TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2016年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

ベイビー・スターダスト

2016年 08月31日 15:59 (水)

どもどもです。

何気なくプレコ水槽など撮影していたら、珍しくブルーフィンプレコが右下に。
avr5079809012 (5)

せっかくなので近寄って撮影。
何でこんな所にいるのかというと・・・・。
avr5079809012 (4)

最初はここにいたのですが・・・
avr5079809012 (6)

ロイヤルに追い出されたようですw
avr5079809012 (3)

まぁ、ロイヤルはこの水槽のボス。
張り合っても勝負にも何もならんというわけですね。

しかし、ブルーフィン大きくなりました。
おそらくお迎え当初からひとまわりは成長したんじゃないでしょうか。
体面積が増えたおかげで、スポットも際立ってきたように感じます。
小さいうちは、スポットは頭の方に集中していて、成長とともに増えていくのがブルーフィンの特徴。
ですが、コイツは最初からスポットがいっぱい入った個体でした。店の人もプッシュするわけですね!
avr5079809012 (1)

光の当たり具合で色が飛んでますが、実際にはもっとしっかり青いです。
avr5079809012 (2)

そこへ、先輩であるゴールデンブルーフィンプレコが。
avr5079809012 (9)

このプレコはブルーフィンプレコの仲間なわけですが、こっちはスポットが増えないという特徴があります。
(ちなみに、このハイフィンタイプはバリエーション違いではなく、レモンフィンプレコという名前でまったくの別種。あっちはカイザー系のプレコ)
しかし、スポット増えなくても蛍光グリーンみたいな発色だけでも充分です!
avr5079809012 (7)

せっかくなので、一枚に収めました。
数年飼い込んでるゴールデンブルーに比べれば、ブルーフィンはやっぱりまだまだ;
avr5079809012 (8)

これからどんどん食べて、ぐんぐん成長してもらいたいものです!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

スタンド・アップ

2016年 08月30日 15:29 (火)

ビバリウムとかやってる方ならご存知かと思われる植物、ネオレゲリア。
いつの間にかホムセンでも取り扱ってる店舗が増えたようですね。

今回はそんなネオレゲリアの話題。
なーんか、不自然に斜めってますネ・・・。
avo80955576 (4)

それに、飾り石的に入れておいた軽石も大部分がなくなっております。
avo80955576 (2)

ちょっと角度を変えて上から。
陽当たりの関係で斜め方向に成長したものならば諦めはつきますが(うちは植物育成的には陽当たりがイマイチ)、これは家族が蹴飛ばしたり、何かを当てて倒してしまったりという思いやりのなさが招いた倒壊なのです。
avo80955576 (3)

面白くないので、植え替えることにしました。
avo80955576 (5)

植え替えるなんて言っても、これはほかの観葉・多肉植物とは少々勝手が異なる。
ピートモスとバーイキュライトをいちいち混ぜなきゃならんのでめんどくさい。
最初は慎重にやっていたが、最近は目分量。ぶっちゃけいい加減ですが、問題ないようです。
avo80955576 (6)

通水性と保水性を確保するために、この二つを混ぜ合わせたものがベストだとか。
水を加えながらこねくり回すこと数分で用土の完成。
カラカラのピートモスが水を含むまで時間がかかるので若干イラっとさせられましたw
avo80955576 (7)

鉢底ネットに軽石を入れて、用土を適量盛ったらネオレゲリアをどっかと置いて、位置や傾きを調整します。
今回は根っこはカットせず。
avo80955576 (10)

ここでいいんでねーの?という位置で、さらに上から用土を盛りまして、完成。
avo80955576 (12)

後は、鉢底から透明な水が流れ出てくるまで水を与えて終了です。
だいぶ傾きは解消されたと思うが、どうでしょうか?
もっとも、水やりを繰り返してれば多少は斜めになってきてしまうんだけど・・・ね。
avo80955576 (13)

今季はもうちょっと成長するだろうか?
avo80955576 (14)

んで、一緒に倒された植物たちw

左:バーバンクサボテン
右:ウチワサボテン 赤烏帽子

危うくポッキリいくかと思ったがギリでセーフ。
avo80955576 (15)

しかし・・・数年に渡って大事に育てたクラッスラ・アルボレセンスは・・・
avo80955576 (16)

こんな目立つ所の葉がポッキリ・・・。
avo80955576 (17)

ああ、そのぐらいなら折れても大丈夫。

信じられないことに、倒した人間の言葉である。
それを言うのは俺だよ、バカヤロー。

ソフト・ラバー

2016年 08月29日 15:12 (月)

えー・・・・。
ナマズ水槽に浮かべたまま放置していたヌビアスの活着作業をやったんですが・・・・。
見苦しすぎて記事にできねーですw
センスのカケラもないんだな~、自分。
眺めるたびにそう思わざるを得ません;
ナマズ水槽記事を書けば登場することになってしまうんで、見付けた時は「・・・・。」と心の中で何か思ってて下さい;

でわ、気を取り直して。
今回はゴールデンさん水槽!
・・・・つーか、何にもねーじゃん!

ザ・ベアタンクを地で行ってるので記事になりませんね。
avp0000009 (1)

では、こっちで行きましょうか。
ずっと前から転がってるだけで意味をなさない水温計。
いや、これだと言葉がおかしい。
正確に言うなら、ダメなのは劣化したキスゴム。
avp0000009 (2)

買ってきたどー!
GEXのクリスタル水温計とかその他アレコレにどうぞ的な1個88円(税込)で売ってたヤツ。
avp0000009 (3)

クリスタル水温計と同じキスゴムのようでいて、実はそうではなく、こっちの方が少し柔らかいです。
avp0000009 (4)

劣化するとカチコチになっちゃうんだもんなー、これ。
avp0000009 (5)

早速水温計につけてみる。
おお、新品によみがえりました!
avp0000009 (6)

