TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

全滅コース

2017年 04月07日 00:08 (金)

もうちょっと整理できてから書くべきかと迷ったんですが、もう起きてしまったことだし、この程度でアクアリウムをヤメようなんてこれっぽっちも思わないので、思い切って書いてしまいます。

ストレートに、今朝(4月9日、土曜ね!)ブルーフィンプレコとゴールデンブルーフィンプレコ、死亡しました。

これが前回、数年前に起こったプレコ大量死事件とまったく同じことでした。
我が家ではプレコ水槽に限り、餌やりの時は一時的にフィルターの水流を落とします。水流の強弱にもよりますが、概ね1時間~2時間くらいが目安です。これをやらないと、赤虫などはどんどんフィルターに吸い込まれてしまうので、我が家では必要なこと。
前回の大事件の時は、流量を戻す前に寝てしまい、翌朝までフィルターがほぼ止まった状態だったんです。実につまらないミスですね。
水質も悪化するし、酸欠になるし、そりゃあプレコも死にます。

今回は途中で気付いて慌てて元に戻したんですが、その時点で水槽内はとんでもないことに・・・。

まず、アカプレコは水面付近で横になり、体が半分水面から出た、要するにほぼ浮かんだ状態。その他のプレコもみんな水槽のガラス面の上の方に貼りついて、あからさまに調子を崩してる様子。普段、いつもの流木の窪みに隠れているクイーンアラベスクでさえそんな状態・・・。
adn099998345 (1)

レオパードトリムは流木に下に姿は確認したものの生死不明。
インペリアルタイガー、ブロードバンドタイガーは不自然に流木に引っかかって逆さまになったまま動かず。
ブルーフィン、ゴールデンブルーフィン、ホワイトトリムは底にひっくり返ってエラもほとんど動いてない。
adn099998345 (2)

あ、これ全員死ぬな。
もう、それ以外考えられない状態。朝は遺体回収作業、ヘタすればリセットになるなと気が滅入りました。
無駄だろうなとあきらめつつ流量を戻して・・・・。
土曜の朝、そこかしこに死骸が転がってる凄惨な現場を想像しつつ水槽を覗くと、まずブルーフィンとゴールデンブルーフィンの死亡を確認。
しかし、上の方に張りついていたプレコたちは何と全員回復!!それぞれいつものポジションに戻ってました。
目は落ち窪んで、絶対死んだと思ったホワイトトリムも何と生還を果たしました。
adn099998345 (3)

2匹を死なせてしまったのは本当に申し訳なかった。しかし、何とか全滅は免れたようだ。
場所の関係で、エアレーションを追加することは出来ないが、そのぶんこれからはより一層気持ちを引き締めて管理しなくては。

ホワイトトリムよ、戻ってきてくれたか~。本当によかった!
adn099998345 (4)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット