
このアニメは、とにかくキャラクターがペラペラとよく喋るので、アフレコが大変だろうなーなんて、ぼんやり思ったりw

とにかく、忍野忍が可愛かったw
ドーナツという言葉に釣られて、ウルトラマンのように飛び出してくるシーン、最高でした!
aio (1)

話のメインとなる斧乃木ちゃん。
プリキュアとかセーラームーンとか、無表情に喋ってる間にも色んな動きが見れて楽しかったです♪
最後には八九寺真宵みたいに、いなくなってしまうんじゃないか?と心配でしたが、そんな寂しい結末でなくて良かったな~。
それと、全然印象に残ってないんだが、最後の方に出て来た、わけわからんこと言ってた手折正弦って、単に斧乃木ちゃんにぶっ殺されるためだけに出て来たようなものじゃないか???
aio.jpg
OPの斧乃木ちゃんの歌も良かったし、EDのClarisも良かった。

さて、前置きはこのくらいにして・・・本題へ。
不景気な話題ばかりじゃ何なので、その他の平和な(?)水槽とか。
アヌビアス・バルテリーがひとつなくなっただけで、殺風景度が増した自室の60cmらんちゅう水槽。

一緒に入ってる魚が、それぞれ極端なほどにかけ離れている水槽でもあるw
aio (2)

シルバーシャークたち。
互いに若干の小競り合いをしつつ、気まぐれなエレファントノーズに時々追いかけられつつ、元気に暮らしております。相変わらず、鱗が剥がれ落ちてますが、大したダメージではなさそうだ。
以前よりもサイズアップしたようだが、90cm水槽に行くまでの道のりはまだまだ長いなこりゃ・・・。
aio (6)

マーブルグーラミィ。
こちらもエレファントノーズに時々追いかけられ、かと思えばたまにシルバーシャークを追いかけたりと、思いのほかアクティヴに生活しているようです。グーラミィには水流が強めなこの水槽ですが、自分で上手いこと、水流を避けられる場所を見付けたりと、工夫しているご様子。
aio (3)

そして、やっぱりコイツを登場させざるを得ないw
aio (4)

エレファントさん、あまりアヌビアスの根っこを突っつかないでくれないかな?
葉っぱをダメにしている元凶は彼なのではないだろうか。
aio (7)

立場は変わらず、ボスのポジションは健在。
シルバーシャークもマーブルグーラミィも、とばっちりはごめんだと言わんばかりに逃げるw
これらとまったく無縁なのは、動かない2匹のドラスくらいだ。
aio (5)

今年はずっとこのメンツなんてことはないと思うので、他の候補も考えておかなくては!
aio (8)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

新たなる問題

2015年 01月04日 23:29 (日)

おいおい、カンベンして下さいよ!!
新入りさんがお亡くなりに。
水質が合わなかったということではなく、まったく関係ない理由なのだが、それは後述するとして。
ain.jpg


新年に入り、水換えを始めたアクアリストの方々も多いんじゃないかと思いますが、どうでしょうか?
もちろん、私もそうでございます。
何だかんだで結局、プレコ水槽の水換えorフィルターメンテができんかったので、新年早々やりましたわ。
ain (1)

エーハイムクラシック2217は、フィルターケースの中の2段のろ材は、真ん中の分厚いスポンジで隔てているだけなので、バケツなどに移す時、いきなりドバっとやってしまうと、ろ材が混ざってしまうのでご注意をw
ain (2)

ろ材の汚れがけっこう酷かった。そりゃフィルターの流量も落ちるよなぁ・・・。
それぞれ二度ほど飼育水で濯ぎましたが、水はコーヒーのように真っ黒でしたw
ain (5)

この水槽が我が家で最も安定しているためか、住人たちは相変わらず元気です。
強いて言うなら、インペリアルタイガーがだいぶ痩せてきたかな。けっこう長くいるし、仕方ないか。
ain (7)


さて、プレコ水槽の様子はここまでにして、本題にきたいと思います。
アルビノピーコック、死亡!!!なんてことですかー!!
写真を見ておわかりの通り。体じゅうに何か糸みたいなゴミみたいなものがいっぱいくっついてます。
どうやら寄生虫らしい。
角度を変えて見ると、体表に突き刺さって体液を吸ってるものもいる。タチが悪い。
実を言うと、お亡くなりになったのは隔離後。さぁ、これから治療だというところだったので、準備はすべて空振りに終わってしまった。せっかくリフィッシュも買いに走ったというのに。
ain (8)

とりえあず、隔離中の写真など。
自室に設置した小型水槽で治療しようと思ったんで、まずタッパーに入れました。
この時は、暴れる元気もあったし、すぐに死んでしまうようなこともなさそうだったんだが。
ain (11)

接写してみると、かなりの数がくっついてるのがわかります。
イカリムシのようには見えないけど、寄生虫なんてツリガネムシやチョウみたいな有名どころがすべてというわけでではなく、まだまだ知らない種類だっているんだろうと思う。
ain (12)