で、そのまま水中へ。
こうして見ると、新品のキスゴムって透明でいいよね~。
数日も経てば白くなっちゃうんだけどさ・・・。

後ろのゴールデン、どこかにぶつかったのか、ヒゲが切れちゃってますが・・・;
avp0000009 (7)

そんなワケでキスゴム交換したよ的な記事でございましたー。
おいおい、終わっちゃったよ~;
avp0000009 (8)

ネタを作るのが難しい水槽だが、水換えは簡単なのだ。
最後に上手いコト言ったってことでカンベンして下さい(笑)。
avp0000009 (9)

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

悲しいデジャヴ

2016年 08月28日 00:11 (日)

前回とまるまるおんなじ写真じゃないかコレ?!
なんて突っ込むない。
仕方ないじゃないの、だってプレコだもの。
avm9000999999 (3)

同じ角度から前回も撮影した。
並んでいるプレコは違うハズなんだが、並びが同じだw
avm9000999999 (4)

さて、上にも写ってますが、ホワイトリムです。
avm9000999999 (6)

相変わらずのんびりしたヤツで、覇気があるんだかないんだか、マイペースでよくわからない個体である。
しかし、餌はしっかり食べるし、プレコらしく隠れる(本当はいつも見たいのだが)し、写真のように他のプレコとも張り合う場面もある。
avm9000999999 (1)

こんなふうに。
avm9000999999 (2)

そんなホワイトトリム。
avm9000999999 (11)

ボーっとしてて動かないヤツだとか思ってると・・・
avm9000999999 (7)

知らない間にズリズリ動いていたりする。
avm9000999999 (9)

マイペースなクセに、妙に抜け目ないヤツであるw
avm9000999999 (12)

一方のオレンジフィンレオパードトリム。
avm9000999999 (8)

こっちは順調の一言。
餌食いも非常によく、体も少し大きくなりました。
avm9000999999 (10)

最初はインペタイガーより小さかった気がしたけど、並んでみるとほぼ同じサイズ。
avm9000999999 (14)

ただ、ブルーフィンプレコには負ける。
つーか、ブルーフィンプレコもデカくなってきたわけだが。
avm9000999999 (5)

一方、古参のロイヤルは・・・一番大きなクセに流木の陰に。
いつもはレイアウト全部取っ払うのだが、この流木にはいい感じに穴が開いていて、そこにクイーンアラベスクタイガー入ったままだったりするのだ。
かなり居心地がいいらしく、全然出て来ねーので、そのままにしてるってワケ。
avm9000999999 (13)

観察できる時間は水換えの時がほとんどのプレコたち。
レイアウト戻せばこのとおり、見事に雲隠れ。
avm9000999999 (15)

いつの間にやらホワイトトリムもしっかり隠れているのだった。
あと二週間もすればもうちょっと体型もふっくらしてくるだろうか?
avm9000999999 (16)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

手間と気遣い

2016年 08月26日 20:02 (金)

本当は先週の記事にしようと思ったんだが、まるまる一週間経過してしまったので、写真は先週と今週分の混合でいきたいと思います。
内容は、水換えについて。
avl7777777777 (3)

また水換えかよっ!なんて言いねぇ。大事なことなんだぜ?
(他にネタがないという噂も・・・;)
avl7777777777 (2)

60cmらんちゅう水槽から60レギュラーへと変更したのはお盆休み。
約二週間経過したことになります。もちろんその間、水換えサボッたワケじゃないぜ?
avl7777777777 (4)

単に水抜いたー、金魚元気ー、注水したーで終わりってのは手抜きすぎるなぁ。
じゃあ、ちょっとだけ手間を掛けた記事にしたいと思いますw
水はけっこうクリアになんですが、クリアだからといって水が汚れてないなんてこたぁない。
金魚は熱帯魚以上に、水換えが大事なのだ。
とにかく水換え。明けても暮れてもUFOが墜落しても水換えなのだ。
avl7777777777 (5)

水換えはしてるが、設置してからまだ洗ったことがなかった水作エイトM&L。
今回は取っ払って丸洗い。
avl7777777777 (6)

Lの方はさすがにデカイだけあってずっしり重かったです;
んで、やはりそこそこ汚れてます。もちろん飼育水でジャブジャブ。
黒くなった飼育水なんて見ても楽しくもなんともないだろうから、いちいち写真なんて撮ってない。
avl7777777777 (7)

撮ったのはBEFOREじゃなくてAFTERと錦鯉だ。
avl7777777777 (9)

換水量、今回は30Lほど。
フンやら水作エイトから流れ出たゴミも一緒くたに灯油用ポンプでグイグイ吸い出したった。
avl7777777777 (8)

で、リングろ材を落としたまま入れ忘れたw
まさにあるあるである!
avl7777777777 (10)

ここで、うちの金魚飼育のワンポイント。
水道水を汲んで、カルキを抜いたまま数時間放置。
汲んだばかりの水は当然水槽の水より冷たいので、このまま入れると白点になる可能性もある。
できるだけ水槽の水に温度を近づけてから注水するという配慮である。
avl7777777777 (11)

これを手間と取るか、魚たちへの気遣いと取るか。あなたならどっち?!
私はどちらでもなく単に「白点、メンドクサイ、治す、ヤダヨ」ってなところであるw

ちなみに、注水後の水槽の写真、撮ってないです。
だって現時点でまだ注水してないしw

テーマ : 金魚飼育
ジャンル : ペット

不可解な死

2016年 08月25日 19:26 (木)

一週間振りな上に写真もなく、オマケに不景気な話というとんでもない記事ですが、どうかご勘弁を・・・。

実は、前回の水換えの後、レッドフックメティニスの中サイズが死んでしまったんですよね。
死因はまったくもって不明。
ただ、水換えから数時間後に死んだので、引き金は水換えなんだろうが、はて?
ルーティーンワークにならないよう、水換えの時は慎重にやってるし、魚たちの様子もしっかりチェックしている。
今回もいつもどおり、まったく異常なかったんだが。

最近、物忘れが激しい。
もしかしたら・・・中和剤を入れ忘れたとか?
可能性は決してゼロじゃない;

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

ワンパターン

2016年 08月20日 21:32 (土)

90cmといえば、コイツを登場させるしかない!

我が家の看板、シノドンティス・オルナティピンニス。
デコルスもしっかり写ってるけどね;

ワンパターンと言われようと、いいものはいいのだ。
ラモーンズだって、デビューから解散までずっと同じスタイルを貫いたんだぜ?
avj777777777 (1)

上にもちょっと写ってるけど、デコルスはこりゃアカン。
完全に成長止まってら。
ケンカで損傷したヒゲも尾びれも完全には再生しないし、これはずっとこのままデカくならないんじゃなかね。
ドットはだいぶはっきりしたんだが、いよいよここで終点かも知れない。
予想はしていたけど、ちょっと残念かな。
avj777777777 (3)

ショウテデニー。
こちらも現在は成長が止まってるっぽい。
しかし、私の予想を遥かに上回る成長を見せたのには驚いた。
個人的にコイツって、サカサナマズくらいにしかならないと思ってたもので;
avj777777777 (2)

シノドンも多種多様。
こうして見比べても、それぞれ全然違う。
コレクターがいるのも頷けるというものです。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

古代のマシン

2016年 08月19日 21:06 (金)

痛てぇじゃねーかコノヤロー。
いや、実は蚊に刺された箇所を掻こうとしたら、瘡蓋になりかかった傷も一緒に引っ掻いてしまって・・・。
ごらんのとおり流血ですw
水換えの時、ちょっとヒリヒリするんだよね~。
avh555512345 (5)

少々ショッキングな内容であっても、閲覧注意なんて表示をしない男、それがSPEED★KINGなのです!
でわ、本題へいきましょうか。

ポートホールキャット。
こうして時々よく見える場所でボケっとしていたりするので、写真は撮りやすい方である。
しかし、フラッグテールに比べると臆病な面が目立つ。
そして、暴れるわけでもないのに、ぜかよくケガをするヤツであるw
avh555512345 (1)

フラッグテールポートホール。
最初は、ポートホールは単にフラッグテールの尾びれの模様がなくなっただけのやつだろ?って思っていたのだが、なかなかどうして、比べてみると体型も体色も性格も、まるで違う。
コイツの方が堂々としてるかな?目が真っ白になってるのは、ガラス面に顔をくっつけながら右へ左へと泳ぐために、眼球に細かな傷がついて真っ白になってしまったのか。それとも単なる老化なのか??
コイツもけっこう長くいるからな~。後者の方が正解なのかな・・・?
avh555512345 (2)

で、上2匹の兄貴分的な存在であるアーマードキャット。
性格は全然違って、こっちはアクティヴかつ人にも馴れる。そのうち餌くれダンスも披露するようになるだろう。
今のところ何の問題もなく、元気でございます。餌食いも非常によろしいので、短期間に大きくなる可能性大。楽しみです。
avh555512345 (3)

マシン的な外見だが、決して私がプロポを駆使して動かしてるわけじゃないw
avh555512345 (4)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

シンパシー

2016年 08月18日 20:49 (木)

ほっ。
今日は90cm水槽をはじめ、各水槽ガッツリ水換えでございます。
そして、いつもどおり、8月20日の記事を投稿日を変更しての更新でございます。

んじゃ、まずはプレコ達の様子からいかなくてはなるまい。
avi697878685 (1)

あのな~、お前ら・・・。
えーと、コレどれがどれなんだか??
avi697878685 (2)

ヒーターの下にギッシリ状態で、一匹一匹の写真なんて撮れやしない;
シェルター撤去した後の彼らなんて、どこのプレコ水槽持ちのお家でも概ね同じようなものだとは思うが・・・w
avi697878685 (6)

まぁ、こうなっていては仕方ない。
撮れたプレコだけに絞ろうじゃないか。
綺麗どころといえば、コイツもそうなんだが・・・
avi697878685 (5)

それじゃあ面白くあるまい?
ってことで、孤高のマダラタイガーにでもしようじゃないか。
相変わらず、タイガー系らいくない体色は変わらずw だが、それがいい。
なぜか強いシンパシーを感じてお迎えしたわけだが・・・
avi697878685 (4)

壁際でまとまっている連中に加わることもなく、実に飄々としてるじゃないか。
こうして見ると、各ヒレと尾の辺りにはタイガーのパターンが入ってるんだな。
avi697878685 (3)

それに、このマダラ模様、単に不鮮明なんじゃなくて、大小様々なスポットが重なるように入っているからマダラ模様に見える?
味わい深いコーヒーのようなマダラタイガーであった。
ちなみに、非常に元気であります。
avi697878685 (7)

一方、お迎えして一週間が経過したホワイトトリムだが、まだまだ様子見続行中。
餌に対する反応も、餌食いも決して悪くなく、居場所を巡って他のプレコと張り合うパワーも、一応持ち合わせているようである。
もう少し体がふっくらしてくれば、安心なのだが・・・。
avi697878685 (8)

先輩トリムであるオレンジフィンレオパードは、少しガッチリしたかな?
心なしか大きくなったような気もするが・・・プレコの成長はちょっとわかりづらいんだな~これが。
avi697878685 (9)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

タンクデータ・改

2016年 08月17日 19:23 (水)

気がついたら、ずいぶん更新してないタンクデータ。
色々様変わりしてるのでやっておいた方がいいかな?

