TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

08月 « 2015年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

大→小

2015年 09月30日 10:54 (水)

いい感じに光が射し込んでいたので、朝から撮影してみました。
aoq1119082.jpg

コンゴテトラ。
購入当初よりは大きくなりましたが、これもっと早く成長するもんだと思っていたので、拍子抜けです;
aoq1119082 (1)

まぁ、それは置いといてだ。
これ、右にいるヤツの目がおかしいんですよね。
最近気づいたんですが、黒目が極端に小さくなって改良メダカみたいにw
病気かな?と思ったんですが、どうもそうではないっぽい。本人は元気いっぱい。ポップアイでもない。
こういうケースは時々あるようだが、原因はちょっとわからないなァ。
これ、ちゃんと見えてるのかね。元気だから別にいいんだけど。
aoq1119082 (2)

色もだいぶ揚がってきた。背中に乗ったオレンジが素晴らしい。
ヒレの縁も白くなり、背びれなんかも伸長してだいぶコンゴテトラっぽくなってきました!
綺麗だなぁ。あと2~3匹入れようかしら?
aoq1119082 (3)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

はじまりの音

2015年 09月28日 19:12 (月)

さっそく友人の娘が「貸して貸して!」と言ってきそうだが・・・。
ようやく「櫻子さんの足元には死体が埋まっている はじまりの音」が発売された。
本当は7月に発売される予定だったのが、作者さんの体調不良で遅れて、9月下旬になったわけだ。
発売されるたびに部数を伸ばして、とうとう100万部突破かぁ。大ヒット作品になったなぁ~。
そして、10月からいよいよアニメがスタートする。観るつもりではいるが、果たして?
aop2129077.jpg

そして、11月にはコミックスも発売される。今回は1巻の試し読みチラシが入ってました。
aop2129077 (1)

櫻子さん、けっこう可愛いねw
aop2129077 (2)

無視の構え

2015年 09月27日 18:21 (日)

プレコ水槽の栄光はとうの昔に過ぎ去って、現在はロイヤルプレコ、メガクラウンペコルティア、ファンシースポットペコルティア、ゴールデンブルーフィンプレコ、ブロードバンドタイガー、インペリアルタイガーの6匹がいるのみ。
ここまで住人が減ると、餌の量も減る→水換えの頻度も少なくなる。毎週きっちり水換えしていたのが嘘のようで、今は一週目にプレフィルターの掃除と10L程度水を入れ換え。二週目に底床掃除を含めた普通の水換えという形をとってます。
私の場合、魚の数がそこそこ多い水槽の管理が当たり前なので、こういうパターンはけっこう苦手。
ついつい普通に餌を入れてしまい、翌日には残飯がプレフィルターにつっくいているなんて失敗、いまだにやってしまいます;
先週も残飯出る→まぁいいか→また残飯・・・の繰り返し。オマケに土曜のメンテを無視の構えで通した結果、プレフィルターがすっかり詰まってしまい、本日帰宅後に渋々メンテ。
あまりのゴミの多さに、他のプレコの写真撮るのも忘れてしまったわ。
aoo3459075.jpg
残飯だけで済むかと思ったら、とんでもなかった。実は、ロイヤルプレコの流木の削りカスやフンの方が残飯より遥かに多かった。
ここでひとつ、覚えておこう。
ロイヤルプレコ1匹で発生する水の汚れは、小型ペコルティア4匹分に相当するw

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コンフリクト

2015年 09月27日 03:13 (日)

こんな時間(もう日曜なんで;)に土曜分の更新でございます。
内容といえば、いつもの90cm水槽の水換え・メンテ的記事になると思うでしょう?
でも、今回はちょっと違うのであります。

シノドンとは、具体的にどんなふうに小競り合いするのか?
上手いこと撮れた・・・と言えるほど上手くありませんが、彼らの抗争の一部始終。

頭突き合い。
aon5559016 (1)

グレショフィVSショウテデニー。
お互いにそれほどのサイズ差がない場合、時としてこんなふうに争いが起こることもあります。

競り合い。
お互いに体をくっつけ、威嚇し合っております。
aon5559016 (3)

噛み合い。
お互いのヒゲやらヒレやらを攻撃するパターン。
aon5559016 (7)

広いスペースでドッグファイトに発展したり、ガッチリと噛みつき合ったままクルクルとその場で回転したりと、まだ小さいながらもなかなかの迫力であります。
何が原因かというと、つまらないシェルター争いなんですがねw
aon5559016 (2)

数分間に渡って繰り広げた死闘を制したのは、意外にも真ん丸体型のショウテデニーだった。
グレショフィはとりあえず退散したようです。
aon5559016 (8)

両目とも表面をやられて真っ白け;
口にも出血が見られましたが、これで済むならまだまだ軽~い!
それがシノドンなのです。
言っとくけど、これでも温和な部類なんですよ、シノドンとしては。
aon5559016 (9)

仮にオルナティが気が荒いヤツで、他の種類の魚にも攻撃的だったとしたら、デルは真っ先に死ぬな。
aon5559016.jpg
そして、カラプロも死ぬ。ゲオも死ぬ。ストライプトーキングも死ぬ。
アンジェリカスの特に気の荒い個体なんて入れたら、そうなるかも知れないなぁ。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

赤い勘違い

2015年 09月24日 23:23 (木)

どうもー!
二日ほど放置してしまいました。
たった二日のはずなんですが、気分的には一ヶ月振りに更新するかのような気分。

さて、枝垂梅が予想以上に似合ってるとお褒めのコメントをいただき、すっかり気を良くしてしまったSPEED★KINGでございますが、金曜の時点での経過報告なんぞ。
aol8766967.jpg

水位が上がり、立体的な動きができるようになったためか、動いている時間も増えたようです。
元々動くタイプではある(暗い時間は)ので、元に戻ったといえばそうなのだが。
心なしか食欲も増えたような気が・・・。それは増えなくてもいいんだよっ!

