TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

勘の大切さ

2014年 11月30日 11:07 (日)

どうも。
アクアリウムだけでなく、その他諸々資金不足で、月末までどう過ごしたらしたらいいのか。
よく、お金は計画的に使わなくてはと言うが、それは計画できるだけの金があって始めて使える言葉だ。
税金払ってガソリン入れたらなくなってしまう額しかない。
これに関しても雇い主が原因なのであるが、一度記事にするべきか。
世にはこんなに酷い雇い主がいるってことを一人でも多くの人間にわかってもらいたいしな。

気持ちを切り替えて・・・なんてできるわけもないが、昨日は水換えを終わらせてからいつものお店へ。

そこそこ育ったPo.パルマスが2,500円。
Sサイズより大き目のセネガルス、アルビノセネガルスが500円~800円。
15cmくらいのアルビノセネガルスをペア売りしてたりしました。あれは欲しいかな。
その他、40cmくらいのトゥウェルジーなんかもいましたが、ポリプは全体的に価格が安いのが魅力です。と言っても、上記の理由で買うなんてとんでもないけど。

でもでも、せっかく来たんだから、せめてこのくらいはってことで、ラプラディ用の小赤を10匹購入。
水温合わせをしようと、水槽に袋を浮かべると、小赤2匹に白点が・・・。
aht.jpg

こりゃたまらんと、慌てて袋を取り出した次第です。
気付かずにそのままにしておいたら前回と同じことになってしまうところだった。
熱帯魚と違い、小赤は水槽ではなく、棚の上にあるタライから掬ってもらう方式なので、見て買うことができない。タライで小赤を販売って、あまりないかもですが、このお店は本来は金魚屋さんなのだ。
価格が高騰しただけでなく、コンディションがイマイチ。前回はイカリ虫が刺さったのも混じっていたし。

・・・・袋にも水滴はついていたが、まさか飛び火しねーだろうな。
aht (1)

ポリプに関しては大丈夫だろう。
aht (2)

ストライプトーキングキャット。
基本的には病気知らず。まぁ、こいつも大丈夫かな。
aht (3)

前回は白点が発生して感染したのは小赤のみ。うちの魚達には一切感染しなかったので、おそらくある程度耐性というか、そういうものがあるんだろうと思う。今回も問題はないはずなのだが・・・。
aht (4)

病気対策の準備が不十分だったので、緊急措置。
使い道がなく、転がっていた23cm水槽を用意し、エアチューブ、エアストーン、分岐コックとメチレンブルーを用意。
本当は小型の投げ込み式フィルターもあった方がいいけど、用意が間に合わなかった。
aht (5)

ヒーターは当然ないし、今はこれ以上用意できない。
当然、無加温でトリートメントすることになるが、現状ではこれ以上のことはできん。
この状態で水温合わせなんて意味ないので、塩を入れた新しい水を袋の中へ点滴方式で垂らします。
aht (6)

頃合いを見計らって、水槽内へザバっと。
なんでこんなやり方すんの?って言われそうなので先に言っとくと、袋の水って少ないし、そのまま水槽に空けると魚が泳げるほどの水深にならないでしょ?
aht (7)

塩だけで様子を見るつもりだったが、どうせ全部の小赤に感染するだろうから、メチレンブルーも入れた。
aht (8)

水槽のフタがないので、飛沫対策にラップを被せた。
これで定期的に水換えしながら、その都度新たに薬浴って感じにするかね。
幸い、水槽は抱えて移動できるし、水はそのままザバっとこぼしてしまえばいい。
aht (9)

実は、お店に行くのに気乗りじゃなかったのです。
あまりいい結果にならないのではないかって気が、ものすご~くしていた。
やはり勘には従うべきだったな。

まだ、パルマス用のメダカにしとけば良かったか?
aht (10)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年11月30日 21:51

御無沙汰してます!
ムチムチグラマーなストライプトーキング、すごくカワイイ!

小赤の件はあぶないところでしたね(汗)
生餌は病気の侵入が怖いんですよね~

メチレンは色が付くのでウチでは白点にはアグテンを使用してます。
水草が入っていても、貝が入っていても、エビが入っていても使用できるので重宝してます。
だいたい6日くらいで白点が落ち、10日たらずで完治します。
魚毒性云々が言われてますが連続して何十日も使用しなければ、さほど問題ないみたいです。

白点よりイカリムシの方が私的には恐怖ですね!幸いまだ発生したことは無いのですが…


No title

2014年12月01日 00:30

こんばんはー!
ぱんっぱんなストライプトーキングキャットさん!
土管に頭隠して尻隠さず…と言いますか、もしかしてぱんぱんで入れないんですか?((´∀`*))
ステキなお尻をありがたく拝ませて頂きましたー♡

今日行ったお店のグッピーにも白点付いてました…。
私はまだ白点経験無いんですが、こちらで勉強になりました!
お店でポリプも見て来ましたよ~。ニョロニョロ~♪まだちっちゃい子達でしたけど結構かわいい顔してるんですね!

No title

2014年12月01日 10:43

こんにちは。

エサ金が白点病にかかったんですね。ポリプに限らず、肉食魚にエサ金を与える時はそういうのに気をつけておかないといけないですね。

>水槽ではなく、棚の上にあるタライから掬ってもらう方式

それって怖いですね…(';ω;')白点病にかかるということはきちんと消毒されていないタライを使っていたということでしょうね…。イカリムシも付いていたこともあったんですね。どれだけ不衛生やねん、と突っ込みたくなりますよ('・ω・')
やはり金魚屋さん上がり(?)のお店でエサ金を買うのは控えたほうがいいということでしょうか。

No title

2014年12月01日 11:49

ポリプ格安店、いいなー!
見るだけでも楽しいですよね。

餌用小赤が白点病?
おーこわ。
これから調達する機会が多くなるから
私も気をつけなくては。

No title

2014年12月01日 16:09

カラポさん、お久し振りです!

最初はね・・・500円玉くらいだったんですよ、コイツは・・・。
今では20cmの大台に乗りましたが(苦笑)、憎めないヤツでもあります。

これからはどんな店で買ってもトリートメント必須ってことになりそうです。
今までは病気の侵入なんてありませんでしたが、こんなケースが起こることを考えると、やはり手間をかけてでもやらないといけませんよねー。

>アグテンを使用してます。
グリーンFクリアは水草OKなんて聞いたので、以前試したら何のことなく枯れてしまいましたw
アグテンは、一度も購入したことないのですが、エビも大丈夫なら、他の白点治療薬よりも良さそうですね。情報、ありがとうございます。
病魚治療の薬品の類も、充実させておかないと、いざって時に困りますもんね。

イカリムシは、以前ファイアーマウスが寄生させて治療できずに死なせてしまいました。
引き抜いた時に、周辺の組織も一緒に損傷するので、部位によっては致命傷になりかねません。病気よりタチが悪いかも?

No title

2014年12月01日 16:12

ゆぱさん、こんばんは。

ストライプトーキング、意外な人気ぶりですね;
このナマズが気に入った人は、底モノ飼育の素質ありですよ!

ゆぱさんちは水温が低そうなので、一度白点にかかったら爆発的に拡大しそうですね。注意ですよ!

ポリプは、そうそう!平和そうな顔に癒されますよね。
いいなーと購入→小型魚全部胃袋へ!・・・なんてことにならないようにして下さい(笑)。

No title

2014年12月01日 16:18

tarochinさん、こんばんは!

最初の段階で気付いてよかったですよー。
寄生虫にも注意しなきゃなりませんし、気を付けることだらけで困りますw

何せ、商品の確認ができませんからね。
金魚は一定の品種は水槽販売で、いわゆる普通の金魚は大抵ジャンボタライ売りなんですよ。
金魚屋さん上がりというか、現役で金魚屋さんで、熱帯魚の方がずっと新しいんですよ。
商品管理はしっかりしていて、小赤の状態が悪いなんてことは、いつもならあり得ない店なんですが・・・・。

No title

2014年12月01日 17:21

mochiさん、こんばんはー。

全体的にポリプは値段設定が低いですよね!
でも、ペア売りなんて初めて見ました。お腹が大きかったので、間もなく稚魚が増えそうですw
私の知ってるホムセンでは、出戻り個体も売っていて、水槽にいっぱい入った20cmくらいのポリプ、種類を問わずどれでも1匹1,000円なんて売り方してました。
もっとも、トリートメント具合が気になりますが・・・。

mochiさんも、とうとう餌用の魚が必要になるんですねー。餌ストック用の水槽が増えますよ?;

No title

2014年12月02日 23:56

こんばんは。

ポリプはかなり安価なのですね。
この前、最初から20cmくらいの購入したほうが安上がり、と書きましたが、ヒネて成長が止まった個体の可能性もあるので幼魚を購入し生餌漬けにしたほうがいい!と弟に薦められたことを思い出しました。
でもそれって大型ポリプであって小・中型はそこまで気にする必要性も無いような?

生餌には病気を持ち込むリスクが付きまといますね。
ポリプだけなら気にしませんが。
とはいっても飼育魚以上に餌に手間をかけるのもなんですねぇ。
今仕入れてるお店は若干割高でも最低限とはいえトリートメントしてくれるので安心ですね。

ただ、雑誌のSHの特集で「(餌)採取魚は病気を持ち込むから危険と言われるけど気にしない。だって治療できるから」的なことが書かれていてちょっと驚いたことがあります。

No title

2014年12月05日 02:02

YMNさん、こんばんは。

最近のポリプは、ブリード個体の場合、セネガルスなどは繁殖可能なサイズが20cmにも満たないことがあるらしいです。
おっしゃるとおり、エンドリケリーのように大きくなる種類の場合はヒネた個体では困りますが、中型種の場合はかえって都合がいい気もします。ポリプには悪いですが・・・;

小赤は、ここまで調子が悪かったことが今までほとんどないので、あのお店にしてはらしくないかな?と感じました。YMNさんが購入しているお店は本当に素晴らしいですよねー。

私もかつては採集した魚を直接与えていたこともありましたが、当時はまったく気にしてませんでした;