<第一水槽>
サイズ:90×45×45
水温:28℃
照明:36W 普段は18Wしか使わない。
フィルター:グランデ900(ポーラスリング、サブストラットプロetc)
メンテ:二、三ヶ月に一度。(余裕のない時は半年に一度)
水換え:基本的に二週間に一度、半分ほど。できない時は三週間に一度。底床のクリーニング必須。

生体:
カラープロキロダス
レッドフックメティニス×3
スポッテッドメティニス
ストライプトーキングキャット
シノドンティス・オルナティピンニス
シノドンティス・ショウテデニー
シノドンティス・デコルス

その他:
本来、第一水槽はプレコ水槽のハズだったんですが、一番大きい水槽がメイン水槽じゃないのはオカシイんじゃないのか?と思うようになり、いつの間にやら第一水槽=90cm水槽となりました(笑)。
このところ導入する魚が失敗続きで鬼門化しつつあるが、失敗の原因は水質云々ではなく、同居魚との圧倒的な体格差と、上層魚の派手な動きによるストレスが原因なんじゃないかと思われる。
他の水槽に未来の混泳候補がいるが、ある程度成長してからでないと、同居は厳しいか?
avh6666666666666 (2)


<第二水槽>
サイズ:60×30×40
水温:28℃
照明:LED
フィルター1:エーハイム2217 NEW+プレフィルター(エーハイムメック+サブストラットプロ)
フィルター2:コトブキ パワーボックス SV-5500(リング系ろ材、ボール系ろ材、カキガラ)
メンテ:基本的に一ヶ月に一度、できない時は二ヶ月に一度、各フィルター交互に。
水換え:基本的に週に一度、半分ほど。できない時はゴミ取り+プレフィルターの掃除+足し水のみの時あり。

生体:
レモンテトラ×5
ロージーテトラ×5
ロイヤルプレコ
ファンシースポットペコルティア
メガクラウンペコルティア
ブロードバンドタイガー
インペリアルタイガー
ベネズエラ・マダラタイガー
クイーンアラベスクタイガー
ブルーフィンプレコ
ゴールデンブルーフィンプレコ
アカプレコ
オレンジフィンレオパードトリム
ホワイトトリム

その他:
かつての黄金期を取り戻すため、昨年末から再度プレコ導入中。とはいえ、所詮は60cm。入れられるプレコには限りがある。あと一匹が限度かな(今でも充分多いだろうという話も一部であるようだ;)。
我が家の水槽の中で、一番シビアに管理してはいるが、最近はメンテできないことも増えてきたのが心配。ダブルフィルターのおかげで何とか維持できている。しかし、パワーボックスにガタがきつつあるので、もう一基2217を追加したいところだ。
プレコ達も、導入時の小競り合い程度で、その後は大きなトラブルもなく、今のところは平穏である。
avh6666666666666 (1)


<第三水槽>

サイズ:60×30×36
水温:28℃
照明:18W
フィルター1:グランデ600+ウェット&ドライろ過槽(リング系、ボール系ろ材、ブラックスポンジ、ハードマットetc)
フィルター2:水作エイトコアS
メンテ:ほぼなし。半年に一度か、一年に一度のどちらか。(本当はやりたいんだが・・・触るのが不安;)
水換え:基本的に週に一度、半分ほど。どうしても無理な時は二週間に一度。

水草
ミクロソリウム
アヌビアス・ナナ
アヌビアス・バルテリー ストライプ

生体
アノマロクロミス・トーマシー
マウンテンスパイニーイール×2
スケルトンメティニス×2(成長後は90cm水槽へ移動予定)
スポッテッドトーキングキャット
ホワイトラインコンコルドキャット×2
バンジョーキャット
タティア・インターメディア
レモラキャット
アフリカンマウスフィンキャット(成長後は90cm水槽へ移動予定)
ポートホールキャット
フラッグテールポートホールキャット
アーマードキャット(成長後は90cm水槽へ移動予定)

その他:
リセット後に新メンバーを加えて再スタートを切った。
今のところ、クロヒゲはないが、茶ゴケは継続中。しかし、最近はガラス面やヒーターガードのコケを落とす機会は少し減った?
ミクロソリウムがそろそろダメっぽい(笑)。
スポッテッドトーキングやホワイトラインコンコルドキャットが死にかけてヤバかったが、奇跡の復活。
ヒゲが長い種類は今後厳禁となった(涙)。
avh6666666666666 (3)


<第四水槽>

サイズ:60×30×36
水温:室温
照明:レフランプ 但し、観賞時・撮影時のみ点灯。
フィルター1:水作エイトL
フィルター2:水作エイトM(リングろ材)
メンテ:水作エイトはほぼ毎回丸洗い。余裕のある時は水槽のガラス面を全部擦り洗い。
水換え:週に一度、60%~70%。

生体:

和金(餌金の生き残り)
錦鯉
コメット
朱文金×4
琉金×2

その他:
ベアタンクなので、水換えがラク。灯油用ポンプを使用。時間が大幅に短縮できる反面、注水では水温の変化がやや心配。最近では、あらかじめバケツに汲んだ水を同じ場所に置いておき、水温をできるだけ近づけてから注水するよにしている。
60cmらんちゅう水槽から、旧ゴールデン水槽に変更したのだが、できればひとつ記事を書きたかったw
avh6666666666666 (5)


<第五水槽>

サイズ:60×30×26
水温:28℃
照明:15W
フィルター:エーハイム2213(エーハイムメック、サブストラットプロ)
メンテ:三ヶ月~半年に一度。
水換え:二週間に一度、半分ほど。できない時は三週間に一度。

生体:
インドレッドテールキャット(ホラバグルス・ブラキソマ)

その他
旧エレファント水槽だったが、死亡したためコイツ単独の水槽に切り替えた。
上部式フィルターも撤去。まさにシンプル・イズ・ベスト。こちらも灯油用ポンプを使って排水するので、水換えの時間はさほどかからないので、金魚水槽ほどではないにせよ、そこそこラクである。
avh6666666666666 (6)


<プラケ>

サイズ:市販されているプラケの中では一番大きなサイズだろうか?
水温:室温
照明:なし
フィルター:水作エイトS 旧モデル
メンテ:水換え毎に水作エイトのろ材も洗う。
水換え:二週間~三週間に一度、全体の70%、多い時には80%。

その他:
水槽からプラケに変更してから管理が各段にラクになった。
殺風景すぎるが、砂利を入れると飲み込んでしまうのでNG(笑)。
avh6666666666666 (4)

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

ハード・ラバー

2016年 08月16日 14:01 (火)

えらくカッコイイ(そうかァ?)記事タイトルですが、内容はショボさ全開でございます。
いくつかネタを用意してるので、時間のあるうちにやっちまおうかと思ったんで、やるなら少しでも実用的な内容じゃないと、何だよここマジ使えねーなんて見放されてしまう可能性大!

