TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

アニリズム

2017年 06月08日 12:16 (木)

最近ですね、念願だった作品も無事手に入れまして、毎日寝落ちBGMとして使用しておりますSPEED★KINGです!
こっち関係の作品もだいぶ溜まってきたので、ここらでひとまとめにしとうございます。
異論は認めない!


藍井エイル「BLAU」(2013年)

現在活動休止中の彼女の記念すべき1stアルバム。
タイトルのBLAUは青という意味。実に彼女らしいタイトルである。
アニソンらしさを出しつつ、ソリッドでエッジの効いたロック・サウンドが、彼女のクールな雰囲気と歌声に実によく合っている。
躍動感あふれるアップ・テンポなハード・ロック寄りのナンバーが多く、1stアルバムならではのその名の通り、いい意味での青さに満ちている。
「Fate/Zero」のEDとしてリリースされたデビュー曲である「MEMORIA」を本編の最後に配置することで、アルバム全体がぐっと締まった印象を受け、締めくくりとしても大変重要な役割を果たしている。
そして、本編終了後に2010年にヒットしたYUIのヒット曲「GLORIA」がボーナストラックとして収録されているが、本人よりも彼女の方が格段に歌が上手い!
aef6697079445 (4)


Choucho「secret garden」(2013年)

元々はバンドとして活動し、その後「ちょうちょ」名義で3枚のシングルをリリースした後「Choucho」に改名。
この作品はそんな彼女の2ndアルバムである。
「ガールズ&パンツァー」「翠星のガルガンティア」「プリズマ★イリヤ」などのOP&ED曲を多数収録した強力盤。
「starlog」のみ聴きたかったという理由で購入。「starlog」のクオリティーが非常に高いので、実は他の曲には対して期待していなかったのだが、一曲目で既に愚かな考えを改めると同時に心の中で謝罪した(笑)。
ロックからポップ・チューン、ピアノとストリングスをメインに据えたバラードまで、思った以上にバラエティーに富んでいて、どの楽曲も音楽としての質が高い。
近年登場した女性ボーカリストの中では突出した個性はなく、さほど珍しいタイプの歌声ではないものの、中音域~高音域を生かしたボーカルでどんなタイプの曲でも表現力豊かにじっくりと丁寧に歌い上げる姿勢には彼女の歌に対する愛情を感じる。
aew22221345 (4)


大橋彩香「起動~Start Up!~」(2016年)

「さばげぶっ!」の園川モモカ、「アイドルマスター シンデレラガールズ」では島村卯月、「ドキドキ!プリキュア」では妖精のランスと、有名作品には欠かせない声優の一人。ごく最近では「バンドリ!」のドラマー 山吹沙綾も担当した。
現在はバンド Poppin'Patyでもドラムとして活躍している彼女の1stアルバム。
歌うことに対するポリシー「人に元気を届ける事」「笑顔になってもらう事」という言葉に嘘偽りはなく、元気で弾けたアップ・テンポな曲が多く収録されている。
1stアルバムということで粗削りな部分もあるだろうと思っていたが、聴いてみたらそんなことは全然なく、リズム感は抜群で言葉も聴き取りやすい。張りと伸びのある歌声が如何なく発揮された好盤に仕上がっている。
ただ、寝る時のBGMとしては彼女の歌声は少々元気すぎる(笑)。どちらかといえばスカッと晴れた日のドライヴによく似合いそうな作品。
aew22221345 (5)


藍井エイル「BLAU」



Choucho「starlog」



大橋彩香「起動~Start Up!~」