TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

レッドデータ・ガール

2013年 06月02日 10:15 (日)

時間は遡り、土曜の夜。

小柄で眼鏡がよく似合う、黒髪をポニーテールにした女子高生が少女漫画を立ち読みしていました。スカート丈が膝よりも下で、ミニスカが当たり前になった現代では、ちょっと新鮮・・・。
私の住んでいる場所は、地方といえば地方になるので、絶滅してしまったんじゃないかという女の子がまだ残っていますが、正直、ここまでピュアに見える子はそうはいませんぜ。天然記念・・・いや、世界遺産決定!
私は普段、あまり女子をガン見することはないのですけど、思わずその場に立ち尽くしてしばらく彼女から目が離せませんでしたよ。

「・・・・かわいい」
いや~、いいトシこいて思わず呟いてしまいましたw 彼女は漫画に夢中で私には気付きませんでしたがw

私とお付き合いしてくれるんなら、私は君の好きな少女漫画を誰よりも詳しくなってみせるぜ。と、心の中で誓ったのでしたw

で、今回はこちらの本。

道尾秀介 「向日葵の咲かない夏」

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。
きい、きい。妙な音が聞こえる。
S君は首を吊って死んでいた。
だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。
一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。
僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。
あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。
ab042.jpg

これはそこかしこで賛否両論みたいですが、私はミステリーマニアでもなければホラーマニアでもありません。なので、割とどんな本でもそれなりに楽しむことができるという特技がありますが、この作品はどうなんでしょうか・・・ね。
読むと気分が悪くなるとか、トラウマになるという意見もあるようですが、果たして?

コメントの投稿

非公開コメント

2013年06月02日 19:52

レッドデータガール… 
もう目にする機会はないのでしょうか…(´д`)

土曜日にお台場で見た修学旅行生も、
そんな感じの子は見当たりませんでした…(´・ω・`)

本、というかエンターテインメントは基本的にラストがすっきりするものが好きですね。
息抜きというかそういうので見てるのに、読み終わったり見終わったりしたあとで、なんかモヤモヤしたりなんなりするのは、個人的にちょっと…な感じですw

2013年06月03日 17:36

Redinaさん、どもどもです!

彼女は本当に貴重な存在じゃないかとw
まだまだ世の中も捨てたものじゃないなという希望がちょっと持てた気がしますw

>土曜日にお台場で見た修学旅行生も、
服装とかうるさいでしょうけど、何気にこういう時はみんな見えない部分でオシャレしてくるので、そう見えないんじゃないでしょうか?w

この本、途中まで読みましたが、・・・・・・・・あまりすっきりしたラストにはなりそうもありませんね;
みんな、どこかで歪んでいて、それらが絡み合ってかなり複雑になってます。物語自体は難しいものではないのですが、とにかく登場人物に問題がありすぎな感じがしました;

色々読んでますが、「え?これで終わり?」「オチは?」「この続きは?」と思わずにはいられない作品もあったりしますネ・・・;

2013年06月07日 23:50

眼鏡が似合う女性も、中々いませんしね、いやはや貴重な時間だったのではないでしょうかw
傍目から見るとちょっと怪しかったかもしれませんが・・・w
男だもの、怪しい時の一つや二つあるさ(え
見ない後悔より見る後悔(殴

道尾秀介さんですか。笑うハーレキンとかの作者ですよね。
自分、ミステリー小説は結構好きなので、道尾さんの作品は結構目にします。
正直、BADENDな時でも、上手なBADENDな作品と、心底残念な、「えー・・・・」というようなBADENDがありますよね・・・

2013年06月09日 03:19

ムツギアリさん、どもども!

ブックオフとかじゃなく、普通の古本屋さんでというのがまず貴重ですねw
そういうところに来る女の子は少ないですもんね。

そこで立ち読みしている姿が何だか馴れている感じがしたので、もしかしたらよく来るのかも知れません。もっと頻繁に行けば、また会えるかな~?と思ったりw

おや、この作家さんご存知なんですか。
私は初見でした・・・;

正直、個人的にはバッドエンドでしたw
というか、最後になって主人公の本当の姿が明かされるんですが、読んでいて暗澹たる気持ちになってしまいました;