TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

転生の果て

2017年 03月18日 03:07 (土)

雪印の6Pチーズを手に取ってカゴに放り込むも、こっちが気になって戻しましたw
たま~に食べたくなるんだよね、コレ。
acf44444449999 (1)

その他、いつものようにお菓子を買って帰宅して唖然。
連休なのでデザートが2種類あるのはいつものこと。
唖然としたのは、どちらもチーズ系だったことである(笑)
おかしいな。別に意識したわけじゃないのに。うーん、1個はプリンにすればよかったかな?
acf44444449999 (2)

オマケ的記事であるにもかかわらず、本題へ。

サイレントメビウス・クアドリガの3巻が発売になってるはずなのに、書店に行ったら置いてねー。
放課後アサルトガールズの3巻も発売日に行ったら置いておらず、入荷したのは翌週だった。
コミックスの入荷って作品によってバラつきありすぎ・・・。そりゃあ売れる作品はある程度入れるっつーのはわかるんだけどさ、もっと何とかして欲しいですな。

新刊コーナーを隅々までチェックしたが、やはりなかったです;
で、発売日すっかり忘れていた「だがしかし」の7巻をゲット。
acf44444449999 (4)

目的のサイレントが手に入らなかったので、何だか気持ちが中途半端。
仕方なく別の作品を(これがいけないんだ、本当は;)。

「蜘蛛ですが、なにか?」1巻&2巻同時購入!
acf44444449999 (3)

女子高生が異世界で蜘蛛に転生してしまう、異世界転生モノではありますが、最強の○○とかではなく、底辺生物の蜘蛛で、自分よりも巨大な他の生物に対して知恵を絞って戦って生き抜くサバイバルものという設定が好感持てますね!
ちなみに転生前の彼女の顔とか一切出て来ませんw

では、日曜に読ませていただきますw

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年03月19日 05:02

先日、サラっと幼女戦記の小説版を流し読みしましたが
ガツンと引き込まれる文章と、戦場の陰鬱な重さの中に、狂気に近い主人公が魅せる非人間的な考え方がマッチして無茶苦茶引き込まれました、もの凄い表現力、恐ろしい(;´Д`)

このクモの話も小説家になろうから始まったみたいですね、もはや王道に近い異世界転生モノもちょっと視点を変えるだけで・・・って感じですが

そのちょっと変えた視点を生かせるか否かは作者の実力によるのでしょうが、こういう話を書ける人の頭の中を覗いてどんな楽園が詰まってるのか確認してみたいくらいです

これだから人生は面白いのです(´・ω・`)

No title

2017年03月20日 03:03

シープネスさん、どもども!

あ、幼女戦記読まれたんですね!
いいですねー、そういうの。グッときますよ。近年そういった作品少ないですし、私も読んでみたいです!

幼女戦記もこの蜘蛛も、視点を変えただけてって部分は共通してますね。勝手な考えですが、どちらも似たような方なのかな?と思ってしまいますw