で、明るいうちはヒーターが簡易的なシェルターとして役立つんじゃないか?という私の考えは正解だったようで、この下に頭を入れていることが多いです。本人は特にストレスを感じてる様子はないので、これで安心できてるのでしょう。
aol8766967 (1)

私に用事があって部屋に来た親は、「何だこれは?一休さんか?」とのこと。
一休さんは虎だよバカヤロー!
それはともかく、ゴールデンさんには概ね好評のようです。
aol8766967 (4)

・・・・・って。
これでおしまいになってしまうのはあまりにもツマランので、ひとネタ入れたいと思います。
ゴールデンという名前は私が販売名から取って、勝手に呼び名にしたものであって、流通名ですらありません。
流通名は、インドレッドテールキャット。またはインディアンレッドテールキャット(別にインドに生息してるわけではないようだが;)。正式名称はホラバグルス・ブラキソマ。自然下では45cm~60cmほどになるという。水槽内では20cmより上への成長は厳しい。
レッドテールと付くだけのことはあり、尾びれは真っ赤。
aol8766967 (3)


ゴールデンの尾びれにクローズアップ現代。
見て下さい、この赤色。
レッドテールブラックシャークやクラウンローチなど、尾びれが赤い魚は他にもいますが、赤の質が違います。
いや、血のような赤なんですコレ。充血してるように見えますよね?
もちろん、小さい時期はこの色はありません。環境に慣れ、ある程度成長してからこの色が出てくるわけですが(個体差か雌雄差か、あるいは別種なのか、以前3匹いた時は1匹だけまったく色が出なかった)、初めて見た時なんて、エロモナスに罹ったと勘違いして焦りましたよ、ホント・・・;

綺麗さってやつは時として心臓に悪いw
それを学んだのだった。
aol8766967 (2)

まだまだ情報が少ない!!
ここ2~3年でネット通販などではちらほら見かけるようになったんですが、マイナー臭は抜けないようですw
やっぱり飼育人口少ないのかなー。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

重い腰

2015年 09月23日 10:51 (水)

どうも~。
シルバーウィークということで、BS&CSの無料放送なんてやってますね。
ああ~、「こどものおもちゃ」とか懐かしいわ!
確か日曜日の朝9:30くらいだったか?(違った?)そのくらいの時間から放送してた記憶が。
「きんぎょ注意報!」並みのテンション高い作品で、当時かなりのお気に入りでした。

それともうひとつは「学校の怪談」。
アニメ版「GTO」に近い時期だったか?番組改変期に穴埋め的に放送された作品という認識でしたが、これがなかなかの良作。当時毎週しっかり観てましたw
主人公 宮ノ下さつきの飼い猫に憑りついた天の邪鬼の声優さんはフリーザ様。憎まれ口を叩きながらもさつきがピンチの時には助けに来る、いい感じに捻くれててクールでカッコイイヤツでした。

それと、パンチラシーンがけっこうあったのが印象的w
しかも見え方がいちいちツボを押さえてるときた。別名 パンチラアニメであるw
現代に近くなればなるほど、こういう作品は怖くなくなっていくものですが、これは大昔の「学園七不思議」までいかなくとも、怖い部分はキッチリ怖かったんだよなぁ。こういう作品、また放送してくれないだろうか。

脱線してしまいましたが、今回は植物ネタでございます。
ずーっとやらなくてはいかんと思っていながら、結局放置してしまった植え替え・・・。
よくやく重い腰を上げた次第でございますw

腰を上げたのはいいけど、遅すぎた感ハンパねーです。
ホヤ・カーリー。ナンボなんでもこのまま状態じゃあ根詰まりするよな;
aok1238977.jpg

植え替える鉢の候補は3種類。
何気に右の鉢は1,000円くらいするw ちゃんと園芸店で買ったんだぜ。
aok1238977 (1)

広げた新聞紙の上にドバッとブチまけてみる。
aok1238977 (2)

根っこがギチギチってほどでもなかったが、それなりにいっぱいだった。
もう少しこのままだったらヤバかったかな?
aok1238977 (3)

最初は支柱を立てて蔓を絡ませようかと思ったが、あれ朝顔並みのカッコ悪さなんだよね。
じゃあ、このままでいいや!ってことで、前と同じく伸ばしっぱなしのスタイルに。
ちなみに、今回は用土を全取っ替えはせず、以前の用土と混ぜることにした。
aok1238977 (4)

あまり深く植えると、葉っぱが埋もれてしまう。しかし、植え方が浅いと傾いてしまう。
バランスがなかなか難しいのだ。
aok1238977 (5)

ふむ。まぁ、こんなところかね。
次回は根っこを処置して、再びこの鉢に植えれば良さそうだ。
aok1238977 (6)

やるかどうか迷った挙句、結局やることにしたユーフォルビア・スザンナエ。
タコみたいな形してますが、この脚みたいなヤツは子株。
切り離さずにずっと育成していたらこのような姿に。面白いでしょう?
aok1238977 (7)

こっちは何が限界って、この鉢のカビ具合が見るに堪えない。
このタイプのポットは汚れやカビも味といえば味だが、精神衛生上非常によろしくない。
それに、ほとんど植え替えしてないってのも事実。
aok1238977 (8)

根っこはこのとおり。
狭い鉢の中を見事にぐるりと一周してました;
aok1238977 (9)

植え替え先の鉢は右側のヤツを選びました。
真ん中はないわ~;
aok1238977 (10)

こちらは用土も何もかも全部替えることに。
しかし、途中で用土が足りなくなりそうなので、軽石を加えて水増し。
aok1238977 (11)

こいつは面倒な・・・。
用土を落ち着かせる作業は難航。
この子株を傷つけないように注意しながら一本一本の隙間を縫ってザクザク。
一本でも折れたらカッコ悪くなりそうだし。
aok1238977 (12)

こういうものって、育成している段階でどうしたって斜めになってしまうもの。
土が沈んだり、日の当たり方で変わってしまうんだよね。妙に気になるので、根本に軽石を敷いて調整した。
これをやっても、傾くんだろうけど、その時はその時でまた調整しよう。
aok1238977 (13)

何とか終了!
aok1238977 (14)

うーん。
70点くらいかなぁ?微妙に斜めってるんだよなぁ。
どう思います、皆さん??

無題

2015年 09月22日 10:56 (火)

部屋を整理整頓していたら、こんなモノが出てきました。
陸上選手のトレカです。こんなのあるなんて、知ってました?
aoj120008970.jpg

トレカ(トレーディングカード)なるものが世に出てだいぶ経ちます。野球選手やサッカー選手のトレカはありましたが、陸上・バレーボール・ビーチバレーや新体操etc、そんな多岐に渡ってカードが出ているなんて知らず、当時は新鮮でした。私、実は陸上の小島初佳選手が好きだったんで、やはり女子の陸上選手がいいよな!ってことで買ったのでした。どなたかへのコメントに、ついつい書いてしまいましたが、引き締まった体つきとか素晴らしいっすね。
まぁ、陸上自体はテレビを点けた時にやっていたりすると、たまにボンヤリ見たりする程度なんですが・・・。

上は北風沙織選手。この頃はホント可愛かったんだから!
下は市川華菜選手。この方もお美人さん。最近はホント綺麗な選手が増えたと思います。
他には城下麗奈、福島千里選手もあり。
aoj120008970 (1)

