TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

逃避の手段

2014年 07月27日 13:55 (日)

アクアリウムと平行してやってるもうひとつの趣味である多肉植物。
・・・ぶっちゃけ、アクアネタ不足なので、ごまかし的にw

コーヒーの木やネオレゲリアは外に出しても平気ですが、多肉植物は一部を除き、半日陰での管理に切り替えております。さすがに直射日光に晒されっぱなしでは、葉焼けを起こしてしまいますもの。

ホヤ・カーリー。
テラコッタ鉢にハート型の葉っぱだけを植えて売られている例のヤツ。その本体。
本来はつる性の多肉植物なんですが、今のところ支柱を使ったりはしておりません。
adu4.jpg

さすがにこの時期は成長しますね~。つるは伸びて、新しい葉っぱも続々誕生しております。
adu4 (1)

時々、葉の色が一部悪くなってるのがあったりする。病気ではなく葉焼けかも知れないけど、ちょっと気になるなぁ~。
adu4 (3)

クラッスラ・アルボレッセンス。
いわゆる金のなる木の仲間。葉っぱがしゃもじみたいで分厚いのがお気に入りポイントです。
そろそろ普通の金のなる木が欲しいな~と思う今日このごろw
adu4 (4)

茎もだいぶ立派になったもんです。これからのさらなる成長に期待大!!
adu4 (5)

サボテンに見えるけどサボテンじゃあない、ユーフォルビア 紅彩閣。
先端が丸くなってきました。ここから枝分かれしていくのかな?
adu4 (6)

相変わらず和名がわけわからんですが、そろそろ植え替えが必要っぽい。
根っこが詰まってきてるのか、土が硬くなってます;夏が終わる前にやっておきたいなー。
adu4 (7)

ハオルチア 京の華錦。・・・こちらもわけのわからん名前ですw
adu4 (8)

だいぶ成長して、形も変わって、しかも崩れてきてる;
子株もこのとおり!・・・でも困ったな。これを殖やす気は全然ないのだが・・・。
adu4 (9)

どちらもアフリカ原産のポーチュラカリアの仲間。
左がポーチュラカリア・モロキエンシス。右は雅楽の舞。
雅楽の舞に比べると、モロキエンシスの方が直射日光と水切れに弱い印象。すぐに葉の色が悪くなったり、落ちたり、しなしなになってしまう。しかし、今のところは順調なので安心です。
adu4 (10)

花キリン。正確にはユーフォルビア・ミリー。
ホムセンでは花がついた小さいヤツがプラ鉢で売られているのをよく見ます。
現在は花ではなく、新しい葉がわさわさ増えてきてます。そのうちまた花がたくさん咲くでしょう!
adu4 (11)

こっちは花キリンの親戚で白樺キリンといいます。
育成は始めたばかりなのでイマイチ勝手がよくわからんのだが、夏前までは日に当てたりしていた。白っぽいので、夏場の直射日光ではダメになりそうなので、半日陰で管理中。
この仲間は他にも色々あり、痩花キリン、夢叶う棒というのも売っている。
adu4 (12)

本体はだいぶ枯れて葉っぱも落ちてしまったので、一部だけですが、これは子宝草。
性質的には草木に近いですがカランコエの仲間で、立派な多肉植物です。
adu4 (14)

葉に付いている子株が落ちて、それが根付くと・・・・
adu4 (15)

この有様w これ、特になんにもしてないんですが、気付いたらこの状態にw
adu4 (13)

いつかプランターに植えた子株は、今ではこの状態に。子株から既に子株が生まれ、それが落ちて根付いて~を繰り返しております。適度に整理しないと家が占拠されるんじゃないか?!
adu4 (16)

ドラゴンボールとかいうふざけた名前で売られている、ユーフォルビア・スザンナエ。
これもそろそろ植え替えしないと・・・。
タコとかヒトデに見えるんですけど、このニョキニョキ出てるやつは子株。このままの形の方が面白いので、あえて殖やさず育成してます。
adu4 (17)

これらの多肉は現在、ここにまとめて置いてます。そこそこ明るいので最適なんですよ。
adu4 (18)

コメントの投稿

非公開コメント