TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

小さな大物

2015年 05月16日 20:35 (土)

餌としてやってきたくせに、とうとう専用部屋を持つまでになった小赤。
今回は、その専用部屋であるクールボックスについて。
alp456782.jpg

小赤飼育には何の問題もなく使えます、コレ。
alp456782 (1)

容器も軽いので、水換え方法もその時その時で変えることもできます。
今は無職期間で時間もあるってことで、今回はこいつの水換えについて。

まず、高い位置に移動させます。
alp456782 (3)

プロホースのホース部分を使って、中のフンやゴミを吸い出して、下に置いたバケツに排水。
要するに、ゴールデンさんの水槽と同じ方法です。
alp456782 (4)

注水の時は、新しい水を入れたバケツを高い位置に置いて、クールボックスは下に降ろします。
alp456782 (5)

後は、そのままジャーッと新水を入れればいいというわけ。
alp456782 (6)

これ以外にも、二通りの水換えができます。
①クールボックスごと洗面台に運んで、水を捨てる→新しい水はバケツでドバっと。急いでる時専用かな。
②灯油用ポンプで排水→注水する。

軽いというだけで、他にも色んな使い道があります。
フタにエアチューブを通す穴を開ければ、川で捕まえた魚を入れるストックケースにもなるし、余った水草を育成することもできるし、フタをスチロールからメッシュに交換すれば、アカハライモリを入れておいてもいいですね。

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2015年05月17日 23:19

持ち運び出来るってのは、かなり便利ですね!
場所移動でサイフォンの原理も便利だし、汚れて丸洗いするにも便利!しかもガラスと違って発泡スチロールは割れないので、少々手荒に扱っても大丈夫!(و'ω')و✧

クールボックスは色々とメリットがありますね♪
超クール!so coolです!

あとは見栄えの問題をクリアすれば、アクア界にクールボックス旋風が巻き起こります!

No title

2015年05月18日 18:10

ゆぱさん、こんばんはー

取っ手にヒモ付きなので、なおさら便利です!
傷つけないように配慮がいりますが、丸洗いはスポンジの柔らかい部分で擦ればOKです。
唯一の欠点は、上見になってしまうということくらい?
思った以上に使い勝手がいいんで、これならヒーター+サーモ+投げ込み式フィルター入れれば熱帯魚もいけますね!

実は、スチロール製のアクアグッズはあります。
メダカの飼育セットには、確かスチロール製の物が一部あったように思います。

>見栄えの問題をクリアすれば
これ、側面のスチロールを切り落として、上手いことアクリル板を嵌めることができれば、横からも魚を見れる水槽になりますねー。
それが成功すれば、第一次クールボックス旋風が巻き起こるかも~~?