などと小ネタを挟んだところで本題へ。
本題といっても今回はアクア関係ではありませんのであしからず。
暗い部屋に篭もっていても仕方ないってんで、昨日は気分転換に本屋さんへ行って来たSPEED★KINGです。
最近は就活で余った時間を潰すために入っては、溜め息つきながら読みたくもないクソつまらない雑誌を立ち読みしてばかりだったから、立ち入ることもめっきり減っていた趣味・動物関係のコーナーへ。

世界の美しいフクロウだと?! これ欲しいなぁ~。でも、今は買えない;
実は私、フクロウ好きなんですよー。飼育するならインコよりフクロウですよね。って、飼えないけど。
aoj120008970 (2)

こちらは、飛んでいる鳥の姿を集めた図鑑。
タイトルそのままやんけ!ああ、これも欲しいわ~。でも、今は買えない。
ちくしょう、仕事決まったら絶対フクロウの本と一緒に買ってやる!
aoj120008970 (3)

で、私が買ったのはこっち。
「私の"友達が"モテないのはどう考えてもお前らが悪い。」
どっちもタイトルがえらく長ったらしいですが、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。」のスピンオフ4コママンガ。
黒木智子と親友の成瀬優、小宮山琴美の中学生時代を描いた作品。
ひとつのジャンルとして今やすっかり定着した感のある、いわゆる"日常"系の作品ってのが多数ありますが、私モテはそれらのようなゆるゆるふわふわの表舞台ではなく、その裏側の冷たい住人達のお話なのだw
「そういや、こんな感じの子クラスにいたわー」とか「似たようなことしてたわー」とか、思い当たる節がある人、けっこういるのではないでしょうか。
aoj120008970 (4)

↑を買った帰りにチェックし忘れていた本があったことを思い出し、別の書店に行ったら、友人の娘とバッタリ・・・。
読みたいって言っていたので、これ貸してやったわ。
aoj120008970 (5)

じゃあと言って別れ際、こんなことを聞かれる。
「おじさん、友達の兄貴連中が言ってたんだけどさぁ、オ○ホってどーゆーの?」
友達の家に遊びに行った時、その兄貴とツレどもがバカでかい声で連呼してたんだと。
「お前、そいつ・・・」
「別に喋ってないよ(笑)」←私がうろたえるのがおかしいらしい。

これだよ、バカヤロー!
※言っとくが、これは景品で貰ったんであって、私が買ったワケじゃないから!!
aoj120008970 (6)

ったく、ヤローども。
まさかアイツに手出しするつもりじゃねーだろうな。
もしそうならタダじゃおかねーぞ。

バカな男子高校生のバカ話だとわかっていながらも(我が身を振り返ってもバカなことばかり言ってたからなぁ)、おじさんはついつい心配してしまうのだった。複雑な心境である。

フレットソー

2015年 09月21日 19:25 (月)

ああ、そうだ!
どうせヒマなら、アレやろうぜアレ!
エレファントノーズのシェルターの加工!
やるやると言いつつ二の足踏んだきりになってましたね、そういえば。
aoh2228933.jpg

元々はホムセンの園芸コーナーで78円くらいで売ってたテラコッタ製の鉢です。普通の素焼きの鉢に比べれば割れやすいですが、安価なのでアクアに流用するにはちょうどよいです。
上手いことパカン!と半分にして、ずっとエレファントの棲家として使用していたのですが・・・。
試行錯誤を繰り返すうちに、いつの間にか使用しなくなっちゃったのね~。
で、再使用する際にはエレファントが以前よりスムーズに通り抜けられるように、残った鉢底の部分を切断しましょうよってことになっていたのさ。

写真が無駄に多くなってしまったので、適当にまとめたった。

①用意する物は・・・・説明するほどないw
鉢と糸鋸、粉が出るので、下に敷く新聞紙。ちなみに糸鋸は英語でfretsawというそうだ。
②以前は、丸い円の部分からエレファントが出入りしていた。
こんな狭い穴から?!と思うが、頭のいいアイツは体を真横にして巧みにすり抜けていたんだぜ。
③鉢の内側から切断することにしました。
外側から切ってもいいが、取っ掛かりがないぶん時間がかかる。鋸の歯が細かいから振動は強くないが、それでも鉢が割れる可能性はゼロじゃないでしょ?
④まず糸鋸で途中まで切ってみる。
あまりペースを上げずに、慎重に歯を動かします。失敗して割れるのが惜しいわけではないのだが、また新品の鉢を真っ二つにするところから始めなきゃならないから面倒じゃん?!
aoh2228933 (1)

さあさあ!続き続き!

⑤反対側に近い部分まで切断したら、後はコツンと叩いて割ってしまう。
最後の方まで切ると、自然にパキッと割れることもあるが、切れるのなら最後までやった方がいい。私は面倒になったので叩いたのだがw まぁ、途中で割れようが叩いて割ろうが、イイ感じに割れるかどうかはわからないから、ここは運任せだ。
つーか、ここまで揃えば綺麗に出来た方だよなー。
⑥叩き割った後。
当然ですが、デコボコしてますね。これはケガの原因になるのでいけませんなァ。
⑦こういう時はヤスリを使おうじゃないの!
粗めの紙ヤスリでもいいけど、いかんせんデコボコがきついので、今回は工具の方を使う。こっちはこっちで力を入れすぎないように注意しなくちゃならん。マジめんどくせーっス。
⑧ヤスリ使用後。
出っ張り部分はほぼ削った。ここから紙ヤスリを使ってもいいけど、ちょっとめんどくさいので、これでよしとする。削った後が黒くなってるけど、これは水洗いしたら落ちました。
aoh2228933 (2)

出来あがり~~。
これでエレファントは何の気兼ねもなく行き来できるじゃなイカ。
aoh2228933 (3)

ちなみに、エレファント水槽の方は一日遅れで水換え+内部清掃。
aoh2228933 (4)

設置しても特に何とも思わないな;
だって、以前の環境に戻っただけだもんなw
aoh2228933 (5)

さっそくやって来ました。
いつも水槽に何かを入れると、必ずチェックしにやってくるのだ!
aoh2228933 (6)

どうだい?これならスムーズに出入りできるだろう。
あれ?何か開放感ありすぎ?
aoh2228933 (7)

気に入らなければ、その時はその時でまた考えることにするか。

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

偽りの雅さ

2015年 09月20日 14:58 (日)

どうにもこうにも不自由してる感ありまくりのゴールデンさん。
・・・やると決めていたことではあったから、やってしまおうかね。
まぁいいんじゃないの?時間もあることだし。無職だから。
aog1118884 (4)

