TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

重なる誤算

2016年 04月03日 21:19 (日)

新生ナマズ水槽の進捗状況ですが、ここに来るまでにいくつかトラブルが。

まず、トリートメントタンクにいたサイアミーズ・フライングフォックスが死亡。
死因はエロモナスだったわけだが、ある意味仕方がないとも言える。何せ水槽を設置している場所が悪すぎる。
あんな場所では魚も落ち着かないし、かなりのストレスがかかっているだろうと思う。特に夜行性でない種類には。

二つ目は、何にもしてないはずの新生ナマズ水槽に、なんでか知らないが浮遊物が漂ってまして・・・。
よく見たら、シェルターとして水槽に入れたレプタイルケイヴの表面の加工が剥がれてしまうという事態に。
おいおい、こういうのって水に入れても大丈夫な仕様にしといてくれよ~;

BEFORE
aso99999999 (4)

AFTER
ね?指でなぞると表面が剥がれてしまうのよ。
こりゃ~いかんってことで、急遽撤去。
aso99999999 (5)

一旦ブラシか何かで表面を全部擦り落としてから再利用するしかないわけだが・・・どうしようかね。
aso99999999 (6)

仕方ないので、追加のシェルターを購入。
aso99999999 (1)

スドーのフィールドロック。今回はちょっと大きいサイズだ。
何やら小さな穴が開いてるが、魚によっては通り抜けようとしてはまってしまうんじゃないかと思ったが、この水槽にはそういうヤツはいないので大丈夫だろう。
aso99999999 (3)

ついでに買ってしまえってことで、前のSサイズに続き、匠シェルターのMサイズも購入。
aso99999999 (2)

そして、水槽に突っ込んだままになっていたアヌビアスを取り出して、根っこをカットしてから活着作業へ。
aso99999999 (8)

その間にトリートメントタンクからスリーストライプクローキンググーラミィと、長期間のベアタンク生活はキツイだろうとバンジョーキャットを帰還させました。モチのロンで水合わせ。
aso99999999 (7)

考えれば考えるほど先に進まない。だんだんイライラしてきたのだが・・・
aso99999999 (9)

とりあえず枝流木にバルテリー・ストライプの方をひと株ビニタイで巻き付けてみた。
輪ゴムにしようか迷ったんだが、結局今回もビニタイを選んだ。
シェルターともども水槽にブチ込んだんだが、ここでまた問題が発生。

見ての通り、スドーのシェルターが思った以上にデカイ!
う~~~~ん、どうしようかなコレ。スポッテッドトーキングは余裕で隠れられるだろうが、ちょいと圧迫感あるぞ;

どうにかしようと思ったんだが、残念無念の時間切れ。残ったアヌビアスはそのまま水槽に戻して今回は終了。
aso99999999 (10)

このままでは寂しいので、戻したバンジョーの姿でも。
・・・変わらないな、前とw
aso99999999 (11)

一方のクローキング達は、あちこち探索しておりました。
エルボの向きを調整して水流は殺してあるつもりだが、まだポンプも新しい。少々彼らが流され気味なのが気になるが、とりあえずは様子見か。
aso99999999 (12)

アヌビアス、うまくくっつくかな?
aso99999999 (13)

テーマ : アクアリウム
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年04月03日 23:32

こんにちはー

>トリートメントタンクにいたサイアミーズ・フライングフォックスが死亡
ご愁傷さまでした…やはりトリメン水槽暮らしはキツいですね
他の仲間に感染していなければいいのですが…。

>レプタイルケイヴ
これ爬虫類・両生類用と書かれているので水に浸かるのも前提っぽいのですが
水中×とも書かれてませんし、恐ろしい罠ですね
何が溶けだしてるのかひたすら心配なんですが(作成された国が…)( ´Д`)

バンジョーキャットって凄いスピードで砂に潜りますよね!
普段姿を見せないせいでブログに一切登場しませんが
ウチの水槽にも1匹居ます、今は90cmに移動してますが未だに1枚の写真も撮っていない事に気付きました
掃除のときにでも雄姿を写さねば…( ´Д`)

No title

2016年04月10日 02:37

シープネスさん、ドモドモ!

自室は狭いので、常に私の姿が彼らにストレスを与えていたんでしょう、きっと。その果てがこれです;
他の魚達が何ともなかったのはまさに不幸中の幸いでした。

>レプタイルケイヴ
常時水に浸かっているとうのがマズかったようです。
塗装を全部削ったら卵の殻みたいになってしまうんじゃないか?そんなふうに思いますw

>ウチの水槽にも1匹居ます
どうりで姿がないワケですねw アクアリウム史上最も動きのない魚と言っても過言じゃありませんものね~、バンジョーw