実用的なネタとして、まず私にとって最も身近な魚といえば・・・やはりナマズ!
というわけで、ゴールデン水槽。
avg3333333333333 (1)


でも、内容は存在感ありまくりなゴールデンさんじゃなく、キスゴム関連だったり・・・。
avg3333333333333 (2)

水底に無残に横たわる水温計。原因はキスゴムの劣化。
GEXのクリスタル水温計は安価で良いアイテムだと思う。が、キスゴムがダメになりやすいのがネック。
水温計自体はそうそう壊れる物ではないので、キスゴムを水作のチューブぴたっとに交換してもいいのだが・・・・。ちなみに、そのチューブぴたっとは、後ろでサーモセンサーを止めてあるキスゴム。企画的長持ちするのでおすすめ。
avg3333333333333 (3)

でも、ざ~んねん!
本題はこっちだったりすのよ、これが。

それはエーハイムのキスゴム。
耐久性が素晴らしい物ばかりのエーハイムですが、唯一の(?)弱点は、キスゴムの弱さ。
既にこれ何度か交換してるが、いずれも長持ちせす、すぐにカッチカチになっちまう。
avg3333333333333 (5)

何とかならないもんか・・・。
そう考えた私は、パワーボックスのキスゴムがまだ余っていたことを思い出す。
じゃあそれと交換しようやということに・・・って、実はこれ、プレコ水槽でもやってるんですよね。

まず、エーハイムのキスゴムをクリップから外します。ちょっと力が要いるけど、出来ない作業ではありません。
パワーボックのクリップじゃパイプの太さと合わないのよ。2213は細いから・・・。
avg3333333333333 (9)

指でぐっと押し潰しても曲がりませんw 逆に指が切れそうだ・・・。
他のキスゴムより使用期間は短いはずなんだが、超絶的に長持ちしないなこれは。
avg3333333333333 (8)

で、パワーボックスのキスゴムを用意。
真っ黒なんで、何のキスゴムかなんて写真じゃわからないだろうけど(笑)。
avg3333333333333 (7)

さっきのエーハイムのクリップに、パワーボックスのキスゴムを差し込んでしまえばハイ、完成~。
avg3333333333333 (10)

実は、パワーボックスのキスゴムもなかなかの耐久性なのだ。
これで数年間はそのまま使用できるぜ!
avg3333333333333 (11)

ちなみに、スドーのヒーターガードのキスゴムもかなりの耐久性。
もう数年使用してるが、劣化は非常に少ない。すぐにキスゴムがダメになるし・・・って理由で、ヒーターを底面にゴロンと横たえてある人、コイツはおすすめです。
avg3333333333333 (6)

ね?なかなか実用的なネタでしょう?

ビッグ・ブラザー

2016年 08月15日 16:12 (月)

さて、関係ない話題を挟んで続きといきましょうかね。

新入りさんその2。

ってオイこれスク水じゃねーかっ!!!
avd44499999999 (5)

ああ、間違えた。最近、目が悪くなってねぇ・・・。そうだった、こっちだった。
って、オイこれチアコスじゃねーかっ!!!

つーか、なんでこんなモノ持ってるんだよ!
avd44499999999 (4)


っと、いきなりとんでもないネタを頭に持って来るSPEED★KINGでございます!
ツッコミなんて無視するぜぇ?
avg999800000496 (1)

はい、新入りさんその2はズバリ、アーマードキャットです。
avg999800000496 (2)

過去に2匹いましたが、それぞれかわいそうな最期を遂げてしまったので、リベンジというワケではありませんが、未来の90cm候補としてお迎えいたしました。
avg999800000496 (3)

古代魚っぽいのにメカニカルなデザインがカッコイイ。
しかしこのナマズ、何かに似てると思いませんか?
avg999800000496 (4)

そうです。
ポートホールキャットたちに似ているのです。
というよりも、コリドラスに似てます。それもそのはず。だってポートホールもアーマードキャットも同じカリクティス科のナマズですから。
avg999800000496 (5)

再度上から。
こうして見ると、コイツもけっこう立派なヒゲを持っとります。
avg999800000496 (7)

アクティヴなナマズですが、水合わせ中はあまり動かず、じっとしてました。
avg999800000496 (8)

丈夫なヤツではあるが、水合わせは慎重に二度行いました。
avg999800000496 (9)

で、さっそく水槽へドボン!
ね?よく似てるでしょう?
でも、決定的に違うのはアクティヴな性格とサイズ。
avg999800000496 (10)

こんなツーショットなんて今だけ。すぐにポートホールは抜かれてしまうでしょう。
よく食うし、成長も早いし、MAXサイズも15cmはいく。装甲車のような姿はなかなかに見ごたえありますよ~。
avg999800000496 (11)

さっそく水槽内をあちこち移動。砂に口を突っ込んで餌を探してました。餌を探す姿はコリドラスと同じなのが面白いw
avg999800000496 (12)

倍のサイズになるまですぐだろうな。
バンジョーキャットなどにきちんと餌が行き渡るよう工夫もしないとな。
・・・ちょっと課題が増えたかな??
avg999800000496 (13)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

最近の探偵

2016年 08月14日 15:25 (日)

さて、一旦無関係なお話。
ずっと放置されていたネタから最近の話までまとめだけの、まぁ、いわゆるとりとめのない記事でございます。
avc222222222 (2)

えーと、ナニナニ?
私がどんなタイプかわかるって?ほほう、面白そうじゃないか。
avc222222222 (1)

・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・。
当たっているのいだが、なんか、どれが当たっても嬉しくないなァ;
ちなみにこれは歌詞カードの中身であるw
avc222222222 (3)

デッドボールPもそうなんだが(笑)、気になるモノあれこれ。

「ちおちゃんの通学路」は4巻まで読破。新キャラも登場してますます賑やかに。5巻はそう遠くないうちに発売されるそう。
で、ちおちゃん買った時にさ、試し読み小冊子を見付けて(最近はこういう物が書店には置いてあるのだ)面白そうだと思って、ちょっと買ってみたんよ。

「まったく最近の探偵ときたら」
近年よく見るタイプのタイトルだが、主人公は右のパン食ってるオッサンである(笑)。
avd44499999999 (1)

若い頃は名探偵ともてはやされたものの、トシを取り、今ではすっかり落ちぶれて仕事もなくなったオッサン探偵と、その助手希望の女子高生が織りなす、ハイテンションなギャグマンガである(笑)。
オッサン探偵って言うが、年齢設定は私より若い・・・複雑だな;
avd44499999999 (3)

ヒロインの女子高生もなかなか可愛いらしい。それに、画力も素晴らしい。
テンション高すぎて疲れるなんて感想もあるが、私はけっこう楽しめました。
読みたいシリーズが増えて嬉しい限りです。
avd44499999999 (2)

昨日は昨日で本屋さんに行ったら、「千本桜」の最終巻が出てました。
ぶっちゃけ楽曲のイメージからはずいぶん離れてますが、読んでいるとあまり関係なくなりますね、こいういうのは。
多少の読みづらさ、バトルの迫力不足など、難がある作品ではあるが、読み続けているとやはり結末は気になるものである。
avd44499999999 (6)

そして、待ったぜこの日を!
櫻子さんの足元には死体が埋まっている 八月のまぼろし:」

まさか発売してるとは思わなんだ。
けっこう長いこのシリーズ。これからもクオリティーを落とさずに続けてもらいたいものである。
avd44499999999 (7)

ブラック・ポルカ

2016年 08月13日 14:52 (土)

休みもそろそろ終わりに近づき、次第に憂鬱の足音が近づいてきますね。

昨日から今日にかけて、フィルターやらろ材やら洗って乾燥、撤去する水槽を丸洗いしたり、使えなくった物・買ったはいいけど使い物にならなくて困っていた物、生体通販などで溜まっていたスチロール箱などをまとめて処分したり、アクア関係のアレコレをこなしておりました。

そんなこんなで、ようやっと新入りさん記事が書けますよ・・・。
最近はまっかちんを利用ることが増えました。何せプレコ・ナマズ関連はこちらでは現在入荷が絶望的なので。
ave50709809-0 (1)

ホワイト~グレー系のボディーに真っ黒なスポットが入った、渋い系のプレコ。
ave50709809-0 (3)

ホワイトトリムです。
我が家では、故・タイガーフィンサタンに続き、2種類目のレポラカンティクス属のプレコ。
レポラ系のプレコは比較的小型で、他のトリムとりも性格も若干穏やかなので安心感があります。
実はブラックドラゴンスタークラウンかこっちにしようか、ちょっと迷ったりしましたが、今回はこっちの方がいいんじゃないか?と、そんな気になったのでした。

トリムならではの、シュッとしたスマートなフェイスラインがカッコイイ。
独特のブラックスポットがダルメシアンのよう。なかなかどうして精悍な印象。
ave50709809-0 (2)

アレコレやっていたので、水合わせがすっかり遅れてしまいました;
コイツはなんか、マイペースというか動じないというか、水合わせ中もオレンジフィンレオパードトリムの時のように動き回りません。
ave50709809-0 (4)

サイズはレオパードとほど同じくらいだろうか?
小さくてもケンカが強いレオパードとの相性が少し心配である。
ave50709809-0 (5)

正面から。スポットの間隔が絶妙。
下の方はほぼ均等に入ってますね。
一部虫食い状になっているスポットがありますが、他のスポットも成長すれば変化するのだろうか?
ave50709809-0 (6)

あまり動きがないので心配になるな・・・。
手で掴むと、けっこうジタバタ暴れるので、体力がないわけではなさそうだが。
ave50709809-0 (7)

水槽へドボン。
目が少々引っ込み気味。長旅の疲れだろうか。
ave50709809-0 (8)

まぁ、ガタゴト揺られて超時間の水合わせ。そりゃストレスも溜まるだろうな~。
ave50709809-0 (9)

明るい場所からまったく動かなければ少々危険。
プレコは基本的に、よほど慣れていないと明るい場所には出て来ない(うちの場合、アカプレコはなぜかあまり隠れないが、コイツは例外か)んだよね。

心配だったが、あれれ、移動してる。
ave50709809-0 (10)

時折水槽を覗くと、けっこう移動してました。
初期の小競り合いと隠れ家の確保はどのプレコも通る道だ。
ホワイトトリムよ、無事適応して下され。
ave50709809-0 (11)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

第7期

2016年 08月12日 17:37 (金)

エレファントノーズ亡き後の60cmらんちゅう水槽。
上部式フィルターは取っ払ってろ材も何もかも丸洗い。もうここで住人を増やす気もないので必要なくなってしまった。
で、ここへ新たに入ったお方は・・・・
avd33344444 (5)1

ゴールデンさんです。
水作エイト1個で管理するよりはこっちの方がいいだろう。
最近、ちっとも手入れ出来ずにいたので、少々元気がありませんが・・・大丈夫か?
avd33344444 (4)1

しかし、ゴールデンさんも色々ありました。

導入からしばらく51cm水槽暮らしだった第一期。
60cmらんちゅう水槽で、導入したばかりのシノドンなどと一緒の第二期。ここでは崩壊後も生き残った。
同じ水槽で、故・デルヘジィ、ストライプトーキングや新しいゴールデン追加組との第三期。
90cm水槽での第四期。
60cmらんちゅう水槽に3匹を押し込んだ状態での第五期。
1匹になってしまってからの60レギュラーでの第六期。
そして、再度この水槽に戻り・・・・第七期である。