ゴールデンさん、水深が低すぎて立体的な動きが阻害されて不便そうだったので、今まで使用していた高さ23cmの60cmらんちゅう水槽から、60cmレギュラーに鞍替えすることにしたのです。
aog1118884.jpg

しばし放置状態だったので、シリコンの具合とかどうなんだと気になりましたが、どうやら大丈夫そうです。
aog1118884 (1)

水槽はOK牧場だとして、今まで使用していたバックスクリーンを処分してしまったので、調達してくる必要がありまして・・・。それを見越していたわけではないですが、実は先週の金曜日に既に購入してあったんですよ。

自作とか色々考えましたが、どうも素材が揃わないので、仕方なく購入することに。
ですが、ゴールデンに似合うバックスクリーンとなると、これがなかなか見付からない。黒や青や水色はオールマイティーだが、なぜかゴールデンには似合わなかった。

そこで閃いたのが、このコトブキから発売されている雅スクリーンなるもの。
ラインナップは、このNo.1 枝垂梅、No.2 水墨画、No.3赤富士の3種類。
こういう和的なものが似合いそうな熱帯魚・温帯魚を考えてみたのだが、アカヒレ、キンセンラスボラ、シルバーシャーク、レッドテールブラックシャーク、ゴールデンバルブ、チェリーバルブ、チェッカーバルブ、グリーンスマトラなど、やはりアジア圏内のコイ科などが多くが思い浮かんだ。

似合いそうな種類も限定される上に、なんでこんなけったいなもの発売するんだと最初は呆れましたが、今回はそのけったいって部分が逆に使えるかも知れない。
aog1118884 (2)

広げてみると、こんな感じだ。
aog1118884 (3)

↑のバックスクリーンを60レギュラーに貼った後、処理すべき懸案事項を片付ける。
まず、今まで使用していたらんちゅう水槽を撤去。灯油用ポンプがあるので、作業時間はさほどかからず。
用意しておいたバケツに飼育水を適量移ししておいて、空になった水槽は階下まで運び、風呂場で洗って乾かしておく。
aog1118884 (5)

撤去した後は、60レギュラーを再設置。
ったく、めんどくせーったらありゃしない!
aog1118884 (6)

捕獲しておいたゴールデンさん。さっさと水槽へと思った時・・・。誤算が;
aog1118884 (7)

高さが23cから36cmへとアップしたので、今回使用したプラケが水槽に入らないという事態に。
aog1118884 (8)

しかし、慌ててはいかん。冷静さを欠いたらおしまいなのだ。
ここで対処法を伝授しよう。
まず、手頃なビニール袋を用意して、その中にプラケを入れる。そしたら、プラケから魚を水ごと袋の中に移してしまう。
この方法を使えば、狭いスペースからでも難なく水槽内へ魚を移動することができるのだ。
aog1118884 (9)

ここから、新しい水を足していくいつもの作業が残るのみとなった。
aog1118884 (10)

今回から、水槽の背面ではなく、左側にヒーターを設置してみた。
aog1118884 (11)

せっかく目立つ絵があるのに、ヒーターがでん!とあったら邪魔で仕方ないというのと、ごらんのとおりシェルターがない水槽なので、ゴールデンがヒーターの下辺りに身を寄せて、簡易的なシェルターとして使うことを見越しての変更。ヒーターガードがあるから火傷はしないだろう。
aog1118884 (12)

注水後。
水位が上がり、ゴールデンさんも立体的な動きが可能に。
それに、やはり思ったとおり。背景の枝垂梅とゴールデンには意外とマッチするw
aog1118884 (15)

さっそく、水槽内をウロウロ。
aog1118884 (13)

"このけったいが逆に使える"といったのは、ゴールデンみたいなキャラの立つ魚の場合、こういう奇抜なデザインの方がかえって違和感がなくなるんじゃないかと思ったの。
aog1118884 (14)

・・・あくまで、私個人の感覚なのだがw

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

腐っても金魚

2015年 09月19日 14:53 (土)

本日、90cm水槽の水換えはお休み。
強いて言うならウールマットを洗うことと、若干の水の入れ換えのみ。まぁ、それはどうしてもってわけでもないので、気が向いたらやろう。いや、やろうと思うように努力する。

しかし、それ以外は手抜きなし!
ウーパールーパー水槽と小赤水槽はフィルターを取っ払って水槽内の汚れも全部落としました。
いえね、90cm水槽の水換えもフルでこなす週に、こっちも重なるとめんどくさいじゃない?
aof118863.jpg

お前、さらにデカくなったんじゃないか?
餌やりは一日一回。他の水槽にエサやりするついでに、ランチュウベビーゴールドを少々与える程度なんだが・・・。
問題なく成長してるようだ。じゃあ餌やりを一日二回に増やしたらどうなるのか。想像しただけで恐ろしい。
aof118863 (1)

フィルター掃除は基本的に二週間に一度だが、それでこの汚れ。
さすが小赤。腐っても金魚である。フン以外にも、自分の粘膜で水を汚すから仕方ないのだが・・・。
しかし、これはゴールデン単独飼育より汚れてます、はい。
aof118863 (2)

40cm水槽の幅的には問題なのだが、奥行き的にはそろそろキツイだろうか?
これ以上成長しないウパを40cm水槽に格納・・・と思ったんだが、明らかに奥行きギリギリだから無理だ;
aof118863 (3)

綺麗に洗った水作エイトをセットして。
aof118863 (5)

後はラクチン。灯油用のポンプでドドーっと注水。
これはウパと小赤だからこそできる技。
aof118863 (6)

だいぶ涼しくなってきたからな。冬場は餌はあまり必要ないだろうから、ひと安心?
aof118863 (7)
デカくなったらなったで、90cm水槽へ入れるという選択肢もあるわけだが・・・。

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

貴重な晴れ間

2015年 09月18日 02:10 (金)

記事の日付を改竄してますが、更新が一日遅れなのでカンベンして下せー。

今年は昨年以上に天候不順が続いてます。
貴重な晴れ間に、私のもうひとつの趣味である多肉植物達を日光に当てました。
徒長するとカッコ悪くなっちゃうんだよなー・・・。

一枚ずつ写真撮ると膨大な数になってしまうんで、番号で紹介。

①クラッスラ・アルボレッセンス
②ウチワサボテン 赤烏帽子
③紅彩閣(ちょっとヤバイか・・・?)
④ユーフォルビア・スザンナエ
⑤黒法師
⑥雅楽の舞
⑦ネオレゲリア・パープルタイガー

