TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

光の点滅

2013年 07月07日 02:18 (日)

ほぼ毎年、うちの花壇や植木鉢の周辺にホタルが1~2匹必ず現れます。
今年も無事、見ることができてほっとしてます。しかし、付近には汚いドブ川しかないはずなのに、一体どこから来るのか毎年毎年、不思議に思います。

それはさておき、土曜は午前中で仕事が終わり(これでも遅いけどね)、午後からちょこっと出掛けてきました。
ドライヴがてら、遠方のホムセンまで。
プレコ水槽用のカキガラを買いました。前はもっと近場にも売っていたんですが、なぜか取り扱いをやめてしまい、一番遠くのホムセンでしか買えなくなってしまったので、こういう時にしか買えません;
aa1111.jpg

帰宅後は水換え。時間が足りず、メンテは今回も中途半端・・・。
そんな中、ゴールデンセベラム続報。
aa1111 (1)

先代は隠れたっきり、餌の時ぐらいしか前に出て来なかったのですが、この2匹は餌取りに関してはなかなか積極的で何よりです。萎縮して食べなくなってしまうかも?と思いましたが、どうやら杞憂に終わったようです。
aa1111 (2)

ジュルパリもチビなんですが、彼らの方がさらにチビですw
aa1111 (3)

レッドゲオも、ちょっと成長が鈍いですが、セベラム達と比べればバケモノです・・・;
aa1111 (4)

写真では2匹とも仲良く行動してるように見えますが、普段は小競り合いしてますね。大人しめといえど、そのへんはさすがシクリッドです。
aa1111 (5)

少々、ビビリ気味でもありますが、先代に比べれば物怖じしない感じです。
aa1111 (6)

少々、ヒレがボロけたり、鱗が剥がれたりしてますが、このぶんなら平気なんじゃないかな?
aa1111 (7)

んで、エキデンス・メタエの90cm水槽移動はいつにしようかな??
aa1111 (9)

コメントの投稿

非公開コメント

2013年07月08日 00:27

実は、蛍はそんなにキレイな場所を必要とする生物ではないのです。
湿度、川、水草、餌(カワニナ)さえあれば、余裕で生きれますよ。
むしろ、蛍よりプラナリアや、ヒルなどの地味な生物のほうがより高い自然度が必要です。

ドブ川っていうのは、意外と素晴らしい環境だったりします。
一見濁ってて汚く見えても、川底には貝類が豊富に生息し、貝類の餌のプランクトンや微生物もたくさんで、それを餌とする小さな虫とかが集まり、その虫を食べる魚などが集まる。
そしてその魚たちの糞や死骸が微生物たちの餌となり・・・・と、いいサイクルがあったりするのです。
蛍も恐らくそのドブ川から来てるのでしょう。2,3匹程度なら、例え幼虫の餌の貝類が少なくても平気です。
そのドブ川は人間の余計なチャチャが入らなければ、いつか面白いサイクルが生じるかもしれません。
人間にとってのキレイと、生物にとってのキレイは違いますからね。

2013年07月08日 02:10

ムツギアリさん、こんばんは。

うーん・・・。正直、生活排水が流れ込んでるんですがね;

確かにドブさらいの時なんかは、昔は貝なんかも一緒に上がってましたが、今はどうなんでしょう・・・。上の方からは誰かが油を流したりもしていましたっけ・・・。
私が子供の頃には、その川とは別に、家の目の前の側溝にもイトミミズがいたものですけど。

しかし、毎年現れるので、やはりそこしかあり得ませんよね。わざわざ遠くから飛んでくるものでもないでしょうし。