TREASURE★CHEST

果たして長続きするのだろうか?と思いつつ、今日まで続いているブログ

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

ギャラクシー&シルバー

2017年 07月22日 22:08 (土)

新しい記事を書く作業と、前記事の修正を同時進行にやっていたら日付とか狂って入れ替わってしまいましたが・・・こちらが一番新しい記事となります。
aec44409 (1)

内部清掃もマメに行い、何とかコケの発生を防いでいる先生の水槽。
毎度毎度ズンドコ飛び上がり、こちらを驚かせてくれる先生。この二日ほどは餌の量を減らしていたためか、大変恨みがましい視線を向けてくれます。
aec44409 (3)

成長はだいぶ緩やかになりまして、そろそろ打ち止めになるんじゃないかと思います。
20cmに届いたかどうかという微妙なラインですが、まぁ人工飼料オンリーでここまで成長してくれれば御の字かな?
aec44409 (4)

これだけでは何なので、水換え後の90cm水槽の様子など。
久し振りのイエローピンクテールカラシン三兄弟。
aec44409 (5)

だいぶデカくなったでしょう?
粗い鱗がギラギラとカッコイイです。
aec44409 (6)

少し前にこちらに移動したアポロシャークですが、元気です。
最初こそ餌を食わなかったものの、それほど間を置かずして本来の図々しさを取り戻し、元気にやってますよ。
aec44409 (7)

もっと大きな問題が起こると思っていただけに少々拍子抜け。
aec44409 (8)

おそらくアポロはこれから調子コイて、ピンクテールを威嚇し出すんじゃないかと予想してますw
aec44409 (9)

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年07月22日 23:41

ここは30cm超狙いましょう

No title

2017年07月23日 00:17

アポロが無事でいる・・・
コイ科おそるべしです
ただあんまり調子コイてるとボコボコにされたりして・・・w

No title

2017年07月23日 05:13

コウタイ先生カワイイですね!
魚類の最終体長は遺伝的な物とは別に幼魚から若魚期の栄養と運動量に影響する説を支持しています。
人工餌は栄養バランスが整い過ぎていて、本能的にスネヘが「あ、今の状況が丁度いいし体大きくしてリスクを負う必要ないな。」みたいに思っちゃう・・・みたいな?

もちろん栄養よりも運動量の方が重要だと思いますが
このサイズで成長が止まる事は、逆に言えばコウタイ先生はある意味この状況に満足しているとも思うのです。

これはアポロにも言えますね、運動量が増えて他の魚と餌を奪い合えば、ドンドン大きく・・・( ゚Д゚)

2017年07月23日 13:06

コウタイ先生いつもながらいい斑点ですね
お美しいお姿でございます(ノ´∀`*)

コウタイは20センチくらいで成長ストップなんですか
人工餌食べてくれてる方が安心だし楽ですよね
うちではスーパーレッドシュリンプ3にカーニバル1、くらいであげてます。

No title

2017年07月23日 13:15

コウタイ先生の銀河模様、さらに磨きがかかってますね
美しい^^
アポロシャークの件はうまくいってよかったですね^^
自分の水槽で大きくしたものをさらに大物の水槽に入れる場合って
思ったより上手くいく気がするのですが
やはり水に慣れてるからストレスが軽減されるんでしょうかね?
買ってきたり採集したばかりのヤツを入れると
瞬殺されちゃう場合が少なからずあるような。。

No title

2017年07月25日 15:44

YMNさん、こんにちはー

この中でも30cmいきますかね?
他ブログでは60レギュラーの中でもそこまでいった例があるようですが・・・。

No title

2017年07月25日 15:45

エイひれさん、こんにちはー

実は、アポロの方が強いんですよ;
観察していたら威嚇されてピンクテールの方が距離を取ってました。意外です;

No title

2017年07月25日 15:49

シープネスさん、こんにちはー

>栄養と運動量に影響する説
プレコなども、水流と他のプレコとの小競り合い(運動)が起こることでより成長するなんて話も聞きますし、それは他の魚でも同様ですよね。

60レギュラーの中でも30cmになった例もあるようなので、ここからまだジリジリと成長していくのかも知れません。私も先生との付き合いはまだ浅いので、果たしてここからどうなるかはちょっと想像つかないんですよね。

アポロのヤローは動きが素早いわりには餌を食うのは遅いので、その間にピンクテールたちに食われているようですw

No title

2017年07月25日 15:53

てらりたさん、こんにちはー

先生に関しては、だいぶ成長は緩やかになってきました。
概ね20cm程度ということが多いので、そこで止まっても不思議ではありません。
美しさが重要なのでサイズは二の次なんですが、欲が出てしまうものですね~。

>スーパーレッドシュリンプ3にカーニバル1
あのサイズですから、もうちょっと食べるんじゃないでしょうか?
成長期はとにかく腹いっぱい食べさせるというのは重要だって話をどこかで読みましたよ~。

No title

2017年07月25日 15:57

ねじねじさん、お久し振りです!

先生のギャラクシー模様、全身に回ってくれればもっと綺麗なんですけど、いくらなんでもそれは欲張りすぎかなとw

新規に入れる魚よりも、上手くいく確率は高いですね。
アポロの場合は持ち前の素早さも大きく関係してると思います。ダメな時は何を入れてもダメでしたし・・・。

長い間新入りを迎えないところへ新規組を導入すると失敗することが断然多いですね。
まるで水槽が一枚岩にでもなったみたいに新入りを拒みますね。これを一枚岩現象と密かに名付けて呼んでますw