TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

トゥルー・ブラック

2013年 01月21日 17:56 (月)

どもども。

特に何か意味のある更新ではないのですけど、せっかく写真撮ったし、ボツにしてしまうのもなぁ・・・。というワケで、ヘミシノさんです。

ヘミシノ、ヘミシノって言ってると、ヘミシノって名前のナマズなんだと勘違いされる人もいるかも?

ヘミシノドンティス・メンブラナケウス。これが本名ですw

シノドンティスの親戚ですが、1属1種の"アフリケン"なナマズ。MAXサイズは20cm以上。
写真ではよくわかりませんが、尾びれの上の部分がフィラメント状に伸びてます。これがまたカッコイイのよ。
よく似た種類にブラキシノドンティス・バテンソーダってのもいますが、あっちはあっちで微妙に違いがあるみたい。実はよく知らないんだけど。ヘミシノの方は、デカくなると色が少し変化する(薄くなるのか?)みたいですね。
F3690.jpg

こんな真っ黒なヤツ飼ってて何が楽しいのか、わからん人にはさっぱりわからんのでしょうけど、わからない方が幸せというものです。・・・まぁ、このナマズに魅力を感じる人って、少数派でしょうけどw

ナマズの世界ってのは一度足を踏み入れたら最後、もう後戻りはできないんだよ・・・。
F3706.jpg
↑ちなみに流木と同化してますw

コメントの投稿

非公開コメント

逆さまでも平気そう

2013年01月21日 19:54

こんばんは。
少し、大きくなる逆さ鯰さんですね。
ナマズって、ふつうにひっくり返ったり、立ったりしますね。
疲れないのかと思ってしまいます(^o^;)。
うちのスポットトーキングも、逆さ鯰のようにいつもひっくり返っています。

kingyoman13

2013年01月22日 10:48

どうしても「ヘシミノ」って読んじゃいます^^;

なまずの世界もなかなか足を洗えませんか、そうですか~
奥が深そうですもんね。
そちらの世界に行きたくても水槽置き場所なくて
さらに家族の理解もなくて(泣)、
旅立てそうにありません・・・

あ、私、アメリカでなまず食べたことあります。
ちょっと泥くさくて柔らかいチキンって食感でした。

2013年01月22日 17:10

kingyoman13さん、こんばんは!

やや大型化しますが、今後性格が変化するかも知れないので、ちょっとだけ不安があります;

隠れられるスペースをすべてなくすと、上部式フィルターのパイプの裏側なんかに縦になっていたりしますね!吸い付いてるわけでもないのに、よくあんな態勢をキープできるなと、感心してしまいます。

ひっくり返ったトーキング、そのままだと死んでるんじゃ?!と思ったりしませんか?w

2013年01月22日 17:14

mochiさん、こんばんは!

ちょっとちょっとー!やめて下さいよw
私までヘシミノに切り替わってしまいそうです!w

ナマズ飼育って、ホント楽しいんですよね。動かないのに;
まずは家族の理解を得ることからになりますねー・・・。
図鑑か何かを買ってきて、ホルスタインタティアとかレオパードタティアなんかのかわいい&カラフルなナマズの写真を見せれば、あるいは考え方が変わるかもしれませんよ?

ナマズ食べたんですか!?なんかスゴイです。
美味いというウワサは聞いてますけど、チキンみたい(?)なんですねー?
私も一度食べてみたいです。

2013年01月22日 20:48

20センチにまで育ったら、かなり迫力出そうですねw
シノドンティスの仲間もけっこうひっくり返って泳ぐのがいると聞きますが、
アフリカのナマズはひっくり返るのが好きなんでしょうかねw

ほんとに変わり種の宝庫ですよね、ナマズは(^-^)

2013年01月22日 23:53

ヘミシノって呼べば「あ、そういうナマズ?」と思われ、ヘミシノドンティスって呼べば「あ、シノドンティス?」って思われちゃうんでしょうね・・・
まぁ後者はそこまで大きくいえば間違ってはいないんですけど、一応「所謂シノドンとはちょっと違うよ」ってところですな、うん。
「どっちでもええやん、ただの黒いナマズやん」って人が多数かもですけどw

>フィラメント状に伸びてます。これがまたカッコイイのよ。
わかるわかる!ww
たとえ姿かたちが全く一緒でもフィラメントのあるなしでもう変わりますよねw

自分的にはヘミシノとブラキシノをいつか同じ水槽で比較飼育してみたいですw
本家シノドンは喧嘩するけど、この二種も喧嘩してしまうのでしょうか・・・?

自分も一応片足突っ込んじゃってる(いや、もう結構入ってる・・・?w)のですが、ホント戻れませんなw
アリ地獄みたいにどんどん引き寄せられてしまいますw
スポッテッドトーキングキャットさんとかも全然ただのモグラっぽい魚だし、タティアも餌やらなければそそくさと帰っちゃうし、アルミスさんは時々気紛れに拒食して頭を悩ませるし、テトラ類とかに比べてしまうとなんて地味で愛想が無い魚たち・・・
なのに楽しいwドーパミンがぶっわーって!
そして次のターゲットを求めてペットショップ、ホムセン巡りを懲りずに繰り返していく・・・w

2013年01月24日 00:59

Redinaさん、こんばんはー。

ヘミシノのでっかいヤツはYoutubeに上がっていましたけど、あそこまでいくともう違う魚ですね;
でっかい図体で逆さに泳ぐ姿は奇妙を通り越してますねw
他のシノドンも逆さになることはありますけど、サカサとつくグループほどではないですが、それでもサ逆さになることはなくはないですね。

珍ナマズでいうと、アフリカの方が宝庫のような気がするのは私だけでしょうか。さすが暗黒大陸とうかw

2013年01月24日 01:07

ムツギアリさん、こんばんは!

いちいちヘミシノドンティスって呼ぶのは面倒だし、タイプするのはもっと面倒です;
一体、この黒いのがどうしたっての?!と言われたらそこでおしマイケルですもんね・・・。

フィラメント、ヒゲの長さだけでずいぶんと印象が違いますしねー。
それはシノドンに限らず、他のナマズにも言えることですがw

果たしてヘミシノとブラキシノを一緒に飼育することは可能なのかどうか?
何匹もまとまって同じ水槽にいることもあるようですが、成長とともにだんだんヤバくなってくるのでしょうかw
オルナティと故・ジャガーの例もあるので、必ずしもケンカするというわけではないのかも知れませんが、ゴールデンさんのような緩衝材が必要になるかもですね。

動かない・出て来ない・明るい場所嫌い
人間でいうと、ほとんどニートみたいですからね、彼らw
でも、他の魚とはかけ離れた姿にはどうしても惹かれてしまいますね!

この記事書いてたらまたお店を見て来たくなりましたよ;