TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

今日は何の日?

2017年 06月09日 20:45 (金)

珍しく、同日に連続更新です。
だって、やらないわけにはいかないでしょう、こんな日に。

今日は6月9日。69。そう、ロックの日。
日本全国で内田裕也のモノマネが流行っていることでしょう。ロックンロール。

「今日の給食は~ロックンロール」
「部長、例の書類ですが~ロックンロール」
「アタシがいない間にあの女と会ってたんでしょう!ロックンロール」ってな具合だ。

そんなわけで、今日はガンズ。
ロックが好きという人間なら、おそらくほとんどの人間がKISSとともに聴いているはずである。


ガンズ・アンド・ローゼス「アペタイト・フォー・ディストラクション」(1987年)

1985年、アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルスにて結成される。
この作品は彼らのデビュー・アルバムで、全世界で2,800万枚以上を売り上げ、今日においてもロックのバイブルとして愛され続けるモンスター・ヒット・アルバムである。
このアルバム発売当時、SPEED★KINGはまだ小学生。実は、生まれて初めて聴いたアルバムがこれなのだ。
現在、活動している若手・ベテランを含めたハード・ロック・バンド、ヘヴィ・メタル・バンドの大半が何らかの影響を受けたといっても過言ではないだろう。
ギラギラした熱気を封じ込めた野生味溢れるロック・サウンドは、エネルギッシュでキレがあり、勢いがあり、グラマラスで退廃的であり、そして最高にクールである。それらが変幻自在のアクセル・ローズのボーカルと相まって、今聴いてもなお新鮮に響く。
ロックンロールのカッコよさそのものなのだ、彼らは。
子供にはいささか刺激が強かったが、当時の私は何度も何度も聴いたものである(笑)。ロックンロール。
aez44444369 (2)



「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」



「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年06月09日 21:24

そうか・・・今日はロックンロールの日だったのか(;´・ω・`)
実は今日が「シープネス」の名前の元ネタになった小説を書いた日なのです。
だからどうしたって話ではありますが、シープネスロックンロール!

音楽も文学も、良い物はどれだけ時が立とうと良い物です。

No title

2017年06月10日 19:48

シープネスさん、こんばはー

内田裕也の日です。ロックンロール。
謝罪会見さえもロックロールなのですから、シープネスさんが小説書くのもロックンロールなのです。ロックンロールの日なのですから当然です!

古典は苦手ですが、ライトノベルの古典は今読んでも充分面白いでですw
音楽は、今の連中の音楽はだんだん廃れていくでしょうが、こういった作品は廃れず残ってゆくのですね。