TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

残酷実験帝國Ⅱ

2015年 04月11日 11:49 (土)

メンテ記録 その①
90cm水槽を二週間振りにプロホースでザクザクやりつつ、水換え。
破損したヒーターから漏れ出した砂がけっこうな量で、とても一度で除去できませんでした。魚に害はないと思うので、あと何度か水換えしていればほとんど除去できるだろう。

メンテ記録 その②
ナマズ水槽水換え。チビゲオ2匹はトラブルもなく、元気です。
問題はやはり、圧倒的なナマズ成分不足か・・・。限界集落現象は継続中。

メンテ記録 その③
ウーパールーパーの水槽を水換え。こちらは今回水の入れ換えのみ。

メンテ記録 その④
プレコ水槽の水換えはパス。外部式フィルター エーハイム2217のメンテ。
これがまたエラく汚れてました。写真ではお見せできませんぜ・・・。
途中で、水槽移動実験のため、魚をプラケに掬っておくことも忘れずにやりましたともさ。
ako098772.jpg

ゴールデンセベラムの小さい方だけと言いましたが、色々と思うところあって、成長停滞気味のジュルパリも一緒に移動させることにいたしました。
ako098772 (1)

水合わせはいつも通り。写真は変化に乏しいため、今回は割愛させてね。
ある程度の大きさに育ったこのタイプの魚、ヒレとかけっこう鋭くて、気を付けないと指に刺さってしまうな。
ako098772 (2)

カラプロは少々警戒態勢?メティニスはビビってます。お前ねェ・・・。
ako098772 (3)

ゴールデンセベラムの小さい方、比較するとほぼカラプロと同サイズ。ジュルパリも決してデルに食われてしまうサイズではなかった。プレコ水槽の連中の方がデカすぎるのか?
ako098772 (4)

う~~ん、カラプロが妙に警戒してるな・・・。
他の魚にちょっかい出す性格ではないので、大丈夫だと思うが。
ako098772 (5)

アルビノピーコックは、なぜあんなことになったんだろうか。
それ以降、この水槽に入れたカラプロもシノドンティス・デコルスもシルバーシャークもなんともないのは一体どういう原理なんだろう?寄生虫だったら、彼らにも何らかの影響があるはずなんだが?
ako098772 (6)

何事も起こらなければいいんだけどな~。
ako098772 (7)
とりあえず、様子見って感じでいくしかなさそうだ。

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2015年04月12日 23:38

こんばんは。

ふーむ、ジュルパリもキレイですね。
この顔好きです。
でも比べてみると確かにダエモンってサタノ属の中でもカラフルなんですね。

No title

2015年04月13日 17:24

YMNさん、こんばんは!

ジュルパリは、物凄く綺麗な個体はちょっとだけ高値で売られていることがありますけど、並個体でも充分綺麗です。当たり外れが少ないのがいいところですね。

ジュルパリはメタリックという感じですが、ダエモンは赤が入ってますから、よりカラフルですよね!