TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

ロードナイト

2017年 07月31日 02:20 (月)

7月に入り、新アニメもスタートして少し経ちましたね。
私は「賭ケグルイ」「アホガール」「Re:CREATORS」「Fate/APOCRYPHA」と、毎週2話ずつ再放送となった「Fate/Stay night [Unlimited Blade Works]」を視聴しております。

アニメの話題にしようか、ヘヴィ・メタル関係にしようか悩んだんですが、今回は少し前のバンドリ関係の続きにしようかしら。
Poppin'Partyはこの前書いたので、今回はポピパとともによく聴くRoseliaにしよう!

メンバーは以下の5人。キャラクター名ではなく敢えて演じている声優さんの名前で。

相羽 あいな(Gt&Vo)
工藤 晴香(Gt)
遠藤 ゆりか(Ba)
桜川 めぐ(Dr)
明坂 聡美(Key)

現在までに2枚のシングルが出ていますが、どちらも大変良い出来。
1stシングルの「BLACK SHOUT」だけではどうも名前負け感が漂ってますけど(別に曲がダメなワケではない)
6月に発売になった2ndシングルの「Re:Birthday」のカップリング曲の「陽だまりロードナイト」が頭ひとつ抜けていい曲で、聴くたびに何度もリピートしてしまいます。

私は彼女たちのバンドストーリーは知らないので、あくまで曲のみの感想。
彼女たちの今までの激しめの楽曲とは毛色が異なるミドル・テンポのロック・ナンバー。
メロディー・ラインがとにかく綺麗で、幻想的な鐘の音と透明感のある心地よいピアノの音色が全体を包み込んでいて、色褪せても聴こえるし、同時に瑞々しく響きます。
シンセサイザーを抑え気味にしたぶん、彼女たちの持ち味であるどっしりとした安定感のある演奏が剥き出しになって、他の楽曲以上に際立っているとさえ言えます。柔らかさと力強さの配分も絶妙です。
それに、こういった楽曲は、勢いありきの曲とは違ってごまかしが効かないもの。そこを彼女たちとても丁寧に演奏していますね。間奏でのベースのスラップ、終盤での「Oh、Oh~」のコーラスも大きな聴きどころです。
「LOUDER」のようなハード・ロック色の強い曲もいいですが、こういった深みのある曲も演れるというのはバンドとして非常に大きなアドバンテージであると思います。
ポピパのようなポップな部分を押し出したサウンドもいいですが、やはりヘヴィ・メタルやハード・ロックが好きな私としてはこういった楽曲に唸らずにはいられませんね!

Roselia「陽だまりロードナイト」

サイレント・エイト

2017年 07月30日 15:59 (日)

同じ水槽ですが、ネタの種類が違うので別記事とさせていただきました。
いえね、今朝水槽覗いてみると・・・・静かなんです。
フィルター回し忘れたかと焦ったんですが、しっかり回ってるんです。
この異常な静けさの原因は何であろうかと、しばらく水槽を眺めてやっと気付きましたw

水作エイトからエアー出てないやんけ!!!
aei88888 (2)

おっかしーなァ・・・。
メンドクサイけど引っ張り出して確認しましたとも。はい、見事にプラストーンが外れてました;
こりゃあ出ないわけだ。
aei88888 (4)

エアーなんか出なくても関係ありませんよと呑気なモグルンダ・・・。
aei88888 (5)

プラストーンも詰まり気味ではあるので、そろそろ交換した方がいいかも知れないが、そう思ったのは再度水槽に放り込んでからだったので、またしても取り出すのは面倒の極みなので、魚にストレスを与えないためだと自分に嘘をついて終了ーーーッ!!!
aei88888 (6)

それにしてもだな・・・何かこう反応とかしなさいよアンタ・・・。
aei88888 (7)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

クリスイクティス

2017年 07月29日 17:26 (土)

本来なら今週分のメンテ記録になるはずなのだが、なんと今回は先週分すら更新書していないという・・・。
実はアップしていないだけで、記事そのものは書いてあったり;
でも、週が変わってしまってるので、その分の加筆修正と新規の画像追加でお送りいたします。

屈辱の周回遅れなワケですが、さてさて。アイツの様子は・・・?

元気ですよ。
aed444409 (1)

元気ですよ!
aed444409 (2)

元気ですよ!!
aed444409 (4)

思わず三連発してしまいましたが、なぜか正面顔が撮影しやすいんですよ。
で、とりあえずこのナマズについて色々調べてみた!!

名前:アフリカンビッグアイキャット
別名:ビッグアイアルミニウムキャットなど
学名:Chrysichthys nigrodigitatus
全長:10cm~15cm(中には20cmを超える個体も)

アフリカ ナイジェリア、ザイール、カメルーンなど広い地域に生息する巨大な目が特徴のギギ科のナマズ。
意外と種類が多く、それぞれ体色に微妙な違いがあるが、地域変異種も含めほとんど区別されることなく流通する。
種類によっては気の荒い個体もいるらしいが、うちのに限っては今のところ温厚で協調性も悪くない。
餌は冷凍赤虫の他、人工飼料もよく食べる。
いわゆる一般的な熱帯魚の飼育設備さえあれば飼育は難しくない。
水質・水温の適応範囲は広いものと思われる。

本種を攻撃する気の荒い種類との混泳はNG。
口に入るサイズの魚は食べてしまう可能性が高い。
尖った流木や石は目を傷つける恐れがあるので注意が必要。
ナマズなので当然シェルターは必須。

とまぁ、こんなところである。
ふむ、一般的なナマズと同じということだね!な~んだ。要するに何もわかってないじゃないか!!
aed444409 (5)

シェルターを占拠するレモラ。
aed444409 (3)

そこへヒョイヒョイと軽快にやって来るビッグアイ。
aed444409 (6)

レモラがいるにもかかわらず、同じシェルターの中へ・・・
aed444409 (7)

しかし、狭いとわかったのか、追い出されるでもなく自発的に外へ出て来ました。
なかなか遠慮深い性格のようですw
aed444409 (8)

※こちらは追加分。
aeg666664 (1)

追加しても正面からの写真が多いのだった・・・(終)
aeg666664 (2)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

下手の極み

2017年 07月28日 15:33 (金)

前に記事でも書きましたが、就活関係の悩みでね・・・。
どうにもアクア関連の記事が思い浮かばんのです。
パーッと長い記事も書きたいのだけど、文章が驚くほど浮かんで来ないw

というわけで、一発ネタ的内容が続くかもですが、どうかお許し下さい。

今週はプレコ水槽のEH2217、つまり緑のフィルターをメンテいたしました。だいぶ流量も落ちていたのでね。
ここで、プレコ水槽に入れたコームスケールレインボーのことをこれっぽっちも書いてなかったことを思い出しました。
aef444533 (2)

とはいえ、実は書くことなんてほとんどなかったり・・・w
特に何事もなく元気に能天気に泳いでます。
少しは大きくなったような気もするけど、全然変わってないようにも見える。
aef444533 (1)

気付いたことと言えば、こいつらって、他のカラシンたちと違って餌を食うのが物凄く下手ですw
餌を入れると勢いよくつつき始めるのですが、つついているだけで大半は取りこぼしてますw
冷凍赤虫すら食うのヘタクソですw こぼすだけこぼして、後から流木に乗った餌をついばんでる姿をよく見る。
元々おちょぼ口だからねぇ、そのへんは仕方ないのかも知れないが・・・しかし、"下手も極めることが出来る"という新たな発見があったw
aef444533 (3)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

正しい嘘

2017年 07月27日 03:39 (木)

特に意味はないネタです。
物語シリーズで個人的に一番好きなキャラクター、貝木泥舟。

彼は詐欺師。嘘だとわかっていても説き伏せられてしまいそうになります。
嘘の発言ばかりですが、唯一まともなことを言っている人物でもあるんですよねぇ・・・。
この彼の喋り、本当に好きなんですよね~。カッコイイです、貝木。

多忙な大将

2017年 07月26日 03:28 (水)

苦しくなってきたこの水槽ネタ。
さて、今回はどうすべきか?

