TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

デッドスペース

2014年 12月30日 11:59 (火)

どうもー。
やるやると言って、完全無欠にやらなかったウパさん水槽のフィルター。
水換えついでにようやく変更したので、ネタにしてみたよ。
aii.jpg

ロカボーイ。
交換すると決めてから、掃除する気も起きなかったので、そのまま放置してました。
aii (1)

交換前にちょっとばかり中の様子を。
ウパさんに食われそうになっても、持ち前のフットワークの軽さで逃げ続け、未だにしぶとく生き残ってる小赤。
ポリプ水槽に入れた連中はほとんど食われることなく死んでいったというのに。なんたる皮肉。
aii (2)

餌はウパさん用の赤虫のおこぼれを食っているので、飢えることもなく元気という・・・・。
仕方ないから、そこで暮らしなさい。というわけで、自力で水槽の住人の地位を手に入れたのだった。
aii (3)

再び本題へ。
交換するフィルターはこれ。
水作エイト(節約のために、今回は買わなかったので)ならぬ、エアフィットM。
aii (4)

水作は、水作エイト、プロホース、チューブぴたっと、マグテンプなどの名品を生み出したメーカー。スペースパワーフィットシリーズもなかなかの名品なのだが、キスゴムが弱いという難点がある。これも、きっとそのうちくっつかなくなるw
aii (5)

スペースパワーフィットとエアフィットの違う点は、別途エアポンプが必要だということ。
言ってしまえば、水作エイトのコーナー版みたいなものである。
aii (8)

ロカボーイがなくなっただけで、ずいぶん広く見えるものだ。
aii (7)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年12月31日 10:20

おはようございます!

まずは生存確認から…生きてますかー!!?
自力で生きていく場所を確保した小赤さんのように、しぶとく生き続けたいものです(´-ω-)ウム

このエアフィットなんですが…実は持ってます。
アホなのでパワーフィットを買おうと思ってたのに間違えてエアフィット買っちゃったんです((´∀`*))
だって形似てるし…。

どちらもろ材は一緒ですよね。パワーフィットのろ材の交換の際、中身だけ使いました〜。

スッキリ広々、ウパさんも小赤も広くなったお部屋で年越しですね(*´ω`*)

No title

2014年12月31日 15:45

ゆぱさん、こんばんは。

とりあえず、今のところは生きてますよ(苦笑)。
ただ、気分はどん底のようで、さらに追い討ちをかける事件が起こりまして・・・。それは後日、あらためて記事にしたいと思いますw

おや?これ、お持ちなんですね??
見た目がほとんど同じなので間違えても何ら不思議ではないですお・・・。
私の方は逆パターンで、これを買おうと思っていたものの、スペースパワーフィットしかなかったという感じですが・・・。

ウパさん、寿命はどのくらいなのか。もう7年近くはいるはずなんですけどねw まぁ、今年も無事に生き延びてくれたのでよしとしましょう。うんうん。

No title

2015年01月01日 00:04

こんばんは。

私はコーナーパワーフィルターのほうを使ってます。
こちらはキスゴムが弱いのですね。
うちのはかなり強力で真横に滑らせて淵まで持っていかないと外せないくらいです。
こちらは中のろ材交換は簡単にできるのですか?
うちのは付属のろ材を外してリングやらスポンジやらを詰めて使ってます。

このタイプって省スペース&水槽スッキリで意外といいですよね。

あ、年が明けましたね。
おめでとうございます。

No title

2015年01月01日 16:22

YMNさん、あけましておめでとうございます!
昨年から交流させていただいておりますが、今後とも仲良くして下さいね!

キスゴムの耐久性はどちらも同じだと思うんですが、私がハズレを引いてしまったのかも。
使い勝手・応用については、コーナーパワーフィルターの方が絶対にいいですね。これと違ってエアポンプ必要ないですし。

水作の場合はろ材も同じなので流用は可能ですよ。
しかし、中身をそっくり入れ替えて使うというのも、専用のろ材を買わずに済むので経済的ですね。

やはりスペースを取らないというのが一番のメリットですね、これ!邪魔にならないので、フィルターを使いづらい水槽なら両サイドに設置してもいいですし。