TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

インディヴィジュアル

2015年 11月01日 21:43 (日)

↓の記事の嫌々外出と連動してるが、こっちは内容が全然違いますぜ。
せっかく外に出たんだからということで、いつものお店へ行ったのである。

以前ちょっと言いました、ブラントノーズガーの大きめサイズ!
apc33335679393 (1)

しかも2匹ですぜ旦那。
apc33335679393.jpg

サイズが大きいので袋も大きい。
狭い容器では吻部をぶつける可能性が高いので、今回はバケツで水合わせ。
apc33335679393 (2)

一緒に入っているワカメみたいなのはテープです。
互いにぶつかってケガするのを防ぐための処置?私は初めて見ました。
apc33335679393 (3)

1匹は掬う時にネットを噛んでしまって取れなかったので、ネットをハサミで切るはめに。
ネットの残骸はそのうち取れるので、ほっといても問題ないそうだ。
apc33335679393 (4)

いつものように水合わせは二度行う。
apc33335679393 (5)

見事に引っ掛かってます。
餌を食う時ジャマにならなければいいが・・・。
apc33335679393 (6)

とにかく、取れないものは仕方ないので、そのまま水槽へドボンの刑!
最初の数分ほどはどちらもポンプの陰に隠れてビクついてましたが・・・・。
apc33335679393 (7)

そのうち、どちらがというわけでもなく、自然に動き出しました。
apc33335679393 (8)

すーっと右へ。
apc33335679393 (9)

すーっと左へ。
apc33335679393 (10)

あまり物怖じしない感じだ。
この2匹はオスカーと一緒に販売していた時期もあったらしい。
その時も萎縮はしたが、拒食などにはならなかったということだから、ここでも安心?
apc33335679393 (11)

カラプロもゲオも特に関心はない様子。まぁ、今のところはだが・・・。
apc33335679393 (12)

カラプロ達と比較しても、かなりいいサイズだと思う。
やはり前回までは小さすぎたんだな、きっと。
apc33335679393 (13)

しかも、これで一度も生餌を与えたことはないそうだ。
追いかける時にガラス面にぶつかって吻部を潰してしまうのを防ぐにそうしたらしい。
apc33335679393 (14)

ブラントノーズガーという名前から、いまだにガーパイクの仲間と間違える人は多いそうだ。
ガーに似ているからそう名付けられたんだろうが、紛らわしい話である。
個性的な外見だが、れっきとしたカラシンであって古代魚じゃないので、お間違えのないよう。
apc33335679393 (15)

ブラントノーズガーの上見。
下層に来ることもあるが、基本的には上層が生活圏の彼らならではの光景かな。
apc33335679393 (16)

やっぱりいいね~、この姿。
それと、ネットの切れ端よ早く取れてくれw
apc33335679393 (17)

こいつの存在がふと心配になったが、今回のサイズなら問題あるまい。
apcDSCF9446.jpg

もうひとつは飛び出しだが、これならさすがに飛び出せないだろう。
なーんて言ってるそばから出たりしてな!w
apcDSCF9409.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

2015年11月02日 00:34

ブラントノーズガーですか!いいですね!

人工飼料にするのはその様な利点があるのですね!

ぱっと見、なかなか餌付けが難しそうな種ですけどね。カーニバルとかいけるんでしょうか?それとも赤虫浮かせる?私も導入を考えたことがあるのですが、Bアロワナを視野に入れてるので諦めました。生活圏が重なりますからね。

こちらで楽しませて頂きます(^_^)

No title

2015年11月02日 18:49

おおっ、この怪しい?フォルムはいいですね。
古代魚でないこのタイプのガーって他にはいないんでしょうか?

まぁ、オセレイトと生活圏丸かぶりなので我が家では厳しいだろうなぁ。
きっと小魚を捕食する姿は魅力的なのでしょうけどその半面、水槽内だと怪我するリスクが高いのが残念ですね。
人工飼料に餌付けされてるは安心ではありますけど。
ワイルドを人工飼料に餌付けするお仕事はもう嫌……
といいながらワイルドを探してたりする矛盾。

No title

2015年11月03日 17:09

hotfinkさん、こんばんは。

残念ながら1匹既に死亡しました・・・。
原因らしきものは次の記事で。

浮いている餌なら大抵のものは食べるそうなので、そのへんはあまり心配してませんが、ガッシリさせるならやはり生き餌の方がいいでしょうね。
赤虫なら浮かんでいるものは食べるかと。カーニバルは試しに与えたら食べたので、とりあえず困ることはなさそうですが、まだちょっと怯え気味かな?って感じです。

アロワナ類だけでなく、自分より大きくて派手に動く魚に対しては萎縮してしまう傾向があるようです。

正直、ひと晩で死ぬと思わなかったのでかなりショック・・・。

No title

2015年11月03日 17:15

YMNさん、こんばんは!

残念ながらでかい方がお亡くなりに・・・。
この喪失感はけっこうデカイです;滅多にいないんですから、このサイズ。

古代魚以外では、マーブルハイドロシナスガー、ニードルガーくらいではないでしょうか。

YMN家では、まずオセレイトにやられてしまうでしょうね・・・。見た目に反してかなり穏やかな性格なので、シクリッドとも注意が必要かも知れません。

>水槽内だと怪我するリスクが高いのが残念ですね。
90cm水槽ならほぼ心配ないと思います。60cm水槽ではメダカを与えるとコツンとぶつけては血が滲んでいたことがけっこうありましたが。

>ワイルドを人工飼料に餌付けするお仕事はもう嫌……
混泳に加え、餌の方でもずいぶん苦労させてますもんねー。
それでも探してしまうのは、やはりお好きだから仕方ないんじゃないでしょうかw