隔離後。このあと数時間後に死亡。
これだけの寄生虫がくっついてたにもかかわらず、水槽内の他の魚には一切影響がなかった。
実は、このケース、初めてというわけではなく、3回目なのだ。
一回目はパロットファイアーだった。最初は白いブツブツのようなものに全身が覆われて、肌荒れも起こしていた。それから2日後くらいに寄生虫にやられ始めたんだった。そこで隔離治療を始めたんだが、エロモナスなども併発してしまい、回復できずに死亡。二度目はファイアーマウスだったが、この時はイカリムシだったように思う。引き抜いていったら予想以上に周辺組織が破壊されて致命傷になってしまった。
ain (13)

準備が無駄になってしまったわけだが、ネットで色々調べた結果、最も簡単なリフィッシュの使用方法を見付けたので、参考になればと思い、一応記しておく。

①隔離治療する魚のサイズが数cm~10cm程度の個体。
②使用する水槽は36cm。
③治療に使う水は10L。

この場合、まずは飼育水(または新しい水)を10Lバケツに汲んで36cm水槽に移す。
リフィッシュの使用量は10Lあたり0.5g。付属のスプーンは2g用なので、その2gのリフィッシュをアルミホイルか何かの上に開けて、カミソリやカッターナイフの刃などで四等分して概ね0.5gになるようにする。
0.5gになったリフィッシュを、新しい水を入れた2Lのペットボトルに投入してよく攪拌する。これで薬液の完成。その2Lの中から200ccを治療用の水槽に混ぜるという方法だ。200ccあたり0.05gのリフィッシュが溶けていることになるので、10Lの水で
必要なリフィッシュはこれOKというわけだ。
調べてみるまで測り方がわからんかったので、大変助かった。
100円ショップなどに行けば、2gよりもっと少ない量を測れる計量スプーン(または薬味スプーン)も売ってるらしいので、買っておけばいざという時に役立ちそうだ。

アルミホイルの上にあるリフィッシュの画像は省かせてもらう。
ain (14)

どう見たって、これから覚醒剤を使おうとしてるようにしか見えなかったからw
ain (15)

話を戻して、なぜシクリッドだけがこんな状態になるのか?
シルバーシャークも小赤も、かつてのイエローピンクテールカラシンも、現在泳いでいるメティニスもナマズもポリプも、一度としてこんな状態になったことはないのだが・・・。
これはあくまで推測だけど、シクリッドなどの激しくテリトリーを主張する魚にとって、自分が威張れず、縮こまっている環境というのはストレスが溜まるものだと思う。これが原因で体の免疫機能が低下し、このような状態になってしまったのではないだろうか?
そう考えれば他の魚に異常がないことも説明がつくような気がする。
ain (16)
何にせよ、これでまた新たな問題点が浮き彫りになったのだった。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

TT零13

2015年 01月03日 22:26 (土)

メインとなるレーシングミクさんと一緒にしてしまうと、かなり長い記事になってしまうので、個別にアップしていきたいと思います。
figmaのラインナップと平行して、ex:rideシリーズなるものが存在し、スケボー+キックボード+ローラーブレードのセット、自転車、ベスパ、アメリカンバイク、ジェットスキー、セグウェイ、パンダカーなどがリリースされてきましたが、いつの間にか陰を潜め、気付いたらこのSprideシリーズに移行していました。
このシリーズは現在までに、折り畳み自転車(2台持ってます!)、ダイハツ ミゼット、ガンツバイク、ファイアーボール チャーミング ヨーゼフ、セイバー モータードキュイラッシェがリリースされていて、このTT零13は6作品目になります。

figma ex:ride Spride06 レーシングミク2013 TT零13
aim.jpg

さぁ、続きを読むをクリックするがいい!!

続きを読む

ラッピングバッグ

2015年 01月02日 19:06 (金)

お金もないし、ガソリンも勿体ない。
でも、何処にも行かない・何もしないではあまりにも切ない。

というわけで、今日は少しばかり出掛けて来ました。
でも、仕事始めになってすぐに行かなくてならない現場がある方へは一切近づかなかったので、かなり行動範囲は限定されたけどね。仕事の空気はプライベートの時には完全にブロックするのが私でございます。

まず、本屋さんへ行き、絶対可憐チルドレン40巻を買う。
1軒目と2軒目にはなく、帰りがけに寄った3軒目でようやくゲット!
JSならいい。JCもまあ許せる。しかし、JKになってもチルドレンってのはどうにも違和感あるなーと。
大人っぽくなったからなのか、この巻からはロゴは一新されてましたw
ail.jpg

一体何の気分転換になったんだろう?と首を捻りたくなったが、今度はSeriaへ行く。
そこで、木製オブジェドールなる物を発見w
別に買う必要もなかったんだが、figmaで八つ当たりシーンでも作れないかと思い、買ってみた。
ail (1)

サイズは13.5cmと、figmaに近いサイズだった。
ail (2)

内部にスプリングを仕込んであり、100円のわりにはけっこう動きます。
別に動かんでもいいけどw
ail (3)

ご丁寧にスタンドまで付いてるという・・・。
まぁ、こうしてブログネタにもなったから、充分意味はあるか。
ail (4)

しかし、Seriaのブリキ製の小物類は意外と洗練された物がたくさんあるので、ついつい買ってしまいたくなる。
ぐっと堪えて、そうそう!!必要な物があったんだった!

これこれ!忘れるとこだったわ。
ail (5)

ラッピングバッグです。
実はもうすぐ母親の誕生日なのでね。そろそろ用意もしておかなくちゃならん。
ail (6)

ん?ラッピングバッグは2枚なのに、何でリボンが1本しかないんだ?
・・・まぁ、別にいいけど、何か釈然としないなコレ。
ail (7)

プレゼントは既に買ってある。今年はシープスキンの手袋を選んだ。
高い物ではないので、どのくらい保つのかわからないが、今使っている、それこそ100円ショップで買った毛玉だらけの手袋とりはずっといいだろう。
ail (8)

あまりカッコよくないが、突っ込んでくれるな。手先が器用じゃないんでね。
ail (9)

ギャンブル・ランブル

2015年 01月01日 17:15 (木)

あけましておめでとうなんてありきたりな挨拶、俺はしないぜ?
そんなこんなで、大晦日~元旦にかけての私の鉄の掟。
新入りさんお迎えでっす。

アルビノピーコック。
aik.jpg

どうして、この魚を選んでしまったのか?
実はお迎えした私も、自分でもよくわかってないという・・・;
aik (1)

予算範囲内ギリギリで購入できるというのと、何となく華やかさが欲しかったのと、変化をつけたかったのと、いつもと違う魚に手を出したかったのと、色んな理由が混ざり合ってしまっているのだと思う。
aik (2)

うちの水槽にこの魚を入れてしまって、果たして大丈夫なんだろうかという心配もある。
なぜならこの魚は、アフリカンシクリッドだからである。
aik (3)

まったくもって未知の領域。
知識も充分とはいえないのだが、最近のアフリカンシクリッドはブリードに加え改良品種も多く、日本の水にもある程度馴染んでいるためか、極端に酸性に傾かなければ問題はないんじゃないかと踏んだのだった。
実際、お店によっては普通に南米産の魚と一緒の水槽に入っていることも珍しくない。
aik (4)

この魚はマラウイ湖産シクリッドの中ではポピュラーなアウロノカラ・バエンシーの改良品種。
原種はギラギラ・ベタベタのメタリックカラーなんだが、アルビノになってもしっかり柄が入っていて美しい。
aik (5)

上見。
表面をコーティングしてあるかのように、メタリックレインボーがうっすら乗っている。
名前にアルビノを付けてしまうのが勿体ないくらい。
aik (6)

お店の水槽はさほど水質に気を使ってなかったのだが、慎重に水合わせした。
出来れば弱アルカリ性の水質の方がいいんだろうが・・・。
aik (7)

もう買ってしまったんだ。グズグズ悩んだってしょうがい。
えいやっと、水槽へ投げ入れる(投げてはいけない)。というか、途中で暴れて手から離れちゃったのね。だから、床に落ちる前に空中で弾き飛ばして軌道修正したので、叩き付けられるように入ってしまったんだが・・・w
aik (8)

色が明るすぎるので、のっぺらぼうに見える・・・;
aik (9)

元々、温和ではない部類のシクリッドなので、これから先が心配というのもあるが、ジュルパリと飼っている、シルバーシャークと飼っている、ポリプと飼っているなんて人もいると、お店の人に教えてもらった。自分よりも小さくなければ、大丈夫なことが多いらしい?
aik (10)

いやー、綺麗だわー。
このサイズは立派な成魚。実は他の水槽には、コイツから産まれた稚魚がたくさん泳いでいた。
その水槽は弱アルカリ性の水質に調整されていたが、ジャンプして裏にあるエンゼルフィッシュの水槽によく飛び込んでしまうという。それでも、その中で普通に元気にしているそうだ。
aik (11)

物怖じすることもなく、堂々と水槽内をぐるぐる。
頼もしいと同時に恐ろしい。
aik (12)

しばらくすると、泳ぎ方にやや変化が・・・。
aik (13)

最初は、やはり水質が合わないかと危惧しましたが、どうやら自分のテリトリーとなる場所を探している様子。
aik (14)

ストレーナーの下に陣取ったかと思ったら、そこをウロウロ行ったり来たり。
aik (15)

こんな魚を迎えることを想定して・・・・いたわけでは決してないのだが、そこはSPEED★KING。
実は、サンゴろ材をしっかり常備しているのだった。
aik (16)

調子を崩すようなら、ろ過槽にサンゴを少し入れつつ調整するか、別水槽に移動させよう。
aik (17)

しかし、なんか危険な賭けだな・・・・。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット