TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

太陽の下で

2013年 05月15日 18:54 (水)

どもども。
本当は昨日アップするはずだったのですけど、今日にズレ込んでしまいました。

何かと言うと、多肉植物たちの様子です。

色々あるので駆け足気味になりますが、まずはホヤ・カーリー。
タイはラオス出身の多肉植物。鉢に挿してあるハート型の葉っぱが売られていますが、これはその本体の方。
ab025 (3)

暖かくなってから、少しずつ成長を始めたようです。ほら、小さな葉っぱが・・・。
ab025 (1)

上の方も新しい葉が出てきてます。このホヤ・カーリーはつる性ということらしいですが、支柱とか必要かな?
ちなみに斑が入ってないホヤ・カーリーの本体も見付けたのだが・・・w
ab025 (4)

パールフォン・ニュルンベルグ。
最初、ニュルンベルクだと思った人はブギーポップ好きに間違いない。
写真ではよくわかりませんが、けっこう綺麗に色づいてきてるんですよー。まぁ、下葉は枯れています。これは仕方ない。この系統の多肉はそういうものです。
ab025 (12)

パールフォンと同じエケベリアの仲間、パーティードレス。順調ですね。葉の周囲が赤くなってきてます。
ab025.jpg

斜めっていた株も、鉢の向きを変えて日に当てていたので、だいぶ改善されました!
ab025 (9)

クラッスラ・アルボレッセンス。
特に目立った変化はありませんが、植え替えた時の株の斜めっぷりは、やはり鉢を回して日に当てていたので、ほぼ改善されました。そろそろ新芽が出てくる頃だと思うのですが?
ab025 (2)

ポーチュラカリアの仲間、雅楽の舞。これ、成長したヤツはかなり茎が太くなるんですが、先が長そうだな・・・。
ab025 (7)

新芽も出てきてはいますが、やや葉を落としやすいです。他の多肉に比べると、ちょっと弱いようですね。
ab025 (8)

アエオニウムの仲間、黒法師。サンシモンともいう。
ab025 (11)

冬型種なので、もう成長は鈍ってます。とはいえ、夏までまだ期間があるので、その間にもう少しだけ成長するでしょう。そしたら、9月末辺りまでシーズンオフになります。夏場の管理を失敗するとおしマイケル。
ab025 (10)

ようやく太陽の下へ出すことができるようになったクラッスラ・ブルーバード。
ab025 (5)

一日出しただけですが、わずかに葉のてっぺんはが赤くなったかな?
しかし、水やりしたら土が下がって安定を失いつつあるので、用土を足して補強しようと思います。
ab025 (6)

本当はもうちょっとあるんですけど、全部登場させるのって、けっこう大変ですw

コメントの投稿

非公開コメント

2013年05月15日 23:51

ホヤ・カーリー、芽吹く。いいっすねぇー。
店じゃ、根っこ付きは貴重なのにあっさり茶色くしてゴミ箱行きだったでしょうから・・・

葉を落としやすい種類って、ありますよね。
気のせいかなー?管理のせいかなー?って思ってましたが、段々「ああ、落ちやすいのもあるんだ」ということに気付きましたw
冬も夏も春も秋も関係無く、落とす種は落としちゃうんですよね。

2013年05月17日 17:04

ムツギアリさん、どもどもです。

ホヤは順調です。購入当初のコケ玉には参りましたが;

根っこ付きに当たれば、買った人は幸運なんですが、そこまで見ているのかどうかわかりませんしね・・・。まして、お店では売れなければ処分ですもんね~;勿体無い話です。

葉が落ちやすい種類は、落とさないように葉に触れないでおきますかね?
私はできるだけ触らないようにはしています。気になると触りはじめて丸坊主にしてしまいそうなのでw

黒法師の日照不足での葉落ちはバラバラいっちゃうんで、焦りました;