TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

バイブル・ブラック

2016年 01月12日 01:50 (火)

お久し振りです。
何だかんだで時間がなく・・・というかPCが自由に使えないので、思うように更新出来ずです・・・。
ネタが遅れに遅れてますが、いきましょうかね。

とうとう買いました。
「世界のナマズ CATFISHES OF THE WORLD 増補改訂版」
arf549808080 (1)

この本の素晴らしいところ その①
ゴールデンさんが載っている。
arf549808080 (3)

この本の素晴らしいところ その②
バンジョーキャットの仲間だけで6ページもある。つーか、そんなにいるのかこのグループ!
arf549808080 (2)

この本の素晴らしいところ その③
シノドンティス・オルナティピンニスが載っている。
その他、シノドンの仲間がたくさん!こいつは凄いゼ。
arf549808080 (4)

内容は、詳しい飼育情報がメインではなくカタログ的なものではありますが、それでもこの本を出してくれたことにはナマズ好きとしては感謝せざるを得ないですね。読み応え十分!

で、今月のALはコリドラス特集。忘れずゲットしてきましたとも!
もっとも私は近縁種の方が好きなので、そっちの方ばかり注目してしまいましたが・・・w
arf549808080 (5)

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年01月16日 08:44

こんにちはーお久しぶりですm(_ _)m

ガッツリ入り込んでる私が言うのも何ですが
どちらかといえば狭くて深いアクアリウムの世界の更に深い場所にナマズの世界がある感じです…

>バンジョーキャットの仲間だけで6ページもある。
店ではバンジョーっぽい形だから全部バンジョーキャットで通ってますね(笑)

ペットショップに行くとたまに、青コリの中に明らかにハイフィンっぽい子が居たり
ステルバイの小さい魚の中に妙に色が濃い謎コリ(尻尾はシマシマ)が居たりと
店側も選別しきれてない事が多くて笑えますよ( ´Д`)

No title

2016年01月16日 12:50

最近はPCで何でも情報が入る時代だけど
やはり本ですよ、本!!

私もベタ、ポリプテルスに両生類、爬虫類
なんだかんだと本買ってますもん。
誰もが読む本じゃないけどこうやって
コアな読者のために出版され続けてるのは嬉しいですよね^^

2016年01月16日 20:15

こんばんは(^_^)

買いましたか!私も欲しいんですよね!

ちなみに、ブルーバックとか掲載されてますか?

ナマズも奥が深いですからね!

私も、息子に恐竜・昆虫・爬虫類等の図鑑をあげて一緒にみてますが、この本は触らせたくないですね!

No title

2016年01月17日 00:39

こんばんは。

たくさんの種類がある魚はいいですねぇ。
SHなんて種類が少ないので雑誌の特集程度で十分ですから……

No title

2016年01月18日 00:31

シープネスさん、お久し振りです!

アクアリウム界でも、ナマズは非常に種類が多いですね。
一般的な魚と違って彼らは主役にはなりづらいからか、あまり知られてはないないようですが;

いちいちバンジョーキャットを選別するなんてこともしないでしょうし、よほど外見に特徴がなければ無理なんじゃないかと・・・wこれは他のナマズにも言えますね。

違うヤツを選んで買う。いわゆる混じり抜きというやつですか。
それもまた楽しそうですね!
いつも以上に時間をかけて観察すれば、何か違うヤツ見付かるかも?!

No title

2016年01月18日 00:36

mochiさん、こんばんはー。

本は大事ですよね!

mochi家の本棚は生き物関係で溢れていそうですねー。
なんかそういうのって憧れます。うちじゃあ本棚置くスペースすらありません・・・。

>コアな読者のために出版され続けてるのは嬉しいですよね^^
実はこの本、かなり前に発売されてるんですよね。今では名前が違うヤツもちらほら。改訂版ではありますが、それからさらに年数が経ってるので、そろそろリニューアルして再度発売してほしいなーというのは贅沢でしょうかw

No title

2016年01月18日 00:40

hotfinkさん、お久し振りです!

ここにも欲しい方が・・・!
残念ながらブルーバック自体は載ってませんでしたが、近縁種はちらほら載ってましたね。というか、当時はブルーバックという名前ではなかったのかも?

やはりこの本は特別ですよね!
購入された際には、ぜひお子さんの目に触れない場所に保管して下さい(笑)。

No title

2016年01月18日 00:42

YMNさん、お久し振りです!

SHはアナバスの仲間と併せればそれなりの種類数になると思いますが、SH単独というのはかなりキツイですね;
現地の採集レポとかその他諸々を併せれば本にできなくもない?