ネオレゲリアだけ多肉植物じゃありませんが;
たまにアマガエルが葉の上に乗っていたりする。実際に現地でもヤドクガエルのいい棲家になっているようだ。南米でも日本でも、それは同じらしい。
多肉植物とは真逆で多湿を好みますが、うちでは一緒くたに管理してますw
aoe80028845.jpg

一月に買ってきたウチワサボテン 赤烏帽子。
こんなに成長しました。他のサボテンと違ってけっこうすくすく育つので面白いです、コレ。
この間、ついうっかり素手でわしっと触れてしまって、細かい毛のような棘が手にいっぱい刺さってチクチクうざい・・・。
aoe80028845 (1)
隣の紅彩閣、このままではマズイかなぁ・・・。なんか全然枝分かれないし。

スローダウン

2015年 09月17日 02:12 (木)

何気なく水槽を覗くと、珍しくシノドンティス・デコルスが前面に。
これはシャッターチャンスということで、近づいてみると・・・・。
aod3228853.jpg

胸ビレにダメージ受けてました。
あと、体にも小キズが少々。ショウテデニーの方ではなく、グレショフィと小競り合ったようです。
向こうは全長もほとんど同じだから、どうしたって小競り合い率はオルナティピンニスとショウテデニーよりも高めだからしょうがない。
水族館のような広大なスペースなんて当然ありゃしないので、シノドン同士を混泳させていると、どうしてもこういうことは起こってしまうんだな~。まぁ、この程度でトラブルなんて呼んでいたら笑われてしまうけど。

間近で見ると、大柄なドットが綺麗ですなー。
それと、他のシノドンにはないこの背びれのフィラメント!
背びれの付け根を含めれば、これだけで全長の半分以上あります。
aod3228853 (1)
しかし、最近あまり成長しないな。
できれば、もうちょっとデカくなって欲しいのだが。

毎日餌やってるわけではないから仕方ないのか。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

昼のゲッコー

2015年 09月16日 01:47 (水)

アクアと無関係な記事ですが、我が家もとい、ボロ家の玄関にはいつもヤモリがいる。
玄関先で一服してる時に、何かいるような気配を感じて見上げたらヤモリの姿が・・・。
anw3338685.jpg

ヤモリの手触りって好きなんですよねー。
ひんやりすべすべ。冷蔵庫で冷やした餅を触ってるみたいですw
それと、この目も好きなんですよ。特に昼間の細くなってる目がカッコイイ。
anw3338685 (1)

玄関先は餌が豊富だからね。
玄関灯に惹かれて飛んでくる虫がいっぱい。
餌には困らないってわけか。
いいよな~、ヤモリは。働かなくても食っていけるんだからよ。

それはそうと、ニホンヤモリなんて名前ついてるけど、こいつらって本当は外来種らしい?

画像梨

2015年 09月15日 19:34 (火)

どもども。

少々更新できず・・・というかですね、する気力も湧きませんですた。
就活がね、なかなか上手くいかんのよ。
ここは!と心に引っかかった会社の書類選考には全部応募したものの、返事は全然来ない。
これ、一旦正社員諦めて、どこかでパート勤務でもするしかないかも知れんぞ。
パートはパートで、職選び(パートといえどそれなりに保障がなくては困るし)はしっかりやらないといかん。
それに、フルタイムで月~土まで仕事では、就活する時間なくなるもんな。そのへんも考えないとな。

ここからアクア関係。

自分を取り巻く環境が変わるということは、当然今までと同じ生活もできない。
はっきり言って、今までどおりの水換えをこなせるかどうかわからん。
継続するものは継続、もしくは拡大する気でいるが、それ以外は縮小していかなければならないだろうな。
何をどうするか?

シクリッド→現状維持。
カラシン→現状維持。
ポリプ→現状維持。
ナマズ・プレコ→追加やめる気なし。
うーん、どうするか。

小赤を90cm水槽に移し、ナマズ水槽とプレコ水槽の住人を統合すれば、とりあえず水槽は2本減る。
後は、60cmらんちゅう(H23)のゴールデンさん→60cmレギュラーに。

60cmらんちゅう(H26)のエレファントノーズ→旧プレコ水槽となる60×30×40に。
ただ、↑をやってしまうと、再度グーラミィ達をエレファントと同居させることになるが、「アカヒレたくさんいすぎてレーダー引っかかる説」がないぶん、ストレスの問題はクリアできるだろう。

とりあえず、こんなプランしか思い浮かばないなぁ。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

マーブルの船出

2015年 09月13日 15:14 (日)

どうもー。

この前書いたとおり、今回はエレファント水槽のあれこれ云々。
まず、いつも通り水換えをこなしてから、(途中、鳩除け対策のテグス張りを手伝わされて中断したので、いつもより時間がかかってしまいましたが・・・・・)エレファントの負担軽減策を検討。
まず、選択肢が三つほど浮かぶ。

A:アカヒレを半数、またはすべて移動させる
B:アカヒレを半分と、アナドラス・アッパーテフェかハンコッキートーキングを移動させる
C:アカヒレ半分と、マーブルグーラミィを移動させる

考えた結果、選択肢Cを採ることにした。
発電能力で自分の周囲に磁場を形成するエレファントにとって、それを乱す魚はストレスになるため、底面が生活圏であり、ほとんどそこから動かないトーキングキャットは混泳相手としてはマーブルグーラミィやアカヒレより優秀。
唯一の問題は動かないから観賞面ではマイナスであることと、彼ら専用のシェルターが必要ってことぐらい。
aod4428829_20150913145308243.jpg

一方、導入から10ヶ月という長い期間ずっと当て馬的な役割を担うことになったマーブルグーラミィだが、非常に打たれ強いので(もちろん個体差はあるだろうけど)、彼単体なら、こちらも混泳相手として問題ない。
ないのだが、アカヒレ達がいなくなると、より一層追いかけ回されることが容易に想像できるので、ちょっとかわいそうであるw
だから、今回はアカヒレと一緒にナマズ水槽へ移動することになったわけだ。
aod4428829 (2)

アカヒレの方は、パルマスの餌になってしまうわけだが、これが本来の目的だから仕方ない。
しかし、移動させる個体はそれなりにきちんと選別した。成長不良個体と元々尾びれがない奇形の個体を移動させ、まるまると立派に育った半数は残した。
aod4428829 (1)

一応、きちんと水合わせをした後、ナマズ水槽へドボン!
aod4428829 (3)

ここで、新たなる問題というか懸念が。
エレファントノーズの追撃を受けなくなったマーブルが、この水槽内にて暴君と化すかも知れない。
aod4428829 (4)

これは予想なんだが、マーブルはパールグーラミィレベルの温厚さは持ち合わせていない可能性もある。
入れたらさっそくパルマスを突っついてたしな。
大きなトラブルに発展することはないと思うけど、ちょっと観察が必要かな。
aod4428829 (5)

で。
エレファント水槽には、お掃除係は必要。
どうしたって赤虫1ブロックでは多いから仕方ない。
エレファントの攻撃とは無関係な原因で死んでしまったクーリーローチ達は、混泳そのものは大成功だったから、今後もし状態の良い+お手頃サイズ個体が入手できれば、再度6匹ほど導入してもいいかも知れない。
彼らはエレファントのすぐ近くにいても、まったく見向きもされなかった。
細かい場所に入り込んでしまった残飯もしっかり食べてくれるしね!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

グレーゾーン

2015年 09月12日 14:21 (土)

ブラック企業対策法というものができたそうだ。
違反を繰り返す企業の求人はハローワークで受け付けてくれなくなるらしい。
いいことではあるが、ハローワークにはハローワークで空求人なるものがあるからなぁ。今後はそれが増えていくかも知れないな。
などど思いつつ、朝のほろ苦飲んだらズンドコ水換えでございます。
aob5888795.jpg

記事タイトルは別にそういうことを決めるシロとかクロとは関係ないのです。
クロはプリヤに出てくる方だけで充分すぎるw
撮影した写真がぜ~んぶ灰色っぽくてこのままじゃ使いモノにならんのです。
まぁ、昼間のうちから暗い、しかも水換え中の水槽写真なんて上手く撮影できなくて当然なんだけど。
だから、今回は画像の明度をかなり調節してのお届けです。クレームは受け付けないよ!

おかげで、ガーネットサンド&シャイニングシルバー混合底床がより錆びた感じが出てカッコイイ。
荒涼感溢れる色合いがシノドン達にお似合いである。
aob5888795 (1)

シノドンティス・ショウテデニーがこちらに引っ越して二週間。
気になる権力争い(?)ですが、どうもシノドン同士のバトル的なものはほとんど起こらず、以外と平和でした。
写真のグレショフィと争う確率高し!と予想してたんが、ごくごく軽い小競り合いで終わった。
aob5888795 (2)

デコルスもほぼ無関心を貫いていた様子。
近づいた時のみ威嚇する程度。こちらも拍子抜け。
aob5888795 (3)

そのショウテデニーですが(写真は撮れなかった)、背中にケガを負ってました。
でも、どうやらそれは何かの弾みでデルヘジィに軽くガブリとやられたような傷だったので、無論オルナティでもない。
aob5888795 (4)

さて、後はMAXに到達したコンゴテトラ達と、パルマスのみか。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

不服な主

2015年 09月11日 18:27 (金)

どもども。

久々のご登場(だよな?)となる、エレファントノーズ。
エレファント水槽と名付けているとおり、この水槽の主でございます。
anz2228782_2015091118160089c.jpg

最近、どうもストレスを感じているらしく、時々体をあちこちに擦りつけているのであります。
他の魚とは一線を画す頭の良さを誇るだけのことはあり、擦りつけ方も違う。
普通は葉っぱとか底床に体を擦ってUターンするもんですが、こいつの場合、体を前進させたりバックさせたりを繰り返して、ゆっくりスリスリと擦るんですよね・・・・。確かに効率的だ!!?w
anz2228782 (2)

まともな写真撮ったどー!
どうも、ストレスの原因は残飯処理として入れた餌用アカヒレのようだ。
いや、アカヒレ自体には問題ない。問題はアカヒレの数のようだ。どうも多すぎるらしい。
この擦りつけはもしかして、「私は不服ですよ」というアピールなのか?
anz2228782 (3)

外見はデリケートそうだが、この魚は古代魚だけあってか、それなりに頑強ではある。
ほっといても大丈夫だろうが、見ている側としては落ち着かないのも事実。
うーん、アカヒレは5匹くらい残して、後は本来の役割に戻ってもらおうかな。
anz2228782 (1)

本来の役割って、ぶっちゃけパルマスのディナーなんですがw

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

デメリット

2015年 09月10日 19:30 (木)

バカだよなぁ~。
何で生きてんの?
死ねばいいのに。

何の話かって、ホラあれですよ。
優良ドライバーの皆さんなら、一度は遭遇したことあるんじゃないでしょうか。
制限速度守って走ってるっつーのに、後ろからピッタリくっついては、早く行けと言わんばかりに煽るヤツ。
以前の私なら、邪魔になるのも何だからと、こっちも速度上げたりしてたものだが、最近は違う。

何が違うのか。そう、制限速度ギリギリで走るのである。
相手はイラついてさらにぴったりくっついてくる。
案の定、センターラインが白の破線に変わった瞬間、ウインカーも出さずにいきなりスピード上げて追い越そうとする。

ああ、そうだったそうだった!私ゃこの先の道を右折するんだった。と、即座に右にウインカーを出して車を中央寄りに。
お~い、追い越すのかよ~? 負い越さねーのかよ~?
どっちなんだ、はっきりしよろコノヤロー。

あらあら、追い越しは中止ですか?
こっちが大人しくしてりゃ調子に乗りやがって。なぁ~にが追い越しだ偉そうにバカヤロー。

追い越しってのはあくまでの制限速度内だからな。
40kmで走ってる私を60km出して抜いてくわけだから、そりゃあ速度違反だよなぁ?
感謝しろよ?違反から救ってやったんだからよ。

遅い車にイライラってのは、まぁわからんでもない。
しかし、悪意というものはそのままテメエに戻ってくるもんだぜ。いい勉強になったろう。
急ブレーキ踏まれなかっただけマシじゃねーか。
追突したら、お前がほぼ100%悪いってことになるんだからよ。
突然、道路に"猫"が"飛び出して来る"かもしれないし・・・・な。

追い越しはほとんどデメリットしかないから、やらない方がよろしいですよ、皆さん。

25

2015年 09月09日 19:26 (水)

どもども。
チロルチョコはやっぱりコーヒーヌガーですよね。
any008765.jpg


っと、小ネタを入れましたが、偏頭痛は治ってませぬ。
幾分ラクになりました。しかし、頭痛薬は飲んでおります。

さぁさぁ、魚の様子はっと・・・。
水槽の右下手前あたりにゴロンとゴミみたいなのが転がってますがね・・・。
any008765 (1)

いや、ゴミじゃないし、ナマズだから!
久々に登場したバンジョーキャットでございます。
any008765 (2)

・・・・↑から10分以上経過してやっとこの程度の動きかよ;
any008765 (3)

