TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

プラケマスター

2014年 07月24日 17:36 (木)

いや~、間が空いてしまいました;
いつも見て下さってる皆様、申し訳ありませんです。

ボツネタにしようかと思ったんですけど、まぁいいや。
ads0.jpg

実は、水換えの時に使う注水用のプラケのカビを何とかしたかったんで、綺麗に洗ったり、エアチューブ交換したりしとったんですのよ。
ads0 (1)

けっこう長い間使ったんで、ホレこのとおり。
いい加減交換しないと、やっぱマズイね。
ads0 (2)

まずはスポンジと歯ブラシでプラケを綺麗に水洗い。
やるからには徹底的にやりたいじゃない?
ads0 (6)

キスゴムも丁寧に洗いましたよ。新品みたいになりました。
ads0 (5)

とりえあず、このまましばらく乾燥させておく。暑いし、すぐに乾くだろうし。
ads0 (7)

んで、新たに使うエアチューブ。各プラケに使う分だけ切った物。
これがけっこうな量で、おろしたばかりのエアチューブがもう残り半分以下に・・・。
ads0 (4)

やることは簡単。エアチューブを2本まとめて、ビニタイで巻く。
この時、あまりきつく巻きすぎると水の通りが悪くなるので注意。
ads0 (8)

こんな具合に。
ads0 (9)

乾燥したプラケの底に文字を。
Pはプレコ水槽用、CはCat、ナマズ水槽用という感じです。まぁ、90cm用にプラケ1個では足りないので、そっちにも使ってますけどねw
ads0 (10)

エアチューブにキスゴムを。
このキスゴムは水作のヤツです。けっこう使える優れモノ。
ads0 (11)

それを、プラケの内側の下の方へくっつけます。
ads0 (12)

じゃーん、完成!見事に生まれ変わりました。って、大袈裟ですねw
ads0 (13)

これなら気持ちよく水換えできようってもんです。
簡単とか言いつつ、実はけっこう時間使いましたw
ads0 (14)

使っていれば、どうせまたこんなふうになるんだけどね;
ads0 (15)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年07月24日 18:06

こんばんわ。お久しぶりです。

エアチューブの汚れ加減半端無いですね!
ここまで使えば新品の気持ち良さも倍増ですよね。

キスゴムはどんなふうに洗っています?
私はキスゴムには苦労してます。
ネット付きスポンジで洗っても傷が付いて駄目になるし、
縁に付いた黒髭むしっただけでも駄目になるしで、
キスゴムの寿命を延ばす扱い方、教えてほしいです~。

No title

2014年07月25日 19:52

ご無沙汰です!
愛魚達にトラブルもないようでなによりです。

当方、最近立て続けに病気が発生して参りました。
白点病は問題なく鎮圧できたんですが、エロモナスの猛威には太刀打ちできずにおります。
白点病のように猛烈な伝染力はないんですが一度発症したら完治は困難なようで、一通り薬浴・塩水浴をおこなってはみたものの、最後のグーラミーも治療水槽で虫の息です…

週一で換水していてもマメにフィルタ掃除してもダメなものはダメみたいで、なんか無力感にとらわれます…

No title

2014年07月27日 01:28

くるりんさん、お久し振りです!
そして、お返事遅くなりました;

使って何年かは経つので、充分元は取れたかな?とw
そんなわけで、思い切ってエアチューブをとっかえました。

キスゴムは・・・
指でぬめりを落とすか、コケが酷い場合は歯ブラシで洗いますよ。クロヒゲは初期の場合は爪でこそぎ落としたりしますが、硬くなった場合は処分ですね。

うちのキスゴムは写真の「チューブぴたっと」ってヤツがほとんどです。水換えのたびにキスゴムは全部洗うので、縁がクロヒゲまみれになったことは今のところありません。
どちらかといえば、取り出す機会の少ないヒーターやサーモのキスゴムの方がクロヒゲにまみれてます;マメに毟ったりしてますけど、やっぱり残りますね。そっちの方がダメになる気がします。

長持ちするキスゴムは、Charmの通販でオマケで貰える無印のキスゴムと、このチューブぴたっとが一番じゃないかなと思います。

でも、長持ちさせる一番の方法はコケる前にマメに洗うことくらいしかないんじゃないですかね~??

No title

2014年07月27日 01:38

カラポさん、お久し振りです!

>愛魚達にトラブルもないようでなによりです。
いえ、とんでもない;
実はつい先日、アミメウナギがお亡くなりに。
飛び出しでも病気でもなく、死因がまったく不明です。

そちら、大変だったようですね。
エロモナスは健康な魚には感染しないようですが、発症すると治すのは困難ですね。何度も経験していますが、かなりの初期段階で気付いた時以外、ほとんど治療できたことはありません。本当に厄介ですよね。
治る見込みがない時は、仕方なく魚を処分したことも・・・。あれは辛いです。

>ダメなものはダメみたいで~
調子が悪くなったらとりあえず水換えというのは私もやりますけど、そう・・・ダメな時はダメですね。

魚がどうしようもなく悪い状態になると、私は捨て鉢な気持ちで、どうせこのままでは死んでしまうのだから、これを試そうと、けっこう荒療治的なことをすることがありますが、そっちの方で治ったことも何度かあるのも事実ですが・・・他人にはおすすめできるものではありません;

何とか収束してくれることを祈るばかりです。

キスゴム

2014年07月27日 07:45

SPEED★KINGさん おはようございます。

『コケる前にマメに洗う』これだったんですね!!
私はなるべく触らない様にしてたので、
コケまみれになってしまってました。
逆だったんですね。目から鱗が落ちてすっきりです!

ありがとうございます。今日から早速実践しま~す^^

追伸
「チューブぴたっと」私も愛用してます。
大きいほうはヒーターに丁度良いですよね^^

No title

2014年07月27日 13:14

くるりんさん、こんにちは~。

参考になるかどうか;
ちなみに、硬くなってしまったキスゴムは、お湯に浸けておけばある程度回復するといいますが、回復したことはありませんw