今後はどうなるだろうか?w

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

魚がいる場所へ

2016年 08月11日 16:30 (木)

こちらは土日分まとめて。

実は土日の両日とも早朝に目が覚めてしまったんですよね。
うーん、じゃあたまには行ってみるかということになって、深夜のドライヴならぬ早朝ドライヴとなりました。
最も、休日の朝早い時間というのも嫌いではない(どちらにせよ人がいないから)。

といっても別に大したことがあるわけではありません。
何となく、そういえばあのへん、川があったっけな?って感じで、魚を採集できるかも知れないぜってポイントをいくつか当たってみた。

午前4時40分出発。
ボカロ曲を聴きながら車を飛ばすこと20分。
家からは南の方角になる。このへんはだいぶ自然豊かな地域。もう少し走れば大きな道路もあり、マックやコンビニ、ホムセンからドラッグストアまで、それなりに商業施設もあったりする。
車がすれ違うことができるかどうかという橋を渡り、路肩のスペースに車を停めて降りてみた。

生活排水は少なそうだ。
うーん・・・浅い。それに遮蔽物がないな。
でも、時折水面にピチャピチャと波紋が広がるので、小さな魚はいるようだった。
ave4968798090 (1)

上の写真から左方向に少し移動。
民家もあるので、ヘタしたら不法侵入になりそうで気を遣う。
一応、反対側には階段もあり、降りられるようにはなっているが、ますます民家の敷地に近づくことになるので辞めて、役に立たないコンデジズームで撮影。
流れが速い。カワムツぐらいならいそうだが・・・。
どちらかといえば、葦の方をガサガサやれば何か入るかも知れない。
ave4968798090 (2)

しっかし、見渡す限り山ばかりだな・・・。
近くにはちんまりした小学校がある。いかにも田舎の小学校といった風情。
のどかでいいなという反面、夜はシャレにならんくらい怖そうだ。特に徒歩はw
おまけに街灯もほとんどないときた。
ave4968798090 (3)

なんか小腹が減ったので途中でコンビニに立ち寄り、おにぎり2個とコーヒーを買う。
軽く腹に入れるつもりだったが、結局ガッツリ食ってしまった。帰れば帰ったで朝食だってのに。
コーヒーを飲みながら一服していたら、なぜかパトカーが駐車場に入ってくる。
なんだバカヤロー、職質でもかけるんならとっととかけろコノヤロー!と見返していたら出て行った。
途中、止まったりして警戒してるようだったがw そんなに早朝に人がいるの珍しいのかここは?

で、一服し終わったら今度は引き返して北へ移動。来た時の移動時間プラス15分?
私にとっては学生時代よく餌にする魚を採集した場所もあるので馴染みはあるんだが、いかんせん20年振りかそれ以上。
ポイントも色々と忘れている。
先ほどの場所とはまた違うが、ここらの方がもっと人が少ない。
コンビニどころか民家もそう多くない。あるのは農家がメイン?

あまり先に行ってしまうと、どこでUターンできるかわからないので、そこそこの場所まで。
両側に葦が生えていて、真ん中には遮蔽物がない。よくあるパターンが延々と続くが、途中で水を堰き止めている場所があった。
小さな影が凄いスピードで泳いでいるので、オイカワかカワムツってところか。
ave4968798090 (4)


続いて日曜編。午前5時20分出発。
雨が降ったり止んだり、半端な天気である。
土曜もそうだが、薄曇りで朝陽は拝めず。
まぁ、そんなもの拝めたって幸せになれるわけではないのでどっちでもいいんだが。
今回は家から西方面へ。移動距離は多分15分くらいか。一応、同市内である。まぁ、土曜も同市内だったんだが。
こちらもそこそこ田舎ではあるが、昔と違って新築家屋が増えた。
ave4968798090 (6)

ふむ。
生き物が生息できないほど環境は悪くなさそうだが、降りる場所が見付からず、遠目から撮影するしかなかった。
流れが淀んだ場所もあったので、ナマズとかいそうな気もするが・・・。
ave4968798090 (5)

他にも良さそうな場所をいくつか見付けたが、いずれも民家の庭先とか裏側とか私有地に足を踏み入れる感ハンパないので諦めた。田舎にはのほほんとした人間も多いが、排他的な人間もいるのだ。

少々迷ったが、一旦引き返して別の場所へ。
引き返した地点からの方角は北西方向か。山の麓といったところで、ここより先に進めばコンビニもなくなり、民家も減り、最後には山と川ばかりになる。途中、道が分岐してるが迷うことはほとんどない。
終点まで行ってしまうと、店もない、自販機すら見当たらない、買い物の代行軽トラックがいそうな場所。「ここらの子供は普段、どこの学校へ行ってるのか?」「どこで遊んでいるのか?」と、疑問に思うほどの超ド田舎である。

で、写真は有名な某巨大河川との合流地点の一部である。
前職でこの近辺の建物に訪れたことがあって、休憩時間に見付けて気になっていた場所でもある。
餌釣りのエリアはここから何とやらという看板を発見したので少し覗いてみた。

私が近づいたら逃げてしまったが、サギの姿があったので魚はいるのだろう。
ave4968798090 (7)

例によって降りる場所が見当たらないので、ズーム撮影。
このあたりでサギのヤローが何かついばんでたんだよな。残念ながら魚が跳ねたりする姿は見えず。
ave4968798090 (8)

上の写真の橋の向こう側。
ガードレールがない方が観察しやすいだろうということで、私は右側を行ける所まで歩いたが、おわかりのとおり、思いっきり民家である。いや、歩道なのかも知れないが、往々にして自分達の庭のようなものだと思ってるはずである。

写真には撮れなかったが、黒っぽい影が動き回っているように見えた。
生活排水も少なそうだし、仕掛けでも沈めておいたら何か入るかも知れない。
ドジョウとかいてくれると嬉しいのだが・・・。
ave4968798090 (10)

他にもいくつかポイントはあるが、それはまた別に機会にしよう。

バタフライ・ドリーム

2016年 08月09日 20:06 (火)

いいこともあれば悪いこともあり・・・。

以前から食が細くなっていたエレファントノーズがとうとうお亡くなりに。
水槽にポツンと取り残されたアナドラスも試験的に90cm水槽へ移動してみましたが、やはりお亡くなりに。90cm水槽導入はもはや鬼門になりつつある・・・。
錦鯉も、水換えで隔離→用事発生→そのまま放置の酸欠により1匹死亡。

実は↑の出来事は今月頭のこと。
既に気持ちは切り替えております。他の魚たちの世話だってあるのだから、そうそう落ち込んでもいられない。

同じく今月頭に、実は新入りさんをお迎えしていたので、記事にしておきます。
感覚的には今さら書くのかよって感じなのですが・・・まぁ、お付き合いくださいませ。

新入りさんってーのはどこの金魚だい?
はい、コイツらです。朱文金が2匹に琉金が1匹。
ava11124567 (1)

今回はいつものお店で購入。
水温合わせはしないつもりでいたが、お店からやった方がいいとアドバイスいただいたので・・・ってゆーかやって当たり前です、ハイ。単に私がメンドクサイってだけで・・・。ダメですねぇ、自分。
ava11124567 (2)

朱文金はまだまだちっこいですが、尾びれの伸びはなかなか?
このテの金魚は1匹1匹ホントに柄が全然違うので面白い。
自分的には他の金魚よりも朱文金の方が純和風って感じです。
ava11124567 (3)

琉金。
尾の広がりが見事。色の入り方も綺麗。
餌金の赤とは根本的に違うのがよくわかります。
ava11124567 (4)

1,500円と、今までお迎えしてきた金魚の中では最高額。
選んだ基準は特になく、強いて言えば水槽の中で一番オーソドックスなカラーパターンだったから、でしょうか。ひょいっと覗いて、よしコレにしよう!と簡単に決めましたが、これが大正解だったようです。
ava11124567 (5)

しかし、高かろうが安かろうが特別扱いはしないのだ!
水合わせ終了後、容赦なく水槽へドボン!
ava11124567 (6)

琉金は動きが若干スロー。
錦鯉にやや弾かれたりしますが、物怖じしない性格らしく、萎縮するようなことはありませんでした。
ava11124567 (7)

一緒に入れた朱文金B。
こいつは赤が少なく、両面ともこんな感じ。なかなかスッキリしたヤツですが、もし墨が抜けたらただの銀色の魚になってしまうんだろうかw まぁ、それならそれでよい!
ava11124567 (8)

やれやれ、二周遅れで新入りさん紹介かよ・・・・
ava11124567 (9)

テーマ : 金魚飼育
ジャンル : ペット

ボタンフライ

2016年 08月08日 19:00 (月)

当ブログ始まって以来の二週間放置・・・。
お久し振りですね~?お元気でしたでしょうか?

私は8月に入り、ぶっ通しで仕事だったため、更新しようにも出来んわけで・・・。
ま、ぶっ通しと言っても、結局抱えていた体の故障が悪化して、休日出勤分を別の日に休んでしまったわけですが。
何にせよ本日から(投稿した日付は違うけど、書いてるのは8月13日)お休みなのでようやく再開できます。


Levi's 501なんて10代以来。もうかれこれ20年振りくらい?
avd44567890 (3)

当時28インチだったが・・・今ではすっかり太ってなんて言うとでも?
これは29インチだが、若干余る感じだ。やはり私のサイズは当時と同じ28インチがベストか。
年代によってシルエットが異なるが、これは古着なので昔のタイプだと思う。
avd44567890 (1)

色が普通のジーンズと違うのは、これは後染めだからだと思う。元は普通の501だったんだろう。
個性的なカラーなので、履くのはちょっと勇気がいるかな。
だってもうオッサンだもん。

501と言えばボタンフライ。
手持ちのパンツにもボタンフライはあるけど、ホント久し振りだわー。
ちなみに、昔のユニクロにもLevi's 501売ってたんだぜ。あとLeeもあった記憶が・・・。
avd44567890 (2)

本日は渋滞に舌打ちイライラ・・・。
無駄に時間をかけて隣町のブックオフまで。
地元ではそろそろ聴きたいCDがなくなりつつあるので遠征してみた!

成果は上々。
まだまだいっぱい聴きたいのあったけど、今回はこれで我慢するか。

上段左から。
ラモーンズ「ジ・エンド・オブ・ザ・センチュリー」(デジタルリマスター+ボーナストラック追加盤 1980年/2003年)
マキシマム・ザ・ホルモン「ぶっ生き返す。」(2007年)
ラモーンズは、ロック好きなオッサンなら知ってることでしょう!
マキシマム・ザ・ホルモンは、ずっと聴こうかどうしようか迷ってましたが、今回初購入。「絶望ビリー」がカッコイイです。

下段左から。
ジェット「ゲット・ボーン」(2003年)
ミサイル・ガール・スクート「ワンダーランド」(2001年)
ミサイル・ガール・スクートがなぜ洋楽コーナーにある?・・・って、店員も知らないんだろうな~。とっくに解散したバンドだし、そもそもマイナーだったからな。
avd44567890 (4)

インパクトあるジャケですw
avd44567890 (6)

ボカロアルバム。
「GUMI ROCK 9369+69」
今回はGUMIのコンピレーション盤です。
絵からわかるとおり(笑)、ロック系の楽曲中心です。
39はミク、93はGUMI。なるほどw
avd44567890 (5)

ピックモチーフのチョーカーって、売ってますよね。
avd44567890 (7)

って、ホントに付いとるやんけ!!
私もいいトシこいてネックレスとかしてるけど。してるけどもさ、これはないわ~(苦笑)。
avd44567890 (8)

ってなワケで、アクア関係もそうでない記事も、休みの間にまとめてどどーんといっちゃます。
流れてしまうかも知れませんが、シクヨロ~。