さすが、出て来ないナマズの最高峰。
たまたま何かの拍子に明るい場所に出てしまったのだろう。珍しいことである。
さっさと砂に潜ればいいのに・・・。この後、25分経っても動きに変化は見られなかったw
any008765 (4)
他のナマズは明るい場所に出されると、サッと素早く暗がりに移動するものだが、こいつはレベルが違う。
明るくても、動かない時は動かないのだw

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

不機嫌な死神

2015年 09月06日 02:07 (日)

友人の娘から、貸していた「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」シリーズと「ブギーポップ」シリーズが返ってきた。だが、本人はそのまま黙って大人しく帰ってゆくはずもなく・・・。
「おじさん、イカ娘(figma)とキュアピース(S.H.Figuarts)もらっていい?」(娘)
↑声優の金元寿子のファンだそうだ。
「ダメだよ。この前4個(ちびきゅんキャラね)あげたろ?」(私)
「じゃあさぁ、このDVD(イカ娘のコミックス同梱版)借りていい?」(娘)
「・・・・わかったよ。いいよ;」(私)
と、まぁこんな感じだ。本人は教室では大人しいらしいが、昼休みや放課後にもなれば、同じアニメ好きな女子達とオタクトーク全開らしい。ちなみに、男子にはあまり興味はないとのこと。このへん、私はちょっとホッとしてるがw
アニメとかフィギュアとか、私が教えたようなものだからな。少々責任は感じてる。そのうち、コミケに連れてって欲しいとか言い出すんじゃないだろうな;
友人(つまり↑の子の父親)が「この間なんかお前、○○(←弟)に"テメエの舌は何枚あるんだ"とか言ってたしよ~。ヘンなこと教えるなよ」と言っていた。

アウトレイジ、見せたからな~。少々ズレているというか変わったアンテナの持ち主とはいえ、まさか女子中学生がたけしのマネするとは・・・意外だ。父親も若い頃はけっこうヘンなヤツだった。血は争えないか。
anw3338685 (6)

ちなみに、その父娘もアクアリストだ。父親はグッピーやプラティが好きなんだが、娘の方は60cm水槽でピクタスキャット数匹とアーマードキャットを飼育してる。・・・もっとも、ナマズ道を教えたのは私だがw
なんでも、「グッピーは過剰でウザイ。ピクタスの方が(動きが機敏で)速いから好き」とのこと。速いって、島風じゃあるまいし。と、まぁしばらくナマズのお話をしたわけです。アクア関係の記事ではないので、そのへんのことはおいおいね?

あの子は友人の娘であって、私とは無関係の赤の他人なわけだが、けど娘のような、友達のような、後輩のような、仲間のような、ちょっとひと言で表すのは難しい存在だ。
かなり特殊な関係なんだが、よく考えてみれば、私も幼少の頃、夜に家を抜け出して近所のお家に遊びに行ってしまったことがしょっちゅうあった。その方達は私と花火をしてくれたり、お菓子をくれたり、夫婦揃って可愛がってくれたっけ。
その時、彼らもまた今の私と同じような気持ちだったんだろうか?

んで、その子はお土産持って帰っていった。
・・・・ちくしょう。帰っちゃうと寂しいじゃないかよ。
anw3338685 (5)

で、返却されたこの「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」だが、10月からいよいよアニメがスタートする。
新作の発売は7月だったのだが、作者さんが体調不良のため、延期になって9月下旬発売とのこと。アニメに合わせたわけではないが、いい宣伝になるんじゃないだろうか。
これ、絵だけ見るとアニメっぽいが、内容はかなり本格的なミステリー。それをどこまで再現できるのだろうか。
一応、観るつもりでいるが、果たして。
キャストは、九条櫻子役に伊藤静。誰かと思ったら「プリズマ★イリヤ」に出てくる、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトの人だ。櫻子さんは男っぽい喋り方だが、イメージしてみると何となく似合いそうな気もする??
anw3338685 (2)

それと、無駄な出費は極力避けなくてはならないのだが、ついつい本屋さんに行ってしまった・・・;
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」8巻。こういう時に出てるんだよな~。
anw3338685 (3)

そして、前々から気になり続けていた作品にとうとう手を出してしまった。
後藤リウ「うしろ ふきげんな死神」
anw3338685 (4)
まだ未読なんだが、こういう死神ものってけっこう好きなんだよな。
ブギーポップとは違うんだろうけど。

ステンド・クラス

2015年 09月05日 21:01 (土)

よう。元気かい?
別にキゲンがいいワケでも、テンション高いワケでもないけど、久々にSPEED★KING本人登場。
anx6608711.jpg

記事タイトルはジューダス・プリーストのアルバムから。ステンドクラスであって、ステンドグラスじゃねーから。
アクアネタは当然水換えの様子のみになりますよ。
せっかく綺麗に撮れたので、まずパールグーラミィを一枚。
anx6608711 (8)

最近、魚の数がガクンと減ったので、餌の調節が上手くいかず、けっこう汚れが溜まった状態になっていたので、まずはゴミと一緒にガーネットサンドをずずずいっと全部吸い出して、風呂場で妖怪小豆洗いの如くガシャガシャ。
なんともまぁ、寂しい状況じゃないかね、これ;
早く何か追加したいよ~;
anx6608711 (10)

この作業も慣れたもので、ガーネットサンド洗浄込みでも、かかった時間は普段の水換えとほぼ同じ。
anx6608711 (11)

ついでに、ウェット&ドライろ過槽も洗っておいた。
anx6608711 (12)

すべてがあまりにも滞りなく済んでしまったので、ネタが・・・。
っちゅーわけで、ちょっと気に入らないなと思うことなんぞ。
チビゲオですがね。コイツ、水換えのたびに体をウネウネさせて体をあちこちに擦りつけるのよ。
anx6608711 (13)

水換えってのは魚にとってストレスになるわけだが、こいつはあまりにもあからさまだ。
しばらくすると収まるんだが、見ていてかなりイラッとさせられる。
白点病の症状に似ているんだが、それならとっくに蔓延してるし、寄生虫とかエラの異常とかでもなさそう。
病気じゃなく、その後の餌食いなどもまったく落ちないので、もうほったらかしてるが、ぶっちゃけかなり面白くない。

調子が悪いわけでもないのに、隠れ家の隅っこでジッとしていたり。でも、餌の時はきっちり前面に出てくる。
イラッ。
最近、ちょっとデカくなったからか、以前よりも態度もデカい。パールグーラミィやコンゴテトラを威嚇する。
イライラッ。
anx6608711 (14)

隠れ家が多くて、オープンスペースが少ないから遊泳の妨げになってることもストレスになっていると言えなくもない。言えなくもないのだが、お前ミスタスとか追い出してしっかり占領してんだろw
こういう性格のヤツもいるということかね。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

かつての栄光Ⅵ

2015年 09月04日 18:23 (金)

残念ながら既に亡くなってしまった魚達。そんな彼らを忘れないよう、時々振り返ってみるコーナー。

"動かない・出てこない"が基本のナマズ達の中でも、最も表に出てこない種類であるドラスキャット達だが、今回は、彼らのグループでは異端とも言える存在のオプソドラスを振り返ってみたいと思う。
写真の左に写ってるナマズもまた珍種なのだが、それはまた別の機会に振り返るとして・・・・。
購入した店は、↓のアフリカンマウスフィンキャットと同じ店で、たまたま見付けたので購入した。当時の販売名は、これまたアバウトで、「ビッグアイキャット 南米」の表記のみだったw
大きくならないナマズとのことで安心して購入したのだが、色々調べてオプソドラスであることがわかったのだった。
DSCF3230_20150904175940fc3.jpg

オプソドラスなんていっても何種類いるかもわからないので、その中の一種ということになるんだろう。
行動や習性などはホワイトラインコンコルドキャットによく似ていて、実際、一緒に行動することも多かった。
しかし、ビッグアイとはね・・・。別にそれほど目がデカイわけでもなかったろうに・・・w
DSCF1185_20150904175941811.jpg

なかなか存在感のあるヤツで、見ていて飽きなかったな~。アフリカンマウスフィンキャットと同じく、もう一度飼育したいのだが、残念ながら、私の行動エリア内にあるお店ではこの一匹以来入荷はなし。頼んだら入れてくれるかな?
DSCF4478_2015090417594031e.jpg

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

頭痛・発作

2015年 09月03日 11:01 (木)

この二~三日、エライ目に遭ってました。
就活に出向く→運転中に右目の奥がズキズキ痛み出す→途中で休憩→酷くなる→断念して帰宅・・・という負のループに。
コンビニやホムセンの駐車場で、片目押さえてウンウン唸っていたら、ヘタすりゃ救急車呼ばれてしまう。
脳腫瘍でもできてりゃ話は別だが、これ偏頭痛だからな。
私の場合、ストレスがMAXに達すると起こる。一度起こったらもうおしまい。他の事は一切できなくなる。
目を開けているのも辛いので、気休めに頭痛薬飲んで横になって、ひたすら痛みに耐えるしかない。治まる時は数時間でスッと治るんだが、そうでない時は一日以上続く。周囲からの理解はない。
一度起これば数ヶ月~一年くらいは何事もないはずだったものが、三日続けて起こったのは初めてだ。
特に今回は酷かった。両目とも開けているのが辛くて、赤信号になるたびに頭を押さえて唸っていた。
これね、どういう痛みかっていうと・・・鳩尾あたりを指で押すと走る痛みに近い。それをもっと酷くした痛みが目の奥で、しかも数秒間隔で起こるのだから、たまったもんじゃない。
起床時には何ともなかったんだが、朝食を摂り、着替えて、外出の準備と段階を経るごとにヤバくなってきたんだなぁ。
就活ストレスってヤツなのだろうか。

かつての栄光Ⅴ

2015年 09月02日 11:49 (水)

久し振りにcharmを覗いたら、生体の値段がずいぶん上がってるなと感じました。
そんな中、ナマズのカテゴリを見ると、なんとアフリカンマウスフィンキャットが入荷してました。
サイズは5cm~8cmとかなり小さめ。値段は2,500円オーバー。高いね;

かつて、我が家にもアフリカンマウスフィンキャットはいた。
当時は購入したお店の水槽に名前もなく、(店主曰く、札が取れてどこかに行ってしまい、名前を忘れてしまった。ずいぶん前に入荷したので、産地もちょっと?ただ、大型にならないタイプだ。 とのことだった。)しばらくの間は正体がわからず、難儀した。
2013051210513237a_20150904015242f64.jpg

丈夫で飼育しやすく、協調性も良く、性質も温和な部類でいいナマズだった。
しかし、当時はポリプ達の餌食いが悪く、毎日残飯を吸い出してるような状況だったものだから、底床が汚れてる状態が続き、結局エロモナスに罹ってしまってお亡くなりに。

この奇怪な風貌は一度見たら忘れらない。珍魚・怪魚って、こういうものだよね。
できることなら、もう一度飼育したいな~、このナマズ。
20130331113728dc1_20150904015242b63.jpg

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

終わりの始まり

2015年 09月01日 18:43 (火)

画像なし更新で申し訳ありませんです。

実はですね~、ついこの間記事に登場したストライプグラスキャット。・・・ガラス面に激突してしまい、残念ながらお亡くなりに。
ついでに、パールグーラミィも1匹同じく激突してお亡くなりに。

ガレージの水槽群は、実はかなり外からの衝撃が加わりやすかったりする。
ナマズ水槽のすぐ上には、実はハンガーが大量に架かってまして・・・。家族の誰かが洗濯物を干す時、水槽の上に落としたか、あるいは何かの拍子に体が水槽にぶつかったりしたのか、そんなところだろう。
グラスキャットというナマズは、驚くと意外と派手にパニクって縦横無尽に暴れてくれるので、パールグーラミィにもぶつかってパニックが移ったと思われます。
ストライプグラスキャットの方は、体が「く」の字に曲がってしまい、まっすぐ泳ぐことができなくなりました。今朝はまだ生きてましたが、帰宅後に確認したら死んでました、オーノー。
パールグーラミィの方は、ガラス面ではなく、流木にでも激突したんだと思われます。頭が派手に陥没してしまい、「ノ」の字みたいな姿勢で、同じ場所をひたすらぐるぐる回るだけになってしまい、元には戻らず。これはもうダメだな・・・と。

これにより、過疎化が深刻だったこのナマズ水槽にさらなる打撃が加わりました。

現在のメンバーは・・・
パールグーラミィ×2匹
コンゴテトラ×2匹
Po.パルマス
レッドゲオファーガスS
ミスタス・テンガラ
スポッテッドトーキングキャット
ホワイトラインコンコルドキャット×2匹
バンジョーキャット
ポートホールキャット
フラッグテールポートホールキャット
モコキエラ・パイネイ

これだけになってしまった。
いや、人によっては充分多い!って言うかも知れないけどさ。
(私は今まで、ある程度の数で管理してきたので、半端な数での飼育の方がかえって難しかったりする)

さて、今後どうすべきか・・・この水槽;

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット