TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

メタリズムⅩ

2017年 03月30日 18:51 (木)

さて、ここんとこ海外の大物バンドばかりだったので、今回は国内に目を向けてみたいと思います。
と言っても国内のメタル・バンドはあまり詳しくなかったりしますが・・・。


シンティア「エンドレス・ワールド」(2012年)

ギターのYUIとドラムのKANOKOを中心に2011年に結成された5人組のガールズ・ヘヴィ・メタルバンドの1stアルバム。現在までに6枚のシングルと5枚のアルバムをリリースしている。
ジャケットだけ見るとアイドル・グループみたいだが、音楽は本格的なヘヴィ・メタル。
内容は典型的なメタル・チューンからハード・ロック、バラードと幅広く、演奏はタイトでキレがあり、演奏レベルもかなりのもの。
中音域を中心としたボーカルにメタリックなギター・リフ、ドラミングもずっしりと重く、なかなかの迫力である。各曲キーボードが派手に使用されていて、ヘヴィさだけでなくひらびやかさも併せ持つ。
1stアルバムだからか、瞬発力があるの速い曲が多いのも特徴。
どの曲も大変メロディーが素晴らしいのだが、サビになると途端にインパクトが薄くなってしまうのが残念だ。
最新作では、かなりポップな路線になってしまったらしい。これだけのサウンドを作れる才能があるのだから、ぜひともメタルに戻ってほしいものである。
adi666079234 (5)


TMG「TMGⅠ」(2004年)

B'zのギタリスト 松本孝弘のソロ・プロジェクトとして元MR.BIGのエリック・マーティン、ナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、著名なドラマーであるブライアン・ティッシー、クリス・フレイジャー、シンディー・ブラックマンらが参加したスーパー・バンド。
80年代を感じさせる王道のアメリカン・ハード・ロックやブルージーなナンバーだけでなく、ミディアム・テンポのヘヴィ・チューンからバラードまで、ハード・ロックの美味しいところをこれでもかと詰め込んだ充実作。
そして、シングルとしてリリースされた「OH JAPAN~OUR TIME IS NOW~」などを聴くと、松本はハード・ロックにジャパニーズ・テイストを取り入れるのが本当に上手い人物なのだなと、改めて彼の才能の凄さを知った1枚でもある。
adi666079234 (1)


「THE GREATEST SHOW ON EARTH」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年03月31日 05:31

これもロックなのですか・・・メッチャ和風(;´・ω・`)
確かにジャパニーズテイストが上手く混ざってて凄い和風ですね、作曲してる人も凄いですが全く作風が違う曲なのにそれに合わせて演奏したり歌ったり・・・才能ですねぇ

No title

2017年04月02日 04:50

シープネスさん、どもども!

これしか映像なかったもので・・・w
この曲はとりわけオリエンタルテイスト強めです。
カバーしたことありますが、聴いた印象以上にヘヴィな曲です。
本当に多彩な才能持った人です。グラミー賞も取れるハズですねw

彼らも最初はこのメロディー、本当に歌うのか?と戸惑ったようです。お国柄も違いますからね~。