色々考えたが・・・・もうこれ以上どうしようもないww
aeh888097 (1)

し・か・し。ふと思った。
水換えの後、一気に動きが活発になる(いつも活発だけど輪をかけたようにという意味で)大将だが、一体どのくらいの間動き回っているのだろうか??

というわけで観察してみた。絵的には地味なので、一枚一枚ではなく全部くっつけた画像でお送りする。
隅から隅まで物凄い勢いで行ったり来たりを繰り返してますね・・・・・;
aeh888097 (4)

およそ数分間に渡ってひたすら続けた後、疲れたのかひと休み。
しかしすぐに再開する。
その後、行ったり来たり→休憩→行ったり来たりを数時間に渡って繰り返していた。
なんという忍耐力、そして耐久力。そして忙しさ!!

それだけ動き回ってればそりゃメシもたくさん食うわけだ。
そんなわけで、大将はこの日も多忙を極めていた。
aeh888097 (19)

テーマ : 淡水魚
ジャンル : ペット

先は見えず

2017年 07月25日 03:15 (火)

ほぼ一週間放置となりましたが、お元気でしょうか?

いや、休日出勤に残業。いくら丁寧に教育しても使えない部下や上司に振り回されているわけだから元気なわけありませんよね・・・。
そんな中、私は仕事が決まりました。
なぜ再就職ではなく仕事という表現を使ったのかというと、正社員ではなくパートだから。
実はそのパートが決まる前、既に正社員待遇で三社ほどから内定を取っていた。しかし、すべて蹴った。
なぜなら、どの会社も社会保障がなかったから。
最近は加入に対して厳しくなってきているというが、それでもまだ保障なしの会社がゴロゴロしているのが現状。
もちろん、そのパート勤務でも保障はない。だから私は再び再就職活動をしなくてはならんわけだ。だったら収入は減っても動きやすく、希望も出しやすいパートの方がやりやすいと判断した。幸い経験職だしな。さらに幸いなことに、会社を立ち上げてからまだ一年ほどしか経過していないため、まだ発展の余地は充分にある。そのまま規模を拡大していって正社員になれることも期待できるか(もっとも過度な期待はしないが)。
どうするか。しばらく続けるべきか?悩むところである。

束の間の静寂

2017年 07月24日 17:22 (月)

細い道。
ここから先は大型車は通り抜けできず。
しかし、普通車が通ってはいけないという表示はないところが怖い。いや、普通の感覚持ってれば車で通ろうなんて思わないわけだが・・・中には稀にわからない人もいるんだから「車での通り抜けできません」という看板くらい立てておけよ。
aef44443 (1)

ここはどこかというと、川ですよ川!
ひょいと身を乗り出せば下に流れる川が一望できるのよ。
aef44443 (2)

水深が浅いので、この時期になると親子連れが来たりして、静かな風景観察したい私にとっては大迷惑なわけですが、幸いこの時は人っ子ひとりおりませんでした。子供連れがいる場所でカメラなんて持ってるの見られたら不審者扱いだからね。
わかりづらいかも知れないが、ここは滝になっているのだ。水の音が心地いい。
aef44443 (6)

さて、誰もいないのなら遠慮はいるまい。
ここに降りるのは実に20数年振り。高校時代に釣りした時以来かな?
aef44443 (3)

この写真の奥、さらに上流に移動しても、一番水深がある場所でもせいぜい腰あたり。
しかし、最後に来た時からちっとも変わってないな。
aef44443 (4)

浅いから移動がラク。普通の長靴でもあればほとんどの場所を移動できるね、これは。
aef44443 (12)

大きめの石の上に乗ってヒョイヒョイと軽快な足取りで川を移動する。
aef44443 (7)

ここだと当たりをつけた石をえいやっとひっくり返してみる。
aef44443 (11)

一発目でさっそく見付けたぞ!
aef44443 (9)

小振りだが、綺麗なサワガニ。
川の水に手を入れたのすら20数年振りだが、私もまだまだ衰えてないなw
aef44443 (10)

サワガニを手放した後、増水の際に根元から折れた葦の上を歩いて端の方へ移動。
人工的な物があるが、元々は川遊びができるようにと遥か昔に手を加えたんだろう。ちょっと興が削がれるが、まぁ仕方ない。
少々深くなってるが、それでも水深は膝あたりだろうか。
aef44443 (8)

一度道路に引き返したら、もっと手前に階段があった。これは知らなかったな・・・。
aef44443 (13)

さっきと同じように川の上を移動していると、またしてもサワガニ発見。
aef44443 (16)

さほど離れていない場所にももう一匹。やっぱり水辺の生き物はいいね~。
手前にビニールが写ってるが、やはり川遊びに来た親子連れがゴミを捨てていくんだろう。貴重な場所だっていうのに。やだね~、そういことする連中。
この画像が問題提起になってくれることを願うばかりだ。
aef44443 (17)

さらに下流へ移動すると、視界に何か写ったので、カメラを向けると・・・。
そこにいたのは、煉瓦色の渋い羽とメタリックブルーの胴体が美しい工芸品のようなヤツだった。
aef44443 (15)

小指ほどの深さしかない場所に魚の姿が。
わかりづらくて申し訳ないが、6匹くらいは写ってるかな?
aef44443 (18)

くるりと反対を向けば、下流では一番深いポイント。
aef44443 (19)

魚たちが泳いでます。
aef44443 (20)

他の場所よりも大きな個体が多かったです。やはりカワムツだろうかね。
aef44443 (21)

釣り糸を垂らせば簡単に釣れそうなんだよな・・・。
残念ながらカメラ以外持って来なかったから無理だけどw
aef44443 (22)>
ここが下流の最終地点。ここより下はそのまま住宅地の方へ続いてゆく。
とはいえ、中心地からはだいぶ離れている場所なので、まだまだ水は綺麗。途中の川でも仕掛けを入れておけば色々捕れるはずである。
aef44443 (23)

この近辺にはまだまだ魚がいる場所があると思うが、今度あらためて行ってみようかな?
あ~、誰もいないのってやっぱイイね!

365

2017年 07月23日 16:16 (日)

涙がボロボロ、鼻はズビズビ。
一度あくびをすると始まるあくびのラッシュ。最初の一分間はほぼ10秒に一度の割合であくび。
大口開けすぎてアゴが痛いですが・・・・。

さて、いきなりマダラタイガーで始まったこのコーナー。
aee55555 (8)

今回は、久し振りにプレコ水槽の底床を吸い出して小豆洗いしました。
今日ばかりは表に出ていただきましたよアラベスクさん!
aee55555 (5)

この水槽のベアタンクって、何か新鮮な感じ。
aee55555 (1)

以前底床をいじった時に大幅に量を減らしたので、洗うのはとっても簡単でした。
完全にベアタンク化してしまえばもっとラクなんですけど、プレコ水槽にはある程度必要なんですよね・・・。見た目的に。
aee55555 (3)

ま、時間がかからない底床丸洗いなんてズンドコ終わってしまったので、ここでいつの間にか一年が過ぎていた閣下です。
張り合う相手が不在のため、大変大人しい最近・・・。
aee55555 (6)

何となく上から撮影てみた。
水面の揺らぎの下に見える閣下の姿。なかなかいいねー!!
aee55555 (7)

ここで、一年前の閣下。
うーん、こんなに小さかったんだな・・・。どんぶらこっこと遠くからトラックに揺られて我が家に来たんだね~。(しみじみ・・・)
2016071013583777e_20170725163058e38.jpg

現在の閣下。
変わるもんですね・・・。このプレコとしてはまだまだ小さいですが、それでも一年前の面影はまったくない。
aee55555 (2)

当初はインペリアルタイガーよりも小さかったんだね。
導入後すぐに他のプレコを追い出して絶好の場所を陣取る閣下。
201607101406502ce_20170725163059455.jpg

それが今ではこれだもんな~。
しかし、この一年間同じ隠れ場所をずっと確保し続けるこの図太さよ。
aee55555 (9)

ギャラクシー&シルバー

2017年 07月22日 22:08 (土)

新しい記事を書く作業と、前記事の修正を同時進行にやっていたら日付とか狂って入れ替わってしまいましたが・・・こちらが一番新しい記事となります。
aec44409 (1)

内部清掃もマメに行い、何とかコケの発生を防いでいる先生の水槽。
毎度毎度ズンドコ飛び上がり、こちらを驚かせてくれる先生。この二日ほどは餌の量を減らしていたためか、大変恨みがましい視線を向けてくれます。
aec44409 (3)

成長はだいぶ緩やかになりまして、そろそろ打ち止めになるんじゃないかと思います。
20cmに届いたかどうかという微妙なラインですが、まぁ人工飼料オンリーでここまで成長してくれれば御の字かな?
aec44409 (4)

これだけでは何なので、水換え後の90cm水槽の様子など。
久し振りのイエローピンクテールカラシン三兄弟。
aec44409 (5)

だいぶデカくなったでしょう?
粗い鱗がギラギラとカッコイイです。
aec44409 (6)

少し前にこちらに移動したアポロシャークですが、元気です。
最初こそ餌を食わなかったものの、それほど間を置かずして本来の図々しさを取り戻し、元気にやってますよ。
aec44409 (7)

もっと大きな問題が起こると思っていただけに少々拍子抜け。
aec44409 (8)

おそらくアポロはこれから調子コイて、ピンクテールを威嚇し出すんじゃないかと予想してますw
aec44409 (9)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

セクシー・グラビア

2017年 07月21日 03:22 (金)

録画したアニメ観賞するつもりが、またしても大幅に予定が狂い、結局全部観れずじまい・・・。
時間が悪い意味で余ってしまったので、無駄にしないためにもフィギュア開封です。

figFix 島風 中破ver.
これはfigmaと同じスケールのスピンオフ的シリーズ。
基本的には固定フィギュアですが、顔などを交換できたり、各種小物を流用して遊んだり、デフォのまま飾ったりと遊び方色々。
そしてこれはfigFix初期ラインナップとして登場した記念すべき作品。では、さくっといきましょうか。
adz6660768678 (1)

続きを読む

水田と河川

2017年 07月19日 21:24 (水)

ここはどこなんだ・・・・・・???
目にも鮮やかに緑、いや、コレ鮮やかすぎんだろw

別にド田舎県ド田舎村に来てるわけではなく、単に住宅街から少し外れたエリアに田んぼが広がってるだけであります。
就活で会社の確認に来た時に何となく撮ったんですよ。たまにはいいでしょう?
周囲は舗装された細い道路があちこち繋がっていて、上から見ると文字通り「田」になっているんだろうなこれ。
いやはや、かなり迷いました。つーか、カーナビあっても迷うんだなw
aeb5555034 (2)

続いて、隣市に移動後、橋の上から撮影。
信号待ちの時間が長くてぼんやり眺めていましたが、そこはアクアリスト。下へ降りられるルートもしっかり確認。
人がいない早朝なんかに釣りしたりガサガササやるのもいいかも知れない。比較的田舎方面だけど、昼間はやっぱり人がいるからね・・・。
それとも、もっと上流の方がいいのかな?
aeb5555034 (3)

何でこんなネタを書いてるのかというと、特別意味はありません。単に穴埋め的な記事です。
ちなみにこれはうちのすぐ隣の更地、歩いて数歩の場所にて撮影。更地といっても今は定期的に雑草を刈らないといけない場所になってますけどね。
バッタとかカマキリとかカミキリムシとか、意外と昆虫に出会えるのだ。
aeb5555034 (1)

シェード代わりに母親が付けたネットなんだか日除けなんだかよくわからない邪魔で役に立たない物にくっついてるコガネムシ(だよな?)、毎度この時期になると現れますね。夏の定番昆虫。
aeb5555034 (4)

暑いねぇ。
ふ、こんな暑い中で屋外作業の仕事を希望するなんて私もひねくれているなぁ。

成長のレース

2017年 07月18日 01:27 (火)

成長のスピードが緩やかになってきていたので、最近あまりネタにしないモグルンダ。
ある方から「こんなに大きかったっけ?」というコメントを頂いたので、近況報告などしてみようかと。
adx33332 (1)

このところのモグルンダときたら、水面に浮かんだクリルやカーニバルをかなり獰猛な動作でバクバクと平らげ、冷凍赤虫も丸ごとくわえる始末。けっこうデカイ口開けるので入っちゃうのよ。
adx33332 (2)

サイズですが、気付いたらいつの間にかレオクテの全長を超えてました。
デカくなりすぎだろ・・・。
スパイニーの長さを除外すると、すでにこの水槽の中で一番大きな魚になっていた;
じわじわデカくなってることにまったく気付かなかったw どうやらレオクテとの成長のレースは楽勝だったらしい。
MAXで15cmというが、果たして水槽内でどこまで成長するものなのだろうか?こいつぁぜひとも挑戦してみたいね~!
adx33332 (3)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

苦痛の大将

2017年 07月17日 02:00 (月)

タイトルだけを読むと「大将、病気になったのか?」とお思いになることでしょう。
adv6666066 (2)

いやいや、違いますw 大将は今日も元気です。

ただ、見ておわかりのとおり、40cm水槽ベアタンク、水作エイト1個、マドジョウ1匹。これだけの材料から記事を書くこと数回、そろそろ書くべきことも尽きて苦しくなってきたということです。大将がではなく私の方ですねw
しかし、出来る限り登場させたいということで、またしても悪あがきですww
adv6666066 (4)

透明度も増して、安定した環境に突入。水換えの手間もよりかからなくなりました。
今回からとうとう灯油用ポンプの動きにさえ動じなくなった大将。
adv6666066 (3)

この水槽の隣にはウーパールパーの特大プラケがあるわけですが・・・・
adv6666066 (6)

言っときますけど手抜きしないで同時進行でちゃんとやってますからね!
ドジョウばかりだけど誤解しないでね!
adv6666066 (5)

大将に何か変化を与えたいなと考え、園芸用品&アクアリウムグッズ収納用衣裳ケースを物色中。
adv6666066 (7)

コイツだっ!! 以前ナマズ水槽に入れていたシェルターです。
開口部が広いから中も簡単に歯ブラシでゴシゴシできるし、コケも簡単に落ちるし。
adv6666066 (8)

イイ感じですね。
何がイイのかハッキリ言えませんが、もろ人工物なんで、ベアタンクでもしっくり来るじゃないですか??
adv6666066 (9)

全長は大将の半分以下しかありませんが、そこはあまり気にしないでいこう。
adv6666066 (10)

入ろうかどうしようか考え中の大将。
adv6666066 (11)

しばらくシェルター付近をぐるぐる動き回った後・・・・
adv6666066 (12)

どうやら入ることにしたようです。
adv6666066 (13)

そして、翌日。
すっかり気に入ってくれたようです。
ady777775 (1)

それでいて入りっぱなしにならないところが大将のいいところです。
ady777775 (2)
※ここから出入りするお客さん(知り合いetc)たちに大将は意外と人気者。
初めて見る人は、「最近のドジョウは小さいのばかり。コイツはデカイね~!」と、年配の方はけっこう驚きますw

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

スリー・アフリカンズ

2017年 07月16日 15:50 (日)

あっついねぇ・・・。
今日はさすがに昼間からアイス食ってます。
どこにも行きたくないし、何もしたくない。あ、水換えは別ですよ、もちろん!

実は、やっちまってね。
うん?まぁ、流木をよ~く見たら憎きクロヒゲヤローが生えてやがったんです。
幸い流木は擦れば表面の皮ごと削れるので、水槽の中であらかた落としたわけですが、これが失敗w
クロヒゲだけでなく、流木のカスがいっぱい水槽内を漂うという最悪の結果に。
でもいいさ。この程度の砂の量、毎回洗ったってそう時間は取らない。SPEED★KINGは後悔しないのだ。ついでに学習もしないけど・・・;
adz666666609 (2)

そ・れ・で!
一週間ですよ一週間。ヤローどこ行ったんだヨ。
adz666666609 (1)

って、いたっ!!
adz666666609 (3)

アフリカンスポッテッドキャット、アフリカンマウスフィンキャットに続き、アフリカンの名を冠するアフリカンビッグアイキャット。
スリー・アフリカンズの完成である。

モグルンダさんとレモラさんと比較すると目の巨大さハンパねーです・・・。
adz666666609 (4)

導入時に凹んでいたお腹はたらふく食ったおかげですっかり元通りになり、一切の争いも起こさず早い段階で環境に適応できたようです。さすが暗黒大陸アフリカ出身。タフですね。

モグルンダとのツーショットなんてこの水槽でしか見れないよ~!
adz666666609 (5)

他のナマズ同様に素早く泳ぐことも出来ますが、眺めているとコイツ、胸鰭をパタパタと器用に動かしてまるで底面を歩くように移動するんですよ。なかなか面白いです。
adz666666609 (6)

もっと普段からビュンビュン動き回ってあちこちぶつかるようなキャラを想像していたんですが、どうやら正反対のようです。
中には気が荒い個体もいるようですが、彼に関しては今のところ温厚で飼育しやすい。
adz666666609 (7)
これからどんな一面を見せてくれるのか、楽しみDEATH!!

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

砂の雨

2017年 07月15日 02:34 (土)

アフリカンスポッテッドでかっ!!
いつの間にこんなに大きくなったのか・・・って、私が記事にしてないだけでした;
adw222222 (2)

今週は、けっこうな量の残飯を出してしまった90cm水槽。
低層の連中にとって底床の汚れは禁物です。よって、今回はいつも違うメンテを敢行いたしました!
adw222222 (3)

それは、底床徹底洗浄。いわゆる小豆洗い的な例のアレ!
adw222222 (8)

突然ピカピカのベアタンクと化してしまった水槽に、ナマズ連中も戸惑い気味??
ちょうどいい位置にいてくれたのでさっそく撮影。
上から二番目の写真の右下の方に写ってるのでサイズ感は大体おわかりいただけるかと思いますが・・・・
adw222222 (4)

マジでデカくなったなお前!!!
もうこれMAXサイズに届いたんじゃないか???
adw222222 (6)

よくここまで成長してくれたと、満足げに頷きながら綺麗に洗った砂を元に戻します。
この様子はさながら砂の雨が降っているかのようで、なかなか好きなんですよね。
adw222222 (9)

と、ここでオルナティさんが登場!
なんか、彼けっこう久々じゃないの?! ちょうどイイ角度で写ってるな。ピンと張った背びれがカッコイイぜよ。
adw222222 (7)

突然の砂の雨が彼らの頭上に降り注いでパニック気味にもなりましたけど、何とか終了!!
時間がある時にやっておかないと、後々大変なんだよね、こういうことって。
adw222222 (10)

メンテ云々というより、マウスフィンキャットのサイズ確認の記事になってしまったな。
でも、これでいいんです!俺はいい加減な男だぜ?

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

⑥&②

2017年 07月14日 17:28 (金)

今日の午前中(記事の順番が入れ替わってます。これ、昨日の大雨のことね!)、本当によく降りましたね・・・。
就活で悩み、夜もロクに眠れず、朝4時くらいにようやくウトウトし始めたばかりだというのに、5時にいきなりケータイが鳴る。
相手は友人の娘の母親。つまり私の友人の妻である。
「雨凄い。あの子今日自転車だめ。学校いい?」
お前は中国人か?と突っ込みたくなるが、要するに「雨が物凄くて自転車ではとても出掛けられないので、娘を学校まで送って行ってほしい」という。
何かあったら頼むと仰せつかってはいるがね、親父よ、早いとこ赴任先から帰って来い!!いい歳してパシリなんてゴメンだぜ。

しかし、マジで降ったな。一台前の車が見えないほどの大雨だった。
午前中で学校が終わりらしく、昼過ぎに友人の娘から再度電話があり、帰りも来て欲しいという。まったく、赤の他人なんだぜ俺は?
保護者代理とはいえ何の血縁関係もない私が校門付近でウロつくには色々と都合が悪いのだよ。
到着した時間も早すぎたので書店へ。

出てましたよ~
adu66666665 (15)

「小林さんちのメイドラゴン」⑥巻
「小林さんちのメイドラゴン カンナの日常」②巻
adu66666665 (10)

作者曰く、よくやく土台が完成したそう。これから各キャラをどんどん動かしていきたいとのこと。
今後新キャラも登場するのでしょうか?ますます楽しみです。
「カンナの~」は①巻がけっこう売れたようだね。最近読んだばかりのような気もするけど、もう②巻か。
エルマが主人公のスピンオフま始まるそうで、そっちも楽しみだね。

