TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

リヴィング・デッド

2017年 02月02日 02:56 (木)

若い世代はおそらく知らないと思うが、1987年に劇場公開された「バタリアン2」というB級ホラー映画がある。正式なタイトルは「リターン・オブ・ザ・リヴィング・デッド・パート2」という。
私は公開当時まだ子供だったが、映画館で観た記憶がある。内容は子供から見ても作り物感丸出しの低レベルなB級コメディー・ホラーものだったが、実は音楽は大変素晴らしい。アンスラックスやレザーウルフ、ゾディアック・マインドワープ・アンド・ザ・ラヴ・リアクションなど、80年代のハード・ロック/ヘヴィ・メタルバンドの楽曲が随所に使用されている。
その中でも個人的に一番気に入ったのは、エンドロールで流れる「モンスター・マッシュ」という曲。
オリジナルは1962年のボリー・ボリス・ピケット・アンド・ザ・クリプト・キッカーズというグループのヒット曲で、以来ハロウィンなどの定番ソングとして親しまれている。それを大胆なハード・ロックアレンジでカバーした曲なのである。

ゴボゴボという泡の音、金属を打ち鳴らすサウンド・エフェクト。不穏な空気漂うイントロから突入する本編は、キーボードを大胆に導入したキャッチーでポップでどこかキラキラしたハード・ロックチューンに一変する。
ボーカルは上手くないがヘタでもない。いわゆるウマヘタボーカルというものだが、それがこの上なくハマっている。狼の遠吠えのようなシャウトや怪物の呻き声など、ホラー的な演出も相まって、非常に中毒性の高い楽曲に仕上がっている。
単に高い歌唱力を持つボーカルが弾けて歌うだけでは、このパーティーのような楽しい雰囲気は絶対に出せないはずだ。
映画を観た後でリリースされたVHS版を入手して、エンディングを何度も何度も巻き戻して、ひたすらこの曲を聴いたものである。
それからずいぶん月日が流れたが、再び耳にしてもやはりカッコイイ。そして、また繰り返し聴きたくなる。
惜しいのは、日本版のサウンド・トラックにはこの曲が収録されていないことか。そのまま埋もれさせてしまうには、あまりにも勿体ないと思ったので、ここに掘り起こしてみた。

THE BIG-O「MONSTER MASH」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年02月03日 17:47

>ボーカルは上手くないがヘタでもない。
確かに…(笑)
このイモっぽい歌い方が映画の雰囲気に合ってますね
車から放り出したゾンビの手が中指突き上げたのには笑いました( ´Д`)

2017年02月04日 00:42

こんばんはー

私は真面目なホラーなゾンビ映画も好きですが
コメディ要素のはいったゾンビ映画が1番好きです。
ですがバタリアンはみたことありません…(-_-;)

挿入歌や主題歌って結構いい曲ありますよね!
でもこれいい曲って思っても映画見ているうちに忘れてしまいます…(;´д`)

No title

2017年02月04日 16:34

シープネスさん、どもどもです!

イモっぽいw 確かに!
上手い言い方しますね~!
mp3を何とか入手したので、さっそく聴きまくってますよ!

あの頃はまだ中指を立てる意味がわからなかほど子供だったので、観ていて周囲の客が笑うのに「?」でしたw

No title

2017年02月04日 16:37

てらりたさん、こんにちはー!

てらりたさん、ゾンビ映画お好きなんですね(笑)
緊迫感のあるホラーは思わずこっちも手に汗握るって感じですが、日本の「呪怨」などは怖すぎてトラウマになりそうですね・・・w
しかし、最近はコメディー・ホラーってとんと観なくなったな~。

印象に残る主題歌って、後になってCD欲しくなる→曲名がわからない→探すの苦労するってこと、ありませんか?w