TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スターライト

2013年 09月15日 13:08 (日)

市県民税の値段。凄いね。
どうしてこんなに取る必要があるのだろうか・・・。
これじゃあ資金不足になるのも仕方ないというものですね(怒)。
aa1153 (16)



そんなわけで、こちらは本ネタです。

黒井卓司 「さよならが君を二度殺す」

山間部の村で5人の人間が消えた。彼らは半日後に無事発見されたが、失踪時の記憶が揃って失われていた。それから32年後、当事者の一人の慎吾は死んだはずの妻の声が聞こえるようになり、幼馴染みの康夫と剛にも特殊な能力が発現する。人智を超えた知恵と技術、思念で人を操る力。これを与えるのは神か悪魔か。空白の過去に隠された戦慄の秘密が明かされてゆく・・・・。
aa1153 (17)

既に読了。
貴志祐介氏推薦うんたらいうのは、別に関係ありません。単にタイトルに惹かれて選んだだけ。
ホラーということでしたが、内容はホラーではなく、ほぼSFでした。
荒唐無稽と言ってしまえばそれで終わりですが、この手の作品にリアルさを求める方がどうかしてるw

タイトルの意味は、読んでいけばなるほど!と納得。
物語自体は、前半は単調に感じる部分もありますが、中盤~後半にかけてはどんどんSF色が強くなっていきますw
まぁ洋画なんかではわりとよくあるパターンかと思います。文章もしっかりしているので、すらすら読めてしまいます。が・・・・、欠点は、登場人物達が田舎出身のため、主人公の慎吾以外の2人はそのまま田舎言葉というか方言丸出しでしゃべるので、その部分だけはかなり大変読みづらいw

ちなみにスターライトとは、主人公が働いているジャズ喫茶の名前。

ネタバレになるとアレなので、思い切った感想書けないのよ;

コメントの投稿

非公開コメント

2013年09月15日 22:00

税金高いですね…
なんかごっそり持ってかれるとゲッソリしますけど…見なかったことにして払ってます(ヽ'ω`)

2013年09月16日 15:33

Redinaさん、どもども。

やめればいいのに、役所連中に"お小遣い"あげてきましたよww

これ、まだ業務が終わる前に払いに行ったのに、既に窓口が閉まってました。税金が高いのは腹立ちますが、仕事をしないのにも腹がたちますね。