「ハエッ?!何ひとりで本屋行ってんの?!」(友人の娘 以下:娘)
「時間余ったから、ちょっとね」
「いやいや余った余らないとかじゃなくて普通私来てからでしょ」(娘)
と、半ギレである。
「ああ、わかったわかった。じゃあもう一回行けばいいじゃん」
「エ?何で流すの?何かさ、小父さん最近ヘンだよね?」(娘)
この子は両親の前とごくごく限られた人間の前でしかこういう顔は見せないらしい。心を開いてくれているってわけか。
トゲのある態度も遠慮のない口調も、どこか嬉しく感じてしまう自分がちょっと嫌である;

同じ店にまた入るのも何なので、応募を予定している会社の位置確認も兼ねて別の書店へ。

「ねぇ、「八十亀ちゃんかんさつにっき」って面白いんだって」
(はい。面白いです。私既に読んでます;)
adq22209944 (1)

結局、この2冊とラノベ2冊とアイスクリーム買わされることになりましたけどね・・・。
俺だってカネはないんだけどな・・・。まだまだ甘いね、俺も。
adq22209944 (2)

アイツ、俺に買ってもらったって(母親に)言ってないだろうな。

柔軟ビッグアイ

2017年 07月13日 16:16 (木)

こちらも一発ネタに近い感じでお送り致します。
いや・・・暑くて写真撮る気力もあまり湧かないのだ・・・。どうか勘弁して欲しい。

先週日曜に我が家にやって来たアフリカンビッグアイ。
今日も元気ですかぁ?と生存確認・・・む?いない!!
いつものようにスパイニー兄弟が陣取ってるだけ。はて?本人はどこに。
adu66666665 (6)

とりあえず目ェ擦って白くなったりしないよう、広めの土管がいいだろうということで嫌々導入した人工物感丸出しのスドーの土管にもいない。いるのはレモラキャットだけ。
adu66666665 (7)

結局どこにいたのかと言うと、ここにいたわ。
そこでは狭いんじゃないかという私の配慮は無駄だった・・・。
どうやらレモラと同じように隠れ家には固執しないタイプのようだ。これならシェルターを巡る争いも起きまい。
adu66666665 (8)

メシも食ってるようだし、これなら大丈夫なんじゃね?

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

意地の維持

2017年 07月12日 16:05 (水)

本来ならとっくに仕事見付けて今頃は暑い暑い言いながら外仕事してる予定だったんだが・・・結局決まらず(というか、内定貰った会社はあまりにも条件が過酷すぎて辞退)、7月も上旬が過ぎ・・・。
とりあえず再度2社ほど絞ってどちからにという方向で決意が固まりつつある。どちらも少人数である上に外仕事がメインだ。環境自体は私向きだが、仕事の内容でいう向き不向きは正直わからん・・・。
就活も大変だわ~。

さて、ネタらしいネタがないので、過去にコレ使ったっけ?ってな写真が一枚出てきたのと最近撮影したのとで無理やりくっつけてひとつの記事にしてみた!

複雑精緻な縞模様が仇となり、逆に地味に見えるという不遇の柄を持つウチのクイーンアラベスクさん。
ALに載ってるような物凄い美個体じゃありませんが、私は気に入ってます。だって、この柄を見て買うの決めたんだもの。
adu66666665 (1)

コイツの特技はズバリこれだ!
流木の隙間に入り込んで胸鰭のロック。
揺らしても振っても叩いてもザブザブやっても、放置しておいても無駄・・・。
最近でこそ少し大きくなったので、以前よりも固定は難しくなってコロンと落ちることもたまにあるが、これやられたらお手上げよ!
こうしてまんまと流木から離れることなくメンテを乗り切るのだ。
この意地の維持も大変だろうに。よくやるよ、まったく!!
adu66666665 (4)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

花が咲くまでⅡ

2017年 07月11日 01:00 (火)

はい、どもども!

少し前に、ホヤ・カーリーの花が咲くかも?!的なネタを書きましたけれども、あれからどうなったんだって話ですよね?
経過はばっちり撮影してますので、順を追ってお送りいたします!
・・・しかし、ホヤ・カーリーの花が咲くまでの過程なんて、やってんの私くらいじゃないのか・・・・;
adq22209944 (3)

7月に入り、綿棒みたいだったやつも(笑)全体的に少し伸びました。
蕾の中も少し赤みが出てきているのがおわかりいただけるでしょうか。
adq4444446 (1)

5日後、全体はさらに伸びて、丸かった蕾の形に変化が見られました。
もうこの時点で同じ蕾とは思えないほどの変貌ぶり・・・。
adq22209944 (7)

もうすぐ開きそうですが、不運なことに天候不順が続き、日光が少ないのですよ。若干心配ではあります・・・
しかし、見事な五角形の蕾。折り紙で作ってあるかのようです。
adq22209944 (8)

そして4日後・・・帰宅すると花が咲いてました!
正確には、帰宅後に確認した時点では4~5個ほど蕾が開きかかった状態だったんですが、1時間ほどの間にポポポ~ンと立て続けに咲いたようなのです。できればその間の写真も欲しかったんですけど、実はうつらうつらしていて撮るのを怠っていました;
adu8888889 (3)

下向きに咲く花なので、普通の状態だとこの角度からしか撮れませんw
adu8888889 (1)

蔓を折らないように気をつけながらグルリと反転させて撮影(今までも全部そうやって撮っていたり・・・)。
どうです?ヘンな形してるでしょう?初めて見た時はこの作り物めいた外見に衝撃を受けたものです。
白い花弁に見えるヤツは蕾が開いたものであって、実際の花は中央の赤いヤツなんでしょうけどね。
一度咲いた蔓からまた咲くという言葉は嘘ではなく、他の場所から咲いたことは一度もありません。なんてガンコな花なんでしょう!
adu8888889 (2)

ここから枯れるまでの過程が、またちょっと変わってるんですよ。
というわけで、次回は咲いた状態から枯れるまでの過程を追ってみたいと思います。乞うご期待?!

ダーク・アフリカ

2017年 07月10日 03:15 (月)

さて、もう少し状態が落ち着いてからアップしようかな?と思ったんですが、これから就活で時間が取れるかわからないので、今のうちに書いてしまうことにしたネタ。

久し振り・・・本当に久し振りにナマズの新入りです。
上見からだとピメロディアっぽいですが、全然違います!!
adu8809 (1)

ギョロリという擬音がつきそうですw
この横顔の半分を占める異常なほどデカイ目は、別にポップアイとか病気ではありません。
adu8809 (2)

アフリカンビッグアイキャット。
その名のとおり、アフリカ産のナマズでございます。
叔父と遠方のショップへ行った際、前回から変わらず売れ残っていたんで、せっかくだから連れ帰って来ました!
adu8809 (3)

おそらくギギとか、そっち系統の仲間だと思われるんですが、似たような種類が他にもいるらしく同定は難しいフループなんだそうだよ・・・。サイズは現在10cmほど。大きくなっても15cm~20cm程度だと思われる。稀に20cmを超える個体も出るようだが、うちの環境でそこまでいくかどうかはわからない。
アルミニウムキャットなんて名前で流通することもあるらしいが、あっちはもっとデカくなるナマズじゃなかったか?
体色は金属色が強いシルバーグレー一色。余計な柄は一切ない。ここまで来ると逆にクールですらある。
adu8809 (4)

正面顔。
出目金とまでは行かないが、両側にボコッと突出した目が実に印象的。
adu8809 (5)

記事を躊躇ったのは、若干腹が凹んでるからだが、本人は全然元気で水合わせ中もバシャバシャとジャンプするほど。
adu8809 (6)

上見の状態から目の膜がここまではっきり確認できる魚も珍しい気がする。
しかし、この特徴がそのまま弱点にもなりそう・・・。滅多なことは起こらないだろうけど要警戒。
adu8809 (7)

目がデカイw これしか言葉が浮かばないですw
adu8809 (8)

しかし、目はデカくとも態度はデカくなかったですw
そのまま空いたシェルターにゴソゴソ入り込んでました・・・;
(スパイニーは追い出されたw)
adu8809 (9)

さて、ここから盛り返して再びナマズ水槽の栄光を取り戻せるだろうか?

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

モンスター・ハウス

2017年 07月09日 02:36 (日)

いやぁ、毎日暑いですねぇ。死んでますかぁ?
あ、生きてますね~。なんだ残念だなぁ~と、今回は高田順次風の喋りで突入してみました!

少々時間が足りず、皆様のブログへコメントできていませんが、後日必ず伺いますので怒らないで下さい(謝)

えー、週末に少し動きがあったのでここらで記事にさせていただきます。

実は、今週(先週か)に入ってから、どうにもアポロシャークがストレスを受けているっぽかったんですよねぇ。
原因はおそらく、もう狭いんじゃないかと。
adt6660 (1)

サイズ自体は10cmちょいと、まだまだ小さいんですが、導入時よりも成長して動きも大きくなってきたため、何か対策をと考えた結果・・・少し危険ですが賭けに出ることに。
adt6660 (2)

そう、怪物の巣窟への移動です!
adt6660 (4)

ブラントノーズガーのようなタイプでもないし、多少追われても持ち前のスピードで上手いことピンクテールたちを躱してくれるのではないかと期待しています。
adt6660 (5)

捕獲時にけっこう派手に暴れて苦労したというオチもありますが、その時は対応に手一杯でネタにしてる余裕なんてありませんでした(笑)。
床に落ちてバウンド繰り返したりなんてことにならずに本当に良かったです。アレ、けっこうダメージあるんですよね;
adt6660 (3)

イメージ的には齧られて一発で死亡・・・という印象だったんですが、体格差に若干萎縮している感はあれど意外と違和感なく収まってる?ような気がします・・・。もっとも、この先どうなるかはちょっと想像付きませんが・・・。
adt6660 (6)
見切り発車というか、他に現時点で対応作を思いつかなかったから移動という手段に出たわけですが・・・アポロの運命は神のみぞ知る・・・・。何とか生き延びてくれよ。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

苔魔大戦

2017年 07月08日 03:28 (土)

ジャンプと同時にガラスフタにゴツンと当たっては派手な音を立て、ガレージ側から出入りする初見のお客さんを恐怖のズンドコに陥れる大先生!
ads55509 (1)

そんな絶好調の先生なんですが、問題は問題は先生はないのです。
それは・・・・夏になり、ガラス越しとはいえ朝の光が差し込む時間が長くなったガレージ。
光が当たる時間が長くなると目立ってくるのがコケ。そうです、とうとう先生の水槽でも苔魔大戦が始まったのです。

いやぁ、さほど時間がかからないとはいえ、やはり下段の手入れは面倒ですわ・・・。
水槽内のコケは内部清掃ついでにスポンジで擦って綺麗に落とせますが、面倒なのは水作エイトのコケ。
ads55509 (3)

ろ材のプラスチックの部分に発生するだけなら簡単ですが、この水作エイト本体の方に生えると歯ブラシを駆使してゴシゴシやることになるので、ぶっちゃけかなりイラッとくる・・・。
ads55509 (4)

それに、モデルチェンジしてから、ろ材の下がダイレクトに砂利なので、平らに均してからろ材を戻さないとケースがしっかりはまらないという・・・。砂利のメンテがやりやすくなったと言えるのだが・・・個人的には面倒が増えた気がする。
ads55509 (5)

写真が前後してしまうけど、ライトも動かしようがない。
仕方ないので矢印の方向に無理やりどけてやってるけどコードが邪魔!それに時々水に浸かる。
色々と改善すべき点が浮き彫りになった今回の水換え。
ads55509 (2)

四苦八苦する私の姿をよそに、先生はじっと待機中。
ads55509 (6)

コケ混じりの水も出来る限り排水したかったので、今回は18Lほど水換え。
わりとガンガンできるのもSHのいいところですよね。
ads55509 (7)

第一次苔魔大戦がとりあえず終了し、表に出て来た大先生。まだ少し体色が縞々ですが、この警戒してる時や興奮状態の時に見せるこの体色は、こういいった時にしか見れなかったりしますw
ads55509 (8)

ベアタンクにて先生をより美しく見せるためにも、やはりこのへんはこだわりたい点でもあるんですよね。
綺麗になっているかどうか水槽内をチェック中の先生。実はこれ毎回やっていたりする・・・。
ads55509 (9)

苔魔大戦を幻魔大戦と読んだあなたはけっこうなトシのはずww

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

スター・ビート

2017年 07月07日 02:17 (金)

7月7日は七夕とかいうリア充イベントでかなりムカッときますが、今回はそれにちなんだ曲なんて選んでみました。
ただし、一般的なそっち系の曲ではなく、私らしいセレクトですw

まずは「君の知らない物語」。
息の長い人気作品「物語シリーズ」の初期ED。supercellの有名曲ですね。
これはたまたま見付けた初音ミクにカバーさせたバージョン。曲自体も若干アレンジが加えられています。
流れ星と初音ミクって、なんかこれ以上ないくらい似合ってると思うのは私だけでしょうか。曲の雰囲気もミクさんにピッタリ。
あまりに気に入ったので、しょっちゅう聴いてます。なんか、本家より好きかも・・・。


続いてはPoppin’Party。
メンバーは愛美(Gt&Vo)、大塚紗英(Gt)、西本りみ(Ba)、大橋彩香(Dr)、伊藤彩沙(Key)の5人。アニメでも各自担当する楽器のキャラクターを演じてました。私は大橋彩香好きですが、バンドリのキャラでは市ヶ谷有咲が好きでした。素直になれずにツンツンした感じがたまりませんでしたw
アニメは色々とイマイチだったですが(笑)、どの楽曲もメロディーがいい。どの曲もロック色が強くてしっかりとバンド・サウンドに仕上がっていて好感持てました。
七夕ということで、「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」を。
実際のバンド人気の方はロゼリアに押されてしまってますが、あっちはV系やメタル色が強いので、ハード・ロック好きな人向けって感じでしょうか。個人的には「BLACK SHOUT」はちょっと名前負けかな?「LOUDER」の方が断然カッコイイですね。

Poppin'Party/STAR BEAT!~ホシノコドウ~

余裕の大将

2017年 07月06日 18:05 (木)

連日暑いですが、人間よりこっちの方が心配だわ・・・。
屋外飼育ではないので、外に比べればずっとマシな環境ではあるはずなんだが。
大将、どこ行った?
adp0000007 (1)

いたーーっ!!
心配したけど大将、元気そうだね。水の透明度が低いので、今週はほとんど姿見てなかったわ。
adp0000007 (2)

前回は内部清掃キッチリやったから、今日は水の入れ換えのみで済ませることにしようかね。
排水した水・・・やっぱり汚れてるな。ドジョウはけっこう大食いな魚なので仕方ないね;ちなみに左は新水。
adp0000007 (4)

換水量は7~8L程度。
adp0000007 (6)

灯油用ポンプを突っ込んでる間は水作エイトの隅に退避しております。
そうしていてくれると好都合。プラスチック製とはいえスクリューに尾びれとか入っちゃったら大参事だからね!
adp0000007 (5)

いつものように、前日に汲んで水温を自然に合わせた新水をチョボチョボと注ぎます。
排水した水と用意した新水、計ったわけでもないのにほぼ同じ水量です。アクアリストって、ほとんど職人の世界だよね。
新しい水を入れるとさっそく大将がウロチョロし始めます。
片手で5kgのバケツを持ちながら片手でシャッターを切るって何気に大変であるということをここで伝えておくw
adp0000007 (7)

これではいつもと同じ内容でハイ、おしまい!になってしまうので、ここで一体どの程度透明度が回復したのか?過去の写真と比較してみようと思います。

前々回。
あらためて見るとこれ毒の水だよな・・・・。泡立ってるし・・・。
この中でも大将は元気だったけど、金魚水槽の時よりよっぽど汚れてるんじゃ?
20170624023055185_201707071824262d0.jpg

前回。
だいぶマシになりましたが、まだまだ透明度は低いですね。
20170616155749e44_20170707182428254.jpg

そして今回。
うむ、これはほとんど元通りと言ってもいいんじゃないか?!
adp0000007 (8)

大将、余裕の表情ですね。
水も新しくなり、快適そうです。この後、活発に動き回っていました。
adp0000007 (9)
この調子なら、夏場の維持は問題ないかな?

装飾がまったくないシンプルな環境なので、ネタにするのがそろそろ苦しい・・・w

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

同居の真実

2017年 07月05日 18:01 (水)

おい、テメエアーマードキャットナメてんだろ?
このまま終わると思ってんじゃねーぞコノヤロー!

この前の続きだよぉ。混泳のコト書いてねーじゃねーか。

温厚な性格で魚食性もねえだぁ?どんな魚とでも混泳できるだぁ?
テメエらガタガタうるせーんだよバカヤロー!

と、今回はアウトレイジのビートたけし風の喋りで突入してみましたw

で、上で書いたことですが、果たして本当にそうなのだろうか?
現在の彼らと、過去に飼育していた先代たちの混泳状況を振り返って総まとめ。
2017061616212226a_20170706165205077.jpg

<自分より小さな魚について>
よく彼らは基本的に小型魚は食わないという。
だが、これは説明が足りていない。基本的に食わないというだけであって、まったく食わないわけではない。
とにかく雑食性で口に入る餌は何でも食べる。ということは口に入りさえすれば小魚も稚エビも食べてしまうということである。
積極的に追いかけ回して食うというよりも、とにかく小型魚を新規で水槽に導入した時などは餌だと思って寄ってくる・・・つまりいつもの給餌の時間と同じ行動を取ることによって結果的に食べてしまうことがある。
メダカ、ネオンテトラやアカヒレ、ペンシルのような細長い体型の小型魚の幼魚~若魚クラスでは、上記の要領で食われる可能性が高い。逆にフルサイズにまで育った個体なら食われる可能性は極めて低い。
ブラックファントムなどの菱形体型のカラシンや小型魚の中でも比較的大型な部類の魚はまず食われない。
クーリーローチなどの場合は、よほど小さな個体でなければまず大丈夫だろう。

そして、ここからは混泳について。
このナマズは穏やかな性格から、様々な魚との混泳が可能と古くから言われている。
確かに性格は大変穏やかであり、色んなタイプの魚と同じ水槽に入れても問題ないことが多い。しかし、すべての魚との同居は不可能と言わざるを得ない。

個人的にNGな魚は以下のとおり。

①小型魚
メダカ、アカヒレ、ネオンテトラ、ペンシルなどの細身体型の幼魚クラスの個体。
理由は上で書いたとおり。

②気の荒いシクリッド。
グリーンテラーやシクラソマは論外。まず、ほぼ100%攻撃される。殺されるほど酷い攻撃を受けなくとも、ヒゲやヒレにダメージを負うことは必至。死ぬことはないかも知れないが、綺麗に仕上げたい場合は避けた方が無難。
逆にジュルパリやレッドゲオ、セベラムなど比較的穏やかなシクリッドとは充分同居可能。
大型のオスカーは、温厚な個体なら問題は少ない。

③小型バルブ
もちろん、すべての小型バルブではないが、我が家ではゴールデンバルブは失敗だった。
なぜか彼らは集団でつつき回すことが多く、ヒレやヒゲを攻撃して丸坊主にしてしまった。導入からしばらく経てば大人しくなるだろうと様子を見ていたが、ついぞやめることはなかった。
総じてコイ科の魚はクセの強い種類が多い。オデッサバルブ、メロンバルブ、ブラックルビー、スマトラ、バリリウスや中型種のレッドテールブラックシャークなどは避けたい。

④体面積が広く、泳ぎが遅い魚
アーマードキャットたちの特徴のひとつとして、ガラス面に沿って泳ぐという習性がある。実はこれを体面積の広い魚の体表でやることがある。
パロットファイアー、エンゼルフィッシュ、ディスカスなどは非常に嫌がるので避けた方が無難。逆にメティニスやパクー、カラープロキロダスの中~大型個体などの体面積は広くとも動きの速い魚の場合は問題ない。

⑤コリドラス
同じカリクティス科なのに?と思うだろうが、これもいいとは言えない組み合わせ。
同居自体は問題ないのだが、食事が問題。まず、コリドラスとは食事の量もペースも違う。コリドラスたちが幼稚園児ならアーマードはギャル曽根のようなものだと思った方がいい。餌が充分に回らなくなることは必至。そのため、コリドラスがいつまで経っても大きくならないという事態も起こる。
どうしてもコリドラスと同居させたいのであれば、アーマードキャットに近縁なポートホールキャットたちがおすすめ。彼らは性質がコリドラスに近いのでトラブルはまず起こらない。

⑥オトシンクルス、プレコ
理由は⑤とまったく同じ。

⑦エレファントノーズ、南米ナイフ
まず、基本的に攻撃的な種類がほとんどなので(温和と言われる南米ナイフでも、ある程度の攻撃性はある)、追い回される。だが、逆にエレファントやナイフたちは"餌をいちどきにあまり食べない"種類なので、餌が回らない可能性あり。

⑧ハラハラキャット、コンタコンタ、ロックドラス、アキシスキャットなどの極小ナマズ。
理由は⑤⑥と同じ。

⑨ハゼ類
バンブルビーゴビー、ニジイロボウズハゼなどの小型種は厳しいと思われる。
理由は⑤⑥⑧と同じ。

⑩スネークヘッド。
温厚で神経質ではない種類となら可能。給餌方法も、人馴れしているSHは直接個別に与えれば大丈夫。
コウタイその他の凶暴な種類は論外。

⑪ポリプテルス
幼魚クラスのポリプは避けた方が無難。理由は、やはり餌が回らなくなる可能性があるから。ただし、ある程度まで成長したポリプをを小赤などで育成している場合は問題ない。大型ポリプは温厚な種類となら可能。

⑫その他大型魚
アーマードキャットを捕食してしまうほど巨大な魚との同居は無理。
カラープロキロダスなら大型個体ならイケる。ダトニオは大型個体でも神経質なので避けた方がよい。

⑬エビ類
まず稚エビは100%食われる。大型のロックシュリンプの仲間も餌が回らないことが考えられる。

さて、意外に良くない組み合わせが多いことがわかりますね。
もちろん、絶対ということではありません。餌が回らなくなる可能性のみの場合は、給餌量を増やすなどして対応すれば不可能ではありません。ただ、水質悪化が早まる、コケが生えるなどの面倒事が増えるのも事実。水草も一緒に育成している場合は、気付いたらクロヒゲまみれになって泣く泣く処分なんてことにもなり兼ねないので、自己責任で。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

花のハイライト

2017年 07月04日 02:50 (火)

開封しないままズンドコ月日が流れてしまうので、手近にあった未開封figmaをご開帳。
(開封といってもこれ中古品だけどね・・・)
adn6660909 (1)


グッスマくじ 2014 Spring Ver. B賞 figma 初音ミク セーラー服ver.
では続きからどうじょ。
adn6660909 (2)

続きを読む

灰とダイヤモンド

2017年 07月03日 17:08 (月)

鎧に鯰と書いてヨロイナマズ。
英語ではアーマードキャット。
今回は、この水槽のアーマードキャット三兄弟についての記事だ。
読みたいか?金を払え。

この水槽には現在3匹のアーマードキャットたちが泳いでいる。
全部同じだと思うなよ?
当然1匹1匹は違う。だが厄介なことに大抵はアーマードキャットというひとつの名称で流通することが多い。
良く言えばざっくりと潔い。悪く言えばぞんざいでいい加減だ。
もっとも、この水槽内には最初にアーマードキャットという名で流通した地域の個体はいないがな。

と、貝木泥舟風の喋りで突入しましたこのコーナー。
ちょうどいい感じに3匹それぞれの写真が撮れたので、さっそくネタにしましょう。

まず①
アーマードキャットと呼ばれるナマズの中では一般的で最も流通量が多い。
比較的安価で丈夫、飼育しやすく見た目も面白い。
灰色の体色に黒いスポットが大小不規則に入ったダルメシアンのような柄が特徴。アーマードキャットといえばまずはこれ。基本ですね!
ただし、なぜか他の2種類に比べると太りやすい(笑)
adm8888888880 (4)

そして②
ブロッチホプロ。
ブロッチという響きが何だか可愛らしいが、意味は花の真ん中に現れる模様という意味だが、病斑という意味でもある。
その名のとおり、スポットに混じって各所に歪な斑模様のような独特のパターンが入っていますね。
目つきもかなりはっきりしていて、目の下に入ったラインに締まった顔つきと相まってどこか精悍な印象を受けます。
体色もこちらの方が少しだけ茶色がかって見えますね。
※胸ビレに入ったオレンジは雌雄差。
adm8888888880 (3)

最後に③
バンデッッドホプロ。
違いは一目瞭然。体色は一番黒に近く、互い違いに入ったバンドがどこかヘビっぽくもあります。
黒に紛れて見えづらいですが、目を凝らすと所々にスポットも見えます。
尾びれに一文字に入った黒いラインも特徴的。
目つきはアーマードによく似ていますが、全体的にこちらの方がスマートなシルエットをしていますね。くっついている白い点は白点病ではありません。反対側にもまったく同じ位置で入ってます(笑)。
ちなみに、こいつだけ性格が上の2匹とは異なり、少々臆病です。でんと構えている2匹とは違い、よく土管の中や物陰に身を寄せるようにして過ごしています。警戒心も少々高め。ただ、飼いやすさは同じ。
adm8888888880 (1)
この3種類でもそれぞれ違いがあって大変面白い&興味深いですね!


さて、ここまで読んだんだ。追加料金を貰おうか。
いざという時のための金が上着の内ポケットに入っていることはお見通しだ。
今回の件からお前が得るべき教訓は、"たとえお前にとっては灰色と黒が入り混じった小汚いナマズであったとしても、真にそれを愛好する者たちにとっては、コイツらはダイヤモンドよりも光り輝いて見えている"ということだ。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

メタリズムXⅨ

2017年 07月02日 02:25 (日)

ちょっとお久し振りなこのコーナー。
あれ?久し振りでもないのかな??最近、どうにも感覚がおかしいが・・・まぁ、いいや!

今回は私が大好きなバンド、ハードコア・スーパースターをご紹介。
サウンドがハードコアなんではなく、俺たちは骨の髄までスーパースターになりたいという意味である。
ワルガキがそのまんま大人になったような北欧最高のバッド・ボーイズ。

特に好きなアルバムはこの3枚。
「バッド・スニーカーズ・アンド・ア・ピナ・コラーダ」
「ハードコア・スーパースター」
「ドリーミン・イン・ア・キャスケット」

細かい説明よりもまず聴けば一発でわかります。ホントカッコイイんです、彼ら。

ハヴ・ユー・ビーン・アラウンド/バッド・スニーカーズ・アンド・ア・ピナ・コラーダ


ウィー・ドント・セレブレイト・サンデーズ/ハードコア・スーパースター


ノー・レジスタンス/ドリーミン・イン・ア・キャスケット

煉瓦彫刻

2017年 07月01日 01:52 (土)

プレコ水槽、毎週欠かさず、手抜きなしのシビアなメンテ。
移動させたコームスケールたちもカラシンに混じって元気に泳いでおりますよ!

今回は数時間の間に撮影したアカプレコの雄姿をお送りしたいなと思います。
本来は別に用意しておいたネタがあったんですが、写真をPCに落としたらピンボケで全然使えない・・・。企画がボツになってしまったんで、なぜか派手ではないにもかかわらずなぜか各所から人気の彼に登場してもらおうということになったわけですw
adl555550 (4)

絵になるね~。
綺麗なプレコもカッコイイプレコも他にたくさんいるのに、なぜかコイツには惹かれるものがある。
adl555550 (3)

うちの連中の中では隠れないプレコで、しょっちゅう表にいるので写真にも撮りやすい。
こうして流木にくっついている姿はレアでさえある。いつもはパイプやガラス面に貼りついてることが多いからね。
adl555550 (2)

ロイヤルと一緒に。
ロイヤルの方は現在20cmちょい。比べるとアカプレコもかなりデカくなってることがわかる。15cmは超えただろうか?
大型になるタイプではないのでここらで成長は打ち止めだろうけど、それでもそこそこ迫力があるね。
adl555550 (5)

今回、一番のお気に入り。
表にいることが多くても臆病ではあるので、忍び足で近づいて撮影。
adl555550 (1)

惹かれる理由を考えたんだが・・・コイツって、渋い色合いだけではなくて、体型のバランスが最高だからかも知れない。
プレコという魚の持つシルエットを極めた姿だから惹かれる!そういうことにしておこう。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット