TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

習性と死

2015年 03月11日 21:04 (水)

画像がないけど、カンベンして下さい;

あーあ、ベアタンクだからって油断してました。
クーリーさん、1匹死んじゃったのね・・・。

ほら、アヌビアスを活着させてる流木があるじゃない?
あの間に体を横にして寝るように隠れていたことがあったんですよ。
通り抜けできるようだったから安心していたんだけど、どうやらそれは、一番ちっこい2匹にのみ通用するだけで、それよりデカイ個体ではダメだったみたい。

挟まったままの状態で遺体で発見されたってワケです!!
外傷らしき外傷はなかったので、エレファントにやられたとか病気になったとかではなく、やっぱり抜けられなくて死んでしまったんだろうと思う。
遺体を取り出そうと流木を持ち上げると、下からなんと3匹も出てきて、思わずゾッとしましたよ~。
これじゃあ二の舞になることは避けられないと思った私は、急遽、使ってない小さなスライス溶岩石をガレージから持ってきて、慌てて流木の下に敷いて嵩上げしたのです。

うーん、エレファントに関心持たれず同居できる貴重な種類だから、今後も追加したんですよね。
シェルターとなる物も、慎重に選ばないといけないなー。
シュリンプ用のシェルターで、穴があちこちに開いてるやつがあったけど、あれなんかいいかも知れない!
今度、物色してこよ~っと。

狭い隙間に入る習性を忘れていたわけではなかったんだけど、これは完璧に油断したな~;

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2015年03月14日 16:03

こんにちは!

くーリーさん残念でしたね(;;)
ニョロニョロしてるからヌルヌルしてそうだけど、そんな事ないんですね?隙間からヌルヌルで脱出出来そうなのに…

うちのドワーフグーラミィは先日吸水のパイプとガラスの隙間から抜け出せなくなってました。発見が早かったようで、大事にはいたりませんでしたが、下のピロピロちょっと折れちゃいました…。吸水のとこの隙間、開けました。予防できる事故は対処しなければなりませんね!

No title

2015年03月14日 23:25

こんばんは。

こういうのはベアタンクの弊害というところでしょうか?

中が空洞になっているコンクリートブロックのミニチュア版みたいな陶器製のシェルターとかはどうでしょう?
(スドー SPブロック)

No title

2015年03月15日 02:42

ゆぱさん、こんばんは!

ヌルヌルはあまんまり関係ないような(笑)。
幅がないグーラミィでも、抜け出せなくなることってあるんですね?

ピロピロの部分は、何かの拍子に切れてくれれば、真っ直ぐに再生するんですけどねー。

失敗から学んでいかなくてはならないわけですが、多分、まだどこか見落としがある気がしてなりませんw
お互い、気をつけましょう!

No title

2015年03月15日 02:48

YMNさん、こんばんは!

砂があれば、多少融通が利くんですが・・・ベタンクではそうもいきませんよね~;残念でしたよ・・・。

>コンクリートブロックのミニチュア版
ああ、昔からあるやつですね?
だんだんわかってきてるんですが、この魚って、土管やナマズ用のシェルターよりも、もっと開けてない物を好むようなんです。
最初はそのブロック状の物を買おうと思ったんですが、とりあえず保留といったところです。

そうそう、うちのクーリーのことではないんですが、少々残念なニュースがあるので次の記事に!